中小企業の働き方改革をサポート>>

you must visit Kyoto when you come to japan.

「あなたが日本に来た時」は未来なのに、主節は現在形なのはなぜですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

You must visit Kyoto when you come to Japan.


よく、参考書は、なぜ、副詞節(この場合when you come to Japan)が現在形かを問題にしますが、むしろ、なぜ主節にwillをつけたりするのかを問題にすべきではないかと思います。

英語にはフランス語のような未来形がありません。つまり、動詞に「未来変化」はありません。あるのは、過去形と現在形(もちろん過去分詞はありますが時制としては)の2つの世界です。
未来のことを表現するには、現在形でwillなりbe going toなり、be -ingなりで表現するわけです。

このwillというのは、なぜつけるかと言うと、意志をあらわすとか、いろいろありますが、1つの大事なポイントは、未来のことはまだ不確定であることを表すわけです。不確定だから、willをつけて、そうならない場合にそなえます。I'll go to Osaka next week.と言っても、予定が変更されるかもしれません。病気になるかもしれません。新幹線が止まるかもしれません。不確定な未来ですから、I go to Osaka next week.は普通用いません。

whenなどの条件節は、逆に、こういうwillみたいなものをつけると困ります。
これは条件です。~するときーーときっぱりと言わなければなりません。それを、willみたいな不確定な意味を加えたら、そうなるだろうけど、そうなったときにはーーみたいなことではいけません。きっぱりと、こういうとき、もしこうなったら、こうなる前に(以上はwhen, if, beforeに相当)とビシッと現在形で言うのです。条件ですから、はっきりとさせなければなりません。

主節は、こういう条件のときには、こうなるということで、この呼応関係を表すのにwillを使います。ところがお示しの文では、You must visit Kyoto when you come to Japan.で、willがありません。
これは、命令文と等しいからというのが1つの説明方法です。
Visit Kyoto when you come to Japan.という、副詞節に対して、willを用いる以外に、命令文というのもあるのです。you must visitはその命令文と同じ意味内容ですね。ですから、willがなくてもいいのです。ただし、You will have to visit Kyotoはどうかというと、これは、京都を訪れなければならなくなるーーという意味合いとなってしまうので、やはりmustでしょう。
また、mustでなくshouldはとてもいい表現です。
このように、must/shouldはそれなりに使う場合があるということになります。

以上、ご参考になればと思います。

この回答への補足

丁寧な回答で、感謝します。

もう一つ疑問なのですが、「~したなら~出来る」、「~したとき~出来る」というようにcanを使うことはありませんか?

そのときのcanはどう考えるのでしょうか。

補足日時:2014/10/21 21:06
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自己解決しました。
とても参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/21 21:12

時・条件を表す副詞節内では現在形を用いる、


という英文法における金科玉条があります。

http://e-grammar.info/tense/tense_14.html

この回答への補足

副詞節のルールは分かるんですが、主節が現在形なのが分からないんです。

補足日時:2014/10/21 19:03
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!