ネットが遅くてイライラしてない!?

先日公募推薦で小論文の
試験があったのですが、
字数無制限でマスメなしの
紙に横書きで書くことに
なっていました。冊子には
原稿用紙の使い方で書く
といった注意書はなく、
私は何も気にせず段落分けを
せずに文章を書いてしまいました。
明らかに内容や場面の変わる
段落分けをしないと意味の
わからない文章にはなって
いないとは思うのですが、
やはり減点されるでしょうか?
内容などは出題された課題に
沿ったものを書きました。
減点されるとしたらどの位の
減点でしょうか?

とても気になっています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私の入試は小論文でした。



小論文の先生に以前言われたことがあって、
100字以内など字数制限によっては、段落分けをしないほうがいいこともあります。

今回原稿用紙ではなかったということですが、
おそらく、基本的な書き方は特別な指示がない限り、マス目ありと同じではないでしょうか。


下記は小論文採点基準の一例です。

誤字脱字がある1字につき1点減点。
段落始めが1マス空いていない 1マスにより1点減点。

段落分けがない場合は、本来の段落構成で改行が必要な箇所のみの減点。
でも段落構成として不備があり、分けられない場合は全体として大幅減点

しかし、中身が相当であれば、加点があります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小論文 字数指定がある場合の段落分けについて

小論文における字数指定とは、回答者にとってみれば、出題者がどこまでを回答してほしいと考えているか、判断するための重要な材料にあたります。


例えば、
「自由のパラドックスとは何か?50字以内で説明しなさい」

このような質問であれば、50字をギリギリまで活用して回答することと思います。


では
「自由のパラドックスとは何か?100字以内で説明しなさい」
この場合はどうですか?100字の余裕があれば段落分けをしても良いと思いますか?



段落分けをしないことで読み手意識されていない、だから大幅に減点するという採点指針は、納得いきませんね。
もしそんな理論が通るとするならば、
『50字では段落分けはしてはいけない』
『100字では段落を分けろ』
と注釈を付けるべきではないですか??

それを怠って、採点者側の暗黙の了解とやらで、段落分けがされていないことを根拠に減点するなどおかしな話。





(1)~について60字で述べよ
(2)~について40字で述べよ
(3)~について200字で述べよ


同一の問題提示形式を取りながら、字数に差がある場合は上述した問題点が浮き彫りとなる良い例です。
同じように問いかけているのにかたや段落分けが必要でかたや不必要だなんて、不合理極まりない。




あるいは、『字数超過の場合は減点する』という注意書きだけが紙面に記載されている場合は、どうですか?
私が出くわしたケースはまさにこの『一部のみ注意書きパターン』が複合するものでした。
どうしろと?
どこまで出題者の意図を読み取れと言うのか?




おそらくは、
上でも指摘しましたが『読み手を意識した読みやすい答案ならば、段落分けの必要はない』という判断基準が言い渡されるのでしょうね。





回答者は、与えられた問題文に記載されたルールに従ってのみ回答する必要があり、またそれで足りる訳です。
もしそうでなければ、同一の問題文を提示して選抜するという公平な判断基準が、原理的に不公平な判断基準と化することになるからです。
暗黙に段落分けの必要不必要を決めているのは公平?それとも不公平?




…こんな仕組みって、おかしくないですか?




批判でもなんでも回答受け付けてますのでどうぞお気軽に書きこんでくださいませm(_ _)m



※おわかりのように当質問においては段落分けしてます。なぜならば、明示の字数指定条件がないから、です(笑

小論文における字数指定とは、回答者にとってみれば、出題者がどこまでを回答してほしいと考えているか、判断するための重要な材料にあたります。


例えば、
「自由のパラドックスとは何か?50字以内で説明しなさい」

このような質問であれば、50字をギリギリまで活用して回答することと思います。


では
「自由のパラドックスとは何か?100字以内で説明しなさい」
この場合はどうですか?100字の余裕があれば段落分けをしても良いと思いますか?



段落分けをしないことで読み手意識されてい...続きを読む

Aベストアンサー

この「小論文」というのは、大学入試の小論文のことでしょうか?
(大学院入試だと、50字なんて字数制限の問題は出ないでしょうからね。それとも何かの資格試験でしょうか。)
とりあえず、大学入試だと仮定して解答しますね。

「改行するのかどうか」とか「段落の頭を一文字下げるかどうか」というのは、受験生がよく迷うことだと思いますが、
そんなことは迷うだけ無駄だと思いますよ。大学の先生は、そんなところは見ていませんから。

確かに、50字の記述で改行していたり、800字の小論文で段落わけしていなかったら、
「常識がない」と判断されて、減点されるでしょうけれども。

200字ぐらいの「迷うゾーン」であれば、「どっちでもよい」のです。
改行してもしなくても。段落を作っても作らなくても。

だって、そんなことで減点するのは馬鹿馬鹿しいでしょう?
大学教授が自分の教え子として迎えたい学生は、中身のある文章を書ける学生であって、
受験小論文の裏事情を知っている受験生じゃないでしょう、どう考えても。

もっとも、日本全国には何万人という「教授」がいて、その中には見栄と虚勢で生きている馬鹿教授もいるでしょうから、
中には、くだらない採点ルールを設けて不要な減点をしているところもあるかもしれませんが、
まともな大学のまともな教授が試験問題を作っている限り、要は中身のある文章を書きさえすれば、
形式がどうであろうと、正当に評価されますよ。

この「小論文」というのは、大学入試の小論文のことでしょうか?
(大学院入試だと、50字なんて字数制限の問題は出ないでしょうからね。それとも何かの資格試験でしょうか。)
とりあえず、大学入試だと仮定して解答しますね。

「改行するのかどうか」とか「段落の頭を一文字下げるかどうか」というのは、受験生がよく迷うことだと思いますが、
そんなことは迷うだけ無駄だと思いますよ。大学の先生は、そんなところは見ていませんから。

確かに、50字の記述で改行していたり、800字の小論文で段落わけし...続きを読む

Q推薦におちました

先日受けた私大医学部看護科の公募推薦で不合格でした。

部活は文化部だったので、ボランティア活動をしていました。
8月下旬から小論文の勉強を始め
大学のことを調べ尽くし医療の本で知識をつけ
面接も何度もして、万全の状態でした。

推薦自体も
小論文がよく書け面接は、学校案内でお世話になった先生、たまたま私が興味がある分野の先生が相手で。いいたいこと伝えられ、 手応えがよく正直受かってると思ってました。

だけど、小論文はまとまらず面接もダメだった友達が受かりました。この子は剣道部でした。

いつも赤点にならないか瀬戸際の子に 推薦対策をあまりしてなかった子にどうして負けたのか‥
歯がゆい思いでいっぱいです。今でも、自分でもなぜ受かったか分からないと言っているのです。

今日だってテストで
「まじやべぇ欠った欠った」と騒いでました。
努力すればいいでしょとおもってしまいました。。

彼女にあって私に無かったものは何でしょうか?

塾の先生にはコネがあったんじゃないかと言われました。

コネで決まるものなのでしょうか?

先日受けた私大医学部看護科の公募推薦で不合格でした。

部活は文化部だったので、ボランティア活動をしていました。
8月下旬から小論文の勉強を始め
大学のことを調べ尽くし医療の本で知識をつけ
面接も何度もして、万全の状態でした。

推薦自体も
小論文がよく書け面接は、学校案内でお世話になった先生、たまたま私が興味がある分野の先生が相手で。いいたいこと伝えられ、 手応えがよく正直受かってると思ってました。

だけど、小論文はまとまらず面接もダメだった友達が受かりました。この...続きを読む

Aベストアンサー

コネではないと思います。質問者さんがおちたのも、彼女が受かったのも理由があったと感じます。

私は、推薦入試の面接であれば、彼女の方が有利であると感じました。
塾の先生は努力してきた質問者さんを気遣ってそう言ったのではないかと思います。

理由は、まず、指定校推薦ではなく、公募推薦であったことです。
今は看護科はとても人気があります。質問者みたいに、対策している人は沢山いたと思います。
質問者さんは彼女とではなく、同様の対策をしてきた人の中で競らなければいけない状態だったのだと思います。
でも彼女には別の武器がありました。

彼女の武器は、剣道部であったということです。
試験や小論文だけで決まるものではなく、面接があり、受験するのが看護科であるということを考えるとかなり有利です。

運動系、それも武道系の部活というのは、就職にはとても有利だそうです。
就職ではなく、受験ですけれど、看護科を選ぶ時点で、就職に直結するものです。
看護科は体力勝負なところもあります。頭でっかちではだめで、体が動く事が必須です。厳しいこともあるあるし、体育会系でやってこれたというのは、メンタル面の強さもアピールできます。
対策の様に、受験を思い立ってから出来る事でもありません。競争相手は対策組よりは少なかったと思います。

小論文がとんでもなくダメであれば、合格はしないと思います。でも、可のラインに達していれば、他の要素が優れていれば、合格は不思議ではないです。
人柄の面では、真面目に勉強しそうな子も有利ですが、隙があってもエネルギッシュで明るい子も高評価です。

コネではないと思います。質問者さんがおちたのも、彼女が受かったのも理由があったと感じます。

私は、推薦入試の面接であれば、彼女の方が有利であると感じました。
塾の先生は努力してきた質問者さんを気遣ってそう言ったのではないかと思います。

理由は、まず、指定校推薦ではなく、公募推薦であったことです。
今は看護科はとても人気があります。質問者みたいに、対策している人は沢山いたと思います。
質問者さんは彼女とではなく、同様の対策をしてきた人の中で競らなければいけない状態だったのだと思...続きを読む

Q小論文の字数制限には、段落変えの空白も入るのですか?

大学入試における小論文の解答用紙作成についての質問です。

「800字以内で解答せよ」と言われた場合、字数的には795字でも、例えば、400字詰め原稿用紙なら2枚に納まらない場合は違反となるのでしょうか?

つまり、段落変更のために生じてしまう空欄も字数一文字としてカウントしなければならないのでしょうか?

それとも、試験の際に、400字詰め解答用紙が3枚程配られるのでしょうか?

解答用紙は400字詰め原稿用紙なのかは判りませんが、例に取りやすかったので、例に取らせて頂きました。

御回答の方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

空白も字数にカウントされます。
…といいますか、「800字以内で書け」という場合、800字ちょうどのマス目がある原稿用紙を配られ、その枠内で解答することになります。
(少なくとも私が受験した大学はそうでした)
原稿用紙の体裁(文字数と行数)は大学によって異なるので、ある大学の小論文の過去問を解くときなどには、可能であればその大学の解答用紙と同じ体裁の用紙を使った方が良いです。

Q大学の小論文テスト800字の失敗ついて・・・

私は先日、大学の小論文テストを受けてきました。
まだ合否通知はきておりませんが、とても重大なミスをしてしまいました。
小論文800字程度で述べよという解答欄800字の原稿用紙に650字しか埋まらなかったのです。
内容はそこそこいいと思っていますが、これは字数が足りなく落とされる可能性大でしょうか・・・?

すごいパニックに陥っています、とても心配で・・。

Aベストアンサー

小論文添削の仕事をしている者です。
800字という指示に対して650字では、確かに少し短いですね。
一般的には9割以上は書くのが望ましいとされています。
ですが、短いというだけで不合格ということはないと思いますよ。
ただ、減点対象にはなると思います。

つまり
短くても論理展開が的確であったり、内容がテーマに合っていればそれなりの点数はもらえると思います。
その上で、「字数が足りないので減点」、となるのではないでしょうか。

Q大学入試 小論文の字数制限と段落・改行について

大学入試で小論文を受けます。
その際「~~について考えたことを600字以内に書け」という問題だったとします。
解答用紙のマス目が全部で600字分だった時の改行についての質問です。

この時段落に分けて文章を構成し、改行は行うべきなのでしょうか?
改行する場合一段落分の構成を

□私は~~~~という理由で~~~~~
~~~~~~~中略~~~~~~~~
~~~~~~~~と考えます。□□□□
(※□は空白という意味です。)

という風にしてこの空白の□部分は字数にカウントしてもよいのでしょうか?
試験が間近でとても悩んでいます。どうか回答お願いします。

Aベストアンサー

元塾講師です。

 あなたが疑問に感じている字数に関してですが、基本的にカウントしません。また「カウントしてもよいのでしょうか」という文面から推察するに、多くの場合「字数に達しない状況」ではないでしょうか?厳しい書き方になりますが、小論文で合格する人のほとんどが「字数が足りない」状況で、その中からいくらか削除して字数を調整しています。

 いきなり回答用紙に書くなどをしているのであれば忠告になりますが、「全体の字数から、主張内容は○○字、一般論は○○字、根拠は○○字」など、最初全体の構成を考えて、次にパーツの構成や内容を考えます。通常字数が多い場合、主張内容の細かい部分まで言及するか(もしくはしないか)、具体例の数を増減して字数の調整をします。適当に書いて「字数が足りない(多すぎる)」と悩むのは、試験前から(受験勉強の時点で)間違いを犯しています。まだ間に合うので、参考書を買って勉強してください。参考書に書かれていることは、受験生の大多数が知っていることです。合格者であればなおさらその確率は高くなります。そうしたことを知らないのは(使わないとしても)大変不利です。社会は教科書がない受験勉強が考えられないくらい、小論文の参考書は大事なものです。
ご参考までに。

元塾講師です。

 あなたが疑問に感じている字数に関してですが、基本的にカウントしません。また「カウントしてもよいのでしょうか」という文面から推察するに、多くの場合「字数に達しない状況」ではないでしょうか?厳しい書き方になりますが、小論文で合格する人のほとんどが「字数が足りない」状況で、その中からいくらか削除して字数を調整しています。

 いきなり回答用紙に書くなどをしているのであれば忠告になりますが、「全体の字数から、主張内容は○○字、一般論は○○字、根拠は○○字」など、最初全体...続きを読む


人気Q&Aランキング