これからの季節に親子でハイキング! >>

会社が行う年末調整について
基本的な質問かもしれないですが
お教えください。

過去の話になるのですが、

下記の経過で、引っ越しをし、
住民票を移動しました。

2009年11月 A県A市
2010年12月 B県B市
2011年05月 C県C市

そこで、だいたい11月中旬までに
年末調整を会社に対して提出することが一般的だとおもいますが、

以下のように手続きをしました。
2009年の年末調整の書類には、
A県A市で記載。

2010年の年末調整の書類には、
A県A市で記載。


そこでご質問ですが、
会社が役所へ、支払い調書を送ることになるおもいますが、

現在、住民票がある場所は、
C県C市で、そして、会社へ申告している住所A県A市です。

その場合、すでにA県A市に住民票がないので、
書類(支払通知書)としては会社へもどってきてしまうのでしょうか?

ただ、2011年度については、
※2011.01月時点では、B県B市に住民票がある。
会社へ返送されてきていれば、本人へ住所確認をされるはずのものが
問い合わせがなかったということは、会社と役所の間で確認をとってくれて
処理してくれたんでしょうか?(住所移転先?等を聞いて。)
個人情報等の問題で教えてくれないような気もするんですが。。
※2011年6月の給与に同封される住民税の支払い調書についても、B県B市の管轄で書類が
きちんとつくられていました。

なにか、各都道府県で、個人の住民票を管理・共有するシステムがあるのでしょうか?
※今年もうっかり、住所変更を申告をわすれ、年末調整をそのままだしてしまいました。

ちゃんとC県C市へ支払い通知書は問題なく、処理されるものなのでしょうか?

以上、何卒よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

No.1です。



>「住民税の決定通知書」は、 その年の1月1日に住民票があるところから送られてくるはずですが、
通常はそのとおりです。
原則、住民税は1月1日に住民票があるところが課税します。
通常なら年末調整に書かれる住所はそこの住所ですから。

しかし、
>A.年末調整時の住所はB県B市で記載
→住民票はないが、B県B市で課税 ---
上記の場合は、実際に課税したB県B市から、「住民税の決定通知書」が送られてくるのでしょうか?
その場合は、そのとおりです。
会社から送られてきた「給与支払報告書」をもとに住民税を計算し課税したから、決定通知が送られてくるわけです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すごく勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/20 11:57

もし、気になるということであれば、「住民票の写」を添付されたら良いかと思います。


特に納税地と源泉徴収票の住所が異なっている場合、還付手続きが遅延したり、還付が保留される一因にもなりかねませんので。
    • good
    • 2

専門家紹介

FP税理士としてあなたに最適なプランをご提供します。

詳しくはこちら

専門家

No.1です。



>提出時の会社住所はA県A市で記載し、実際はB県B市に住んでいて、住民票を移動していない場合。

A.年末調整時の住所はB県B市で記載
→住民票はないが、B県B市で課税
B.年末調整時の住所はA県A市で記載
→住民票があるので、A県A市で課税
B県B市へ住民票を移動した場合は、
→転出先へ給与支払報告書を転送し、
B県B市で課税
ということになりますね。

そのとおりです。

>次に、年末調整書類については、会社上の確認書類になるので、その書類を元に、12 月の給与で還付するということですね。

そのとおりです。

>そして、1月の最初に、給与支払報告書を、その年の6月(実際は5月には届いているのかもしれないですが。)の給与の明細と一緒に役所から、住民税の決定通知書を会社へ送付するという流れですね。

そのとおりです。
「給与の明細と一緒に役所から」
というのがよくわかりませんが…。
給与明細は、役所は関係ありません。
5月に、役所から会社に「住民税の決定通知書」が送られます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「住民税の決定通知書」は、
その年の1月1日に住民票があるところから
送られてくるはずですが、

-----
A.年末調整時の住所はB県B市で記載
→住民票はないが、B県B市で課税
---

上記の場合は、実際に課税したB県B市から、
「住民税の決定通知書」が送られてくるのでしょうか?

お礼日時:2011/11/16 19:59

No.1です。



>役所は、住民票の情報が一切ないですが、住んでいるものと判断するんですね。
そのとおりです。

>本来、住民票のある役所は、住民票は移していないのであれば、送られてくるはずの給与支払報告書が会社から送られてこないけども、特に、そこに関しては、スルーなんですね。
そのとおりです。
その人が働いていなければ、給与支払報告書は送られてきません。
なので、役所はその人は働いていないという判断をするんでしょうね。
もしくは、住民票を異動させない人は意外にいますから(それは本来ではありませんが)、転出先で課税されているという判断でしょう。

>住民税の給与支払報告書は、毎年6月に会社へ送られてくると思うのですが、その書類については、住民票があるところから送られるんでしょうか。不整合が発生しませんか?
「給与支払報告書」ではなく「住民税の決定通知書」ですね。

>住民税のないところへ課税して、本来、住民税を払わなければならない住民票のある市町村から給与支払報告書が送られてくるんでしょうか。
よく意味がわからないんですが…。
給与支払報告書の提出を受けた役所は、その人の住民票があり、転居が確認できればそちらに転送し、住民票がなければそのまま課税します。

>年末調整の処理と給与支払報告書の処理系統はまた別物でしょうか? 
また、会社は、年末調整書類については、12月中とかに発送するんでしょうか。
??
年末調整書類はどこにも送りませんが…。
会社が保管しています。
また、給与支払報告書は1月に役所に提出します。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
だいぶ整理できてきました。
一部、説明がわかりづらいところがありましたので
追記致します。

>給与支払報告書の提出を受けた役所は、
>その人の住民票があり、転居が確認できれば
>そちらに転送し、住民票がなければそのまま課税します。
上記はつまり、

提出時の会社住所はA県A市で記載し、
実際はB県B市に住んでいて、
住民票を移動していない場合。

A.年末調整時の住所はB県B市で記載
→住民票はないが、B県B市で課税
B.年末調整時の住所はA県A市で記載
→住民票があるので、A県A市で課税

B県B市へ住民票を移動した場合は、
→転出先へ給与支払報告書を転送し、
B県B市で課税

ということになりますね。

次に、年末調整書類については、会社上の確認書類になるので、その書類を元に、12月の給与で還付するということですね。そして、1月の最初に、給与支払報告書を年末調整書類に記載されている役所へそれぞれ送り出し、
その年の6月(実際は5月には届いているのかもしれないですが。)の給与の明細と一緒に役所から、
住民税の決定通知書を会社へ
送付するという流れですね。

認識間違ってないでしょうか。

お礼日時:2011/11/16 01:06

No.1です。



>役所から送り返してくると書いていますが、地方だとそういうこともあったりするんですかねぇ。
それが事実だとしたら、そういう対応のところもあるんでしょうね。
通常、課税担当部署でもオンラインにより住民記録の情報を確認でき、貴方が転出した先がわかりますから、そのようなことはしないと思いますが…。

また、たとえば、貴方が住民票を異動させてなく、年末調整の住所を実際に住んでいるところで記入した場合でも役所は送り返しません。
その場合は、住民票がないため確認できませんが、貴方が記入した住所が正しいものとしてそのまま課税します。

>A県A市からダイレクトにC県C市へ届けられることはなく
そうですね。
A市では、B市に転居したことまでしかわかりません。
その後の転居は、B市でしかわかりませんから…。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

補足情報ありがとうございます。

下記の場合ですと、
役所は、住民票の情報が一切ないですが、
住んでいるものと判断するんですね。
都合のよいシステムになっていますね。
>また、たとえば、貴方が住民票を異動させてなく、
>年末調整の住所を実際に住んでいるところで
>記入した場合でも役所は送り返しません。
>その場合は、住民票がないため確認できませんが、
>貴方が記入した住所が正しいものとしてそのまま課税します。

本来、住民票のある役所は、住民票は移していないのであれば、送られてくるはずの給与支払報告書が会社から
送られてこないけども、特に、そこに関しては、
スルーなんですね。

住民税の給与支払報告書は、
毎年6月に会社へ送られてくると思うのですが、
その書類については、住民票があるところから
送られるんでしょうか。不整合が発生しませんか?
※住民税のないところへ課税して、
本来、住民税を払わなければならない住民票のある市町村から給与支払報告書が送られてくるんでしょうか。

年末調整の処理と給与支払報告書の処理系統はまた別物でしょうか? 

また、会社は、年末調整書類については、
12月中とかに発送するんでしょうか。

お礼日時:2011/11/14 16:44

>会社が役所へ、支払い調書を送ることになるおもいますが、


「給与支払報告書」ですね。

>その場合、すでにA県A市に住民票がないので、書類(支払通知書)としては会社へもどってきてしまうのでしょうか?
いいえ。
A市は、貴方がB市に転出していることを把握できますので、給与支払報告書をB市に送ります。
B市は、貴方がC市に転出していることを把握できますので、給与支払報告書をC市に送ります。

>2011年6月の給与に同封される住民税の支払い調書についても、B県B市の管轄で書類がきちんとつくられていました。
前に書いたとおりの処理がされたということですね。

>会社と役所の間で確認をとってくれて処理してくれたんでしょうか?
いいえ。
役所同志のやりとりで処理されています。

>なにか、各都道府県で、個人の住民票を管理・共有するシステムがあるのでしょうか?
いいえ。
前に書いたとおりです。
住民票を管理しているのは市町村で、それぞれの市で住民票を作成します。
ただ、転入・転出先は把握しています。

>ちゃんとC県C市へ支払い通知書は問題なく、処理されるものなのでしょうか?
されるはずです。

ところで、なぜ貴方は住所移転したことを会社に申告しないのでしょうか?
住所が変われば、その時点で会社に申告するのが普通だと思いますが…。

この回答への補足

ちなみに過去の似たような質問をみてみると、
役所から送り返してくると書いていますが、
地方だとそういうこともあったりするんですかねぇ。
http://okwave.jp/qa/q4479160.html

補足日時:2011/11/12 21:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ということは、

流れとしては、A県A市→B県B市へ書類が転送
そして、届いた後に、B県B市→C県C市へ書類が転送される。

A県A市からダイレクトにC県C市へ届けられることはなく、
不要な工程が発生してしまうのですね。

極端にいうと、C県C市へ届くまでの引越し回数が
多ければ多いほど、無駄な時間がかかってしまうということですね。

※A県A市はB県B市へ移動した結果はのこるけど、
C県C市へ移動した履歴は、A県A市はわからない。
ということになりますね。

>ところで、なぜ貴方は住所移転したことを会社に申告しないのでしょうか?
>住所が変われば、その時点で会社に申告するのが普通だと思いますが…。

単純に忙しさにかまけての、怠慢です。。
申請を忘れないうちに、さっそくします!




http://okwave.jp/qa/q4479160.html

お礼日時:2011/11/12 21:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住民票を移していないと住民税はどうなるの?

住民票を移さず、転居先でアルバイト(3年目)をしています。

今年は収入が多く、経理担当者から住民税がかかるかも知れない、と言われました。

その場合、住民票を移していない状態では、実際どのように扱われるのでしょうか?

会社には住民票は提出していませんが、これまで年末調整の時期には緑色の用紙に新しい住所(実際の住民票の住所では無く)を記載して提出していました。が、これまでは収入が少なかった為か、住民税はかからず、会社からも役所等からも何も連絡はありませんでした。

住民税が実際にかかるようになれば、何か問題が発生するのでしょうか?

個人的な理由で、できれば住民票は移さず、住民税は転居先で支払いたいのですが...。

そして、住民票のある所では収入が無い状態にしておきたいのですが、可能でしょうか?

Aベストアンサー

今まで住民税がかからなかったとはいえ、会社は給与支払い報告書を役所に送付しているはずなので、今まで何も問い合わせがないというのは不思議ですが。
会社が何か勘違いをして、役所に送付していないのでしょうか。
会社は住民票の住所も知っているのでしょうか。だとすると、問い合わせがあって住民票の住所を答えてあなたにわざわざ伝えてないだけかも?その場合、給与支払い報告書は、住民票のある役所に転送されるというコースをたどっている可能性は高いです。

今年会社が現住所の役所に給与支払い報告書を送付手しますと、
現住所の役所が会社に問い合わせて住民票の住所を把握し、住民票のある役所との話し合いでどちらで課税するか決めて、どちらかで課税されることになります。
まあ、会社も役所もめんどくさい思いをするので、差し支えないなら住民票の住所を記入して提出するか・・ 一番いいのはもちろん住民票を現住所に移しておくことなんですが。

一応書いておきますと、このくらいのことで即住民票抹消などということはありません。ここに書いてある事からでは、住民票を移さなくても問題ない場合である可能性もないでもありませんし・・。前の住所に家族など住んでいれば、役所がそうそう勝手に職権削除などしませんよ。
住民票を移さなくていいと言うつもりではありませんが。必要以上に不安にならなくてもいいことですから・・。

今まで住民税がかからなかったとはいえ、会社は給与支払い報告書を役所に送付しているはずなので、今まで何も問い合わせがないというのは不思議ですが。
会社が何か勘違いをして、役所に送付していないのでしょうか。
会社は住民票の住所も知っているのでしょうか。だとすると、問い合わせがあって住民票の住所を答えてあなたにわざわざ伝えてないだけかも?その場合、給与支払い報告書は、住民票のある役所に転送されるというコースをたどっている可能性は高いです。

今年会社が現住所の役所に給与支払い報告...続きを読む

Q居所と住所が異なる場合の確定申告の実施場所は、どこ?

現在、居住している場所は、住民票上の住所ではありません。この場合、確定申告は、どちらを管轄する税務署で行えばいいのでしょうか? 仮に、住民票上の住所で申告するとした場合、当然、提出書類等のあて先は、現在居住している住所となっていますので、申告の際に、税務署が受理してくれないなんてことは、ないのでしょうか?

Aベストアンサー

所得税法における納税地は、原則としては住所地となりますので、住民票上の住所となりますが、届出をすれば居所地を納税地とすることもできます。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2029.htm

納税地の変更に関する届出書については下記サイトでダウンロードできます。
http://www.nta.go.jp/category/yousiki/syotoku/annai/05.htm

申告書の提出自体は、#3の方が書かれているように、基本的に所轄税務署でしか受け付けません。
僭越ながら#1の方の回答の訂正になりますが、国税通則法においてきちんと規定してありますし、税務署員が明言しているのを聞いた事もあります。

該当の国税通則法を掲げてみます。

(納税申告書の提出先等)
第二十一条  納税申告書は、その提出の際におけるその国税の納税地(以下この条において「現在の納税地」という。)を所轄する税務署長に提出しなければならない。
2  所得税、法人税、相続税、贈与税、地価税、課税資産の譲渡等に係る消費税又は電源開発促進税に係る納税申告書については、当該申告書に係る課税期間が開始した時(課税期間のない国税については、その納税義務の成立の時)以後にその納税地に異動があつた場合において、納税者が当該異動に係る納税地を所轄する税務署長で現在の納税地を所轄する税務署長以外のものに対し当該申告書を提出したときは、その提出を受けた税務署長は、当該申告書を受理することができる。この場合においては、当該申告書は、現在の納税地を所轄する税務署長に提出されたものとみなす。
3  前項の納税申告書を受理した税務署長は、当該申告書を現在の納税地を所轄する税務署長に送付し、かつ、その旨をその提出をした者に通知しなければならない。
4  保税地域からの引取りに係る消費税等で申告納税方式によるもの(以下「輸入品に係る申告消費税等」という。)についての納税申告書は、第一項の規定にかかわらず、当該消費税等の納税地を所轄する税関長に提出しなければならない。この場合においては、第十七条から第十九条まで(納税申告)の規定の適用については、これらの規定中「税務署長」とあるのは、「税関長」とする。

ですからどこでも提出して良いというのは誤りで、但し上記第2項に該当すれば、要するに所得税で言えば、平成16年1月1日に納税地であった所に提出されたものについては、その後異動があった場合も、そこで提出されても受け付ける、というものです。

但し、還付申告センターに限っては、全国どこの税務署のものでも受け付けてくれます。
下記サイトを参考にされて下さい。
http://www.nta.go.jp/category/kakutei/qa/06.htm

所得税法における納税地は、原則としては住所地となりますので、住民票上の住所となりますが、届出をすれば居所地を納税地とすることもできます。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2029.htm

納税地の変更に関する届出書については下記サイトでダウンロードできます。
http://www.nta.go.jp/category/yousiki/syotoku/annai/05.htm

申告書の提出自体は、#3の方が書かれているように、基本的に所轄税務署でしか受け付けません。
僭越ながら#1の方の回答の訂正になりますが、国税通則法においてきちんと...続きを読む

Q年末に住所変更をして会社に注意をされた。なぜ?

冬休みのうちに役所に行ける方がいいと思って、年末に結婚をし、
ざっと色々な手続きをしてきました。

年明けに会社に報告したところ
住所変更は、年内はやめて欲しかったと言われました。

確定申告のやり直し・・・だとか?

確か住民税は1月1日で来年からかかるのではないでしょうか?

私が無知で会社に迷惑をかけたようなんです。

年末に結婚(苗字変更)や、住所の変更は何か問題があるのでしょうか?
人事労務に詳しい方がいらしたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

はじめまして。

年内に変更するつもりでいらしたなら
変更前に会社へ伝えた方が良かったですね。

住民税・県民税は1月1日に籍のある市区町村へ納付します。
(ちなみに平成24年1月1日に籍がある市区町村に
 平成24年6月~平成25年5月の間納付します)

会社は源泉徴収(年末調整)の書類を元に
市区町村別に納税義務者の報告をしています。
そしてそれを受け取った各市区町村が
平成24年度の市民税・県民税を算出しています。

質問者様の場合、年内に変更
 ↓
平成24年度の市県民税等は新しい住所・氏名にて納付

となるわけです。

市内の住所変更であれば保険証等の手続きのみですが
別の市区町村への住所変更ですと・・・
少しだけ大変なんですね。

という訳で、変更がある場合は可能であれば
会社の担当者様へ相談なさる事をお薦めいたします。
年末年始は特に大変ですから・・・ ^^;

ご参考になれば幸いです。

Q住民票を移していない場合の住民税について。

知り合いが今度一人暮らしを始める事になりました。
実家から近いと言う事もあって、市は変わりますが、しばらく住民票を移すのは待つと言っていました。
その場合、現在住んでいる市の住民税と引っ越し先の市の住民税は重複して払わなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

Aさんが、勤務先で年末調整のための書類に住所bを記入
 ↓
書類にもとづき
勤務先はbのあるB役場に「給与支払報告書」を提出
 ↓
B役場は報告書にもとづきAさんを課税

 →bが住民登録上の住所と一致する場合、
  セカンドハウスの住所をB役場は知り得ない。

 →bに住民登録がない場合、
  B役場はAさんに住民登録地を照会
   ↓
  照会した住所のある役場Cに対し、役場Bは
  住民登録外課税をする旨を通知
  (役場Cは、これにより二重課税をしない)


お知り合いはどちらで課税されることを望んでおらますか?
いずれにせよ年末調整のときに書く住所で
決まるだけだということがおわかりいただけますでしょうか?

住民票を移さないことは
虚偽の内容であるときに罪になるだけです。
実家に住民票をおいたままは虚偽ではありませんよ。

Q住民票は実家、現住所は別、確定申告はどこで?

住民票は実家のままです。(A県)
去年4月より転職の為、B県に引越ししました。
しかし当初は短期の予定だったので、住民票はそのままにしました。
予想外に長くB県にいることになり、もうすぐで1年になってしまいます。
しかし、また4月、5月頃、実家に戻るかもしれないので、なかなか住民票を移せずにいます。

そして確定申告の時期です。
複数のアルバイトの確定申告をしないといけないのですが、はたしてどこですべきでしょうか?
実家のあるA県?それとも今住んでいる(就労している)B県?

ちなみにこのアルバイトの内訳は、A県・B県両方の就労先が含まれています。

どうか、教えてください!

Aベストアンサー

1原則的納税地(所得税法15条)
2選択的納税地(所得税法16条)

現在の住所・実家の住所・勤務地の住所のどこの税務署でもできます。

Q源泉徴収票の住所について。

他の質問も探してみましたが、同じケースが見つからなかったので質問させていただきます。

確定申告に行こうと思ってますが、バイト先からもらった源泉徴収票に記載されている住所と、現住所とが違っています。
というのも、住民票が実家の住所のままになっているからです。
会社に、現住所に直してもらうように依頼したら、住民票を移していないなら出来ない、と言われました。
このまま、住所が違う源泉徴収票を持って、「これは実家の住所なので、、、でも現在は、ここの住所に住んでいます、、、」というような説明で、現在居住しているM市で確定申告をすることは出来るのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

確定申告書に記入する住所は、平成16年1月1日現在の住所ですから、その住居地を管轄する税務署に提出することになります。
住民税についても、平成16年1月1日の住居地の市区町村から課税されることになっています。

納税地とは一般的には住所地になります。つまり国内に住所を持っている人はその住所が納税地になります。
住所とは、生活の本拠のことです。生活の本拠かどうかは客観的事実によって判定されます。

税務署に確定申告をすると、確定申告書で届け出た住居地の市区町村に資料が送付され、住民税の課税が行なわれます。

住民登録をしている実家の所在地の市から、住民税の申告をするように通知が来たら、現在の住居地に申告をしていると云えば大丈夫です。

いずれにしても、住民登録の変更をして、会社にも届けましょう。

Q住民票住所・現住所が違う時の確定申告

現在、住民票住所と現住所が異なっています。
昼の仕事以外に夜もバイトをしています。確定申告をする為に(昼・夜とも会社の保険に入らず、国民年金・国民健康保険に加入)源泉徴収票をもらいましたが、昼の仕事の源泉徴収票には住民票住所の記載、夜の仕事の源泉徴収票には現住所の記載があります。

二つともまとめて住民票住所で確定申告をしても問題ないのでしょうか?

ちなみに、平成17年度、昼の仕事は12ヶ月分(約300万)、夜の仕事は1ヶ月分(約10万)の所得がありました。現住所には3年強住んでいましたが3月に引き払い、住民票住所に戻ります。夜の仕事は2月いっぱいで辞めます。
税務署に確認する前に(なんだか怖いので)皆さんにお聞きしたいと思いました。ご回答お願いします。

Aベストアンサー

一時的なものなら住民票住所と現住所のあるところが違うということはあります。出稼ぎ中、単身赴任中等。
住民税などは、その場合には居住地で課税することもできるという規定があるくらいです。
3年、という期間だと一時的とは考えにくいにしても、実際にはよくありがちなことです。実際にそれで罰金を払わせたという事例は聞いたことがありませんね。

>二つともまとめて住民票住所で確定申告をしても問題ないのでしょうか?

二つともあなたの収入ですから、二つともまとめて申告しないといけません。
給与、賃金だと、1づつの申告の方が税金が安くなってしまうので、二つとも合わせて申告しないと脱税になっちゃいますよ。
現住所と住民票所在地が違うのだということを説明して合わせて申告しましょう。
(住民税のことも考えると、できれば、夜の仕事の方も、住民票の所在地に訂正してから申告、がベストではありますが・・。)

Q[1人暮らし]住民票を移さないとどんな不便がありますか?

お世話になっております。
来年より社会人となり1人暮らしを始めるため、度々物件選びや引越し関連で質問をさせて頂いている者です。


住民票についてなのですが、友人などから話を聞いたり、こちらのサイトで他者の類似質問を拝見している中で、『ぶっちゃけ、住民票移さなくても良くない?』と言う発想が出てきました。
法律的にどうかと言えば問題はありますが、その点を無視すると、どうやら『第2の家、つまり別荘や遅くなった時などに仮に泊まる用と言う扱いで考え、別にそこに住んでいる訳ではないよ』と言う考え方や位置づけにする事で、大抵の問題は解決できると言う考えを聞きました(もちろんそう言っても実際は1人暮らしで住んでいる)。

私自身の設定(?)は以下の通りです。
●実家はちゃんとあり、親などもいる。
●私は1人暮らしする(実家とは県が違う)が、実家へは2時間程度で行けるため、何かあっても駆けつけられる距離ではある。
●免許更新など、住民票のある県でしか行えない事もあるが、その為の労力は別に惜しまない。
●車は持っていないので、車庫証明がどうとか、そう言った事は今は考えなくて良い(その時が来ればその時移せば良い)。

この場合、住民票を移さない事でどんな不便や問題が起こるでしょうか?私が思いつくのは、
・免許やパスポート更新 → 別に行けば良い
・住民票などを取りに行く → 別に行けば良い
・選挙など、市区町村役場からの通知 → 休日に実家に取りに行けば良い
・事故などを起こした場合、何か警察等へ提出する書類 → 実家の住所を書けば良い
くらいです。その他で、どうしても必要な事柄が出てくれば、その時に移せば良いと言う考えです。実家に親などがいますので、平日代理人として住民票などを取ってきてもらう事も可能ですし、ちょっと出勤時間遅らして取って来たり平日休みをもらうなどのある程度の融通は利くので、その点は問題ないと思います。


で、上記を踏まえて、例えば税金の事などのお金関係などや、何か他にも問題が起きそうな点や事柄などがありましたら、ぜひ教えて下さい!
自分なりに調べてはいますが、正直その辺が疎いです!


ご回答下さる方がいましたらよろしくお願い致します。

お世話になっております。
来年より社会人となり1人暮らしを始めるため、度々物件選びや引越し関連で質問をさせて頂いている者です。


住民票についてなのですが、友人などから話を聞いたり、こちらのサイトで他者の類似質問を拝見している中で、『ぶっちゃけ、住民票移さなくても良くない?』と言う発想が出てきました。
法律的にどうかと言えば問題はありますが、その点を無視すると、どうやら『第2の家、つまり別荘や遅くなった時などに仮に泊まる用と言う扱いで考え、別にそこに住んでいる訳ではないよ...続きを読む

Aベストアンサー

学生ならまだいいんですが、社会人では問題がおこります。
考えられる範囲でいうと、税金と、通勤費、住居手当です。
<社内>
通勤費は現住所からのもので申請するはず。住民票と違う場合は問題になる。
住居手当がでる会社であれば、住民票の提出が必要。

<社外>
会社には現住所を届け出し、住民票は別のところにある場合、天引きされた税金は、会社は現住所に納付する手続きをとってしまいます。住民票の自治体では未納となって、督促状が来ますよ。最初の引っ越しの時、住民票を移すのが遅れて、督促状がきてしまいました。
その時に住民票を移そうと市役所に行ったら、確かに現住所に住んでいる、という証明書に、サインをもらってきてくださいと書類を渡されました。
管理人さんに書いてもらいましたが、それが出来ない場合、誰に頼んだらいいやら想像もつきません。すぐに移せば、こんな面倒な手続きはいりません。

Q源泉徴収票の住所違いは住民税の納付に影響しますか?

夫の会社からもらっている24年源泉徴収票の住所が、25年1月1日現在のものと違います。
24年4月に住民票を移し、会社へも住民票とともに申告済みです。
会社の間違いでしょうか?
普通徴収の会社のため、まもなく納付書が送られてくると思うのですが、前市町村から来てしまいますか?
今更なのですが、どうしたら良いか教えて下さい。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>24年4月に住民票を移し、会社へも住民票とともに申告済みです。
>会社の間違いでしょうか?

「おそらくそうであろう」と思います。

「給与所得の源泉徴収票」は、「作成する日の現況による住所等を記載する」ことになっています。
つまり、「現住所」になっていないとおかしいということです。

『「給与所得の源泉徴収票」の「住所又は居所」欄の記載方法』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/hotei/7/12.htm

ちなみに、会社としては、社員が提出する「給与所得者の扶養控除等申告書」に記入された住所を「給与所得の源泉徴収票」に記載するのが「原則」です。

ただし、「市町村に提出する給与支払報告書」は、(現住所がどこであれ)「1月1日に住んでいた住所の市町村」に(1月末日までに)提出します。

※hawaiiroyalさんのご主人の場合は、「1年以上前に転居済み」ですから、どちらにしろ「給与所得者の扶養控除等申告書」に記入した「現住所」が書かれていないとおかしいわけです。

『[手続名]給与所得者の扶養控除等の(異動)申告 』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_01.htm
>>…当初提出した申告書の記載内容に異動があった場合には、その異動の日後、最初に給与の支払を受ける日の前日までに異動の内容等を記載した申告書を提出してください。…

(越谷市の場合)『給与支払報告書の提出』
http://www.city.koshigaya.saitama.jp/kurashi/zeikin/shiminzeikenminzei/041103A_20091104112003751.html

>…前市町村から来てしまいますか?

会社が「前市町村」に「給与支払報告書」を提出している場合で、「市町村が転居済みであることに気が付けば」、会社(または本人)に連絡が来るでしょう。
気が付かなければ、そのまま「前市町村」から届くでしょう。

一方、会社が「現住所の市町村」に提出していれば、とりあえず、問題ありません。

>どうしたら良いか教えて下さい。

「会社に確認」しかありません。
なお、「会社からの回答」を詳しく教えていただければ、第三者でも回答が可能です。

*****
(参考)

『住民税とは?住民税の基本を知ろう』(更新日:2011年05月18日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/

『2つの市町村から納税通知書が来た場合はどうすべきか』
http://www.nishi.or.jp/contents/00001727000600012.html
『住民票と異なる場所に居住する社員の給与支払報告書の提出先』
http://melma.com/backnumber_152286_5079981/

長いですがよろしければご覧ください。

>24年4月に住民票を移し、会社へも住民票とともに申告済みです。
>会社の間違いでしょうか?

「おそらくそうであろう」と思います。

「給与所得の源泉徴収票」は、「作成する日の現況による住所等を記載する」ことになっています。
つまり、「現住所」になっていないとおかしいということです。

『「給与所得の源泉徴収票」の「住所又は居所」欄の記載方法』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/hotei/7/12.htm

ちなみに、会社としては、社...続きを読む

Q支払調書に記載されている住所と現住所が異なる場合

私は給与所得者ですが、副業で原稿料を受取ったため、確定申告をしたいと考えています(還付になる見込みです)。原稿料の支払を受けた先から支払調書を受取ったのですが、私が昨年10月に転居したため、支払調書に記載されている住所と私の現住所とが異なっています。この場合、(1)支払調書の住所を現住所に変更してもらう必要があるのでしょうか。(2)確定申告書とともに住民票の写しを税務署に提出する等すれば支払調書はこのままでもよいのでしょうか。(3)これ以外の対処が必要でしょうか。あるいは必要ないのでしょうか。ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

 支払い調書や源泉徴収票で、そのような状態になる場合がありますが、そのままの支払い調書を添付してもかまいません。税務署に提出する場合には、住所が変更になったことを証明する資料、住民票の写しなどがあればよいでしょう。役所を経由して税務署に提出する場合には、役所で転居状況が把握できますので、住所変更を確認するための資料は必要がありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング