現在老健(8か月)で働いている20代前半の女です。以前はグループホームで2年半勤めていました。
今いる老健のレベルが低く、介護技術も何もないので転職しようと考えています。今は新規の特養と考えているのですが、問題は退職する理由を面接のときにどう伝えたらいいのかと悩んでいます。
実際現在勤めている老健では、利用者は大好きです。人間関係も特にトラブルもなく良好です。ただやり方がひどいのです。拘束は当たり前にあり、正直訴えたくなるレベルの虐待をしかけている人もいました。看護もレベルが低く、褥瘡予防なども全く出来ていません。衛生面もなってないと思います。…と、あげればあげるだけキリがないのですが。
全体的に低レベルすぎるので、新職員が入社してもそれを理由に退職してしまう方も多いです。
私は利用者だけは大好きなので、利用者の為にも少し頑張ってみようかと思いましたが、そんな大好きな利用者を物のように扱う職員ばかりでとても辛いです。自分が介護職員としてダメになる前に、やはりここから離れたいと思います。
こんなバカ正直にレベルが低く退職した、なんて理由は言ってはいけないと思っているので、どうすべきなのか…どなたかアドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私も転職を経験しましたが、ありのままで良いと思いますよ。



「以前の勤務先は 介護とは言えない状況でした。身体拘束は当たり前のようにしてましたし、利用者の方が褥瘡になってるにも関わらず、体交もきちんとできていない状況で、あまりにも酷いので、ほかの施設にて介護をやりたいと思いました。」で、いいんじゃないですか?

ただし!介護業界は広いようで狭いので 個人名はNGですよ。
    • good
    • 1

あなたが感じたこと、思ったことをそのまま、


理由として述べればいいですよ。

新たな応募先が、あなたの資質を判断します。
    • good
    • 1

どうも貴方は老人のために何をするのか?自分が何が出来るのか?を考えていない人のように思います。


健老施設が老人に幸せにすることが出来ないのなら,老人が少しでも幸せになるように努力するべきだと思います。
上司とケンカしても良いじゃないですが正義は貴方の方にあるのです。職員を敵に回しても老人の皆さんは貴方を応援してくれます。そのうちに貴方と同じ考えを持つ職員もたくさん出てきます。
 仕事をすると言うことは、誰かに笑顔を貰うと言うことだと思います。貴方が褥瘡の処置をして上げる。老人は貴方に笑顔でありがとうと言うそれ以上の何も求めてはいけないと思います。一つずつでも課題を見つけて、みんなで知恵を出し合って解決するように頑張って下さい。そんな気持ちがなくて介護をしていたら介護される老人の方がかわいそうです。
 経営者ならコストがどうのとか入居率がどうのとか考えなくてはいけませんが、貴方は介護職なのです。どうすれば老人に喜んでもらえるのかだけを考えていればいいのです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q友引の葬式?火葬場は休み?

普通友引にはお葬式をしてはいけないと言いますがなぜですか?
また、神式やカトリックでもそうなのでしょうか?友引の日は火葬場は休みと聞いたことがありますが本当でしょうか・

Aベストアンサー

kyaezawaさんが既にお答えの通りです。
仏教でもキリスト教でも友引にはお葬式をしてはいけないということはありません。
「葬儀日程」を決めるときに、「友引」の日に葬儀をすると、語呂合わせで「友を引く」との連想から葬儀をしない習俗がありますが、宗教的な根拠のないまったくの迷信です。もともと「友引」は古い中国の「六曜」(「六曜」は仏教と関係がない。)の中で「共引」、共に引き合う、つまり勝負なし、引き分けを意味する日だったのです。長い歴史の中で「共」の字が「友」に変化したのだす。ですから、友引の日に葬儀を行ってもまったく問題はありません。子供でも笑いそうな漢字の語呂合わせ出しかありません。
ただ、火葬場や葬儀関係者の休業日が友引の日となっている場合も多く、火葬場が休みの場合、現実的にできないのが現状です。
私の地区では、共引の日も火葬場が運営されていますので、共引の日にも葬儀を行っています。しかし、檀家さんの中には気になさる方も多く数的には少ないのも事実です。仏教会では、こう言った迷信を払拭するために、自治体に友引の日に火葬場を運営するように働きかけたり、住職の葬儀を友引に行ったりとかして、払拭しようと努力しています。
以上amida3@坊さんでした。

kyaezawaさんが既にお答えの通りです。
仏教でもキリスト教でも友引にはお葬式をしてはいけないということはありません。
「葬儀日程」を決めるときに、「友引」の日に葬儀をすると、語呂合わせで「友を引く」との連想から葬儀をしない習俗がありますが、宗教的な根拠のないまったくの迷信です。もともと「友引」は古い中国の「六曜」(「六曜」は仏教と関係がない。)の中で「共引」、共に引き合う、つまり勝負なし、引き分けを意味する日だったのです。長い歴史の中で「共」の字が「友」に変化したのだす。で...続きを読む

Q療養型病院での介護職の場合は、介護を施す対象は老人だけではないですか? 老健とかは老人だけですよね?

療養型病院での介護職の場合は、介護を施す対象は老人だけではないですか?

老健とかは老人だけですよね?

Aベストアンサー

療養型病院では精神や身体障害をお持ちの方に介護(介助)をするので、ご老人だけではないです。

老健は、もちろんご老人だけです。

Q葬式欠席理由について

葬式欠席理由について

一般に「無宗教だから」や「他宗教だから」という理由での葬儀参列の断りは失礼に当たりますか?

Aベストアンサー

一般的には失礼に当たるでしょう。

お葬式はふつうは故人や喪主の宗派や希望に添って営まれるもので
参列者の都合に合わせるものではないからです。
なのでキリスト教式のお葬式にお数珠を持って参列した方が大勢いたこともありましたが
こちらでは誰も非常識とは受け止めていませんでした。
故人を悼む気持があればどのような形式でも参列できると思いますが、
断固たる決意があって関わりを持たないのであればそれも生き方の一つかと思います。

もし欠席なさるのでしたら、具体的な理由を伝えるのも大変失礼なことになります。
慶事や弔事が重なったり、行楽など自己都合での欠席の場合は
先方を慮ってや『むをえない都合で欠席いたします』と伝えるのが一般的ですから
欠席の場合も理由を伝える必要は無いと思います。

Q介護業界で働いている人たちって労働組合がありませんよね?低賃金と世間で騒がれているので介護職の人

介護業界で働いている人たちって労働組合がありませんよね?

低賃金と世間で騒がれているので介護職の人たちはバカしか入って来ないので労働組合を作る知識がないんでしょうか?

なぜ悪条件の労働環境と言われているのに労働組合を組織しないのか不思議でなりません。

やはり貧困層の溜まり場の介護業界は搾取されるに値する下級国民しか集まっていないってことですよね。

可哀想ですがずっと経営者側に搾取され続けるのでしょうか。

国は介護職員より施設に補助金を回しています。

国も人より箱物事業が好きなようです。

若者は使い捨てにして、延々と残る高コストの巨大な建物だけ建てていく。

そして巨大すぎて、設備更新費用が高く、最初は国の補助金があったから建てられたけど、あとの更新費用は本来、従業員に支払う賃金から捻出している有り様。

どのようのこの腐った介護業界のビジネスモデルを変えるべきか教えてください。

Aベストアンサー

労働組合を組織ーーも必要と思います。
けれども、介護業界の職員の低賃金問題は、国が定める介護報酬が低額だから、です。
介護保険の利用者に必要な介護内容1つ1つに報酬が定められて、職員が交代で24時間
働いても、賃金は、他の業種の従業員と比較して月10万円以上低賃金と云う実態が生じ
ているのです。
>国は介護職員より施設に補助金を回しています。
⇒ 介護が必要な人数に比べ、施設数が不足していることから、国は補助金を出しています
が、その後の運営は知らんぷり・・です。

Q葬式をする理由(仏教的な葬式)がわかりません。

 そもそも、日本人の大半は仏教の事を勉強してない(筈)なのに、
坊さんに念仏を挙げてもらい、線香を炊き、仏壇に祈るのでしょうか?
 つい最近親戚が亡くなったのですが、僕はそんな葬式には参列を拒否しました。
 世間体で葬式にでる事がいやなのです。
 そうした、仏教の勉強などした事のないやからに、
 「私はこうだから世間体のためだけにやる葬式にはでない」
 という方法を相手が納得する回答を教えてください。
 もしくは
 「こうこうこう言う理由で坊さんは念仏をあげ、線香をあげるのだから、葬式には
 参列すべきだ」という回答でも結構です。

 それなりに宗教(仏教、キリスト教)については勉強してます。詳しくはしてませんが。
 
 

Aベストアンサー

#8です。補足ありがとうございます。以下追加です。

>私は、その亡くなった親戚の人があんまり好きではありませんでしたし、親しい中でも無かったのです。
 そんな人間(私)が、亡くなった親戚の人の葬儀に来て、仮に、霊魂の存在を肯定するとして、亡くなった人の魂が喜ぶでしょうか? 喜ばないと思います。

それでいいんじゃないですか。結局葬式の形式の問題ではなく「心の問題」ということでしょう。

逆にどうしても見送りたい大切な人なら、その人が望むやり方で送る、という意思表明もなされていますよね(お父様の場合は嫌々らしいですが・・)

ここから先は私の経験です。

実をいうと私自身も宗教に対する考え方は質問者様とほぼ同じです。しかし、現在40代でこの歳までに全ての祖父母・叔父叔母数人・実母・友人4人を見送ってきました。友人は病気1人事故3人です。

特に実母の葬式のときに強く思ったのは「葬式というのは生きている人のためのものだな」ということです。

どういうことかというと、生きている人が亡くなった人のことを諦めて「もういないんだ」という気持ちを得るために行う儀式ということです。そこには「救い」という意味も在るのです。

この「救い」を考えたときに、宗教の必要性が高まります。亡くなった方をどうしても忘れることができない、1年経っても3年経っても悲しい・・
そういう場合に「心のより所」として必要なのが宗教で、葬式はきっかけでありそれから仏教なりキリスト教なりを「心のより所(必ずしも信仰しているわけではなく、故人との結びつきのツール)」として宗教を利用する人が多いのだと思います。

質問者様に大切な人を亡くした経験がおありかどうか分かりませんし、質問者様のような方であれば宗教により所を見出す必要もないのでしょうが、普通の人の心はもっと弱いものなのです。
たとえば子供を亡くした母親に、教会の牧師が「あの子は神が望んで天にお召しになったのですよ。あなたはつらいかもしれませんが、あの子はきっと神様のお側で幸せにしていますよ」といえば、それだけでも救いにつながっていくのです。

ですから一般的に葬式をなんらかの宗教形式で行うことに私は違和感を感じません。

質問者様が葬式に出たくないのは「弔いの気持ちがない」からでしょう。逆に弔いの気持ちがあれば形式には拘らずに参加されるのだと思います。

あの人は好きじゃなかったから「葬式には参加しない」それでいいんじゃないですか。

#8です。補足ありがとうございます。以下追加です。

>私は、その亡くなった親戚の人があんまり好きではありませんでしたし、親しい中でも無かったのです。
 そんな人間(私)が、亡くなった親戚の人の葬儀に来て、仮に、霊魂の存在を肯定するとして、亡くなった人の魂が喜ぶでしょうか? 喜ばないと思います。

それでいいんじゃないですか。結局葬式の形式の問題ではなく「心の問題」ということでしょう。

逆にどうしても見送りたい大切な人なら、その人が望むやり方で送る、という意思表明もなされていま...続きを読む

Q介護職を離職しました。1ヶ月で、離職しました。 もう一度介護職にもどりたいんです。でも、1ヶ月で辞め

介護職を離職しました。1ヶ月で、離職しました。
もう一度介護職にもどりたいんです。でも、1ヶ月で辞めた人は信用がないのでしょうか?

Aベストアンサー

私は半年で辞めました(笑)。
仕事内容で、との事ですが、それがトイレのケアなのか、はたまたレクレーションの担当が嫌だったのかわかりませんが・・・
もう一度やりたい、という、その熱意を次の介護事業所の面接で素直にお話しになれば良いのでは?
ご存知かと思いますが、どこの事業所でも人手は足りていません。
離職率も高いですし、「やりたい」という方がいらっしゃるのは貴重だと思いますよ。
とにかく、辞めた理由を正直に話し、それを克服するよう伝えてはいかがでしょうか。
私は腰を痛めて復帰はできませんが、是非、頑張ってください。

Qお葬式休みを取ってよいものかについて。

お葬式休みを取ってよいものかについて。
親戚ではないのですが、親戚同然で小さい時から可愛がって頂いた人が病気のため今危篤状態です。いつ亡くなられてもおかしくない状態です‥。
そこで、もし亡くなられたら‥お葬式には参列したいと思っているのですが、親戚ではないので会社を休んでいいものか悩んでいます。私はどうしても参列したいのですが。。会社には親戚というこにしておこうと思っています。親戚ではないというとややこしくなりそうなので‥(いけない事でしょうか‥)
こういう場合、会社を休んでいいものなのでしょうか?
困ってます。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「親戚の葬儀」ということでよいのではないでしょうか。
正直に「知り合いの葬儀」というと上司の方も会社への手前休暇を認めずらいかもしれません。あなたの方から「親戚の葬儀」といってもらえれば、上司の方も許可を出しやすいかと思います。

それとどうしても葬儀に参列できない場合は、お通夜へ出席するという方法もあります。
また、葬儀はせいぜい2時間程度ですので、もし会社から近隣の場所であれば、半日だけ休んであとは出勤するという形もあると思います。あるいは、1時間だけでも会社へ顔を出すという形をとれば、あなたの気苦労も少しは軽減できるかもしれませんし、会社側もあなたの誠意を組んでくれるように感じます。

Q介護施設で働き始めたばかりの介護士です。働き始めて5カ月のひよっこです

介護施設で働き始めたばかりの介護士です。働き始めて5カ月のひよっこですが、最近疑問に思うことがあり、できれば皆様の知恵をお借りしたいと思い質問します。
施設利用者の熱が下がらず37℃後半から38℃後半を行き来し1週間以上経過しています。
医師の往診が3回ありましたが、現状維持の状態です。解熱剤などの処方もありましたが服薬後の効果もなく現在に至っています。個人的には自分が勤務している施設では限界なのでは?と考えているのですが看護師、相談員ともに動こうとせず、現状維持です。病状の悪化が心配なのと大変夜勤が不安です。
そこで質問なのですが介護施設における病院搬送に、基準などがあるのでしょうか?
介護現場の先輩方の意見、宜しくお願いします。個人的には生命維持を最優先で考えるので病院搬送がベストだと思うので、皆様の答えを参考に場合によっては、相談員相手に喧嘩しようかと思っています。

Aベストアンサー

高齢者介護施設で働いています。


『病院には行きたくない、馴れ親しんだ施設で最期を迎えたい』
と願っている利用者さま、それを支持するご家族さまもたくさんおられます。
そして実際に最期まで入院せずに、ご自分のベッドで、顔馴染みの職員に見守られながら昇天された方もおられます。

施設で最期を…と希望しておられる方なら、熱があるくらいでは入院させないと思います。
呼吸苦や、水分・栄養が全く摂れない等なら、経過や年齢・持病等からまた個別に検討しますが。

ご質問の利用者さまの年齢、経緯や家族関係がわからないのでなんとも言えませんが、看護師・相談員と喧嘩ではなく話してみたらいかがですか?


私は高齢者介護だからか、生命維持よりも、いかに希望通りの人生を過ごしていただけるかを重視したいと思います。
ご本人や家族さまの希望であれば、延命治療もしなくていいと思っています。

Q葬式で饅頭が出る理由

どうして
葬式で饅頭が出るのでしょうか

”ようかん”や”おはぎ”でもいいような気がしますが

どうして葬式に饅頭が出るのでしょうか
あと葬式で使用する饅頭ですが
葬式饅頭ではなく薄皮饅頭はだめなのでしょうか

教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

仏教的にみると葬式饅頭を配るのは、「故人の所有していた財物を、広く喜んでもらえる形にして社会に返す」ことが目的である、と言えます。

ひとは生前にはなかなか物欲を断ち切れないわけで、その結果として死後に財物が残るわけですが、遺族はせめて死後にその財産を広く世間に返し、それによって故人の滅罪を図って成仏の因としようとしているのだ、と言えます。こういう行為を仏教では「布施」と言うのですが、その手段のひとつとして饅頭があるに過ぎないので、この目的に合致すれば別に羊羹でもおはぎでもよい事になりますし、実際に地方によっては実際に行われていると思います。

例えば、葬式に際して小銭を入れたおひねりをたくさん準備しておき、墓への道すがらこれをまいたり、あるいは訪れた乞食に施したりする、といった事なら昭和40年代ごろまで全国どこでもやっていました。あるいは、葬式にたくさんご飯を炊いて、村中の人間に食べさせる地域もたくさんありました。
これらは全部「葬式饅頭」と同根の行為で、「喜ばれながらたくさんの人の手にわたる」という共通の目的のためのものです。今でこそ饅頭はさほど珍しくも有り難くもありませんが、時代を遡れば甘くおいしい饅頭は貴重でとても喜ばれたはずですし、日保ちもするしハンディに取り扱うこともできますから、大変重宝したわけです。

※ 以前、似た質問に回答していますのでご参照ください:
 http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=285355 「お葬式にキャラメル?」

念の為に付け加えておきますが、ただ、このような行為がまるきり仏教の唱導で始まったわけではありません。上に述べた事は、ある程度まで「民俗の仏教的な説明」です。
実際には近世以来、例えば厄年にあたる年齢の人が神社でのお祓いの際に饅頭をたくさん準備して参詣者に配るとか、漁師町でどうしようもなく不漁が続いた時に呑めや歌えやのどんちゃん騒ぎをする、などといったように、ケガレというか一種の危機的状況の逆転を狙ってふるまいや散財をする、という伝統があります。葬式に限らずいろいろな非日常の事態、広義の「ハレ」の折りに我々日本人はふるまいを実践してきた下地があって、そういう精神性があったからこそ、布施としての葬式の布施一般がやすやすと根づいたと言えると思います。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=285355

仏教的にみると葬式饅頭を配るのは、「故人の所有していた財物を、広く喜んでもらえる形にして社会に返す」ことが目的である、と言えます。

ひとは生前にはなかなか物欲を断ち切れないわけで、その結果として死後に財物が残るわけですが、遺族はせめて死後にその財産を広く世間に返し、それによって故人の滅罪を図って成仏の因としようとしているのだ、と言えます。こういう行為を仏教では「布施」と言うのですが、その手段のひとつとして饅頭があるに過ぎないので、この目的に合致すれば別に羊羹でもおはぎで...続きを読む

Q【介護人材】介護人材不足は介護職を公務員にすれば良いという案はどう思いますか?サービス残業が問題

【介護人材】介護人材不足は介護職を公務員にすれば良いという案はどう思いますか?

サービス残業が問題なので、公務員になれば基本給が介護職平均月収が22万円でも、ちゃんと残業代が出るようになるので全産業平均月収の33万円に近いくらいは貰えるようになりますよ。

早く帰りたい人も残業なしで、9:00-17:00の8時間労働でちゃんと帰れるのも公務員こその魅力です。

介護人材不足は介護職を公務員にすれば解決する。

この案の問題点を指摘してください。

Aベストアンサー

それで問題解決するなら
公立病院の看護師不足は起きるはずがないが、実際には不足しているね

と言うことは、公務員化では問題は解決出来ると言うモノではない


人気Q&Aランキング

おすすめ情報