マンガでよめる痔のこと・薬のこと

行政書士の専門学校に行ってますが、変な人ばかりです。特に高齢者が多く、40代以上で資格をとっても意味があるのでしょうか。それともただの遊びなのでしょうか。

また、この資格って全く役に立ちませんよね。行政法とか現実では使わないし、コンサルとかほざいてる輩がいるけど、これ無意味だよね。金になりませんよね。なのに、いい年した老人や馬鹿そうな学生が一発逆転みたいに必死こいて勉強してるけど、合格した後、ハローワークか生活保護になるのが落ちだよね??

そもそも行政書士の分際で法律家とかおかしーでしょ。法学部もでてない、大学出てるかも怪しい奴がわんさかにて、人生の一発逆転みたいになってるけど、こんな資格とっても就職先もなければ、仕事もないよね?


そもそも司法試験に失敗したやつが講師になってもりあがってるけど、実際に行政書士って需要あるの?必要な職業なの?弁護士は司法書士はまだわかるけど、行政書士ってなにwwwリタイアした官僚の老後の仕事くらいのつもりで作ったんでしょ?

なのに、某専門学校で、おっさんとじーさんが必死こいてやってるけど、意味あるんですか。彼らは合格もできない上、合格しても全く意味がないことに気付いてないんですか? 趣味でやるような資格なんですか?くだらない夢物語をおいかけてるアホな人を食い物にしてるのですか?

テスト自体も、行政法とか一般人には全く接点もなく、日常生活で役に立たない知識ばかりですよね。使えるのは民法と会社法くらいだけど、大体、行政法程度の勉強では、法律家なんておろか、法律の5%も勉強したことになりませよね。

なのに専門学校などは誇大広告をして、あたかも人生をやり直せるような甘い言葉をはき、結果、みんなだまされているのでしょうか。司法書士も一緒。司法試験も一緒。

あまりにも趣味程度の行政書士のくだらなさについ真実を書いてしまったが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

まだ資格も取得できていない、まして開業したこともない方がこの資格を


悪く言うのは「酸っぱいブドウ」の寓話そのもので正直、カッコ悪いです。
まず、合格し、開業してから何か意見を言うべきでは?学歴も関係ないで
すよ。中卒で成功しているマンガで著名な方もいますよね?あと、行政法
と一般人の相関性が理解できないということは、言い方は悪いですが「お
子様」です。あなたが生まれた時から行政法と一般人は切っても切れない
関係にあるんですが・・・まあ、公務員の特任と最後の2行だけはそうか
もな、とは思いますけどね・・・
    • good
    • 21

行政書士試験合格証


行政書士試験に合格したことを証明する。
「東京都知事 石原慎太郎」
↑↑
これが欲しいんじゃね?(笑)
(ちなみに、わたくしのは「東京都知事 青島幸男」(笑)(笑))
    • good
    • 2

それで 質問は何ですか? ココは議論や意見交換の場ではありませんよ。


質問者がどう思おうと 人それぞれの自由ですから それに対するコメントもしません。
まあ、あえて回答するなら、質問者が専門学校に行くのは無駄のようですから 直ちに退学しましょう。
    • good
    • 9

言われたいことは受験専門校のやり方が、酷くないかということではないでしょうか。


この資格を持っていれば、人生はバラ色になるぞ、さあ頑張ってみようと煽って、高額教材を売りつける点は、私も「おいおい」と思います。
「おいおい」と云いたい点の一番は「うちで勉強すれば、合格します」と信じ込ませる手口です。
このサプリメントで月に何キロ痩せたという、誇大広告とはこれだというものがありますが、専門学校の広告などは「それって誇大じゃないの」と思うことがあります。

私の姪は「いっちょうやったるぜぇ」とO専門学校に大金を払って税理士に挑戦しましたが、見事挫折してます。
いっちょうやったると言う気にしてしまう「マインドコントロール」をされていたと言います。
合格記を読んで「私でもできる」となり、学校がキチンとフォローしますから大丈夫ですよという、当てにならない言葉を信じてです。
最終合格率を見れば「そうそう受かるものではない」と判りそうなものを「わが学校で学べばその数パーセントに入れる」というセールスはいかんだろうと思います。
あらた有用な時間を「企業の経営戦略に乗せられて」結果挫折し、自信喪失にいたるという人生を歩むわけです。
受験用「要点主義」のテキストなので、実務に通用するものではなく、中途半端に専門用語を知ってるというレベルになります。それはそれで役に立つでしょうけど、中途半端という事実は否定できません。

勉強することは人生では「偉い」ことですが、あんたも偉くなれるよと勉強商材と勉強システムを売りつけ「さあ、頑張ろう」という今の専門学校の宣伝の仕方には「それっておかしくね?」と思います。

合格の暁には、独立開業して「世の中そんなに甘くない」と知るのですが、合格と云う字に「不」をつけたまま、違う人生を送る者の方が圧倒的に多いのが事実です。専門学校にいったからって、その試験に合格するわけじゃないからなと言いたくなるわけです。学校側の「君もできる、一緒に頑張ろう」コールに騙されてはいかんでのです。

「わが校では、それなりに資料を集めて、それなりに受験情報を提供し、学習をしやすいように、貰ったお金に応じてサービスをするが、90%以上の人が不合格になる試験なので、学校に来たら受かるだろうという単細胞レベルだと合格はできませんので、それを承知で入学してください。」
「100人のうちの3人受かったら学校を挙げてお祭り騒ぎになる試験ですから。
 ほとんどの人に期待してるのは合格ではなく、学校にはらうお金ですから、どこにも行くところがないから入学しますって人も受け付けてます。みんなおいでよ。資格をとって人生を豊かにしよう」

こんな学校紹介したら入学者などきませんよね。
    • good
    • 4

先ず、何を質問したいのか意味不明です。

これでは行政書士業務の文書作成に関し不合格です。

私は元行政書士で、当初の顧客はゼロでしたが、初年度から黒字でした。それは、入管専門で、スペイン語(7割)・ポルトガル語(2割)・英語(1割)を駆使したからです。もし、外国語が不自由だったらとても初年度から黒字は無理だったでしょう。また、地元は外国人多住都市という地の利もありました。

質問者は何故行政書士の専門学校に行っているのですか?「くだらない」というのなら学校を即やめることをお勧めします。時間と労力の無駄だからです。

行政書士は自由業ですから努力しない限りだれも経済的に助けてくれません。それを棚に上げて「仕事が無い」「需要が無い」というのは本末転倒です。

顧客と信頼は自分で獲得するものです。行政書士を止める時に殆どの顧客が「止めないで欲しい」と言われたり、外国に住んでいる現在でもメールで翻訳の仕事をくれたり、「信頼」があったからこそだと思っています。
    • good
    • 5

はじめまして


 
 私は、今、サラリーマンです。

 でも、10年前は「行政書士」を開業していました。

 この仕事は(司法書士もそうですが)、顧客が定着するまで

 時間がかかります。 時間と金銭的な余裕があれば、確実に
 
 飛躍的ではないですが、経済的に生活できます。

 父が税理士とか、行政書士事務所で助手をしながら、信頼されて

 顧客が増えてから独立するなど出来ればよいと思います。

 50件ぐらいまで、顧客を持てれば、食べていけます。

 約10年程度かかります。

                      参考まで。
    • good
    • 3

あなたはどのような理由で行政書士の専門学校に行っているのでしょうか?



国家資格者うを目指す人の中には、雇われで稼ぐことが出来ない、いやだという人も多いことでしょう。
年配者であれば、その年配者の過去によっては、それなりに稼ぐことが出来るかもしれません。だって、すでに社会人経験があり、雇われであっても専門的な業務(当事者としての業務・補助者としての業務)の経験があり、若い未経験行政書士よりスタートしやすいのかもしれません。
それに、定年後のことを考えているのかもしれません。収入が半減してもないよりは良いでしょうからね。

お分かりだと思いますが、司法書士には行政書士業務は行うことは出来ません。弁護士はもちろんできますがね。ですので、単純に司法書士>行政書士などとすることは、どうかと思いますね。
司法書士を目指す人が行政書士を取得することも多いですが、行政書士試験を受けなかった司法書士もそれなりにいますね。

私は税理士試験挫折者ですが、現在は会社経営者です。そのため、士業の専門家の人脈を大切にしています。その中には、単独での行政書士事務所もありますが、多くは行政書士法人ですね。行政書士業務を兼業する司法書士事務所や税理士事務所もありますが、私のイメージでは、許認可など行政書士特有の業務については、専業の行政書士事務所か行政書士法人が良いですね。書類の内容・許認可に絡むいろいろな法律のノウハウが兼業などの事務所はレベルが低いことも多いですね。

ただ、行政書士の業務の多くは、素人でも多少勉強できれば出来る業務も多いことでしょうね。それでも、その中でも専門性を高めることも可能です。例をあげれば、建設業や産廃業の許認可ですね。同一のくくりの許認可であっても、専門性のある行政書士だと資料を簡素化しつつ、業種や品目を多く取ることが出来ると思いますからね。

今の世の中、弁護士資格をとっても成功できるとは限らず、行政書士の成功者>弁護士の商売下手のような収入比較になることもありますからね。
ただ、私も行政書士は法律家だとは思っていません。法律家は法曹三者だけでしょう。司法書士を含め、あくまで法律隣接職・関連職でしょうね。業務として扱える法律のみ、その法律についての専門家になるだけですからね。
    • good
    • 3

40代で行政書士取りにきている人が、ハローワーク組ですか?



仕事上、資格がいる会社もあるので、40代全員がハローワーク組でも無いと思います。
高校卒業で、社会保険労務士取ろうと思うと、行政書士取らないと、受けることが出来ないとか、色々あると思いますが。
信託系銀行では、土地建物取引主任、行政書士は必須項目ですが。

別に行政書士になりたい分けでもないでしょ。
個人で事務所開くなら、司法書士も取るはずなので、それの資格試験項目免除狙っている可能性もありますしね。
    • good
    • 5

はじめまして!goo質1美男子、トレフォー56です。


ぶっちゃけ、その学校にいるオッサン共が全員くたばろうと、人生に差し支えないんだから
鮫くんは黙って行政書士になればいいだけだとおもいます。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q40代からでは無意味か…

司法書士資格を取りたいと思っているのですが、今から勉強しても、合格するのは40代になっていると思います。

40代から司法書士資格を取得しても無意味でしょうか?

数年事務所で経験を積んで、独立したいのですが…

Aベストアンサー

ありだと思いますね。

私は30代半ばですが、時間とお金があれば挑戦したいですね。

私自身補助者として税理士業界にいましたので、士業人脈を大切にしています。
私の知っている事務所は、司法書士の随時募集を常にやっていますね。
その事務所で特に仲の良い司法書士から聞きましたが、独立する前に司法書士法人に就職することで、住宅ローンなどを組みやすくし、経験とローンのほとぼりが冷めたころに独立する人が多いため、若手の先生は入れ替わりが多いと言っていましたね。

現在司法書士業界はグレーゾーン金利などの訴訟で賑わっていますが、これから目指すのであれば関係ないでしょう。であれば、今までの経験を生かした特化した法務などもよいと思います。

知っている司法書士法人の代表なんて、資格を多く持っていて、経営ノウハウも持っているため、司法書士法人・土地家屋調査士法人・行政書士法人・測量会社などを運営し、社会保険労務士事務所や弁護士事務所を傘下に置いていますね。さらに介護施設まで立ち上げています。司法書士資格をとっかかりにして多角経営もよいかもしれませんからね。

ただ、年齢からしても、保険は掛けておきましょう。国家資格は絶対合格できるとはいえない試験です。何年も受験し続けて合格できない人も多いですし、1年で合格できるような人もいます。合格できなかったときのことを考えて、定職は失わない方が良いと思いますね。

司法書士であれば、弁護士事務所などで下働きするのも経験ですし、合格後は何とか就職できるのではないですかね。最悪、未経験のまま開業してしまうのもありではないですかね。

ありだと思いますね。

私は30代半ばですが、時間とお金があれば挑戦したいですね。

私自身補助者として税理士業界にいましたので、士業人脈を大切にしています。
私の知っている事務所は、司法書士の随時募集を常にやっていますね。
その事務所で特に仲の良い司法書士から聞きましたが、独立する前に司法書士法人に就職することで、住宅ローンなどを組みやすくし、経験とローンのほとぼりが冷めたころに独立する人が多いため、若手の先生は入れ替わりが多いと言っていましたね。

現在司法書士業界はグレーゾ...続きを読む

Q行政書士になるのはなぜやめておいた方がいい?

 表題のとおりなのですが。
 私は行政書士試験合格者です。しかし、登録はしていません。今後、登録して開業する気もありません。
 許認可の仕事は古参の行政書士が既におさえている状態で新規参入は極めて難しく、入国管理は珍しい外国語ができなければ顧客獲得が難しく、車庫証明は自動車ディーラーがついでにやってしまっているような状況で独立して行政書士事務所を運営するにとても足りないということがわかったからです。
 行政書士会や行政書士会連合会、行政書士政治連盟は商業登記開放や成年後見業務などの獲得を目指して動いているようですが、他士業ががっちりスクラムを組んで行政書士に新規の仕事を与えないよう共闘しているような状況だということも知りました。
 2000年ぐらいを境に、それ以降の新規登録者で急成長している行政書士事務所や行政書士法人は、ほとんどが商業登記を違法に行ったり(非司行為)、法律相談や法的交渉の代理などの業務を行ったり(非弁行為)して市民の法的権利を害するようなことで大きくなったことも知りました。
 新人行政書士に「仕事を教える」として研修費名目でお金を払わせたり、実務マニュアルを売ると売り込みがあったり、宣伝広告のノウハウを教えるという情報商材があったりするいわゆる「ヒヨコ食い」の話もさんざん知らされました。
 挙句の果てには外国人の不法入国の手引を行うものが後を絶たないとして、警察が行政書士会を監視対象にしているという事も知りました。
 資格学校の安くない受講料と、合格までに費やした2年間という時間は、自らの無知が招いた授業料と割り切ることもできます。
 であればこそ、今後、資格学校の「街の法律家」「法廷に立たない弁護士」「扱える書類は10000種以上」「就・転職にも有利」などの謳い文句に踊らされてこの無駄な資格試験を受検する人が出てこないよう、思いとどまれるように折にふれて説得していくことで、自分のできる社会貢献としたいと思っています。
 上記しましたように、行政書士にはならない方がいいという根拠になる事実はたくさん知っています。しかし、ひとことで「ズバッ」と説明する訴求力には欠けていると思うんです。
 「行政書士にはならない方がいい」端的に説明できる方法を、何か教えて下さい。

 表題のとおりなのですが。
 私は行政書士試験合格者です。しかし、登録はしていません。今後、登録して開業する気もありません。
 許認可の仕事は古参の行政書士が既におさえている状態で新規参入は極めて難しく、入国管理は珍しい外国語ができなければ顧客獲得が難しく、車庫証明は自動車ディーラーがついでにやってしまっているような状況で独立して行政書士事務所を運営するにとても足りないということがわかったからです。
 行政書士会や行政書士会連合会、行政書士政治連盟は商業登記開放や成年後見業務...続きを読む

Aベストアンサー

行政書士は独占業務がないから。あっても付随的な業務だから。

この一言に尽きると思います。

私は弁理士試験の受験生時代に行政書士登録をしていました。これは2次試験の選択科目免除のためです。登録中に県の行政書士名簿をもらっていました。そこで分かったのは、行政書士一本でやっている人は圧倒的に少ないってことです。大多数は司法書士か税理士がダブルライセンスとしてもっていました。司法書士は農地法の許可申請のためであり、税理士は建設業の許可申請のためですね。

会社設立を業務にしている行政書士がいますが、登記ができなければ意味がないし、記帳業務をしている行政書士がいますが、税務申告ができなければ意味がない。

Q43歳今から取って役立つ資格と就ける仕事はありますか

20年働いた郵便局を退職することは考えています。民営化に向けた急速な機械化、多様化、銀行化に、頭が付いていけなくなってきたからです。(いままで、郵便局は運送屋お兼ねた低レベルな銀行)
人付き合いも下手で、職場で浮いた存在になっています。

今まで、転職など、考えても見ませんでしたが、2年前に転勤した職場の上司、がどうしても合いません。

40過ぎてても、こんな資格で、こんなことが出来る、そんな仕事はありますか?どなたかアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

失礼ながらこの文面とそのご様子では
職に就ける見通しは薄いと思えます

社会ではあなたが今ついて行けない機械操作よりも
もっと高度なことをその年齢では求められます

質問者様のご年齢からして転職時に求められる素養として
管理職スキルがつきまとうと思えるのですが

私が面接を担当したとして
配属先でレポートの作成指導すら任せられるかどうか
この文面からして期待できません

更にコミュニケーションスキルもないときては
担当部署の職員管理など不可能かと思います

新たに何かを学び職を安定させたいと仰るなら
それは1にも2にもヒューマンコミュニケーション力かと思います
その次に危機管理の能力・学術的素養を学び
プロジェクト運営達成について学べば
転職の可能性が出てくるかと思いますが…

丁度コミュニケーションが成り立っていない方がおられるご様子
ポジティブシンキングでこれを好機とし
その方は天が差し回した学習教材だと思って
その方や他の皆さんと折り合いをうまくつけて
指導的立場に立てるよう自らを昇華させるトレーニングとしては如何でしょうか?
まさに今社会で求められる姿勢はポジティブさですからね

居心地が悪い環境こそ自らを高めるチャンスなのですよ
考えがお甘いように感じてしまうのはなぜでしょうか?

失礼ながらこの文面とそのご様子では
職に就ける見通しは薄いと思えます

社会ではあなたが今ついて行けない機械操作よりも
もっと高度なことをその年齢では求められます

質問者様のご年齢からして転職時に求められる素養として
管理職スキルがつきまとうと思えるのですが

私が面接を担当したとして
配属先でレポートの作成指導すら任せられるかどうか
この文面からして期待できません

更にコミュニケーションスキルもないときては
担当部署の職員管理など不可能かと思います

新たに何かを学...続きを読む

Q45歳です、40歳以上で司法書士試験に合格された方

現在45歳の仕事をもつ主婦、子供なしです。
3年前から司法書士の勉強をしています。
仕事(自営業)が忙しいときなどは1週間位は全く教科書を開くことが出来ないのですが、暇なときは全く仕事がなく、時間は十分にとれる環境です。
でも時々、この年で合格するのだろうか?ただ時間を浪費するだけに終わってしまうのではないか?という考えが頭をもたげ、絶望的な気分になります。
40歳以上で合格された方の、合格した年齢、受験勉強期間を教えて頂きたいとおもいます。

Aベストアンサー

もちろん私も家族を支えるために仕事はしています。ただ、私は休日に集中してやるタイプですので、「平日に何時間勉強している」とはいえません。しかし、時間が取れるのであれば、毎日少しでも法律に触れたほうがいいという事は、言うまでもありません。

それから、時間的制約の話もしましたが、「何年かかってもかまわないから、合格しさえすれば良い」と考えてしまうと、勉強がダラダラしてしまう恐れがあるので、ダラダラが続くようであれば、ある程度時間を区切って「3年で絶対に合格する」等と言うようにした方が効率が上がる場合もあると思います。

とにかく、「合格するまで絶対に諦めない」という「強い信念」と、「あんなに勉強していたあの人が不合格だったから、私など受かるわけが無い」等と言うように、「他人の合格・不合格」や「他人の言動」等で、この勉強を続けるかどうかに関して、絶対に「右往左往」すべきではなく、「合格後に司法書士として活躍する自分」をリアルに思い描いて、ひたすらその夢に向かって信念を持って努力を続けられるかどうか、に「合格」はかかっていると言えると思います。自分に自信を無くしたり、立ち止まってしまっては合格出来ないか、出来ても立ち止まった分だけ合格が遅くなるに過ぎないのだ、と考えます。

もっとも、自分が司法書士等の法律家に不向きでる事に今まで気がつかずに勉強してきたが、「自分が司法書士を目指してきた事そのもの」が間違っていたのでは無いか、等という根本的なことに対する反省までをも否定するつもりは全くありません。ですが、そうでないなら、強い決意を持って、合格するまで頑張るべきだと考えます。

もちろん私も家族を支えるために仕事はしています。ただ、私は休日に集中してやるタイプですので、「平日に何時間勉強している」とはいえません。しかし、時間が取れるのであれば、毎日少しでも法律に触れたほうがいいという事は、言うまでもありません。

それから、時間的制約の話もしましたが、「何年かかってもかまわないから、合格しさえすれば良い」と考えてしまうと、勉強がダラダラしてしまう恐れがあるので、ダラダラが続くようであれば、ある程度時間を区切って「3年で絶対に合格する」等と言うように...続きを読む

Q独学で行政書士の資格をとろうと思っています

独学で行政書士の資格を取ろうと思っています。
専業主婦で1歳児の育児中ですが、1日4~5時間は勉強の時間を取れます。
来年11月に試験を受けたいのですが、今から始めたとして約1年2ヶ月…
自分次第と言うことは承知ですが、1年2ヶ月で資格を取る事は可能ですか?

それと初心者が独学で資格を取るにあたって読んだ方が良い本や、受験する上で必ず必要な本・テキストなどありましたら教えてください。

自分でも探しているのですが、たくさんありすぎてどれがいいのか…
行政書士については全くの無知なので、こんな私でも分かりやすく書かれているのもだとありがたいです。

何個も質問して申し訳ないのですが、今発売されている本やテキストは全て2013年のものです。
私は来年受験するのに2013年のものを購入して大丈夫なのでしょうか?

独学で勉強した方がいましたら、いろいろと教えて欲しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今年試験を受ける予定の者です。

今年の3月くらいから勉強し始めまして、
会社勤めで朝8時~夜9時までは仕事(通勤にかかる時間は片道30分)。
なので、1日2時間程度しか勉強時間はありませんでした。
(でも休日平日関係なく毎日勉強はしました)

で、今はどうかと言うと、「もうちょいで合格ラインが見えるレベル」にきました。
なので、来月はずっと問題解いて仕上げする段階かな、と。

勉強始めは全くの初学者でした。
なので、そもそも「判例で使ってる日本語が意味不明」という状態からのスタート…。
始めの数ヶ月は、「これ、頭に入ってるんだろうか…?」という疑問を抱えたまま、不安でしたがずるずる勉強してた感じです。

ただ、8月ごろから、だんだん「おや、この問題見たことあるわ」って問題が増えてきて、それからは理解力が格段に上がりました。
今では、見覚えのある言葉がたくさん出てきているので、あとは内容をしっかり固めることができれば良いと思ってます。

英語って、海外に留学して日常的に使ってると、3ヶ月もあればぺらぺらになるらしいですね。
それと一緒で、日常的に法律用語を浴びてれば、言葉がすんなり入ってくるようになるんだと思います。

1年2ヶ月もあれば、十分合格できるくらいのレベルになるでしょう。
(来年の試験の3ヶ月前にはもうマスターになれるかもしれません)
一日1時間でもいいから、かならず勉強するようにするルーティン化がカギのような気がしています。
ーーーーーーーーーー
【使用テキスト類】
・LEC合格基本書、ニンテンドーDSソフトの過去問
・フォーサイトの基本コースでDVDのもの ←評判がかなり賛否両論ありますけど、僕は好きですね。おかげでとっかかりが掴めたので
・伊藤塾の一問一答式800とかいう本
・TACの判例集
・行政書士六法
・ユーキャンの過去問集

【エンタメ】
・キャバクラ嬢行政書士の事件簿 っていうiPhoneアプリ ←仕事の内容がわかる、あと面白い
・リーガルハイ(ドラマ) ←弁護士ドラマですが、同じ法律系ってことで そろそろ2が放送されるらしいです
・やる夫で学ぶ行政書士 http://itsolicitor.blog73.fc2.com/blog-entry-27.html
ーーーーーーーーーー


まぁ、僕もそもそもまだ合格すらしてないので、何とも言いがたいですけど。
以上です。
長文回答失礼しました。


頑張ってください。
(僕も頑張ります)

今年試験を受ける予定の者です。

今年の3月くらいから勉強し始めまして、
会社勤めで朝8時~夜9時までは仕事(通勤にかかる時間は片道30分)。
なので、1日2時間程度しか勉強時間はありませんでした。
(でも休日平日関係なく毎日勉強はしました)

で、今はどうかと言うと、「もうちょいで合格ラインが見えるレベル」にきました。
なので、来月はずっと問題解いて仕上げする段階かな、と。

勉強始めは全くの初学者でした。
なので、そもそも「判例で使ってる日本語が意味不明」という状態からのスタート…。
...続きを読む

Q40歳からの資格取得(司法書士)及び就職状況について

司法書士という資格に興味をもっています。
資格取得後の話ですが、40台での就職(それも地方!)状況はどうなのでしょうか?
独立開業は考えておらず、法律関係の事務所勤務希望です。
今までのQ&Aには目を通したつもりです。
とりあえず、合格して地元の司法書士会に履歴書を送れば、法律事務所から連絡がきて何とかなる!という意見があったのですが、それにしても年齢や性別(女)で、難しかったりするものなのでしょうか?
自分の強みとしては、英語がそこそこできる(TOEIC800点)くらいなのですが、これも地方だと余り関係ないものなのでしょうか?
まずは合格するのが先なのですが、資格だけとっても・・・となることは避けたく、情報を求めています。
予備校の説明は、ちょっとバラ色すぎるようで。
実務関係者の正直ベースでのご回答、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>>少なし・・・で、それでも仕事を選ばなければ、なんとか食べてはいける・・・ということなのかな?と。
>>地裁の書記官をやっている友人も、試験の大変さのワリには仕事内容や報酬が報われないという意味
>>で、余りオススメではないと言ってました。

そうですね。
新人は、司法書士の中の資格内資格である簡易裁判所代理権の資格を取って、訴訟やそういう面倒な
債務処理をやる事で活路を見出しています。
ベテランの司法書士は、登記をやった方が効率がいいから、あまりやりたがらない。
低額ねぇ。地域にもよるでしょうが、自己破産で1件20万円前後じゃないですかね。
弁護士が40万円前後でしょうから、まあ半分くらいでしょう。
非効率といっても、近頃はそれ専用のいいソフトもあるし、慣れればどういう事はないみたいですよ。
これからも多重債務や破産は増えるでしょうから、そういう面を開拓していけば、食いっぱぐれはないでしょう。
新人でも1年目から事務員を雇って、羽振りのいいのはいる(^^;)


>>Uターン就職の選択肢として考えているのが甘いんだろうなとは思ってます。

地方というのがどの位の人口の都市かわかりませんが、合格したら開業するのが前提として考えた方がいいでしょう。
質問者さんは女性という事なので、地方では女性司法書士は少ないから、開業してもその点は有利でしょう。
大都市でないのなら、土地家屋調査士・行政書士の資格は取っておいた方がいい。
その資格があれば、登記関係は全部引き受けられますからねぇ。
土地家屋調査士の仕事が来れば、司法書士の1件の単価とは1桁違いますからスポットで来ればボーナス気分になります。


>>司法書士という仕事の喜びややりがいなど、教えていただけたら幸いです。

登記は、誰がやっても結果は同じ。金額が高いか安いかだけ。
依頼者が金を払って、司法書士が当然の報酬をもらうビジネスライクの関係です。

やはり、困っている人を助ける事が喜びになるでしょう。
例えば、法律に無知な人で、悪徳商法にかかってる人を救うとか。
クーリングオフの文章は行政書士でも書けますが、折衝や訴訟は司法書士の分野になります。
簡易裁判所の範囲(140万円迄)の事案は、報酬の関係で弁護士はなかなか引き受けないのでねぇ。
多重債務者も、ワラにもすがりたい気持ちですから、救ってくれた人間には感謝をしますよ。
そういう面では、司法書士の仕事はやりがいがあるでしょう。

後、本当に司法書士に合格しようと思ったら、司法書士の受験指導校は慎重に選ばなければいけません。
勉強をした1年間の時間を損をします。(私の過去ログも参照)
難しくなってますし、合格者の年齢層も若くなってますからね。

いずれにしても、よく考えて結論を出して下さい。
頑張って下さい。

>>少なし・・・で、それでも仕事を選ばなければ、なんとか食べてはいける・・・ということなのかな?と。
>>地裁の書記官をやっている友人も、試験の大変さのワリには仕事内容や報酬が報われないという意味
>>で、余りオススメではないと言ってました。

そうですね。
新人は、司法書士の中の資格内資格である簡易裁判所代理権の資格を取って、訴訟やそういう面倒な
債務処理をやる事で活路を見出しています。
ベテランの司法書士は、登記をやった方が効率がいいから、あまりやりたがらない。
低額ねぇ。...続きを読む

Q行政書士は、具体的にどのような将来が待っているのでしょうか?

行政書士をめざそうとおもっているものです。

ただ、行政書士の仕事内容などはサイトでの情報でわかるのですが、現実的に、行政書士をもっている方々は、資格取得してから長い将来、どのようなふうに生きていくのでしょうか?

私はそういった知識がないので、いわゆる、普通の会社に就職して、勤勉に働いていれば、30代をすぎたころから徐々に給料もあがり、そして60代で退職と、その後は退職金と年金で、シルバー向けのバイトもしながら生きていく・・・という父親のような生き方しかわかりません。。。

行政書士をもつと、やがて独立される方もいるようですが、それは全体で何割くらいの方なんでしょうか?(独立する場合は、社員を使わずに自分ひとりだけで、事務所を作って、成り立つものなのでしょうか?私は仲間集めとか、ひとの先頭に立ってバリバリやるという性格ではないので、自分以外の人間と独立をともにやっていくというのは難しい気がします。)

私はあまり冒険的なことが苦手なので、独立してすべて自分できりもりするよりは、どこかの組織に所属して、サラリーマンのような人生のほうが安心な気がするのですか、その考え方は、行政書士をもつものとして、いいことなんでしょうか?

また、行政書士の資格をもって、そういった仕事のある会社に入ると、月給はどのくらいで、出勤はどのくらいで(いわゆる土日祝日が休みのような形なのでしょうか。それとも、不規則だったり、土日に出勤もあるのでしょうか?平日が休みで、むしろ土日に出勤とかそうゆうことは私は特に気にしないのですが、実際どうなのかが知りたいとおもいます。)

また、一般の会社にあるような出世(役職とか給料があがるとか)はあるのでしょうか?退職年齢や退職金もあるのでしょうか?

多岐にわたった質問で申し訳ありませんが、資格取得前に、やはり将来のビジョンを明確に描いおくべきだとおもいますので、回答でお力をいただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

行政書士をめざそうとおもっているものです。

ただ、行政書士の仕事内容などはサイトでの情報でわかるのですが、現実的に、行政書士をもっている方々は、資格取得してから長い将来、どのようなふうに生きていくのでしょうか?

私はそういった知識がないので、いわゆる、普通の会社に就職して、勤勉に働いていれば、30代をすぎたころから徐々に給料もあがり、そして60代で退職と、その後は退職金と年金で、シルバー向けのバイトもしながら生きていく・・・という父親のような生き方しかわかりません。。...続きを読む

Aベストアンサー

官公庁への許可申請・届けの代理だけではなく内容を証明する書類の作成も業務内容であり、平成20年7月1日から改正行政書士法が施行され、聴聞・弁明手続の代理が明確に位置づけされました。

これにより、行政処分に不服があるときには代理人として行政書士が聴聞・弁明手続を行うことができました。(今までは弁護士のみしか許可されていませんでした。)

聴聞・弁明手続の代理等に関する行政書士法の一部改正について - 日本行政書士会連合会
http://www.gyosei.or.jp/topics/topics_0.html#94

飲食店の営業許可をとっても、お客に直接調理器具を使わせるような店舗(焼き肉屋など)だと保健所からの許可だけではなく、消防署からの許可が必要であり、さらに深夜にお客へアルコール類の提供をするときには、警察から許可が必要です。

このように依頼者から見ると一つの営業をするのにも関わらず日本では複数の法律で規制されていることが大変多いのです。

だから、行政書士は仕事のやり方によってはまだまだ将来性があるものです。

> 行政書士をもつと、やがて独立される方もいるようですが、それは
> 全体で何割くらいの方なんでしょうか?

多分ほとんどですね。
だって、よく考えてみてください。
普通の会社では貴方が担当した仕事で売り上げた金額から経費を引いた金額がそのまま貴方の収入額にはならないはずです。
だからこそ、法律で資格を取らないと業務自体を行うことができない難関である国家資格を取得するのです。

> 独立する場合は、社員を使わずに自分ひとりだけで、事務所を
> 作って、成り立つものなのでしょうか?

それは、仕事量が少なければ仕事の仕方(留守番電話や携帯電話、電子メールなどを活用)で社員を使わなくても事務所は成り立ちます。

> 私はあまり冒険的なことが苦手なので、独立してすべて自分できりも
> りするよりは、どこかの組織に所属して、サラリーマンのような人生
> のほうが安心な気がするのですか、その考え方は、行政書士をもつも
> のとして、いいことなんでしょうか?

せっかく、法律で独占的に業務を行うことが保障されている資格で国家資格を取得したのにも関わらずに、どこかの組織に属するということは、その組織に利益を摂取されるということですが。。

> また、行政書士の資格をもって、そういった仕事のある会社に入る
> と、月給はどのくらいで、出勤はどのくらいで(いわゆる土日祝日が
> 休みのような形なのでしょうか。それとも、不規則だったり、土日に
> 出勤もあるのでしょうか?平日が休みで、むしろ土日に出勤とかそう
> ゆうことは私は特に気にしないのですが、実際どうなのかが知りたい
> とおもいます。)

行政書士事務所に入社すると、月給はかなり安いです。平均16万円位です。理由はその事務所のノウハウを盗んで独立をできないようにするためだと思われます。
休みは、事務所がどの位の顧客を抱えていて一人当りの仕事量によってだと思います。
一般企業もそうですけど、役員は楽しているけど、平社員だけは忙しいのは、同じだと思います。

> また、一般の会社にあるような出世(役職とか給料があがるとか)は
> あるのでしょうか?退職年齢や退職金もあるのでしょうか?

はっきり言ってこういう概念自体がありません。
資格を持っているのにも関わらずに雇われている自体が仕事ができない人間だと行政書士の世界では判断されていますので、出世などの概念も退職年齢も退職金もありません。

まず、行政書士の資格を取ることとご質問者様の人生観と合うか良く考えた方が宜しいかと思います。

官公庁への許可申請・届けの代理だけではなく内容を証明する書類の作成も業務内容であり、平成20年7月1日から改正行政書士法が施行され、聴聞・弁明手続の代理が明確に位置づけされました。

これにより、行政処分に不服があるときには代理人として行政書士が聴聞・弁明手続を行うことができました。(今までは弁護士のみしか許可されていませんでした。)

聴聞・弁明手続の代理等に関する行政書士法の一部改正について - 日本行政書士会連合会
http://www.gyosei.or.jp/topics/topics_0.html#94

飲食店の...続きを読む

Q50代で行政書士として独立できるでしょうか。

将来、50代で会社を辞めて、それまでに行政書士の資格を
とって、独立したいと思っています。
現実的にそのような事は難しいでしょうか?

Aベストアンサー

行政書士だけでははっきり言って難しいと思います。
現在司法書士だけでも自立するのは難しいらしいです。
まあ税理士も一緒ですけど...

知り合いの方は自分が行政士で合同事務所を営み
司法士、測量士、家屋調査士等々を雇い総合的に
みないと客も来ないと言っていたことを思い出します。

あと、No.1さんが言われるように狭き門になっているようです。
一昔前には「奥さんでもとれる行政書士」と言われていたそうですが
人数が増えすぎたことと、時代に呼応し問題も複雑化してきていると
きいたことがあります。

話がそれますが、うちに来ている税理士の卵さん(40代)も、一般の
試験では難しすぎるというか受からないそうなので、大学院に行っています。
無事卒業すれば資格が取得できるからだそうです。

Q行政書士受験、学習時間どれくらい?

これから、行政書士の勉強を開始しようと考えている三十路男です。試験日まで3ヶ月程しかないので、厳しいのは覚悟の上ですが、だいたいどのくらいの時間で合格のメドがたちますか?
こちらは、勉強時間どんなに頑張っても800時間程しか確保できません。法律系の勉強は、ビジネス実務法務検定3級。2級は本日受験。一般教養の学力は、5流大学卒のためほぼ中学生なみです。ご教授下さい!

Aベストアンサー

去年受験しました!
残念ながら一般教養で一問足りず足切りになりましたが、もしあと一問あれば合格だったはずです。
ちなみに27歳、去年は法律初学者でした。(大学は経済学部です)

私の勉強時間は、仕事が定時の6時で終わる会社だったので、会社が終わった後ひたすら勉強でした。
勉強を開始したのが8月末なので、仕事の残業具合によっては充分間に合うと思いますよ。

ちなみに私は一般教養は無視してひたすら法令勉強してました。過去問(10年分)を10回ぐらい解いて、薄めの法令解説集みたいなので赤シートを載せれば重要文言が消える本を買って重要語句を覚え、模試の本(3回分で1500円ぐらいかな)を9,10月にしました。
今年は一般教養をがんばろうと思います。
でも一般教養って勉強したところで点数がボンと上がるわけじゃないから勉強つらいですよね。

これから勉強するなら、7月末まで法令を集中的にマスターして一度模試をやってみてはどうでしょう?それで法令4割一般教養4割取れれば、後2ヶ月あれば法令7割、一般教養5割のラインを越せると思います。


お互いがんばりましょう!

去年受験しました!
残念ながら一般教養で一問足りず足切りになりましたが、もしあと一問あれば合格だったはずです。
ちなみに27歳、去年は法律初学者でした。(大学は経済学部です)

私の勉強時間は、仕事が定時の6時で終わる会社だったので、会社が終わった後ひたすら勉強でした。
勉強を開始したのが8月末なので、仕事の残業具合によっては充分間に合うと思いますよ。

ちなみに私は一般教養は無視してひたすら法令勉強してました。過去問(10年分)を10回ぐらい解いて、薄めの法令解説集みたいな...続きを読む

Q私は、40代後半になりますが、宅建の資格をとれば、私のような年齢でも、

私は、40代後半になりますが、宅建の資格をとれば、私のような年齢でも、関連業界に就職は
できますでしょうか?
ご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

質問者様の今までの職歴が分からないので何とも言えませんが、年齢的に宅建資格だけでは就職は厳しいと思いますよ。

賃貸物件の仲介営業は、若い営業マンが中心で、求人の応募上限年齢が30歳までとなっている場合も多いですし、土地・建物の売買仲介営業は、質問者様くらいの年齢だと実務経験が無いと、これまた厳しいと思います。

住宅販売や大東建設、東建のようなアパート経営提案営業は40代でも採用される可能性はあると思いますが、ノルマも厳しく離職率も高いという話を聞くので、よほど覚悟がないならお勧めはしませんけどね(^_^;)

宅建の資格を取得する事自体は、応募できる仕事が増えたり、少し評価が上がる事もあるので悪いことではありませんが、即就職につながる資格ではないので、過度な期待はしないほうが良いかと思います。

尚、No.1の回答者様が書かれている「名貸し」は違法行為です。
私は不動産関連の仕事をしていますが、まともな不動産業者は、このような行為は行ってはいませんので、勘違いなさいませんようご注意下さい。


人気Q&Aランキング