親戚が乳がん検診で悪性腫瘍がみつかりました。
67歳で早期(約1cm)と診断されたのですが
御失礼ながらどうしても疑問に思うことがあるのです。
それは乳がんの場合、がん細胞の進行が遅く
約1cmになるまでも長期(7年~10年定かではありませんすみません)
の日数がかかっておりもちろん早期に発見されたこと幸運となり大きくならないうちに
治療を受けて転移したりすることを未然に防ぎ早期に治ってほしいという強い願いがあります。
ただ失礼ながら65歳で見つかり手術を受けたり治療をしていく中で
経過観察の間があり(もちろん風邪の予防などと同様で再発したり転移したり
すること防ぐことを自らの健康管理への良い方向への促進につながると思うのですが)
精神的な負担も大きいと思います。
もし早期発見されなくても大きくなるまで10年近くあるのでしたら(その時点で75歳です:
このころに発見されて治療できる:医療技術も発達しているのでしたら)
むしろ知らずにいたほうが幸せだったのではないかと
思ってしまうのです。治療により副作用があったりするとも思います。
はたしてやはり今回親戚は早期発見のほうがよかったのでしょうか。
やはりそのまま初期でもほおっておくことはよくないのでしょうか。
いろいろな意見や医学に基づいたアドバイスよろしくお願い申し上げます。
(このような場所で素人意見で大変申し訳ないのですがお願い申し上げます)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

癌細胞の増殖スピードは、個人差があると思います。


若いと進行が早いと言われてますが、年齢のわりに体が元気ならば、やはり油断禁物です。
初期だから、と放っておくのは、あまりに危険では?どの年代でも、早期発見・早期治療が一番でしょう。

また、医学は日々進歩しているのは確かですが、実際の現場に配置されるまでは、判断が遅いと聞くことがありますし、「最先端医療」には結構なお金、かかりますよ。

どちらも、「精神的負担」を負うのには変わりないような気がします…


そもそも、ガンの宣告を受けたショックの程度に、年齢が関係ありますか?若くたって、老齢だって、子どもだってショックですよ。少なくとも、私の知るなかでは違いは見たことありません。

今回、早期治療ができるのです。治って欲しいとお思いなのですよね?じゃあ、素直に支えて差し上げてください、お願いします。あまりに同じご質問が並んでらっしゃるので、あなたに失礼な想像をしてしまいそうです…本当に?と…すみません。

ガンは治らないものとは限らなくなっていますが、治療(発見)の遅れが悔やまれることだって、決してなくなってはいないのですから。
私はこの後悔で泣きそうなときですので、ご不快な表現がありましたら、ご容赦ください…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧なお返事ありがとうございました。どうしても治ってほしいと願っています。
やはり早期発見で治せればそれが一番ですよね。ささえてあげたいと思います。
最近の医療は進み以前の観念のように治らない病気ではなくなっていると思います。
医療もますます発展してきていますし保険診療での薬ももっと増えてほしいと思います。(そうなると思います)
医学の発展も期待できると思います。丁寧なご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/04 02:08

質問者様は、大きな勘違いをされています。



10年掛けて1cmになったのだから、
次の10年でも2cmになる……
というわけにはいきません。

細胞は倍倍ゲームで大きくなります。
1つの細胞が2つになり、2つの細胞が4つになり、
4つの細胞が8つになり……
10年で1cmになっても、2cmになるには1年も必要ありません。
また、細胞は立体です。
直径1cmの球と直径2cmの球では、大きさが全然違います。
直径4cmともなれば、ニワトリの卵クラスです。

早期発見と言われるのは、1cmまでです。
早期発見ならば、放射線や抗がん剤が不要な場合もありますが、
放置すれば、たちまち、中期になります。
そうなると、放射線治療に年単位の化学療法(抗がん剤+ホルモン剤)と
となります。
さらに放置すれば、体中に転移して、治療不能となります。

親戚の方は、今、命の境目に立っているのです。
早期治療をしてください。
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/brea …

ご参考になれば、幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
早期発見により
いい方向へ進むことを祈っております。

お礼日時:2011/04/10 12:30

乳がん患者です。


医療に関しては素人ですので、ご理解の上でお読みください。

質問者様の仰ることは、個人的には一理あると思います。
私は40歳のときに1センチの乳がんが見つかり、胸を全摘出しました。
恐らく30代の頃から少しずつ大きく育っていたのだと思いますが、
見つけにくい場所にあったので、気づきませんでした。

40歳とはいえ独身でしたから(その後結婚しました)
ウエディングドレスを着る前に胸が無くなるショックは大きかったのですが、
それが30歳そこそこだったら、もっとショックは大きかったと思います。
なので、40歳になってからでよかったかもしれないと思う部分もあります。

しかし、もしも30歳の超初期の段階で見つけていれば、
ほんの少し切るだけの手術で終わり、胸も残せて手術後の辛い治療も
受けずに済んだかも知れません。
(初期でも症状によっては全摘出する場合もありますので何ともいえませんが)
そして、逆にもう少し遅ければ転移や再発をして死亡していたかも知れません。
可能性をのことを考えると、きりがありません。
いくら治療の技術が進んでも、転移した乳がんが完治するようになるには、
まだまだ長い時間がかかると思います。
10年程度では無理でしょう。
そして、1センチになるまで10年かかったとしても、
そこからの進行は一気に進んでしまうこともあるのです。

早く発見すればするほど、乳がんで死亡する確率が
少なくなる可能性が増えます。(まわりくどい言い方になりますが)
知らぬが仏の部分もあります。
しかし、やはり長生きする可能性のほうを選びたいと思いませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ご丁寧にありがとうございました。
進行のスピードは同じではなくてさまざな状況により異なるのですね。
早期発見で転移などを未然に防ぐことで長生きできれば
それが一番いいことですね。
医学が発展しよりよい治療方法ができ
患者の方がみな良い方に進むことを願っています。

お礼日時:2011/04/10 12:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング