義経は九男だと聞きました。
上の八人を教えてください!
ネットで調べたら頼朝が三男、範頼が六男と見ました。
兄弟の名前を漢字&ひらがなで書いてくださるとうれしいです。
流刑とか死刑とか生まれてどうなったのかも教えてくださるとうれしいです。
ご回答よろしくお願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

長兄:義平(よしひら)


 母は三浦義明の娘とされるが、遊女であった可能性が高い。
 叔父義賢(木曽義仲の父)を討ったことで、「悪源太」と呼ばれるようになる。
 平治の乱で斬首。
 逗子の光照寺は義平の菩提寺といわれている。


次兄:朝長(ともなが)
 母は波多野義通の妹とされるが、遊女であった可能性が高い(参考:波多野城址)。
 相模国松田郷を領し、「松田冠者」と呼ばれる。
 平治の乱後、父とともに逃亡、途中「落武者狩り」に遭い負傷し、父義朝に死を願い最期を遂げる。

三男:頼朝
 有名人なので省略(笑)

四男:義門(よしかど)
 母は頼朝と同じ由良御前と考えられている。詳細不明。ただ宮内丞の官職に任じられていることから、平治の乱で一時的に義朝軍が内裏を占拠した際には存命しており、その際に任官したのではないか、そして直後の源氏軍敗北の中において戦死したのではないか、などと推測されている。

五男:希義(まれよし)
 母は由良御前。
 平治の乱後、土佐に流罪となり、「土佐冠者」と号する。
 平家打倒の気運の中で挙兵するが、平家家人に事前に察知され討ち取られる(参考:希義公の土と石~源頼朝墓~)。

六男:範頼(のりより)
 母は遠江国の遊女。
 宇治・瀬田の戦いにおいて木曽義仲を討ち、一の谷合戦、九州進軍を経て、壇ノ浦の合戦で平家を滅ぼす。
 奥州征伐にも参加。
 1193年(建久4年)、頼朝への謀反の疑いをかけられ伊豆修禅寺(修善寺)に幽閉され、のちに自害。
 一説には、埼玉県の吉見に逃れ吉見氏として続いたとも、北本市石戸に逃れたともいわれる(石戸には、持っていた杖が根付いたといわれる「蒲ザクラ」がある。)。

七男:全成(ぜんじょう)
 母は常盤御前。
 平治の乱後、出家し醍醐寺に入る。阿野氏の祖。阿野全成。
 頼朝が挙兵するとその揮下に入り、のちに三代将軍となる実朝の乳母である北条保子と結婚(北条政子の妹)。
 1203年(建仁3年)、二代将軍頼家への謀反の疑いをかけられ殺害された。
 沼津市の大泉寺に墓所がある。

八男:義円(ぎえん)
 母は常盤御前。
 平治の乱後、出家し園城寺に入る。
 頼朝が挙兵するとその揮下に入るが、源行家(叔父)の援軍として参加した墨俣の戦いで討死。

九男:義経

他に坊門姫(ぼうもんひめ)という、義経視点では姉確定の人物がいる(頼朝視点だと姉説妹説があるためはっきりしていない)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なんてご丁寧に!!
分かりやすいです。ありがとうございます!

お礼日時:2016/01/20 06:16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
書かれてありました。

お礼日時:2016/01/20 06:16

源義平 源朝長 源頼朝 源義門 源希義 源範頼 阿野全成 源義円 源義経 坊門姫


義平は平治の乱で一騎打ちの逸話がありますよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早いご回答ありがとうございます!

お礼日時:2016/01/20 06:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q義経VS頼朝で、なぜ義経に加勢する武将が少なかったのでしょうか

義経は1185年3月に壇ノ浦の戦いで勝利し、平家滅亡の立役者
となったが、兄弟共通の敵がいなくなったために兄弟の対立が

表面化、義経は頼朝に恭順するかそれとも敵対するかの選択を
迫られました。

義経は頼朝とならぶ清和源氏の主流であり、後白河法皇の支持
を受けていたし、実際に法皇から頼朝追悼の院旨も受けていた。

一方、頼朝は平家を滅亡させて源氏の世の中になったとは言え、
まだまだ日本の中心は京であり、東国の田舎でようやく地盤を
固めたに過ぎず、東北には藤原氏が依然として勢力を保持して
いた。徳川家康のような、その力を誰もが認めるような存在で
はまだなかったと思います。また家康のような力を持ってい
ても、関ヶ原では西軍側にも拮抗した軍勢が集まっています。

このような状況で、義経が反旗をひるがえした後、義経に味方
する軍勢はほとんど集まらず、最後は後白河からも見放され、
あっという間に転落してしまいました。

私としては、なぜ義経がかくも短期間でヒーローからあまりにも
みじめな最後をとげることにnってしまったのかがどうしても分か
りませんし、そこの ところをうまく説明した、解説本も知りません。

1. 義経に人徳がなかったのでしょうか(人徳でいえばむしろ頼朝の
方が冷徹であったといわれています)
2. 周囲の大半の勢力は冷静に頼朝と義経の力量を計算して頼朝を
選んだのでしょうか(しかし戦でいえば義経の評判が高かった
わけだし、強い方に加勢する心理が働いてもおかしくなかったのでは)
3. 源平の合戦が続いて、世間に厭戦気分が強く、また日本を二分する
ような戦を誰も望まなかったので、既に地盤を固めている頼朝を支持
したのでしょうか

それとも、他に何か理由があるのでしょうか?

よろしくお願いいたします

義経は1185年3月に壇ノ浦の戦いで勝利し、平家滅亡の立役者
となったが、兄弟共通の敵がいなくなったために兄弟の対立が

表面化、義経は頼朝に恭順するかそれとも敵対するかの選択を
迫られました。

義経は頼朝とならぶ清和源氏の主流であり、後白河法皇の支持
を受けていたし、実際に法皇から頼朝追悼の院旨も受けていた。

一方、頼朝は平家を滅亡させて源氏の世の中になったとは言え、
まだまだ日本の中心は京であり、東国の田舎でようやく地盤を
固めたに過ぎず、東北には藤原氏が依然として...続きを読む

Aベストアンサー

当時の武士というのは、読んで字の如くの戦闘員・戦いのプロというより、普段は自分の土地を家来や領民に耕させ、米など農作物で生活する人々。当然武士の関心事は田畑にあるわけです。

当たり前ですが武士も人間なので子が生まれやがて死にます。

となると気になるのは土地を誰が相続するのか?長男?それとも親に可愛がられた次男?子供たちは若すぎるから叔父さん?とその土地を誰が継ぐの?系の問題が鎌倉幕府開設前からありました。鎌倉開府前には藤原氏や院、時にはお寺。誰々の土地だからその土地の持ち主が決める。けど時代の流れでもって藤原氏が強かったり院が強かったりで誰に相続されるかが安定せず、またその主に気に入られた三男が継ぐことになったり、と安定しないわけです。

こんな不安定な制度は誰でも嫌なもの。公平な相続お裁きをしてくれる機関が欲しく、そのボスには高貴な血筋の人間を据えて説得力を増したい。そんなわけで清和源氏ブランドのボス・源頼朝に白羽の矢が立ち、鎌倉開府となったわけです。



さてこの裁定機関が二つあったらどうでしょう?二つとはもちろんご質問の頼朝と義経です。例えばあの土地について頼朝は長男が継げと言い、義経は次男が継げと言い…武士達にとっては裁定機関は一つでよく、彼ら目線で支離滅裂になっては困るのです。源氏の長者は一人でよく、二人も要らんのです。

また頼朝は源義仲や平氏追討は義経らに丸投げし、自分は関東に残っています。頼朝は別に関東で酒池肉林のドンチャン騒ぎで遊んでいたわけではなく、裁定機関の準備を進めるわけです。源義仲や平氏が滅んだ頃には準備がかなり進んでいたでしょう。周りの武士たちにしてみれば、これで俺達の裁定機関ができるぞって時期に、頼朝の指示を聞かない義経くん。彼は頼朝=裁定機関=武士達の指示を聞かないわけです。

武士たちにとって邪魔ですよね?義経くん。

頼朝と義経各個人の人徳や力量比較は(どちらかというと)武士達にはどうでもよく、例え頼朝の弟と言えど裁定機関の指示に従ってもらわなければ困るんです。折角、平和な世の中に向かっているというのに、いわばKYな義経くん…困りますよね?

戦場での奇想天外な発想…というより、誰が見ても無理そうな課題を発想力で解決する能力は、頼朝よりも…というより日本史上最高の武将でしょう義経は。中でも騎馬による奇襲など戦闘指揮官としては義経の才能は、世界に誇ってもいいくらい。

ですがそんなものは武士たちの土地相続問題には要らない才能。武士達の希望は公平なお裁き、公平な論功行賞。それらに戦闘指揮官の才能は不要です。もっと言えば冷徹にどちらが正しいか判断してくれる人や機関の方が必要なのです。

ご質問には記載はありませんが、範頼も義経に似たような雰囲気を醸しています。紆余曲折の末、源実朝を最後に清和源氏の嫡流は滅んでいます。にもかかわらず、裁定機関の鎌倉幕府はその後も続いています。武士たちにとって源氏が大事だったのではなく、裁定機関が公平に活動してくれればそれで良かったのです。



と長文で申し訳ありませんが、回答としては次のようになります。

4. KYな義経くんは鎌倉幕府=武士達の指示に従わなかったから、もしくは要らない子だったから。

当時の武士というのは、読んで字の如くの戦闘員・戦いのプロというより、普段は自分の土地を家来や領民に耕させ、米など農作物で生活する人々。当然武士の関心事は田畑にあるわけです。

当たり前ですが武士も人間なので子が生まれやがて死にます。

となると気になるのは土地を誰が相続するのか?長男?それとも親に可愛がられた次男?子供たちは若すぎるから叔父さん?とその土地を誰が継ぐの?系の問題が鎌倉幕府開設前からありました。鎌倉開府前には藤原氏や院、時にはお寺。誰々の土地だからその土地の持ち...続きを読む

Qなぜ、頼朝は義経との初対面で弟であると認知できたのでしょうか

源義経の生涯のうち、ほぼ事実と認定されており、あまり話題になることもないにもかかわらず、とても不思議なことがあります。それは、頼朝との初会見における血縁の認定です。
 自らの血統を正統性根拠として、ようやく勢力を安定化しつつあった頼朝にとって、一方では血縁による個人的基盤強化の誘惑はあるでしょうが、それ以上に、血統正統性を悪利用する混乱因子が近寄ってくることこそ警戒の対象だったはずです。頼朝支持基盤である関東武士団にとっても同様でしょう。
 そこに現れたのが、自称”異母弟”の義経です。しかし、なぜ、頼朝は疑うことなく、これが確かに弟と認定できたのでしょうか。 その時点では、頼朝のみならず、おそらく全員が、義経と一度も面識もなく、また
兄弟であることの証拠品が提出されたとの記録も残っていません。
 義経は、吾妻鏡では単身、源平盛衰記でも20騎程度という少人数で登場します。冷静に考えたら、どこの風来坊かというような姿です。その様な状況で、初対面での兄弟の認知の場面は、私には想像を超える光景に思えるのですが。

Aベストアンサー

#4です。お礼ありがとうございます。

>わからなくなってきました。現代からみれば、話し方や教養、またいかにもそれらしい作り話で騙る詐欺の手口というのは十分考えられる、というか、普通に警戒することだと思うのですが、

現代のわれわれが均等な教育を受けることができるのは、大学がいっぱいあって教師がたくさんいること・黒板や机、いすなどを含めて小学校を安く大量に作ることができること、ノートや教科書にする紙がたくさんあり印刷ができて大量に運べること、などの恩恵を受けているのです。
現代でもアフリカの貧しい国では、ノートを買うことができず、教師の給料を払えず、校舎をつくる資金もありません。そうなると、子供たちは勉強ができませんので、育って教師になる人も出てきませんし、技術者になったり、ITを使える人も出てきません。工場も電力インフラも自前で作れず、外国に頼むと高いお金がかかるから結局貧しいまま、ということになるわけです。

平家や源氏が活躍した時代は、もっと格差がありました。紙を買うことができるのは貴族(平家など高級武士も含む)や寺社だけ、教育も学校なんてありませんから、貴族は中国帰りの高僧とか国内で優秀な算術家などを招いて教えていたわけです。
下級貴族は最低限の読み書きはできても、弓や馬にのる練習のほうが多かったでしょうし、平民というか農民は読み書きなどできずに、農業に従事していたわけです。

ですからそもそも「身代わりになれる」ほどの教養や知識を持っている人が少なく、知識を試してみれば「誰に教えを受けたか」など分かってしまう状態だったわけです。

また、服も貴族や高級武士は絹を着ていたでしょうが、この時代はまだ綿(木綿)がありませんので、上流階級以外は麻が基本で、貧困していると褌以外なにも着ない(寒さをしのぐのは蓑を着る。蓑なら藁だからたくさんある)、ような状態だったわけです。

ですから、持ち物一つとってみても、服だけでなく小物入れや筆立、箱などの素材や品質が高級品であれば、その人の持ち物であるか、後は盗んだかしかないわけです。
また、今でも天皇家は自分の持ち物に由来する花の印章をつけていますが、当時の小物などはすべてオーダーメードですから、すべての持ち物になにかの印があるのが普通で、常盤御前が使っていた印がついた古い小物などがあれば、本人確認の一つの証明になったわけで、父・義朝の形見&常盤御前の小物&遮那王時代の印がついたもの&平泉でもらた奥州藤原の印の物などがそろって言えば、限りなく本人である可能性が高くなる、ということです。

これらのことを知り、判定するためには、当然ですが間者を早い段階から忍ばせて情報収集する必要があります。
自分が調べた情報と、義経だと称する本人が言っていることがことごとく一致すれば、本人と認めてもらえるわけです。

ひとつでも間違えば切り殺されますし、そもそも義経側は相手がどれぐらいの情報をもっているか分からないわけです。

その情報には、たいしたことない、でも現場に居れば忘れられない情報も含まれていたはずです。たとえば義経が居た時期の鞍馬寺で起きた騒動(台風で裏山が崩れた、とか)や一緒に寺にやられた兄の癖や好きなご飯などです。

新聞やテレビの無い時代では、こういう情報を広めるのはひじょうに困難ですし、たとえ同時期に京都に住んでいた偽物であっても、裏山が崩れた、というような情報までは入ってこないでしょう。

逆をいえば義経が鞍馬山にいた10歳ぐらいの頃から、平家などが「いずれこの子を偽物に仕立てて頼朝のところに送る」ぐらいの準備をしていれば、ばれないだろう、とは思います。

でも、義経が10歳の頃の頼朝はようやく北条家と懇意になったぐらいですから、その時点でスパイを仕立てることができるほど、先見の明があるなら、平家だって倒されることはなかったでしょう。

当時でも騙しの手口はたくさんありました。写真などが無い以上、今よりも騙しやすかったのも事実です。しかし、教養などは、直ぐに身につくものではなく、特に貴族階級と仏僧と両方を経験している人は多くはありませんから「もし、義経の身代わりになるならこの人物」という特定もできたわけです。
 ですから、義経の本人確認と同時に、身代わりの可能性のある人物がどこでどうしているか、も当然に調べていたはずで、そういうもろもろの多量な情報を突き合わせることで、本人確認を行っていたのです。

#4です。お礼ありがとうございます。

>わからなくなってきました。現代からみれば、話し方や教養、またいかにもそれらしい作り話で騙る詐欺の手口というのは十分考えられる、というか、普通に警戒することだと思うのですが、

現代のわれわれが均等な教育を受けることができるのは、大学がいっぱいあって教師がたくさんいること・黒板や机、いすなどを含めて小学校を安く大量に作ることができること、ノートや教科書にする紙がたくさんあり印刷ができて大量に運べること、などの恩恵を受けているのです。
現代...続きを読む

Q流刑になった上皇などに家司は付き添っていたのか

主に『栄花物語』を勉強しています。『栄花物語』の中で源高明が大宰府に流刑になった時は「童なる君」の同行が許されたとありますが、流刑になった時一般的に家族や家司の同行は許されたのでしょうか?平安初期の小野篁や鎌倉時代の後鳥羽上皇など隠岐に流された人についても御存じだったら教えていただきたいと思います。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。
そして、佐渡の出身です。

ですので、隠岐の後鳥羽院は余り研究?はしていませんので、佐渡へ流された順徳上皇について述べてみたいと思います。

承元4年(1210)第84代天皇になるも、鎌倉幕府と対立し、承久3年(1221)皇子の仲恭天皇に譲位して、父後鳥羽院とともに鎌倉幕府打倒に立ち上がった。(承久の乱)
しかし、尼将軍北条政子、執権北条義時姉弟の前に乱は失敗と化した。

鎌倉幕府は乱平定後、時を待たずして直ちに後鳥羽院を隠岐へ、順徳上皇を佐渡へ配流することと決した。

承久3年7月20日、覚悟はしていたものの、順徳上皇は配流の通告を受けると翌21日には京を発った。真に慌ただしい旅立ちと言わなければならない。
供回りはわずか6~7人であった。それまでの宮廷内での華やかな暮らしに比べて、何とも淋しい限りの離京であったことだろうか。

★なお、皇后(正夫人)や側室は決して同伴してはいけないことになっていました。
これには、皇后や側室という最小限の家族単位を切り離して禁欲生活を強いる、「付加刑」的要素を持っていたからです。
従って、隠岐に流された後鳥羽院も同じように正室や側室を同伴することはできなかったと思います。
家人(かじん)などや正室、側室以外の女房などは、身の周りのお世話をするために同行を許されました。
この後に書きますが、家族以外で身の周りのお世話をするために同行した女房とは、致し方ないことです。

佐渡に着いた上皇は泉(現・佐渡市金井地内)に御料地を与えられ、1年間位は扶持米が支給されたが、その後は供人が与えられた土地の一部を耕して自活の道を歩まれた。
一般に、島に送られた流人は、決して土牢などに閉じ込められる訳ではなく、国司や守護の計らいで寺や百姓の名主(みょうしゅ=庄屋)などに預けられた。しかし、上皇の場合は黒木御所と呼ばれて独立したものであった。

上皇は遠空の京を想い、堪えがたい不安と悲しみを数々の歌にされています。
”秋風の うら吹(き)かへす さよ衣 みはてぬ夢は みるかひもなし”

苦節22年、いつの日か再び京へ帰れることを夢見ながら、仁治3年(1242)9月12日、京より差し遣わされた薬師(くすし)和気有貞(わけのありさだ)の治療も虚しく崩御されました。御歳46才の心情はいかばかりであったことだろうか。

翌13日御火葬となり、明くる年の春、供人の左衛門太夫康光法師(さえもんだゆうこれみつ・上皇崩御直前に出家)の胸にいだかれて京都大原御墓所に納め祀られた。

上皇の在島中に、同行の女房たちに皇子が誕生しています。
史実としては、貞応2年(1223)に供の女房従三位清季(きよすえ)の女(むすめ)に忠成王(ちゅうぜいおう)、天福元年(1233)には右衛門督局(うえもんとくつぼね)との間に善統王(ぜんとうおう)がお生まれになっています。
上皇の崩御された翌年の春、忠成王と善統王や供人は上皇の遺骨と一緒に京へ帰っています。

なお、伝承として、上皇が在島中、土地の熊野権現の社人の女(むすめ)が召されて3人の宮を生み、第一皇女慶子女王(けいしじょおう)、第二皇女忠子女王(ちゅうしじょおう)、第三皇子千歳宮が現、畑野地区宮川(はたのちくみやかわ)、佐和田地区二宮(つわだちくにくう)、畑野地区三宮(はたのちくさんぐう)にそれぞれ住まわれたと言われており、二宮、三宮などの地名が残っていますが定かではありません。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。
そして、佐渡の出身です。

ですので、隠岐の後鳥羽院は余り研究?はしていませんので、佐渡へ流された順徳上皇について述べてみたいと思います。

承元4年(1210)第84代天皇になるも、鎌倉幕府と対立し、承久3年(1221)皇子の仲恭天皇に譲位して、父後鳥羽院とともに鎌倉幕府打倒に立ち上がった。(承久の乱)
しかし、尼将軍北条政子、執権北条義時姉弟の前に乱は失敗と化した。

鎌倉幕府は乱平定後、時を待たずして直ちに後鳥羽院を隠岐へ、順徳上皇を佐渡へ配流...続きを読む

Q源頼朝の所領の歴史

源頼朝の所領の歴史を教えて下さい。

源頼朝の所領の話って聞いたことがありません。
頼朝の人生の中で彼はいつに所領をこれくらい手に入れて、いつこれくらい失ったみたいな
頼朝の人生の所領の歴史を教えて下さい。

あと頼朝の死後彼の所領は彼の息子に譲られたのでしょうか、それとも北条家に掠め取られてしまったのでしょうか?

Aベストアンサー

subetenoaruji さん、こんにちは。

どうやら、彼は所領をもっていたようです。問題はそれらの所領が古文書の散逸により詳細が不明であることです。
頼朝が鎌倉幕府を開府する以前に持っていた所領を関東御領といいます。これに平家滅亡後に朝廷から与えられた所領を平家没官領といいます。これらの所領にさらに源家将軍がいなくなった後に承久の変以後に組み入れられた所領もあるようです。

詳細は下記のURLを参照ください。
関東御領

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E6%9D%B1%E5%BE%A1%E9%A0%98


平家没官領
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%AE%B6%E6%B2%A1%E5%AE%98%E9%A0%98

Q西郷隆盛の正妻 糸との三男

正妻 糸さんとの間の子供、三男の酉三の

西南の役後の人生は、どうだったのでしょうか?

長男 寅太郎、次男午次郎と 島の妻愛加那の子供 菊次郎と菊章の

その後、、は、わかるのですが、

酉三だけがどのようになったのかが分かりません。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

三男酉三は、系図からみると早く死去していると思われます。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E9%83%B7%E8%8F%8A%E6%AC%A1%E9%83%8E


人気Q&Aランキング

おすすめ情報