SRS速読術受講された方、正直ベースで体験談をお願いします。お金を出す価値があるのか、ないのか。あれば、どのような効果があったかなど。こちらの会社の方はご遠慮ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

SRS研究所のHPをご覧になるとわかると思いますが、他の速読の教材に比べて、非常に高額です。


そもそも一泊二日の研修(約10万円)で速読が身につくとはとても思えないですね。
通信教育ですら、金額が書かれていません。
適当に速読の書籍を購入して、漫然と訓練しているだけでは、すぐに飽きるし、速読は身につきません(私の体験談)。
やはり、何らかの良い教材を選ばれるのが、確実に速読を身につける方法だと思います。

私の経験ですが、SP式で速読を身につけることができました。
SP式では、精読を中心としている点、記憶術を取り入れている点などが、従来の速読と違います。
通信教育を受けましたが、段階的にしかもゲーム感覚で楽しく訓練できるのが良かったです。
SP式は私のイチオシです。

参考URL:http://sokudokumaster.web.fc2.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2011/04/29 23:54

きこ書房のやってるヤツですかね# 


あの系列の超高層ビルのオフィスで東大卒の若者に勧誘された経験ならあります
あそこは購入経験や体験を人に語らないことを推しているようですから回答つかなそうな予感が希ガス
あなたがお金の余っている人であり標準キットの二百万円のみでそれ以上お金つぎ込まない自信と実力あるならやってみる価値はあるように思えるのです
しかし頭を良くする方法そして身体健康人間関係まで含めて幸せになる方法とはズレているように見えました
・・・この解答は正解ですか・・・
    • good
    • 3
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2011/04/29 23:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフラッシュ暗算みたいな速読・・・?

以前テレビで観たもので、なんと言っていたか不明なので質問します。

ちょっと説明しにくいのですが、フラッシュ暗算というものに似た速読だったと思います。

テレビ画面に4桁ぐらいの数字を0コンマ何秒という速さで、次々と表示して、それをすべて暗算で足していく、というのがありますよね?

確か「フラッシュ暗算」という名称だったと思いますが、それと同じように、画面に5~6行の文章を次々と、ページをめくるみたいに素早く表示して、それをじ~っと見ているだけで、内容を理解している、というものです。

もう、かなり昔(20年ぐらい前?)にテレビのバラエティ番組みたいなもので観た記憶があるのですが、速読で調べると、たいてい本をパラパラと速くめくっていくのしかでてきません。

テレビ画面に文章をパッ!パッ!と映していく速読のようなものって、どなたかご存知ないでしょうか?
私の思い違いなのかも知れませんが、どなたかご存知の方がいらっしゃれば、名称だけでも教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

このような類のソフトですか?


http://www.vector.co.jp/soft/win95/edu/se249355.html

Q証券アナリスト1次レベルの受講時期について

来年度から証券アナリストになるためのプログラムが改訂されるようなのです。
改訂前のプログラム受講が最後のチャンスとなる今年に受講しようか、それとも新しくなってから受講しようか迷っています。
迷っているのは、以下の点です。
どうぞよろしくお願いいたします。

・資格を取ることを考えれば専門学校等でノウハウが蓄積されているため、改訂前で受講したほうがよい
・しかし、改訂後は市場環境の変化を弾力的に折り込んだ内容とされるそうで、勉強する意義を考えれば、改訂後のプログラムを受講した方がよさそう
・でも、数学が苦手なので、ミクロ経済学の比重が上がってしまう改訂後プログラムだと挫折するリスクが高そうで不安

Aベストアンサー

アナリスト資格保有者(=検定会員)です。

一般に言われる考え方は…
改訂後の最初の試験は作る側も受ける側も皆が試行錯誤なので甘い傾向がある。
ということですかね。

私は1次・2次とも専門学校等で受講していません。一般の書店で購入した参考書を元に独学で勉強しただけです。
また、過去問も解いたことがありません。
大学受験と違い、業務で使用する知識を学んでいるという意識でしたから、テクニカルなことは一切考えず、ただひたすら参考書を読んで知識を詰め問題集を解いて実践に備えたという感じでした。

私の勉強法を簡単に記載しますね。
財務分析はほとんど無勉強でした。仕事柄使っていることもあり、強い自信があったためですし、それで十分合格できました。
証券分析は未知の領域でしたので経済法令の本を購入して学習しました。とにかくテキストを読み込んで不明点を減らし、問題集を繰り返し解いた、というところです。
経済は、経済学科卒業でしたのでぶっつけ本番で受験しましたがあえなく玉砕し、同じく経済法令の本を購入して勉強しました。
正直に言うと、経済は「初年度は何やらわからないが適当に書いたら落ちた。次年度はわからないところも多かったがわかったつもりで書いたら通っていた」です。

全受験者が2万人弱で、毎年2次試験合格者が2千人弱程度ですから、表面上は10%程度の合格率と言うことになりますが、実質的には受験者の50%は合格しています。
また受験者の多くはサラリーマンかOLであり勉強する時間が非常に少ないこと、金融機関所属とはいっても業務で証券分析や財務分析を使っている人間は非常に数少ないことから、4~5ヶ月勉強すれば合格レベルには十分達するといえます。

がんばってくださいね。

参考URL:http://www.khk.co.jp

アナリスト資格保有者(=検定会員)です。

一般に言われる考え方は…
改訂後の最初の試験は作る側も受ける側も皆が試行錯誤なので甘い傾向がある。
ということですかね。

私は1次・2次とも専門学校等で受講していません。一般の書店で購入した参考書を元に独学で勉強しただけです。
また、過去問も解いたことがありません。
大学受験と違い、業務で使用する知識を学んでいるという意識でしたから、テクニカルなことは一切考えず、ただひたすら参考書を読んで知識を詰め問題集を解いて実践に備えたという...続きを読む

Q速読を講座を受けずにできた人

ぼくは今、速読のトレーニング中です。

様々な速読に関する本を読んでいますが、なかなかできません。
もちろん高くて講座を受けようとも思いません。

そこで、講座を受けずに速読ができた人はいませんか?
どんな方法で速読を見につけたか?
またその期間やそのとき注意するコトなども一緒にご回答ください。

Aベストアンサー

速読の講座を受けたことがあります。
講座で教えてくれるのは、トレーニングの仕方だけで、実際に速読ができるようになるには、毎日こつこつとトレーニングを続けるしかないようです。
トレーニングの仕方なら、講座に通わなくても、市販のテキストを読むだけでじゅうぶんです。
「講座に通わないからできない」というものでもないし、「講座に通ったからできるようになった」というものでもありません。
わたしの場合、トレーニングの仕方は講座で学びましたが、毎日トレーニングを続ける時間がなく根気も続かなかったので、速読できるようになりませんでした。
逆に、講座に通っていないhageltutiさんでも、毎日地道にトレーニングを続けていけば、 速読できるようになる可能性はじゅうぶんあると思います。
速読できるようになるまでには、年齢や練習量にもよりますが、半年とか1年とかの長い期間がかかります。
トレーニングを始めたららすぐに効果が現れるというものではありませんので、そのつもりで地道にトレーニングを続けてください。

Q資格から仕事経験談を聞かせてください。

お世話になっております。
29歳の女です。
今年の8月まで契約社員ですが、その後どうしようか考えています。
悲観的にもなりますが、とにかくパートからでもいいから
仕事を見つけようと思っています。
資格などのサイトを探しては、情報収集しておりますが、
資格を得たからといって、すぐに仕事に直結するわけではないですね。
簿記の資格も実務経験があってこそ、就職に有利なのですが
私の場合、実務経験がありません。
そういう未経験から資格を習得し、すぐに仕事に結びつくので
思い浮かぶのは、介護です。
この先のことも踏まえて、介護の資格を取ろうと思うのですが
他にも仕事に結びつきやすい資格があったらなぁと考えます。
皆さんはいかがですか?
この資格を取って、パートから正社員・・
すぐに正社員・・などお話がありましたら
参考にさせてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ

看護士や薬剤師でしたら常に求人があるので、資格をとれば
まあ仕事にあぶれることはありません。
(パートでもかなり高額の時給がもらえます)
ただ資格を取るのに時間とお金が掛かるためあまりお奨めはできませんが、看護助手をしながら夜間の看護学校に通って看護士になった知り合いもいますのでまあ頑張れば何とかなると思います。
(少し前の話なので現在の制度がどうなっているかは分からないです)

介護関係はおっしゃられている様に就職に結びつきやすいですが、給料や労働条件の面ではたして続けることができるかどうか・・・
ホームヘルパー等の資格をとり一旦就職したものの、一年と経たないうちにやめてしまったと言う話は良く聞きます。
もし介護関係の道を目指されるのでしたらまず、施設でボランティア等の体験をして自分に適正があるかどうかを見極めてみることをお奨めします。

Q速読について教えてください。

 速読っていろいろありますよね。左脳式とか右脳式とか目の強化とか。

 今回聞きたいのは”右脳式”の速読(写真を瞬時に取り込むように本を読む)のことなんですが、その中にもいろいろ種類がありますよね。
フォトリーディング 、 七田式超右脳速読術 、 ジョイント式 、SP速読法 など。
またネット(書籍)では速読習得の成功体験談や挫折体験、速読法否定説などたくさんありますね。

 そこで質問なんですが、

(1)右脳式の速読法って本当に習得可能なのか。

(2)誰でもできるのか。

(3)早く読んで理解や記憶はできるのか。

是非この3つを教えてください、よろしくお願いします。
(もし宜しければ、あなたが速読術を習得してるか否かも教えてください。)

Aベストアンサー

1.右脳式と言っても、私は、「写真のように文字を取り込む」のでは
なく、「主人公は、悲しい気持ち=主人公が泣いている映像」、
「文明の崩壊=ピラミッドが崩れる映像」などが頭に浮かび、記憶され
ますので、広い意味では可能と思いますが。
2.意識して、読んでいれば、人それぞれの形で、早くなると思います。
○○法は出来るとか出来ないとかはわかりませんが、宣伝ほどには、
ほとんどの人がマスターできないのでは。
3.早く読んで、理解や記憶は出来ます。しかし、読み物などは、びっく
りするほど、早く、よく理解・記憶が出来ますが、よく知らない
法律や明治時代の文語体の小説などは、早く読めませんし理解に時間
がかかります。理解が先で、スピードがそれに追いついてゆく感じですね。

速読法は、必要に応じて、早く読んだり、十分理解の為の読み方をする
など、自在に出来ることを言うのではないかと思っています。
「20倍の早読み法」をテキストに練習しましたが、5~6倍程度の
状況です。意識して早く読めば、もっと早く読めると思いますが。
以上

Q効率の良い 暗記勉強法は?記憶術は?

今試してるのが。イラストイメージ、図解、メモリーツリー記憶術なんですけど。視覚からの記憶が長持ちするって事で。とか指体操とか百マス計算で頭のウォーミングアップとか。

他に効率の良い方法ありませんか?

ボイスレコーダーで、録音したセリフを耳で反復する方法を試そうかと思案中なんですが、効果あると思いますか?ジョギングしながらでも、移動中でも勉強できるし。散歩しながらだと集中力が増すって何か聞いた事ある気がするし。

Aベストアンサー

こんばんは。
丸暗記は、音読に限ります。
社労士試験のとき、目的条文をひたすら音読してました。1日20分くらいでもかなり効果ありです。

Q英検2級、速読英単語必修編で対応できるか聞きたいです

英検2級、速読英単語必修編で対応できるか聞きたいです
英検2級を受けるんですが、今手元に速読英単語必修編、速読英熟語があるんですがこの2つで対応できますか?
新しく英検2級の単語帳は買う必要があるんでしょうか?


速読英単語必修編
速読英熟語
forest
6回分過去問集

で十分ですか?

Aベストアンサー

英検2級というのは、4,000~5,000語レベルだと言います。

だから、「速読英単語必修編」「速読英熟語」の、一般の受験用で使っている英単語集で問題ないと思います。

もし、気になるなら、Webサイトで英検単語のチェックサイトがありますから、そこで調べてみてください。

ひとつは、Yahooに登録する必要がありますが、Yahoo!学習 英検2級マスター2000で行えば、単語帳を買う必要がありません。

 学習トップ > 学ぶ > インターネットドリル > 実用英語技能検定 > 英検2級単熟語マスター2000 vol.1

全部で2000語(熟語含む)もありますから、1日 100語やっても20日、標準で2回行うことを要求しますから、40日掛かってしまいます。もし、間違えたら、何度もやり直さなくてはなりません。それ自体が大変な作業です。

参考URL:http://stepup.yahoo.co.jp/drill/drill.html?co=23&di=23007&gi=03

Q中小企業診断士の価値

診断士のコンサルタント業務は誰でもやろうと思えばやれる上に、診断士の資格を取った後も修行しないと1人前に仕事できないそうだと聞いたことがあります。だったら、診断士の資格って一体なんなんだ。。と素人からすると思ってしまいます。  また診断士資格の勉強でコンサルタントに必要な知識などは身に付かないのか、とも思ってしまいますがどうでしょうか?

Aベストアンサー

中小企業診断士という資格は、単なる一つの称号のようなものであり、その人の資質を推し量る目安のようなものに過ぎません。本当に、能力があるのなら、その業績で十分に相手を納得させられるわけです。だから、どちらかというと、自分の能力に自信のない人が自分自身を納得させるための資格という面もあると思います。
ちなみに、今後は制度上、独立しないと資格を維持していくことは、かなり困難です。でも、診断士のみで独立するのは難しいので、今後の受験者数の先行きは厳しそうです。

Q速読について

速読を身につけたいと思いどこかでレッスンを受けたいと思うのですが、速読の講座を受けれるところが色々あり、どこで受けたらいいか決めかねています。
どこかオススメの速読を学べる講座などあったら教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

NO1です。
本当に、もし数分で本が何冊も読めるのならスゴイと私も思いました。友達が速読の本を持っていたので貸してもらい、やってみました。それは、目線をまっすぐに早く動かす練習。字を一字一字見るのではなく、かたまりで見る、斜め読み、とばし読みなど当たり前のことばかりでした。
しばらく熱心にやりましたが、宣伝されているような効果はない、と判断しました。

受験に関しても、国語、英語長文、社会など人の3倍の速さで読めるならすごいアドバンテージです。もしこれが本当なら、大手の塾ですでにカリキュラムに入っていると思いませんか?

もしデータに基づく効果があれば、大学の教科や公的な支援があるはずです。

フォトグラフメモリーといって、瞬間に多量のデータを記憶できる人がいますが、そんな人のことを適当に宣伝に使っているのではないかと疑っています。

例えば、絵本なら瞬間的に近い時間で1ページ読むことができます。これは知らない言葉はないし、内容が簡単だからでしょう。しかし幼児に速読はできません。速読イコール読書の総量ではないかと思います。

それと、もともと速い人、遅い人がいます。友達で遅いけれど一度読んだことは忘れない人、速いがすぐに忘れる人がいます。

もう一つ面白いことは、速読塾経営者が、分厚い英語のマニュアルを持ってきたのです。時間がないので読んで内容を大体教えて欲しいというのです。笑ってしまいました。自分で速読やれよって思いました。

まあ英語ができなかったのかも知れませんが、とにかく読めない物は速読できない。だから読める物をたくさん読むという当たり前の事をするのが結局は近道ではないかと思います。速読教室の受講料は高かったと思います。

NO1です。
本当に、もし数分で本が何冊も読めるのならスゴイと私も思いました。友達が速読の本を持っていたので貸してもらい、やってみました。それは、目線をまっすぐに早く動かす練習。字を一字一字見るのではなく、かたまりで見る、斜め読み、とばし読みなど当たり前のことばかりでした。
しばらく熱心にやりましたが、宣伝されているような効果はない、と判断しました。

受験に関しても、国語、英語長文、社会など人の3倍の速さで読めるならすごいアドバンテージです。もしこれが本当なら、大手の塾です...続きを読む

Q速読術の種類について

速読を始めようと思うのですが、色々あってどの方法でやればよいかわかりません。速読術の主な種類とそのメリット、デメリット等教えてください。あと短期間で独学でできる速読法あったら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

栗田昌裕氏の主宰するSRS速読法http://www.srs21.com/の講習に通ったことのある者です。

速読術には大きく分けて右脳式と左脳式があるようです。
ちまたのほとんどの速読術の学校は右脳式を採用しており、栗田式もそうです。右脳式の方が画期的な効果が得られ、1分間に何万字読めるということも可能なようですが、私は50過ぎて始めたので、どんなに頑張ってもそれは無理のようです。(同じ講習で若い人ほど飛躍的な伸びを示しました。)
その点、左脳式は、採用している所は少なく、右脳式ほど飛躍的な伸びはないが、その気になれば、かなり後発でも習得が可能との話を聞きます。

私の参加した栗田式では、速読のための速読に終始せず、文字だけでなく、絵や情景を読み判断する総合的な読解力や判断力をはじめあらゆる能力が開発されるといううたい文句のもとに一定の効果が出ていたような気がします。

世の中には「速読なんて邪道だ。本は味わって読むものだ。」という哲学を持つ方もおられると思いますが、何でも体験し、いい所は積極的に取り入れ、活用していくことは、人生を楽しく有意義に過ごしていくためにプラスになると信じます。

詳しくは、私がこれまでに質問や回答をした次のQ&Aをご覧ください。

速読各流派の特長、特に右脳式と左脳式の違いについて(小生質問)http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2789862.html
日本人の平均読書速度http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2862746.html
本を読むのが遅いのを早くしたい・・http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2884994.html
映像記憶http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2889558.html
速読についてhttp://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru_reply.php3?q=3000851

尚、回答に一通り納得されましたら、短くても結構ですから、各回答に対し、お礼をされ、良回答にポイントを付与して締め切られることをお勧めします。
最近質問を立て逃げする人が増えているようですが、そのような人は読解力や判断・決断力が不足しているように感じられます。速読術を習得していけば、日常の色々な文書を即時に読み込み、それに対する判断を即時に下して、どんどん区切りをつけていくことができるようになると思います。

栗田昌裕氏の主宰するSRS速読法http://www.srs21.com/の講習に通ったことのある者です。

速読術には大きく分けて右脳式と左脳式があるようです。
ちまたのほとんどの速読術の学校は右脳式を採用しており、栗田式もそうです。右脳式の方が画期的な効果が得られ、1分間に何万字読めるということも可能なようですが、私は50過ぎて始めたので、どんなに頑張ってもそれは無理のようです。(同じ講習で若い人ほど飛躍的な伸びを示しました。)
その点、左脳式は、採用している所は少なく、右脳式ほど飛躍的な伸...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報