みなさん、こんにちは。
現在、高校二年生でアメリカの高校に一年間の留学をしています。
そろそろ4ヶ月が経とうとしているのですが、辛いことが山ほどあります。
一番辛いことなのですが、一日にほとんど会話をすることができません。
僕のとっている授業はあまり話す機会が無く、休み時間も5分しか与えられておらず、移動教室をするのに使います。
本当に話すことができるのは、ランチの時くらいですが、みんなの会話が早すぎてまったく入りこむことができません。
そして、挨拶をし合う程度の友達は多くいるのですが、たくさん話し合えたりできるような友達は一人もいません。
僕の学校は車が発達しており、放課後は親が迎えにくるので、みんな遊びません。週末は大量の宿題が出るのでそもそもみんなあまり遊ばないようで、僕はいつも家で退屈しています。
そして、みんな僕に全く興味がないように思えます。
自分で言うのは変ですが、日本にいた頃はすごく人を笑わせるのが得意で、男女共に人気でした。だからこの違いがすごく辛いです。
こんな状況が4ヶ月続いてきて、今までどうすればこの状況を打破することができるのか考え、実行もしてきましたが全て無駄でした。
会話がないことから、英語力は全く進歩していません。(リスニングは少しできるようになりました。)むしろ、できなくなった気がします。
あと半年しかなく、何も成長せず帰ることになってしまうのでは、と不安です。
本当に毎日が辛く、何事にも消極的で、自分に自信がなくなりました。
留学経験者の方も、そうでない方もアドバイスを頂ければ幸いです。
回答よろしくお願いします。
(暇だったので英語バージョンも書きました。このひどい英語から成長の無さが伝わるかと思います。。。)

Hello, everyone.
I'm a junior, and I'm studying in an American school as an exchange student.
About 4 months have passed since I came here, but I have lots of hard things.
The hardest thing is that I don't have conversation at all. My taking classes doesn't give us the opportunity to speak, and also we have only five minutes break between classes, but we spend in moving a classroom.
I can talk in lunch, but conversation is too fast to understand, so I can't get into it. I have bunch of friends that greets me, but I don't have any friends that I can talk to a lot.
My school is developed cars, and parents pick students up after school, which means there's no way we can hang out.
On weekends, stupid teachers give us a lot of hw, so basically everyone seems not to hang out. I'm always bored at home.
And apparently, everyone is not interested in me. It's kinda weird to say that, but I was very good at making people smile, and I was literally popular with both boys and girls. So the difference from this situation makes me really sad.
This situation has continued for as many as 4 months, and I've always worked out how to get over it, and carried out, but that was just for nothing.
Since I don't have conversation, my English hasn't improved at all.(I'm being able to kinda listen though) On the contrary, I feel like my English has declined…
I have only 6 months till going home, and I'm really afraid that I end up going home without any improvements.
I'm having a really hard time everyday and not proactive about anything, and I've lost confidence in myself.
I would like you guys to advise me, no matter if you have studied abroad or not.
Thanks for your time.
(I was literally bored, so that's why I wrote this English version. Maybe you can tell how terrible my English is...)

A 回答 (8件)

こんにちは。


アメリカの大学に1年間交換留学をした経験がある者です。
私も留学中は質問者様同様、本当に辛くて辛くて一刻も日本に早く帰りたくて仕方がなかったです。(唯一違うのは周りに結構日本人がいたので、外人の友達はいなくても日本人の友達とは話す機会が多々あったことかと思います。)

質問者様のおっしゃる通り、挨拶程度をする外人の友達は割とたくさんいましたが、仲が良いかと言われると違うし一緒に遊びに行ったりとかはまずありませんでした。
一緒に遊びに行っても結局は、外人の中に1人日本人がいても話題にもついていけないし英語にもついていけないんですよね。
そして自分にはみんな興味がないという。
授業は授業で、ネイティブのスピードで進んでいくので何をやっているのかがさっぱりでした。
日本人の友達とばかり話していたので英語を喋る機会がなく、英語を喋ると言えば店で買い物やオーダーをする時、もしくは日本に興味を持ってくれている外人と喋る時のみで日本で楽しく遊んでいる友達を見ると、留学なんかしなければ良かったと毎日後悔していました。

その時は自分は日本人なんだからできなくて当然だと割り切って諦めて乗り切りました。
いずれにしてもただ存在していれば時間は過ぎていくわけですし、期間も決められた留学だったので。
留学する前等に自分はこうできるはずだという理想や留学像があるから、現実とのギャップに悩まされてしまうのだと思いました。
ある程度現実を受け入れて、諦めることも大切で、割り切ったら大分楽になりました。
そもそも1年で語学がものすごくできるようになるというのは、大抵の人には不可能な話だと思います。
(仕事等である程度の利害関係が絡んでいるとまた違うかもしれませんが。)

ただあんなに英語を喋らないで、シャットアウトして生きていたにも関わらず、帰国後はTOEICでも高得点がとれてスピーキングやリスニング能力も格段にあがり、発音やイントネーションも留学前と比べて格段に良くなりました。
ふさぎ込んで生きていても、外から自然に音は入ってくるので、知らず知らず英語力はついていたようです。
これは留学しなかったら、きっと得られなかったことかと思います。

また、私は現在社会人になって数年経ちますが、今だからこそ思えることかもしれませんがやはり留学して良かったと心から思います。
社会人になるある程度のルーティンワークと責任の下で働かなければいけないので、留学中のように自分の自由が利く時間が少ないです。
今は失敗をするとお金や責任が絡んでくるので結構ストレスや心配がたまったりしますが、留学中を思い出すと留学で失敗したからって誰にも迷惑はかけないし何も減るものはないので「自分は授業でついていけない」、「英語ができない」という悩みは本当に平和な悩みで自分は子供だったのかなと今になって思います。

そして、まさかのまさかですが、あんなに留学中に嫌だ嫌だ言っていた私ですが、来年から海外の大学院に自らの意思で留学予定です。
これは私の留学時代を知っていた人にとってはビックリな話だと思います。
海外は高等教育における学問レベルが高いので専門性を身に着けるには最適と感じたということもありますが、社会人になると制約のない環境で何かに挑戦をするという機会が格段に減ります。
そう思った時に昔を思い出すともう1度外国という環境の中で何の制約も受けずに挑戦してみたいという思いが生まれました。
制約のない中で何かに挑戦をできる環境というのは22歳を境に格段に減ります。
そういう状況になった時に若い内に経験をした留学というのは非常に貴重な経験になると実感しています。

今はそう思えないかもしれないですが、質問者様と同じ環境にいた私がそう感じて、そして自らの意思で留学をしようと思えるようにいつかはなるということで、少しでもご参考に残りの留学生活を頑張っていただければと思います。
頑張ると言っても無理をすると精神的にも辛いので、自分のできる範囲で頑張って、ある程度諦めをつけて頑張ってください。
留学をしたからって英語が必ずしもできるようになる必要はないし、留学中はこうしなきゃいけないっていう制約もないし、それができなかった所で誰にも迷惑をかけないので自分らしく過ごしてください。
    • good
    • 78

日本では人気者だったのに、今では誰も自分に関心をもってくれていない


ように感じる・・・つらいよねえ。

ことばもままならない。でもいつか、今の生活が、糧になると信じてください。
いま、貴重な経験をしていることは間違いないのだから。

回答者7のアドバイスを参考に、話し込める友達ができるとよいですね。
    • good
    • 10

こんにちは。

アメリカで大学院に行き、現在もアメリカ在住です。
4ヶ月でここまでの英語が書けるのはすごいと思いますよ。表面的な英語ではなく、自分の思っていることを表に出したという英語になってますね。日本語でもそうですが、年齢に応じた言葉や、フォーマルかインフォーマル、話す相手によって使い分ける言葉、会話と文章上とで異なる表現もあるので、そういうのはこれからわかると思います。

高校もみんな忙しいというのはよくわかります。私が住む校区の中学でさえ、休み時間が4分(この中途半端な時間も面白いですが)、教科ごとに教室を移動するので、話ができるのはランチぐらいのようですし、娘の友達の家は歩いては行けないので、平日に学校に遊ぶということはないですね。たまたま近所に同級生の仲のいい子もいますが、お互い忙しくて、平日に行き来することはないですね。

たまたま知り合った交換留学生からも同じような思いを聞いたことがあります。日本の高校では優秀だったそうですが、こちらでは劣等感と孤独感をかなり味わったそうです。ホストファミリーでの食事も偏食が多かったそうで、そういう苦労も聞いたことがあります。

質問者さんに限らず、大人になってもそうですが、恵まれた環境でうまくいくのは当たり前として、つらい立場の時にどう乗り越えるか、これに尽きると思います。
他の回答者の方と同じように、クラブに入るという方法もあるでしょうし、あいさつを交わすぐらいの同級生に、もし映画を見に行く機会があったら声をかけて、とか、宿題を一緒にしないか~、とか、地道に言っていくしかないように思います。宿題でも、もし数学が得意であれば、数学の宿題を手伝えるよ、とか、逆に、これを教えてほしい、とか、何かあるのではないでしょうか。

ホストファミリーとはうまくいっていますか? ホストファミリーにもいろいろ相談しましょう。質問者さんから相談すれば、アドバイスをくれるのではと思います。何も言わないと、そのままです。

経験というのは、すぐに結果が出なくても、十年単位で、後々生かせることがあります。仮にこのままの状態が続いて、留学生活が終わっても、落胆する必要はありません。
    • good
    • 16

 この手の質問のもっと悲観的なやつに何度か回答したことがありますが、質問者さんは根は結構能力がありそうな方なので今回は少し違う視点で書いてみます。



 端的に言うと、「考えが甘い」ということです。要するに貴方が全く異国に伝も何もなくやってきた時に周りは貴方に興味を持っていないし、別に貴方が一人で寂しかろうが辛かろうがあるいは退屈してようが興味がないということなんです。そのような状況で嘆くのは自由ですし、辛いとかなんとかしたいとかいうのはわかります(一応高校海外経験者)。が、要するに貴方はこれまでの人生でかなり限られた環境で、しかも親に生活を助けてもらいながら生きていたというだけのことなんです。まず第一に、自分一人ってのは案外ちっぽけな存在だったんだなあということなんでしょうね。限られた環境で、見慣れた顔のメンツの中では周りを笑わせたり、リーダシップを発揮することができたわけです。だからそういう自分に少なからず誇りを持っていたりとかもしたわけです。でも、実際はそれはあくまでそういう環境でしかできなかった、要するに貴方は人としては未熟だったと言うわです。本当にすごい人、人を引っ張っていける力というのはどんな環境でも、たとえ言葉が通じなくてもそれとなくリーダーシップを発揮したりしていくものです。また、「みんな貴方に興味を持たないし、そう言うチャンスがない」と行っていますが、自分にチャンスがやってくるのをまっているのは二流なんですよ。「もっとみんなに自分を知ってほしい」とか「もっとみんなと深い会話をしたい」というのは非常に良い心構えなんですが、それを原動力にチャンスを自分から探しに行くようにならなくては所詮二流どまりになってしまうのです。少し抽象的なんですが、あなたの悩みを聞いて感じるのは「アグレッシブさ」がないのとどこかなかと自分が周りに対して英語力がないだとか、留学生だとかいうことに対しての諦めというか甘えがあるように感じたのです。


具体的な話をすると
「週末は大量の宿題が出るのでそもそもみんなあまり遊ばないようで、僕はいつも家で退屈しています。」
というのだってなんで周りは大量の宿題で悪戦苦闘しているのに貴方はそんな余裕なのか?という疑問があります。恐らく、留学生だから英語ができない(と思われている)からといってかなり楽勝科目ばかり取らさせられていてまともな授業を受けていないから楽なんではないかなあとも思います。

また、自分の経験ではどんなに授業しかなかったとしても少なくとも英語(国語)の授業や歴史の授業などの「必修」にかんしては多かれ少なかれグループワークとかプレゼンテーションなるものがあると思います。そういうのをまあ適当に乗り切るだけの能力をお持ちなら大したものですが、プレゼンテーションや課題エッセイってのはじつは自分のポテンシャルをアピールするのにとっておきの課題なのです。ある本を読んだときにその感想文を書いたとして、当たり障りのないつまらん感想しかなければどんなに英語力があろうが先生の印象には残りませんが、仮にも英語が少し不自然だろうが、普段あまり授業でアピールできなかろうがそういう課題に一生懸命取り組んで非常に良い考察をしていれば、それはそれで先生を見返してやることにもなるのです。 貴方の感想が非常にユニークで授業やプレゼンを面白くさせてくれるのであれば、相手が積極的に耳を傾けてくれるでしょうし、英語力はカバーできます。まああくまで一例ですが、つまりそういう見えない努力をすることがとにかく自分という存在の価値を相手に評価させることなわけであって、相手があなたのことをもっと知りたいと思うわけです。

英語のレベルってのは評価が難しいですよ。英語プレゼンが苦手な研究者でも、論文を書かせれば非常にロジカルな文章を書く先生はたくさんいます。本当の語学ってのは時と場合において使い分けれる柔軟性が必要で、それは突き詰めると「場を読む」という力であって英語力が全てではないんです。プレゼンがうまくても中身がなくては印象には残らないときだってあります。要するに「留学」ってのはまあ英語を学ぶだけが目的ではないでしょうし、特にあなたのように若いときは人生の修行なんです。留学で会話に参加したいために昼ごはんのときに自分から話しかけていくイメージトレーニングしてなんとか溶け込んでいこうと努力する人だって本当にいるんです。 自分の好きな女の子を食事に誘ったときに様々な下調べ、コーディネートをして、当日成功をなんとか勝ち取るように、自分の本当に欲しいものを得るならその裏には様々な試行錯誤があるわけです。 ある人は自分の音楽とかスポーツの能力の場合もあるでしょうし、またある時は先のように課題に全力で取り組んで評価をあげる。英語以外の授業が簡単すぎるなら、思い切って難しいクラスに入れてもらえるように交渉しに行く(英語ができないといって舐められている)場合だってあるわけですよ。自分はもっと上のクラスでやれる自信がある。舐めるんじゃないと。特に、数学とか簡単ですし。そういう積極性、必死な努力を経て、色々なものを切り開いていくことが単なる語学力以上に貴方の今後の人生にとって有意義なものになると思います。
    • good
    • 26

 海外留学!羨ましい!!社会人となってる今は、行きたくても行けないですから。


 
 かくゆう私もつい数年前にフランスへ1年留学してました。私の場合は、料理研究の為に行ったので半年学校に住み込み、残りの半年で現地のレストランに研修に行きました。
 
 言語が通じないって本当に辛いよね。僕もそうでした。。でも本気の気持は通じます。辞書を片手に身振り手振り!自分の熱い気持ちをぶつければ相手は何とかしてあげようとすると思います。英語が下手でもとりあえず行動してみよう。
 
 今一番かなえたいことは、何ですか? たぶん友達と語学の向上かな?残りはまだ半年あります!!
まずはホームステイ先のマダムやミスターに気持ちをぶつけてみたり、近所のカフェやお店に行って買い物してみたり!

 留学で大事な事っていろいろあると思うけど、僕は異文化交流だと思います。その国のその地方での近隣住民の暮らし。風習。伝統料理。お祭り!!それらのことを体験するだけでも僕は、留学成功だと思います。高校生で縛りはあると思うけど、やれる事からやっちゃおう!失敗を恐れずに!

 英文をこんなに書けるから大丈夫。語学の専門的なことは知らないけど、綺麗に完璧に話そうとせず気持ちを伝えることに重きを置いて頑張れ!!!

 どうしてもやりきれないときは、ジョギングや筋トレでもしてください。僕は、毎日やってました。おかげで足が腱鞘炎になりましたが。。それも良い思い出です。研修先のフランス人には、かなりいじられましたよ(笑)!後、気分転換に日本の歌を聴いてました。

 日本では体験できない事。いっぱい楽しんで下さい!

 ただ、アメリカは銃社会だから、それだけは注意してくださいね。

 残りの留学生活が楽しくなりますように!!!(祈)
    • good
    • 11

現地でできるボランティアをしたらどうでしょう。

いつでも受け入れてもらえますし、言語が弱ければ体力を使うとか。

例えばホームレスのための食事の分配、箱詰めといった人手が必要な仕事があります。仕事中は無駄口を叩けませんが仕事仲間ができ、皆が他の人の幸せを望むいい人ばかりです。英語が下手だからのけ者にすることもないでしょう。

あるいは趣味やスポーツで、とにかく自分の好きなことを通し同士とつるむ。

日本語の弱い息子は日本への留学中で剣道とブラスバンドとBBガンでの撃ち合いをしてました。で、日本語が上達せずに帰ってきました。はははー。
    • good
    • 5

始めまして。

ちょっとでもお役に立てれば・・。

留学経験は無いですが、英語力が無いために周りの人より自分がすごく劣って思えたり、本来の自分を出せなくて落ち込んだりした経験はあります。程度は違うと思うけど、その辛さ、やるせなさはわかります。

でも私がhi_sooooooさんの文を読んで最初に感じたことは、はっきり言って「うらやましい」です。
私は高校生の頃、留学に興味を持ちながら勇気がなくて出来なかった経験があります。もう30代半ばですが、今まで何度そのことを後悔したか。今だってふと、あの頃に戻れるなら、と思うときがあります。

自信をもって申しますが、hi_sooooooさんが今経験していることは、ものすごく貴重なことです。
何の成長もなしに帰国する?在り得ません。

留学する前のhi_sooooooさんは、今の辛さを知っていましたか?
新しい環境、言葉が伝わらない、輪に入れない、どうしたらよいのかと試行錯誤して実行する、失敗する、落ち込む、何もかもかけがえの無い経験です。

でもここで殻にとじこもってしまうと、せっかくの貴重な時間が本当にもったいないことになると思います。後からじゃ取り戻せない時間です。
逃げずに立ち向かうことで、更に更に成長できると思います。今は自分が成長しているかわからなくても、いつか振り向いた時には、必ずわかります。
留学で得られるものって、語学力ももちろんだけど、それ以上に経験そのものだと私は思いますよ。

あと、耳が慣れたら飛躍的に会話も成長するらしいので(経験ないからわからない。涙)後半戦に期待ですね★
それに語学力は日本に帰ってからでもいくらでも磨けると思うし、あせらずに、hi_sooooooさんのペースで今の経験を十二分に味わって欲しいと思います。(あ、あと英語ver.の方、私にはすごくきちんとしたものに思えました。)

ひとつだけ具体的なアドバイスを申し上げるとしたら笑顔。です。
万国共通?だし・・・。笑うかどには福が来ます!

こんな抽象的な回答で失礼しました。
留学経験のある方から、実践的なアドバイスがもらえるといいですね!

本当に、うらやましい!!
今はつらいと思うけど、前進あるのみ。
がんばれー!!!!!
    • good
    • 13

Your English is not terrible. If you are a junior in high school and only have stayed in US for 4 months (given that you were born and grew up in Japan and Japanese school), I could see that your English is much better than those of Japanese kids of your age. Your writing has some wired expressions but understandable (i.e. capable of being understood) and you have some words and phrases that a Japanese junior in H.S. would not know or use. That means you have picked them up for the past four months.



If you want friends, find a hobby. Join a club or something. If you have a toastmaster club in your area or school, join. Toastmaster club is not meant to be a place to learn English but they will understand and will be supportive of you.

Don't be shy. The key of improving your English (or any language) or making friends is to be outgoing and to become someone to be fun to be around. Learn to be yourself and be open minded. Be curious about everything, and try everything other than drugs or guns or anything illegal or immoral.

I know a handful of American teenage kids. Their lives are extremely busy - seems busier than mine who have a full time job with two side jobs (not for living but b/c i like it that way) and other hobbies, dogs, house and boyfriend to keep up with.

Good luck.
    • good
    • 24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFoothill & De Anza CollegeとDiablo Valley Collegeについて

私は来年アメリカに留学予定の高校3年生です。今、学校について調べているところです。Foothill & De Anza CollegeまたはDiablo Valley Collegeに今在学中の方がいましたら、学校について詳しく教えてください!!お願いします!

Aベストアンサー

NO.3です。
>De Anzaの方が進学率が良いというのは、編入率のことですか?
そうです。わかりにくい書き方をしてしまってすいません。

FoothillもDe AnzaもELSに日本人はたくさんいると思います。
過剰に付き合わないような自己抑制が要るのはどちらも一緒だと思いますが、
実際の数字はわからないです。ごめんなさい。

私はずっと少人数制の女子校で育ったので、面倒見のよいらしいFoothillに出願しました。
落ちたらその時点でDiablo Valleyに出願する予定です。
Foothillには条件付入学もあったと思いますが、確かELSが1ヶ月間しかないのかな…?
サンフランシスコのESLと提携してたかも…。
私は直接入学する予定ですので詳しく調べませんでしたが、学校のウェブページに載っていると思います。

専攻のことですが、2年制カレッジで編入希望の場合多くの学生は、
一般教養(General StudiesとかGeneral Education)を専攻すると思います。
将来国際系を専攻したくても4年制大学のtransfer requirementsが、
国際系以外の科目も含まれている場合がほとんどだからです。

学校のウェブページを隅から隅まで読み、わからないことがあったら直接メールで問い合わせたりすると
なんとなく一番気に入る学校が見付かるかもしれませんよ。

NO.3です。
>De Anzaの方が進学率が良いというのは、編入率のことですか?
そうです。わかりにくい書き方をしてしまってすいません。

FoothillもDe AnzaもELSに日本人はたくさんいると思います。
過剰に付き合わないような自己抑制が要るのはどちらも一緒だと思いますが、
実際の数字はわからないです。ごめんなさい。

私はずっと少人数制の女子校で育ったので、面倒見のよいらしいFoothillに出願しました。
落ちたらその時点でDiablo Valleyに出願する予定です。
Foothillには条件付入学もあったと...続きを読む

Q高校留学について 私は今中学二年生ですが、高校生になったらニュージーランドに留学したいなと思ってい

高校留学について

私は今中学二年生ですが、高校生になったらニュージーランドに留学したいなと思っています。
そこで留学経験のある方にいくつか質問があります。

1.留学エージェントを使って留学した方が良いですか?それとも使わないで留学した方が良いですか?
また、使った方が良いなら使う事のメリットと、ここの留学エージェントが良い、とかここは辞めておいた方がいい、 という意見をお願いします。
使わない方が良いなら、それはなぜかという意見をお願いします。

2.奨学金などの制度がよくわからないので出来るだけ詳しく説明をお願いしす。 また、どの位留学して、どの位費用がかかったかなどもお聞かせ下さい。

3.留学は、短期(1~3ヶ月)か長期(1年)か卒業(3年)でどれが一番いいですか?
お金はなるべくかけたくないのですが、短期などで行って意味がなかったというのは嫌です。なので長期か卒業で悩んでいます。長期の方がいいのなー?と思っていますが、意見をお願いします。


費用がすごく高いことや、どんなに大変かは知っています。 また、留学したら自分は変われる!とかも思ってません。でも小さい頃から海外にすごく興味があり
、最近はこの事しか考えられないです。

頭は悪い方じゃなくて、お父さんが英語が好きで勉強しているので、色々な本を読んで一生懸命英語を勉強しています。

色々と注文が多くて本当にすいません。 でも、理由が無いと親を説得出来ないのでお願い致します!

高校留学について

私は今中学二年生ですが、高校生になったらニュージーランドに留学したいなと思っています。
そこで留学経験のある方にいくつか質問があります。

1.留学エージェントを使って留学した方が良いですか?それとも使わないで留学した方が良いですか?
また、使った方が良いなら使う事のメリットと、ここの留学エージェントが良い、とかここは辞めておいた方がいい、 という意見をお願いします。
使わない方が良いなら、それはなぜかという意見をお願いします。

2.奨学金などの制度がよくわからな...続きを読む

Aベストアンサー

息子達がアメリカへ留学した時の経験からの私見でしかないですが。。。

1。留学エージェントについて:
エージェントを使わない方が、費用(手数料)も少なくなるし、直接学校側の情報も得られるし、交渉も出来ますから、良いのではないかと思います。
唯、そうするには、親御さん等のサポートをしてくれる人が英語に堪能でないと難しいですね。
それと、あなたの異文化に対する適応力や英語の実力等によっては、現地でサポートを受けられるようなエージェントがあると良いでしょうし、或は、ホームスティ等で、ホストの人達が親切な人だと良いですが。。。

2。留学費用と奨学金:
例えば、オークランドの高校で2016年の主な費用が載っていましたが、主な費用は。。。
授 業 料   : NZ$ 21、500
ホームスティ費用: NZ$ 12、420 (46週分)
諸 費 用   : NZ$  1、710 (旅行医療保険、制服代、設備費等)
各種の試験費用 : NZ$    624
----------------------------------------------------------------------
合   計   : NZ$ 36、254

75円/NZ$で換算すると、1年間の費用は、約270万円で、旅費等も含めると約300万円前後になるのではないでしょうか。

奨学金は、知る限りでは。。。
高校や大学レベルでは、留学生は奨学金の対象にはなっていないのではないでしょうか。
あるとすれば、日本国内で探す事だと思います。

3。留学期間:
「>留学は、短期(1~3ヶ月)か長期(1年)か卒業(3年)でどれが一番いいですか?」の判断は、あなたの留学目的や高校卒業後は如何するのか(大学は、日本か、留学か等)によるのではないでしょうか。

大学も海外留学するのであれば、「>卒業(3年)」が良いのではないかと思いますが、異文化に触れて視野を広げるという意味では、「>短期(1~3ヶ月)」でも良いでしょう。
学費を安くと思えば、日本の高校へ進学後に、交換留学で、「>長期(1年)」でも、良いかも知れません。

唯、「>長期(1年)」で、交換留学等ですと、日本と海外の学期が合っていないので、9月から翌年の6月までになって仕舞うので、日本の大学進学ですと受験勉強に影響があるかも知れません。
日本の高校進学後に、夏休み等に、1~2カ月間の英語学校+ホームスティ等で有れば、受検勉強等にもあまり影響しないのではないかも知れません。

影響があるあるかどうかは、あなたの努力次第では有るでしょうが。。。

以上、参考になれば良いですが。。。
何れにしても、親御さんと良く相談した方が良いですよ。

息子達がアメリカへ留学した時の経験からの私見でしかないですが。。。

1。留学エージェントについて:
エージェントを使わない方が、費用(手数料)も少なくなるし、直接学校側の情報も得られるし、交渉も出来ますから、良いのではないかと思います。
唯、そうするには、親御さん等のサポートをしてくれる人が英語に堪能でないと難しいですね。
それと、あなたの異文化に対する適応力や英語の実力等によっては、現地でサポートを受けられるようなエージェントがあると良いでしょうし、或は、ホームスティ等で、...続きを読む

Qフランス語文法について(de,des,du)

はじめまして。以下文章中のde,des,duについて
文法的解説をしていただきたくお願いいたします。

La prise de conscience des dangers du tabagisme passif
a rendu progressivement la societe moins tolerante aux fumeurs.
(lefigaro.comから抜粋,アクサン記号省略をお許しください)

(1)La prise de conscience→de+du(不可算名詞につく部分冠詞?)
それとも同格のde?
(2)des dangers→de+les
(3)du tabagisme passif→de+le

新聞を読んでいると(1)の冠詞+名詞+de+名詞(冠詞なし)のパターンに
いつも戸惑うのですが、自分が使うときは La prise de la conscience
と絶対言ってしまいそうなのですが、これは連語として覚えるしか
ないのでしょうか?何かコツがありましたら教えてください。
le risque de consultation, les lieux de travailなど

以上、お手数ですが何方かご教授いただきたく宜しくお願いします。

はじめまして。以下文章中のde,des,duについて
文法的解説をしていただきたくお願いいたします。

La prise de conscience des dangers du tabagisme passif
a rendu progressivement la societe moins tolerante aux fumeurs.
(lefigaro.comから抜粋,アクサン記号省略をお許しください)

(1)La prise de conscience→de+du(不可算名詞につく部分冠詞?)
それとも同格のde?
(2)des dangers→de+les
(3)du tabagisme passif→de+le

新聞を読んでいると(1)の冠詞+名詞+de+名詞(冠詞なし)のパターンに
...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<(1)La prise de conscience→de+du(不可算名詞につく部分冠詞?)
それとも同格のde?>

部分冠詞でも同格のdeでもありません。

1.このdeは動詞の直接補語を導く前置詞になります。

2.この名詞句は元々、動詞句prendre conscience de qch「~に気がつく」を名詞化したものです。この動詞句では、conscienceは動詞prendreの直接補語になっています。

3.つまり、La prise de conscienceでは、priseはprendreが名詞化したもので、conscienceはprise<prendreの直接補語(目的語)になっているのです。
例:
prendre conscience(直訳)「知覚を得る」
→La prise de conscience「知覚を得ること」→「自覚」


ご質問2:
<(2)des dangers→de+les>

その通りです。

このlesは、du tabagisme passifでdangerを特定しているために、使われてている定冠詞です。


ご質問3:
<(3)du tabagisme passif→de+le>

その通りです。

このleは、passifでtabagisme を特定しているために、使われてている定冠詞です。


ご質問4:
<自分が使うときは La prise de la conscienceと絶対言ってしまいそうなのですが、これは連語として覚えるしかないのでしょうか?何かコツがありましたら教えてください。>

1.基本的に、deの後に来る名詞が不特定の名詞、抽象名詞、総称的に使われる名詞、種類・性質・材料を表す名詞などの場合は、定冠詞を用いないのが一般です。
例:
un homme de courage「勇敢な人」
robe de soie「絹の服」

2.conscienceの場合、「知覚」「意識」は抽象名詞なので、無冠詞で使われます。
例:
avoir conscience de「~を覚える」「~を知る」

3.一方、conscienceが「良心」「本心」の意味で使われる時は、部分冠詞や定冠詞が付きます。これは、「良心」に特定性があるためです。
例:
avoir de la conscience「良心的である」
avoir la conscience large「寛大である」

上記の句を用いる場合、conscience「良心」は文脈の中の、ある特定の人に関して使われます。そのため、定冠詞や部分冠詞がついているのです。


ご質問5:
<le risque de consultation, les lieux de travailなど>

1.le risque de consultation:

このconsultationは「診察」という総称的な名詞として使われています。特定していないので、定冠詞は必要ないのです。

2.les lieux de travail:

(1)このtravailも「仕事」という総称的な名詞として使われています。特定していないので、定冠詞は必要ないのです。

(2)この句全体で一般的な「職場」というニュアンスで使われています。

(3)もし、この「仕事」に定冠詞がつき、les lieux de travailとなっていれば、前出の特定の仕事を指し、「話題に出ているその仕事の職場」という特定性が出てきます。

3.以上のように、deの後の名詞に定冠詞がつくかどうかは、その名詞の総称性、抽象性、特定性によります。総称的なニュアンスでは、定冠詞をつける必要はないのです。


1月1日から実施されたこの法律、元旦はややtorerantで監視も緩めでしたが、2日からはcontroleurも見回りして、厳重な規制が敷かれています。タバコを吸わない身としては、大歓迎の法律です(笑)。

以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問1:
<(1)La prise de conscience→de+du(不可算名詞につく部分冠詞?)
それとも同格のde?>

部分冠詞でも同格のdeでもありません。

1.このdeは動詞の直接補語を導く前置詞になります。

2.この名詞句は元々、動詞句prendre conscience de qch「~に気がつく」を名詞化したものです。この動詞句では、conscienceは動詞prendreの直接補語になっています。

3.つまり、La prise de conscienceでは、priseはprendreが名詞化したもので、conscienceはprise<prendreの直接...続きを読む

Q一年間の高校留学、あなたはどの会社で行きましたか?

来年高校留学に行くことを検討している高校一年生です。
主に英語圏の国へ行った方に質問です。

(1)どの会社を利用して行ったか。また、どの国か
(2)その会社のよかったところ
(3)その会社の悪かったところ
(4)高校留学をして、よかったところ
(5)高校留学をして、嫌だったところ

高いお金をだすし、一年間も日本には帰って来れないので失敗はしたくないです。
個人差があるかもしれない部分は理解しています、皆さんの意見をぜひ聞かせてください。
お願いします!

Aベストアンサー

初めまして。三年前に一年間アメリカの高校へ留学しました。質問が「一年の高校留学」ということなので、私の経験上での意見を書かせて頂きます。参考になれば嬉しいです^^

(1)AFS アメリカ
(2)ネームバリューがありました。AFSだけでなく、そういう機関を使うと、同じ地域に派遣された世界各地からの近い年の人達と仲良くなる機会が多いですょ♪
(3)変にルールがあったりしたところかな?でも派遣生の国によって言われたことが違うので(笑)、別にたいした不満は留学中無かったような気がします。でも、治安の心配上田舎に派遣されがちなので、都会へ行きたいのでしたらお勧めしません。
(4)高校生の時期ってとっても大切なもので、英語力の伸びは勿論、留学中に得た様々なモノが今の私を作り上げています。現に私は一年いた州の大学の一年生です^^派遣先のアメリカの友達、仲良くなった世界各地の友達、そして勿論ホストファミリーとの交流もいまだ続いていますし、私の一年間の高校留学はとても有意義なものでした。
(5)強いて言うなら、一年間は短かった、ですかね?一年留学をたまに長期留学と聞きますが、私の中では短期です。何かとてもしたいことがあるなら、一年といわず思い切ってずっといた方が良いのかもしれません。先ほど英語力の伸び、と書きましたが、私の英語力は帰国後の勉強で伸びた様な気がします。留学中にスポンジに水を染み込ませて、帰国後にぎゅっと絞った様な(なんじゃそりゃ??)???とにかく、たった一年間で英語がぺら(2)になる、というのは正しいとは思いません。中にはグラマーが正しくなくなったり、変なスラングばっかり使う様な人もいるそうな。

以上です。私の知る限り、AFS以外ではYFU,ロータリー、エイサップ??など様々な機関があるので調べてみてください。あと、国によっては奨学金制度もあります。私の友達はAFSでタイに30万で行きました。40万ほど払わずにすんだとか。
中には、機関を使わずに高校留学をしていた子もいました。サポート無しなのは不安でしょうが、私も大学にエージェントを使わずに行っているので、何とかなるのかなとも思います。サポート万全ですが、費用も結構かかりますものね。個人でもホストファミリーを見つけることは何とかなります。kitakegさん次第です。
高校留学をとても楽しんだ私としては、是非経験して頂きたいです^^kitakegさんが最良の方法をお見つけになります様に☆

初めまして。三年前に一年間アメリカの高校へ留学しました。質問が「一年の高校留学」ということなので、私の経験上での意見を書かせて頂きます。参考になれば嬉しいです^^

(1)AFS アメリカ
(2)ネームバリューがありました。AFSだけでなく、そういう機関を使うと、同じ地域に派遣された世界各地からの近い年の人達と仲良くなる機会が多いですょ♪
(3)変にルールがあったりしたところかな?でも派遣生の国によって言われたことが違うので(笑)、別にたいした不満は留学中無かったような気がします。でも、治...続きを読む

Q来月10月にエージェントを通してパリに短期留学します。

来月10月にエージェントを通してパリに短期留学します。
ステイ先が18区のPorte de St Ouen駅から歩いて数分の場所になりました。
(学校が選んで審査しているご家庭だと思いますので、
治安面もチェックしていると安心していましたが)
こちらの駅や地区は治安がものすごく悪いというレビューや
口コミなどを目にしてショックを受けました。

パリに詳しい方にお聞きしたいのですが、そんなに治安が悪い地区なのでしょうか?
これは他の地区でも同じだと思いますが、
夜遅くの1人歩きや昼までも細い道には入らないなど。
これ以外にも気をつけたほうが良いこととかありましたら
参考にしたいので、ぜひ教えて下さい。
宜しくお願いいします。

Aベストアンサー

 このあたり懐かしいです。友人が住んでいたことから、一時期何度か行ったことがあります。ただ、それももうすでに何年も前のことになりますので、あまり急速に変貌することもないパリだとしても、幾分かは変わっているとは思います。ただ、GOOGLEの地図で見る限りでは、私が知っているこの一帯とは、商店が増えたこと以外ほとんど変わっていないようには思いますが。

 ポルト デュ サントゥーアン(Porte de St Ouen)駅……13号線のサンドニ・ウニベルシテ(St‐Denis Universite)から6駅手前、ほぼ南北に通るポルト デュ サントゥーアン通りと、東西に通るネ大通り(Boulevard Ney)との交差点の下にあります。

 18区と言うとほとんどパリの真北に当たりますが、このポルト デュ サントゥーアンという駅の付近はパリの旧市街を取り囲むように走る環状自動車道路ペリフェリクのすぐ近くですから、まさに旧市街の端っこ。少し東に寄るとバスの車庫だとか広い操車場などと、雰囲気は突然変わります。

 でも、ポルト デュ サントゥーアンという通りは街路樹に彩られ、お店やカフェ、レストランなども多く、そしてなによりも一般市民が静かに暮らしているエリア、一口に言えばとても素敵な環境だと思います。もしGOOGLEの地図がご覧になれるのでしたら、ぜひ街のたたずまいを目線でご覧になってください。街路樹と明るい色彩に富んだ商店の看板やショーウインドゥ、きっとひと目でお気に入りになると思います。ポルト デュ サントゥーアンはそんな街です。

 それはたしかに、ここもまたパリですから、いつも安全で安心できる界隈だと保障まではできません。ですが、お書きのように駅や地区の治安がものすごく悪いという感じは夜昼ともにほとんど感じたことはありませんでした。むしろ、良いほうではないでしょうか。

 このエリアは、悪く言えば場末に当たりますので、病院など大型の建物も多いエリアですが、全体的にアパートが多いように感じます。それも、旧来のパリといった感覚を脱皮して、とてもモダンなものが目立った記憶があります。

 ともあれ、パリはパリ、いたずらに恐怖感を抱くのも良くありませんが、気を付けるに越したことはありません。暗い夜道、通行人のいない狭い路地、こうしたところは極力避けること、なにか大切そうなものを剥き出しで持ち歩かないこと、こうしたことはどの旅行案内にも書かれていることですから、そうした記事を参考になさってください。

 面白いもので、引ったくりなどの悪人たちも、いかにも地元の人といった人たちには比較的悪さをしないもののようです。そして、パリに少しでも慣れてくると、肌の色が違う日本人であっても、どこか地元に溶け込んで、その街の住人になりきってしまうように思います。私などはアフリカ系の移民が多く、最初はとても不気味にすら感じられたエリアに住んでいましたが、住めば都、いつしかご近所の方たちから挨拶の声がかけられたりして、むしろとても安心できたものでした。

 どうか、気をつける部分は気をつけ、楽しむところはしっかり羽を伸ばして、良い思い出になる留学になさってくださいませ。

 このあたり懐かしいです。友人が住んでいたことから、一時期何度か行ったことがあります。ただ、それももうすでに何年も前のことになりますので、あまり急速に変貌することもないパリだとしても、幾分かは変わっているとは思います。ただ、GOOGLEの地図で見る限りでは、私が知っているこの一帯とは、商店が増えたこと以外ほとんど変わっていないようには思いますが。

 ポルト デュ サントゥーアン(Porte de St Ouen)駅……13号線のサンドニ・ウニベルシテ(St‐Denis Universite)から6駅手前、ほぼ南北に通るポ...続きを読む

Q来年9月から一年間、留学をすることになりました。そこで質問なのですが… 私は高校二年の女子で、向こ

来年9月から一年間、留学をすることになりました。そこで質問なのですが…

私は高校二年の女子で、向こうではホームステイ。現地の一般高校に通うことになっています。一年間ということもあり、日本で留学前にしておかなくてはならない準備も多々あると思いますが、どんなものが必要とされますか?アドバイスをいただきたいです。
もちろん、手荷物もですが、心の準備面でも、どういった心持ちで留学に向け、意識すべきかもアドバイスいただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

行先の文化・歴史・宗教・習慣をできる限り知ることです。言葉なんて、これがベースになっているので、これを知らずして言葉のいわんとする意味など理解できないです。

ドアに閉め方とかを覚える。ドアを閉めるときは、音を出さないこと! ドア・ノブを握ったまま、10センチ手前まで早く、そこでいったん止めて、あとはゆっくり閉めれば音は出ません。99%の日本人はドア文化がないので、親の仇をとったように大きな音を出させるようにして、ドアを叩き閉めます。

それから、ホームステイは原則的に個室ですが、掃除・シーツ替えは週に一度ですが、
ドアは寝るとき、着替える時以外は、開けっぱなしであること。通路から部屋の中は丸見えなので、部屋のベッド・メーキングは朝起きて一番にする作業、整理整頓は常にすることを心掛けること。99%の日本人はこれをせずで、ごみ屋敷住民みたいです。

通路から瞬間的にも覗かれるのが嫌、邪魔してほしくないときは、ドアを15センチくらい開けておきます。これで、邪魔するなの合図ですが、食事時間は呼んで欲しいとなります。もし、完全閉めだと、起こしもしてくれるな!食事も呼んでくれるな!となります。ドアを完全閉めが日本、それで臭いはすれど食事にも呼んでくれず置いてきぼりと、差別されたとクレームを出すのがいます。

バスルーム(トイレ)のドアも同じ。完全閉めは「使用中」、中から鍵を掛けなくとも、大丈夫です。完全閉のトイレのドアをノックするようなバカはいません。出るときは、ドアを少し開けておきます。

これさえ守れば、あとは、わからなければ聞けばいいだけです。

思春期の高校生の女の子を預かるホストファミリーも、大変なんですよ。大学生ならほったらかしでもいいんですけど。

行先の文化・歴史・宗教・習慣をできる限り知ることです。言葉なんて、これがベースになっているので、これを知らずして言葉のいわんとする意味など理解できないです。

ドアに閉め方とかを覚える。ドアを閉めるときは、音を出さないこと! ドア・ノブを握ったまま、10センチ手前まで早く、そこでいったん止めて、あとはゆっくり閉めれば音は出ません。99%の日本人はドア文化がないので、親の仇をとったように大きな音を出させるようにして、ドアを叩き閉めます。

それから、ホームステイは原則的に個室で...続きを読む

Qbeaucoup des はつねに間違い?(フランス語)

beaucoup des は de の間違い? des が可能になるのはどんな場合ですか?

Aベストアンサー

最近は、一国を代表するかの人物も
“beaucoup de bien de ~” と話を
しますので、言葉は時代と共にです

さて、ご質問の beaucoup des の疑問は
同様な意味を持つbien de の言い回しと
比較してみると、良い結果が得られます

bien de と beaucoup de の違いは??
今や、この相違すら、空のかなたなのか

bien de は、より主観的で其処に驚きや
興味などが含まれておりそれを示すべく
bien de , du, de la, de l', des とが
可能です 一方beaucoupは原則 de です
こでは、deに従う名詞(加算・不加算)
等の区別は一切ありません

ここからが本題でして、その名詞が~

ce nom est determine par un compl.
ou par une prop. rel. ou, plus gen.
si l'on exprime vraiment l'idee partitive
il demande du, de la, de l', des

とdesも書かれます でも最近はこの原則が
各種用法のアマルガムによって崩れてきて
いるのが現状と言えるのではないでしょうか

最近は、一国を代表するかの人物も
“beaucoup de bien de ~” と話を
しますので、言葉は時代と共にです

さて、ご質問の beaucoup des の疑問は
同様な意味を持つbien de の言い回しと
比較してみると、良い結果が得られます

bien de と beaucoup de の違いは??
今や、この相違すら、空のかなたなのか

bien de は、より主観的で其処に驚きや
興味などが含まれておりそれを示すべく
bien de , du, de la, de l', des とが
可能です 一方beaucoupは原則 de です
こでは、deに従う名詞(加算...続きを読む

Q現在高校3年生で、アメリカ、イギリス等の海外の大学への留学を考えていま

現在高校3年生で、アメリカ、イギリス等の海外の大学への留学を考えています。

いろいろ検索して調べているうちにNICという学校へ辿り着き、今度入学試験を受けるつもりでした。

しかし、ふと開いたページで、入学案内に紹介されていない人や成績が悪い人は留学できずに殆どやめているなどの悪い噂と、CC等の他の留学方法を知り、時期がかなり遅いですが質問しました。

私は、昔、体が病弱で(今は治りましたので大丈夫です)高校1年次で入院し、留年しました。
更に度重なる通院が試験日と結構重なってしまい4年間留年ぎりぎりという成績で、今年も辛うじて卒業出来るだろうと言うところです。

高校のレベルは関係く、成績だけが見られると聞いたので
このレベルで出来る留学方法を教えて頂きたいのです。

お金が無いので、NICへは新聞奨学生で
留学は、奨学金や借金で賄おうと考えています。

その為、浪人して日本の大学から留学みたいなお金がかかる方法は厳しいのが現状です。

ので、
高校の成績を見られない方法や
一番お金のかからない方法や
その他おススメの方法を教えてほしいと思います。

なら、留学を諦めろと言われるかもしれませんが
今まで勉強できなかった分本気なのでお願いします。

調べた方法としては
CCから4年制へ留学
2年生から4年制へ留学

イギリスなら
スクールプログラムなどです。

回答お待ちしております。

現在高校3年生で、アメリカ、イギリス等の海外の大学への留学を考えています。

いろいろ検索して調べているうちにNICという学校へ辿り着き、今度入学試験を受けるつもりでした。

しかし、ふと開いたページで、入学案内に紹介されていない人や成績が悪い人は留学できずに殆どやめているなどの悪い噂と、CC等の他の留学方法を知り、時期がかなり遅いですが質問しました。

私は、昔、体が病弱で(今は治りましたので大丈夫です)高校1年次で入院し、留年しました。
更に度重なる通院が試験日と結構重なってしまい...続きを読む

Aベストアンサー

直接アメリカの4年制大学に入るのが正解です。ほかの方法は時間とお金を浪費するだけです。応募先ですが、調べ始めるときりがありません。Goucher Collegeという大学は優れた大学です。この大学からPrincetonに行った日本人女性もいます。入学基準も厳しくないと思います。
http://www.goucher.edu/x20950.xml

Qフランス語:否定のde

否定のdeについてです。
deは不定冠詞と部分冠詞の語が動詞の直接目的語である場合、否定形になるとその不定冠詞と部分冠詞がdeに変わるというものですよね?
但し、以下のような場合もdeにして大丈夫でしょうか?

Je n'ai pas pu acheter de pain.

painはacheterの直接目的語ですが否定されているのは
puつまりpouvoirですよね?
ちょっと疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

こんにちは。前回のご質問のお礼メールを先ほど受取りました。ご返信を有難うございます。

ご質問1:
<deは不定冠詞~~deに変わるというものですよね?>

その通りです。


ご質問2:
<否定されているのはpuつまりpouvoirですよね?>

直接的にはその通りです。

正確には、avoir+pouvoir=avoir puの否定となります。


ご質問3:
<以下のような場合もdeにして大丈夫でしょうか?>

いいえ、ここはduのままになります。

1.この否定文は、pouvoirの複合過去avoir puを打消した文で、acheter以下の動詞句に可能+過去の意味を補助的に付加する、助動詞の役割をしています。

2.このような助動詞+本動詞=動詞句の接続では、直接目的語は本動詞のみにかかる修飾語とみなします。

3.つまり、否定詞がこの本動詞に及ばない場合は、部分冠詞は否定詞の影響を受けず、そのまま残存するのです。

4.従って、ご質問文は
Je n’ai pas pu acheter du pain.
が正解となります。

わかり易く訳すと
「パンを買う、なんてことはできなかった」
と考えれば、duの残存も納得されると思います。

5.なお、同様の助動詞を使った例で以下のようなものもあります。
例:
Tu dois acheter du pain.「パンを買うべきだ」
Tu ne dois pas acheter du pain.「パンを買うべきではない」

6.理論的には、No.1で回答されているように、否定詞はavoir pu acheter全体にかかる気がするので、それに関わる直接目的語も否定の影響を受けそうな気がするのですが、慣用では助動詞と共に使われた動詞を否定する場合は、直接目的語は否定詞の影響を受けないようです。

7.一方、肯定文でも名詞が形容詞によって形容される場合はdeになります。
例:
Je bois du vin.「ワインを飲む」
Je bois de bon vin.「いいワインを飲む」


以上ご参考までに。

こんにちは。前回のご質問のお礼メールを先ほど受取りました。ご返信を有難うございます。

ご質問1:
<deは不定冠詞~~deに変わるというものですよね?>

その通りです。


ご質問2:
<否定されているのはpuつまりpouvoirですよね?>

直接的にはその通りです。

正確には、avoir+pouvoir=avoir puの否定となります。


ご質問3:
<以下のような場合もdeにして大丈夫でしょうか?>

いいえ、ここはduのままになります。

1.この否定文は、pouvoirの複合過去avoir puを打消し...続きを読む

Q● アメリカ高校留学(私費留学)

アメリカの高校へ留学を考えています。

原則として、アメリカの公立高校への私費留学は不可なのですが、ユタ州では公立高校への私費留学が可能というような話を聞きました。
その他に、公立高校へ私費留学が可能な地域があるのでしょうか?
アメリカでなくても、知っている人がいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

アメリカの公立高校は、外国人用の授業料を払えば(1万ドル以上だと聞きます)、1年限定でI-20を出してくれるそうです。
別にユタ州だけが可能なわけではありません。

でも、高校からI-20を貰っても、学生ビザ申請時に移民局からビザ発給を拒否されるんだそうです。
F-1ビザを出すかどうか決めるのは、学校ではなく、移民局なので。
「大学入学時に出なおしておいで」と門前払いで、そのため公立高校の私費留学は殆ど不可能になっていると聞きます。
親が帰国のため、子供だけ残って高校を卒業したいとビザ書き換えに挑戦した駐在員のお子さんたちがほぼ玉砕してます。

ただ、SEVISに承認されている高校は全体の9%と統計に出ています。
参考サイトを貼り付けておきますので、SEVIS認定High Schoolを探してみてください。

参考URL:http://www.ice.gov/graphics/sevis/pdf/ApprovedSchools.pdf


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング