はじめまして。現在、家を新築中のものです。

先日、エコキュートの配管の様子を見に行ったら、給湯と給水の配管を通すために、基礎に直径10センチほどのコア抜きをされていました。

施主であるこちらには事前に何の相談もなく、コア抜きをされていたことに非常に不快感を覚えました。

建築を依頼してる工務店の担当者には、設備屋が勝手にコア抜きしたのか、それとも工務店側が指示を出したのか、調べてもらっている最中です。

知人からは「コア抜きなんてわりとあることだし、直径10センチぐらいなら問題ない。」と言われましたが、やはり新築で基礎に穴を開けるというのは納得できない思いがあります。主人は「初めからスリーブを入れておけば、穴を開ける必要もなかったのに!」と怒っていました。

そもそも、基礎に10センチものコア抜き(しかも鉄筋が縦横6本ほど切断されている状態)をされて、強度には問題が出ないものなのでしょうか?また、何かそれを補強できるような技術ってあるものでしょうか?

このような工事をされたことで、工務店に対し主人は非常に疑心暗鬼になっており、訴訟を起こそうかとまで言っている状態です。こういう工事についても、訴訟を起こせるものなのでしょうか。

私としてはちゃんとした家に安心して住みたいだけなので、訴訟云々よりも、強度がしっかりしていれば問題ないのですが…。

まとまりのない文章で申し訳ありませんが、どなたかこういったことにお詳しい方、教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

住宅の基礎(布基礎)で100φの穴は 嫌ですね、



しかし 100φで 縦横 6本の鉄筋にヒットとは・・・・あたり良すぎでしょ?

通常立ち上がりの基礎部分の配筋ピッチは150~250ダブル筋だったとしても・・・


いずれにしましても 精々 400~500程度の基礎部分に100mmもの欠損部分を作るのですから

嫌ですよね?

通常は スリーブを入れておき なおかつ構造上問題が有れば補強筋を入れます。

何らかの補強をお願いするのが良いのでは?

たとえば コア貫通をされた部分を 内側に基礎を増し打ちしてもらうとか、

土間と布基礎 両方に刺し筋と云う 後施工の鉄筋を配筋し貫通部分の立ち上がり面と平行に

1m程度 厚みを現在の布基礎のお倍程度になる様に。

まぁ 実際の施工はどうなるかわかりませんが、

高い買い物ですから 此処は譲れないと補強を申し出るべきかと。

http://astamuse.com/ja/published/JP/No/2007023711

写真は ウエブレンと云う 補強筋です。
「新築中の基礎に、コア抜きってどうなんでし」の回答画像8
    • good
    • 4
この回答へのお礼

詳しい写真の添付、ありがとうございました。他に似たような事例の方がいらっしゃったら、参考になると思います。開けてしまったものは仕方がないとして、どのように対処すべきかを具体例で教えてくださって助かりました。工務店ときちんと話し合ってみます。

お礼日時:2013/09/11 22:34

基本的にはコア抜きは行いません。

ただ、基礎には初めから穴や開口部の設置は可能です。その際は補強金を入れたり、コーナー部分から離して入れる等の必要があります。
また、底盤(基礎の床部分)は150mmでシングル背筋か200mmでダブル背筋か等の底盤の強さも合わせてみたいところではあります。さらには、地盤は良好なのか等によっても変形しやすいかは検討する必要はあるかと思います。
建築中の業者の責任事項ではあるので、引渡し時の書類に覚え書きとして基礎のクラックに関して追記をしていただく上で、開口部の内側に補強基礎をつけるのが現実的な解決法かと思います。また、カットされて露出してしまっている鉄筋も錆止めとモルタルで被覆してあげると良いかと思います。
    • good
    • 0

専門家紹介

岩間誠治

職業:建築プロデューサー

"全国で設計を行っています。
ご要望をじっくり伺い、住む方とともに作り上げていく設計を行っています。
ご要望をかなえる事だけではなく、既成概念にとらわれない発想をもとに、想像を超えるご提案をいたします。"

詳しくはこちら

お問い合わせ先

047-427-5402

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

その程度の事でいちいち施主に報告するとかは通常の範囲では考えられません。


一般的なローコスト住宅であれば基礎打ち前にスリーブを入れておくなどと手間のかかる事はしません。
ブレーカーではつったとかならまだしも、コア抜きなど普通に良くある事ですし、全く問題はないと思います。
そこまで神経質に捉えるのなら、初めからご自分の満足するように全て指示すれば良かったのです。

工務店側がどうであろうと、まだ総工費満額を支払ったわけでもなく、もちろん引渡しを受けたわけでもないのに、それでいて訴訟など起こせるはずもありません。
素人の思い込みによる言いがかりは悪質なクレームと捉えられます。
逆に訴訟を起こされる危惧がありえます。
    • good
    • 58

問題があるとかないとかじゃなく


建築基準法で求められている最低限の仕様規定が守られていないことになりますよ。
鉄筋の被り厚も不足することになるので鉄筋の錆が早く発生し、
鉄筋が膨張し、コンクリートの爆裂が発生しやすくなります。
初めから通すスリーブ孔なら適切に補強筋を入れますが、後抜き穴なわけですから補強筋もなしです。
大丈夫であろうがなかろうがそういう問題以前にダメなものはダメなんです。

感覚的に大丈夫と思うのは建物の重さだけで常時かかっている力しか頭にないからです。
地震時に発生する力がイメージできていないから大丈夫だと言うのです。
構造的にはたぶんせん断補強筋を切っちゃったわけですから
地震時に発生するせん断力に抵抗できませんので
地震により一定以上の力が発生すればひびが入り基礎が変形する可能性もあります。
    • good
    • 6

その大きさのコアなら主筋を切断していなければ問題ないとは思いますけど、、、


コア径10cmで鉄筋6本切断がわかりません。
戸建基礎でそんなピッチの配筋見たことないです。
切断面が6カ所で、じつは3本とか?
それともコアを数本抜いて、合計が6本?
    • good
    • 17

木造の基礎の立ち上がりは、逆梁として捉えます。


当然10センチもの開口を後から抜くことは、大きな力が働けばそこから基礎が折れることとなります。
人通穴、通気口共、開口補強と言って配筋するときに鉄筋で補強をしてあります。
まして、後から穴を開けると主筋も切ってしまうことになりますので、当然ダメです。
補強ですが、炭素繊維の補強などもありますが、どこまで補強できるかは業者と話さないと何とも言えません。
とりあえず、工務店には工事をストップさせて、補強方法を考えさせましょう。当然根拠のある補強でないといけませんので、補強の仕様書を出させましょう。(業者の保証も必要かと思います)
    • good
    • 2

基礎に10cmの穴が開いていたって強度には影響はまったくないです。


他にも床下換気口周りなど、たくさん穴が開くと思いますし、たとえスリーブを通してコンクリートを打ったって、そこだけでなく、周囲にも鉄筋はない。
 上の階を支える梁などは別にして、その程度の穴で強度に影響はありません。たとえあったとしても微々たる物です。
 一方、後配管の場合の最大の利点は、機器の設置位置に合わせて正確な位置に穴が開けられます。
 強度はしっかりしていますので、まったく気にする必要はありません。

 私は、今までに3軒ほど建築しましたが・・最長24年しか住んでませんね。・・・

 まあ、気にするほうがおかしいと思いますよ。神経的に参ってはいませんか??。
 家を建てて、壁に絵をかけるために釘を打つのも、床に家具を置いて傷が付くのも、室内で焼肉するのも、神経質に拒否される方がいらっしゃいますが、存分に傷を付けていくのが「暮らす」というものです。もっとおおらかになってください。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。確かに私個人としては、家を建てて住むなら、多少の傷は覚悟の上だし、そんな神経質にならんでも、というご意見ももっともだと思います。ただ、この基礎コア抜きの前にも、色々と問題が出ていたので、主人が神経症のようになってしまってるのも事実です。主人の精神の安定のためにも、工務店にきちんと強度の面で問題がないということの説明を求めたいと思います。

お礼日時:2013/09/11 22:46

コアの影響については知人と同じ意見です。

初めからチャントしておけばと言うご主人の意見も賛同します。工務店の設計図面ミスですね。しかし、穴を開けないと工事が進まないことも事実です。

ミスを許してやる気にはなれないのですか。貴方達はピカピカの家でないと気に入らないのですか。または、これを理由に値引きさせる理論武装をしたくて質問しているのですか。

家のローンの重さが人を異常な心理状態に追い込むものなのです。私も若い時に経験しました。この程度でわめいていては先が思いやられます。家などと言うものは築20年で価値がゼロになるのに、それに執着するのは馬鹿げています。

訴訟は自由ですからやってもよろしいが、分りもせずにやっても弁護士費用を無駄使いし、しかも勝てません。工事は中断して雨ざらしになります。もはやまともな家にはならないでしょうから、大損をすることになります。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。確かに主人は精神的に参っている状態です。基礎のコア抜き以外にも、色々と問題点が重なったもので…。勿論、訴訟を起こして値引きをさせようなんていう気持ちもありません。ただ、主人も回答を読んで、弁護士費用を無駄に使うというのもわかるなあ、と言ってました。今後は工務店とどうしていくかしっかりと話し合っていきます。

お礼日時:2013/09/11 22:39

良くぞ見つけって感じですね



 http://mimizun.com/log/2ch/newsplus/1130957041/


 過去には、やってしまて・・マンション取り壊しとか事例もあります・・・


 私ならな基礎打ち壊しでやり直しですな・・・・


 事前に判っているいる場所ならば・・周囲に補強の配筋を入れるなどししてスリーブや後でコア抜きなどをします
 
 まあ・・・配筋切れば強度が大幅に落ちるわけで・・状態によっては・・基準強度に達しなくなり・・・っのが偶に起きる訳ですな・・・



 ハッキリ言って基礎から全部やり直しですな・・・・・


 私ならば引きとしませんね・・・・


 私は、建築士でないので補強についてはコメントはできません。


 ただ、私がコア抜きをスル時は、事前に配筋探査装置っで確認してお客の許可(確認)を得ます。けどね
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパソコン購入を考えてます。 簡単な動画編集をするのにi7の2コアとi5の4コアではどちらが良いのでし

パソコン購入を考えてます。
簡単な動画編集をするのにi7の2コアとi5の4コアではどちらが良いのでしょうか?

Aベストアンサー

恐らく、ノートパソコンの CPU だと思いますが、2コアの Core i7 と 4コアの Core i5 の比較をされているのではないかと想像しています。最新の CPU で例を挙げて比較してみましょう。

ここで使うのは PassMark と言うもので、独自のベンチマークテストを公開し、サンプルを沢山収集・集計して比較しています。→ https://www.cpubenchmark.net/cpu_list.php
Intel Core i7-6600U 2.6/3.4GHz 2コア/4スレッド TDP 15W スコア=4,749
Intel Core i5-6440HQ 2.6/3.5GHz 4コア TDP 45W スコア=6,390

上記のように、最新のもでのあれば、2コアの Core i7 より4コア のCore i5 が性能が高いといえます。また、実コアが多い方がマルチタスク・マルチスレッドには有利です。ハイパースレッティングで疑似4コアあったとしても、Core i7 より Core i5 の実4コアの方が性能が高いでしょう。

また、2コアの Core i7 は TDP 15W と低く抑えられており、モバイル用に特化した CPU と言えます。4コアの Core i5 は TDP が45W と大きく、その分バッテリの持ちは悪くなります。この辺りのバランスで、2コアの Core i7 にするか、4コアの Core i5 にするかになると思います。動作編集がメインなら、外に持ち出す機会は少ないでしょうから、性能の高い Core i5 が良いという結論になると思います。

勿論、4コアの Core i7 の方が性能が高いのは、当然です。
Intel Core i7-6770HQ 2.6/3.5GHz 4コア/8スレッド TDP 45W スコア=9,532

恐らく、ノートパソコンの CPU だと思いますが、2コアの Core i7 と 4コアの Core i5 の比較をされているのではないかと想像しています。最新の CPU で例を挙げて比較してみましょう。

ここで使うのは PassMark と言うもので、独自のベンチマークテストを公開し、サンプルを沢山収集・集計して比較しています。→ https://www.cpubenchmark.net/cpu_list.php
Intel Core i7-6600U 2.6/3.4GHz 2コア/4スレッド TDP 15W スコア=4,749
Intel Core i5-6440HQ 2.6/3.5GHz 4コア TDP 45W スコア=6,390

上記のよう...続きを読む

Q新築から35年住んだ家を解体し、現在新築中なんですが、間借り先の一人住まいの父親から、ここに一緒に住

新築から35年住んだ家を解体し、現在新築中なんですが、間借り先の一人住まいの父親から、ここに一緒に住んでくれないかと言われました。1ヶ月同居して、父も嫁も気持ちが変わったようです。新築中の売却方法や売却時の税金、また、新築中を売って父家宅の購入など何がベストなのか教えて下さい。

Aベストアンサー

税金面まで気にするなら、『完成前』に買い手を見つけた方がいいね。
建物が完成すれば所有権が発生するし、最初の所有者が質問者となり、それを売却することになる。
短期譲渡になって税金の税率が高くなる。
しかも新築ではなくて、中古(未入居)という扱いになるので、その分価格は下がる。
完成前に買主を見つけて買主が最初の所有者という事にすれば建物分の短期譲渡の税金はかからない。

また、買う側は建売の感覚で購入するだろうけれど、もしも質問者がこの建物を発注する際に自分たちの“こだわり”を取り入れていたら、買い手にとってはそれがマイナス鳴る場合も。
建築を依頼した会社が建売もやっている会社であれば、本件土地の売買契約(売買の予約)を結ぶことで、建築会社はこの土地建物を建売住宅として販売も可能。
・・・協力してくれる会社はあまりいないと思うけれどね。
ダメ元で相談してみるのもいいと思う。

建築会社の協力が得られない場合は、中古住宅(未入居)として売却することになるので、売却を任せる仲介会社を探す。
この案件は取り扱いを間違えると面倒になるので、大手仲介会社の方が無難かな。

建築がどの程度まで進んでいるかにもよるけれど、違約金を払って建築中止するという手もあるよ。
あまり建築が進んでいなければ解体費用も少ない。
更地で売却するか、借地屋月極駐車場にするかなど改めて検討してもいいしね。

税金面まで気にするなら、『完成前』に買い手を見つけた方がいいね。
建物が完成すれば所有権が発生するし、最初の所有者が質問者となり、それを売却することになる。
短期譲渡になって税金の税率が高くなる。
しかも新築ではなくて、中古(未入居)という扱いになるので、その分価格は下がる。
完成前に買主を見つけて買主が最初の所有者という事にすれば建物分の短期譲渡の税金はかからない。

また、買う側は建売の感覚で購入するだろうけれど、もしも質問者がこの建物を発注する際に自分たちの“こだわり”を取...続きを読む

QAMD社製デュアルコアCPU搭載のB5ノートパソコンを購入したいのですが

http://okwave.jp/qa4984183.html で質問した者です。
題名どおりのパソコンを探しているのですが、自宅近くの量販店では見つかりませんでした。(AMD社製デュアルコアCPUと画面サイズ12.1インチにこだわりたいです)
そこで、通販でオーダーメイド(BTOパソコンって言うんですよね?)で購入しようとしてみたのですが、ここでも扱っているサイトは見つけられず…。インテル社製のデュアルコアCPU搭載製品はあるんですが…。

そんな中でも上記のURLに貼ったURLのショップであるにはあったのですが、もうちょっとクロック数の大きい(できれば2.0GHz以上:見栄え的に…)ものが欲しいのです。取扱っている通販サイトを知りませんか?

動機は同じく上記のURLに書いた通り、まことにわがままなものですが皆さんの情報をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ドスパラのA Cressida NBは今までのモデルで
グラボが一番強いようですね。これでも。

CPUが現在のモデルがTL-52で1.6GHz。
デスクトップ用のAThlonx2の周波数換算でも
TLシリーズは速いですね。
DDR2-PC6200 2.4GHz 4600+に対して
DDR2-PC5300 1.6GHzのTL-50の方で 3200+換算です。

TL-66(2.3GHz)やTL-68(2.4GHz)を乗せた人もいる
ようなので、自己責任でCPU換装という手もありま
すね。
しかし、新品のTurion TLシリーズは高過ぎですね。
Turion Ultra ZMシリーズが最近出ていますが、こち
らは能力がTLシリーズよりかなり高そうですが、安い
ですね。これのノートは見たことが無いですね。

自分もAMDですが、レノボのCore2の2.4GHzクラスは
熱処理も上手くて静かという話です。少しグラリと
しますね。

Qベタ基礎にコア抜きをするのですが鉄筋を切っても問題ないのでしょうか

今新築中なのですが、エコキュートの配管が通る穴が設計図と違っていました。
2メートルほどなのですが、その場所では具合が悪いので元の位置に戻してもらいたいのですが
ベタ基礎に穴を再度開けなければなりません。大工さんに相談した所、元に戻す事に特に移動は問題なく、穴ももう一度開けると言ってもらったのですが鉄筋ごと穴を開けるらしいです。

直径5センチから6センチ程度の穴なのですが何か強度に問題は発生しませんでしょうか。
鉄筋の位置を調べる機械があるようなので簡易的にでも調べてもらってできる限り鉄筋を切らない
ようお願いした方が良いでしょうか・・。

Aベストアンサー

直径50㎜~60㎜程度の開口は開口補強筋は不要ですが
後から鉄筋切っちゃまずいです。
鉄筋探査器あるのだったらしっかり調べてよけて穴開けましょう。
もちろんコアカッターでやるんでしょうね?ただ斫るのはNGですよ。
それとエコキュートの配管なら外壁側に通すのでしょうから
ベタ基礎の底盤ではなく立上りで開けると思います。
これ家の荷重を支える梁ですからね、むやみに穴開けるもんじゃないってことも
お知らせします。
ついでに言うと2m位なら床下で配管引き回せる範囲だと思います、
間違った穴利用して外は外で基礎外周部を引き回すとかの方法も考えては如何?

QパソコンのマルチコアCPUについての質問です。

パソコンのマルチコアCPUについての質問です。
新しくi-5のCPUが搭載されたパソコンを購入しました。
マルチコアのCPUは同時並行の作業に強いと聞きますが、
これは例えば大容量のファイルの移動中とか、動画の変換中とか、
本来同時に何かをやらない方が良いとされている作業の最中も使用率が100%にならないうちはほかの事をやって大丈夫という意味でしょうか?
それともやはりそういう操作中は従来のパソコンの常識と同じで同時に何もしない方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

>本来同時に何かをやらない方が良いとされている作業の最中も使用率が100%にならないうちはほかの事をやって大丈夫という意味でしょうか?

そういう意味ですね。
動画変換(エンコード)によってはCPU使用率100%近くになりますが(これ単体で並列処理できる場合が多い)、
ちょっとした作業なら極端に遅くなることはないので同時にしても大丈夫。


>大容量のファイルの移動中

これはどちらかというとHDDの仕事です。(CPU使用率も上がりますが今時のCPUならたいした仕事にならない)
例えば、大容量ファイルを移動中に同一のHDD内で動画キャプチャやTV録画などしようとすると
HDD内の転送速度が間に合わなくてドロップ(録画失敗)する可能性がある。
動画変換や動画編集中もHDD内で動画やキャッシュファイルを読み書きするので
”大容量のファイルの移動中”はなるべくやらない方が良いかもしれません。
物理的にHDDをもう1台追加して別々に作業するなら問題ないです。

Q新築でマイホームを購入、現在基礎工事中です。

地元密着の住宅販売業者からマイホームを購入しました。
ハイグレードな物ではありませんが、庶民の私にとっては非常に高価な買い物です^^;
説明等もはっきりしており、設計やその他諸々には不安材料はないのですが、
先日現地に行ってみたところ、基礎工事が始まり土台はほぼ完成して下水やガスといった配管の基礎が出来上がる段階でした。
ただ、盛土とはいえかなり土が柔らかかったのが気になります。
現場の方に聞いてみると今はこんなものですよと言われましたが、それにしても柔らかすぎじゃないだろうかと感じました。
歩いていると10cm~20cm地面が沈むようなかんじです。
基礎は鉄骨も入って、コンクリートで部屋の区画が分かれてきているかんじです。
基礎工事のこの段階で柔らかいとまずいのでしょうか?
詳しい方にアドバイスをいただければ幸いです。

Aベストアンサー

根切り(基礎の掘削)した残土だと思われます。
粘土質の土なので、ぬかるんでいるのだと思われます。
掘削の後雨が降ればそのような状態になります。
工事としては基礎工事完了後にクラッシャーラン(砂利)などを敷いて工事現場から外に泥を出さないようにすると思います。

地盤調査を実施されたのでしたら、その報告書の説明を求めてください。
報告書には調査結果考察という項目が有りそこに担当者の意見が述べらておりどのような補強が必要か、どのような基礎にすべきかが書かれています。

問題になるとすれば基礎の根切りの状態で路床を痛めていないかどうかです。
雨が降ってどろどろになった状態で工事したとすれば大問題ですが、キチンと転圧して締固め後に工事したのであれば問題ありません。

Qマルチコアのパソコンについて

マルチコア(マルチスレッド)のパソコンはマルチスレッド非対応のソフトを何個か同時に使った時、
自動的に処理を各コアに分散して負荷を低減してくれたりするんでしょうか?

Aベストアンサー

基本的にはその通りです。
が、OSやアプリによっては上手くいかない事もあります。

Q現在、在来の軸組み工法にて新築中です。先日棟上げが完了したところですが

現在、在来の軸組み工法にて新築中です。先日棟上げが完了したところですが、床の合板と壁や柱との取りあい部の施工について、教えてください。

気密性の高い住宅をと考え、こうした個所にはシーリングを施すよう依頼したものの、ハウスメーカからはそこまでする必要はないのではないか、との意見をいただいています。というのも床の仕上げは無垢のパイン材ですが、無垢材が湿気を吸って膨らんだ場合に、壁材に圧がかかるため、そこシーリング剤等で固定するのはお勧めでなく、若干の遊びがあった方が良いのではないか? とのことです。

コーキング剤の原価、手間賃はさほどではなく、ハウスメーカがそうしたものを嫌がってやめるよう提案しているわけでないことは確かと想像されます。

仕様ですが、内壁の充填断熱で、断熱材にはサーモウールを用いることもあり、室内側の透湿シートはあえて施工しません。また剛性床の根太レス工法で、土台・床敷にも立ち会いましたが、断熱材は大引き間に隙間なく充填され、また床板に密着して施工されており、床合板によって床下からの気流止めも問題なく作業されているのは確認済みです。

その上でなお床材と壁・柱の隙間をコーキング仕上げするのが適当か否か、お手数ですがご意見をいただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

現場は大分市で、次世代省エネルギー基準の地域区分ではIV相当です。断熱・気密性の向上に言及すると、ハウスメーカからは、口には出さないものの「大分あたりでそこまで・・・」といったニュアンスが伝わってきます。ただ大分を地場として長年実績を積んできたメーカの意見はそれなりに尊重したいとの思いもあり悩んでいるところです。

現在、在来の軸組み工法にて新築中です。先日棟上げが完了したところですが、床の合板と壁や柱との取りあい部の施工について、教えてください。

気密性の高い住宅をと考え、こうした個所にはシーリングを施すよう依頼したものの、ハウスメーカからはそこまでする必要はないのではないか、との意見をいただいています。というのも床の仕上げは無垢のパイン材ですが、無垢材が湿気を吸って膨らんだ場合に、壁材に圧がかかるため、そこシーリング剤等で固定するのはお勧めでなく、若干の遊びがあった方が良いのでは...続きを読む

Aベストアンサー

その建築会社さんのご商売の邪魔をしそうな感じなので要点だけ。

もし内装仕上げが一般的なクロス仕上げならばその下地プラスターボードの厚みは9.5ミリのものか12.5ミリのものでしょう。それに加えてその部分に貼り付けるはずの幅木の厚みがあります。従って柱外周と床板の離れ1センチ程度は工事が進むにつれてなくなってしまいます。その説明がなかったとすれば「兎も角施主の機嫌を損ねまい」との判断がすべてに優先されたような・・・。
床の幅木や天井回り縁はそんな不陸(不揃い)を隠す役目も負っています。

もう一つ。
コーキング材で隙間を埋めるのにそれが1センチ程度もあるならば白っぽい樹脂製の紐をバックアップ材として使うのが常道です。そうでなければ経年変化でコーキングに大きな亀裂が入ります。しかしここではコーキングを使う意味も薄いのでチェックの必要もないかも知れません。

既に施工してある柱回りのコーキングはそのまま無視して作業を続けても良いはずですが、プラスターボードが打ち付けられるはずの部屋内に面している柱基部はプラスターボードの不陸の元になりそうですから硬化前に削ぎ取る必要があるかも知れません。しかし野縁を柱面の上から打ち付けるスタイルを取っている会社ならその必要もなくなります。

これでご勘弁下さい。一番良い解決法は会社の担当者と気脈を通じ、何でも話せる雰囲気を作っておいて本音を引き出す事です。「他人から聞いた話では・・・」などの言い方はその会社を信用していないと宣言するようなものです。その会社を選んだのはたまたまであってもご質問者さんです。

その建築会社さんのご商売の邪魔をしそうな感じなので要点だけ。

もし内装仕上げが一般的なクロス仕上げならばその下地プラスターボードの厚みは9.5ミリのものか12.5ミリのものでしょう。それに加えてその部分に貼り付けるはずの幅木の厚みがあります。従って柱外周と床板の離れ1センチ程度は工事が進むにつれてなくなってしまいます。その説明がなかったとすれば「兎も角施主の機嫌を損ねまい」との判断がすべてに優先されたような・・・。
床の幅木や天井回り縁はそんな不陸(不揃い)を隠す役目も負っています...続きを読む

QパソコンのCPUのコア数についてです。

パソコンのCPUのコア数についてです。

yahoo知恵袋でも質問してのですが、使いにくいため
こちらでも質問させて頂きます。

yahooにてご回答頂いた方、申し訳ありません。


現在64ビットのPCを購入しようと考えています。

デルのハイエンドワークステーションT7500で
CPUの動作周波数は2GHz以上を考えています。
しかし、動作させたいソフトは2コアまでしか対応しておらず
上記製品のラインナップでは2コアは1.数GHzのCPUしか
選択できません。

そこで、ペンティアムDが出た際に、デュアルコアをシングルコア化
して使用できたと記憶していますが、4コアを2コア化する事は
出来るのでしょうか。

4コアのままでもソフトは動作はしますが、
機能上2コアしか使用しないのでCPUの性能の
50%しか使用しない状態になってしまします。

2.2GHzの4コアの場合、1.1GHzで2コアのCPUを
使っているのと同じ状態になってしまいます。

そのため、2コア化出来ないのか調べております。


よろしくお願いします。

パソコンのCPUのコア数についてです。

yahoo知恵袋でも質問してのですが、使いにくいため
こちらでも質問させて頂きます。

yahooにてご回答頂いた方、申し訳ありません。


現在64ビットのPCを購入しようと考えています。

デルのハイエンドワークステーションT7500で
CPUの動作周波数は2GHz以上を考えています。
しかし、動作させたいソフトは2コアまでしか対応しておらず
上記製品のラインナップでは2コアは1.数GHzのCPUしか
選択できません。

そこで、ペンティアムDが出た際に、デュアル...続きを読む

Aベストアンサー

デュアルコアの2コア中1コアは50%の性能
クアッドコアの4コア中1コアは25%の性能

決してそんなことはありません。
(タスクマネージャの表示はあくまで使用率のパーセンテージ)

1コアしか使わないスーパπの例。
デュアルコアかクアッドコアかの違い以外ほぼ同等のCPU
Core2Duo E6600とCore2Quad Q6600は
104万桁の参考値は両方とも22秒です。

マルチコアの利点は”遅くならない”こと。
確かに2コアしか使わないなら4コア分高速化しませんが、
2コアの余裕が出来てOSの動作はもちろん、
セキュリティソフトなど基本的な常駐ソフトの妨げになりませんし、
他のアプリで処理をさせても遅くなりません(遅くなりにくい)

2コア対応(2スレッド処理対応)アプリを使うなら4コアのCPUの方がよりベターと言えます。

Qはじめまして。先日、HMで新築契約後、インテリア等の打ち合わせをしたの

はじめまして。先日、HMで新築契約後、インテリア等の打ち合わせをしたのですが、居室(リビング、和室、寝室、子供部屋)の照明は見積もりに入っていないと言われ、とてもびっくりしました。HMより契約前に、後から追加費用がかかることはなく、すぐ生活できるような設備が付いている見積もりとのことでした。これって業界では常識なんでしょうか?

Aベストアンサー

>居室(リビング、和室、寝室、子供部屋)の照明は見積もりに入っていないと言われ…

引掛シーリング方式と言って、カチャッとひねるだけで取り付けられる器具は、建物に含まれないことも多々あります。
もちろんすべての HM がそうだということではありませんので、契約する前には確認する必要があるのです。

>すぐ生活できるような設備が付いている見積もりとのことでした…

だから HM の言い分は、お客さんが引っ越ししてくるときに、自分でホームセンターかどこかで買ってきて、カチャッとひねるだけで良いものは、すぐ生活できるうちに入ると言いたいのでしょうね。

まあ納得いかないお気持ちはじゅうぶん分かりますが、取り立てて異様なケースではないようです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報