忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

3ヶ月ほど前突然、ちょっとした角度にしたり、ほんのちょっとの振動(ホチキスを使うなど)を与えたり、ちょっとぶつかったりすると、左肩に激痛が走るようになりました。
しかし2ヶ月ほど、我慢してしまいました。
本当に痛かったのですが(時には悲鳴をあげるほど)、四十肩だと思って、そのままにしておりました。

しかし、2ヶ月ほど経つと、痛いことには変わりないのですが、痛みが違ってきて、何もしていなくてもズンとした痛みがあり、また、夜は眠れないほどになり、ついに病院に行きました。

すると、レントゲンに石灰が写っている(私にも確認できました)ということで、石灰沈着性腱板炎といわれ、薬を飲みつつリハビリで動かせるようにしましょうと言われました。

そのときに医者には「1ヶ月もすればあれはなんだったんだろう?って感じになるよ」といわれました。

しかし、1ヶ月近く薬を飲んでも全く痛みはなくならないし、リハビリに行く時間がなく、1週間ほど前に医者に行ったときには「リハビリにこれないなら自分でやるしかないんだよ」と怒られて帰ってきました。
医者に自分でやる場合のリハビリの仕方を教えてもらい、その後頑張ってやっていたのですが・・・むしろ痛みは増すばかり。

それで、「石灰沈着性腱板炎」で検索して、いろいろなページやこの教えて!gooでみてみると、だんだん今の私はあまり動かしちゃいけないのではないか?と思い始めました。

最近の痛みの例としては、今日セーターを脱ごうとした瞬間に(決して変な形にはしていませんし普通の比較的余裕のあるセーターです)、痛みが走り、しばらく動けませんでした。
現在もズッキンズッキンと、痛みがあります。

また、医者からは、「お風呂で暖まった後、動かすようにするとよい」といわれましたが、本当に温めてしまってよいのか、非常に不安です。

医者の言うとおりにして大丈夫でしょうか?
又は、他の医者に行ってみた方がよいでしょうか?

ちなみに、飲んでいる薬は「タガメット」という胃薬です。

何でも結構です、何かアドバイスがありましたら教えて下さい。

どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

石灰沈着性腱板炎で鎮痛薬で効果が薄い場合はステロイド剤の関節内注射をすることがあります。

これが著効することが多く、一度相談されるのも一つです。リハビリに関しては痛みが治まれば、徐々にストレッチから動かしていくのが良いと思います。
    • good
    • 6

専門家紹介

ドクターズミー医師

職業:医者

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、
メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する医師が回答。
※教えて!goo内での回答は終了致しました。
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

No6回答の補足です。


>この病気は偽痛風とも呼ばれ

確かに石灰沈着性腱板炎もまた偽痛風と一般的に呼ばれることはありますが、しかし正確には前者がリン酸カルシウム塩の沈着で、後者はピロリン酸カルシウム塩の沈着として区別されます。偽痛風の場合、膝関節に多いですが、肩関節にも生じ得ます。いずれも結晶誘発性の炎症です。
    • good
    • 61

整形外科医(卒後18年)です。



石灰沈着性腱板炎の治療には、局所療法として石灰成分の吸引・洗浄や局所麻酔薬とステロイドホルモンの注入などが行われ、内服治療としてタガメット(シメチジン)と非ステロイド系消炎鎮痛薬とが併用される場合が多いです。
たいてい、症状の軽重や患者さんからの要望に応じて局所の処置を行うかどうかが判断されます。

発症から投薬までの期間が短ければ短いほど劇的に症状は改善しますが、最初に整骨院に行くなど、治療開始までに時間がかかってしまうと、痛いという事実によって肩関節周囲の筋緊張が持続してしまい、二次的に肩関節周囲炎や筋筋膜性疼痛症を来してしまう場合や、肩を自ら不動化することで肩関節拘縮を来してしまう場合があります。いったん拘縮を来すと肩関節は可動域を失って難治化してしまうので、できるだけ早期にあらゆる手を尽くして除痛し、痛みのない範囲で動かしておくことが肩関節の治療の原則となります。

また、局所の炎症は急性期か慢性期かで冷温の扱いが異なります。急性期(発症後数日以内)なら冷やすべきでしょうし、慢性期(発症後数週間以上)なら温めるべきです。急性期に温めてしまうと、体温が下がってきたときに、かえって痛みがひどくなってしまうので、急性か慢性かよくわからない場合は何もしない方が無難でしょう。

この病気は偽痛風とも呼ばれ、男性によくみられる痛風などと同様、脱水症状が引き金になっている可能性が高く、普段から十分な飲水摂取を心掛けておく必要があります。
実際、この病気の患者さんはコーヒーや緑茶など、利尿作用の強い飲み物を嗜好されている場合が多いです。

石灰沈着性腱板炎の診断に間違いがなくて投薬に効果が乏しい場合、投薬量が不十分であるか、または飲水摂取が不十分であることなどが考えられます。慢性的な肩関節周囲炎や筋筋膜性疼痛症を呈しているなら、それに応じた治療も必要となるでしょう。その場合、ダイナミック・ストレッチ(肩をぶらぶらとふりこのように繰り返し動かす)が有用です。
    • good
    • 69

 私は、4年程前に石灰沈着・・と診断されて、ブロック注射ですぐ痛みは無くなりました。


忘れていた頃、去年の夏 「あっあの痛み」と思い返し・・・やっぱり。
一度は内科のいきつけの総合病院で、整形にまわしてくださいましたが、
「あれ 診察が違う。先生が指すレントゲン部分が間違っている」
「○○病院ではどこに注射した?」など 
また、やっぱり地域で整形外科の良いと言われる4年前の病院にもどりました。

 4年前と一緒のところと診断され、ひと安心。その後ブロック注射は、1度しましたが、
結局痛みは増すばかり、とうとう自転車に乗って転倒してしまいました。
それがきっかけで、診察するとだんだん腕が動かせなくなりました。
「先生手術してください」と頼んで、MRIをとることになった時、
石灰沈着がレントゲンで見えない別のところにもあって、それが邪魔をしていたそうです。
無事手術をし、今は拘縮した筋肉・低下した筋力のリハビリで6ヶ月目です。

 手術は最後の手段で、もうどうにもならない状態でするものかもしれませんが、
MRIの検査も必要だったとおもいました。知人は診察によりリハビリで治療しています。
設備があり、正しく診察してくれる信頼する先生と出会うことが良かったと思います。

 リハビリの先生方も石灰を治療した私にでも慎重にリハビリしてくださいます。
私の一方的な経験ですが、お役にたちますように。
    • good
    • 38

>それで、「石灰沈着性腱板炎」で検索して、いろいろなページやこの教えて!gooでみてみると、だんだん今の私はあまり動かしちゃいけないのではないか?と思い始めました。



行う治療やリハビリのメニューは、大まかは病名で決まりますが、細かいことは個人の状態によって異なります。例えば肺ガンと宣告された患者がいても、Aさんは手術、Bさんは放射線、Cさんは抗がん剤などのようにです。石灰性腱炎は安静を保つべき時期と積極的に動かさなければいけない時期があり、貴方を直接診察した主治医が動かす判断をしているのであればそれに従った方がいいと私は思います。

安静を保つのは急性期のみです。慢性期では肩が固まりはじめ、関節が動かないことによる痛みが出てきます。安静を保ち続け、かりに痛みが取れたとしても、左肩がげっそりと痩せ腕が全然上がらないようでは完治したとはとても言い難いです。痛みを取れやすくする、腕が上がらなくなることを防ぐためにも、動かすリハビリは重要というわけです。


>医者に自分でやる場合のリハビリの仕方を教えてもらい、その後頑張ってやっていたのですが・・・むしろ痛みは増すばかり。

恐らく方法がまずいのでしょう。具体的にどのようなことをしていますか?


>また、医者からは、「お風呂で暖まった後、動かすようにするとよい」といわれましたが、本当に温めてしまってよいのか、非常に不安です。

繰り返しになりますが主治医がそう判断されているのですから、それに従った方がいいと思います。我々は貴方を触っても診ていないですから、それを否定するだけの材料も根拠もありません。


>又は、他の医者に行ってみた方がよいでしょうか?

治療とは信頼関係がなければ成立しないと思います。個人的には今の医師は間違った方法は行っていますが、貴方がその医師をどこまで信用できるかだと思います。


>ちなみに、飲んでいる薬は「タガメット」という胃薬です。

痛いのであればロキソニンなどの消炎鎮痛剤(NSAIDs)やステロイド注射なども有効です。診察の時に相談されてみてください。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。
    • good
    • 22

私は、股関節におこりました。


やはりタガメットを処方され
約3ヶ月で白く写っていた塊がすっかり無くなりました。

かなりの激痛でした。
夜も眠れず
動かせばもちろん痛いのですが
上を向いてじっとしていても痛かったです。
ですから、初診のときに
痛み止めのブロック注射をしてもらいました。
即効性があったようで
痛みは治まりました。

痛みがひどいときは
あまり動かさない方がいいと思います。
少し治まれば様子をみながら動かすといいのでは。

一度、他の病院を受診してみてはどうですか?

お大事になさってください。
    • good
    • 16

私も石灰沈着性鍵盤炎になり、辛い思いをしました。


週に一回炎症箇所に注射を打ち、1ヶ月半くらいで治りました。
痛みが酷いときに動かさないほうがいいと私は医者にいわれました。
ただ、炎症が落ち着いてからはゆっくり動かしてくださいと言われましたが。
1ヶ月同じ医者で、病状が回復していないのであれば
他のお医者にいってみたほうがいいと思います。
    • good
    • 27
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。

やはり注射をしているのですね。
私が行った医者は、なぜか注射をしようとしません。
「注射痛いから、薬の方がいいでしょ?」というのは確かにそうですが、今まで治らないと、注射で多少痛い思いをしてもいいから!という気持ちになります。

一度他の医者に行ってみようかと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/15 23:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q石灰沈着性腱炎 股関節について

一か月くらい前から股関節というかそけい部?の柔らかい部分が痛むなあと思っていたのですが、
急に耐えられないくらいの痛みズキュウゥゥ!!!というような物があり、
整形外科に行ってきました。

石灰沈着性腱炎との事でカルシウムの塊が出来ていてそれがこすれて痛いとの事でした。
本来ならそこに注射をしてあげるのがいいのですが、
石灰がある場所が深く、注射針が届ないのでやっても痛いだけで効果は無いだろうと。
とりあえず薬と湿布で1週間様子を見る事になりました。

ネットでの書き込みを見ていても皆さん注射でよくなっているようなので、
私のように注射が困難な場所の場合はどうなるのか…と不安でいっぱいです。
調べたところこの症状は四十肩や五十肩が股関節に起きたような物だとの事で、
親に五十肩はどれくらいで治ったかを聞くと、
ブロック注射をしても全然聞かず、マッサージも針も全部駄目で結局2年間くらい痛いのを我慢した
と言われ、私もそうなのかもと思うと辛いです。

同じような感じで治ったよ!とか、出来るだけこうした…とか、
何でもいいので書き込みを頂けないでしょうか。
宜しくお願いします!

一か月くらい前から股関節というかそけい部?の柔らかい部分が痛むなあと思っていたのですが、
急に耐えられないくらいの痛みズキュウゥゥ!!!というような物があり、
整形外科に行ってきました。

石灰沈着性腱炎との事でカルシウムの塊が出来ていてそれがこすれて痛いとの事でした。
本来ならそこに注射をしてあげるのがいいのですが、
石灰がある場所が深く、注射針が届ないのでやっても痛いだけで効果は無いだろうと。
とりあえず薬と湿布で1週間様子を見る事になりました。

ネットでの書き込みを見ていても皆...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。補足ありがとうございます。


>今貰っている薬はコメントを頂いたように、タガメットとソレトン、プレドニゾロンの三種類と、冷たい湿布です。

ステロイドが処方されているのですね。まあそれだけ激痛ということなのでしょうが、痛みが落ち着いてきたらプレドニゾロンはいらないと個人的には思いますが、自己判断されず主治医とよく相談されてみてください。


>でも、注射をせずとも時間とともに経過が良くなりそうなので、安心しました!

逆に言えば注射をしても良くならない人もいますので、ちょっと長くなるかもしれませんが頑張って治療をされてみてください。


お大事にどうぞ。

Q石灰沈着性肩関節炎

就寝時肩を下にすると激しい痛みがあるので整骨医に診て貰ったところ、石灰沈着性関節炎との診断でしたが、痛みはそのうちに無くなるとだけで軽減方法の説明がありませんでした。痛み止めとしてボルタレン錠を処方されたのみで、痛みは全く引く気配もありません。
痛みを無くするにはどのような方法があるのでしょうか?ご教授頂きたくお願いします。

Aベストアンサー

私は、股関節に起こりました。
激痛で眠れなかったり
歩行も困難な状態でした。

タガメットという胃薬で
1センチくらいあった塊がなくなりました。
このタガメットという胃薬は
カルシウムの石灰化したのを溶かす作用をもっているそうです。
約3ヶ月くらい服用したと思います。

同僚は、肩関節にでき
タガメットを2ヶ月弱服用してなくなっていました。

痛みはそのうち良くなるかもしれませんが
沈着したカルシウムがあるかぎり
あの激痛の不安はなくなりません。

効かない人もいるそうですが
試してみる価値はあると思います。

お大事になさってください。

Qカルシウムがたまるって?

妻が肩が痛くて痛くてどうしようもないということで
整形外科にいったら「カルシウムがたまっている」と
診断され、注射と痛み止めでとりあえず痛みは収まり
ました。しかし、病名としては何なのか教えてくれず
また、どうすれば治るのか、普段の生活で何を気を
つければいいのかなどの説明はなかったそうです。
(しばらく、電気治療をあてる治療をするので通って
下さいというようなことは言われたらしい。)
もし、このような病気になった方がいましたら、病名と
治療法、また普段の生活で注意した方がいいことなど
教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

まったく同じかどうかはわかりませんが、知人(主婦)に同じような症状の方がいました。

肩に急に激痛があり、夜も痛みで眠れないので、整形外科を受診した所、レントゲンでモヤモヤした感じの白い影が映っていて、医師からは肩関節石灰沈着性腱板炎と診断されたそうです。

治療は、ステロイド剤と局所麻酔剤を混ぜて、肩の石灰化部位に注射をしたそうです。注射のおかげで痛みは軽減したようですが、効果がなくなると痛みが出てくるのですが、そんなに頻回にはうてないようで、肩や腕をなるべく使わずに安静を保つために、腕を三角巾で吊るしてもらい、冷湿布をして消炎鎮痛剤を飲んでいました。
 
その後しばらくは肩や腕に無理をかけないようにして、冷湿布を続けや2カ月くらいで治ったようです。
早い人では、1ヶ月位で沈着していた石灰化が消えて
症状がなくなるようです。

知人は、特別温熱療法などはしなかったようですが、全ての人が同じ経過を辿る事はないと思いますので、一番良いのは、整形外科の医師に十分説明を受ける事だと思います。場合によっては、他の整形外科を受診しても良いかと思います。

早く痛みがとれると良いですね、お大事になさって下さい。。。

まったく同じかどうかはわかりませんが、知人(主婦)に同じような症状の方がいました。

肩に急に激痛があり、夜も痛みで眠れないので、整形外科を受診した所、レントゲンでモヤモヤした感じの白い影が映っていて、医師からは肩関節石灰沈着性腱板炎と診断されたそうです。

治療は、ステロイド剤と局所麻酔剤を混ぜて、肩の石灰化部位に注射をしたそうです。注射のおかげで痛みは軽減したようですが、効果がなくなると痛みが出てくるのですが、そんなに頻回にはうてないようで、肩や腕をなるべく使わずに安...続きを読む

Q石灰沈着性腱板炎

石灰沈着性腱板炎で肩が痛くて困ってます。
年末年始で病院も休みになってしまい、困ってます。
自分でできる対処方法をご存知の方がいらっしゃったら、教えてください。
急患で病院に行くことも考えてますが、そこまでするほどではないかと思ってます。
車も運転できないかもしれないため、躊躇してます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。補足ありがとうございます。


>胃があまり強い方でないのですが、10月の健康診断の胃カメラで逆流性食道炎ステージA?軽いほうと診断されました。

胃薬も同時に処方されていますよね?胃に何か不快感があれば服用をやめればいいので、それがなければ心配はないと思います。


>ステロイドの注射と言えば分るのでしょうか?ブロック注射とは別ものでしょうか?

ブロックは麻酔薬を使って神経をマヒさせるもので、ステロイドは治療のためのお薬です。そんなに頻繁には打てませんが、症状が強い時に良く使われるます。「ステロイドはどうなんでしょうか?」 と聞けばいいとおもいますよ。

Qステロイド入りの注射の継続について

いわゆる四十肩・五十肩で、2月から整形に通院しています。腕もあまり上がらず、夜眠れないほどではありませんが慢性的な痛みが続くため、医師から肩への注射を勧められました。
最初は2週に1度、3回めから週1回で、これまで5回注射し、うち4回は効果が1日のみ。1度だけ10日ほど痛みが和らぎましたが、長くは続きませんでした。(可動領域には変化なし)
今後も注射を勧められていますが、ステロイド入りなのであまり気がすすみません。ネットで調べると1回あたりの量にもよるがステロイド注射は3-4回程度が限度とのこと。通院先のドクターに尋ねたところでは、他にヒアルロン酸なども入っていてステロイド(割合は1%?くらいと聞きました)だけではないし、うつ場所も肩の前だったり背中側だったりで変わるから大丈夫とのことなのですが…
何度も注射した経験のあるかたがいらっしゃいましたら、効果や副作用について教えてください。

Aベストアンサー

医師です。
効果が殆ど現れていないのであれば、頻回にステロイドの注射をしてもあまり意味が無いと思いますよ。
50肩ならば肩の周囲の筋肉のストレッチ、暖めるのもよいですね。
一度大きな病院の整形外科にかかってみてはいかがでしょう?
50肩ではなく、腱板断裂の恐れもあります。

Qタガメット(H2ブロッカー)でカルシウムが溶ける?

親戚のおばさんが、肩が痛く、整形外科に行きました。
40肩か?と思ったら、肩にカルシウムがたまってる
と医者から言われたそうだ。
そこで、処方された薬が、ハイペン(鎮痛剤)と
タガメット。
タガメットってH2ブロッカーで、
胃酸を抑える薬なのに、
ドクターいわく、カルシウムを溶かしてくれる薬
だと言ったそうである。
どの本にもそのようなことは書かれていないのですが、
例外処方なのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

タガメット(シメチジン)が関節周囲の石灰沈着症に著効を示したという臨床結果があります。
それを踏まえての処方ではないでしょうか。

参考URL:http://www.sam.hi-ho.ne.jp/tootake/1991215.htm#p1

Qステロイド注射が原因で悪化することはあるのか?

こんばんは、あまりの痛みで眠れないため、心配になりこんな時間に投稿させていただきます。

昨日整形外科で「テニス肘」と診断されました。医師から有効で手早い治療法として、局麻酔入りのステロイド注射を勧められました。
私は早く治したかったので、注射にて治療することを納得して決めました。その際、副作用についてなどは一切説明がありませんでした。

注射を打つ前までは、腕に力を入れると痛む程度でしたが、注射を打った後にひどく痛むようになりました。指を使っても痛む、マウスを使っても痛む、重力がかかっただけで痛む。と、目に見えて悪化してしまったのです。ステロイド注射を打つと悪化することはあるのでしょうか?
これで、障害が残ったりしないでしょうか?
あまりに痛く、また、治療したのにひどくなったので不安です。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も同じ経験がありがますが、その際にお医者さまに「注射して数日間は悪化したかのように痛むので我慢してください。」と言われました。
神経系統に働きかける注射なので、とても痛むそうです。
ステロイド注射は打つ回数によって癒着が考えられるので場所や度合いによって回数を制限して打つものだとも言われました。
注射を打つ際にお医者様では下記の説明を受けました。

☆注射自体がとても痛みを伴う事。
☆注射を打った後も神経や筋肉に働きかける注射なのでとても痛むこと。
☆ステロイド注射は効く人と効かない人がいること。
(私のケースでは五分五分だと言われましたが、これも人によって違うそうです。)
☆ステロイドによる筋肉の癒着の可能性が示唆されるので打てる回数が制限されること。
(私のケースでは4回までといわれました。)
☆自分でおかしいと感じるようなら必ず病院にくること。

以上を聞かされた上で、注射をするかしないかを選択させられました。
私は少しでも早く良くなりたかったのでlappihina0さんと同じように注射をすることを選択しましたが
初回と2回目までは週1回のペースで注射してました。
その次からは2週間に1回のペースになりましたが、2週間に1回のペースになったら注射の痛みはだいぶマシになりました。
また注射によって早く治ったのかと言う事については、ある程度だったように思います。
整形外科関係については「いつから」「どのように」「どこが」「どうなってるのか」がとても重要だそうなので
気になった際には診察を受けることを注射をされた病院のお医者様にいわれました。
(気になってるという事が人間の神経を過敏にすることがあるそうです)
もし気になるようならlappihina0さんが注射を受けられた病院にて再度、診察を受け納得がいかないようなら別の病院にかかる事をお勧めします。
なおステロイドによる障害は1回注射したくらいでは起きないそうです。
もし障害が生じるとしたら注射をした場所によってもたらされるものだそうです。
すこしでもlappihina0さんの不安が軽減されれば幸いです。

私も同じ経験がありがますが、その際にお医者さまに「注射して数日間は悪化したかのように痛むので我慢してください。」と言われました。
神経系統に働きかける注射なので、とても痛むそうです。
ステロイド注射は打つ回数によって癒着が考えられるので場所や度合いによって回数を制限して打つものだとも言われました。
注射を打つ際にお医者様では下記の説明を受けました。

☆注射自体がとても痛みを伴う事。
☆注射を打った後も神経や筋肉に働きかける注射なのでとても痛むこと。
☆ステロイド注射は効く人...続きを読む

Q肘に石灰が?

肘に石灰があると言われ、すごく痛みがあるのですが、
 病院では鎮痛剤を処方され、動かさないようにとギブスで固定されたのですが・・・
 それだけで直るのでしょうか?また石灰は取り除かなくてもいいのでしょうか?
 教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

整形外科医です。
石灰化は体液(体の中の水分)に溶けているカルシウムが、けがや炎症などが原因で塊となって出てくるものです。急性期には、不安定な状態なので強い炎症を引き起こし、激痛がおきます。安静や投薬で、炎症が鎮まってくると痛みは和らぎます。塊は徐々に消える場合と、最終的に残る場合がありますが、たとえ残っても、特に問題が起きないケースも多々あります。

ということで、

病院では鎮痛剤を処方され、動かさないようにとギブスで固定されたのですが・・・
→理にかなっています

また石灰は取り除かなくてもいいのでしょうか?
→どうしても痛みが良くならない、痛みが頻回におこる、塊が大きくて邪魔になるなどの場合はとることもありますが、メスを入れるという事は、他の健常な部分にも傷をつけるということなので慎重に判断します。

Q五十肩の痛みがどんどん酷くなり、4ヶ月も苦しんでいます。治す方法はないでしょうか?

40代後半の女性です。右腕が後ろに回せず、なにもしていなくても肩から二の腕の痛みが酷く、
手先までだるだるになり、毎朝痛みで目が覚めます。
一昨年、右肩の肉離れをやったのもあると思いますが、一年以上経った今年に入ってから
どんどん痛みが酷くなり、五十肩と診断された病院からもらった痛み止めを頻繁に飲んでいます。
毎日湿布もしています。整体も気功のようなものもしましたが、あまり変わりません。
私のイメージでは、五十肩なんて一週間もすれば自然によくなると思っていたので、困惑しています。
同じような方はいらっしゃいますか?治す手立てはないものでしょうか?

Aベストアンサー

No,2です。
補足ありがとうございます。


接骨院は怪我の治療をするとこなので、
慢性に移行している五十肩などは、本来治療できません。
専門分野外なので、通っていても良くならなかったと思います。
そもそも、整形外科でレントゲンを撮るように
勧めないことに問題がありますよね。


整形外科で、リハビリの指導は受けていないのですね。
では、リハビリのやり方を補足致します。

まず大きな鏡の前でバンザイをして見ましょう。
左右差があると思います。スタート地点を0°とすると
右は何°位上がっていますか?左は180°近く上がっていますか?
左肩をリハビリのゴールにして、時々鏡の前でチェックしましょう。


肩は人間の関節の中で、最も動く関節で、基本8方向に動きます。
~~~~~~~
・屈曲…バンザイの動きです。左手を右ひじに当てて、
    痛みが出るところまでもっていきましょう。
    注意する点は、痛みの為に腕が外側になる事です。
    体に平行に真っ直ぐ上げましょう。
    もう一つ、背中をそると上がった気になります、
    これでは全く意味がないです。肩を意識して動かしましょう。
    一番良いのは、畳の上などに寝る方法です。
    そうすれば体の余計な動きを抑えることができます。

・伸展…バンザイの逆の動きです。肘を伸ばしたまま
    真っ直ぐ後ろに上げます。この時は体が前のめりに
    ならないようにしましょう。痛みが出るところまであげ
    れない場合は、後ろ向きでテーブルなどに手を着きます、
    肘を直下に曲げ、体を落としていきましょう。
    これで肩の伸展が出来ます。

・外転…横から、耳に近づけるように上げる動きです。
    90°(水平)の位置で手のひらを上に向けましょう。
    これも左手を右ひじに当てて、痛いところまで運動します。
    この時は、体が横に傾かないように注意しましょう。
    可動域制限が強いときは、腕が真横でなく斜め横から
    上がってしまいます。出来るだけ真横から上げて下さい。

・内転…この動きが悪くなることは、ないに等しいので割愛します。

・外旋…肘を90°直角に曲げます。しっかり脇を締めて、
    肘を体から離れないようにします。そして肘から上を軸に、
    肘から先を外側に回転させましょう。これが外旋です。
    これは体が回転しまいがちなので、屈曲と同じように、
    寝て行いましょう。テーブルを使ったやり方もあります。
    まずテーブルの横に立ち、肘から先をピッタリ、テーブルに
    つけましょう。そして体ごと頭の方に倒れこんで下さい。

・内旋、結帯動作…背中を下から掻く動きです。
         肘を曲げて背中の上のほうにもって行きましょう。
         体が前傾にならないように注意しましょう。
         うまく出来ない時は、右手にタオルを持ち、
         左手で引っ張り上げてください。

・水平屈曲…肩を90°屈曲します(バンザイの半分)、
      肘から先が上に向かうように、肘を直角に曲げます。
      左手を右肘に添えて、左に引き寄せましょう。
      これが水平屈曲です。体が捻れない様に注意しましょう。
      疲れてくると腕が下がってくるので、注意しましょう。

・水平伸展…フォームは水平屈曲と同じで、逆に動かします。
      外に広げるような動きですね。
      これも注意点は水平屈曲と同じです。

・結髪動作…頭の後ろで手を組み、肘を前面でくっつけましょう。
      この時、左右の肩甲骨を広げる様にイメージします。
      今度は逆に肘を後ろにもって行き、胸を大きく広げます。
      この時は左右の肩甲骨を、引寄せるイメージです。
~~~~~~~


痛い動きと、痛くない動きがあると思います。
(もしくは、そうなってきます)
痛いということは、より悪いと言うことなので、
時間がないときは痛い動き優先で行いましょう。
安静時痛もなく、日常生活で問題がなくなっても、
左右差がなくなるまでしっかり行ってください。
硬さを残し放っておくと、関節は固まり、
再発、転倒時に怪我をしやすくなったり、
年を重ね介護が必要になった時など、
色々困ったことが起きます。


>もう一度整形外科でリハビリを受けられるようにお願いしてみようかと思います。

一生懸命行っても、自分出来ない範囲がどうしても
出てきますので、PTなどのプロにもやってもらうのが良いと思います。
しかし、まちのクリニックに必ずPTがいるとは限りません。
リハビリ科があっても、パートさんが機械のつけは外しをしている
ケースは意外と多いです。だから医師は、積極的にリハビリを
勧めないのかも知れませんね。

通っている病院で断れたら、病院を変えてみたほうが
いいかもしれません。でも自分でリハビリも必要です。
病院とご自宅、頑張れば頑張った分だけ早く良くなります。

長文ですいませんでした。
動きを言葉で表現するのは難しいですね・・・
表現的に分からない箇所、まだなにかあればお聞き下さい。

No,2です。
補足ありがとうございます。


接骨院は怪我の治療をするとこなので、
慢性に移行している五十肩などは、本来治療できません。
専門分野外なので、通っていても良くならなかったと思います。
そもそも、整形外科でレントゲンを撮るように
勧めないことに問題がありますよね。


整形外科で、リハビリの指導は受けていないのですね。
では、リハビリのやり方を補足致します。

まず大きな鏡の前でバンザイをして見ましょう。
左右差があると思います。スタート地点を0°とすると
右は何°...続きを読む

Q肩と腕が痛くて夜何度も起きてしまいます。どうしたらいいでしょうか?

肩と腕が痛くて夜何度も起きてしまいます。どうしたらいいでしょうか?
こんにちは。皆さまのお知恵をいただけますか?
45歳男性です。半年ほど前にたばこをやめました。ついついご飯がおいしくあっというまに4K太りました。
ダイエットを兼ねて先月よりプールで1日2K泳いていました。
頻度は3日に1回くらいです。
ところが最近夜になって冷えてくると肩と上腕がしくしくと痛くなり
夜何度も起きてしまいます。
筋肉の使いすぎでどこかおかしくなってしまったのでしょうか?
現在ちょっと通うのを止めている状況です。
前に葛根湯を飲んだら多少その時は楽になったような気がしました。

ついては考えられる理由と対処法を教えていただけますか?

ぜひよろしくお願いします。

Aベストアンサー

頸椎椎間板ヘルニア、頚肩腕症候群、四十肩を経験しているだけで
専門家ではありません。

痛みで目が覚めてしまう状態というのは辛いですね。お気持ちお察し致します。
仕事にも影響がでるので早く治したいですよね。

私は頚肩腕症候群では首、肩周囲のコリの強い症状で鍼治療に行きましたが
二度行っても良くならず、近所の整形外科に行きました。

ところが電気針、けん引+鎮痛剤、湿布を二か月ちょっと続けましたが良くならず、
痛みが背中、二の腕へ広がり、手首のしびれも出て薬も効きが悪く、薬が切れると
夜に目が覚めるようになりました。
特に二の腕の中心?部分の痛みが強かったです。

このままだと精神的に参ると思っていたところ、知人の紹介で理学療法士が
自己で行うリハビリ運動の指導に一対一でついてくれる整形外科に変えて良くなりました。

理学療法士に教わった筋肉をほぐし動きなどを良くする運動を毎日家で15分続け、
2週間に一度は医師と療法士に順調にいっているかチェックしてもらうような感じでした。

その間痛みは続いている筈なのですが、痛みがある状態を長く放置するのは
良くない、(対症療法でしかないが)まずは痛みを取りましょうと言われ、
ボルタレンをずっと処方されていました。

この病院には2カ月通いました。(通院回数は5、6回程度)
ある日たまたま薬を飲み忘れて、痛みがなくなっているのに気付き通院終了しました。



40肩はの時は全く肩が上がらなくなり、ちょっとでも動かすと肩の一番とがった辺りに
激痛が走りました。
ボルタレンSRとボルタレンテープを2週間使っただけで自然と治っています。
これは人に聞くと、肩を動かせと言われた人と、動かすなと言われた人がいて
何が一番良いのか分かりませんでした。
ただ我慢強くないので、いずれも私は早いうちに通院しています。

肩の病気もいくつかありますし、それによって対処は違う筈ですが
続く痛みはいつまでも放置するな、という医師の言葉を今も私は守っています。

是非まずは病院にかかられる事をお勧めします。

頸椎椎間板ヘルニア、頚肩腕症候群、四十肩を経験しているだけで
専門家ではありません。

痛みで目が覚めてしまう状態というのは辛いですね。お気持ちお察し致します。
仕事にも影響がでるので早く治したいですよね。

私は頚肩腕症候群では首、肩周囲のコリの強い症状で鍼治療に行きましたが
二度行っても良くならず、近所の整形外科に行きました。

ところが電気針、けん引+鎮痛剤、湿布を二か月ちょっと続けましたが良くならず、
痛みが背中、二の腕へ広がり、手首のしびれも出て薬も効きが悪く、薬が切れる...続きを読む


人気Q&Aランキング