よく「お申し込み頂けますようお願いいたします」という表現を目にしますが、このときに使う「頂けます」は誤用ではないでしょうか?
「頂けます」とは、私の知る限り、可能の意味を表す謙譲語だと思っています。
これをいうなら「頂きます」を使って、「お申し込み頂きますようお願いいたします」と思うのですがどうでしょう?
文法的に上手に説明して頂けると助かります。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

「頂く」を使うのであれば、おっしゃるとおり、


「お申し込み頂きますようお願いいたします」
としなければなりません。
これが本来の表現でしょう。
ただ、「頂く」は謙譲表現ではありますが、「申し込む」という行為自体が強制的ニュアンスを含んでいるため、自らを下げて相手に敬意を表するという本来の謙譲の意図が全うされているとは言えない印象の文になってしまいます。

そこで、
「(あなたが為すところの)お申し込み(という恩恵を私たちが)頂くことができますようお願いいたします」
という意図で、
「お申し込み頂けますようお願いいたします」
という文が作られたのではないか、と推測します。
この意味で、おっしゃるように可能の用法のつもりで使っているのでしょう。
この場合、「申し込む」の主語と「いただく」の主語は異なることになります。
しかし、この「いただく」は「お申し込み」の補助動詞として使われているため「お申し込みいただく」は一つの動詞とみなされるべきです。
つまり、ひとつの動詞に2つの主語が混在していることになり、それが違和感の原因であり誤用たる理由にもなるのでしょう。

こういった文を作ってしまう方は多いですが、「強制的ニュアンスを消したい、薄めたい」という意図を表わすためには、「お申し込みを賜りますようお願いいたします」などとすれば効果が多少は出るように思います。
  
  
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をいただきならが、お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
「お申し込みいただく」は、ひとつの動詞に2つの主語が混在していることがよくわかりました。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/25 21:42

♯5です。

ついでにもうひとつ...
常体に変えてみると
「申し込んでいただけますか」→「申し込んでもらえる?」
「申し込んでくださいますか」→「申し込んでくれる?」
となりますが
「申し込んでいただきますか」は「申し込んでもらう?」
になり、「誰が」???ということになってしまいますから
「お申し込み頂きますようお願いいたします」は間違いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

加えてのご回答ありがとうございます。
「お申し込み頂きますようお願いいたします」もやはり、正しいとは言えないようですね。
気をつけたいと思います。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/25 21:52

まず「お申込み頂く」という表現が間違いです。


補助動詞「~していただく」はひらがなで書きます。

「頂く」は
 (1)「大切にする・敬い扱う」という意味
 (2)「食べる・飲む」の謙譲語
「戴く」は
 (1)「ありがたく受ける」という意味
 (2)「もらう」の謙譲語 

次に、わかりやすいように疑問形にしてみると
「お申し込みいただけますようお願いいたします」→「お申込みいただけますか」
「お申込みくださいますようお願いいたします」→「お申込みくださいますか」
になりますが
「お申込みいただきますようお願いいたします」→「お申込みいただきますか」???
になり、意味が通じません。
○「お申し込みいただけますようお願いいたします」
○「お申込みくださいますようお願いいたします」
×「お申込みいただきますようお願いいたします」
ということになります。

「~いただく」と「~くださる」の使い分けは、こちらを参考になさってください。
http://www3.kcn.ne.jp/~jarry/keig/c01c26.html


 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答いただきながら、お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
「頂く」と「戴く」の違いまでよくわかりました。
また、疑問形にしてみることで敬語表現の正誤が判断できるという方法があることを知ることができました。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/25 21:49

主語を省略して、二つに分けられる文章を、一つの文章にしちゃってるからですね。


敬語は主語を明確にして、原文を考えるのが近道です。(めんどくさいですが。)

主語を省略しない原文は、たとえば「あなたが申し込みをしてくれるよう、私はお願いする」です。

これを敬語化すれば、「(あなたが)お申込みをなさって下さいますよう、(私は)お願い致します。」です。

申し込みを「する」の尊敬語が「なさる」で、「くれる」が「下さる」です。
しかし二重敬語で少々くどいから、「お申し込み下さいますよう」とするのが一般的です。

「頂く」は「貰う」の謙譲語で、この謙譲表現を活かせば、「私は(あなたに)申し込みをして貰うようお願いする」と言う、「私」が主語の一つの文章と考えなければなりません。

「お申込みなさって頂きますようお願い致します」となりますが、これも二重敬語を避け、質問者様が仰る「お申込み頂きますよう」となります。
「なさって」の省略形の敬語ですね。

また、「頂けますよう」と言うのは、カ行の活用の問題で、敬語の種類は変化しませんが、「頂け」とした場合、質問者様が仰る通り、可能や自発の意味が発生します。
「頂ける」だと「貰うことが出来る」と同義です。

これは「ご注文の方、以上で宜しかったでしょうか?」って言う、過去形敬語モドキと同様かと思いますよ。
活用に変えるコトで、やや「婉曲」「遠回し」な表現にすれば、丁重に感じるからでしょう。

最近は「頂く」(貰うの謙譲)と、「承る」や「伺う」(受けるや聞くの謙譲)などが混同されてるんです。

正しくは
「コチラでご注文を承ります/伺います」(コチラで注文を受ける/聞く)
などと言うべき局面で、「コチラでご注文頂けます」(コチラで注文を貰うことが出来る)
などと言いますね。

「コチラでご注文を頂きます」(注文を貰う)でも意味は通じますが、やはり注文は受けるとか聞くが正解で、敬語使用者が「違和感」を感じるから、何とか敬語感を増そうとして、「頂け」って言っちゃうんじゃないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきながら、お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
敬語は主語を明確にして原文を考えるというご説明で、そのほかにいただいた回答もよくわかるようになりました。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/25 21:46

自信ありませんが、いただくはもらうの謙譲語です。


いただきます。=もらいます。
いただけます。=もらえます

お願する時は「OOしていただけませんでしょうか。」と言います。
「OOにご協力いただけますようお願いたします」
「OOにご協力くださいますようお願いいたします。」

「OOにご協力いただきますようお願いいたします。」
いただきますようは少し押し付けるような感じがします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答いただきながら、お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
「~いただきますよう」でも少し押しつけるような感じがすることがわかりました。
他の表現がいいみたいですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/25 21:37

正しくは「~くださいますようお願いいたします」なのですが、


「くださる」では敬意の程度が低いように感じられるせいか、
「~していただきますようお願いいたします」
という間違った表現がされることが少なくありません。
「~していただく」の主語は「私」です。
「自分が~してもらう」ように願うということはあり得ません。
比べてみてください。
「手伝ってくれるよう頼む」(くれる→くださる)
「手伝ってもらうよう頼む」(もらう→いただく)
その誤りを回避するために生まれたのが
「~していただけますようお願いいたします」
です。
“~してもらえることを願っている”
ととるなら、「もらえる」(もらうことが可能)は自分の“する”ことではないので、それを「願う」と言えないことはないからです。

一番いいのは
「~くださいますようお願いいたします」
です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答いただきながら、お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
「~くださいますようお願いいたします」
という表現であれば、敬語の程度が低いと思われるかもしれませんが、自分としては違和感を感じません。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/25 21:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太極拳の楊式と楊名時式の違い

3か月くらい前から、カルチャーセンターで楊名時式太極拳を習っています。
型や流れが大体わかってきて、24式を人と一緒ならできるくらいです。
今行っている曜日が都合が悪くなったので、別の曜日に変えたいのですが、
それには、楊名時式とは書かれておらず、何式かはっきりしません。
講師のプロフィールを見ると楊式のチャンピオンだったとか。

そこで質問ですが、
「楊名時式」と「楊式」はやはり全然別のものなのでしょうか?
動きや型が違うのでしょうか?
楊名時式である程度うごきを覚えたところなので、変えないほうがよいのか悩んでいます。
どなたか、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

楊式には套路以外に多くの型があります。85式や340式(一般的ではありません)などと言うとてつもないものまであります。
24式にも過渡式という動きが実は含まれているのですが、最近の制定太極拳では省かれています。
楊名時氏はそのような過渡式を出来るだけ省くことなく、套路を教えたかったようですが、彼が日本で普及を始めた頃から大きく変化があったようです。今は、制定太極拳とあまり変わりません。
そこで、日本で太極拳を普及させるには仕方が無く健康太極拳と名付けて、彼が知っている本当の太極拳とは区別しています。
楊名時氏は真の太極拳の使い手でしたし、そのような人はまだ最近でも数人生きていますが、ほとんど亡くなりました。
一般に広まっている制定太極拳と楊名時氏の太極拳はそのようなところから今でも少しの違いが残っているのでしょう。
楊式の太極拳となると、武当派などを遡ると本当の楊式に出会えます。
健康面でも道教の内丹術や吐納法を太極拳の中に練り込んでいますし、套路では実際の武道としての動きを套路として行うので、健康だけではなく、あらゆる生命力を呼び起こしてくれるものだと思います。生命エネルギーと言える気もその一つでしょう。
ある程度套路が出来るのであれば、ぜひ、過渡式や24式以外の型も挑戦してみてください。
24式の理が理解できているのであれば、さほど難しくはありません。また、24式も本来の動きが美しくできるようになるはずです。
YouTubeで下記の動画が参考になると思います。

http://www.youtube.com/watch?v=dDoveZY3_Y0

楊式には套路以外に多くの型があります。85式や340式(一般的ではありません)などと言うとてつもないものまであります。
24式にも過渡式という動きが実は含まれているのですが、最近の制定太極拳では省かれています。
楊名時氏はそのような過渡式を出来るだけ省くことなく、套路を教えたかったようですが、彼が日本で普及を始めた頃から大きく変化があったようです。今は、制定太極拳とあまり変わりません。
そこで、日本で太極拳を普及させるには仕方が無く健康太極拳と名付けて、彼が知っている本当の太...続きを読む

Q「可否」のような感じで、「多い・少ない」を表す語。

分かりにくいとは思うのですが・・・

タイトルの通りなのですが、二文字で表せる語があるんでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

多寡はどうですか。
多少にもその意味がありますが意味が2つあるので余り人気は無いですね。
多少・・・1.多いと少ない。 2.ある程度

Q「老楊頭兒」って?

教えてください。
「老楊頭兒」を日本語に訳すとどうなりますか?
「楊さん」でいいのでしょうか?
具体的な意味を教えていただけると幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「老楊頭兒」っていうことが「楊さん」に訳すのできます。
でも、ちょっと注意して、「老楊頭兒」っていう楊さんが、男で、おじさんの場合です。他の年齢の人に使いません。

私は中国人で、ちょっと日本語できます。文法が違ってますとすみません!

Q「慣用」の世界では、沈黙を表す「……」(または「…」)のあとに、句点「。」はつけるべきなのか?

沈黙を表す時は、文末に「……」か「…」を使うのが慣用ですが、
この「……」のあとに、句点「。」は(慣用の世界では)おくべきなのでしょうか?

つまり、「……。」のように、するかしないかということです。

一般的には、句点をつけないことが多いように見えますが、
「慣用」の世界では、どうなのでしょう?

わかる方、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ぼくは場合によって「。」を打ちます。理由は2つあります。

1.文として切れるとき,次の文へ連続しないことを示すため。
  「どっちでもいいけど…まあ,君の言うとおりにするよ。」
  これは一人の発言であり,内容的にも切れませんので,「。」は
  打ちません。

  「どっちでもいいけど…。」
  「はっきり決めろよ。」
  これは二人の会話であり,上の発言は切れます。  

2.無言も一種の意志表現であり,無言が永久に続かないかぎり
 どこかで終わるはずだから。

Q北方楊令伝

北方謙三さん、の楊令伝は英語で、なんといいますか。

Aベストアンサー

楊令伝 ようれいでん と読みます。

楊令は、物語の主人公で、彼を中心にした中国の物語。

伝は、伝記・歴史と考えてよいと思います。楊令を中心として、関係者がどのように
生きて死んでいったかの物語です。

History of Yourei and others.

The biography Yourei and others.

The Youei's biography.

参考までに。

Q「森林」「山岳」「火炎」「漿水」のような単語の例を教えてください

歴史物小説を読んでいて面白い発見をしました。「弩弓」(どきゅう)という単語です。一番目の漢字に二番目の漢字を含んでいます。この単語や「森林」「山岳」「火炎」「夫人」「漿水」(しょうすい)「女好き」のように、構成漢字のひとつが別の構成漢字をそのまま含む単語を教えてください。以下にほかの例もあげます。


----------------------------------------
「森林」
「山岳」
「火炎」
「夫人」
「漿水」(しょうすい)
「女好き」
「自白」
「白日」
「曜日」
「樹木」

Aベストアンサー

この形式の漢字熟語には、

月明、王国、口語、木材、一戸

土地、宝玉、日間、門間、木末(こぬれ)

などもあります。

Qまさ王

粘土質の土の上に『まさ王』を使おうと思っています。この土(コンクリート?)は、水は通すようです。そうすると、粘土質の土とまさ王の間に水が溜まるような気がします。何か良い方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

状況にもよるでしょう。
下地の粘土質の土が皿状になっていて、まさ土が通した水が溜まるようでは困りますが、大抵は一定以上吸水したら、余分な水はまさ土の表面を流れていってしまうはずです。
粘土質の土とまさ土の間に隙間が出来ないように、きちんと転圧しておくことをおすすめします。

Qお見せして頂ければ/お見せ頂ければ

ビジネスメール内で、「資料を見せて欲しい」旨を
伝えたいと思っています。
書いた文章を確認している内に、
・お見せして頂ければ幸いです。
・お見せ頂ければ幸いです。
のどちらが良いのか分からなくなって
しまいました。
ご教授の程よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「拝見させていただければ」--ですかねえ。

Q「張楊」は女性?男性??

タイトルの通りなのですが・・・

「張楊」という名前は男性でしょうか?女性でしょうか?
はたまた・・・苗字でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
中国で苗字が二文字、というのは珍しいので
張が苗字、楊が名前、の可能性が高いように思います。張という苗字は多そうです。
男女の別ですが、先の冬季五輪のスピードスケートで、
「楊楊」という名の中国の女子選手が出場しておりました。(金メダルとってました)
例はこれしか存じません。
日本にも男女の別のわかりにくい名前がありますが、
中国はそういった例がより多いようですので、確信は持てません…

Q「意見」は「聞く」それとも「聴く」?

ある文章に「外部委員の意見を聴く」とありました。
私のイメージでは「聴く」は音楽などを聴く場合をイメージしてしまうので、意見など「言葉」の場合は「聞く」かなと思っています。
ただ、「聴く」の方が「しっかりときいている」感じがして良いかなという気もしています。
その文章は、これからの会議で使うものですので、違和感がない方にしたいのですが、どちらが正解なのでしょうか?

Aベストアンサー

「聴く」のほうでしょう。
「聴く」は耳を傾けてきくという意味がありますし、「聴」の字には、公聴会や意見の聴取、傾聴といった用例もありますので、こちらのほうが適切だと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング