痔になりやすい生活習慣とは?

カテゴリー違いでしたらすみません。
タイトル通り請求金額の相談です。。
私は今年からチラシやCDジャケット、ポスターのデザインをフリーで受けるようになりました。いままでデザイン事務所に勤務したことはなく、ソフトも全て独学です。

受けている制作物は小規模の音楽系の会社からのもので、HP用の800×200pxぐらいの画像作成や、販売物、チラシ等です。
知人から紹介して頂いた仕事なのです。

私は経験を積んだデザイナーではないことと、クライアントが物凄く経費削減に重きを置いているという理由でどんなサイズでも
●チラシ1デザイン両面 5.000円
●ポスター 10.000円(チラシの拡大判デザインでこの値段)
●販売物 総売上の20%(例:2.000円のTシャツ80枚売り上げた金額から、経費80.000円を差し引いた金額の20%=16.000円)という感じで今までやっています。
※販売物は100点制作しても20点は配ったりするので残りの80点売り上げで考えて欲しいと言われました。

完成してからの追加注文も多く、なかなか時間がかかることもありますが他のもっとプロデザイナーの方もこの値段でやっていると聞かされているので了承してきました。
追加注文の際等も請求して良いものなのか?と考える日々です。

私は将来この仕事で頑張っていきたいと考えています。
しかし私は今のクライアントから「安くやってくれるアマチュア」と思われているので、
このまま請求し続けたら仕事がもらえなくなる気がして不安です。
このクライアントは基本的に好きにデザインさせて下さるし、デザインをかってくれているので辞めたくないのです。
しかしギャラの話しは別で、いつも口約束の言い値で支払われていました。
(ほぼ個人経営でとてもアットホームなのでお金もバイト代の手渡し感覚)
これからは書面にして請求したいと思うのですが、書式は分ってもやはり値段をどうつけたら良いのかわかりません。
本等みるとチラシ1枚で10.000円以上請求しているのが普通のようなのですが、、、


まとまらない文章ですみません。
皆様駆け出しのころはデザイン料はどうされていましたか?
経費削減に重きを置きながらデザイン性も重視したいというクライアント相手に
どう請求したらよいかアドバイスをお願いします!!!!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

追記です。



>私は将来この仕事で頑張っていきたいと考えています。

と書かれていますので、そうであれば、
是非まずは、デザイン事務所に就職することをお勧めします。

デザインは音楽や絵など同様、ほめられるか・ほめられないかで言うと
ほめられることはたやすいです。

でも大事なのは、ほめられることではなく、
誰にほめられるかです。

まず、ほめられて当然です。
そのほめられが、デザイン業界の中の、デザインレベルとして
30点なのか、80点なのか。何点なのかが重要です。

一般人や、そのへんのクライアントは
10点とれればほめてくれます。

------------------------------

デザイン事務所に入れば、デザインを仕事に選ぼうと
学生時代からがんばってきた人たちと大勢出会えます。

そういう人たちを見ることで、自分のデザインレベルがつかめます。

なぜなら、独立してやっていくということは
そういう人たちと同じ土俵で、
クオリティと値段を含めて競争することになるからです。

ですから、デザインで独立するなら、
何社かデザイン事務所を経験して、
どこの事務所でも私が1番か2番だったな。
くらいに思える状態でないと危険です。

そのレベルに達していないなら
会社で給料をもらったほうが稼げると思います。

デザインで勝負したいなら、それが賢明だと思います。
デザインで勝負じゃなく、経営アイデアで勝負、ということであれば話は別です。

自分は経営にまわって、優秀なデザイナーを雇えばいいです。
デザイン経験は必ず生きると思います。

------------------------------

1年でもいいです。デザイン事務所を経験しておくことをお勧めします。
見積もりや営業なども見れますし、仕事の流れも体験できます。
めちゃくちゃいい経験になりますから。
    • good
    • 4

デザイン料金は、人によってほんとうにまちまちなのです。


なぜまちまちかを書きます。

●クライアントの予算によるから。
●デザインのクオリティによるから。
●原価によるから。

まず、クライアントの規模を見てください。
クライアントが、あなたに発注するのは
その制作物にとっている制作予算と、
あがってくるデザインのバランスがいいからです。

クライアントの規模が小さい場合、制作予算も小さくなることが多いです。
ないものはない、ので払いたくても払えないということです。

チラシ1デザイン両面 5.000円というのは、
その制作物に対してその程度しか払えないクライアントだからです。

逆に、大きな会社でそこそこ儲かっていれば
たとえばその内容で、50,000円以上は払ってくれます。

---------------------

デザイナーとしてやっていきたいならば、必要なことは2つです。

1.デザインの能力を上げること。
(クライアントに喜んでもらえるデザインをあげられるようになること)

2.儲かっている企業と付き合えるようになること

---------------------

いくらいいデザインをあげても、
クライアントに予算がなければ、買ってもらえません。

あなたの今のクライアントでは、
今より何倍もいいデザインが仮にできたとしても、
支払える料金はたかが知れてると思います。

しかし、それでもいいデザインを作ることに注力することをお勧めします。
なぜなら、料金の割にはいいデザインをする、ということが
相手に口コミを生むからです。

その口コミの連鎖で、お金を払えるクライアントをつかむことです。
それで軌道に乗ります。
それができなければ、ずっと価格競争やコンペとなります。

---------------------

もうひとつ、
いいデザインをすることに注力することは
あなたの能力をあげることになります。

デザインの仕事は、たとえば職業人生40年だとして。
あなたが一生にできる制作物の数は、限られています。
それが5000点なのか、500点なのかは分かりません。

しかし、1点1点、どれだけ考えて、手を動かして、
作れたかにかかっています。
考えて手を動かした分だけ、次の作品はよりいいものが
作れるようになります。

そしてそのことを楽しめるようになることです。
これが大事です。

---------------------

世の中では、すぐにマネタイズを考えるデザイン会社が多いです。
それはとても大事なことですが、

それよりも大事なのは、圧倒的ないいデザインをあげることです。
そうすれば、必ず口コミになりますし、
自分からもそういう雰囲気が出てきます。

相手も安い値段では頼みずらくなります。
そういう風になっていくことが大事です。

---------------------

ギャラが安いと思うなら、

相手に、真面目に、「ご相談がある」と伝えます。

そして相談の日を用意してもらい、
まず今やらせてもらえていること自体に感謝を示します。
そして
「これからもこの料金でやらせていただこうと思います。」
と、今後もこれを続けたい気持ちも伝えます。

しかし、この料金だと生活が苦しく、
「このまま続けること自体が難しくなってしまいます。」
ということも伝えます。

そして、もしよろしければ
「どこか他にクライアントを紹介していただけないでしょうか。」
と相談する。

仕事紹介してくれ相談ではなく、料金上げてくれ相談ではなく
私の人生が苦しいから、という人生相談のテイストです。

相手があなたに感謝しているのならば
この相談には耳を傾けてくれると思います。

別れ際には
「もちろんそういう機会があったら、ということで
気に留めて置いていただくという感じで問題ございません。」
というニュアンスも付け加えてください。

すでに生活ができていて、さらに有利にするための話には
人は耳を傾けづらいですが、
生活していくことが苦しい、という相談には
耳を傾けやすいです。

しかももしかするとそれは自分の発注額が低いせいかも、
と感じさせられますので、相談に応じやすいと思います。
    • good
    • 6

クライアントがどうしても欲しくなるような、いいデザインを持ってゆけば値段の交渉も主導権を握れます。

がんばっていいデザインをすることです。

私はデザイン事務所を持っていましたし、法人として営業していました。ボーナスも福利厚生も一応ありましたので、原価計算をして請求金額を決めていました。
見積もりも、請求金額も結局自分で値段をつけるしかありません。

今後デザインをいう事業を継続してゆく上での必要な経費を計算して、自分で仕事の手間賃を計算してみましょう。

ただし、その金額どおりもらえるかどうかはお客さんしだいですが、原価を理解しておいてもらうことは大切です。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qチラシのデザイン料の相場はいくらくらいでしょうか??

チラシのデザイン料の相場はいくらくらいでしょうか??

コンサートのチラシのデザインを友人に頼んだ場合、一般的な相場はいくらくらいでしょうか?
また、友人価格としてはどのくらいでしょうか?

(1)A4白黒  片面 の場合
(2)A4カラー 片面 の場合
(3)A4白黒  両面 の場合
(4)A4カラー 両面 の場合

それぞれ違いますか?
教えてください。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

コンサートのチラシ作成料金

値段を決定するのは、その友人(クライアント)が持っている材料次第でしょう。

たとえば、演奏家が美人(イケメン)で、その上その美しさを表現できている良い写真が用意されていたり、作曲家や曲目、曲想を暗示(明示)させる材料が揃っていたりすれば、デザインというよりも、簡単な作業である場合もあり、低価格。

ビジュアル・インプレッションに関わる材料のすべてを、デザイナーが考え、揃える場合は高価格。

主催者がコンサートの曲目などを理解していない場合もあり、そのちらしで曲想を明示する場合もあります。そういった場合は、高価格。

ほかに、チラシを作るデザイナーの側がその曲目を知らなかったりすれば、しっかりと聞いて理解する必要がありますから、CD代やコンサート代とそれを聞いて考える時間をデザイン料金に含めます。

いちおう、上記の事柄などなど、変化する要素がたくさんあります。

友人価格ならば、カラー片面 2~10万円 
        両面は プラス1~2万円
        白黒片面は 3~10万円
        両面は プラス1~2万円

しかしながら、結局は友人との関係次第ですから、「予算はいくら?」「それで良いよ。」でも通用するかもしれません。そういった場合でも、作業賃くらいは払いましょう。良い気になっていると、印刷代に乗せられたりして、逆に高くなっている例もありますから。

すでに、素人でも、イラストレーターやフォトショップを使える人は多く、テーマによっては、非常に質の高いデザインをしている人がいくらでもいますから、あまり難しいことは考えない方が良いかもしれません。
「安く」というのは、けっこうくせ者です。

ほかに 広告代理店や クリエイティブ系の会社の料金表もありますが そういうものは建前の場合が多く 受注産業である現実からして 無視されている場合が多いものです。

コンサートのチラシ作成料金

値段を決定するのは、その友人(クライアント)が持っている材料次第でしょう。

たとえば、演奏家が美人(イケメン)で、その上その美しさを表現できている良い写真が用意されていたり、作曲家や曲目、曲想を暗示(明示)させる材料が揃っていたりすれば、デザインというよりも、簡単な作業である場合もあり、低価格。

ビジュアル・インプレッションに関わる材料のすべてを、デザイナーが考え、揃える場合は高価格。

主催者がコンサートの曲目などを理解していない場合もあり、そ...続きを読む

QCDジャケットデザイン料について困ってます

先日友達がドラムで所属するロックバンドのCDジャケットデザインを頼まれました。
アマチュアバンドで、有料で流通するCD1000枚ほどプレスするそうです。
手がけるのは8Pの冊子、裏表紙、盤面ラベルです。
ちなみに私はプロのデザイナーではなく、イラストや写真が趣味の一般人です。
当初は「友達だし無償でやってあげよう」と思っていたのですが…やはり販売物でお金が絡んでくることですので多少の報酬はあった方がフェアかなとも思っています。
作るからには真剣に作るつもりなので拘束時間もかなりのものになりますし。

ただ私もプロではないのでプロレベルのクオリティーに出来るわけではありません。またあくまで主役は音楽であることも理解しているつもりです。

この場合ギャランティを求めるのはおこがましいでしょうか?
また貰えるとしたら(スキルにもよるとは思いますが)どれくらいが相場なのでしょうか?

このような音楽媒体のデザインを手がけるのは初めてなので全く見当もつきません…
詳しい方、ご意見ご教授宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No1の方が言ってるように実費請求くらいかな
後はジャケットデザインで名前入れさせてもらうとか、記念にCD2~3枚貰うとか
プレス1000枚なんてライブハウスとかで売る位でしょうし、本人達も儲け度外視だと思いますよ

制作費はピンキリ
外部発注でやって、一番安くて1ページ3000円からかな

Q【フリーデザイナーの方】パッケージのデザイン料金

お世話になります。
現在会社でグラフィックデザインを行っております。
以前勤めていた会社からパッケージの制作依頼がきており、会社としてではなく、個人として引き受けたいと思っています。

以前、見積もりが欲しいと言われた際に、会社在籍時の相場を参考に、1パッケージ(ロゴデザイン含め)10万円~とかなり大雑把に目安を伝えました。
ラフは3案程度提案、修正料込みなので、これでも相場よりは安いかな?と思っていましたが、「何名もデザイナー、営業が居る大きい制作会社ならわかるけど、個人でやっているのに高いのでは。この金額ではお願いできない...」と言われたことがあり、今回改めての見積もりをどう出すか、に悩んでいます。
(そのように言って来たのに、再度見積もりを依頼するのもどうかと思いますが... 苦笑)

クライアントはかなり小会社で、担当商品の流通量も少ないため予算には厳しいのですが、
これまでの付き合いもあるため相場の範囲内で一番安い見積もりを出してあげたいと考えています。
個人でフリーで活動中の方に、下記お見積もりの出し方のアドバイスいただけたら嬉しいです。


(1)ロゴデザインなど含め、新規でグラフィックから制作するパッケージデザイン料金


(2)ロゴは流用で、雰囲気は前回のママ踏襲する簡単なパッケージデザイン
(イメージとして3-4時間以内でできる範囲のデザイン)

(3)デザイン全て前回のママイキ、1行程度の文字修正や一部のみ修正の際の料金
(30分以内でできる修正)

よろしくお願いいたします。

お世話になります。
現在会社でグラフィックデザインを行っております。
以前勤めていた会社からパッケージの制作依頼がきており、会社としてではなく、個人として引き受けたいと思っています。

以前、見積もりが欲しいと言われた際に、会社在籍時の相場を参考に、1パッケージ(ロゴデザイン含め)10万円~とかなり大雑把に目安を伝えました。
ラフは3案程度提案、修正料込みなので、これでも相場よりは安いかな?と思っていましたが、「何名もデザイナー、営業が居る大きい制作会社ならわかるけど、個人でや...続きを読む

Aベストアンサー

フリーでデザイン9年やってます。

この場合、見積もりを出さないで相手の希望する金額を素直に聞いた方がよいと思います。
10万円と一度見積もっているのだから、
5000円でやってくれとかみたいな極端な安い値段は言ってこないと思います。

ワタクシの計算方法ですが、
日給5万円で計算しています。(分量が多ければ4万にも3万にもなりますが…)

なので、
(1)について
3パターンのラフを新規で作るのに1日でできるのであれば、
最低金額5万円(当然修正などのやりとりに数回、数日要すると思うけど、これはやってみないと分からないので、一番時間のかかる新規作業分のみの計算をします。)

(2)について
上記の計算をふまえて2~3万円。

(3)について
1万円。

こんな感じです。
でも見積もりくれって言われたら(2)、(3)については上記の値段とほぼ同じ感じに見積もり出すと思いますが、
(1)に関しては質問者様と同じ10万円くらいの見積もりは出すと思います。

Qすでに制作済みのイラストの使用料

フォトショでイラストを描いて発表しているものです。
ちなみに素人で、まだお仕事が発生したことはありません。
でも最近1つお仕事がきました。
すでに発表してあるイラストの中から1つ選んで、パンフレットの表紙にするそうです。
サイズは縦長の封筒くらいの大きさの全面。
新たにデザインを考えることはないですが、いちおうサイズに合わせてつくり直しではあります。部数は1万くらい。
こういう場合、制作料(作り直しですが)、イラスト使用料としては、いくらぐらいが相場なのか、教えてください。これからのために安くてもいいかな、とは思ってるのですが、念のため相場を。
素人ですがどなたか教えてください。

Aベストアンサー

なんで安いんでしょうねぇ・・・。
なんとなく趣味の延長みたいに思われるのかなぁ。

ま、質問者さんにもがんばっていただいて、少しでも”イラストの相場”を上げていただきたいものです。

Qイラストレータの画像をJPG形式で保存したい

イラストレータの画像(ai形式)を一番画質を劣化させずにJPG形式に保存する方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

画像サイズ、ファイルサイズをどうするのか、どのような画像なのか等、情報が少ないのです。

しかし私自身も興味深かったので、以下の6種類で試してみました。個人的見解が、十二分に入りますがあしからず。
圧縮度等に関しては、ファイルサイズがなるべく均等になるように、「Web用に保存」は最高値、「書き出し」中間値で行いました。
環境:
Windows2000、Illustrator CS、Photoshop CS


1.「Web用に保存」でjpg
2.「書き出し」でjpg
3.「書き出し」でbmp保存後、Photoshopで「Web用に保存」でjpg
4.「書き出し」でbmp保存後、Photoshopで「保存」でjpg
5.Photoshopに貼り付け後、「Web用に保存」でjpg
6.Photoshopに貼り付け後、「保存」からjpg

結論から言いますと、1.のIllustrator上での「Web用に保存」で最高で行った場合が、色やエッジ、文字等がきれいに感じられました。
3~6はやはりベクターからラスタ変換での劣化、jpg変換時の劣化と、2度の劣化が原因だと思います。


最初にも書いた条件の詳細が分からないので、役に立つか分かりませんが、参考までに・・・。

画像サイズ、ファイルサイズをどうするのか、どのような画像なのか等、情報が少ないのです。

しかし私自身も興味深かったので、以下の6種類で試してみました。個人的見解が、十二分に入りますがあしからず。
圧縮度等に関しては、ファイルサイズがなるべく均等になるように、「Web用に保存」は最高値、「書き出し」中間値で行いました。
環境:
Windows2000、Illustrator CS、Photoshop CS


1.「Web用に保存」でjpg
2.「書き出し」でjpg
3.「書き出し」でbmp保存後、Photoshopで「Web用に保存...続きを読む

QA4チラシのデザイン料

クライアント直で、チラシのデザインの依頼を受けました。
A4・表面(4色)・裏面(4色)です。
部数は、まだ聞いていません。

当方、ページもののデザイナーのため、
ペラもののデザイン料が分かりません。
この場合、どれぐらいのデザイン料になるでしょうか。

ちなみに、同じクライアントで、
(折ってB5になる)
B5の三つ折りパンフレット・表面(4色)・裏面(4色)を、
以前10万円で請求したことがあります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>¥25,000と、¥30,000の違いはどういうところなのでしょうか?

irr0804さんが、どのようなデザイン・どれくらいのデザイン実績がおありか
  存じ上げない状態での、シンプルに私の場合はという回答です。
  クライアント様からデザインを受けた場合、デザインの内容によっての価格幅です。
  ※これは¥25,000と、¥30,000どちらを請求させていただくかは、私の場合は内容次第です。


>3割は、何のためにプラスするのか気になりました。

  説明が悪かったですね・・・
  打合せ料金・交通費を込で請求する場合、3割プラスしたり
  クライアント様との状況次第で別途という明記で請求する場合とそうでない場合と臨機応変にしてます。
  
  たとえば、デザイン料金のみ請求でよい場合はそのままの計算。
  デザインが大変・もしくは何回も調整が入るなどは請求金額をかえたり・・・
  あと、打合せが何度も・・・調整が何度も・・・
  なんてことは経験ないでしょうか?
  私の場合はクライアントの数・デザインの数分、基準価格をもとに様々な価格があると思います・・・
 
※基準価格から大幅に請求額が変わるようなことはしません。
  打合せなどの時間を、人件費で計算した場合、妥当な金額もしくはお安く請求させていただいてます。

>¥25,000と、¥30,000の違いはどういうところなのでしょうか?

irr0804さんが、どのようなデザイン・どれくらいのデザイン実績がおありか
  存じ上げない状態での、シンプルに私の場合はという回答です。
  クライアント様からデザインを受けた場合、デザインの内容によっての価格幅です。
  ※これは¥25,000と、¥30,000どちらを請求させていただくかは、私の場合は内容次第です。


>3割は、何のためにプラスするのか気になりました。

  説明が悪かったですね・・・
  打合せ料金・交通費を込...続きを読む

Q印刷物納品後、クライアントから版下データを要求されましたが・・・。

はじめまして。デザイン制作会社に勤務しているデザイナーです。
先日あった、数年取引のある某飲食店クライアントとの話です。

今までの印刷物のデータ一式(折り込みチラシや、フライヤー、DMなど)を欲しいと言われました。
案件ごとに制作デザイン費、撮影代一式をその都度、支払っているからと言われれば、クライアントに権利がある気もします。
ただ、印刷する為の版下データ(イラストレーターデータ、画像データなど)の権利は制作会社のものとではないでしょうか。
基本的には、このような契約を結んでも無いですし、今後の関係性を考えると、頑なに拒むのも不利益かなとも思います。

このような場合のような、一般的な回答や、よいアドバイスがあればよろしくお願いします。

因みに、大きなキャンペーンや手の込んだ印刷物など以外は、ほかの出入り業者が請け負っているようです。

Aベストアンサー

 「撮影料を払おうがデザイン費を払おうが、著作権の譲渡が契約書に明記されていない限り、写真やデザインの著作権は制作者にあります。自由に使い回したりアレンジしたければ、別に契約して権利を買い取ってもらうのがスジでしょう」という#2様のご回答がこれまでの中で一番正解に近い表現だと思います。端的に言えば、著作権は基本的に作品を生み出した者に帰属するからです。
 
 ただ、クライアントとクリエィティヴの関係では、その関係の開始の時点で権利や基本契約などについてよく話し合い明文化してからスタートするといったケースが少ないことに加えて、かなりまとまった額の制作料を支払ったクライアントにしてみれば、著作権や版権はすべて当方に帰属するものととかく考えがちなもの、そこに双方の考え方の違いが問題して生じてしまいがちなものです。

 わたくしもこれまでに何度かこの問題に遭遇したことがありましたが、まずは相手さんによく説明して十分に納得してもらうことから始めました。幾つかのケースでは著作権について理解を頂いて解決しましたが、中には物分りが悪い向きもありますからやむなく金額的な面で妥協したケースもあり、幾つかは一切拒否の姿勢を貫いたものでした。

 ただ、こうしたケースでは一旦作品が自分の手を離れると、当然のことながら作品が理不尽な一人歩きを始め、しかも多くは他人の手が加えられと、オリジナリティと品位を保てないことになりますので、わたくしの場合は全件に対して、たとえ手弁当の無料奉仕であろうとも、印刷などの際には監修をさせてもらうことを条件としながらも、権利の一切を移譲するということだけはお断りしてきました。

 とは言うものの、ケース・バイ・ケースとはよく言ったもの、事情はそれぞれで違います。もちろん「今後の関係性を考えると、頑なに拒むのも不利益かなとも思います」とお考えなら、それはそれで妥協もしかたがないでしょう。ただし、それで不利益を回避できるかどうか、わたくしは疑問を感じますが。

 ただ、ひと言言いたいのは、結果的にどのような道を選ぼうと、このような著作権の存在、そしてその主張と移譲、あるいは流用の許諾といったクライアントとクリエィティヴの関係についてはキチンと理解し、プロの立場からクライアントに十分な説明を行いつつ、一貫して曖昧な姿勢を取らないことが大切だということだけは申し上げたいところです。
 

 「撮影料を払おうがデザイン費を払おうが、著作権の譲渡が契約書に明記されていない限り、写真やデザインの著作権は制作者にあります。自由に使い回したりアレンジしたければ、別に契約して権利を買い取ってもらうのがスジでしょう」という#2様のご回答がこれまでの中で一番正解に近い表現だと思います。端的に言えば、著作権は基本的に作品を生み出した者に帰属するからです。
 
 ただ、クライアントとクリエィティヴの関係では、その関係の開始の時点で権利や基本契約などについてよく話し合い明文化し...続きを読む

QCDジャケットのデザインがしたいんです

私は今4年制大学に通っている20歳の大学二年生です。
いままで恥ずかしながら自分がどんな将来について目標もなくきたのですが、最近CDジャケットのデザインがしたいと日に日に強く思うようになってきました。
今通っている大学は美大ではないのでそこにつながるような学問ではありません。でも自分の気持ちとして大学はきちんと卒業したいと思っています。
もし本気でグラフィックデザイナーをめざすならすぐ大学はやめて専門学校などへいくべきなんでしょうか。
そうでないとしたら大学在学中に私がその夢に近づくためには具体的に今何をすべきなんでしょうか。
厳しい回答もしっかりうけとめていくのでお願いします。

Aベストアンサー

初めまして、デザインプロデュースをやっているものです。
結論から言って、実力さえあればOKです。
その実力を培うには、デザインを考えることです。経験値がものをいいます。
今すぐできることは、できるだけたくさんの作品を見て、なぜそのようなデザインになっているかを読み解き、考えることだと思います。考え方の理解を助けるために、「DesighPlex」などの雑誌でいろいろなデザイナーの考え方を知るのもよい方法です。判らない言葉がたくさんでてくると思いますから、その言葉の意味を調べてください。初めは平凡社の「現代デザイン辞典」などがよいでしょう。
常にアンテナをはって自分が興味を持てるデザインを発掘し、考える癖をつけてください、デザインに関わることはもちろん、そのほかのジャンルでも様々な本を読む事も大切です。知識ベースが貯まってきたら、あるデザインの作品にに対し自分なりの考えが持てるようになります。始めは知識を積み重ねていくのが先だと思います。

それからは、できるだけ沢山の作品を自分で作ることです。
今すぐ、いきなり、自分のお気に入りの音楽ア-ティストのCDジャケットを自分で作って見るのも良いと思います。そういった自分の作品を持ち歩き、できるだけ沢山の人に見せて、感想を聞くようにしてください。そのうち、実力もついてきて「仕事」として制作の依頼が来るかも知れません。こういったことが経験値となっていきます。

自分の作品を作るときに大切なのは、自分が何を作りたいかをまとめていくことです。メモでもスケッチでも構いません、この段階ではパソコンもソフトも必要ありません、紙と鉛筆があれば事足ります。
パソコンやイラストレータ、フォトショップなどのソフトはあくまでも道具の一つでしかありませんから、あまり依存しすぎないようにしてください。初めにどんなものを作りたいのか、自分の頭の中で考えをまとめることのほうが、より重要なのです。
それを他の人にも判るように見せること、つまり、内的思考を外在化させることがデザインなのです。もちろん、現在の業界ではPCを使いこなせることは常識であり、必ずマスタ-しておくべきことには違いありませんが、本末転倒にならないようにして下さい。

CDのジャケットを作りたいのであれば、音楽関係の人間関係を広げることが一番の近道だと思います。普通にデザイン事務所に就職しても、まず、CDジャケットを作る仕事は入ってきません。
強引に自分をアピールして売り込む位の営業の姿勢がないと、チャンスも巡ってきません。例えば仲良くなった音楽ア-ティストがデビューするときなどに、自分を起用してもらえればよいのですから、人脈は重要です。
今の大学に在学中の内にこれぐらいの事は可能だと思います。
デザイン事務所でボランティアでのお手伝いなど雑用係からでも、デザイン制作の現場に自分の身を置いておくことが肝要です。直接アポイントを取って、いろいろなデザイナーの話を聞きにいくことは可能です、その際、相手の方に失礼がないように、また、自分なりの考えが発言できるように、そのデザイナーの作品を考察しておくことも大切だと思います。そこで聞いた話をミニコミとしてまとめれば一石二鳥だと思います。

効率良くデザインの基礎を学ぶためには専門学校に進まれることも一つの方法ですし、デザイン系の大学に進まれるのも良いでしょう。しかし、自分の実力を養うためには常に問題意識をもって、様々な本を読み、沢山の人に会って経験値を高めていくほうが身に付くと思います。現在の大学に在籍しながら、デザインの勉強をすることは可能ですし、今、大学で修得している知識をデザインに活かすことを考えられたほうが良いと思います。デザインは裾野の広い知的体系なので、経済、法律、人文科学、自然科学等、どんな知識も役に立てることができます。専門学校なら大学を辞めずに、夜間コースに通うこともできるでしょう、デザイン系の大学に進むのも今の大学を卒業してからでも可能です。

がんばって夢に向かって歩み始めてください、今すぐにはじめられます。

初めまして、デザインプロデュースをやっているものです。
結論から言って、実力さえあればOKです。
その実力を培うには、デザインを考えることです。経験値がものをいいます。
今すぐできることは、できるだけたくさんの作品を見て、なぜそのようなデザインになっているかを読み解き、考えることだと思います。考え方の理解を助けるために、「DesighPlex」などの雑誌でいろいろなデザイナーの考え方を知るのもよい方法です。判らない言葉がたくさんでてくると思いますから、その言葉の意味を調べてください。...続きを読む

Q初めてデザインを依頼されました。

はじめまして。
私はデザインの勉強をしている学生です。
先日ツイッターを通じて知り合った方に、ロゴのデザインを依頼されました。
スマートフォンのアプリをつくるチームのロゴです。
ロゴが完成したら、バッチなどをつくったりしてグッズとして販売などしたいともおっしゃっていました。
しかし、いかんせん、私は学生なもので、どう交渉したり、制作費の料金をいただいたりしてよいか分かりません。依頼者も制作を誰かに頼むのは初めてでどうすればよいかわからないようです。とりあえず制作を私に依頼したいと。
なお、依頼者は著作権については私に残すとおっしゃっていました。
それをふまえて、

・ロゴ制作についての話し合いの仕方について

・デザインのデータの渡し方(データ形式など)

・ロゴのデザイン料金の相場

・グッズが売れた際の私に入ってくる収入の相場


を、教えていただきたいです。
依頼者のためにどちらも満足できるデザインと話ができるように頑張りたいので、宜しくお願いします!

Aベストアンサー

初依頼、おめでとうございます。

どういった、経緯で依頼され、またどこを気に入られて、依頼されたのかが分からないので、
あまり、当てにしないで読んでください。

・ロゴ制作についての話し合いの仕方について
↑これは、まだ学生と言う事なので、勉強だと思って、何度も話、何度も修正をもらえば良いんじゃないですかね?
 クライアントの方も学生って知ってての依頼でしょ?手間ヒマおしまずやりましょう。

・デザインのデータの渡し方(データ形式など)
↑これは、後々を考えるとaiデータ制作しておくと良いです。webで使用するならjpg渡しでいいでしょう。
 バッヂや印刷物に使用するならaiで350dpiないとダメだし・・・と使用媒体によって違います。
 なので、aiで作っておくと後でラクです。ただ、デザイン上、フォトショを使いたい場合もあると思うので、
 そういう場合は、最大どれくらいの大きさで使う予定があるかをクライアントに聞いて、その大きさで作っておくと
 いいですよ。

・ロゴのデザイン料金の相場
↑これは、プロの間でもピンキリです。5万からって人もいれば、5,000万くらい取る人もいます。
 今回の依頼は、チームロゴと言う事ですが、そのチーム規模などにもよりますが、うちで受けた場合、
 先ほどの使用目的別にデータ一式制作まで含め100万以上は取ります。
 これは、あくまでもうちの場合ですが・・・


・グッズが売れた際の私に入ってくる収入の相場
↑これもケースバイケースです。有名キャラクターの使用権利などの相場は、上代の3%~5%、
 下代の5%~10%くらいですかね。
 ただ、その商品のデザインも手掛ける場合などは、プロダクトデザイン費や商品製作費を取って、
 ロイヤリティは取らないケースもあります。

あまり良く、分からないですよね?スミマセン。
本当は、もっと依頼内容等が分かれば、ケースバイケース的な話は、できると思うのですが・・・
うちが間に入ってあげたいくらいです。特に一番初めの質問などは、クリエーターとして、一番重要なんですけどね。

初依頼、おめでとうございます。

どういった、経緯で依頼され、またどこを気に入られて、依頼されたのかが分からないので、
あまり、当てにしないで読んでください。

・ロゴ制作についての話し合いの仕方について
↑これは、まだ学生と言う事なので、勉強だと思って、何度も話、何度も修正をもらえば良いんじゃないですかね?
 クライアントの方も学生って知ってての依頼でしょ?手間ヒマおしまずやりましょう。

・デザインのデータの渡し方(データ形式など)
↑これは、後々を考えるとaiデータ制作しておくと...続きを読む

Qプロダクトデザイン料の妥当な%は?

現在起業を計画中で、インテリアや雑貨の制作を考えております。
販路は主にネットですが、将来的にはインテリアショップにも置いていただけるように頑張りたいと思っています。
私自身はデザイナーではないため、プロダクトデザイナーにデザインをしていただき、それを商品化して販売することになりますが、はじめはお金が無いため、デザイナーにお支払いするのは、売上の○%、と考えています。

この場合、一般的には何%をお支払いするのが妥当でしょうか。
商品の価格帯は、数百円~数万円を考えています。

また、デザイナーの育成ということにも関心があるので、美大の学生さんからデザインを募ることも考えています。
(その場合は多少お安く設定するのも可能性としてあるかな、と下心もあるのですが・・・)

Aベストアンサー

まずデザイナーにどれくらいの仕事を依頼すれば、
どのくらい報酬が必要になるのかを調べる必要があると思います。
プロに頼んだものと学生の作品では比較にならないほど
効果に差があることが分かると思います。

デザイナーによって小ロットでも受けてくれるところもありますし。
どのデザイナーも見積までは無料がほとんどですから、
話を聞くだけでも参考になりますよ、きっと。
下記は家具や雑貨のデザイナーを探すのに参考にしてください。


typeseven http://www.type-seven.com
特注家具のデザインとかディスプレイが得意みたいです。
ショップ兼デザイン事務所。


prototype design studio  http://www.prototype00.com
雑貨、照明、家具などのインテリア雑貨からステーショナリーまで、プロダクトデザインを中心に活動しているデザイナー集団。
販促ツールの相談にも気軽に乗ってもらえます。
デザイン画1枚からでも対応してくれるのでオススメです。


Boo-Hoo-Woo.com  http://boo-hoo-woo.com/designer/index.htm
「デザイナーズファイル」。
総勢150組以上。それぞれの経歴、主な作品(ポートフォリオ)などを手軽にチェックできます。
しかし大御所だ今回のような場合は金額が合わないかもしれませんね。

参考URL:http://www.prototype00.com,http://www.type-seven.com,http://boo-hoo-woo.com

まずデザイナーにどれくらいの仕事を依頼すれば、
どのくらい報酬が必要になるのかを調べる必要があると思います。
プロに頼んだものと学生の作品では比較にならないほど
効果に差があることが分かると思います。

デザイナーによって小ロットでも受けてくれるところもありますし。
どのデザイナーも見積までは無料がほとんどですから、
話を聞くだけでも参考になりますよ、きっと。
下記は家具や雑貨のデザイナーを探すのに参考にしてください。


typeseven http://www.type-seven.com
特注家具...続きを読む


人気Q&Aランキング