非常に不安なため、質問致します。
先日より微熱と喉の痛みが続き、日曜日のため初めて行くクリニックへ行ったのですが、
診察開始10秒で扁桃炎と診断され点滴、血液検査を同時に行われました。

まず注射針(23Gくらい?)を刺し、そこに真空管を入れ血液を抜いてから、
管に血液が残ったまま同じ針で生理食塩水を流し込まれました。
まず、これを同じ針でやっても問題ないのか疑問です。

また、点滴の際にエアー針としてボトルに直に23Gくらいの針をぶっ刺していきました。
そこで空気の圧が大きいためか点滴が終わった後はすぐに空気が管を流れていき、
私の体に入る直前で看護婦さんを呼んで止めてもらいました。
こんなことは通常なのでしょうか?空気が入ったら死ぬとよく言われますが・・

とにかく非常に不安になったので、上記2点が問題の無い医療行為なのかどうか
ご教授いただければ幸いです。何卒宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

同じ針でやっても問題ないのか疑問です。


→同じ患者の針刺しや、生食の投与は個人的には問題ないような気がします。
別の方の血のついた針や、血液感染が疑われるようなら大問題です。
エアー針についてはずぶの素人なのでリンクを貼らせていただきます。
http://nurse.fc2-rentalserver.com/air1.html
    • good
    • 0

てぃにー様の血管に注射針を刺す際には、必ず注射針を消毒してから使用しており、


てぃにー様の血液に触れた注射針で、生理食塩水等を流し込んでも問題は生じないで
しょう。
※複数の人間に同じ注射針を使用するのは、絶対に✖ですが、同一人物で「管に血液
が残ったまま同じ針で生理食塩水を流し込まれました」は問題外です。
>点滴が終わった後はすぐに空気が管を流れていき、 私の体に入る直前で看護婦さん
>を呼んで止めてもらいました。
血管には『血圧』があり、点滴が終わっても空気は入って行きません。
    • good
    • 0

>まず、これを同じ針でやっても問題ないのか疑問です。



問題ありません。


>空気が入ったら死ぬとよく言われますが・・

止めてもらわなくても、空気が入る前に必ず止まります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q魚は針が怖いものであることを知っているのか

当方釣り未経験です
テレビで見ていると、よく魚が針にかからず餌だけ食べて逃げていく、というような描写を目にしますが、なぜ魚は針を避けようとするのでしょうか
魚が自然界に存在しない針の怖さを学習するようには思えないのですが

回答おねがいします

Aベストアンサー

難しい質問ですね。

学習能力がある!とはっきりは言えませんが、一度釣られた魚(例外もありますが)や賢いと言われる魚は餌に対して“違和感”を感じる能力が高いと思います。

川釣り等で、流れに自然に流してあげないと食べない魚もいます。
普段、昆虫がおぼれて流されて来たのを食べてる魚にしては、ん????なんかいつもと違うから食べない!ってところでしょうかね。

あと糸が太いと食べないってのはよくありますね。
半分位の細さに変えるとバクバク食べだしたりしますから。

なので、針の怖さより、“違和感”がするから ちょっとずつ餌をついばんで餌だけをとるのかなぁと思っています。

Q先日病院に行き、血液検査をしました。採血の際、注射針を抜くときに若干し

先日病院に行き、血液検査をしました。採血の際、注射針を抜くときに若干しびれるような痛みを感じ、注射後1日間は若干しびれるような痛みが続きました。
今日注射した場所を見てみたところ、注射した場所(ひじの内側です)の下(手側)が内出血していて、内出血していない部分も色が肌色から茶色っぽい色に変色していました
採血をしたのは看護師です。

私はどうしたらいいのでしょう?この状況を放って置いても平気ですか?また、これは良くあることなのでしょうか?それとも、ミスですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
手術や処置などには「ミス」と「合併症」というものがあります。
「ミス」とは、注意していれば防ぎ得たもの。ミスした医療従事者が悪い、ということになります。
「合併症」とは、どれだけ注意していても、ある一定以上の確率で起こりえる予期していなかった出来事のことをいいます。

たとえば、手術中に大きな血管を傷つけてしまったり、ガーゼを体内に置き忘れてしまったりするのは、「ミス」です。気をつけていれば防げたわけですからね。

一方、手術の後に細菌感染を起こしてしまったり、リンパ管が浮腫んで足がはれてしまったりするのは「合併症」です。腕の良い医者でも、完全に防ぐことはできません(起きる確立を減らすことはできますが)。

で、今回の質問ですが、これは合併症に含まれるものです。完全には予防できません。
ただ、看護師さんの腕が悪かったり知識が浅いと、内出血を起こす確率は高くなり、合併症といえどもほうっておくと多くの患者さんがいやな思いをすることになります。
ミスではありませんが、一応その病院に話しておいても悪くはないかもしれません。
ただ文句を言うと、単なるクレームになってしまうかもしれませんから、要注意です。

こんにちは。
手術や処置などには「ミス」と「合併症」というものがあります。
「ミス」とは、注意していれば防ぎ得たもの。ミスした医療従事者が悪い、ということになります。
「合併症」とは、どれだけ注意していても、ある一定以上の確率で起こりえる予期していなかった出来事のことをいいます。

たとえば、手術中に大きな血管を傷つけてしまったり、ガーゼを体内に置き忘れてしまったりするのは、「ミス」です。気をつけていれば防げたわけですからね。

一方、手術の後に細菌感染を起こしてしまったり、リン...続きを読む

Q痛くない注射の針ってあるのでしょうか?

注射の針って結構痛いですよねえ。
献血を拒むくらい,私は大嫌いです。

でも,痛くない注射の仕方や,針が存在すると噂で聞いたのですが,本当でしょうか?もし,そういった情報があったら教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

痛くない注射、というのではありませんが・・・シールの皮膚麻酔のようなものがあります。これは、子供の患者など向けに有効という事で使われるという物のようですが、私も1度静脈注射をされた時に使った事があります。

注射をされる20分前くらいに、その場所にシールのような物を貼られました(私はそのちょっと前に新聞か何かで読んだ事があったので、もしや?と思いましたが)その後に、すご~く痛いと噂の静脈注射をされましたが、全然痛くありませんでした。

保険が効かないらしいのですが、お医者さんに頼むとと、1枚100円くらいで使ってくれるらしいですよ。私はなぜそれを献血で使わないのかが不思議です。私もflower_pinkさんと一緒で注射嫌いで献血にいかないくちですから。

参考URL:http://www.shirasagi-hp.or.jp/GODA/fmly/contents/ha/penless.htm

Q点滴の針を抜くこと

こんばんは。
お尋ねしたいことがあるのですか・・
私の知人に診療所の医療助手をしている方がいるのですが、今メールがきまして「点滴の患者さんの点滴針を抜いてから帰ってきたので遅くなった」と書いてありました。
私はこれは(点滴の針を抜くこと)いけないことなのでは?と思ったので「いいの?」と聞きましたが「抜くのはいいんだよ」との返信がもどってまいりました。
はたして、この友人の行っていることは医療行為にあたらないのでしょうか?
小さな心療所です。
教えてください。

Aベストアンサー

回答致します。
有資格者でなければ、原則は違法です。
事故があった場合には、本人は無論、監督者である医師等も処罰対象になります。
ただ、危険性の低い医療行為等は人手の関係で黙認されている場合が実際には多いようです。
取り急ぎ回答まで。

Qどんな虫にも、いいところはある・・・

どんな人・・・いや、虫にもいいところはあるとしたら
以下の嫌われものの虫の、いいところを考え出して下さい。
(1)ゴキブリ
(2)蚊
(3)蝿
いろいろな視点からの「いいところ」を出していただけると、嬉しいです。
また、どれか一つについてのご回答でも結構です。

Aベストアンサー

(1)ゴキブリ
名前がしゃれています。まったく虫らしくありません。御がついているから昔は尊敬すべき対象だったのではないでしょうか(きぶりというのが本来の名前?)。


(2)蚊
文がついた昆虫で、なかなか学があるのか?とも思わせてくれます。刺す時はなぜか音声を出して知らせてくれるのも良心的w。

(3)蝿
昔はよくあちこちにいたけど、このごろはハエ取りリボンを下げても滅多に来てくれません。絶滅危惧種になったのでは、と思うくらいです。というのが、あの「ハエが手を摩る、足を摩る」というしぐさをしっかり見てみたいと思っているのですが。かれらは敬虔な仏教徒だ(←これがいいところ)という芭蕉の説を研究していますので。

Q脳脊髄液減少症で点滴で痛みが緩和するので家の近くで点滴してます。 最近、腰椎麻酔で悪化し、週1日の点

脳脊髄液減少症で点滴で痛みが緩和するので家の近くで点滴してます。
最近、腰椎麻酔で悪化し、週1日の点滴を毎日通院で点滴になりました。
そのところ、女の医師から「脳脊髄液減少は健保では週3日しか点滴できない。」と言われました。「自賠責の時に実家のそばの病院では毎日してましたが。。」と申したところ「自賠責はやりたい放題だけど、健保は保健基金から目をつけられてうちの病院が全額払わなきゃならない」と言われました。
そんな理不尽な事があるのでしょうか。
痛みを訴えてて、しかも症状は人それぞれではありませんか。
自賠責では医師は何でもできて、健保では同じ病気ではできないなんてあまりにも理不尽でなりません。
そんな決まりはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

厚生労働省・協会けんぽの、問題です。
直接、電話を。
お大事に。

Qこの赤い虫は害がある毒虫でしょうか?

庭むしりをしていたら赤い虫がいました。
初めて見る虫で毒々しいです。

無害ならそのままにしておきますが、もし毒をもつ害虫なら踏み潰そうと思います。

ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

すいません、
「この赤い虫」は
貴方の手の中に居ますか、
画像の中に居ますか、
未だ庭にいますか、

質問文章だけで理解できた人は、超能力者並の方でしょうか、「画像」を入れて下さい、御自分の「マイペ~ジ」、「質問履歴」、該当質問の「設定する」押下、「マルチメディア追加」と出ますので、押下、「画像添付」、「参照」押下、そこのピクチャァに画像を入れて措けば、そこから取り出せばいいのでしょう ?
「暇なときに返答下さい」

Q点滴について

10日入院している時に右腕に点滴をしました。
退院後10日経って血管の形状に沿って細長く腫れてきて硬くなったので医師に見せると点滴の留置針のかけらが残ってそこに血栓が出来ているかもしれないとのこと。

もし血栓が出来ているとどんな弊害があるんでしょうか。
すぐに切開して取り出した方がいいんでしょうか。

Aベストアンサー

確かに、医師の説明では不安になりますよね。
所で、この留置針の素材は何か説明はありましたか?
現在の留置針では先端が切れて残るなんて事は皆無に近いくらいありえませんし、万が一あったとしたら、すぐに処置が必要でしょう。
実際の状態を見ていないので何とも言えませんが、お話だけですと血栓ではなくて「静脈炎」ではないでしょうか?
長い間同じところから(留置針なので同じところですね)点滴をしたり、針をそのままでヘパリン等でロックしておいたりすると静脈炎になる事もあります。
この場合は名前の通り静脈が炎症をおこしてる状態です。ほっといても自然に治る事もあります。
針は身体にとっては「異物」ですのでこの様な炎症を起こすときもあります。
あまり経過をみても赤みが引かない時は医師に相談した方がいいかと思います。
大体は自然に治ります。
どちらにしても、主治医にきちんと説明を求めた方がいいと思いますよ。
針が残っての血栓では医療ミスも考えられますが、静脈炎の場合は元々の体質にもよる事もありますので、次回点滴を受ける際に「静脈炎になりやすい体質で・・・」と一言言えばいいかもしれません。
留置針を使わない様にするとか対処してくれると思います。(留置が必要な病状の場合は別ですが・・・)

確かに、医師の説明では不安になりますよね。
所で、この留置針の素材は何か説明はありましたか?
現在の留置針では先端が切れて残るなんて事は皆無に近いくらいありえませんし、万が一あったとしたら、すぐに処置が必要でしょう。
実際の状態を見ていないので何とも言えませんが、お話だけですと血栓ではなくて「静脈炎」ではないでしょうか?
長い間同じところから(留置針なので同じところですね)点滴をしたり、針をそのままでヘパリン等でロックしておいたりすると静脈炎になる事もあります。
この場合...続きを読む

Qラーメン屋にある紅生姜に糸くずのような白い虫

先日家族でラーメン屋に行きました。
子供が紅生姜が好きでラーメンがくる前に小皿2杯ほどの紅生姜を食べ3杯目を小皿に入れたところ、子供が「虫がいる」と言いました。
見てみると、糸くずのような小さく白い(2mm~4mm程)ミミズのような虫がいました。
紅生姜の容器の中を見ると、たくさんその虫がいました。

お店の人に言うと、紅生姜を別のものと交換してくれましたが、小2の子供はすでに小皿2杯ほど食べていると思います。

寄生虫なのか? 食べても問題のない虫なのか?気になっています。

子供の体調は特に変化はありません。(食べて2日ほど経ちます)

紅生姜につく虫で考えられるものなどご存じでしたら教えてください。
また参考になるページなどはありませんか?

それと、病院などに行って診てもらったほうがいいですか?
その場合、やはり小児科に行ったほうが良いでしょうか?


※私の友人が悩んでいまして、代理で質問させて頂いております。

Aベストアンサー

 現物を見ないとなんともいえませんが、線虫、ミズミミズの一種ではないでしょうか。であれば人間に寄生することはあまりないので、そんなに心配することはないのではないでしょうか。
 それでも心配ということであれば、内科か小児科で見てもらうといいと思います。
 ただし、これが発生するというのはその店が衛生的でないということ。二度と行くべきではないでしょうね。

Q点滴のあと

こんにちは。先日形成外科に入院して手術を受けたのですが、その際留置針を入れて点滴をうけました。4日後に抜かれたのですが、数日して針が挿入されていた血管にコリコリしたコブのようなものがあることに気づきました。触っても痛くはなく、はれているわけでもありませんが、気になります。血が固まったりするのでしょうか?点滴後にはよく起こることなのでしょうか?先生に聞いたところ肉芽でしょうといわれあまり気にとめませんでしたがどうしても気になります。血栓だったら剥がれてエコノミー症候群みたいにならないかなど心配です。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

始めまして、質問拝見いたしました。少なくともエコノミーシート症候群の心配は全く無いと思われます。実は数十分ぐらい座位を維持するだけでも、足の血管(大腿静脈など)には小さな血栓が出来始めるそうです。ですから、一時間ぐらいドライブするだけでも、小さな血栓は心臓を通り肺まで到達しています。現実的にはエコノミーシート症候群(=肺塞栓症)として臨床的に問題になるものはかなり大きな血栓がとんだ場合、もしくは何度も何度も繰り返してかなり長期にわたってある程度の大きさの血栓がとんだ場合に限られます。点滴の留置針で万が一血栓が出来ていたとしてもせいぜい数ミリ大の大きさで、問題になるような症状は起こりえないと思われます。肺は血栓を溶かす力(線溶能といいます)が強いので、小さな血栓は通常全く問題になりません。

なお肉芽でないかとのようですが、留置針の刺激で軽い炎症をおこして、血管壁が脹れているとか、血管外に小さな出血の塊が出来ているとかではないかと思われます。時間が経てば、自然に改善していくと思われます。あまり気にする必要は無いでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報