いつもお世話になっています。

15年前に積水ハウスの軽量鉄骨・プレハブで建てました。

子供も大きくなったので、増築してみようかと、とりあえず建てたときの営業さんに連絡して、リフォーム部門を紹介していただきました。

増築部分は木造でしたいのですが、セキスイのようなハウスメーカーで建てると割高という意見をよく見かけます。実際どうなんでしょう?タダでさえ増築は割高なので、できれば安くできると嬉しいのですけど。

今の所セキスイとしか話をしていないのですが、あい見積もり?は、やはり何社かするべきでしょうか?知識が無いので、うまく判断できるか自信が無いのですが・・・。

ひとつ、気になることがあります。リフォーム部門の人が「新築主義のセキスイも最近ようやくリフォームにも目を向けるようになった」っておっしゃったんです。ということは、あまり増改築の実績が無いということでしょうか(不安)?
アドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

不動産系の専門家です。

(以下、長文です)

>ハウスメーカーで建てると割高
やはり大手ハウスメーカーは地場工務店やリフォーム専門会社に比べると、金額的には割高となるかもしれません。
しかしながら、工事後の保証年数や内容は、他社に比べると優れているとも言えます。

また、積水ハウスでは『家のカルテ』のようなものが社内的に存在しており、新築時の設計図や工事手順・状況などの資料が保管されています。これは大きな優位点(プラス要素)となるでしょう。

仮に他社が増改築工事を請け負ったとすると、いくらかの情報は手に入っても、やはり最初に建てた会社程ではありません。
つまり、ある程度は『手探り』で工事しなければならない部分もある、ということです。

>あい見積もり?は、やはり何社かするべきでしょうか?

気になるのでしたら、他社ハウスメーカー、地場工務店、リフォーム専門会社など数社に『あい見積もり』を取られれば良いかと思います。
その際、単に金額だけで比較するのでなく、工事期間やその後の保証制度の内容など、さまざまな点について見当してみてください。

>リフォーム部門の人が「新築主義のセキスイも最近ようやくリフォームにも目を向けるようになった」っておっしゃったんです

これは本当です。
積水ハウスに限らず、大手・中堅のハウスメーカー各社では、ここ2年内くらいに本格的に『リフォーム市場』に参入してきました。

それまでは、地場工務店や大工さんを除き、本格的に増改築(リフォーム)を手がける住宅メーカーは少なかったと思います。
なぜなら、新築に比べ、増改築(リフォーム)の方が単価や総額が低いので、工期や手間暇かかる割には利益率が低かったからです。

しかしながら、環境問題に配慮して『50年住宅』や『30年程度で建替えしなくてもすむ家』を各メーカーが開発したり、行政が中古住宅市場の流動化を図るために『住宅性能表示制度』や『既存住宅保証制度(旧 中古住宅保証制度)』等を整備しはじめたため、10年前に比べると、着実に増改築(リフォーム)工事件数が増えてきました。
これにより、多くの金融機関では、増改築のための住宅ローンなど新たな商品開発を行っています。
もちろん、『少子高齢化社会』や『超低金利時代』『不景気の長期化』などが影響していることは、言うまでもありませんが...。

住宅販売の営業マンは、意外と素人あがりで知識や経験不足の人が多いのですが、piyopiyohiyokoさんのところにきた営業マンは、少なくとも社内事情をきちんと把握している方のようですね。
試しに住宅展示場などで『御社の住宅保証制度や増改築制度について詳しく教えて欲しい』と聞けば、いかに無知な人が多いかわかります。

なお、積水ハウスでの増改築工事実績ですが、同社はこれまで系列会社で主に増改築工事を請け負っていましたが、積水グループ全体として増改築(リフォーム)に力を入れるため、母体である積水ハウスがリーダーシップをとるようになった…のが昨年の話です。
ですから、グループ全体での実績は、地場工務店とは比べ物にならないくらい多いです。

多額の費用を投入しての工事ですから、くれぐれも金額だけで選ばず、色々な点を他社と比較し、決定してくださいね!
なお、『営業マン(担当者)の知識幅・情報量』というのも、そのうちの一つだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

とてもくわしく、丁寧なお話で、納得がいきました。やはりもういちど積水で建てるメリットはかなりあるのですね。

今日また営業の方とお話をしたのですが、思っていたほど見積価格が高くありませんでした。これから要望を入れていくと、もっと高くなるでしょうけれど、納得できそうです。

なにより、リフォームの営業の方が、新築時の担当の方の先輩に当たるらしい年配の方で、具体的で突っ込んだ話ができて、経験の豊富さが伺えて信頼が置けそうです。

大変参考になりました。アドバイス感謝いたします。

お礼日時:2003/11/01 12:56

リフォーム部門の人が「新築主義のセキスイも最近ようやくリフォームにも目を向けるようになった」



意図的にこういう発言を営業マンはすることがあります。
さりげなく言う人ほど優秀な人かもしれません。

あいみつは必ずとるべきです。但し多分似たりよったりでしょうけど、安すぎる所にはきちんと説明(素人には分からないでしょうけど)して貰う事。知人に関係者がいるのでその人と同席して貰うとか言って嘗められないように。

積水とか有名メーカーは高いかも知れませんが「もし?」の場合の保険にはなるかも知れませんね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

やはりあいみつは取るべきですね。何社か考えてみようと思います。やはり、違いを見極める自信は無いですが。

リフォームの営業の方は、とても話が具体的で、信頼の置ける印象を受けました。そういう点も、重要ですね。

とても参考になりました。感謝します。

お礼日時:2003/11/01 12:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【大阪・梅田スカイビル】大阪の梅田スカイビルのスタッフが積水ハウスの社員なのはなぜですか?梅田ス

【大阪・梅田スカイビル】大阪の梅田スカイビルのスタッフが積水ハウスの社員なのはなぜですか?

梅田スカイビルって積水ハウスが所有しているビルなのでしょうか?

Aベストアンサー

梅田スカイビルの公式ホームページの右下に積水ハウスの名前がありましたよ

http://www.skybldg.co.jp/skybldg/

運営会社
http://www.skybldg.co.jp/company/htm/outline.html

Q築30年のセキスイハウスの軽量鉄骨。リフォーム出来る?

S52築のセキスイハウス製2階建ての実家を今度、完全に取り壊して新築を建てようか、リフォームしようか迷っています。
資金の関係上できればリフォームしたいのですが、もう30年以上が経過している軽量鉄骨って今後、20年も30年も耐えうるんでしょうか?

最近のリフォームは新築みたいに出来ると聞き、骨組み以外は改築したいと考えています。出来ればベタ基礎じゃないのでベタ基礎にしたいのですがそれはリフォームじゃ無理かな?

築30年の軽量鉄骨のリフォーム、実用性はあるんでしょうか?
詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

メーカーの軽量鉄骨の住宅は構造計算で安全が保証されています。
当時の建築基準法の強度計算では現在の基準が満足出来ないと思います。木造などでは、筋交いを増やしたり、基礎を補強したりして耐震補強できますが、メーカーのユニット住宅では難しいでしょう、建物全体で保つように設計されていますので。

ベタ基礎の件ですが、何故ベタ基礎にされようと思っているのでしょうか、ベタ基礎にすれば建物の自重が増えるので、圧密沈下の恐れがある場合もあるのです。何でもベタ基礎にすれば強度が増えるというわけでもないのです。

私はセキスイハウスの者では無いので、ひょっとするとセキスイハウスに相談すれば補強方法について何らかの技術があるかもしれません。
一度相談されてみればどうでしょう。
(まあ、新築を進められそうですがね)

Q【積水ハウスは軽量鉄骨造ですよね?】けど他社の住宅パンフレットを見ると鉄骨造は火事に弱い500℃を越

【積水ハウスは軽量鉄骨造ですよね?】けど他社の住宅パンフレットを見ると鉄骨造は火事に弱い500℃を越えると急に軟化して木造なら500℃でも余裕で2×4木造なら1000℃になっても炭化して倒壊しないという。

なぜ積水ハウスは火にも弱い地震にも弱い軽量鉄骨造を採用しているのでしょうか?

最近の九州熊本地震で軽量鉄骨造の積水ハウスは何棟倒壊したのでしょうか?

東日本大震災では積水ハウスは何棟倒壊したのでしょうか?

阪神淡路大震災では?

どこの住宅メーカーに行っても主流は2×4木造で軽量鉄骨造からは撤退してますよね。

それで軽量鉄骨造の家は弱いとみな言っている。

なぜ積水ハウスは軽量鉄骨造の家を売っているのでしょう?

九州熊本地震で何棟倒壊させたのか知りたいです。

2×4のスウェーデンハウスは熊本地震での倒壊件数は1棟だったらしいです。

Aベストアンサー

>なぜ積水ハウスは火にも弱い地震にも弱い軽量鉄骨造を採用しているのでしょうか?
火事になれば、半焼も全焼も建替えになりますので、鉄が熱に弱いからといって建物に向かないわけでは有りません。
強度の優劣は、木造でも鉄骨造でも鉄筋コンクリートでも同じようなものです。
安全に重点をどの程度置くかは、構造方法ではなく、人間が決めるものです。

>最近の九州熊本地震で軽量鉄骨造の積水ハウスは何棟倒壊したのでしょうか?
存じません

>東日本大震災では積水ハウスは何棟倒壊したのでしょうか?
存じません

>阪神淡路大震災では?
存じません

>どこの住宅メーカーに行っても主流は2×4木造で軽量鉄骨造からは撤退してますよね。
主流が2×4ってはじめて聞きました

>それで軽量鉄骨造の家は弱いとみな言っている。
営業さんは、自社物件が売れればオッケーですから

>なぜ積水ハウスは軽量鉄骨造の家を売っているのでしょう?
木造も扱ってますよ

>九州熊本地震で何棟倒壊させたのか知りたいです。
>2×4のスウェーデンハウスは熊本地震での倒壊件数は1棟だったらしいです。
問題は、何棟倒壊したのではなく、
地域の倒壊率・損壊率・築年数など複雑です。
たとえば、熊本に10000棟の積水があって、損壊0棟でも
南阿蘇村に1棟も建っていないのであれば、話が違うでしょ

>なぜ積水ハウスは火にも弱い地震にも弱い軽量鉄骨造を採用しているのでしょうか?
火事になれば、半焼も全焼も建替えになりますので、鉄が熱に弱いからといって建物に向かないわけでは有りません。
強度の優劣は、木造でも鉄骨造でも鉄筋コンクリートでも同じようなものです。
安全に重点をどの程度置くかは、構造方法ではなく、人間が決めるものです。

>最近の九州熊本地震で軽量鉄骨造の積水ハウスは何棟倒壊したのでしょうか?
存じません

>東日本大震災では積水ハウスは何棟倒壊したのでしょうか?
存じ...続きを読む

Qセキスイハイムに木造の増築って出来ます?

十数年前にシェモア(だったと思う)で建てたんですが、こどもが大きくなって、部屋数が足りなくなり、増築を考えています。

実は、据え付け時や、その後の水回り工事、数年後のお風呂の改装工事等で、毎回トラブルにあっていまして、一度として満足のいく施工をしてもらってない状態です。

ユニットの増設が一番簡単で、安心なのは十分承知してはいるのですが、上記の様な経験から躊躇しています。

素人考えでは、継ぎ目さえきちんと施工すれば大丈夫じゃないかと思っていますがどうでしょう。

8畳(フローリング)+押し入れ(計十畳分)の1階のみで、屋根は平屋根。出来れば屋上に出られるようになるとうれしいんです。
(ユニットにすれば簡単だとは思いますが・・・)

専門家の方や、経験者の方にアドバイス頂けるとうれしいです。
(出来ればざっぱな施工費用等もわかると・・欲張りですね^_^;)

Aベストアンサー

初めまして。
ご質問を読みお答えしたくて、早速gooに登録させて頂きました。

10年前までセキスイの新築とリフォーム部門の
下請けをしていました。
今は独立してリフォーム会社を営んでいます。
過去の経験を生かしハイムの建物に木造で増築したことも
何例かあります。
外壁との取り合いの雨仕舞いに、注意すればさほど
難しくは有りません。
保障の問題にしても、構造体の10年保障はとっくに切れていますし
また少々の地震では、ハイムは強いので心配は有りません。
先の回答者の仰る様に、増築部分の強度さえ考えれば
充分かと思います。
2階の壁に出入り口を設け、増築部分の屋根に
屋上バルコニーを設置することも出来ます。

不信感を抱かれている会社に頼まなくても
前向きで誠実な工務店なら充分対応できると思います。

Q積水ハウスで新築を考えています

親が住んでいる家を建て替えて、二世帯住宅の建築を考えています。
現在、積水ハウスの軽量鉄骨商品「Be Free」で話が進んでいます。
先日、見積をいただいたのを受け、これから値引交渉をしたうえで、買うかどうかの判断をしようと思っています。(積水ハウスからは来月中旬ぐらいまでに決めて欲しいと言われています)

そこで、積水ハウスと商談をしたことがある方に積水ハウスの値引について経験談をお伺いできたらと思い、質問させていただきます。

私の建築プランは、完全二世帯住宅(水回り・玄関全て別、上下分離、行き来不可)計画、延床面積約51坪で、見積額は約3900万円(本体税抜)でした。もちろん、消費税、建築諸経費、解体・外構・冷暖房設備費用などは別途です。

積水ハウスからは、上司決済を行い、最高で6.5%(250万くらい)の値引までできるかもしれないと言われています。

この金額の値引は喜んでいいものでしょうか、それとももっと望めるものでしょうか。

ちなみに積水ハウスのみと話をしていたため、比較できるメーカーがありません。

Aベストアンサー

昨年ダインズバリューで新築した者です。そのときの値引き率はちょうど10%程度でした。テクニックとしては契約時には設備などを過剰にして見積り額を多少膨らませます。そうすると向こうも契約額の何%というように値引き額を設定してきます。契約後の詳細打ち合わせで設備を本来発注したいものに落とします。そうすると営業マンも一度提示した値引き額は落とせませんので実質値引率はアップします。但し、1割以上の減額契約変更は制限があったと思います。この逆(契約後に増額変更契約)しても値引き額はアップしてくれません。このようなテクを使わなくても粘れば10%いきますよ。

Qセキスイの家を他社で増築した方

セキスイは特殊な構造で造られているそうですが、セキスイ以外の違うメーカーや工務店で増築され方がいましたら、その構造上の問題をどのように対応されたかお聞きしたいのですが。例えば、もう一部屋増築したとか、バルコニーをつけたなどされた方はいませんか?
その際実際に不都合などがなかったかお聞きしたいのですが。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

セキスイ住宅の構造は軽量鉄骨構造だと思いますが、規格がセキスイ独自で、セキスイ以外の工務店による増改築の場合、少々厄介です(^^;
現在は分かりませんが、特に昔のセキスイの建物は難儀しました(^^;
大工さんが使う寸尺法には当てはまらないのです。
例えば、1間=1818mmの計算ですが、セキスイは2000
mm超えた半端な寸法を規格とします。
材料は中途半端になるし、サッシ窓も規格外です。

ご質問の件ですが、
増築の場合、確認申請を役所で受けなければなりません。その時に「以前新築をされた所で重量計算書をもらって来てください」と言われます。
セキスイはなかなか出してくれません。(経験談)
スッタモンダでやっと貰い、増築に取り掛かりましたが、最初に言った通り規格外な為、手間が掛かり建築費も工期も3割り増しでした。

セキスイの増築は半端無く高いのはそのせいだと思います。ただ雨水の進入に気をつけてください。
軽量鉄骨造の増築に良く起こる現象です。

Q積水ハウスとセキスイハイムについて

現在新築の家を検討中です。
先日、住宅展示場でセキスイハイムの住宅を見学しました。
同じような会社名の積水ハウスとセキスイハイムの違いは、過去の質問を参考にさせていただきました。
そこで質問なのですが、積水ハウスとセキスイハイムでは、断然積水ハウスのほうがよい。と母が知り合いから聞いてきたようなのですが、実際はどうなのでしょうか?
理由は、積水ハウスは現地で足場を組んでひとつづつ建てていき、
セキスイハイムは、ある程度できたものを持ってきてパズルのように組み立てる。なので、ずれることがある。だそうです。
最近のハウスメーカーの住宅は、ある程度できあがったものを持ってきて組み立てる。というイメージだったのですが、ずれて早く耐久性・耐震性などの心配が大きいのでしょうか?
まだ、他のメーカーの住宅展示場も見に行くつもりですが、今回は上記の2社についてお願いいたします。

Aベストアンサー

住宅建築には各種の「工法」があり、主に構造部分の状態を表現します。
代表的なものは木造在来工法と呼ばれる昔からある日本の住宅建築のベースになる工法です。これは「柱と梁」を組み合わせて造るので「軸組工法」とも呼びます。この「軸組工法」で使う「柱と梁」の材料が木材を使う場合が木造在来(軸組)工法と呼び、軽量鉄骨(厚さにより重量鉄骨もあります)を使う場合が鉄骨プレハブ住宅と呼ばれていました(過去形)。
次に「壁工法」と呼ばれる2X4でおなじみの「壁と床」を組み合わせて造る物があります。この材料が木材のものと鉄筋コンクリートの物があります。
もう一つは「ラーメン工法」がありますが、主にビル等に使われるもので、軸組の交点が剛に接合されるものです。軸組に使われる材料は重量鉄骨か鉄筋コンクリートになります。
最近はこれらの「工法」の良い点を組み合わせたものも沢山開発されてきており、実際はもっと複雑になってきておりますが割愛します。
ハウスメーカーと呼ばれる建築会社は、これらの「工法」毎に色々なメーカーが発生しました。
ご質問の積水ハウスや大和ハウスが鉄骨プレハブ住宅の老舗になりますが近年は1社が各種の工法の建築も行うようになり、ますます複雑化してきております。しかしこれらのハウスメーカーは工場生産率を上げては来ていますが、現場で工場生産部材を組み立てると言う程度です。
これに一線を画したプレハブ住宅メーカーがセキスイハイムとトヨタホームです。この2社は本来のプレハブ住宅である工場生産住宅を突き詰めたメーカーです。現場作業は基礎工事と設備の接合工事程度でほとんど工場で製造されます。ぜひ工場見学されることをお勧めします。
つまりハウスメーカーの選択は「工法」の選択でもあるのです。それぞれの工法には良い点や弱点がありますが、それぞれ生き残っているのも事実です。あなたにとっての弱点が少ない工法の選択がハウスメーカーの選択になるのではないのでしょうか。
その為には自分の要望を明確にし優先順位をはっきりさせておくことが最も重要なこととなるでしょう。

住宅建築には各種の「工法」があり、主に構造部分の状態を表現します。
代表的なものは木造在来工法と呼ばれる昔からある日本の住宅建築のベースになる工法です。これは「柱と梁」を組み合わせて造るので「軸組工法」とも呼びます。この「軸組工法」で使う「柱と梁」の材料が木材を使う場合が木造在来(軸組)工法と呼び、軽量鉄骨(厚さにより重量鉄骨もあります)を使う場合が鉄骨プレハブ住宅と呼ばれていました(過去形)。
次に「壁工法」と呼ばれる2X4でおなじみの「壁と床」を組み合わせて造る物があります。こ...続きを読む

Qセキスイハウス

セキスイツーユホームで580万で新築1棟お譲りします。
で当たったことのある方いますか?

Aベストアンサー

嫁の父の友人が15年ぐらい前に当たって移築してまだすんでいます。
当時は安さに引かれて抽選に当たった喜びで即決したらしいのですがズーット後悔しています。
お金をためてじっくり在来工法で注文住宅を建てればよかった~と言ってました。

Q積水ハウスの価格について

積水ハウスの価格について教えて下さい。

建物面積は42坪
見積り価格 建物本体 3450万円(税抜き)
別途外溝工事 300万円
諸費用 150万円

上記の様な見積りが出たのすが、建物の価格が高い様に感じるのですが、

積水ハウスだとこれぐらいが妥当なのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

妥当だと思います。積水ハウスに限らずですが、

大手のハウスメーカーはTVCMなどの広告費やモデルハウスの維持費等、

ものすごいお金がかかります。

その分が家の価格に乗っかっていると考えれば、妥当の価格ではないかと思います。

積水ハウス等の大手のハウスメーカーも良いですが、地元等の良い工務店があれば、

そちらの方が安く家を建てる事ができると思いますよ。

積水ハウスの価格や値引きの情報などは下記のホームページに載っていました。

参考にされてみてはどうでしょうか。

http://xn--gckvb8c066o4yzb8e1t1a.com

Qセキスイハイムのリフォーム

セキスイハイム(パルフェ)に住んで15年ほどになりますが、今春に外壁の張替えをおこなおうと検討中です。近所の工務店の方に聞いてみましたら、軽量鉄骨は難しいので、専門の業者(セキスイ)に頼んだほうがいいといわれましたが、そういったことはあるのでしょうか?
また、増改築(風除室の増築)も視野にいれていますが、増改築も一般の工務店では難しいのでしょうか?
外壁の張替えの業者選定のコツなどあったら教えてください。
以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

軽量鉄骨などの構造はリフォームなどの際の材料や部品が一般の木造住宅とは異なるものを必要とすることが稀ではありません。

よって、業者が言うように、セキスイハイムの業者に依頼してください。もちろん工費や材料費は割高で、妥当な価格かどうかは別として「セキスイハイムだから」という足元を見られた見積もりになることと思います。

でも、それはしょうがないことです。高級外車を買っておいて、メンテナンスを国産大衆車相手の修理工場で済ますことができないのと同じです。不可能ではありませんが、一般的な業者に工事を頼んだ時点で、いろいろな不具合のリスクが出ることと、セキスイハイムとしての品質や価値は失われること、とお考えください。

25年とか30年とかのメーカー(セキスイハイム)の保証もその時点(他の業者がリフォームを行った時点)でなくなります。電気製品と同じく、メーカー以外の「手」を入れたことになるからです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング