プロが教えるわが家の防犯対策術!

「寄贈」と「贈呈」の言葉の使い分けについてです。

意味はさほど変わらないとは思うのですが

どういう立場で使い分けることができるのか

教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

本 寄贈」に関するQ&A: 総合病院への寄贈本

A 回答 (2件)

「寄贈」は、相手との関係が対等、または、格下。

そして、あるいは、迷惑になってしまう可能性があるもの。例えば、公園内の遊具は、お年寄りの通行の邪魔になる可能性があります。

「贈呈」は、相手が格上、または、尊敬に値する間柄。で、迷惑にはならず、必ず入用なもの。例えば、研究者が先輩教授に贈る場合とか、テーマ対象が同様である同僚に贈る「献本」は、こちらになります。
    • good
    • 28
この回答へのお礼

細かく違いを示してくださり、ありがとうございました!

とても参考になりました。

説明してくださった事柄で何か辞書などの文献で
同じような説明が記されているものはありますか?

お礼日時:2012/06/23 22:24

 寄贈は対人間ではなく、母校、会社、公園、各種団体などにモノを送ること。


ピアノ、記念植樹、公園のベンチ、本などの形が残るもので公共的に使えるようなものです。
贈った人の名前が入るネームプレートなどを貼り付けてもおかしくないようなものです。

 贈呈は対人間で形が残らないもの(食品など)などにも使います。どちらかと言うと、貰う人の栄誉を称える物が多いです。花束の贈呈、形は残りますが優勝杯、○○を1年分贈呈とかですね。

 寄贈の方は贈った人の名誉を称え、贈呈は贈られた人の栄誉を称える感じですね。
 

 
    • good
    • 21
この回答へのお礼

u-jk49さんに続き、細かく教えていただきありがとうございました。

とても参考になりました。

お礼日時:2012/06/23 22:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ご寄贈をいただいております」は正しい日本語ですか?

「ご寄贈をいただいております」は正しい日本語ですか?

先日、取引先から品物をもらいました。
それを社報に載せるのですが、
「ご寄贈をいただいております」は正しい日本語でしょうか?

間違いであれば、正しい日本語をお教えいただけると幸いです。

Aベストアンサー

正しくありません

尊敬語と謙譲語がごっちゃになっています

敬語とは動作の主体が他社の場合、尊敬語を使い
自分や身内の場合は謙譲語を使います

なので「いただく」はもらうの謙譲語です

「ご寄贈」と「寄贈」の丁寧語で尊敬を表すので

なので「ご」がつくのはおかしいです

また「AAから寄贈いただいた」としたばあいは
動作の主体が他者なので「いただく」の謙譲語でへりくだるのはおかしいです


日本語てきには
「寄贈された」が自然かとはおもいます
「される」は「する」の尊敬語であるとともに受身を表しますから

Qのし袋~寄付金の場合

親戚が携わっている福祉施設に寄付金をおくりたいのですが
のし袋は「赤白水引の蝶結び」でいいのでしょうか?
それから表書きは、単なる「寄付」で良いのか「贈呈」とするべきでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。
気になって調べてみると地域性もあったり、寄付先が福祉関連の「施設」というので色々解釈もあるようですが、このサイトでは

「紅白の水引きで蝶結び」でいいようです。

表書きは「御寄付」もしくは「上」(たてまつる)となってます。

http://www.mizuhikiya.com/howto/shugi-kinpuuegaki.html


で、公共事業・福祉施設への金品の場合は「寄贈」
http://www.surugaya.co.jp/kankon/o_kisetu.html

Q贈呈の反対語はなんですか?

贈呈の反対語はなんですか?

Aベストアンサー

受贈です。贈り物を受け取ること。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q寄贈する時の文章の書き方について

うちの会社がアフガニスタンに復興支援としてものを寄贈する予定です。そしてその時に賞状のようなものを付けて寄贈しようと思っているのですが、そういった文章の書き方をご存知の方はいらっしゃいませんでしょうか。

例えば、日本語で「贈呈目録」にあたる英文が思いつきませんし、文章のスタイルもいまいち分かりません。
手紙と同じように最後にregard を付けるものなのでしょうか?などなどとても困っています。


月曜に贈る予定なので、お手数ですが
なるべく早くご回答お願いします。

Aベストアンサー

まず日本の目録の習慣も書式もないので通常は贈呈の理由と品名を書いた手紙を現場で読み上げ封筒に戻して相手に手渡します。

贈呈品には同じ趣旨を書いたPlateを貼ります。贈呈品が小さく現場で手渡すものなら、手紙を読み上げて贈呈品に添えて手渡します。大きくて会場で一緒に渡せない場合は上記のように手紙だけを渡します。手紙には写真を添えたり会場に引き伸ばした写真を飾ったりします。

贈呈の趣旨にそって
In appreciation of xxxxx,we offer this small token
とかone set of xxxxと書き、年月日、贈呈者名を記します。

記念品なら
In commemoration of xxxx, 以下同じ

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q「賜る」と「承る」の違い

辞書を調べても同じような意味のような気がするのですが、「賜る(たまわる)」と「承る(うけたまわる)」の違いって何ですか???

Aベストアンサー

違いを明確にするならば

賜る→「もらう」の謙譲語
承る→「聞く」の謙譲語

と思えばいいと思います。
なので、品物をもらう場合は
「賜る」と言いますが、「承る」とは言いませんね。
でも意見や助言などをもらう(聞く)場合は
どちらも可能ってことです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング