新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

文禄、慶長の役で秀吉は帰国時、朝鮮半島からたくさんの人を連れてきたでしょうか?
仮にそうだとしましと、その方々はどのような仕事に従事したのでしょうか?
なかなか昨今の国際情勢上、センシティブな部分もあるかとは思いますが、あくまでもフラットかつ、プレーンな気持ちでお伺いしているつもりです。どうぞよろしくお願い致します。

A 回答 (5件)

主に陶工や儒家が、日本に連れられて来たみたいですね。



江戸幕府が開かれると、朝鮮との国交を回復し、捕虜の帰還事業も始まります。

概要では儒家は帰国をし、陶工等の職人の多くは残ったと言われていますが、正確な資料は知りません。

ただ陶工等と発言はしましたが、実はちょっと陶工以外の職人は知りません。

朝鮮は貨幣経済も未発達であり、車も無く羊も無く針も無く・・・・。

木桶程度を作る技術も無く、其の為に重い陶器で水を運んでいたりしていたので、陶工はいたのですね。

そして帰還事業が実って、朝鮮との交易も再開します。

交易は対馬藩の独占を幕府は許していましたが、交易品は中国の絹や生糸、朝鮮人参等で、明との交易路の無かった時代には、重宝していたようです。

しかし其れ等の生産が日本国内でも行われるようになって、次第に規模は縮小したみたいですが、続いてはいったようです。


以上の情報を見る限りでは、主に陶工だけで、更には彼らが寄与したのは「磁器」だけのようですね・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます、大変勉強になりました。

お礼日時:2014/09/18 10:21

いわゆる強制連行ですね



つれてきた人は技術者が多かったようです
陶器や磁器の職人ですね


そういえばネットの人が言ってましたが
木下さんって朴と言う朝鮮人なんでしょ?
って事は秀吉は朝鮮人

日本は朝鮮に支配されたって事ですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

本質問の趣旨からは外れますが、秀吉がおっしゃるとおりのバックグラウンドだったとしましすと、問題は、渡来人がいつから日本人になるのか、というポイントに移るのではないでしょうか? 現在なら、気化して、日本人のパスポートを持っていれば、となるのかもしれませんが、そのようなルールが曖昧な当時、何をもってそう言い切るのか、私はまだまだ勉強不足ですので、掘り下げはこれからになりますが非常に興味深いです。

お礼日時:2014/09/18 10:19

補給物資も用意されぬまま、無意味な出兵をやらかしたんですから、


帰還兵の回収だけで精一杯だったのではないかな? 

文禄慶長の役は、明らかなミスです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
他の皆さんのご指摘によりますと、陶工等を連れ帰ったとのことでした。
ご参考まで。

お礼日時:2014/09/18 10:23

サルが連れてきたと云うより、武将のうち茶道に狂った連中が陶器、磁器の窯元を丸ごと移しちゃったと云う方が正確でしょう。


以前から朝鮮半島からの渡来者の数は莫大でした、特に我が国では「特殊技能者」は手厚い保護を受けられ、時には小大名より「格上」扱いになる。
朝鮮半島では両班(貴族階級、知識人)が頂点を独占し、いかにセンスの良い作品を作っても最下層から脱けられない、それに嫌気が差すととっとと我が国に来てしまう、もちろん一応入国審査はあるが、自分の「傑作」を見せれば大名も商人も争って(連中に雇われた奴らの血を見ることも少なくなかった)招き手厚く保護した。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
大変勉強になりました!

お礼日時:2014/09/18 10:24

長崎県の波佐見焼きはご存知でしょうか??


全国的にも有名な焼き物ですが
文禄、慶長の役でつれて来られた朝鮮陶工により
その技術を伝授してもらったのが始まりです。

他にも、多々
朝鮮の先進的な技術が日本に伝えられたのでしょうね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
波佐見焼の湯飲みはポピュラーですよね、某国営風放送局食堂の湯飲みもこれだった気がします!

お礼日時:2014/09/18 10:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q秀吉の朝鮮侵攻で連れてこられた朝鮮人

秀吉の朝鮮侵攻で多くの朝鮮人が連れてこられたと聞きました。
一体全部で何人くらいの方が連れて来られたのでしょうか?
あるテレビ番組で「千人単位で連れ帰った」と聞いたので、ちょっとびっくりしました。
陶工などは厚遇されたようですが、その他の人はどのような扱いを受け、どのような人生を送ったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。窯業関係者です。
朝鮮陶工を連れてきたのは秀吉というより、
諸藩の武将達です。(加藤清正など)

おもに九州~西日本ですが、
鍋島藩で、150人くらい、全体で1000人程度
ではなかったか?と言うのが一般的な説です。

「1000人単位で連れて帰った」
と言うのは初耳ですね。

陶芸は色々な専門職があり、
(当時、朝鮮ではどの程度仕事が細分化されていた  か?は存じませんが)
粘土を調達する人、ロクロを回す人、絵付けの人、
等々、各藩100人前後だった、というのが、
妥当な所ではないでしょうか?

その他の戦争捕虜が何人くらいいたのか?
は、他の方にお任せいたします。

確か加藤清正に付き従って帰化した朝鮮の武人が
いたと思いますが、記憶が定かではありませんので、
これにて。

Q秀吉と朝鮮人陶工

韓国に旅行し、青磁、白磁の窯元を訪れたのですが、その際ガイドさんが「秀吉が朝鮮人陶磁器芸術家を拉致して行ったため、先端的な陶芸技術が日本に流出した」といった説明をしました。


秀吉が愛したのは整った様式美の青磁や白磁ではなく、生活雑器として使われていた、無骨で安価なすえ器のようなものだったようです。彼はそんな物を法外な高値で買いあさったと呉善花などは書いています。

日本に連れ帰った陶工にしても、当然芸術家レベルの人々ではなく、当時の朝鮮社会で最底辺をなしていた労働者であり、彼らをよい条件で召抱え、窯を築かせ保護育成したというのが真相ではないかと思うのですが・・・

また今なら「強制連行」「拉致」と言われるかもしれませんが、当時、戦利品?として連れ帰ったと言えるのではないでしょうか?現代の尺度で考えるべきではないと思うのですが。

帰国は許されなかったようで、彼らが抱いた望郷の念を思うと悪いことをしたのでは・・・とも考えますが、文化の伝播とはいつでもそんなことから始まり、現地化して花開くと思っています。

陶工が連行されて技術を日本に盗まれたという言い方は不適切なのでは?それに、肉体労働を極端に卑しめる儒教社会で厳しい差別を受けつつ、貧しい暮らしをするより、それなりに職人を待遇してきた日本に生きる方が結果として
良かったのではと考えたりします。

歴史の解釈はいろいろですが、韓国が公式にとっている歴史解釈は何であれ、あまりに手前味噌といった感じを受けます。

朝鮮人陶工に関して意見を聞かせてください。

韓国に旅行し、青磁、白磁の窯元を訪れたのですが、その際ガイドさんが「秀吉が朝鮮人陶磁器芸術家を拉致して行ったため、先端的な陶芸技術が日本に流出した」といった説明をしました。


秀吉が愛したのは整った様式美の青磁や白磁ではなく、生活雑器として使われていた、無骨で安価なすえ器のようなものだったようです。彼はそんな物を法外な高値で買いあさったと呉善花などは書いています。

日本に連れ帰った陶工にしても、当然芸術家レベルの人々ではなく、当時の朝鮮社会で最底辺をなしていた労働者で...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

丁度今、「新版雑兵たちの戦場 中世の傭兵と奴隷狩り」(藤木久志著 朝日新聞社刊)と言う本を読んでいた所ですが、この本に拠ると戦国時代の日本では、戦場になった村々での略奪や奴隷狩りは日常的に行われており、手柄を立てても主君から恩賞を貰える訳ではない雑兵・下人達の重要な収入源になっていたようです。これらの雑兵・下人達も大抵貧困層で、戦場での略奪を当てにして生活していた訳で、戦争には出稼ぎの側面が濃厚にあった訳ですね。
九州などでは日本人の奴隷売買業者が日本人の奴隷をポルトガル船に売り飛ばしたりしていたようです。
これが当時の社会の現実であり常識です。倫理感覚などという物は時代によって全く変わるので、一々それを過去の歴史に当てはめて断罪する事は歴史を理解する上で無意味だと思います。日本にも水戸史観と言うものが有りましたが、あれも相当陳腐ですね。
質問者様の言われる通り、日本に連行された陶工達は相当優遇され且つ尊敬されています。薩摩などでは立派な士分として扱われ、その子孫は西南戦争で西郷軍に参加する等、最も武士らしい武士になってさえいました。彼等は自分の立場に誇りを持っていたのですから、我々日本人も恥じる必要は全く無いと思います。

こんにちは。

丁度今、「新版雑兵たちの戦場 中世の傭兵と奴隷狩り」(藤木久志著 朝日新聞社刊)と言う本を読んでいた所ですが、この本に拠ると戦国時代の日本では、戦場になった村々での略奪や奴隷狩りは日常的に行われており、手柄を立てても主君から恩賞を貰える訳ではない雑兵・下人達の重要な収入源になっていたようです。これらの雑兵・下人達も大抵貧困層で、戦場での略奪を当てにして生活していた訳で、戦争には出稼ぎの側面が濃厚にあった訳ですね。
九州などでは日本人の奴隷売買業者が日本人の...続きを読む

Q朝鮮の李王家はなぜ再興できなかったのか?

朝鮮の歴史についての長年のギモンです
かつての李氏朝鮮(この呼び方はヨロシクないそうですが)は、長年の内紛や日本を中心とする列強の圧力により、最終的に当時の日本の併合され以降「日帝36年」の時代が続きます。朝鮮の皇族方は東京に送られ(招かれ?)以後日本の"準皇族"として赤坂(紀尾井町でしたっけ?)にお住まいになることになったそうです。
日本が連合国に降伏し東アジアが 西欧列強+日本 の支配から開放された後、当のエリアが次々と国家として独立を果たす中で、朝鮮半島も南北に分かれながらも一応の独立政府を持つに至ります。

このとき..朝鮮半島の人々の中には李王家についてどのような感情をもっていたのでしょうか?
シロート考えでは、儒教の盛んな国とのこと
「独立回復の暁には、何よりもまず苦労された皇族方をお迎えしてダナ...」
なんて動きがあったのかとおもいきや、どうもそういう話は聞きません。
それどころか、当の皇族方は日本に居続けたような話も聞きます。
独立後の当時の半島の人々の李王家に関する扱いや、想いがどのようなものだったのか?
なぜ、李王家は再興できなかったのか?
後存知の方があれば教えてください。

朝鮮の歴史についての長年のギモンです
かつての李氏朝鮮(この呼び方はヨロシクないそうですが)は、長年の内紛や日本を中心とする列強の圧力により、最終的に当時の日本の併合され以降「日帝36年」の時代が続きます。朝鮮の皇族方は東京に送られ(招かれ?)以後日本の"準皇族"として赤坂(紀尾井町でしたっけ?)にお住まいになることになったそうです。
日本が連合国に降伏し東アジアが 西欧列強+日本 の支配から開放された後、当のエリアが次々と国家として独立を果たす中で、朝鮮半島も南北に分かれな...続きを読む

Aベストアンサー

戦中、李王家は日本の皇族と同じ待遇を受けていました。(日本政府からです)
朝鮮本国からはかなり批判の的でした。(なんせ自分の国にいず、いわば敵国(のような存在の日本)でのうのうと暮していたのですから…実際はかなり情報が入らない状況に王家側がされていたのですが
で、戦後のGHQの指導により、皇族解体がなされます。他の臣民降下(ですか?)した元宮家には、天皇側からの下賜金(が何円か出て、高額な税金対策に対応したそうです)が出たのですが、準皇族であったこと・夫の李垠が陸軍に所属していたこと(戦犯者に属します)・他国の王朝の人間だったことによりもらえませんでした。(ただし所有地に高い税金はかかったので家屋敷は手放さねばなりませんでした)

日本では皇族ではなくなったため、朝鮮本国への帰国を希望しましたが、当時(1948年から)韓国では李承晩政権がはじまりました。彼は李王家の分家筋にあたる人でした。李垠・方子夫妻が帰国すれば直系の方に人気が行くことを恐れて、反日教育をし、李王家は日本に朝鮮を売ったのだと言い、彼らの帰国を許しませんでした。ようするに新政権には邪魔な存在だったのです。VISAの発給もしてくれなかったそうで、長い間無国籍状態で日本で生活していました。

また、李王家の直系は韓国併合時代に死んでいますし、李垠の妹の徳恵姫は元対馬藩主と結婚したものの精神病を患い、日本で入院していました。李垠・方子夫妻は日本、夫妻の息子はアメリカに留学してましたので、戦後の李王朝は直系がいなかったため再興されなかったのだと思われます。実際、李垠・方子夫妻・徳恵姫が帰国できたのは李承晩政権が倒れた後で、日韓の国交正常化が結ばれた後で、1960年代に入ってからでした。(既に国が成り立っていることと、帰国当時の李垠は脳血栓により意識が既になかった状態から再興の考えは上がらなかったようです。息子もずっとアメリカに永住していますし、奥さんはアメリカ人だったかな?)

韓国国民のほうはそんなに李王家に対し嫌悪的な感情は持っていなかったそうで、あまりにも冷遇を続ける李承晩元大統領のほうの人気が下がったらしいです。
しかし、李垠・方子夫妻の帰国前・後でも方子妃が日本人だというのはかなり冷たい目でみられたそうです。

北朝鮮の方はソ連指導下に置かれたため、全く音信不通でした。

戦中、李王家は日本の皇族と同じ待遇を受けていました。(日本政府からです)
朝鮮本国からはかなり批判の的でした。(なんせ自分の国にいず、いわば敵国(のような存在の日本)でのうのうと暮していたのですから…実際はかなり情報が入らない状況に王家側がされていたのですが
で、戦後のGHQの指導により、皇族解体がなされます。他の臣民降下(ですか?)した元宮家には、天皇側からの下賜金(が何円か出て、高額な税金対策に対応したそうです)が出たのですが、準皇族であったこと・夫の李垠が陸軍に所属していたこと(戦...続きを読む

Q65才からの年金支給の平均月額は

65才からの年金支給の平均月額は
平均でどのくらいなんでしょうか。厚生年金35年加入、男性定年後無職。年々減額されているとか聞きましたが。
10年先は、今よりもぐんと下がると思うので、今のうちからセカンド資金を準備しておかないと思いまして。

Aベストアンサー

「厚生年金35年加入」ですが、本当にこればかりは人それぞれに違いますので「年金機構」旧社会保険事務所で査定して見て下さい。今、申請するといくら支給されるのか、65歳になって国民年金と合算したものがいくら支給されるのか、全部出て来ます。私は63歳ですが60歳から「厚生年金」を受給致しています。これだけ仕事が無い、という時代に「減額でもいいから年金を」と思って藁を掴む思いで申請しました。厚生年金は「報酬比例部分」「定額部分」と二つに区分されています。60歳から申請すると、この「報酬比例部分」のみが支給され、64歳から「定額部分」が上乗せされ支給されますが、私は64歳まで待てないから「一部繰上げ」の申請をして今は全額支給されています。通常の年金額(64歳まで待った金額)と比較しても年間4万円しか違いませんでしたので、今の方法を選びました。65歳から「国民年金」が加算されます。その金額も全部算出してもらっています。年金だけは絶対、年金機構から申請の方法など教えてくれないので、自分で出向いて担当者に聞いて判断するしかありません。お役に立ったでしょうか?


人気Q&Aランキング