5年くらい前からTOEICを年3回くらいづつ受けていますが、リスニングにしろリーディングにしろ、年々難しくなっている気がします。
  特にリーディングのパート7は数年前より明らかに文章が長くなっているし、そこから情報を拾いとる技術もより高度なものが求められていると思います。数年前は設問に対して素直に文中に解答がありましたが、最近は少しひねったような表現で答えが隠れており、そこを読み取らないと正答にたどり着けないようになっています。

 英検にしろTOEICにしろ資格試験は難易度が変化しないから意味があるのであって、受験問題のように年によって難しさが違っていたら意味がないと思いますが、いかがなもんでしょうか。

 最近のTOEICは日本で英語力を図る最もポピュラーな試験になったせいか、問題を作成する側が少し天狗になっているような気がします。以前のように素直な問題にしないと、就職試験を控えた大学生や昇進のかかったビジネスマンなどが可哀想に思います。なんか英語力以外の能力が試されているようで、本来の意義からはずれている気がします。

 みなさんの感想を聞かせていただければ幸いです。
  

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

31・男です。



個人的にはTOEICは受けた事は無いですが、もし
質問者様が仰るように、その年によって難易度が違う
のなら問題ですね。TOEICに限らず他の資格もそう
ですが、資格はその人の能力を客観的に証明する為
のモノですから、その資格の「取得難易度」が年によって
違うのでは、意味がありません。

例えば、IT系の資格の場合は技術が進歩するごとに
問題は改訂されますので、年々難しくなるという事は
あります。そしてそれは仕方のない事です。

ですが、「英語」というのはIT技術の様に「変化」する
ものではないでしょう。変わるとすれば、流行語とか
造語くらいだと思いますから。TOEICの難易度が
変化しても仕方がない事情としては、日本人全体の
英語力が格段に上がった為、満点をとる人間が
増えてしまい、「同じ満点の人間でも英語力に差がある」
という状態になってしまっただけだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただき、ありがとうございます。
やっぱりどう考えてもおかしいですよね。TOIEC対策の本でベストセラーを出版した某英語講師も、「最近のTOEICは問題がひねりすぎている」とラジオで批判していました。
明らかに数年前より長文の長さも難易度も上がったのは事実ですので、数年前と今ではスコアが同じでも雲泥の差だと思います。
資格試験としての体をなしていない事を、受験者一同で声を上げるべきかと思います。

お礼日時:2013/02/02 10:53

質問者様も他の回答者様もご理解されてないようですが、TOEICの採点方法は統計値(偏差値みたいなもの?)によるもので正解率ではありません。

勿論問題の難易度は毎回違います(そもそも難易度を同じにするなど不可能です)が、受験者の英語力が同じであれば結果の点数はほぼ同じです。それは毎回、世界中で膨大な人数が同じテストを受験するからです。

「最近の日本企業がTOEICを偏重してるから主催者が天狗になってる」とか、「テクニックだけで点数を稼ぐ人が増えてるから」とか、全く根拠のない憶測です。TOEICは世界120ヵ国、600万人が同時に受験するテストです。日本がどうしたとか、関係あるはずもないし、テクニックだけで点数が飛躍的に上がるほど甘くはありません。

点数を上げるには地道な努力以外にありません。変な噂に惑わされないで頑張って下さいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。確かに同じ人間が受ければ毎回ほとんど同じスコアになると思います。その意味でTOEICが全く無意味な試験とは思いませんが、明らかに数年前の問題より難易度が増しているのはやはり問題だと思います。今700点の人より過去800点取った人のほうが実力が下という場合も有り得てしまいます。(しかし表面的には700点の人のほうが実力が下だと思われてしまう)
 テクニックが占める割合も相当に大きく、本人の実力が変わらなくてもTOIEC対策をするだけで大幅にスコアアップしてしまいます。2回目に受けた時のほうが初回より一気に100点上がったなんてのはザラにあります。
 まあ英語力を図る上で多少の目安にはなるでしょうが(英語ができない人が800点取れるわけがなくそれなりのスコアしか出ない)、会社も大学も世間一般もTOEIC信仰が過ぎるのではと思います。

お礼日時:2013/02/10 09:30

ほぼ確証のないことなんですが、



「TOEICはある程度はテクニックで問題が解けるため、
それでスコアを上げる受験者が増えてきていて、
その対策として問題を変えてきている」

という情報をどこかで目にしたことがあります。

素直な問題では、英語力ではなくテクニックで解けるということ
なのでしょう。

英語力以外の能力で取れたスコアとなり・・・難しいですね。
100%テクニックだけで取れるスコアかといえば、そうでもないでしょうし。

TOEICがまだまだ未熟な検定試験ということでしょうか。
    • good
    • 0

でも、実際に英語を使う現場では、TOEICどころの騒ぎじゃないですよ。


TOEICは正しい英文だが、実際の仕事や生活でやり取りする英文は正しいものばかりとはいい難いし、スペルミスもある。
外人の喋りもTOEICのようにきれいじゃないし。

TOEICのレベルアップより、TOEICの点数で「英語力や人材としての優秀度を評価」するという、アホ臭い風潮を問題視すべきだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございます。
確かにおっしゃる通りで、私も外国人と話をしていて文法的に明らかに間違っている表現をする人もいますし、字が殴り書きで汚く、とても読めない字を書く人もいます。
現在のTOEIC偏重主義も大いに問題があって、企業は英語力を図るのにTOEICを過信しすぎだと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/01/31 23:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTOEIC885からの勉強法 新形式でのTOEICのスコアが885点(リスニング445、リーディング

TOEIC885からの勉強法

新形式でのTOEICのスコアが885点(リスニング445、リーディング440)です。LRバランスも含めて、数回同じような点数で停滞しています。
約一ヶ月後に次回のテストを控えています。何に焦点を絞って勉強すべきでしょうか?900点台ホルダーの方、いま同じような点数レンジで奮闘されている方、アドバイスをいただけますと幸いです。

Aベストアンサー

#立読み常習者なので、あまりリスニングは練習できてなく、だいたい訓練がリーディングに偏っている。以下も結構リーディング対策に偏っている
#でも、900取れた頃は、実はリスニング470、リーディング430くらいだったんだよな、俺。

900前半が取れるときが出てきた頃は

新TOEIC TEST 900点特急 パート5&6
ISBN-13: 978-4876152575
新TOEIC TEST 900点特急II 究めるパート5
ISBN-13: 978-4023314313

を「論点が見えて」楽になるまでやってたかなあ…。自分がどういうところで落とすのか。900点前後ってのは全分野900点基準を取れるというわけではなく、基準より優秀な部分と基準より劣った部分の平均だからきっとこういう本も役に立つ、と考えつつ、900点以上対象者の教材も積極的に拾おうとしていったかな…基準は「ほとんど解けるから合格」じゃなく「全問正解できたか?」という厳しいものになるだろう。

「ダメージを受けるよ」と予め心の準備をしておくとダメージが軽減・緩和される。「Amazonで高得点者もボロボロな点数になることが普通にあるんだから、きっと自分もボロボロになる。それでも俺は受け入れる」って覚悟を整えてから

全問正解する新TOEIC TEST990点対策
ISBN-13:978-4876152575

に挑んだ。正解不正解と言うか「根拠となる部分は解答の和訳上どれか、和訳に対応する英訳上の部分はどれか、どの情報があれば解けたか」「その部分を自分はどう読んでいたか?」「不正解に出てきた数値等は本来なんの数値や人名だったか」照らし合わせて弱点を埋めたり。まー基本的にリスニングも一緒ですけどね。並行して英検1級の過去問もやっていた気がする。準1級読解満点狙いは少しぬるく感じるかも。

あと問題数が足りないからアレだが、
TOEIC(R) テスト BEYOND 990 超上級リーディング 7つのコアスキル
ISBN-13: 978-4757426566
とかに挑んだり
TOEIC(R)TEST 990点満点リーディング
ISBN-13: 978-4756915054
を一通り読んで、「どういう情報の隠し方があるのか」を知識として知ってみたり…
TOEICテスト究極のゼミPART 5語彙・語法【超上級編】
ISBN-13: 978-4757424999
も自分はあまり真剣に考えなかったかな、一応知識として知っておく、くらいで超上級は900後半でも普通にボロボロだし。

少し難し目の問題セットを解き、問題セットで誤答した問題を集めて統計にして自分の弱点傾向を把握していくようにする。それにあわせてトレーニングが決まる。

他に、おそらく参考にならない、自分特有の癖として、文章を鉛筆で(書かないまでも)なぞり、そのペースに合わせて読んでいたが、意外とこれが遅いことがわかり、出来るだけ視点移動だけで読めるようにしたこともあったかな。

#立読み常習者なので、あまりリスニングは練習できてなく、だいたい訓練がリーディングに偏っている。以下も結構リーディング対策に偏っている
#でも、900取れた頃は、実はリスニング470、リーディング430くらいだったんだよな、俺。

900前半が取れるときが出てきた頃は

新TOEIC TEST 900点特急 パート5&6
ISBN-13: 978-4876152575
新TOEIC TEST 900点特急II 究めるパート5
ISBN-13: 978-4023314313

を「論点が見えて」楽になるまでやってたかなあ…。自分がどういうところで落とすのか。900点前後ってのは全分...続きを読む

QTOEICについて 新TOEICと旧TOEICは、内容がどのように違うのですか?私は2008年にT

TOEICについて

新TOEICと旧TOEICは、内容がどのように違うのですか?私は2008年にTOEICを受けたのが最後になりますが、またTOEICに挑戦しようと考えています。新・旧TOEICの違いを知りたいです。また、難易度も違いますか?

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は、古いものに対して、そんなに詳しいわけではありませんが、ここ半年ぐらいになって再び、TOEICの資料などを読み漁っている状態です。

顕著に違いがあるのは、パート5 の文法の間違い探しがなくなりましたね。
(  )があって、4択に1語ないしは連語を入れるものだけになりました。昔のもの(2000年台)と比較すると、英文の文章の雰囲気が、新しいもののほうが文章が難しく感じるかと思います。

パート6 も同様です。具体的な例文は今挙げられませが、以前は、パターンで解ける問題がもう少し多かったようで、逆に、その設問の全体の時系列を読み取れないと正解にならないような仕組みのものが、多少、混じっているという感じがします。

パート7 は、やはり、一般の長文解釈と同じように、設問から読んで、もとの文章をザッピングして拾っていくようなスタイルにしないと難しいですね。全体に文章が難しくなっているように思います。

QTOEICのリーディング

今TOEICの勉強をしていますが、昨日知り合いに、リーディングでの文法問題はいちいち訳してはいけないと指摘を受けました。
時間が足りなくなるから全て文法で考え、この場合は受身形だから○○、といった感じに解く方が効率がよいとの事です。
私は以前に1回受けてみたのですが、勉強していなかったため、さっぱりわからず終わってしまい、感触すらつかめずの状態でした。
高得点を取っている方は、皆このやり方なのでしょうか?
私は練習問題を解いているとき、いつも訳して考えています。まあそれなりに時間をかけているので、正解率は高いですが、このやり方は本番では通用しないですか?

Aベストアンサー

リーディングは「後ろの問題から順にやれ」とのアドバイスをもらったことがあり、それに従ったらかなり点数が上がりましたね。
根拠は分かりません...

QTOEICのリーディング対策

toeicをまだ受けたことがないのですが、多くの文章にふれるため今ジャパンタイムズの社説集を読んでいます。http://bookclub.japantimes.co.jp/act/Detail.do?id=1257

日本語訳がついていてさらに単語までのっているのでとても勉強がしやすいです。そこで質問なのですが、
(1)toiecにも社説やエッセイをよむことは効果的なのでしょうか?調べてみるとビジネス関連の文章がよくだされるそうですが、なかなか適当なものがみつかりませんのでこれを読んでいるといった感じです。もし力がつくというのであれば
(2)ジャパンタイムズのほかに全訳がのっていて比較的同レベルかそれ以上の素材はあるでしょうか?(ちなみにニューヨークタイムズの全訳があればよいのですが、探してみても見つかりませんでした。)
(3)toeicで高得点を保持している方はどのようなものを読んで力をつけたのでしょうか?
乱文で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>以前、日本語を読まずに大量に多読した事があったのですが、全然力がつきませんでした。今からおもうと読めない部分を飛ばしてわかるところをひろうだけの事をしていたからだと思います。そこで外国語を高速で身につけるためにいろいろ調べたり試行錯誤していくうちで、最初に日本語を読む事は非常に高速に語学力を高める上で大きな武器になるということがわかったのです。(正確には教えてもらったのですが・・)

レベルが高すぎるものを読んだからでは?多読や速読の素材は辞書なしで読んで理解できるレベルのものを早く読むことだと思います。理解できない文章を多く読んでも、おしゃるように身につかないと思います。
理解できないので、日本語訳に頼るということになるのだと思います。

社説は難し過ぎると思います。TOEICの文章はもっと簡単です。普通のニュース、特に日本関連のニュースで背景や内容を理解しているものを読むことをお勧めします。

QTOEIC リーディングについて

3月25日にTOEICを受ける予定なのですが、前回の試験ではリスニング440 リーディング310 で、リーディングを最後まで終わらせることが出来ませんでした。そこで、リーディングで時間が余るような方にお聞きしたいのですが、パート7で設問を読んだ後、本文を全部読んで解答してますか?それとも、設問のキーワードを本文から直接探し出して解答してるのでしょうか?前回、私はパート5などでも、例えば(A)が正解だ、と思っても一応(B)~(D)まで確認してしまいました。自分を信じてどんどん進めておけば良かったのでしょうが・・・。
TOEICについて話す友達がいないので、周りの方がどのようにリーディングで時間を効率良く使っているのか気になりました。
回答頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

リスニングは質問者さんに遠く及びませんが、リーディングはまあまあとれています。

基本的には、余裕を持って終わらせられるくらいに速く読めるようになることだと思います。ただ、あと4日くらいでは間に合いませんので、多少テクニック的な面を少し。

Part5,6は、深く考えずにほとんどカンで回答します。知らない単語は、考えてもわかりません。迷ったら次へ行く。これはTOEICの鉄則じゃないでしょうか。確実だと思ったら、文章全体を読んだりはしません。私の場合は1問約20秒です。TOEIC講座などでも、30秒以上はかけないように指導しているのじゃないでしょうか。

700点台のスコアになってくると、Part7は、時間をかければ解けるものが、けっこう多いのではと思います。でも、全体を読まずに情報だけ抜き取ろうとすると、300前後のスコアしかとれないように思います。

Part7は、私の場合は、まず冒頭の部分や全体をざっと眺めて、新聞記事か、広告か、メールなら誰から誰宛のメールかなどを判断します。それから、設問をざっと見て、何を聞かれているかを頭の隅においた状態で、本文をできるだけ速く読み進めていきます。このとき内容がわからない設問があっても、こだわらず、本文を読んでいきます。途中でわかる設問があれば、すぐに回答します。本文を読み終わった段階で、設問をもう一度読み直して、わからなかったものは回答を探します。しばらく探して回答がわからないものは、とばして次に行きます。最後に時間が余ったら未回答の部分をもう一度考えて、わからないものは、適当にマークします。

それから、最後のダブルパッセージの問題は、基本的に先にやります。読む量が多いですが、設問が5問ずつあるので、これを読まずに回答できないと大きな損をすると思います。

前の方の、文章あたり設問が2つか4つしかないようなものは、文章を読む暇がまったくなくなったとしても、落とすのは2つとか4つだけなわけです。4つの中には、拾い読みで情報を探せるものも1つや2つはありますから、最後に急いで回答するときも進めやすいと思います。

リスニングは質問者さんに遠く及びませんが、リーディングはまあまあとれています。

基本的には、余裕を持って終わらせられるくらいに速く読めるようになることだと思います。ただ、あと4日くらいでは間に合いませんので、多少テクニック的な面を少し。

Part5,6は、深く考えずにほとんどカンで回答します。知らない単語は、考えてもわかりません。迷ったら次へ行く。これはTOEICの鉄則じゃないでしょうか。確実だと思ったら、文章全体を読んだりはしません。私の場合は1問約20秒です。TOEIC講座などでも、30...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報