宜しくお願いします。

私の71歳の父は、年末に人間ドッグの結果で前立腺癌のマーカーが13、2回目16と出、細胞検査で癌が確定しました。
 今、転移がないか、CT、MRI、レントゲン、アイソトープと、検査をしています(仕事もやってます)。

 で、もし、転移がなければ手術することができるのですが、いま、その手術の仕方に、おなかを切らないでやる「腹腔鏡下前立腺癌手術?」というのも最近できるようになったそうで、そちらの方が、体に負担が少ないそうです。
 でも、それができる病院は限られているようで、もし父がそれをやるなら名大付属病院になります。
 が、名大病院のHPには、その手術のことはかかれていないのです。

 で、京大病院のHPにその手術のことが詳しく書いてあったので、手術の概要は分かったのですが…。
 果たして、71歳の父に、その新しい方法の手術の方がいいのか、症例の多い従来のおなかを切るほうがいいのか…。

 それを、いろいろなHPを探って調べているのですが、病院のHPには、失敗例や悪いことは書かないだろうし…。
 もし、そういう病気の方や、実際手術した方をご存知だったり、実際のことが分かるHPをご存知だったら教えていただきないです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

名大に少し関係していたことがあります。



腹腔鏡の手術を受けた患者さんを何人が見てきましたが、
回復が早くて楽そうでした。
全身麻酔の手術は、高齢者の方にはかなり負担です。
麻酔時間が短くなる、術後の経過が早い、というのは、
かなりのメリットだと思います。
ただ、内視鏡の画像だけで手術がされるし、
最近腹腔鏡手術のミスが結構報道されているので、
心配で迷う気持ちも分かります。

主治医がきちんと誠実に、手術のメリット、デメリットを
説明してくれるのであれば、受けられた方がいいと思います。

余談ですが、名大の知り合いの医師が「腹腔鏡は技術がすごく必要で、
こんなに勉強してるのに、利益(手術の値段?)が少なくて
つらい」と言ってました。

お父さんのお体、大事にして下さい。
こんな答えでスミマセン。

この回答への補足

具体的に書かれているので、もう少し知りたいことがあります。私が調べた情報では、腹腔鏡手術は、時間がかかると聞いたけど、腹腔鏡手術の方が、麻酔時間が短くなると書いてありました。
 術後の経過については、調べたことと同じでしたので、麻酔時間のこと、本当はどうなのか疑問に思いました。

補足日時:2004/02/07 08:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
名大に関係したことがある人だったのと、名大の先生が腹腔鏡手術のためにとても努力されていることが分かったので、とても参考になり良かったです。

お礼日時:2004/02/09 10:36

そうそう、横レスで申し訳ありませんが、


>腹腔鏡手術は、時間がかかると聞いたけど、腹腔鏡手術の方が、麻酔時間が短くなる
のことについて、少々。
一口に麻酔時間と言っても、保険上は麻酔ガスの投与開始から麻酔ガスの投与終了までとなってます。つまり、麻酔をかけた後、手術の準備(内視鏡をを用意したり、機械の調整をしたり)に時間がかかれば、その分麻酔時間も長くなります。
また、手術が終わってから麻酔が覚めるまでの時間については、どのような麻酔薬でどのような麻酔管理をしたかによって異なってきます。開腹手術でも、硬膜外麻酔を併用し、それをしっかり効かせて管理すると全身麻酔薬の量が少なくて済みますので結果的に麻酔からの覚醒が早く、麻酔時間は短くなります。逆に、「内視鏡手術は術後の痛みが少ないから」という理由で硬膜外麻酔を併用しないで全身麻酔のみで管理すると、手術中の痛み刺激を抑えるために多くの麻酔薬を必要とし、結果的に麻酔からの覚醒は遅く、麻酔時間も長くなります。
単純に、腹腔鏡だから、開腹だから、どうこうという問題ではありません。

以上、先ずはご参考まで。

この回答への補足

主な内容が手術のことではなく、麻酔のことが中心でした。麻酔のことは、とても分かりやすく書かれてあって、よく分かりました。
 私が本当に知りたいこととは、手術のことを知りたいので、ちょっと物足りないなと思いました。

補足日時:2004/02/08 10:19
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
手術についての情報は、自分が調べて分かった範囲のことが書かれていたのですが、麻酔のことまで書いてくれたので、とても良かったです。

お礼日時:2004/02/09 10:33

一口に「腹腔鏡の手術」と言っても、疾患によって危険性や難易度は様々だと思います。


腹腔鏡手術のなかでは比較的歴史のある胆嚢摘出術では、症例数もかなり多くなり今ではむしろ普通の胆嚢摘出術の方が珍しいくらいですが、少なくとも私の地方の(ま、相当田舎ではありますが)医療機関では、前立腺の内視鏡手術はあまり行われておりません。
当地方でよく行われている腹腔(胸腔)鏡手術は、胆嚢、大腸、肺、腎臓などですが、そのうち胆嚢と大腸に関しては出血量の少なさや術後の回復の早さの点で明らかに通常の手術より内視鏡手術の方が優れていると思います。手術時間についても、最初のうちは相当時間がかかってましたが、最近は技術の向上や機械の改善のためもあってか特に患者さん側に問題がない場合は開腹手術と大きく変わらない時間で終了することもあります(まあ、多少時間がかかる傾向はありますが・・・)。一方腎臓の内視鏡手術については、手術そのものの特殊性もあるのでしょうが、当院のスタッフによる手術の場合、個人的には「まだこれから進歩の余地があるかな?」とも考えてます。
さて、では前立腺の内視鏡手術はどうでしょうか?
その際一番問題になるのは、前立腺の手術はただでさえ出血量が多く(しかも短時間で出血し、手術を早く進めないと止血できない)、一方内視鏡手術では一般に出血量の把握が困難であるという点だと思います。もちろん、経験豊富な術者なら大きな問題はないと思いますが、最悪の場合参考URLに示すような事になりかねない可能性もあるわけです。
私なら、自分の身内が手術をするとなったら、現時点では技術的に確立されている通常の開腹手術をお勧めすると思います。

ご期待に沿えるような直接的な回答ではございませんが、以上先ずはご参考まで・・・。

参考URL:http://www.anesth.or.jp/cgi-bin/news/news_detail …

この回答への補足

「内視鏡手術では、出血量の把握が困難」とかかれているけれど、京大のhpには、「出血が多量と認めれば、すぐに開腹手術に切り替える」とありました。
 ご紹介のあったhpは、慈恵医大の事件のことで、あの事件の問題点は、前立腺癌の腹腔鏡手術ではなく、未熟な研修医に最先端医療をやらせたことが問題であるので、質問とちょっと違ってるので、、、
 ある程度前立腺癌の治療の知識がある医師で、腹腔鏡手術のことも知った上での「身内が手術するなら、開腹手術を勧める」という言葉であるなら、説得力があるなあと思いました。

補足日時:2004/02/08 10:12
    • good
    • 0

腹腔鏡の手術をしました。


お父様とは同じ病気ではありませんが。

おっしゃる通り、おなかを切るよりも大分回復が早いと言われています。
ただ、後々の痛みも私はかなりありました。
体力的にもかなり、きつかったと思います。

私を執刀したのは通っていた病院の主治医ではありませんでした。
大きな病院からドクターがいらして、執刀してもらいました。
(ただ、それを教えられたのは、手術の2日前、同意書の説明を受けている途中でした)

この病院でも過去に腹腔鏡の事故の例があって、裁判中という事は前々から知っていたのですが、いろいろ病院を渡り歩いた末に、ドクターとの相性等もあり、結局、病院を一つにしぼった、という感じです。

腹腔鏡の手術でもそうですが、途中で出血が多くなってしまったり、何か異変がおきた時には開腹をする、と執刀前に告げられました。

名大付属病院で、すでに執刀されるドクターは決まったのでしょうか?

手術はメリット、デメリットが必ず、ついてきます。
ただ、デメリットをどのように小さくするか、もドクターの熱意や手術の腕にもかかってくると思いますので、病院に何度も問い合わせてみてもよいと思いますよ。

この回答への補足

具体的なことがなく、分かりきっていることしかかかれていなかったので、もうちょっと知りたいです

補足日時:2004/02/07 08:50
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
手術についての情報は、自分が調べて分かった範囲でしたが、実際の情報どうもです。

お礼日時:2004/02/09 10:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腎臓結石をお茶等で治した方、体験談を

こんにちは。

40代の夫が人間ドックのエコーでひっかかり、
腎臓結石の疑いがあると言われました。
石らしきものが映ったのだそうです。

現在、自覚症状は全くありません。
でも、この結石がいつか尿路に下りてきた時の激痛を
想像すると怖いし憂鬱です。

近々、泌尿器科の受診を予定していますが、それはそれとして、
皆さんの中に、医療行為を行なわずに腎臓結石をお茶などで
治した経験がおありの方がいらっしゃいましたら、体験談など
お聞かせください。

現在、栄光流石茶の購入を考えていますが、高いので、
「ウロジロガシ茶」「はいせき茶」「しょう石茶」などで
腎臓結石が治った方、或いはそれほどの痛みもなく石が出た方、
或いは他の民間療法で治った方など、何でも構いません。

できるだけ詳しく教えていただけると幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ウロジロガシ茶ではなく、ウラジロガシですね。
この成分が一般の薬に利用されています。水分をたくさん取ることのほうが有効です。
>この結石がいつか尿路に下りてきた時の激痛を
必ずしも激痛でのたうちまわるとは限りません。石の大きさにもよります。
水分を多く飲むのと合わせて、予防食をしておかねばなりません。偏食の人に多いです。食事内容を見直しましょう。結石には2種類あるそうです。
今まで5、6回やっています。場所により病名が違うだけ。無痛血尿も経験しました。4、5日間真っ赤な尿が続くとさすがにまいります。ほとんど漢方薬を処方してもらっています。止血だけですが。

Q大腸癌から肺に癌が転移し医者から多発性転移癌の事 2回 手術しましたが両肺に転移し、しかも肺の中心部

大腸癌から肺に癌が転移し医者から多発性転移癌の事
2回 手術しましたが両肺に転移し、しかも肺の中心部
に癌が多数あるとの事 手術不可能と医者から宣告があり、今の所 抗ガン剤 放射線の治療は受けていません。副作用が怖くて 一歩踏み出せません。
今の所、日常的に痛みも無く 生活をしています。
発症して 2年 経ちます。

Aベストアンサー

私も何時もメキシコの爺ちゃんのご意見を参考にさせて頂いて居ます。
今回メキシコの爺ちゃんの奥様の闘病生活が詳しく分かり、とても参考になりました。抗がん剤は拒否されたのですね。そうして最初45mmの癌が11mmに!
この3年間に何が奥様に起こったのでしょう?

ご質問者の欄に変な質問をして、とても申し訳ありません。しかしそれを聞くことがご質問に取っても良いことだと思います。

私は基本的に副作用や苦痛の生じる癌治療はしない方が良いとの考えです。その副作用や苦痛で寿命がちじまったり癌が大きくなる事があるからです。手術や抗がん剤は避けるべきです。

副作用のないサプリメントや遠赤外線等が良いと思っています。

Q腹腔鏡下筋腫核摘出術と  開腹手術 比較したいのです。

腹腔鏡下筋腫核摘出より、開腹での子宮筋腫の摘出の方が良い、と感じた方、体験談、聞かせて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。体験談でないのをお許しください。m(__)m

腹腔鏡下手術は、患者さんにとっては大変負担が少なく、入院も傷も少なくて済み、良いのは確かなのですが、安全にこの手術を行う為には、医師が熟練してる必要があるのです。

つまり手術が開腹手術より大変難しいという事です。

ですので、病院で「どっちがいいですか?」と言ってくれる場合とお考えください。

実績のない(つまり経験の少ない)病院で、この術式を選ぶのは大変危険です。

Q四ヶ月前 前立腺癌の全摘出手術をしました その時癌の一部が取り残されて

四ヶ月前 前立腺癌の全摘出手術をしました その時癌の一部が取り残されております このまま放置していたとすると 5年の生存率は およそ何パーセントぐらいでしょうか 罹り付けの医師に聞いたのですが 口を濁しております
ごく最近 MRIの検査をしましたが 取り残されていた癌は四ヶ月前とあまり変わりは無いといっております
術後の治療は何もしておりません 放射線療法 内分泌療法 化学療法などがあると聞いて居りますが
何れも 副作用がある との事で あと5年も生きられればと思い 今日に至っております
大変我侭な質問ですが 宜しくお願いします 75歳 男性

Aベストアンサー

数字を知りたい気持ちはわかりますが、術後残存の場合はあまり意味は無いと思います。
100人の術後残存前立腺患者のうち、30人が再発したとしても、相談者さんが30%の確率で再発するとは言えません。もともとの癌の性質、取り残しの程度など、様々な要因に個人差がありますので。

泌尿器科の先生が、PSAの推移は見ておられると思います。
MRIよりも鋭敏に再発を検知できるはずです。
PSAが上昇してから治療をする、という選択肢もあります。

主治医の先生に、どの段階で治療を検討するつもりなのか、もう一度確認してみては如何ですか。

Q腹腔鏡手術。。。卵管形成術。。。

全体的に癒着があり、右側の卵管閉塞

この場合は、腹腔鏡手術になるのでしょうか?
卵管形成術になるのでしょうか?
それとも両方でしょうか?

体験談など聞きたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も前の質問に回答した者です。

腹腔鏡検査は卵管の外から癒着の程度が分かるそうです。
とくに卵管采(卵管の出口あたり)の癒着はわかります。検査の時に卵管疎通性をしらべることが
できますが卵管閉塞を治療することはできません。癒着が、卵管采部分でなければ、また、卵管水腫でなければ卵管の形成手術を先にお勧めだそうです。FTは卵管の中の異常の有無を確認できますし、腹腔鏡にはできない卵管閉塞を治療できます。

と、卵管形成術をして頂いた先生に教わりました。
私が造影をした病院は腹膜鏡も出来る病院でしたが
転院して卵管形成術をされてる所の先生に尋ねてみました。
私も質問者様と同じで2つの選択肢にかなり迷ったもんで…。

『卵管形成術は腹膜鏡には出来ない卵管閉塞を治療できます』って事と保険内と日帰り手術って事と術後6ヶ月は妊娠しやすいって事に簡単になびいてしまった感じです^^;
でも先生に貴方の場合は腹膜鏡より卵管形成術が良いです、と言われたのもありますが。
(ただ、造影時のレントゲン写真と結果の紙を見せただけなんですが)


大事な事ですので担当医または腹膜鏡、卵管形成術をされている施設の先生に相談された方がいいと思います♪

私も前の質問に回答した者です。

腹腔鏡検査は卵管の外から癒着の程度が分かるそうです。
とくに卵管采(卵管の出口あたり)の癒着はわかります。検査の時に卵管疎通性をしらべることが
できますが卵管閉塞を治療することはできません。癒着が、卵管采部分でなければ、また、卵管水腫でなければ卵管の形成手術を先にお勧めだそうです。FTは卵管の中の異常の有無を確認できますし、腹腔鏡にはできない卵管閉塞を治療できます。

と、卵管形成術をして頂いた先生に教わりました。
私が造影をした病院は腹膜...続きを読む

Q肺癌 小細胞癌の末期 腎癌に転移あります。肝臓にも、転移しだしたみたいです。肺の腫瘍は、現在は小さ

肺癌 小細胞癌の末期 腎癌に転移あります。肝臓にも、転移しだしたみたいです。肺の腫瘍は、現在は小さくなっておとなしくしてくれているようですが…。あとどれ位生きられますかね…。レスキュードーズのオプソやフェンタニル 疲れます

Aベストアンサー

医師より末期余命三ヶ月と言い渡されていない場合

小細胞肺癌の末期と診断されてから

どれだけ経過しているか分かりませんが

発覚してから一年前後の寿命とみます

現在動ける状態にあれば

やるべきことがあれば早急にやるのが良いです

Q腹腔鏡手術、術後の経過について

 今度、卵巣のう胞摘出のため、腹腔鏡手術を受けるのですが、病院からは入院期間は4泊5日と言われています。
 そこで、実際に腹腔鏡手術を受けた方に是非、お伺いしたいのですが、海外旅行や軽い運動(水泳、ヨガなど)などが再開できるのは、術後どの程度経ってからでしょうか?
 また、腹部の痛みがなくなるのがどのくらい、お風呂に入れるようになるのがどのくらい、と色々な日常生活でのアクションができるようになるのにどのくらいの日数がかかったか、その他にも手術前には想像もしなかった手術後の不都合など細かいことまで体験談を教えていただけると凄く嬉しいです。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は10日間の入院でした。のう腫が9cmくらいだったので。
傷の痛みは生理痛程度でしたが、腹鏡の手術をするのにお腹に炭酸ガスを入れるのですがそれが肩の付け根や腹膜に入ったのかこむら返りの様な痛さが大変でした。看護婦さんが珍しがってましたけど。。。
手術後、当日は水分が取れず喉の渇きとやはり尿管に刺さった管が辛かったです。
でも麻酔はその前の筋肉弛緩剤で眠ってしまいました(笑)入院前忙しい生活を送り入院中に休養期間に当てると入院生活が楽ですよ。穴は3箇所でした。?へそとのう腫と逆側 1cmとのう腫側 3cmです。翌日からトイレまで点滴しながら歩いてシャワーも浴びました。点滴が数日間続いて管を刺しっぱなしでした。

退院後の生活はちょっと体力が落ちて疲れやすくなりましたが、4泊だったらそれほど大きく変わらないんではないでしょうか。のう腫のできた側の傷口が塞がれば水泳も海外旅行も問題ないと思いますよ~。ヨガは体を延ばすからしばらくは傷が開きそうで怖い感じがします。傷みは半月位で徐々にフェードアウトしていきましたよ。
ただ私はのう腫のできた側の傷跡は感覚がまだあります。

私の手術の後に友達も同じ手術をしたのですが期間も費用も17,8万くらいで同じくらいでした。ただお腹の切り方が私はへその下を縦に切り、友達は横に切っていて、縦のほうが目立たないと思います。あと傷口を友達は縫ってましたが、私はホッチキス程度のものでとめていました。ただ友達は傷が痛いって言ってました。多分個人差だと思います。

傷みは生理痛のヒドいのより全然楽です。笑うとちょっと痛かったです。入院していた病室が子宮や卵巣を摘出する様な自分より重病の人ばかりだったので痛がってもられない!と思わされました。

また術後の再発の話ですが、私はのう腫は原因不明ですから特に何をしたほうがいい、しない方がいい、という事は先生から話はありませんでしたよ。

初めての入院だったら色々不安があると思いますが、
余計な物を取り出すだけなので心配しないで大丈夫ですよ。
気負わずにリラックスして頑張って来てくださいね!

私は10日間の入院でした。のう腫が9cmくらいだったので。
傷の痛みは生理痛程度でしたが、腹鏡の手術をするのにお腹に炭酸ガスを入れるのですがそれが肩の付け根や腹膜に入ったのかこむら返りの様な痛さが大変でした。看護婦さんが珍しがってましたけど。。。
手術後、当日は水分が取れず喉の渇きとやはり尿管に刺さった管が辛かったです。
でも麻酔はその前の筋肉弛緩剤で眠ってしまいました(笑)入院前忙しい生活を送り入院中に休養期間に当てると入院生活が楽ですよ。穴は3箇所でした。?へそとのう腫と...続きを読む

Q前立腺癌の転移

前立腺癌は骨に転移すると聞きました。
骨に転移した癌細胞は内臓にも転移するのでしょうか?

Aベストアンサー

>もし骨に転移後→臓器転移という進行も考えられるということでしょうか?
あり得ます。
前立腺癌の手術後、骨転移で再発し、その後に肺転移が出現した場合。
骨転移から肺に転移した可能性が考えられますし、検査で検出できない微小な転移が以前からあったという可能性も考えられます。
これらはどちらとも言えないので、両方ありうると考えるのが妥当だと思います。

>骨転移とリンパ転移は違うというのも聞いたことがあります。リンパ転移→臓器転移と考えるべきでしょうか?
最初にがんができた部位から他部位へ転移する場合、血管を経由して転移する血行性転移とリンパ管を経由して転移するリンパ行性転移があります。骨転移は血行性転移と言われており、リンパ節への転移はリンパ行性転移と言われています。しかしながら、リンパ管は最終的に血管と合流するために、リンパ行性転移がリンパ節以外に転移しないかと言われれれば、Noとなりますが、臓器転移の主たるものではないと思います。やはり臓器転移は血行性転移が主だと言えます。
それゆえに、厳密に言えば間違いかもしれませんが、「リンパ転移→臓器転移と考えるべきでしょうか?」の問いにはNoとなるでしょう。リンパ(行性)転移はリンパ節転移で、臓器転移は血行性転移と考えるのが主だと思います。
分かりにくい文章ですみません。

>もし骨に転移後→臓器転移という進行も考えられるということでしょうか?
あり得ます。
前立腺癌の手術後、骨転移で再発し、その後に肺転移が出現した場合。
骨転移から肺に転移した可能性が考えられますし、検査で検出できない微小な転移が以前からあったという可能性も考えられます。
これらはどちらとも言えないので、両方ありうると考えるのが妥当だと思います。

>骨転移とリンパ転移は違うというのも聞いたことがあります。リンパ転移→臓器転移と考えるべきでしょうか?
最初にがんができた部位から...続きを読む

Q子宮内膜症による腹腔鏡手術

子宮内膜症による腹腔鏡手術
38歳の兼業主婦です。10代の頃から生理痛に悩まされ28歳で結婚、30歳になったのをきっかけに婦人科の門をたたきました。
生理痛の悩みを解消したかったのですが「症状からして内膜症の疑いはあるかも・・」とだけで、
すぐに不妊検査→不妊治療が始まりました。休み休み治療を続けAIH5回→体外・顕微受精までしましたが、
原因不明の不妊で妊娠する事はありませんでした。

不妊治療を休んで3年。会社の健康診断で胆嚢ポリープを発見し、
経過観察を経て大きくなったので腹腔鏡による胆嚢摘出手術をしました。

その際に婦人科の先生にも立ち会って戴き、子宮の様子を「ついでに」診ていただいたところ、重度の子宮内膜症で癒着がひどく子宮の形も上からではわかりませんでした。
軽い内膜症程度ならその手術で取ってくれるとの事でしたが、今回は何もできませんでした。

片方の卵管は癒着で腸にもぐりこんで機能していないとのこと、腸への癒着もあるかもしれないと。
今まで色んな病院で通気・通水検査・卵管造影など何の問題もなかったのに、ここにきて大変な症状になっていました。

入院中に婦人科外来で子宮鏡をしてもらいましたが、子宮内部に筋腫を発見しました。
この病院から腹腔鏡を専門に扱ってる病院を紹介されて、近いうちに外来を尋ねる予定です。

紹介状には過去の不妊治療の経緯なども書いてくれ、症状として「子宮内の筋腫・ダグラス窩閉塞」とありました。

同じような症状で腹腔鏡手術され、その後妊娠された方はいらっしゃるでしょうか。

不妊治療を休んでから3年、やっと諦めかけてた妊娠にまた淡い期待を膨らませています。
年齢的なこともあるので胆嚢ポリープがもたらしてくれた最後の妊娠チャンスかもしれないと思うと、
ドキドキして眠れない日々が続いています。体験談などあればお聞かせ下さい。
めちゃくちゃな文章になりましたが最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。長くなり申し訳けありません。

子宮内膜症による腹腔鏡手術
38歳の兼業主婦です。10代の頃から生理痛に悩まされ28歳で結婚、30歳になったのをきっかけに婦人科の門をたたきました。
生理痛の悩みを解消したかったのですが「症状からして内膜症の疑いはあるかも・・」とだけで、
すぐに不妊検査→不妊治療が始まりました。休み休み治療を続けAIH5回→体外・顕微受精までしましたが、
原因不明の不妊で妊娠する事はありませんでした。

不妊治療を休んで3年。会社の健康診断で胆嚢ポリープを発見し、
経過観察を経て大きくなったので腹腔鏡による胆...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

ごめんなさい、まんまの経験者ではありませんが、卵管性不妊(キャッチアップ障害)で39歳で体外受精し双子の母になりました。
腹腔鏡手術ができるということは、癒着の程度としては中程度以下と思います。
ですが、片側卵管が機能していないとのこと、もう一方は判りませんが多分に無事ではないでしょうね。
お歳も38歳ということで、筋腫を処置したらできるだけ急いで体外受精(顕微が必要なら顕微を)することをお勧めします。
卵巣の状態が書かれていませんが、チョコはないのでしょうか?チョコがあると採卵もままならないことがありますので、手術なり薬物療法での処置が必要かもしれません。これでも時間的なロスがバカなりませんので、とにかく迷わず進むことです。
筋腫の手術直後の妊娠は危険ですので、とにかく採卵して受精卵を得ておくことを急ぎましょう。凍結保存しておけば、術後の子宮が癒えるのを待っていても時間的なマイナスがありません。
3年前よりも良い結果が出る保証はありませんが、最後のチャンスと仰るなら頑張ってみましょう。

Q前立腺癌・骨に転移とは末期のことですか?

64歳の父が1年前に前立腺癌と言われました。それまで毎年検診を受けていたのですが見つからず、骨まで転移していました。5生率40%と言われショックでした。ホルモンの注射で3年程は数値が下がるけれどまた増えてくると言われながら、注射をしていましたが、1年もたたないうちに0.08まで下がっていた数値が0.5となり先日は10.0を超えていました。注射をやめて様子をみましょうと言う事ですが、もう何の薬もないのでしょうか?本人はまだ痛みを感じていないのがせめてもの救いですが、これからどうなるのか考えると悲しくて怖くて・・。進行が遅い癌と言いますが、骨まで転移していると本当にもう駄目なのでしょうか?

Aベストアンサー

ホルモン療法に効く癌細胞が死んで、効かない癌細胞だけがのこってきているのでしょうか。
転移がある状況では抗がん剤を使うことになるのかもしれません。
放射線治療や手術はあくまで局所療法でしかなく、全身に散らばっている場合には補助的な役割でしかありませんから。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報