建物の固定資産税は時の経過とともに価値が下がるから
毎年固定資産税は安くなっていきますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

岡山市のホームページのコピペです。


基本的に、全国同じ制度です。


質問
 家屋は年々古くなっていくのに、評価替えの年度でも家屋の固定資産税の額が下がらないのはなぜですか。

回答
 土地・家屋は、3年ごとに評価替えをおこないます。

 家屋の評価は、「評価の対象となった家屋と全く同一のものを評価の時点において、その場所に新築することとした場合に必要とされる建築費(再建築価格)」に、「家屋の建築後の年月の経過によって生じる損耗の状況による減価率(経年減点補正率)」を乗じて評価額を求めることとされています。

 したがって、評価替えの年度から次の評価替えの年度までの間の再建築価格の基礎となる建築費の上昇率が経年減点補正率という減価率を上回る場合は評価額が上がることとなり、反対に建築費の上昇率が経年減点補正率を下回る場合は評価額が下がることになります。

 つまり、家屋は、建築費の上昇が激しい場合には、見かけは古くなってもその価値(価格)が減少せず、かえって上昇することがあるわけです。しかし、固定資産税においては、評価替えによる評価額が評価替え前の価格を上回る場合には、現実の税負担を考慮して原則として評価替え前の価格に据え置くこととされています。

 このようなことから、古い家屋の固定資産税は、必ずしも評価替え年度ごとに下がることにはならないのです。

家屋の評価替え
 どちらか低い方の評価額となります。
新たな評価額=再建築価格×経年減点補正率
以前の評価額
    • good
    • 10
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2014/05/18 09:00

基本的には安くなっていきますが



新築住宅に対する軽減措置がありますので(3年or5年)
それが終わった時 支払額としては高くなります
(減額の適用期間が終わり、本来の税額に戻った)

また耐用年数超えたころ20%になって それ以降は下がらない

また 今後 なんらかの税改革あればそれしだい
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2014/05/18 09:00

固定資産税の評価替えは、3年に一度実施します。


建物の評価額については、再建築価格といって、建築当時の物価水準と現在の物価水準の比較を行います。
例えば、建築当時1000万円で建った家を今、建て直すと1200万円などです。

その上で、経過年数による損耗を考慮します。

そうすると、理論的には現在の評価額よりも、評価替え後の評価額が高くなることもあります。
このような場合は、前年の評価額を据え置きしますので、なかなか固定資産税が安くならないということになります。

次回の評価替えは、平成27年度ですが、震災の影響で建築物価が高騰しているようなので、あまり下がるという期待はしない方がいいと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2014/05/18 09:00

いいえ。


評価額は3年ごとに見直しすることになっているので、3年間は据え置きです。
3年ごとに安くなっていきます。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2014/05/18 09:00

毎年ではなく、何年に1回の割りで、、

    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2014/05/18 09:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【固定資産税の深刻な悩み相談】車が17台か19台止められる空き地があって固定資産税が毎年100万円以

【固定資産税の深刻な悩み相談】車が17台か19台止められる空き地があって固定資産税が毎年100万円以上しています。

さすがに毎年、毎年、土地を持ってるだけで税金で100万円以上納税しないといけないのでこのままだと破産してしまいます。

そこで200万円でコンテナにシャワールームとトイレとキッチンが付いているガレージコンテナというものをそこに置いたら家屋があるので固定資産税は安くなるのでしょうか?

車2台分あれば充分な大きさのコンテナなので小さな小屋に残り15、17台分車が停められるスペースがあってもガス、水道、電気を引き込んでいるコンテナは家屋と認められるのか家屋と庭の比率がおかしすぎますが2:17、2:15くらいになっても家屋が建っている土地として認めてくれるのか教えてください。

Aベストアンサー

>車2台分あれば充分な大きさのコンテナなので小さな小屋に残り15、17台分車が停められるスペースがあっても

「15、17台分車が停められるスペース」は住宅用地の軽減は受けられません、コンテナのあるクルマ2台分の敷地だけです。
昔は、住宅自体にも最低面積があったと記憶していましたが、現在はどうなのか?
風呂や台所、居室などが独立した構造になっている必要があるが、クルマ2台分のコンテナでそれが可能か?ですね。

固定資産税が年100万もする土地なら、月極でも月1万円は可能でしょう。
15台で、月15万、年180万になりますが、駐車料金が安すぎませんか?

Qその年度の固定資産税は納付したのにまた固定資産税

こんにちは。

22年3月に自宅土地・家を売却しました、22年度固定資産税は納付済み。(家は未登記です)
家についてはほとんど価値がないと思っていたので、単なる上ものとして売却したのですが、23年度の家の固定資産税納付通知が来ました。

え!??と思って問い合わせてみると家は私の所有になっているとの事です。
では、私の所有ならば、他に売る事ができるのでしょうか?

Aベストアンサー

登記物件である土地は
所有権移転等(売買、贈与、相続)
があれば法務局から市町村に通知がいく。
今回のケースは未登記であるがため
自己申告(未登記家屋の所有権移転届け)
が無かったため
起こった現象です。
http://www.city.shibushi.lg.jp/www/contents/1189497227156/index.html
と言っても
ふつーは、土地と建物は一緒に移転(売買)するから
市町村も「変だ」と思うもの。
これは、これとして
今提出しても賦課期日(1月1日)以降のため
修正は効かないなら
建物の納通を右から左(購入者)に渡すのが
一番簡単な方法。
あとは、来年度の課税に間に合うように
未登記家屋の移転届けを
市町村に提出しましょう。

Q固定資産税の滞納行き着く際は? 所有不動産(賃貸物件)に対する固定資産税 年税額=360万円 家賃収

固定資産税の滞納行き着く際は?
所有不動産(賃貸物件)に対する固定資産税
年税額=360万円
家賃収入全額銀行返済
固定資産税支払不能の状態になるのは必定。
滞納し始めるとどうなりますか?
銀行の返済分の一部を固定資産税へと思いますが
法的には優先順位あるのでしょうか?

Aベストアンサー

固定資産税は、市町村の財源で重要になるため、支払いが滞ると不動産の差押えられ、強制競売されます。
そして、競売代金から優先的に回収されます。
その時の分配方法は、「滞納処分と強制執行等との手続の調整に関する法律」に基づいて行われます。

固定資産税の支払いが無理なら、銀行と相談の上、任意売却に切り替えて
少しでも高く買い取ってもらうようにしてください。

なお、銀行と相談しないと、今度は、銀行が抵当権に基づく強制執行がまっていますので・・・。

Q住宅増築時の資産価値、固定資産税の算出基準がわかりません

先日顧客から、
住宅の増築の設計商談の時点で、
「固定資産税はどのぐらい上がるんだい?」
と聞かれました。

当方、固定資産税の増減基準や現状、実情の情報に乏しい為、
詳しい方や実際に施工した方で「これだけ上がったよ」と言う方、
税務関係の方、

是非ご教授願います。
おおよその仕様ですが、
布基礎打設、一階部屋部増築、屋根部延長、(二階は絡まない)の増築で、4坪程既存部に対して増築します。

特別な設備などなく、既存と延長の仕様で、
木造軸組工法、外壁は窯業系サイディング仕様、
壁厚100mmグラスウール断熱仕様、屋根金属蟻掛長尺トタン、
場所は北海道です。
既存住宅は築15年程です。
ちなみに建築確認申請(顧客の意向)はしませんが、
申請の有無によっても、金額は変わるのでしょうか?

そもそも、住宅の償却年数、増改築後の資産的価値などもハッキリとした基準がわかりません。

自分の過去の顧客に聞く事にしては、
立ち入った事ですし、プライベートな事なので。。

Aベストアンサー

本当におおざっぱですが、一般住宅家屋の場合、1m2あたり約10万円前後の評価がつきます。

よって、
4坪=13.2m2
10万円 × 13.2m2 = 132万円
132万円 × 1.4% = 18,480円

金額に多少の前後は有りますが、15,000円~20,000円の範囲内に納まるかと思います。

Q住宅新築に伴う不動産取得税or固定資産税は安くなる?

こんにちは、みなさん!!

【質問】新築した住宅に伴い、役所が、不動産取得税、固定資産税の
    の評価額を算定するために、来客すると連絡がありました。

    税金を安くするためにこの調査に対応する方法はあります     か?

    ただ、聞かれた事に返答すると、高い税金を請求される気が
    します。


ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

固定資産税における家屋の評価額は、総務大臣の定めた固定資産評価基準に基づいて算出しています。また、評価基準では、再建築費(価格)を基準として評価する方法(再建築価格方式)により家屋の評価額を求める方法を採用しています。
 この再建築価格方式は、評価の時点において、評価の対象となった家屋と全く同一のものをその場所に新築するものとした場合に必要とされる建築費を求め、その家屋の建築後の年数の経過によって生じる損耗の状況による減価を考慮し(必要に応じて更に需給事情による減価も考慮し)、その家屋の価格を求めるものです。
 具体的には、評価しようとする家屋について、単位当たり再建築費評点を付設し、経年(損耗)の状況による減点補正率を乗じ、更に床面積及び設計管理費等を考慮した評点一点当たりの価額を乗じて、評価額(価格)を求めます。
 家屋の評価額(価格)の求め方を算式で示すと、次のとおりとなります。

(算式)
家屋の評価額(価格)= 単位当たり再建築費評点×経年(損耗)状況による減点補正率(×需給事情による減点補正率*必要に応じて)×床面積×評点一点当たりの価額

固定資産税における家屋の評価額は、総務大臣の定めた固定資産評価基準に基づいて算出しています。また、評価基準では、再建築費(価格)を基準として評価する方法(再建築価格方式)により家屋の評価額を求める方法を採用しています。
 この再建築価格方式は、評価の時点において、評価の対象となった家屋と全く同一のものをその場所に新築するものとした場合に必要とされる建築費を求め、その家屋の建築後の年数の経過によって生じる損耗の状況による減価を考慮し(必要に応じて更に需給事情による減価も考慮...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報