はじめまして。現在、家を新築中のものです。

先日、エコキュートの配管の様子を見に行ったら、給湯と給水の配管を通すために、基礎に直径10センチほどのコア抜きをされていました。

施主であるこちらには事前に何の相談もなく、コア抜きをされていたことに非常に不快感を覚えました。

建築を依頼してる工務店の担当者には、設備屋が勝手にコア抜きしたのか、それとも工務店側が指示を出したのか、調べてもらっている最中です。

知人からは「コア抜きなんてわりとあることだし、直径10センチぐらいなら問題ない。」と言われましたが、やはり新築で基礎に穴を開けるというのは納得できない思いがあります。主人は「初めからスリーブを入れておけば、穴を開ける必要もなかったのに!」と怒っていました。

そもそも、基礎に10センチものコア抜き(しかも鉄筋が縦横6本ほど切断されている状態)をされて、強度には問題が出ないものなのでしょうか?また、何かそれを補強できるような技術ってあるものでしょうか?

このような工事をされたことで、工務店に対し主人は非常に疑心暗鬼になっており、訴訟を起こそうかとまで言っている状態です。こういう工事についても、訴訟を起こせるものなのでしょうか。

私としてはちゃんとした家に安心して住みたいだけなので、訴訟云々よりも、強度がしっかりしていれば問題ないのですが…。

まとまりのない文章で申し訳ありませんが、どなたかこういったことにお詳しい方、教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

住宅の基礎(布基礎)で100φの穴は 嫌ですね、



しかし 100φで 縦横 6本の鉄筋にヒットとは・・・・あたり良すぎでしょ?

通常立ち上がりの基礎部分の配筋ピッチは150~250ダブル筋だったとしても・・・


いずれにしましても 精々 400~500程度の基礎部分に100mmもの欠損部分を作るのですから

嫌ですよね?

通常は スリーブを入れておき なおかつ構造上問題が有れば補強筋を入れます。

何らかの補強をお願いするのが良いのでは?

たとえば コア貫通をされた部分を 内側に基礎を増し打ちしてもらうとか、

土間と布基礎 両方に刺し筋と云う 後施工の鉄筋を配筋し貫通部分の立ち上がり面と平行に

1m程度 厚みを現在の布基礎のお倍程度になる様に。

まぁ 実際の施工はどうなるかわかりませんが、

高い買い物ですから 此処は譲れないと補強を申し出るべきかと。

http://astamuse.com/ja/published/JP/No/2007023711

写真は ウエブレンと云う 補強筋です。
「新築中の基礎に、コア抜きってどうなんでし」の回答画像8
    • good
    • 4
この回答へのお礼

詳しい写真の添付、ありがとうございました。他に似たような事例の方がいらっしゃったら、参考になると思います。開けてしまったものは仕方がないとして、どのように対処すべきかを具体例で教えてくださって助かりました。工務店ときちんと話し合ってみます。

お礼日時:2013/09/11 22:34

基本的にはコア抜きは行いません。

ただ、基礎には初めから穴や開口部の設置は可能です。その際は補強金を入れたり、コーナー部分から離して入れる等の必要があります。
また、底盤(基礎の床部分)は150mmでシングル背筋か200mmでダブル背筋か等の底盤の強さも合わせてみたいところではあります。さらには、地盤は良好なのか等によっても変形しやすいかは検討する必要はあるかと思います。
建築中の業者の責任事項ではあるので、引渡し時の書類に覚え書きとして基礎のクラックに関して追記をしていただく上で、開口部の内側に補強基礎をつけるのが現実的な解決法かと思います。また、カットされて露出してしまっている鉄筋も錆止めとモルタルで被覆してあげると良いかと思います。
    • good
    • 0

専門家紹介

岩間誠治

職業:建築プロデューサー

"全国で設計を行っています。
ご要望をじっくり伺い、住む方とともに作り上げていく設計を行っています。
ご要望をかなえる事だけではなく、既成概念にとらわれない発想をもとに、想像を超えるご提案をいたします。"

詳しくはこちら

お問い合わせ先

047-427-5402

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

その程度の事でいちいち施主に報告するとかは通常の範囲では考えられません。


一般的なローコスト住宅であれば基礎打ち前にスリーブを入れておくなどと手間のかかる事はしません。
ブレーカーではつったとかならまだしも、コア抜きなど普通に良くある事ですし、全く問題はないと思います。
そこまで神経質に捉えるのなら、初めからご自分の満足するように全て指示すれば良かったのです。

工務店側がどうであろうと、まだ総工費満額を支払ったわけでもなく、もちろん引渡しを受けたわけでもないのに、それでいて訴訟など起こせるはずもありません。
素人の思い込みによる言いがかりは悪質なクレームと捉えられます。
逆に訴訟を起こされる危惧がありえます。
    • good
    • 56

問題があるとかないとかじゃなく


建築基準法で求められている最低限の仕様規定が守られていないことになりますよ。
鉄筋の被り厚も不足することになるので鉄筋の錆が早く発生し、
鉄筋が膨張し、コンクリートの爆裂が発生しやすくなります。
初めから通すスリーブ孔なら適切に補強筋を入れますが、後抜き穴なわけですから補強筋もなしです。
大丈夫であろうがなかろうがそういう問題以前にダメなものはダメなんです。

感覚的に大丈夫と思うのは建物の重さだけで常時かかっている力しか頭にないからです。
地震時に発生する力がイメージできていないから大丈夫だと言うのです。
構造的にはたぶんせん断補強筋を切っちゃったわけですから
地震時に発生するせん断力に抵抗できませんので
地震により一定以上の力が発生すればひびが入り基礎が変形する可能性もあります。
    • good
    • 6

その大きさのコアなら主筋を切断していなければ問題ないとは思いますけど、、、


コア径10cmで鉄筋6本切断がわかりません。
戸建基礎でそんなピッチの配筋見たことないです。
切断面が6カ所で、じつは3本とか?
それともコアを数本抜いて、合計が6本?
    • good
    • 15

木造の基礎の立ち上がりは、逆梁として捉えます。


当然10センチもの開口を後から抜くことは、大きな力が働けばそこから基礎が折れることとなります。
人通穴、通気口共、開口補強と言って配筋するときに鉄筋で補強をしてあります。
まして、後から穴を開けると主筋も切ってしまうことになりますので、当然ダメです。
補強ですが、炭素繊維の補強などもありますが、どこまで補強できるかは業者と話さないと何とも言えません。
とりあえず、工務店には工事をストップさせて、補強方法を考えさせましょう。当然根拠のある補強でないといけませんので、補強の仕様書を出させましょう。(業者の保証も必要かと思います)
    • good
    • 2

基礎に10cmの穴が開いていたって強度には影響はまったくないです。


他にも床下換気口周りなど、たくさん穴が開くと思いますし、たとえスリーブを通してコンクリートを打ったって、そこだけでなく、周囲にも鉄筋はない。
 上の階を支える梁などは別にして、その程度の穴で強度に影響はありません。たとえあったとしても微々たる物です。
 一方、後配管の場合の最大の利点は、機器の設置位置に合わせて正確な位置に穴が開けられます。
 強度はしっかりしていますので、まったく気にする必要はありません。

 私は、今までに3軒ほど建築しましたが・・最長24年しか住んでませんね。・・・

 まあ、気にするほうがおかしいと思いますよ。神経的に参ってはいませんか??。
 家を建てて、壁に絵をかけるために釘を打つのも、床に家具を置いて傷が付くのも、室内で焼肉するのも、神経質に拒否される方がいらっしゃいますが、存分に傷を付けていくのが「暮らす」というものです。もっとおおらかになってください。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。確かに私個人としては、家を建てて住むなら、多少の傷は覚悟の上だし、そんな神経質にならんでも、というご意見ももっともだと思います。ただ、この基礎コア抜きの前にも、色々と問題が出ていたので、主人が神経症のようになってしまってるのも事実です。主人の精神の安定のためにも、工務店にきちんと強度の面で問題がないということの説明を求めたいと思います。

お礼日時:2013/09/11 22:46

コアの影響については知人と同じ意見です。

初めからチャントしておけばと言うご主人の意見も賛同します。工務店の設計図面ミスですね。しかし、穴を開けないと工事が進まないことも事実です。

ミスを許してやる気にはなれないのですか。貴方達はピカピカの家でないと気に入らないのですか。または、これを理由に値引きさせる理論武装をしたくて質問しているのですか。

家のローンの重さが人を異常な心理状態に追い込むものなのです。私も若い時に経験しました。この程度でわめいていては先が思いやられます。家などと言うものは築20年で価値がゼロになるのに、それに執着するのは馬鹿げています。

訴訟は自由ですからやってもよろしいが、分りもせずにやっても弁護士費用を無駄使いし、しかも勝てません。工事は中断して雨ざらしになります。もはやまともな家にはならないでしょうから、大損をすることになります。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。確かに主人は精神的に参っている状態です。基礎のコア抜き以外にも、色々と問題点が重なったもので…。勿論、訴訟を起こして値引きをさせようなんていう気持ちもありません。ただ、主人も回答を読んで、弁護士費用を無駄に使うというのもわかるなあ、と言ってました。今後は工務店とどうしていくかしっかりと話し合っていきます。

お礼日時:2013/09/11 22:39

良くぞ見つけって感じですね



 http://mimizun.com/log/2ch/newsplus/1130957041/


 過去には、やってしまて・・マンション取り壊しとか事例もあります・・・


 私ならな基礎打ち壊しでやり直しですな・・・・


 事前に判っているいる場所ならば・・周囲に補強の配筋を入れるなどししてスリーブや後でコア抜きなどをします
 
 まあ・・・配筋切れば強度が大幅に落ちるわけで・・状態によっては・・基準強度に達しなくなり・・・っのが偶に起きる訳ですな・・・



 ハッキリ言って基礎から全部やり直しですな・・・・・


 私ならば引きとしませんね・・・・


 私は、建築士でないので補強についてはコメントはできません。


 ただ、私がコア抜きをスル時は、事前に配筋探査装置っで確認してお客の許可(確認)を得ます。けどね
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q工務店、塗装業の方!屋根の強度教えてください!

自分の過失で起きた問題なのですが、皆様知恵を貸してください。

屋根の形
切り妻、鉄板瓦棒葺き
築30~40年

経緯。
隣のアパートの屋根に登ってしまいました。(文字道理登って、歩き回っていました。。)
数回登った後、アパートの大家さんに叱責を受け謝りました。
その後、隣の屋根に手をついてしまいました。(屋根の上の物を取る感じでちょっと負荷を掛けてしまいました。)
その時、パキっと音がしました。その音で住人の方が気付き、
再度大家さんから叱責、お詫びでお宅まで伺いました。

その際、パキっと音がしたのが垂木が折れた音だと言われ
検査確認をすると言われました。
もし垂木が折れていた場合、屋根を全面張り替えしなければならないので
80万円の費用請求すると言われました。。。


質問なのですが、

(1)屋根に50キロの人間が乗って歩いた場合垂木は折れる可能性はあるのでしょうか?
今までペンキの塗り替えやアンテナ工事の際、男性が3人位乗っているのを見ているので。。。
職人さんと素人では体重移動のスキルは違うとは思いますが・・。
私も出来るだけ静かに歩いたり、負荷が掛からないように登っていました。

(2)検査の場合、鉄板を一部はがして見ないといけないと言われました。
イメージでは屋根を叩いた音とかで確認するのかと思っていましたが。。

(3)垂木が折れていた場合、全面張り替えが必須だと言われました。
部分張り替えなどはできないのしょうか?

(4)今まで登った際に何かが折れる様な音を聞いた事は無いのですが
それでも垂木が折れている可能性はありますか?
因に、垂木と垂木の間は踏まず、垂木の上だけを歩いていました。

私的にはパキっとした音も鉄板の軋みの音ではないかと思います。
その日は屋根の淵に手を付いただけで垂木には全く触れていません。
しかし、以前に屋根を歩き回ってしまったので検査の際にもしその部分の垂木が折れていたらどうしようと、かなり不安です。。。

本当に軽率な行動をしたと思っています。
折れては居ないとは思うのですが、不安で仕方ないです・・・。
どなたか詳しい方回答よろしくお願いします。

自分の過失で起きた問題なのですが、皆様知恵を貸してください。

屋根の形
切り妻、鉄板瓦棒葺き
築30~40年

経緯。
隣のアパートの屋根に登ってしまいました。(文字道理登って、歩き回っていました。。)
数回登った後、アパートの大家さんに叱責を受け謝りました。
その後、隣の屋根に手をついてしまいました。(屋根の上の物を取る感じでちょっと負荷を掛けてしまいました。)
その時、パキっと音がしました。その音で住人の方が気付き、
再度大家さんから叱責、お詫びでお宅まで伺いました。

その際、...続きを読む

Aベストアンサー

大筋はNO.5の方の言うとおりですが、いかんせん悪意があったわけではないので微罪処分ぐらいでしょう。
(勿論反省は必要です)
問題は損害をいくらかけたかということですが、小屋裏(屋根裏)に入れば被害状況ははっきりします。
専門家に状況を見てもらってから被害状況を判断すれば良いことです。経年劣化ということも考慮されるでしょう。
とりあえず、大家さんには真摯に謝って、自分が迷惑をかけた部分は弁償します。と言っておきましょう。
法外な要求は毅然と断るのも大事です。

Qコア抜きについて

擁壁の上の土留ブロック(D120*W390)上にウッドフェンス(W13000*H1500)を立てようと思っています。
強度を上げるため、まずアルミパイプの40パイ程度ののものを支柱としてブロックにコア抜きをして立て、そのパイプに100*100程度の角材を添え付け固定してフェンスを貼っていこう思ってます。
しかし素人なのでコア抜きというものの経験がありません。振動ドリルなるものを使うのでしょうか?であれば必要な道具名を教えていただけないでしょうか?(できればメーカー/型番等)
また、下記ついても教えていただければ助かります。

1.上記条件では何パイぐらいのパイプが適切なんでしょう?
2.H1500の支柱を立てるには、どれくらいの深さが必要なんでしょう?
3.アルミパイプ自体に強度を出すためパイプにモルタルを流し込もうと思うのですが問題ないでしょうか?

以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

写真みせてもらいました。不動産屋が、本当に、大丈夫(大嘘)というのなら、重要事項説明書に、地震がきても大丈夫。外構も責任を持ちますと1筆書いてもらって、この写真を裏面にでも貼って、割り印を貰ってください。
質問者は素人で解りませんので。。。と。

工法としては、建売や、こういう開発個建て住宅で、実に普通に行われている工法で、ですからブロックを2段しか積まない(積めない)のです。擁壁自身が、無筋擁壁ですからね。一時的に、兎に角、予算が、擁壁まで廻らないので、急遽、格好だけ作っておくという工法です。と、いうか、もっとも、多いタイプかもしれないですが。。つまり、擁壁も基礎から注文なら、外構、擁壁、盛り土地の家の基礎は、もっともお金が掛かって、しかも、見えない部分なので。(大体、1軒で、800万円から1,000万円が不動産屋の儲けなんでね。)。。。で、余談はさておき、ブロック云々の質問者の工法では、擁壁の下の通行人に、壁が落下して死亡事故ってなる危険性は、残念ながら大です。ですから、塀、外構込みで、購入されたら、絶対、重要事項説明書に追加で記入させてください。割印も忘れずにね。

***
で、出来るだけ擁壁に負担をかける、壁は、止めてくださいね。風通しのよい、軽いもの意外は無理です。でどうしても、木調のものが必要でしたら、前に説明しました、縦50センチくらいの20センチ角で、真中に12センチくらいの穴が縦に空いている基礎ブロックが、一番コストが安く、擁壁の内側に穴を掘って入れるというものです。
なお、盛り土で、ブロック2丁分、役40センチ、積む訳なので、基礎として強度があるのは、既設擁壁の下のみですから、穴の深さは、40センチ+50センチ=90センチの穴を掘って、埋めることになります。また、1,500の壁は、控えの引っ張りを1間間隔(1.8m)で入れてください、L字鋼で、加工別注されるのが、安価だと、思われます。建築設計士は、入っていませんか?外構図面は、ありますか?(多分、口頭での発注でしょうけど。)

不動産屋側の設計士がいますから、建物の基礎図面と外構図面と、土地のGLのレベル図面と、雨水排水、U字構図面を貰ってください。後、土地境界杭の位置確認とその図面と写真も。。。で、これらは、不動産屋の料金内なので、無料です。追加料金がほしいというなら、ただし書きをしっかり、相手に書いてもらった領収書と請求書(明細付き)を貰ってください。(工務店名ではなく、不動産屋のです。多分、工務店の領収書しか出さないでしょうが、丙欄と書いて工務店の印の下の欄に不動産屋の印を貰っておいてください。)

擁壁上の壁ですが、完全目くら状で、高さ1,500センチですので、風が強い地域かどうか不明ですし、台風が来るところかどうか、不明なので、具体的、アドバイスは、避けますが、専門家のアドバイスを受け、ブロックにコア抜きなんて、考えないでくださいね。(実務工法としてありえない工法です。)また、この場合の2丁積みブロックは、最低15センチ厚、20センチ厚が、望ましいこと、やはり、D10以上で配筋を必要とすること。擁壁にアンカーを打って、基礎用の挿し筋か、両切りボルトを、立てるのが、必須ですよ。

写真みせてもらいました。不動産屋が、本当に、大丈夫(大嘘)というのなら、重要事項説明書に、地震がきても大丈夫。外構も責任を持ちますと1筆書いてもらって、この写真を裏面にでも貼って、割り印を貰ってください。
質問者は素人で解りませんので。。。と。

工法としては、建売や、こういう開発個建て住宅で、実に普通に行われている工法で、ですからブロックを2段しか積まない(積めない)のです。擁壁自身が、無筋擁壁ですからね。一時的に、兎に角、予算が、擁壁まで廻らないので、急遽、格好だけ作...続きを読む

Qベタ基礎にコア抜きをするのですが鉄筋を切っても問題ないのでしょうか

今新築中なのですが、エコキュートの配管が通る穴が設計図と違っていました。
2メートルほどなのですが、その場所では具合が悪いので元の位置に戻してもらいたいのですが
ベタ基礎に穴を再度開けなければなりません。大工さんに相談した所、元に戻す事に特に移動は問題なく、穴ももう一度開けると言ってもらったのですが鉄筋ごと穴を開けるらしいです。

直径5センチから6センチ程度の穴なのですが何か強度に問題は発生しませんでしょうか。
鉄筋の位置を調べる機械があるようなので簡易的にでも調べてもらってできる限り鉄筋を切らない
ようお願いした方が良いでしょうか・・。

Aベストアンサー

直径50㎜~60㎜程度の開口は開口補強筋は不要ですが
後から鉄筋切っちゃまずいです。
鉄筋探査器あるのだったらしっかり調べてよけて穴開けましょう。
もちろんコアカッターでやるんでしょうね?ただ斫るのはNGですよ。
それとエコキュートの配管なら外壁側に通すのでしょうから
ベタ基礎の底盤ではなく立上りで開けると思います。
これ家の荷重を支える梁ですからね、むやみに穴開けるもんじゃないってことも
お知らせします。
ついでに言うと2m位なら床下で配管引き回せる範囲だと思います、
間違った穴利用して外は外で基礎外周部を引き回すとかの方法も考えては如何?

Q外壁の穴(直径3~4センチ)を塞ぎたい(新築中)。

 新築工事中です。電気工事の際に電気メーターの位置を聞いていたのとはまったく違う場所につけられ、そこが駐車場横の壁で高さも140センチほどのところで、とてもじゃまで不便なので位置は変えられないということなので高いところに直してもらいました。が、元の位置にあいた3~4センチほどの穴が問題となっています。大工さんによると外壁の部分張替えはできない位置だそうで、ヤギリでも飾りにしてつけるか、とのことですが、なにかよい方法 アイデアをお持ちの方、おられませんか。

,

Aベストアンサー

外壁の素材は何ですか。
たとえば、ホームセンターなどで売っている穴埋めキットでどうかという点がひとつあります。
パテ状のもので、乾いたら塗装するような感じです。
http://www.asahipen.jp/merchandise/adhesives/adhesives5_2.html#06

あとは、その穴を四角く切り広げて、埋込式の防水コンセントにしてもらうかです。
これなら電気屋さんだけで対処できます。
メーターの太い電線を移動できたのですから、細いコンセントの配線ぐらい訳なくできるでしょう。

ほかには、やはり矢切か何かでカモフラージュするとか。

Q薪にする細い枝ですが、みなさんは直径5センチ程度の枝は割っていますか??? 開墾している仲間から回っ

薪にする細い枝ですが、みなさんは直径5センチ程度の枝は割っていますか???
開墾している仲間から回ってくる木は細い物が多く、割らなくても二年置いて乾燥するなら、割りたくないなと。。
やはり細くても割らないと乾燥しないでしょうか?
薪ストーブは、ヨツールF500を入れる予定です。

Aベストアンサー

>何年ほど置いて使用しているのですか?使った具合はどうでしょう???
随分使っていますが、特に大きな問題を感じたことはありません。
ただし、乾燥は十分させた方が良いように思います。
乾燥は、2年置くという期間の問題よりも、乾燥した風にさらすことが大事だと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報