清は皇帝以下支配階級は満州族だった訳ですから、行政文書にも満州語が使われていたと思います。
ところが辛亥革命で中華民国が成立すると、一瞬で満州族も満州語も漢族及び中国語に飲み込まれたように見えます。(後に日本が中華民国の反対を押し切り満州国をつくりますが)
満州族と漢族の武力衝突のような混乱は発生しなかったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 No.2の方の説明に補足して。



 清は、辮髪など一部の満州の風俗以外は、全面的に中国の伝統文化を尊重し、満州族の皇帝が率先して漢民族化を進めました。

 清朝最盛期の康熙帝は、康煕字典や四庫全書など、中国の文字文化の大規模編纂事業を行いを行い、歴代王朝の優れた陶器のレプリカを作成するなど、「漢民族文化」の集大成に努めました。

 支配体制も、中央の主要官僚は建前上、満・漢同数としたものの、官吏登用には中国伝統の科挙を全面的に採用したこともあって、中堅官僚以下は人口が圧倒的に多い漢民族によって占められていました。

 このような社会状況から、ヨーロッパ列強が進出してきて、中国が半植民地化し、清朝の弱体化が著しく進んだ時、『扶清洋滅』というスローガンを掲げた、「義和団事件」が起こっています。

 これは、清=満州王朝を扶助して、西洋列強を倒そうという意味です。

義和団事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%A9%E5%92%8C% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>清は、辮髪など一部の満州の風俗以外は、全面的に中国の伝統文化を尊重し、満州族の皇帝が率先して漢民族化を進めました。

人口の圧倒的な差(文化の差も?)もあり、民族間の対立といったものは無かったのですね。

お礼日時:2011/04/19 20:22

満州族は支配階級という地位にあぐらをかいて、辛亥革命の頃には戦闘力など全くなくなっていました。


日本の江戸時代幕末の旗本と同じようなものです。

人口的にも、満州族は漢族に比べて圧倒的に少数です。
そもそも清が中国本土に進出できたのも明を見限った漢族の将軍の協力があったからです。

なので、「満州族と漢族の武力衝突のような混乱」は起こりようがないし、仮に起こったとしても満州族が一瞬で敗退して終了だったでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>人口的にも、満州族は漢族に比べて圧倒的に少数です。
>そもそも清が中国本土に進出できたのも明を見限った漢族の将軍の協力があったからです。

極少数だったのですね。

お礼日時:2011/04/19 10:21

of course no...

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

事件 意味」に関するQ&A: 終息と収束の違い

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q辛亥革命関連

孫文が辛亥革命を起こそうとするとき、それに反抗した清の役人の考えについて考えています。

●なぜ革命に反抗して清を残そうとしたのか?

  → 清で長年もっていた既得権益を守ろうとしたため ?

●なぜ、外国人を排斥しようとしたのか

●なぜ、民主化に反抗したのか

アドバイス、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>それに反抗した清の役人の考えについて考えています。

あなたの考えを開陳してください。

Q【中国】中国の満州族は満族のことですか?満州族と満族は同じですか?違う少数民族ですか?

【中国】中国の満州族は満族のことですか?

満州族と満族は同じですか?違う少数民族ですか?

Aベストアンサー

以下を読んでみてください。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%80%E5%B7%9E%E6%B0%91%E6%97%8F

Q満州国皇帝 溥儀

溥儀は何故満州国の皇帝になったのでしょうか?
満州は実質関東軍の支配下だったのでわざわざ傀儡皇帝を立てる必要も無かったと思うのですが

Aベストアンサー

 azuki-7さんが最初に挙げていらっしゃる「満州は実質関東軍の支配下だったのでわざわざ傀儡を立てる必要もなかった」との見解は、日本側からの見解であって、溥儀が求めたのは清朝の再興でした。
 ラストエンペラーとして中国の歴代王朝に幕引きしたのですから、その手で新たな王朝を打ち立てるとの野心があっても不自然ではありません。
 そして溥儀は日本を利用したつもりであったかもしれませんが、実際には日本に利用され捨てられた形で人生の幕を閉じることとなりました。

Q日本が満州族の代わりに中国を支配した可能性はありましたか?

16世紀後半の中国、明が弱体化していたころは南倭北虜といって北からは北方民族(満州族も含まれる)と南からは倭寇から襲撃されている状況にありました。
一方で16世紀後半といえば戦国時代も終わりに近く、信長・秀吉の統治のもと日本は軍事的に最盛期にあったといえます。

朝鮮出兵の結果を見ても、日本の軍事力は明より上であり(加藤清正は明の大軍を破っています)、その後の明の弱体化につけこめば火縄銃をもっていたかどうかも怪しい満州族より先に中国本土を支配してしまうことも可能ではなかったと思いますが、その可能性はあったと思いますか?

武力でいえば満州族より(戦国時代から実戦経験豊富な)大和民族の方が上であり、倭寇を通じての足掛かりを築くこともできたと思うのですが。

Aベストアンサー

未来人の立場で後付けで見るなら、実際問題、秀吉本人が朝鮮に渡ってきて踏ん張りどころで攻勢をかけていれば可能性はあったとは思いますが。
結局のところ、秀吉の覚悟が足りなかったってことだと思います。明を甘く見すぎていたってことですかね。
それこそ、三成なんかが来ないでくれ、と嘆願したときに無視して朝鮮に渡っていれば。
現状維持タイプの三成に、蛮勇を期待するのは無理ですね。そういう意味で人選を誤ったのでしょう。あるいは、若い頃の秀吉であれば、無視して渡海していたはずです。
三成は三成なりに、豊臣家や日本のためを考えて最善と思う策を提案しているのは間違いないでしょうが、
そういう視点で考えるなら、そもそも、最初から朝鮮に出兵なんてしないほうがいいに決まってるわけで、
無理スジの朝鮮出兵を強行しながら最後に秀吉本人がビビッてどうする、って感じですね。

あるいは、2度目の慶長の役は、日本軍は終戦一方というイメージがあるような気がしますが、実際には終戦(秀吉の死)の時点でも、もし、豊臣政権に強力な独裁者が後継者としていて、強引に大攻勢に出れば可能性はあったとは思います。その時点で、日本もそうですが、明もそうとうな限界になっていました。

ただ、中国を制した異民族政権は、結局のところ中国に取り込まれるだけ、というのが歴史の結論なわけで、もし明征服の成功していたら日本にとって良かったか?は個人的には相当疑問です。

未来人の立場で後付けで見るなら、実際問題、秀吉本人が朝鮮に渡ってきて踏ん張りどころで攻勢をかけていれば可能性はあったとは思いますが。
結局のところ、秀吉の覚悟が足りなかったってことだと思います。明を甘く見すぎていたってことですかね。
それこそ、三成なんかが来ないでくれ、と嘆願したときに無視して朝鮮に渡っていれば。
現状維持タイプの三成に、蛮勇を期待するのは無理ですね。そういう意味で人選を誤ったのでしょう。あるいは、若い頃の秀吉であれば、無視して渡海していたはずです。
三成は三...続きを読む

Qぎょうざ好きに質問! 満州vs王将

ぎょうざが大好きなあなたに質問です。

王将と満州ではどちらがお好みですか?

私は満州が好きです。

肉汁たっぷり、皮がもちもちでおいしい♪

Aベストアンサー

埼玉県在住の既婚40代前半のおっちゃんです

同志よ!

私は断然「満州」派です!
特売日には妻が「業務用」という数十個入った餃子を買ってきます。
(一回妻が計算したら一個あたり数十円だったらしい)
それであんなに美味しい餃子が食べられるので、自分で作るのを止めました。我が家では。
それを、冷凍して「食べたい時毎に」焼いて食べます。
そんな「満州の餃子」を2人の息子達(小6、小2)も大好きです。

そして、我が家では「今日のご飯何にしようか?」と妻が言って、私がすかさず「満州餃子」と言うと2人の息子達が「ワーイワーイ」と小躍りしながら大喜びです。

回答していたら食べたくなりました。(●´ω`●)ゞエヘヘ

あ、そうそう。「王将」も決して嫌いじゃありませんよ。
むしろ大好きです。
でも、特売日の「業務用」は売ってませんからねぇ。

Q満州と満州族

 私の前の質問、「日中戦争の正当」にはたくさんのお答えをいただき、ありがとうございました。

 今度は満州についての質問です。

 満州については、ご存知の通り、第二次大戦末期、ソ連軍が侵攻して関東軍を破り、同地を支配しました。

 しかし、今、満州は中国の「東北地方」となっております。これはソ連が何らかの理由で、中国に割譲したからでしょうか? 

 また、現在の満州には満州族は住んでおらず、漢民族と朝鮮族が住んでいるそうです(これは吉林出身の中国人の友人に確認しました)。満州族はソ連や中国政府によって、どこかに強制移住させられてしまったのでしょうか?

Aベストアンサー

No.5です。
>満州族が漢民族と同化してしまっているのは、何か理由があるのでしょうか? また、満州族というのは、日本が作ったかつての満州帝国については、どう思っているのでしょうか?(もちろん、なかなか本音は言えないと思いますが。)

個人的な見解ですが、漢族に同化した背景として次のようなことが考えられます。
(1)清朝の統治時代に、支配民族であった満州族自ら漢族を統治するために積極的に漢族の文化を許容したため、習慣などの点で区別が少なくなっていたこと(辮髪は満州族の習慣ですが)。
(2)清朝崩壊後に旧満州に大量の漢族が流入したことにより満州族がごく少数派になったこと。その後も北洋軍閥などの拡大によって満州族の希薄化がさらに進んだこと。
(3)満州国崩壊後、旧清朝に回帰するような動きを封じ込めるため、現共産党政権がさらに同化を進めたこと。また満州族側も身の安全を図るため、満州族であることを隠したこと。
などが考えられると思います。満州帝国に対する満州族の感情というのは、歴史を正視できる人であれば、清朝の最後の皇帝が満州皇帝であったりしたことで、民族の誇りであったと思う人がいるかもしれませんが、すでに満州語などは廃れており、アイデンティティを感じる場面はないと思いますし、今の教育では満州帝国は「偽満州国」として日本軍国主義の傀儡と教えられますので、そのとおりにすりこまれてしまっており、清朝に郷愁めいたものは感じても満州帝国については何も感じない(感じてもそう言えない)ものと思われます。

>私の東北地方出身の友人(漢民族)によると、朝鮮族はいまだに家では朝鮮語を話し、なかなか漢民族と交わらないそうです。当局の言うことを聞かないことも多く、手を焼いているなどという話も聞きました。

北京に住んでいたとき、カラオケ屋に行って、東北からきた朝鮮族の小姐とよく話をしました。朝鮮族側からすると、漢族はきたない、不潔、野蛮というイメージを持っており、結婚するようなことはほとんどないと言っていました。韓国人もそうですが、基本的に朝鮮族の人は漢族を見下しています。ただ少数派であり、政治的発言力は弱いのでやむをえず黙っているというところでしょうか。朝鮮族はかつて学校で日本語を習わされ(朝鮮語が日本語と文法的に非常に近いため)、スパイとして養成されたということもあったと聞いています。私の一番親しかった小姐(今20代後半のはず)も中学では日本語を勉強したそうで少ししゃべれました。今も朝鮮族出身の日本語通訳はレベルが高いですね。
話がそれたかもしれません。失礼します。

No.5です。
>満州族が漢民族と同化してしまっているのは、何か理由があるのでしょうか? また、満州族というのは、日本が作ったかつての満州帝国については、どう思っているのでしょうか?(もちろん、なかなか本音は言えないと思いますが。)

個人的な見解ですが、漢族に同化した背景として次のようなことが考えられます。
(1)清朝の統治時代に、支配民族であった満州族自ら漢族を統治するために積極的に漢族の文化を許容したため、習慣などの点で区別が少なくなっていたこと(辮髪は満州族の習慣ですが)...続きを読む

Q旧満州国を研究しています。

亡父が満州で終戦を迎えた世代でもあり中国東北部へ旅行したいと思い予備知識を入れようと満州研究しています。

満州(偽満)の起こりから終戦までの間に介入した人物(石原莞爾、甘粕正彦、皇帝溥儀、等等)と開発事業団についての文献を探していますがなかなか見つかりません、731部隊については様々な文献がありますが満映の文献は少ないですし。

良い資料と大連やチチハルなど東北部で満州の遺構をお知りの方、お教えください。

Aベストアンサー

◆満州で活躍した人を調べるには、下記のような資料があります。
都道府県立クラスの図書館でしたら、所蔵しているものと思います。

『満州人名辞典』上巻 日本図書センター  1989.5
『満州人名辞典』中巻   日本図書センター 1989.5  
『満州人名辞典』下巻   日本図書センター 1989.5


◆あと、国立国会図書館のOPACを利用して、資料情報を収集する方法があります。

【国立国会図書館蔵書検索・申込システム】
http://opac.ndl.go.jp/

上記画面から→「一般資料の検索/申込み」に進み、検索画面の件名に「甘粕正彦」と入れて検索すると、5件ヒットします。
その中には、↓のような資料があります。

『満洲国の断面』 武藤富男. -- 近代社, 1956
『問題の人甘粕正彦』 山根倬三. -- 大空社, 1997.5. -- (伝記叢書 ; 253)


件名に「満州映画協会」といれて検索すると、3件ヒットします。

『満映』/ 山口猛. -- 平凡社, 1989.8
『満映』 / 胡昶,古泉[他]. -- パンドラ, 1999.9
『満州の記録』 -- 集英社, 1995.8


件名に「満州 歴史」といれてAND検索すると、356件ヒットします。
その中には下記のような資料が含まれています。

『満洲開拓史』 / 満洲開拓史刊行会. -- 満洲開拓史刊行会, 1966
『満洲建国十年史』 / 満洲帝国政府. -- 原書房, 1969. -- (明治百年史叢書)


件名に「満州 移民」といれてAND検索すると、109件ヒットします。
その中には下記のような資料が含まれています。

『満州移民関係資料集成』. -- 不二出版,
『満洲移民問題と実績調査』 / 日本学術振興会第二特別委員会. -- 日本学術振興会, 1937. -- (学術部第二特別委員会報告 ; 第7編)

かなり古い資料もあります。もし、興味がおありでしたら、もよりの図書館のレファレンス・カウンターでご相談ください。
所蔵しているところから、取り寄せの手続きをしてくれると思います。

◆満州で活躍した人を調べるには、下記のような資料があります。
都道府県立クラスの図書館でしたら、所蔵しているものと思います。

『満州人名辞典』上巻 日本図書センター  1989.5
『満州人名辞典』中巻   日本図書センター 1989.5  
『満州人名辞典』下巻   日本図書センター 1989.5


◆あと、国立国会図書館のOPACを利用して、資料情報を収集する方法があります。

【国立国会図書館蔵書検索・申込システム】
http://opac.ndl.go.jp/

上記画面から→「一般資料...続きを読む

Q満州国での現地人への支配はどのようなものだったのでしょうか?

満州国が成立して日本の傀儡政権が中国の関東地方を支配するわけですが、
元々満州に住んでいた人たちに対してはどのような方針で政策を行ったのでしょうか?
農民から土地を取り上げるとか、ビルを接収するとかいうことはあったのでしょうか?

GHQが日本に行ったような、現地の人にも喜ばれるような合理的な政策が行われたのでしょうか?
それとも軍事力にものをいわせて強引なことをやっていたのですか。
満州の開拓ということが大々的に行われていたようですが、現地の人たちと協力して行っていたのでしょうか?

当時の様子を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

満州国の場合、皇帝や総理、各省部のトップは満州人(必ずしも現地人とは限らない)でしたが、ナンバーツウや実際に権限のあるポストには日本人がついていました。
また軍隊(関東軍とは別にいちおうありました)や警察のような権力機関の幹部はほとんどが日本人が抑えていました。
これらの人々のうちでも上級幹部はまだましでしたが、中下級幹部や役人には日本ではうまくいかずに食い詰めて満州国でポストを得たものや、軍や役人と結託して現地の人たちの土地や財産を取り上げるようなやからもあり、また現地の人々を見下し自分たちはお前らとは違うんだという態度をとる連中もたくさんいました。
そういうわけで現地の人たちと友好的とか協力してということにはなかなかいきませんでした。もちろんなかには理想を持って現地の人たちとも協力していた人も皆無とは言えませんが少数派でした。
そういうわけで、満蒙開拓団も自衛のための武器を持っていたくらいでした。

Q辛亥革命で満州族はどうなったのですか?

清は皇帝以下支配階級は満州族だった訳ですから、行政文書にも満州語が使われていたと思います。
ところが辛亥革命で中華民国が成立すると、一瞬で満州族も満州語も漢族及び中国語に飲み込まれたように見えます。(後に日本が中華民国の反対を押し切り満州国をつくりますが)
満州族と漢族の武力衝突のような混乱は発生しなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

 No.2の方の説明に補足して。

 清は、辮髪など一部の満州の風俗以外は、全面的に中国の伝統文化を尊重し、満州族の皇帝が率先して漢民族化を進めました。

 清朝最盛期の康熙帝は、康煕字典や四庫全書など、中国の文字文化の大規模編纂事業を行いを行い、歴代王朝の優れた陶器のレプリカを作成するなど、「漢民族文化」の集大成に努めました。

 支配体制も、中央の主要官僚は建前上、満・漢同数としたものの、官吏登用には中国伝統の科挙を全面的に採用したこともあって、中堅官僚以下は人口が圧倒的に多い漢民族によって占められていました。

 このような社会状況から、ヨーロッパ列強が進出してきて、中国が半植民地化し、清朝の弱体化が著しく進んだ時、『扶清洋滅』というスローガンを掲げた、「義和団事件」が起こっています。

 これは、清=満州王朝を扶助して、西洋列強を倒そうという意味です。

義和団事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%A9%E5%92%8C%E5%9B%A3%E3%81%AE%E4%B9%B1

Qイギリス市民革命・清教徒革命とは何ですか?

イギリス市民革命、清教徒革命とは何が起こったのですか??
詳しく教えて下さい!
お願いします。

Aベストアンサー

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=GGLJ,GGLJ:2006-47,GGLJ:ja&q=%e6%b8%85%e6%95%99%e5%be%92%e9%9d%a9%e5%91%bd

宿題の丸投げは禁止ですので、上記の検索結果から情報を拾って自分で調べてください。なお、ネット上の情報にはウソも多いのでうかつに信用すると痛い目に遭います。

中央公論社から1990年代に出版された「世界の歴史」というシリーズが出ており、どの図書館でも所蔵している筈です。その中から該当の巻を読むのが一番確実でしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報