以下のような計上、処理の仕方は間違っているのでしょうか。ご享受ください。

賞与支給時期:6月、12月 決算月:3月

4-6月に夏季賞与分を10ずつ引当、7-12月に冬季賞与分を15ずつ引当、1-3月に翌期夏季賞与分を10ずつ見積もり引当。

前期 P/L 賞与引当金繰入額 30 B/S 賞与引当金 30

4月賞与引当金繰入額10賞与引当金10
5月賞与引当金繰入額10賞与引当金10
6月賞与引当金繰入額10賞与引当金10

6月夏季賞与支給賞与引当金60現金60

7月賞与引当金繰入額15賞与引当金15
8月賞与引当金繰入額15賞与引当金15
9月賞与引当金繰入額15賞与引当金15
10月賞与引当金繰入額15賞与引当金15
11月賞与引当金繰入額15賞与引当金15
12月賞与引当金繰入額15賞与引当金15

12月冬季賞与支給賞与引当金90賞与引当金繰入額90
賞与 90現金 90

1月賞与引当金繰入額10賞与引当金10
2月賞与引当金繰入額10賞与引当金10
3月賞与引当金繰入額10賞与引当金10

H26/3期末
賞与引当金繰入額60
賞与90
賞与引当金(残高)30

この場合、賞与引当金繰入額計と賞与引当金残高が一致しないのですがいいんですかね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

賞与引当金に限らず、引当金を計上できる条件(いわゆる引当金の4要件)を思い出すといいかもしれない。



引当金の4要件は次のものだ。
1.将来の特定の費用または損失
2.発生が当期以前の事象に起因
3.発生の可能性が高い
4.金額の合理的な見積可能

賞与引当金に当てはめると、当期に引当金計上できるのは、要件1と2とから、来期の賞与のうち当期負担となる分だ。これは、当期の賞与のうち当期負担となる分については賞与引当金を使うことができず、したがって賞与引当金繰入額も使うことができないことを意味する。

ご質問の事例でいえば、6月支給の夏季賞与のうち当期負担である4~6月の費用、12月支給の冬季賞与の費用(7~12月の全部が当期負担)はともに、賞与引当金も賞与引当金繰入額も使うことができない。そのため、月次で積んでいた分は逆仕訳で戻し入れる必要がある。そして、費用計上をするのに最も適切な科目を探せば、賞与勘定となる。


他方、夏季賞与のうち前期負担として1~3月にわたり賞与引当金に計上していた金額よりも実際の支給額が少なかった場合には、少なかった金額につき、賞与のマイナス計上や賞与引当金戻入益(販管費や売上原価の一項目)などで調整する。

ただし、前期におこなった引当額の見積計算をその時点で誤っていたなど、前期の賞与引当金計上額を誤って計上していた場合には、原則として前期の決算書を修正する。


なお、ご質問内容から、賞与の算定期間が夏季賞与につき1月~6月、冬季賞与につき7月~12月であることを前提にしている。

算定期間がこれと異なる場合には(例えば夏季賞与につき10月~3月、冬季賞与につき4月~9月)、計上する科目が異なってくる可能性がある。(かっこ内の事例でいえば、3月時点で夏季賞与の算定期間が満了し賞与支給額が確定することになるため、期末の貸借対照表には賞与引当金ではなく未払費用が計上される。)
    • good
    • 4
この回答へのお礼

丁寧なご説明ありがとうございました。

詳細に説明いただき、賞与引当金に係る理解が深まりました。

ベストアンサーに選定させて頂きます。

お礼日時:2014/08/15 13:32

念のため、別の角度からも理由をあげておく。



賞与引当金は、対象期間が当期に属するものにつき引き当てるために計上する。その繰入のために用いられるのが賞与引当金繰入額勘定だ。そのため、仕掛品に計上される賞与引当金繰入額のない限り、賞与引当金と賞与引当金繰入額とは一致する。上場企業で経理業務に従事していると、監査法人から指摘されることの多い事柄のひとつである。

また、賞与引当金の残高よりも賞与の支給額が多い場合、その差額を賞与勘定に計上する。
http://kessansyo.com/9e-3.html

ご質問者さんにおかれては、理由のない誤った回答に惑わされないよう、気を付けられたい。

この回答への補足

 丁寧なご説明ありがとうございます。
 期末の賞与引当金と賞与引当金繰入額が一致する根拠について理解できました。只、賞与勘定を使うタイミングについて、まだピンときていない部分があります。

 期中の夏季及び冬季賞与支給のうち、前期計上した引当金を超える分については、賞与勘定で処理し、期中計上した賞与引当金繰入額のうち、期中の実際支給した賞与に係る分については、逆仕訳するという理解でよろしいのでしょうか。

 また、今期夏季賞与額が前期計上した引当金以下だった場合は、差額についてどのように処理するのでしょうか。
 

補足日時:2014/08/14 22:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/08/15 13:37

こんにちは。



>この場合、賞与引当金繰入額計と賞与引当金残高が一致しないのですがいいんですかね。

はい。決算では、賞与引当金繰入額の合計額と賞与引当金の残高が一致しなくて構いません。


◇12月冬季賞与支給時の仕訳:

〔借方〕賞与引当金90/〔貸方〕現金 90

が正解。
賞与引当金90と賞与引当金繰入額90とを相殺してはなりません。
また、「賞与」勘定は発生しません。


◇H26/3期末の元帳残高:
賞与引当金繰入額(累計額) 150
賞与(累計額)        0
賞与引当金(残高)     30

です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/08/15 13:27

年1回以上、定期的に賞与が支給される場合、賞与引当金繰入額計と賞与引当金残高は原則として一致する(仕掛品に賞与引当金繰入額が含まれる場合を除く)。

賞与引当金は来期に向けた引当であり、賞与引当金繰入額はその引当に対応するものであるためだ。

お書きの仕訳では、夏季賞与支給時の仕訳が誤っている。
正しくは、
賞与引当金 30/現金 60
賞与 30/
賞与引当金 30/賞与引当金繰入額 30(当期4~6月計上分の戻入)
となる。

なお、賞与引当金の考え方は上記のとおりなので、期首賞与引当金額+期中賞与引当金繰入額-期中賞与支給額=期末賞与引当金額の等式は「期首賞与引当金額=期中賞与支給額」の場合にしか成立しない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/08/15 13:36

通常、期首賞与引当金額+期中賞与引当金繰入額-期中賞与支給額=期末賞与引当金額ですけど、なにか?

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

なんとなくは理解できた気はするのですが・・・。
この例での期中賞与支給額は夏季賞与支給時の引当金取り崩し60及び冬季賞与支給時の賞与90の合計150ということでよろしいのでしょうか。

また、この例の場合、夏季賞与支給時は賞与勘定を使って処理はしないのでしょうか。

質問ばかりで申し訳ありません・・・。

補足日時:2014/08/13 23:34
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/08/15 13:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q賞与の所得税

先週、賞与が振り込まれたのですが所得税の多さにビックリしています。
所得税の税率は均一ではなく、先月の給与とかで調整するのでしょうか?
6月の給与は
総支給35万(-社保2.7万-所得税8.7千ー住民1.8万)=30万
7月賞与42万(-社保4.7万-所得税2.9万)=34万
保険は分かるのですが所得税は引かれすぎませんか?
年収は400万ぐらいです。
何か分かりましたら教えてください。

Aベストアンサー

賞与の税率は、前月の課税対象額に対して一律に税率が決まっています。
扶養人数が0人ということで計算すると、前月の所得30万(以上)=税率8%です。

計算式
(賞与ー社会保険合計)×税率に当てはめると
(420000-47000)*0.08=29840
なので、計算は間違っていません。

もし前月の所得が29万9999円以内もしくは、扶養人数が1人いらっしゃれば税率=6%ですので、数字が違ってきます。

Q貸倒引当金繰入額の計上について

決算月が6月で、今期の12月に受取手形1,000,000円受け取りましたが、その振出人である得意先が11月に会社更生法を申し立て、裁判所から更正手続き開始の決定を受けた段階です。
現在は、不渡手形100万/受取手形100万、の仕訳をしています。

個別評価金銭債権は50%貸倒引当金繰入額に計上できる、との事ですが、不渡手形勘定はそのままで、単純に 貸倒引当金繰入額50万/貸倒引当金50万の仕訳を追加するだけでよいのでしょうか?
「破産更正債権」勘定を使用する必要があるのでしょうか?
個別評価金銭債権の貸倒引当金と、前期で計上した一括評価金銭債権の貸倒引当金と勘定科目を区別して計上する必要があるのでしょうか?
貸倒引当金繰入額の計上は会社更生手続開始の決定を受けた時点で50%計上しても構わないのでしょうか?それとも期末で計上するべきでしょうか?

Aベストアンサー

手形の受取が12月で、更生手続き開始が11月ですか?逆でしょうか。
非上場の法人として処理を考えてみます。
まず、更生手続きが開始されていますので、不渡り手形を破産更生債権に振り替えます。
更生手続き開始時点で
破産更生債権 100万 / 不渡手形 100万
御社の5月末時点で上記債権がそのまま残っており、かつ債権回収予定額が未定であったとすると、個別評価金銭債権として50%の50万を貸倒引当金に計上します。もちろん、決算整理ですね。貸倒引当金の設定は、期末における債権について、将来的に貸倒れの可能性のあるものを見積もるものですから、期中に計上することはありません。
貸倒引当金の貸借対照表上の表示については、科目ごとに控除する方法が原則ですが、通常は一括で表示してかまいません。ただし、破産更生債権についての貸倒引当金の表示区分は流動資産になりますので注意してください。
と偉そうに書いてきましたが、私も、監査のときに会計士さんから言われたことの受け売りでした。

Q賞与にかかる所得税

本日、夏の賞与が出ました。

昨年度(H20)の夏の賞与にかかる所得税は23,000円だったのですが、今年(H21)、夏の賞与にかかる所得税は86,000円に跳ね上がっていました。

ここ数年、年収に変化はありません。
このように所得税が跳ね上がることはあるのでしょうか。。

Aベストアンサー

下記の備考を見て下さい:表の下の方です
参考:賞与に対する源泉徴収税額の算出率の票(国税庁)
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2008/data/04.pdf
前月の給与が残業等で多くなると、賞与から引かれる所得税が増えたりしますが・・年末調整で調整されますから、最終的には多く取られる事はありません

Q賞与引当金繰入額について

おはようございます。
いつもお世話になっております。

賞与引当金繰入額についてご質問があります。

ある企業の損益計算書の販売管理費を見ていますと、賞与引当金繰入額が前年までに勘定科目として出ていなかったにもかかわらず、ある年から突然勘定科目として出ていました。

何故、突然勘定科目として出てくるのでしょうか?

ちなみに、その賞与引当金繰入額という科目は、「その他経費」に含めることが出来るのでしょうか?

どなたかご回答頂ければと思います。
宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

ご質問の詳細状況が不明ですので、的確な回答になっているかどうか不安ですが、次ぎの点が考えられます。

1.「突然勘定科目として出て」きた理由は、考えられる可能性として、以下のどれかでないでしょうか。
A. 賞与の支給が前年度にはなくて、(1)今年度から始まったか、もしくは(2)今年度が業績が良かったので支給された、あるいは、
B. 前年も支給していたが、(1)決算期内に現金支給していたのを今年から、現金支払いが決算期後になったので引当金とした、(2)あるいは、前年は、決算期に引当金として計上していないで、支払い時に「賞与」処理をしていたが、本年から、引当金計上とした。

なお、これは、(金額的に多額であれば)重要な会計方針の変更に該当しますので、財務諸表の脚注表記が要請される事項です。

2.賞与引当金は、「人件費」に分類される性質の費用ですので、「その他経費」に含めるのは、妥当ではありません。

Q賞与の源泉所得税

賞与の源泉所得税について教えてください。

私は賞与の額から社会保険などの金額を引いたものを元に税額を計算していましたが、今日あるところを見ていたら、下記のように賞与額を元に税額を計算していて、どちらが正しいのかわからなくなりました。

賞与額   税率   源泉所得税
400,000 × 4% = 16,000 円     

私の場合は

賞与額
400,000 - 各保険料 = ??? ← これを元に4%(税率)で 源泉所得税額    

Aベストアンサー

賞与にかかる源泉所得税は
少し特別な計算方法で行います。
国税庁のホームページもしくは検索サイトで
源泉徴収税額表で検索すればpdfにてダウンロードできます。
簡単に説明しますと、、、
税率(a)は賞与の支払らわれた前月の保険料控除後の金額と扶養家族数
で求めます。(17ページを理解してください)
そして賞与にかかる源泉所得税の計算は
賞与額
(400,000 - 各保険料)かける税率(a)です。 
 

Q賞与引当金繰入額について

はじめまして、経理初心者です。同じような質問を探して読みましたが、それでも解らない点があったので質問させていただきます。
まず弊社では、
①毎月の月次決算と四半期決算を行います。(事業年度は4~3月)
②7月支給の賞与の為に1~6月に引当金計上、12月支給の賞与の為に7~11月に引当金計上。仕訳は毎月
(借)賞与引当金繰入/(貸)賞与引当金

③1~6月に引当金計上したものを、7月賞与支給時に
(借)賞与/賞与引当金繰入
の仕訳で科目振替しており
(借)賞与引当金
の仕訳で引当金の戻りをしています。
賞与引当金繰入額と賞与引当金の残高0。

しかし、12月支給時に7~11月に引当金計上した分は、
(借)賞与引当金
の仕訳で引当金の戻りをしているのですが

7月支給時のような
(借)賞与/(貸)賞与引当金繰入
の仕訳を入れておらず、賞与引当金繰入額の残高が残っています。

12月支給時に賞与引当金繰入額の残高が残っていてよいのでしょうか。PLは翌期に数字が繰り越されないから良いのでしょうか(じゃあ何故7月支給時は繰入額を賞与に振替えて残高0にしたのか?)(賞与も引当金繰入額も結局は費用科目だから良いのか?)(賞与引当金繰入額は損金として認められないから賞与に

はじめまして、経理初心者です。同じような質問を探して読みましたが、それでも解らない点があったので質問させていただきます。
まず弊社では、
①毎月の月次決算と四半期決算を行います。(事業年度は4~3月)
②7月支給の賞与の為に1~6月に引当金計上、12月支給の賞与の為に7~11月に引当金計上。仕訳は毎月
(借)賞与引当金繰入/(貸)賞与引当金

③1~6月に引当金計上したものを、7月賞与支給時に
(借)賞与/賞与引当金繰入
の仕訳で科目振替しており
(借)賞与引当金
の仕訳で引当金の戻りをしています。
...続きを読む

Aベストアンサー

>1~6月に引当金計上したものを、7月賞与支給時に
(借)賞与/賞与引当金繰入
の仕訳で科目振替しており

誤りです。7月賞与支給時の仕訳は、
〔借方〕賞与引当金/〔貸方〕普通預金
です。

>(借)賞与引当金
の仕訳で引当金の戻りをしています。
賞与引当金繰入額と賞与引当金の残高0。

もし賞与引当金が余れば、次のように戻します。
〔借方〕賞与引当金/〔貸方〕賞与引当金戻入額

このように、賞与引当金の残高を0にします。賞与引当金戻入額の残高は、0にしてはなりません。損益計算書に残しておかなければなりません。

なお7月賞与支給時に、賞与引当金の残高が不足する場合の仕訳は、
〔借方〕賞与引当金/〔貸方〕普通預金
〔借方〕賞与/

損益計算書には、賞与引当金戻入額と賞与の残高を残すことになります。

以上、12月賞与支給時も同じです。

Q賞与の所得税

今年から所得税が下がり、住民税が上がると聞いていますが、
昨年と今年では賞与はほとんど同額であるにもかかわらず、
今年の賞与にかかる所得税が、昨年に比べて大幅に高く引かれていました。
(給与に関しては2月より所得税が減額されて、6月より住民税が増額されています。)
なぜ、このようなことになるのでしょうか?

Aベストアンサー

列車をわざと緊急停車させ逃げる目的で、女子高生の同意を得て、女子高生にナイフを突きつけてトイレに連れ込んだりして強姦騒ぎを起こして、列車が緊急停車すると、女子高生と二人で逃げました。


賞与に対する源泉所得税の税率は、賞与金額で決まるのではなく、前月の給与の金額で決まります。給与金額が多ければ源泉税も多くなります。

更に言うと、所得税は税率区分が増えた関係もあり、賞与についての源泉税の金額はむしろ増える形になることがあります。なので給与金額に大きな差異がなくてもそういうことは起きえます。

ただそもそも源泉税はあくまで「仮に納付する所得税」に過ぎず年末に調整されますので、現時点での源泉税を単純に比較しても仕方ない話ですけど。

Q貸倒引当金と貸倒引当金繰入

興味を少し持ったため簿記(3級)の勉強をしています。

現状私が理解していること(間違っていたら補足してください)

貸倒引当金とは貸倒が起こり売掛金や受取手形等を償却しなければならなくなったときのために、あらかじめ見積もっておく額の勘定科目。

貸倒引当金繰入は、決算において売掛金と受取手形の合計額に対し貸倒引当金が一定の割合(3%等)になるように
指定した率の額にするために必要な額の勘定科目

だと思っています。貸倒引当金の額を3%に設定し、決算後の貸借対照表で

売掛金 1000 
受取手形 4000
貸倒引当金 150

となったとします

次の年の残高試算表と売掛金、受取手形の修正記入の処理をしたところ

売掛金 1000
受取手形 2000
(残高)貸倒引当金 120

となったとすると、貸倒引当金は3000*0.03=90でいいことになります。この差額の120-30=90はどうするのでしょう?資本金に振り替えたりするのでしょうか?

Aベストアンサー

まず初めに引当金の計上方法として差額補充法と洗替法があります。

まず考え方が楽な洗替法から説明しますと、決算整理は
貸倒引当金150/貸倒引当金戻入150
貸倒引当金繰入90/貸倒引当金90
という風に引当金を一回ゼロに戻して再計算するという方法です。

次が差額補充法で、決算整理は
貸倒引当金30/貸倒引当金戻入30
として差額の分のみ計上します。

もし例題のように引当金が余ったんではなくたりなかった場合は
貸倒引当金繰入/貸倒引当金
として足りない分を計上します。

Q賞与の所得税額について

主人の 冬季賞与が出ましたが 明細を見たら 賞与額が87万2千円に対し 所得税が9万1145円もとられていました。

去年の冬季賞与は 賞与額72万3千円に対し 3万7766円でしたが5万5千円近くも 所得税が増えていて驚きましたが 今回の税額が何故こんなに上がったのか調べてみても 計算とかよくわかりません。

年末調整で返ってくるのでしょうか?

どなたか わかりやすく教えて下さい!!

Aベストアンサー

示しにくいプライベートな情報、恐縮です。お話を総合すると

◇去年の賞与

総額(A) 723,000  社会保険料(B) 93,634
社会保険料控除後の賞与の額=(A)-(B)=629,366

所得税額(C)  629,366×6%=37,776

◇今年の賞与

総額(A) 872,000  社会保険料(B) 112,455
社会保険料控除後の賞与の額=(A)-(B)=759,445

所得税額(C)  759,445×12%=91,115

上でお分かりのように去年は税率6%、今年は12%で計算されています。ご主人の社会保険料控除後の月給額は40万弱と推定されますから、
賞与にかかる税率6%というのは妥当です。したがって今年は間違った税率で計算されている可能性大です。

 たとえ間違っていても、年末調整で調整されて、納めすぎた分はもどってきます。(賞与の分の間違った税額がぼっこりもどってくるという考えでなく、給与・賞与の合計額と基礎控除・扶養控除・保険料控除そのたの控除を加味してトータルにお考えください。)

 でも、賞与の税額が間違っているのでは? とご主人に会社に伝えてもらってもいいかもしれません。
 賞与の税額を間違うようでは年末調整の計算も間違うかもしれないといっては会社に失礼かもしれませんが)

#4より

示しにくいプライベートな情報、恐縮です。お話を総合すると

◇去年の賞与

総額(A) 723,000  社会保険料(B) 93,634
社会保険料控除後の賞与の額=(A)-(B)=629,366

所得税額(C)  629,366×6%=37,776

◇今年の賞与

総額(A) 872,000  社会保険料(B) 112,455
社会保険料控除後の賞与の額=(A)-(B)=759,445

所得税額(C)  759,445×12%=91,115

上でお分かりのように去年は税率6%、今年は12%で計算されています。ご主人の社会保険料控除後の月...続きを読む

Q貸倒引当金と貸倒引当金繰入

貸倒引当金繰入は費用のグループに属するので貸倒引当金繰入が増えたら借方が増えるというのはわかります。
貸倒引当金が増えたら貸方が増えるのはわかりますが、この貸倒引当金はどのグループに属するものなのでしょうか?収益でもないし、負債のグループに属するということでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

資産だと思います。
もっと言うと、資産のマイナス勘定です。

実際に貸し倒れたら、受取手形や売掛金が減りますよね。
でもまだ「そうなった時のための見積もりをしている」段階ですから、貸倒引当金繰入の相手勘定としてそれらの資産を減らすことはできません。
だからとりあえず貸倒引当金勘定を使って処理しておく、ということです。
資産の減少を表すので、貸方です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報