清は皇帝以下支配階級は満州族だった訳ですから、行政文書にも満州語が使われていたと思います。
ところが辛亥革命で中華民国が成立すると、一瞬で満州族も満州語も漢族及び中国語に飲み込まれたように見えます。(後に日本が中華民国の反対を押し切り満州国をつくりますが)
満州族と漢族の武力衝突のような混乱は発生しなかったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 No.2の方の説明に補足して。



 清は、辮髪など一部の満州の風俗以外は、全面的に中国の伝統文化を尊重し、満州族の皇帝が率先して漢民族化を進めました。

 清朝最盛期の康熙帝は、康煕字典や四庫全書など、中国の文字文化の大規模編纂事業を行いを行い、歴代王朝の優れた陶器のレプリカを作成するなど、「漢民族文化」の集大成に努めました。

 支配体制も、中央の主要官僚は建前上、満・漢同数としたものの、官吏登用には中国伝統の科挙を全面的に採用したこともあって、中堅官僚以下は人口が圧倒的に多い漢民族によって占められていました。

 このような社会状況から、ヨーロッパ列強が進出してきて、中国が半植民地化し、清朝の弱体化が著しく進んだ時、『扶清洋滅』というスローガンを掲げた、「義和団事件」が起こっています。

 これは、清=満州王朝を扶助して、西洋列強を倒そうという意味です。

義和団事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%A9%E5%92%8C% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>清は、辮髪など一部の満州の風俗以外は、全面的に中国の伝統文化を尊重し、満州族の皇帝が率先して漢民族化を進めました。

人口の圧倒的な差(文化の差も?)もあり、民族間の対立といったものは無かったのですね。

お礼日時:2011/04/19 20:22

満州族は支配階級という地位にあぐらをかいて、辛亥革命の頃には戦闘力など全くなくなっていました。


日本の江戸時代幕末の旗本と同じようなものです。

人口的にも、満州族は漢族に比べて圧倒的に少数です。
そもそも清が中国本土に進出できたのも明を見限った漢族の将軍の協力があったからです。

なので、「満州族と漢族の武力衝突のような混乱」は起こりようがないし、仮に起こったとしても満州族が一瞬で敗退して終了だったでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>人口的にも、満州族は漢族に比べて圧倒的に少数です。
>そもそも清が中国本土に進出できたのも明を見限った漢族の将軍の協力があったからです。

極少数だったのですね。

お礼日時:2011/04/19 10:21

of course no...

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

事件 意味」に関するQ&A: 終息と収束の違い

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q辛亥革命で満州族はどうなったのですか?

清は皇帝以下支配階級は満州族だった訳ですから、行政文書にも満州語が使われていたと思います。
ところが辛亥革命で中華民国が成立すると、一瞬で満州族も満州語も漢族及び中国語に飲み込まれたように見えます。(後に日本が中華民国の反対を押し切り満州国をつくりますが)
満州族と漢族の武力衝突のような混乱は発生しなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

 No.2の方の説明に補足して。

 清は、辮髪など一部の満州の風俗以外は、全面的に中国の伝統文化を尊重し、満州族の皇帝が率先して漢民族化を進めました。

 清朝最盛期の康熙帝は、康煕字典や四庫全書など、中国の文字文化の大規模編纂事業を行いを行い、歴代王朝の優れた陶器のレプリカを作成するなど、「漢民族文化」の集大成に努めました。

 支配体制も、中央の主要官僚は建前上、満・漢同数としたものの、官吏登用には中国伝統の科挙を全面的に採用したこともあって、中堅官僚以下は人口が圧倒的に多い漢民族によって占められていました。

 このような社会状況から、ヨーロッパ列強が進出してきて、中国が半植民地化し、清朝の弱体化が著しく進んだ時、『扶清洋滅』というスローガンを掲げた、「義和団事件」が起こっています。

 これは、清=満州王朝を扶助して、西洋列強を倒そうという意味です。

義和団事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%A9%E5%92%8C%E5%9B%A3%E3%81%AE%E4%B9%B1

Q【中国】中国の満州族は満族のことですか?満州族と満族は同じですか?違う少数民族ですか?

【中国】中国の満州族は満族のことですか?

満州族と満族は同じですか?違う少数民族ですか?

Aベストアンサー

以下を読んでみてください。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%80%E5%B7%9E%E6%B0%91%E6%97%8F

Q辛亥革命以降の中国を日本政府は何と言っていますか?

辛亥革命後の中国の正式名は中華民国ですが一般には支那と言っていました。
ところで当時の日本政府は外交交渉なので中華民国と言っていたのでしょうか?
-参考-
1.中国と言う表現は日本にも中国地方(広島など)があるので日本人には若干抵抗があります。
2.江戸時代の日本人は中国を唐土と言っていました。唐土は外国という意味もあるので英語のチャイナを参考にシナというようになりました。従って差別的要素はありません。

Aベストアンサー

戦前に中国の一般的な呼称として「支那」が広く使われていたことは事実ですが、外務省のサイトの「外務本省→外交史料館→外交史料 Q&A→その他」には、1930年(昭和5年)10月に浜口雄幸内閣が中国の呼称を常則として「中華民国」とするという閣議決定を行った経緯を示す記録があることが記載されています。

この閣議決定までは、日本政府は、条約や国書を除いて中国を「支那」と呼称するとの閣議決定(1913年6月)に基づき、中国の呼称として通例「支那」を使用していました。(条約や国書など正式な文書では「中華民国」が使われていたことになりますが、このサイトにあるように関税協定の中に「支那」という字句を使用して中国側から批判を受けたこともありました)

参考URL:http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/shiryo/qa/sonota_02.html#19

Q日本が満州族の代わりに中国を支配した可能性はありましたか?

16世紀後半の中国、明が弱体化していたころは南倭北虜といって北からは北方民族(満州族も含まれる)と南からは倭寇から襲撃されている状況にありました。
一方で16世紀後半といえば戦国時代も終わりに近く、信長・秀吉の統治のもと日本は軍事的に最盛期にあったといえます。

朝鮮出兵の結果を見ても、日本の軍事力は明より上であり(加藤清正は明の大軍を破っています)、その後の明の弱体化につけこめば火縄銃をもっていたかどうかも怪しい満州族より先に中国本土を支配してしまうことも可能ではなかったと思いますが、その可能性はあったと思いますか?

武力でいえば満州族より(戦国時代から実戦経験豊富な)大和民族の方が上であり、倭寇を通じての足掛かりを築くこともできたと思うのですが。

Aベストアンサー

未来人の立場で後付けで見るなら、実際問題、秀吉本人が朝鮮に渡ってきて踏ん張りどころで攻勢をかけていれば可能性はあったとは思いますが。
結局のところ、秀吉の覚悟が足りなかったってことだと思います。明を甘く見すぎていたってことですかね。
それこそ、三成なんかが来ないでくれ、と嘆願したときに無視して朝鮮に渡っていれば。
現状維持タイプの三成に、蛮勇を期待するのは無理ですね。そういう意味で人選を誤ったのでしょう。あるいは、若い頃の秀吉であれば、無視して渡海していたはずです。
三成は三成なりに、豊臣家や日本のためを考えて最善と思う策を提案しているのは間違いないでしょうが、
そういう視点で考えるなら、そもそも、最初から朝鮮に出兵なんてしないほうがいいに決まってるわけで、
無理スジの朝鮮出兵を強行しながら最後に秀吉本人がビビッてどうする、って感じですね。

あるいは、2度目の慶長の役は、日本軍は終戦一方というイメージがあるような気がしますが、実際には終戦(秀吉の死)の時点でも、もし、豊臣政権に強力な独裁者が後継者としていて、強引に大攻勢に出れば可能性はあったとは思います。その時点で、日本もそうですが、明もそうとうな限界になっていました。

ただ、中国を制した異民族政権は、結局のところ中国に取り込まれるだけ、というのが歴史の結論なわけで、もし明征服の成功していたら日本にとって良かったか?は個人的には相当疑問です。

未来人の立場で後付けで見るなら、実際問題、秀吉本人が朝鮮に渡ってきて踏ん張りどころで攻勢をかけていれば可能性はあったとは思いますが。
結局のところ、秀吉の覚悟が足りなかったってことだと思います。明を甘く見すぎていたってことですかね。
それこそ、三成なんかが来ないでくれ、と嘆願したときに無視して朝鮮に渡っていれば。
現状維持タイプの三成に、蛮勇を期待するのは無理ですね。そういう意味で人選を誤ったのでしょう。あるいは、若い頃の秀吉であれば、無視して渡海していたはずです。
三成は三...続きを読む

Q辛亥革命期の女優Jin Jilanの漢字名を教えてください

中国史についての英語文献に、辛亥革命期の中国で、武器の密輸や製造にかかわった女優としてJin Jilanという名前が出てきました。彼女について詳しく知りたいのですが、漢字でどう表記する名前なのかがわかりません。ピンインから予測して、Jinは金か晋だと思ったのですが、一般の人名辞典には思い当たる名前がありませんでした。ひょっとしたらウェード式の表記であるのか、あるいはピンインでも間違いなのかもしれません。

この文献(E.Croll, 1978"Feminism and Socialism in China")によれば、Jinは(1)アメリカ合衆国の仲間と結託していた(2)夫を殺害した(3)暴動に加担したために処刑されたということです。

もし、思い当たる女優をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけませんでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「Jin Jilan」は、「錦芝蘭」ではないでしょうか。
彼女は蘇州生まれ、上海を中心として一座を組織していた舞台俳優であり、革命党の一員。
ただ、豪商一家惨殺事件の首謀者として北京で処刑されています。享年21。明治33年。

以上は、宮崎滔天「支那革命軍談」(法政大学出版局)の中の付録「革命事情」として掲載されている、「怪女優錦芝蘭」よりのダイジェスト。宮崎は中国通であり、「一昨年の事件で、処刑は昨年」としていますので、もしお尋ねの人物であればアメリカの資料より確実な情報と思われます。

Q満州と満州族

 私の前の質問、「日中戦争の正当」にはたくさんのお答えをいただき、ありがとうございました。

 今度は満州についての質問です。

 満州については、ご存知の通り、第二次大戦末期、ソ連軍が侵攻して関東軍を破り、同地を支配しました。

 しかし、今、満州は中国の「東北地方」となっております。これはソ連が何らかの理由で、中国に割譲したからでしょうか? 

 また、現在の満州には満州族は住んでおらず、漢民族と朝鮮族が住んでいるそうです(これは吉林出身の中国人の友人に確認しました)。満州族はソ連や中国政府によって、どこかに強制移住させられてしまったのでしょうか?

Aベストアンサー

No.5です。
>満州族が漢民族と同化してしまっているのは、何か理由があるのでしょうか? また、満州族というのは、日本が作ったかつての満州帝国については、どう思っているのでしょうか?(もちろん、なかなか本音は言えないと思いますが。)

個人的な見解ですが、漢族に同化した背景として次のようなことが考えられます。
(1)清朝の統治時代に、支配民族であった満州族自ら漢族を統治するために積極的に漢族の文化を許容したため、習慣などの点で区別が少なくなっていたこと(辮髪は満州族の習慣ですが)。
(2)清朝崩壊後に旧満州に大量の漢族が流入したことにより満州族がごく少数派になったこと。その後も北洋軍閥などの拡大によって満州族の希薄化がさらに進んだこと。
(3)満州国崩壊後、旧清朝に回帰するような動きを封じ込めるため、現共産党政権がさらに同化を進めたこと。また満州族側も身の安全を図るため、満州族であることを隠したこと。
などが考えられると思います。満州帝国に対する満州族の感情というのは、歴史を正視できる人であれば、清朝の最後の皇帝が満州皇帝であったりしたことで、民族の誇りであったと思う人がいるかもしれませんが、すでに満州語などは廃れており、アイデンティティを感じる場面はないと思いますし、今の教育では満州帝国は「偽満州国」として日本軍国主義の傀儡と教えられますので、そのとおりにすりこまれてしまっており、清朝に郷愁めいたものは感じても満州帝国については何も感じない(感じてもそう言えない)ものと思われます。

>私の東北地方出身の友人(漢民族)によると、朝鮮族はいまだに家では朝鮮語を話し、なかなか漢民族と交わらないそうです。当局の言うことを聞かないことも多く、手を焼いているなどという話も聞きました。

北京に住んでいたとき、カラオケ屋に行って、東北からきた朝鮮族の小姐とよく話をしました。朝鮮族側からすると、漢族はきたない、不潔、野蛮というイメージを持っており、結婚するようなことはほとんどないと言っていました。韓国人もそうですが、基本的に朝鮮族の人は漢族を見下しています。ただ少数派であり、政治的発言力は弱いのでやむをえず黙っているというところでしょうか。朝鮮族はかつて学校で日本語を習わされ(朝鮮語が日本語と文法的に非常に近いため)、スパイとして養成されたということもあったと聞いています。私の一番親しかった小姐(今20代後半のはず)も中学では日本語を勉強したそうで少ししゃべれました。今も朝鮮族出身の日本語通訳はレベルが高いですね。
話がそれたかもしれません。失礼します。

No.5です。
>満州族が漢民族と同化してしまっているのは、何か理由があるのでしょうか? また、満州族というのは、日本が作ったかつての満州帝国については、どう思っているのでしょうか?(もちろん、なかなか本音は言えないと思いますが。)

個人的な見解ですが、漢族に同化した背景として次のようなことが考えられます。
(1)清朝の統治時代に、支配民族であった満州族自ら漢族を統治するために積極的に漢族の文化を許容したため、習慣などの点で区別が少なくなっていたこと(辮髪は満州族の習慣ですが)...続きを読む

Q辛亥革命について

今、TRYを読んでいるのですが、少し手前で話が終わっているような気がします。そもそも清王朝を倒すためにした革命なのでしょうか?詳しく教えてください。

Aベストアンサー

すいません。

アドが途中で切れてましたm(_)m

参考URL:http://www.ffortune.net/social/history/china-sin/singai-kakumei.htm

Q満州国での現地人への支配はどのようなものだったのでしょうか?

満州国が成立して日本の傀儡政権が中国の関東地方を支配するわけですが、
元々満州に住んでいた人たちに対してはどのような方針で政策を行ったのでしょうか?
農民から土地を取り上げるとか、ビルを接収するとかいうことはあったのでしょうか?

GHQが日本に行ったような、現地の人にも喜ばれるような合理的な政策が行われたのでしょうか?
それとも軍事力にものをいわせて強引なことをやっていたのですか。
満州の開拓ということが大々的に行われていたようですが、現地の人たちと協力して行っていたのでしょうか?

当時の様子を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

満州国の場合、皇帝や総理、各省部のトップは満州人(必ずしも現地人とは限らない)でしたが、ナンバーツウや実際に権限のあるポストには日本人がついていました。
また軍隊(関東軍とは別にいちおうありました)や警察のような権力機関の幹部はほとんどが日本人が抑えていました。
これらの人々のうちでも上級幹部はまだましでしたが、中下級幹部や役人には日本ではうまくいかずに食い詰めて満州国でポストを得たものや、軍や役人と結託して現地の人たちの土地や財産を取り上げるようなやからもあり、また現地の人々を見下し自分たちはお前らとは違うんだという態度をとる連中もたくさんいました。
そういうわけで現地の人たちと友好的とか協力してということにはなかなかいきませんでした。もちろんなかには理想を持って現地の人たちとも協力していた人も皆無とは言えませんが少数派でした。
そういうわけで、満蒙開拓団も自衛のための武器を持っていたくらいでした。

Q経営理念について感想を書いて良いのか?

経営理念について感想を書いて良いのか?

お願い致します。
ある会社に転職を希望しています。
職務経歴書を作成しているのですが、志望理由に御社の経営理念について”ここに共感したことが志望の理由です”と経営理念について触れても良いのでしょうか?

あるサイトで、経営理念については、軽々しく、感想を述べてはいけないとありました。
ですが、理念に共感したことは、事実です。

理念については触れない方がよいのでしょうか?

お願い致します!

Aベストアンサー

転職の理由は『今の上司にあわない』『やりたい仕事をさせてもらえない』『処遇が気に入らない』大きく分けてこんなもんです。こんな理由を言うのは格好悪いから、別に最もらしい理由を考えて辞めていきます。但し、会社の経営理念、方針に賛同して入社した場合は、上述の場当たり的な理由では辞めません。貴方も辞める直接の理由はわかりませんが、最終的な判断は今の会社の理念と合わなかったんでしょうね。新しい会社の面接ではどんどん話しましょう。それが生意気に感じる人事なら、行くのを止めたほうがよいですよ。

Qイギリス市民革命・清教徒革命とは何ですか?

イギリス市民革命、清教徒革命とは何が起こったのですか??
詳しく教えて下さい!
お願いします。

Aベストアンサー

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=GGLJ,GGLJ:2006-47,GGLJ:ja&q=%e6%b8%85%e6%95%99%e5%be%92%e9%9d%a9%e5%91%bd

宿題の丸投げは禁止ですので、上記の検索結果から情報を拾って自分で調べてください。なお、ネット上の情報にはウソも多いのでうかつに信用すると痛い目に遭います。

中央公論社から1990年代に出版された「世界の歴史」というシリーズが出ており、どの図書館でも所蔵している筈です。その中から該当の巻を読むのが一番確実でしょう。


人気Q&Aランキング