マルシェル新規登録で5000円分当たる

昭和30年40年代に流行ったメニューを教えてください
懐かしさを感じる食べ物(あったあったって感じのもの)
オムライス・ナポリタン等々

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

40年代後半ですが、


カップヌードル
ボンカレー

飲み物では
7up
ファンタ (昭和50年になってしまいますがゴールデングレープ)
ドクターペッパー
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございました。
ファンタ ありましたねぇ~
思い出したプラッシー!!
ひゃぁ~懐かしい(^.^)/~~~ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/28 22:44

流行ったというほどではないが、ロシア料理が現れたのが、それぐらいの時代だったかな。

おそらくシベリア抑留から帰還した人達が伝えたものでしょう。ピロシキ、ボルシチ、ビーフストロガノフなど。実際はもっと前から伝えられていたかも知れないが、普及したのは昭和30年40年代だと思う。カチューシャなどのロシア民謡も、流行ったのかな。

オムライス・ナポリタンもそうだけどケチャップ料理(そんな用語あるのか?)が流行ったような気がする。ミートソースもそう。どんな喫茶店でもナポリタンとミートソースだけは必ずコンビでメニューにあったような気がする。今みたいにスパゲティ料理が多様化してなくて、判で押したようにその2つだけ。

ハンバーグが流行ったのもこの頃かな。いまでも人気料理だけどね。

コロッケやカレーライス、餃子も流行ったかな。

だから肉料理というほどの肉料理ではないが、さりげなく肉も入っていますよといった料理が大衆に受けたのだと思う。各家庭の経済事情や家族数に応じて使用する肉の量をコントロールしやすいのがポイントで、それが受けたんだろうね。料理そのものは、もっと以前から日本にはいってきたかも知れないが、大衆に普及したのが昭和30年40年代という時代なのではあるまいか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ふむふむ…そう言われればそうですね!
早速ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/28 22:42

こんにちは。



昭和30年頃は、一般庶民は滅多に外食をしなかった時代です。
当時、幼稚園児だった微かな記憶を思い出すと「盛り蕎麦が一枚25円」「支那そば(ラーメン)が一杯30円」でした。
これでも、外食は庶民には贅沢な時代でした。

昭和30年代半ば頃は小学生でしたが、父親がお墓参りの帰りに東京のレストランに寄るのが楽しみで喜んで付いて行きました。
父親は、当時は「ビフテキ」と言ってた牛ステーキを食べることが多かったですが、小学生だった私と弟は「お子様ランチのハンバーグ」が楽しみでした。

その後、小学高学年になりお子様ランチを卒業して初めてレストランで大人のメニューを食べたのは「ハヤシライス」でしたが流行ってたかは不明です。

大衆食堂では、父親は天丼やカツ丼を食べてましたが、子供だった私と弟は遠慮して値段の安い「玉丼」を食べてました。
この頃は、大人になったら鶏肉の入った「親子丼」を食べたいと思ってましたが、いつの間にか鶏肉が嫌いになってました。
しかし、鶏肉が嫌いになった理由は玉丼ではありません。

昭和40年代前半頃は中学・高校時代でしたから、食欲旺盛でした。
この頃になると、友達と外食をすることがありましたが、レストランでは「ポークステーキ」や「ポークソテー」で大衆食堂では「カツライス」や「カツ丼」のように豚肉料理が多かったですが、値段が手頃だったからで「牛肉料理は学生の身分には高嶺の花」でした。

当時は、上野のアメ横に「10円寿司」があったのが懐かしいですね。
今のような回転寿司ではなく、カウンターに座って注文するのですが、初めて1人で入って食べた時は「マグロ40貫とイカ20貫」の60貫をペロリと平らげて板前さんを苦笑させましたが、当時の600円の会計は高校生バイト8時間の日給(男子550円・女子500円)より高かったです。

その他、懐かしいメニューと言えば「グラタン」ですかね?
最近では、食べた記憶がありませんから、流行ってないのかも知れませんね?

ちなみに、還暦を迎えた今でもハンバーグとハヤシライスは大好物です。
今では、父親の好物だったビーフステーキも高嶺の花とは感じなくなりましたが、値段の安いハンバーグのほうが好きですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2011/10/28 22:45

ミヤビヤですね。

 写真等はグぐると見つかります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/28 22:46

私は「鯨肉の竜田揚げ」が好きでした。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
そうでしたね!当時学校の給食に出ていたような・・

お礼日時:2011/10/28 22:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昭和30年代の食事を真似したい!!教えてください。

自分の食生活を見直そうと決意して、いろいろと調べてみたのですが、
どうやら昭和30年代の日本の一般家庭の食生活というのが
理想だそうなのですが、昭和50年代生まれの私には全然想像がつきません。

どういうものを食べれば良いのでしょうか?
料理初心者なので、できればレシピを教えていただきたいです。

ワガママ言ってすいませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確かに、昭和30年代の食事は、ここ20年ほどには欧米化していなかったし、かといって終戦後数年のように、極端にまずしときから脱皮しつつあった頃です。
質素なりに、伝統的な食事がまだ生きていたともいえます。
30年代は、池田首相が進めた高度成長期が始まった時期であり、30年と39年では相当違いがあるような気もします。

まず、特徴は、白いご飯がやっと食べれるようになった、でも一部では、麦や雑穀をいれたご飯もあった。増量のためおかゆもまでありました。質素を忘れない為か、私の子供の頃かすかに覚えているのは、週一回日曜の朝は、おかゆでした。まだ小さい頃で、むしろ私は大好きでした。

おかずは、味噌汁、漬物以外は、煮物が多かったですね。肉なんか入らない、芋、大根、にんじん、ごぼう他のしょうゆ味の田舎煮です。

魚介は、海近かったので、よく食べていました。焼き魚、煮魚、刺身---これは恵まれていたかもしれません。子供なので私は白身魚の煮魚をよく覚えています。

冷蔵庫普及前で、乾燥魚が多かったかもしれません。めざしとか。(また、めざしかー、という感じでしたが、今は好きです)
海から離れたところは生魚は入手困難だったでしょう。

確かに、昭和30年代の食事は、ここ20年ほどには欧米化していなかったし、かといって終戦後数年のように、極端にまずしときから脱皮しつつあった頃です。
質素なりに、伝統的な食事がまだ生きていたともいえます。
30年代は、池田首相が進めた高度成長期が始まった時期であり、30年と39年では相当違いがあるような気もします。

まず、特徴は、白いご飯がやっと食べれるようになった、でも一部では、麦や雑穀をいれたご飯もあった。増量のためおかゆもまでありました。質素を忘れない為か、私の子供の頃かすか...続きを読む


人気Q&Aランキング