AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

Where are you ?
という文の構造が良く分かりません。

(1) Where are you from ?
とか
(2) Who are you ?
であれば

(1)は元の文が
You are from 〇〇.
ですし、
(2)の元の文は
You are 〇〇.
だと思います。

しかし
Where are you ?
という文は
You are in 〇〇.

などのように、前置詞が本来はいるはずだと思いますが、
それがありません。

「あなたはどこにいますか?(電話などの状況)」と聞く際は
Where are you in ?
などと聞くのが正しいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、疑問詞には2種類あると言えます。



what, who, whichなど、名詞(ときにwhat book, which houseなどのようの場合は形容詞)である疑問詞

where, when, why, howなどのように副詞である疑問詞

この2つの種類の疑問詞があるため、前置詞との関係がわかりにくいのだと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Where are you?

このwhereは副詞であるため、Who are you?のように名詞で答えるのでなく、副詞で答えることになります。
here/thereという語がwhereとつづりも似ていますが、まさにhere/thereが疑問詞になったのがwhereです。

Where are you?
I'm here.と答えることができます。
あるいは、
I'm in the kitchen.
のように、前置詞+名詞=副詞 という形で答えます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(1) Where are you from ?
この場合は特殊です。本来はfromのような前置詞があってはならないのですが、Where are you?ですと、どこから来た?という意味にはなりません。かといって、What place are you from?というのも、言いにくい、ということで、この特殊表現ができました。

I'm from Osaka.
のように答えます。あるいは、文脈によっては
You know Osaka? I'm from there.
と(ちょっと強引ですが)言えなくもありません。このI'm from there.が成立するのなら、
Where are you from?も成立するという理屈です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(2) Who are you ?
→このwhoは名詞なので、素直に名詞で答えられます。
I'm Mike.のように。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかしWhere are you ?という文はYou are in 〇〇.
などのように、前置詞が本来はいるはずだと思いますが、
それがありません。
→最初に説明したごとくです。前置詞が本来入るというより、副詞が入るのであって、
I'm here.なら前置詞はいりませんね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Where are you in ?
などと聞くのが正しいのでしょうか?
→間違いです。Where are you?だけで、居場所を聞いているので、inは不要です。fromが特殊だということです。

以上、ご参考になればと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ状況なを想定した例文で非常によくわかりました。
ありがとうございます!

お礼日時:2015/01/06 20:45

whereは、疑問副詞で、「どこに」とか、「どこへ」という意味ですから、前置詞は要らないのです。

副詞のthere(そこへ、そこに)とか、here(ここへ、ここに)という言葉と同様です。I go thereとか I am hereといい、I go to thereとか、I am at hereとかいわないのと同じです。

「あなたは(いま)どこにいるのですか?」と聞きたいなら、Where are you (now)?でよいので、答えはI am in Shinjuku. あるいはI am just at the door of your house.というふうになります。

Where are you from?は「あなたはどこから来たのか?」つまり「あなたの出身はどこですか?」というふうに副詞の前に前置詞がつくことはあります。たとえば、ここから駅まで、10分かかります、だったら、

It is 10 minutes from here to the station.

と、副詞hereの前に前置詞fromがついて、「ここから」となることはかまいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもよく分かりました。
ありがとうございます!

お礼日時:2015/01/06 20:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHow about you の意味と使い方がわかりません

How about you の意味と使い方がわかりません。
あなたはどう思っていますか?のような使い方だとは思うのですが、外人が話しているのを聞くとどうしてもいろんな使い方をしているような感じがして質問しました。使い方や話のどういう流れで使えばいいのか教えていただけませんか?よろしくお願いします

Aベストアンサー

あなたはどうなの?的な表現ですね。

例えば、

A:How's it going? (調子どう?)
B:Nothing much. (たいしたことないよ。)
How about you? (君はどんな感じ?)
A: Well, I'm alright. You know what? I've decided to move to NY next month. (まあまあかな。そういえば来月にNYに引っ越すことに決めたんだ)

------------------

A: Are you hungry? (おなかすいた?)
B: Yeah, a little bit, how about you? (うん、ちょっとだけ、君は?)


のような感じでしょうか。

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q英語が不得意で申し訳ないのですが、と伝えたい。

海外にメル友が出来たのですが、自分は英語能力が低い為、
間違った英文を送ってしまう事が多く、相手の方に申し訳ないと感じています。

そこで予め、相手の方に「私は英語が不得意なので、誤字脱字が多くてすみません。」と伝えたいのですが、

「I can't speak English very well, sorry.」
↑私には、この表現しか浮かびません。それとも、メールは話すのではなく「書く」ので、
「I can't write English very well,sorry.」の方が適切なのでしょうか?

また、これらの表現だと、「私英語が下手でごめん。」という軽い感じがするのですが、
「私は英語が苦手で、間違えが多いけど、どうぞお許し下さい。」の様に真剣さを出したいのですが、、。上手く英文が作れません。

また、せっかく出来たメル友に、見捨てられたくないので、
「英語が下手で、迷惑かけるけど、これから英語もっと勉強します!」
という表現の仕方をどなたかご存知でしたら、是非教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

I'm afraid my expressions may be rude or hard to read, because I'm not so good at English. But please, please be patient! I will try hard to learn English!

訳:
英語は得意でないので、無礼な表現や、読みにくい表現があるかも知れません。でも、お願いだから我慢してくださいね。頑張って英語勉強します!

Q「SWEET」とは、どういう意味なんでしょうか?

映画を観ていてふと思ったのですが、
男女間で言う「You are so sweet!」
というのはどういう意味なんでしょうか??sweetだけを辞書で引くと、
「優しい・愛らしい」とあるのですが・・。この文は友情で使うのでしょうか?それとも恋愛感情を入れて使う時もあるのでしょうか??
よろしくお願いします!!!

Aベストアンサー

「あなたはとても優しい」というのが本当の訳でしょうけど、恋人間の場合は、sweet=甘い=甘い関係みたいな関連で使われることもあるように思います。
でも、この「you are so sweet」は恋人だけのものではなく、普段でも使うように思います。

恋人には「sweet honey」なんて使うこともありますね。
you are my sweet you are my love なんて使うかな。

答えになってないかも・・・すいません。

Q女性に対する表現について(lovely, sweet, beautiful, sexyなど)

海外に住んでいる者(女)です。とても仲良しの男性が何人かいるのですが、それぞれ私に対して違った表現を使います。

1.オーストラリア人の50歳の友人は私のことを常に「sexy」と言います。「gorgeous」「beautiful」とも表現します。
また、イギリス人の30歳の友人は「lovely」「sweet」と表現します。「beautiful」とも言います。
私から見ると、この2人の表現には違いがあるような気がするんです。前者は、どちらかと言うと私を大人としてみていて、後者は、かわいらしいと感じているような気がするんですが、どうなんでしょうか?

2.イギリス人の友人は常に私のことを「baby」「babe」「darling」と呼びます。(恋人ではありませんが、それに近いくらい仲良しです。)これってイギリスでは当たり前のことでしょうか?誰にでも使うんでしょうか?メールの最後にも必ずxxxxをつけてきます。

3.二人とも「you are beautiful」と常に言ってくれるのですが、これって本心なんでしょうか?(爆)自分では信じられないんですが・・・。それとも、オーストラリアやイギリスでは女性に大してはそういうのが当たり前なのでしょうか?(私は自分でも飛び切り美人だとは思いませんが、いわゆる欧米人ウケするタイプの顔なんだそうです。欧米人の友人によく言われます。)

ちょっとcultual differenceを感じています。(いい意味で)
ご存知の方、教えてください。

海外に住んでいる者(女)です。とても仲良しの男性が何人かいるのですが、それぞれ私に対して違った表現を使います。

1.オーストラリア人の50歳の友人は私のことを常に「sexy」と言います。「gorgeous」「beautiful」とも表現します。
また、イギリス人の30歳の友人は「lovely」「sweet」と表現します。「beautiful」とも言います。
私から見ると、この2人の表現には違いがあるような気がするんです。前者は、どちらかと言うと私を大人としてみていて、後者は、かわいらしいと感じているような気がする...続きを読む

Aベストアンサー

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

私はここで数回この点に書いてきましたが、「文字からではなく体全体で」言葉である英語の本当の意味あいを感じる事の重要性がこのご質問の中にあると思います。

たしかに単語自体がその人の持つフィーリングを適切に表すことはあるでしょう。 しかし、はっきり表しているのかどうか分からない物もあります。 ご質問の言い方がそれにあたるものと思います。

つまり、特別な感情を表す為に使う人/情況とか逆に深い意味を持たせずに呼びかけとして使う(癖になっている)人もいます。 恋人にも使うし何ら関係ない人にも使える(使い方を知っているとして)表現でもあると言う事です。

だからこそ、トラック運ちゃんが良く行くような大衆食堂でウエイトレスが男のお客(女性のお客も)に向かってsweety, honeyと言う言い方を単に「名前を知らないから代わりに使う」という状況もあるわけです。 

日本の地方のそのような食堂や酒場などでは初見でも「兄さん、なんにする?」なんて言う言い方をされる時があります。

これらは「全く知らない人」だと言う事で「意味の持たない呼びかけ」と言う事で聞き流してしまいますね。

そして、恋人同士であれば、意味のある呼びかけだとわかりますね。 これも問題ないですね。

問題が起こるのは間柄が中間(友達の間柄)にあるなときですね。

こちらアメリカでは知り合いの程度でご質問にある表現をしたら、まず嫌がれるでしょう。 女性によってはDon't call me that!と怒られてしまう可能性ですらあります。 (例外として、そう言う言い方をいつもしている人だと分かっている場合や完全に見下げる人がいった場合) ですから、男性はまず言わないと言う事になります。

さて友達関係になるわけですが、これらの呼びかけはもう気が付いたと思いますが、親しみ・好意を示す表現とされます。 親が子供に対してこの表現する事で子供が怒ることはないわけです。 Jackie are so sweet/beautiful.と言っても問題ないわけで、しかも子育てには必要な表現ともされます。 しかし、年頃の娘にYou are sexyと冗談抜きに言ったらかなりおかしいです。 それを聞いた周りの人はおかしいと思うでしょう。 それはbeautulにはないsexyと言う単語が持っているからですね。

では大人同士の友達だったらと言う事になりますね。

1) 男としてそう呼びたい/呼べる女性がほしいという気持ちはあると思います。 しかし、私個人の感じとしては、この表現を連発する人はまれだと思います。 つまり、少し変わっているなと感じます。 これらの人はあなた以外の友達にもこう言う表現をよくするのでしょうか。 特別なフィーリングを持っているように感じるのは私だけじゃないと思います。

2)はそれほどきつくは感じません。 その人好みの表現ととってしまいます。 しかし、大人の友達関係でこれを言うのはやはりあなたを異性と感じているからでしょう。 女性と感じさせない友達関係であれば、たぶん使わないでしょう。 少なくとも私の知り合いや友達は言わないですね。 必要のない問題を起こしたくない、と言うことでもあるでしょう。 

xxxxがLoveであったら、それは単なる誰でもどんな関係でも使える表現です。特別な意味はありませんので気にする必要はないと思いますよ。

3)は上にも書いたように、あなたが好きであることでしょう。 たぶん本心でしょう。 お世辞ではないと思いますよ。 しかし、上にも書いたように、簡単に女性にそういうことはやはり「変わっているな」と感じます。 少なくとも普通の習慣といえるものではないと思います。 (人それぞれですが)

さて、すごく長くなってしまいましたが、問題点の本題です。

日本語が分かる日本人が、ある人の言った事の「真相」を見極めるにはどうするでしょうか。

それは、相手の全身から真相を掴み取る事です。 ジェスチャー、あなたに対する態度/姿勢/言葉遣い、そして他の人(特に女性)への態度の違いを感じ取る事は大変重要だと思います。 ボディーラングエージですね。 あなたに好意を持っている事は確かなようです。、 それがあなたにとって良い事なのか、それとも、その逆の極端なことをいうと遊ばれているのか、英語と言う言葉ではなく全てから判断する事ができますね。

全くコミュニケーションの問題のない日本語ですら相手を判断する事は難しいですね。 でも、この人下心あるのかしら?、スケベ親父?、やさしい人?、私を本当に思ってくれている人?、などいろいろと日本語でも考える事ってありますよね。

アメリカでもDon't call me that!と言う事もある、と言うことを頭の隅において置いてください。

何か取り留めのない事を長々と書いてしまったようでごめんなさい。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

私はここで数回この点に書いてきましたが、「文字からではなく体全体で」言葉である英語の本当の意味あいを感じる事の重要性がこのご質問の中にあると思います。

たしかに単語自体がその人の持つフィーリングを適切に表すことはあるでしょう。 しかし、はっきり表しているのかどうか分からない物もあります。 ご質問の言い方がそれにあたるものと思います。

つまり、特別な感情を表す為に使う人/情況とか逆に深い意味を持たせずに呼び...続きを読む

QI'm so sorry.とは?

I'm so sorry と I'm sorry  
     との違いは何なんでしょう?

Aベストアンサー

「so」=「very」ですから、本当に申し訳ありません。という意味です。
SO が付くだけでも、より丁寧になります。

I'm terribly sorry. とも同じ表現です。

ですが、so sorry と発言しづらいので、very を使うのがベストだと思います。

so で、発言しやすいのは、thank you so much. が、あります。

 

Qhow was your day? の答え方

メールをしていて毎回困ることがあるんです。イギリスの友達なのですが、メール(携帯で)をすると決まって
what you up to?
how was your day?
how is everything?
are you ok?   
など・・・ 聞かれます。
これに対してなんと答えればよいか毎回迷っています。これらはただの社交辞令的なものととって、答えなくてもよいのでしょうか?
今までは"how was your day?" と聞かれれば、友達とあってったとか、学校に行った。とか答えてたのですが、聞いてる本人はそのような答えを期待しているものなのでしょうか・・・

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

HOW WAS YOUR DAY?に対しての返答ですが、
日本語で言う「今日どうだった?」みたいな感じで、
相手が今日の1日を真剣に心配して聞いているのではありません。
しかし、手紙やメールではいきなり本文に入るのではなく、日本語でも「お元気ですか?」というようにこれらの言葉が挨拶部分として重要な役割をしています。

もし、特に何もなかったならば
Nothing special.
まぁまぁやっていけてるよならば
So-so.
元気ならば
Fine!
などと答えてOKだと思いますが、
毎回このようなのではつまらないですよね。

そこで、感情を表してみたりするのも一つの手だと思います。
例えば、
ooooh my god!! I'm shocked!と驚くニュースを伝えてみたり、
Guess what? I'm really happy!!などといって嬉しいニュースを伝えてみたり、
I'm starving!腹減ったよ~と言ってみたり。

いつもいつもI'm fine.ではつまらないですもんね。

参考になれば使ってみてください(^-^)
私は今、とある外国暮らしをしていますが、
相手にhi,how r u? Are you OK? How was your day?を言う、言われるのは本当に日常茶飯事。
挨拶代わりなんだけど、でもその一言が大事なコミュニケーションの一部だと感じています☆

一歩踏み出した返答の仕方、マスターできるといいですね☆

HOW WAS YOUR DAY?に対しての返答ですが、
日本語で言う「今日どうだった?」みたいな感じで、
相手が今日の1日を真剣に心配して聞いているのではありません。
しかし、手紙やメールではいきなり本文に入るのではなく、日本語でも「お元気ですか?」というようにこれらの言葉が挨拶部分として重要な役割をしています。

もし、特に何もなかったならば
Nothing special.
まぁまぁやっていけてるよならば
So-so.
元気ならば
Fine!
などと答えてOKだと思いますが、
毎回このようなのではつまらないで...続きを読む

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Q褒められた時、なんと返せばいいですか?

褒められた時、なんと返せばいいですか?

例えば、"You're beautiful."と褒められた時、なんと返せばいいのでしょうか?
そう褒められるたびに毎回、"Thank you."とだけでは寂しい感じがするのですが…。
女性に対しては、"Same to you."や、"Thanks, you're ●●●(それに匹敵する語)."
とかでもいいと思うのですが、男性に対してはどう返答したらいいのでしょうか?

前までは、女性と同じように答えていたのですが
"Thanks, I think you're handsome."や、"Thank you. I like your hair."
などは男性によっては誤解されかねないかもしれないな、と以前から思うようになりました。

好意を持っていない男性が褒め言葉をかけてきた場合、なんと返答するのがベストですか?
また、皆様はどのように受け答えしていらっしゃるのでしょうか?
「(そんなに褒められると)照れちゃうよ」にあたる、ネイティブが使うような英語も知りたいです。
あたりさわりの無い感じで、でもお互いにいい気分になれる返答方法があれば、ぜひ教えて下さい。

褒められた時、なんと返せばいいですか?

例えば、"You're beautiful."と褒められた時、なんと返せばいいのでしょうか?
そう褒められるたびに毎回、"Thank you."とだけでは寂しい感じがするのですが…。
女性に対しては、"Same to you."や、"Thanks, you're ●●●(それに匹敵する語)."
とかでもいいと思うのですが、男性に対してはどう返答したらいいのでしょうか?

前までは、女性と同じように答えていたのですが
"Thanks, I think you're handsome."や、"Thank you. I like your hair."
などは男性によっては...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、

きっと可愛いお嬢さんなんでしょうね。

カジュアルな感じだと、

”Oh, What are you talking about?!” (何言ってるの?)といっておいて、すかさず話題を変える。

もしも素直にお礼が言いたいのなら

”Well, thank you very much.” の後、いたずらっぽく笑うと”冗談っぽく”なるので、堅苦しくなりません。Well....のところでちょっと間をあけると、なおよろしい。

もしも、相手の男性が本当に素敵な場合、

”Thank you. You look cool yourself.”といってあげましょう。それ以上は一寸やりすぎな感じですよね。

ほめられたら、軽くお礼を言って、さっさと違うお話に移るのがスマートだと思います。

ますます綺麗になって、たくさん褒められてくださいね。





あまり、こだわって”貴方も素敵”とかお返事していると誤解されちゃいますものね。

Q「たまに」「ときどき」「たいてい」

頻度を表す英語表現を整理したいと思います。

ざっと考えてみると
He rarely eats salad.
He often eats salad.
He sometimes eats salad.
He every time eats salad.

oftenとsometimesはどちらが頻度が高い、などあるのでしょうか?

上記の間を補完するものがあれば、教えてください。

Aベストアンサー

sometimesの頻度は、使う人や状況によってバラバラな印象です。
20%~50%というのが私の印象ですが、人によってはもっと範囲が広いかも知れません。
「ときどき」という訳よりも、
「~することもある」という訳の方が、実際の感覚に近いと思います。
頻度について聞かれて、ちょっと答えをあいまいにしたい時なんかも実は便利ですね
別70%、80%でもsometimesと答えても嘘ではないのだと思います。
「そういうときもある」ので。

oftenの場合はたとえば50~70%とか、多少頻度高めのあたりで固定と感じます。


%って、
100をalways 0をnever
とした感覚での表現ですが、
私の感覚なのでご参考程度までに ^^;



だいたいこんな感覚でいます

never 0
rarely, hardly 0-5%
once in a while / from time to time 0-15%前後
occasionally 0-20%
sometimes 20%-50%
often, frequently 50-70%
usually 80-99%
almost always 90%前後
always 100%


この中でよく使うのは、sometimes, often, usually, always, neverかなと思います


怒った時などは、気持ちの部分が入っちゃって、客観的な頻度は別として
強調的にneverやalwaysを使っちゃうことは、日本語でも同じだと思います。

「あなたはちっとも○○してくれない」とか
「いつも○○じゃない」とか

sometimesの頻度は、使う人や状況によってバラバラな印象です。
20%~50%というのが私の印象ですが、人によってはもっと範囲が広いかも知れません。
「ときどき」という訳よりも、
「~することもある」という訳の方が、実際の感覚に近いと思います。
頻度について聞かれて、ちょっと答えをあいまいにしたい時なんかも実は便利ですね
別70%、80%でもsometimesと答えても嘘ではないのだと思います。
「そういうときもある」ので。

oftenの場合はたとえば50~70%とか、多少頻度高めのあたりで固定と感じます。
...続きを読む


人気Q&Aランキング