混合診療のメリットについて調べています。
根拠をつけてご説明してくださると嬉しいです。特に資料や参考文献を明記していただけると。

付属してですが、混合診療にした場合、国の医療費の負担は軽くなるのでしょうか?
保険適用と保険外を両立できるようになったことで保険適用される機会が増えるような気がしてしまうのですが…。

少しばかり急ぎなので、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

長くなるので質問事項のみに答えます。


1)混合診療にした場合、国の医療費の負担は軽くなるのでしょうか?
  →増える事があっても減る事はないでしょう。
2)保険適用と保険外を両立できるようになったことで保険適用される機会が増えるような気がしてしまうのですが→逆で、保険外で出来るのなら、保険外のまま・・・国の医療府負担は増やしたくないから。
ただし、私個人は混合診療の拡大には賛成です。
    • good
    • 0

混合診療推進派の言い分は、例えば進行癌で抗癌剤を使っていてだんだん効かなくなった時に、別の薬を試したいのだがそれは他の癌にしか保険適応がない時に、現状では薬だけ自費で購入し、癌自体の検査とか症状のケアを健康保険で行うと混合診療ということになります。

従って、入院料や検査を含めて全額自費負担にするか、薬剤費は病院側が(その気があればですが)研究費として負担することになります。それは患者にとって不利ではないかと。

しかし私を含めて反対派は、それよりも健康保険では最低限の医療だけ保証し、それ以上を望む場合は自己負担になるということを危惧しているのです。現在の歯科がそんな感じですかね。そうなると保険外診療に対する保険がビジネスになるでしょうけど、ハイリスクの人や高齢者の保険料はめちゃくちゃ高くなるでしょうから実質的に保険に入れないでしょうね。海外で認可されている薬の自己購入は今でもある程度みとめられていますし、それで十分ではないかと思います。

学生さんでしょうか、資料はいっぱいありますから自分で探して下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報