最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

初めて車を購入してから9ヶ月、まだ1度もウォッシャー液を補充していません。
そろそろ補充しようと思いカー用品店で見ていたところ、ほとんどのウォッシャー液は「混ぜないで下さい」という注意書きがあったのですが、そうでないものが1つだけありました。

まだタンクの中には液が結構残っているので、全部出すにはもったいない気がします。
今ある液の上から足したいのですが、注意書きのないものは混ぜてもよいのでしょうか?
それともウォッシャー液は一般的に、違う銘柄のものは混ぜないほうがよいのでしょうか?

よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

ウオッシャー液の成分はアルコールと界面活性剤(石鹸)です。



ウオッシャー液の種類によっては撥水などがある物もありますので、そういう物の中には、反応して変質して固形化するなどの物もあるかと思います。

特に機能を持って居る(撥水など)様な物でなければ、混ぜても特に問題ないと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ウオッシャー液の成分はアルコールと界面活性剤(石鹸)です。

なるほど、界面活性剤とは石けんのことだったのですね。

>特に機能を持って居る(撥水など)様な物でなければ、混ぜても特に問題ないと思いますよ。

注意書きのなかったウォッシャー液は撥水をうたっていないものでした。
混ぜても問題無いのですね。

参考になりました。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/20 02:17

>まだタンクの中には液が結構残っているので、


殆ど使用しないのならば、水を補給すればよいのでは。
真冬のスキー場とか凍結の心配がない時期は、機能的に水で十分です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

夏は水でよいとの意見を以前目にしたことがあります。
ウォッシャー液はボンネットに付着するとこびりついてしまうらしいですね。
しかし水だけだと藻が生えて詰まるとも聞いたことがあります。
詰まる方が怖いので、ウォッシャー液を薄めて使いたいと思います。

ご回答頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/20 02:31

「撥水剤成分」含有のウォッシャー液は、「混ぜないでください」と注意書きがありますが、普通のブルーのウォッシャー液なら大丈夫です。



普通のブルーのウォッシャー液と普通のブルーのウォッシャー液は大丈夫。

普通のブルーのウォッシャー液と「撥水剤成分」含有のウォッシャー液は駄目。

「撥水剤成分」含有のウォッシャー液と別メーカーの「撥水剤成分」含有のウォッシャー液も駄目。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい回答ありがとうございます。
撥水効果のあるものの混合はだめで、普通のもの同士ならよいのですね。
大変参考になりました。

お礼日時:2011/05/20 02:24

メーカ各社は市販されている他社の成分について、ある程度把握していて混合についても検証しているかもしれません。


しかし、常に最新の商品をリアルタイムに調査するには限界がありますので、万全のため「混合しないでください」と表記しているのだと思います。
見つけられた商品にその表記がないのは、リスク管理の低い商品であるかごくごく一般的な成分であるためなのかでしょう。

保障はできませんが、真新しい商品を避け、古くからある定番商品を使用されたほうがいいのではないでしょうか。
通常は異なるメーカーの混合使用はよくあることですから長年販売実績があればリスクの高い原料を使用していないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

注意書きがあるのにはそういった理由があったのですね。
なるほど、古くからある定番商品ですか。
どれが古くからあるものかはわからないのですが調べてみます。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/20 02:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング