「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

給料の請求書を請求書に書かないといけないんですが書き方がわかりません
今月の6日までに出さないといけないんです
請求書の紙は画像のです

「請求書の書き方教えてください」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

給料の請求書というのがどういうものか不明ですが、他社の仕事を請け負った場合の請求書と同様でいいかと思います。


書いて持っていき、それでは駄目と言われたらその場で書き直すため、用紙と印鑑は持って行った方がいいでしょう。

必ずボールペン等消えない筆記具で記入。
年月日は指定された日か、提出する日を記入
「様」のところには会社の名前を記入
「様」の右の余白には、
1.あなたの住所 2.電話番号 3.氏名 4.振込先 5.押印(三文判でO.K.) を記入

項目欄には“給与”“交通費”等、必要な項目を記入し、それぞれの金額を記入
(内訳が不明だったら“給与”のみで貰う額の合算でもいいでしょう。)
金額欄の一番下項目に「合計」として給与や経費や交通費の総額を記入
(合算で明細省略の場合でも、一番下には合計を記入するのが一般的です。)

手書きの請求書の場合、途中の金額欄の空白に、改ざん防止のため、上から下まで斜めに線を引くのが一般的です。何かで目にしたことがあれば思い出してください。
これは文章で説明しにくいですが、なくても構わないでしょう。

2枚複写になっている場合、<控>と書いてある紙を自分が保管し、もう一枚を相手に渡します。

提出するときに、先方に確認してもらいましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧に教えてくださってありがとうございます

お礼日時:2015/05/03 21:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q請求書の住所名前等はハンコOKですか?

文房具店、百均などで売っている「請求書」の書き方についてです。

住所や名前等を毎回書くのは面倒なので、ハンコ(ゴム印)に
したいと思ったのですがハンコではダメなのでしょうか?
手書きでなくても問題ないと思うのですが・・。
でも印も押すので、それだとどちらもハンコになってしまい
おかしいかも。と思ったり・・。

検索してみましたが、文書での請求書ばかりで見つかりませんでした
ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください!
宜しくお願いします(*- -)(*_ _)

Aベストアンサー

社名等はゴム印で構いません。
できたらシャチハタが便利です。
他方、ネーム印鑑はシャチハタではなく、
偽造されにくい印鑑にしてください。

なお、税務申告書などで
「自書押印のこと」とうたってある場合は
手書きでサインしろということなので
フルネームを手書きするとともに
偽造されにくい印鑑で押印する必要はあります。

Q月の途中で国保から社保への切りかえ

お尋ねします。

月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?
同様に国民年金から厚生年金の切り替えの場合も教えて下さい。

国保は会社を退職後、自分で市役所で加入手続きをしなければ加入されないままなのでしょうか?

Aベストアンサー

>月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?

一般にはそのようなことはありません。

国民健康保険の保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
例えば11月15日で脱退すれば(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)11月分の保険料は払う必要はありません、ただし保険証は15日まで有効です、つまり保険料の支払いと保険証の有効期間はズレがあるということです。

ただし同月得喪と言う例外があります。
同月得喪というのは同じ月に資格の取得と喪失があった場合です。
例えば11月1日に資格取得で11月15日に脱退(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)の場合です、この場合は自治体の条例によって決まっているので多くの自治体ではその月の保険料は支払わなくて良いですが、一部の自治体では支払う場合があります。

また保険料の支払いについては次のようなことがあります。
国民健康保険の保険料の支払い方は自治体によって必ずしも同じとは限りません。
ただ一般的な支払方法は次のようなものです。
国民健康保険は年度単位なので4月から翌年の3月に掛けて支払うようになります。
一方金額は前年の収入から計算されます、この前年の収入が確定するのは確定申告が終了したときです、つまり3月15日です、当然4月には間に合いません。
しかもこれが整理され自治体の役所に回り、住民税が計算されてそして国民健康保険料が計算され確定するのは5月頃になります。
ですから実際には6月から翌年の3月に掛けて払います、4月と5月は払いません。
といっても4月と5月は保険料はなしと言うわけではありません。
例えば保険料が年間12万だったとします、4月から翌年の3月までの12ヶ月ですから月額としては1万です。
ただこの12万を6月から翌年の3月まで10回で払えば1回が1.2万になります。
つまり月に1.2万払うがこれは月額ではないのです、月額はあくまでも1万なのです。
要するに払ってない4月と5月分を他の月に上乗せしたと考えても良いでしょう、ですから結果としては同じことです。
ですから国民健康保険では誤解を避けるために通常は何月分とは言いません、必ず何期分と言うのです。
ですから6月から10等分して払う場合は

1期 12000円 納付期限 6月30日
2期 12000円 納付期限 7月31日
3期 12000円 納付期限 8月31日
4期 12000円 納付期限 9月30日
5期 12000円 納付期限10月31日
6期 12000円 納付期限11月30日
7期 12000円 納付期限12月29日
8期 12000円 納付期限 1月31日
9期 12000円 納付期限 2月28日
10期 12000円 納付期限 3月31日

となります。
ここで11月15日に脱退すれば支払うのは10月までです、これを月割りにすれば、月額1万ですから4月から10月まで7ヶ月と言うことで

1万×7ヶ月=7万

つまり保険料は7万支払わなければいけないのですが、実際に支払われたのは10月31日の納付期限の5期分とまでの5回ですから

1.2万×5回=6万

つまり10月までに支払ったのは6万円です。
これを支払わなければならない7万から引くと

7万-6万=1万

つまり1万円足りないわけです、この1万円を改めて役所は請求すると言うことです。

質問者の方の場合は退職の為と言うことで恐らく年の途中で国民健康保険に加入したのでしょうし、保険料の金額も異なるので上記とは全く同じとは言えませんが、要は保険料の1か月分と月払う金額とは異なるので年の途中で脱退して清算すると追加請求される場合があるということです。
これは決して11月分を請求されるということではありません、11月分は請求されないが清算した段階で不足分を請求されたということです。
よくこれを11月分は請求されないはずなのに、どうして請求されたのかと疑問思う人が多いので一応言っておきます。

>同様に国民年金から厚生年金の切り替えの場合も教えて下さい。

国民年金についても保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
ただ国民年金に関しては国民健康保険より単純で、例えば11月16日に厚生年金に切り替えれば、11月1日に遡って厚生年金に加入となります、ですから11月の国民年金の支払いは不要です。

>国保は会社を退職後、自分で市役所で加入手続きをしなければ加入されないままなのでしょうか?

そうです。

国民健康保険は多くの自治体では下記のようになっています(一部例外もあるようですが)。
国民健康保険は資格喪失後14日以内に手続きをすることになっています。
14日以内に手続きをすれば退職日の翌日まで遡って、その日から適用されますが14日過ぎると手続きをしたその日からしか適用されません。
ただし保険料は資格喪失日から請求されます、つまり14日過ぎて手続きをすると資格喪失日から手続きをした前日までは保険料は取られるが保険は適用されないということです。
これはいわば14日以内に手続きをしなかったペナルティと思ってください。

また国民健康保険の加入の手続きは市区町村の役所でします。
必要なものは印鑑と基本的には退職前に会社で加入していた健保の被保険者資格喪失証明書です。

それから入社して健康保険に切り替えても、自動的に国民健康保険から脱退とはなりません、国民健康保険の脱退の手続きをしなければなりません。
保険証が手に入ったら市区町村の役所に連絡して健康保険の被保険者者になった旨を伝えて脱退届けの書類とそのときの添付書類(恐らく一般には新しい健康保険の保険証のコピーだと思いますが、自治体によっては加入証明のような書類を要求されるかもしれません)について聞いてください、通常は郵送でも処理できるはずです(郵送で処理できないと言われれば役所に出向くことになりますが)。
もし重複して保険料を支払ってしまった場合は、返還されると思いますので振込口座を書いて同封するように言われるかも知れません。
書類が着いたら脱退届けの所定の項目に書き込み、国民健康保険の保険証と、添付書類、振込口座を書いたもの、これらを送付すれば市区町村の役所で処理しくれるはずです。
恐らく脱退届けの用紙は複数枚の複写になっていて、脱退の処理が完了すればそのうちの1枚が脱退通知として返送されてくるはずです。

>月の途中から国保→社保へ切り替わった場合、その月は国保と社保の
2種類の保険料を納めなければならないのでしょうか?

一般にはそのようなことはありません。

国民健康保険の保険料に日割りと言う考えはありません、必ず1ヶ月単位で保険料は月末の状態で決まります、月末に加入していればその月の1か月分の保険料を支払います、月末に加入していなければ保険料は支払いません。
例えば11月15日で脱退すれば(手続き及び資格喪失日は翌日の16日になる)11月分の保険料は払う必要はありません...続きを読む

Q「親御さん」と「ご両親」の使い分け

 日本語を勉強中の中国人です。相手の両親のことを言う時に、日本の方は「親御さん」と「ご両親」とどのように使い分けておられますか。「親御さん」のほうが「ご両親」と比べて、より敬意をこめた言い方になるのでしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「親御さん」は両親でなくてもいいということ,また厳密な差はないと思いますが,「ご両親」は尊敬語的,「親御さん」はやや俗っぽい丁寧語的だと思います。

たとえば自分の先生にあたる人に向かって,「先生のご両親は…」とは言っても「先生の親御さんは…」とはちょっと言えません。またその場にいない同級生の親の話をするとして,「○○君の親御さんは」と噂することはありそうですが,「○○君のご両親は」と言ったら尊敬語を使ってあらたまった話をしそうです。

質問文は不自然ではありませんが,「おられるますか」という言い方,つまり「おる」に「られる」をつけて尊敬語化するのを嫌う人もいます。「おる」を謙譲語としてそれに尊敬語の語尾をつけるのに違和感があるからというものです。しかし「おられる」を自然な表現と考える人もいる(特に西日本)ので,両者の論争は日本人間でもあります。

Q請求書の書き方について

請求書の車両燃料代の書き方について質問です。
建設業の事務をしていますが、普段は

現場A 1人工 10000円 10000円
現場B 2人工 15000円 30000円
小計 40000円
消費税 3200円
合計 43200円

といった感じで作成していますが、
現場Aで車両燃料代5000円を請求したい時は
どのように書いたら良いのでしょう?
交通費は内税ですので、
消費税と合計の間の行に入れて合計48200円で書いても良いのでしょうか?
それとも車両燃料代は別紙で作成した方が良いのでしょうか?
または外に書き方がありますでしょうか?
どなたか教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

相手が様式を指定していないのであれば、こちらで様式を決めればいいのです。

内税と外税が混在する場合は、「単価」、「数量」、「金額」 というような列の項目に、「内外」の項目を追加して内税なら「内」と表示すればいいのです。

しかし、計算がややこしくなるので、全て外税か内税で統一するべきでしょう。

なお、蛇足ですが、燃料代だけでいいのですか?
普通は車両の減価償却費、維持費なども含めて、車両費として単価設定しておけばいいと思います。


人気Q&Aランキング