短期入所施設の介護福祉士です。新人で初任者研修に通っている職員から、研修で2点柵でも身体拘束になるといわれたので、今の施設の2点柵は身体拘束だと思うのですがどうなのですかと尋ねらたので、今の施設の場合は問題なしと答えましたが、お詳しい方、プルーフをお願いします。

現場の状況を説明します。まず、ベッドと壁を30センチほど離しています。理由は、くっつけるとごみが溜まるなど衛生面で良くないと考えた為です。その30センチの溝に挟まる危険を回避するため、壁側に策を2本つけています。頭側に短い柵、足側に長い柵をつけています。

これが4点柵なら当然アウトなのは解ります。新人の職員は、ベッドを壁にくっつけた状態でさらに反対側に柵を2点付けたらアウト(身体拘束)ですと講師から教わったのを、2点柵以上なら何でもアウト、と勘違いしたのではないかと思われるのですがどうでしょうか?

では壁からもっと話して、溝にはまらなくすれば良いのではという考えもあるかもしれませんが、それでは介護側の可動域が狭くなり、介助の妨げになる様に思われます。

さらに深く考えると、例えば左肩麻痺のご利用者の場合(麻痺でなくても当てはまるのかも知れませんが)、夜中にトイレに行く際にガイドレールとして右側の頭側に短いレールを一本、合計3本が今の施設では最適と考え、新人にそう伝えたのですがどうでしょうか。あくまでベッドが壁から30センチ離れている場合です。

厳密には1本でも身体拘束となるという事を聞いたことがあります。ではベッドを壁側に付ける事も厳密には身体拘束になるのでしょうか?自信がなくなってきました。

最後に、本件は介助者のみで判断せず、ご利用者の特徴に応じて個別に検討し、ご本人、ご家族の意向を十分に反映させる必要があるという事は良く認識しています。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

転倒防止も必要ですし、


固定せずにセットし、介護時、トイレなどの時すぐ
はずせればいいように思いますけどね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

短期入所施設ですので就寝〜朝6時までそのままです。見回りは2時間に一回だけ。問題なければ1秒で終わりです。延々8時間そのままでいる訳で、そのために試行錯誤しています。スーパービジョンを求めており、個人の感想を求めていません。

お礼日時:2016/02/09 11:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q認知症の方でベッドから車椅子に移乗するときどうしてもこわがってベッドの

認知症の方でベッドから車椅子に移乗するときどうしてもこわがってベッドの手すりにしがみついてしまったり、廊下で車椅子移動している最中に急にそばにある手すりにつかまったりして

Aベストアンサー

こんにちは。
文面からして質問内容が続きそうなのですが、どうしたら手すりなどにつかまらない様になるのか?の回答がほしいんですね。

まず、認知症の方以外でも、その様な行為と言うか行動はよく見られますよね。普通に判断すれば、恐怖感からとか不安感から現れる行動と思います。

で、この方は認知症・・・コミュニケーション不足と思います。一日中不安と闘っている方です。何かにしがみ付きたい!心のよりどころがない!との思いから、この様な行動と考えるのも一つの解決案かと思います。

きっと、回答者さんとのコミュニケーションが図れていないのと、その方を理解していないんじゃないのかな?

慌てずゆっくりと、決して焦らず、高齢者さんのスピードで、コミュニケーションを図る事から始めれば如何でしょうか?(焦ればその気持ちは相手へ確実に伝わります)

それと、その方の様々な情報の収集が重要かと思います。その場の行為を見ての解決は、認知症の方には通用しない事が沢山あるからです。

例えば、もしかすればその行為が、単なる不安からくるものじゃなく、若い頃従事していた仕事に似た動きかもしれませんし、性格的な事もありますからね。

要するに、認知症の方に対しては、「その方を知る」事から始めましょう。ビックリする事が分かってくると思いますよ。

こんにちは。
文面からして質問内容が続きそうなのですが、どうしたら手すりなどにつかまらない様になるのか?の回答がほしいんですね。

まず、認知症の方以外でも、その様な行為と言うか行動はよく見られますよね。普通に判断すれば、恐怖感からとか不安感から現れる行動と思います。

で、この方は認知症・・・コミュニケーション不足と思います。一日中不安と闘っている方です。何かにしがみ付きたい!心のよりどころがない!との思いから、この様な行動と考えるのも一つの解決案かと思います。

きっと、回答...続きを読む

Q介助者の暴行

小平駅近くのサンロードを介助を必要としている方を介助者が一緒に歩いています。
隣人の介助者(A)は手を上げています。
 介助が必要な方(Bさん)の頭を手のひらで引っぱく
 後ろからひざの裏を足の甲で蹴り、よろけたたら「なにふんばってんだよ!ふんばってるんじゃねえよ」と背中を張り飛ばす。
市街地をAとBさんが歩いていて十字路でAが止まりBさんが歩いて行こうとする。車が来ているのでAがBさんの後ろ襟をつかみぐいっとひっぱり車が通り過ぎると握り掴んだ手を突き飛ばし離すようにして「おら、行けぇ。」と。
 お尻をローキックして「おら、さっさと行けよ!」
等。色々見ています。
Aは言葉使いや素行も悪くそんなAと私はとても仲が悪いです。
彼の介助者にあるまじき行為を警察に通報した場合、上に書いたとおり「とても仲が悪い」ので
「仲が悪いから言ってるだけじぁないのか!?」と扱われたら・・・。
 
調べや対応が遅くなってしまう事によってBさんがひどい扱いを受け続けてしまう。

仲が悪い私が通報することによって対応が鈍くなってしまいAが余計に周りに気づかれない様に影で悪い行為を行うようになってしまったら・・。

Aと仲が悪い私の通報だけに信憑性が問われてしまったら?

もしAの行為を証明することが出来なかったらAは注意を払い二度とばれない様に、と警戒する。そうしたら介助が必要なBさんがこの先・・・と考えます。

そして警察以外の通報、相談先はどこかありますか?
Aの勤めている会社に電話しても、会社が発覚を恐れてうやむや・・とかだとBさんのことを考えたら心配です。
要するに中の悪い私がAの行為を通報しても仲の悪い私が言うだけに良くなるどころか結果として悪い状況を招いてしまいそうで。
どうするべきかとかこういった所に連絡・相談してみたらとか、みなさんの考えを色々聞かせてください。

小平駅近くのサンロードを介助を必要としている方を介助者が一緒に歩いています。
隣人の介助者(A)は手を上げています。
 介助が必要な方(Bさん)の頭を手のひらで引っぱく
 後ろからひざの裏を足の甲で蹴り、よろけたたら「なにふんばってんだよ!ふんばってるんじゃねえよ」と背中を張り飛ばす。
市街地をAとBさんが歩いていて十字路でAが止まりBさんが歩いて行こうとする。車が来ているのでAがBさんの後ろ襟をつかみぐいっとひっぱり車が通り過ぎると握り掴んだ手を突き飛ばし離すようにして...続きを読む

Aベストアンサー

 細かくアドバイスしたいと切に思いますが、的確な回答が出来ないので、以下のサイトを利用して下さい。
■高齢者虐待防止センター
http://www.sset.gr.jp/jcpea/
 このサイト内に相談の連絡先番号もアップされていますので、電話をされてみて下さい。

Q通院乗降介助について

通院乗降介助について

病院に通院する際 基本的には通院乗降介助を使いますが
この際「整骨院」「接骨院」などには使えない ということをチラッと聞いた気がします。
もちろん病院等でリハビリの為必要と診断され医療保険を使っていっている場合はOKとそのときは聞いた記憶があります。
基本的に整骨院や接骨院は自由診療の為ダメ これが出来るならあんまとかに行くのもOKになる
という感じだったと思うのですが これって今現在でもダメなのでしょうか?
それとももともとそんな規制はなかったんでしょうか?

もしかすると自治体で多少の誤差はあるかも知れませんがお願いいたします。

Aベストアンサー

すべての保険者の判断を調べたわけではありませんので参考程度にしてください。

最終的に保険者によります。
整骨院等が一切不可の保険者もありますが、施術が健康保険適用(鍼灸、マッサージを含む)であれば介護保険での対応可能との保険者が多いようです。
慰安ではなく治療目的(要は保険適用)であれば介護保険での支援を利用できる可能性は高そうです。

>基本的に整骨院や接骨院は自由診療の為ダメ これが出来るならあんまとかに行くのもOKになるという感じ
前述の考え方の基づくと、整骨院等での施術の多くは治療目的で医療保険適用となり可、それ以外の自由診療の場合は不可です。また、「あんまとか」も医師の指示があれば治療目的で保険適用となるので介護保険の利用は可となります。

以下大阪府の例です。(参照URL20ページ)
大阪府「訪問介護サービス内容に関するQ&A」(平成21年4月改正版)
Q:病院、診療所、あんま、マッサージ、整復の施術所、接骨院、針針灸等へ自費で通う。
A:医療保険対象か否かではなく、(1)その通院が日常生活上必要かどうか、(2)要介護者等の身体の状況等から通院のための介助が必要かどうか、この二点を満たすかどうかで個別的に判断する必要がある。ただし、治療のためではなく単なる慰安を目的とするものは介護給付費を算定することはできない。

但し整骨院等での保険施術が真に医療保険適用の範囲内であるかどうかに疑義がありますので注意が必要です。
あと、ご存知かもしれませんが「あんま」と「マッサージ」は同じ資格であり、特定の施術所では医師の指示書により医療保険が適用されます。

参考URL:http://www.pref.osaka.jp/attach/1598/00001832/H21kaigosyuudan%2059-95.pdf

すべての保険者の判断を調べたわけではありませんので参考程度にしてください。

最終的に保険者によります。
整骨院等が一切不可の保険者もありますが、施術が健康保険適用(鍼灸、マッサージを含む)であれば介護保険での対応可能との保険者が多いようです。
慰安ではなく治療目的(要は保険適用)であれば介護保険での支援を利用できる可能性は高そうです。

>基本的に整骨院や接骨院は自由診療の為ダメ これが出来るならあんまとかに行くのもOKになるという感じ
前述の考え方の基づくと、整骨院等での施術...続きを読む

Q麻痺のある方への食事介助

片麻痺のある方に食事介助をする場合、どちら側からするのが正しいのでしょうか。
本で調べたり現役の看護師さんに聞いてみたりしたのですが、「麻痺側から」「麻痺のない側から」とどちらの意見も出てきて困っています。
どういう根拠でどちら側からするのが正しいのか教えてください。

Aベストアンサー

#1の方の説明プラス、麻痺側に体が傾かないように介助できるかを考えた上で介助する方向を決めています。
麻痺側に体が傾くと誤嚥の確率が高まるからです。
ですからやはりケースバイケースです。

Q移乗介助の方法で脳性マヒの人を車椅子へ

質問します。
脳性麻痺が強くて、緊張から体がカチカチにこわばる人を、うつぶせで寝ている状態から 車いすへの移乗介助をするときの手順が知りたいです。
ご本人の状態は脳性マヒがあって緊張が強い人で体重は45キロくらいです。
移乗介助はほとんどやったことがないのですが、今度一人でやらないといけなくなったのでやり方を教えてほしいです。

Aベストアンサー

おそらく、うつ伏せで休まれているために、移乗するために、一度仰向ける必要があり、
その際に体が強ばるのでしょう。
意図とは違うところで筋肉が強ばってしまうのと、
介助者への緊張のため、必要以上に体がカチカチになってしまわれるのだと思います。
尚のこと、急いで体位変換や移乗を行うと事故を起こしますよ。
幸い、質問者さまはご利用者さまより随分体が大きいようなので、
その体格を生かし、
なるべく少ない回数でうつ伏せ→仰向け→端座位→移乗を行うのが
よいでしょうね。
できるだけ、大きな筋群を腕全体から手のひらで支えながら
体位変換、移乗されると安定します。
強ばりは一時的に起こるものです。

>介助に時間がかかるほど緊張が強くなるようです。
介助者がもたもたすれば緊張するのは誰しも同じですよね。
介助に時間をかけるのとは違うのです。
大きな筋群を固定して行う安定した介助と一動作一動作での間合いは
利用者の移動・移乗には絶対に欠かせません。
一度安定した体位変換、移乗をして差し上げると、
回を重ねる毎に緊張の時間が減っていくことを
あなたご自身が感じることが出来ると思いますよ。
イメージ出来ましたでしょうか・・・・・

おそらく、うつ伏せで休まれているために、移乗するために、一度仰向ける必要があり、
その際に体が強ばるのでしょう。
意図とは違うところで筋肉が強ばってしまうのと、
介助者への緊張のため、必要以上に体がカチカチになってしまわれるのだと思います。
尚のこと、急いで体位変換や移乗を行うと事故を起こしますよ。
幸い、質問者さまはご利用者さまより随分体が大きいようなので、
その体格を生かし、
なるべく少ない回数でうつ伏せ→仰向け→端座位→移乗を行うのが
よいでしょうね。
できるだけ、大き...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報