義経は九男だと聞きました。
上の八人を教えてください!
ネットで調べたら頼朝が三男、範頼が六男と見ました。
兄弟の名前を漢字&ひらがなで書いてくださるとうれしいです。
流刑とか死刑とか生まれてどうなったのかも教えてくださるとうれしいです。
ご回答よろしくお願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

長兄:義平(よしひら)


 母は三浦義明の娘とされるが、遊女であった可能性が高い。
 叔父義賢(木曽義仲の父)を討ったことで、「悪源太」と呼ばれるようになる。
 平治の乱で斬首。
 逗子の光照寺は義平の菩提寺といわれている。


次兄:朝長(ともなが)
 母は波多野義通の妹とされるが、遊女であった可能性が高い(参考:波多野城址)。
 相模国松田郷を領し、「松田冠者」と呼ばれる。
 平治の乱後、父とともに逃亡、途中「落武者狩り」に遭い負傷し、父義朝に死を願い最期を遂げる。

三男:頼朝
 有名人なので省略(笑)

四男:義門(よしかど)
 母は頼朝と同じ由良御前と考えられている。詳細不明。ただ宮内丞の官職に任じられていることから、平治の乱で一時的に義朝軍が内裏を占拠した際には存命しており、その際に任官したのではないか、そして直後の源氏軍敗北の中において戦死したのではないか、などと推測されている。

五男:希義(まれよし)
 母は由良御前。
 平治の乱後、土佐に流罪となり、「土佐冠者」と号する。
 平家打倒の気運の中で挙兵するが、平家家人に事前に察知され討ち取られる(参考:希義公の土と石~源頼朝墓~)。

六男:範頼(のりより)
 母は遠江国の遊女。
 宇治・瀬田の戦いにおいて木曽義仲を討ち、一の谷合戦、九州進軍を経て、壇ノ浦の合戦で平家を滅ぼす。
 奥州征伐にも参加。
 1193年(建久4年)、頼朝への謀反の疑いをかけられ伊豆修禅寺(修善寺)に幽閉され、のちに自害。
 一説には、埼玉県の吉見に逃れ吉見氏として続いたとも、北本市石戸に逃れたともいわれる(石戸には、持っていた杖が根付いたといわれる「蒲ザクラ」がある。)。

七男:全成(ぜんじょう)
 母は常盤御前。
 平治の乱後、出家し醍醐寺に入る。阿野氏の祖。阿野全成。
 頼朝が挙兵するとその揮下に入り、のちに三代将軍となる実朝の乳母である北条保子と結婚(北条政子の妹)。
 1203年(建仁3年)、二代将軍頼家への謀反の疑いをかけられ殺害された。
 沼津市の大泉寺に墓所がある。

八男:義円(ぎえん)
 母は常盤御前。
 平治の乱後、出家し園城寺に入る。
 頼朝が挙兵するとその揮下に入るが、源行家(叔父)の援軍として参加した墨俣の戦いで討死。

九男:義経

他に坊門姫(ぼうもんひめ)という、義経視点では姉確定の人物がいる(頼朝視点だと姉説妹説があるためはっきりしていない)
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なんてご丁寧に!!
分かりやすいです。ありがとうございます!

お礼日時:2016/01/20 06:16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
書かれてありました。

お礼日時:2016/01/20 06:16

源義平 源朝長 源頼朝 源義門 源希義 源範頼 阿野全成 源義円 源義経 坊門姫


義平は平治の乱で一騎打ちの逸話がありますよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早いご回答ありがとうございます!

お礼日時:2016/01/20 06:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「幕府」と「朝廷」の違いを教えて

中学校1年生の子供からの質問なのですが、

・「幕府」と「朝廷」の違いが分からない。
・そもそも「幕府」って何?「朝廷」って何?

と言われました。
お恥ずかしながら的確に説明できません。
教科書には説明が載ってないし、「先生に聞いてみたら?」と言うと
「先生は授業が終わるとすぐに職員室に戻ってしまうし、あまり質問しやすい先生じゃないもん!o(;△;)o 」
とのこと・・・(´_`;)

どなたか教えていただけますか?
私も勉強したいです。よろしくお願いします。<(_ _;)>

Aベストアンサー

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるということはほとんどなく、武士に言われるがままに任命していたわけですから、実権は武士の側にあったということになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%81%E5%A4%B7%E5%A4%A7%E5%B0%86%E8%BB%8D
これを端的にお子さんに説明するのは難しいかもしれません。
ただ、今の天皇陛下も政治的な実権はまったくなくて象徴として存在しているわけなので、それとちょっと似ているというような説明は、できるかもしれませんね。(今でも首相を任命するのは天皇と決まっています。ただし天皇が首相を選ぶことはできず、国会が選んだ人を形式的に任命するだけです)

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるという...続きを読む

Qなぜ、頼朝は義経との初対面で弟であると認知できたのでしょうか

源義経の生涯のうち、ほぼ事実と認定されており、あまり話題になることもないにもかかわらず、とても不思議なことがあります。それは、頼朝との初会見における血縁の認定です。
 自らの血統を正統性根拠として、ようやく勢力を安定化しつつあった頼朝にとって、一方では血縁による個人的基盤強化の誘惑はあるでしょうが、それ以上に、血統正統性を悪利用する混乱因子が近寄ってくることこそ警戒の対象だったはずです。頼朝支持基盤である関東武士団にとっても同様でしょう。
 そこに現れたのが、自称”異母弟”の義経です。しかし、なぜ、頼朝は疑うことなく、これが確かに弟と認定できたのでしょうか。 その時点では、頼朝のみならず、おそらく全員が、義経と一度も面識もなく、また
兄弟であることの証拠品が提出されたとの記録も残っていません。
 義経は、吾妻鏡では単身、源平盛衰記でも20騎程度という少人数で登場します。冷静に考えたら、どこの風来坊かというような姿です。その様な状況で、初対面での兄弟の認知の場面は、私には想像を超える光景に思えるのですが。

Aベストアンサー

#4です。お礼ありがとうございます。

>わからなくなってきました。現代からみれば、話し方や教養、またいかにもそれらしい作り話で騙る詐欺の手口というのは十分考えられる、というか、普通に警戒することだと思うのですが、

現代のわれわれが均等な教育を受けることができるのは、大学がいっぱいあって教師がたくさんいること・黒板や机、いすなどを含めて小学校を安く大量に作ることができること、ノートや教科書にする紙がたくさんあり印刷ができて大量に運べること、などの恩恵を受けているのです。
現代でもアフリカの貧しい国では、ノートを買うことができず、教師の給料を払えず、校舎をつくる資金もありません。そうなると、子供たちは勉強ができませんので、育って教師になる人も出てきませんし、技術者になったり、ITを使える人も出てきません。工場も電力インフラも自前で作れず、外国に頼むと高いお金がかかるから結局貧しいまま、ということになるわけです。

平家や源氏が活躍した時代は、もっと格差がありました。紙を買うことができるのは貴族(平家など高級武士も含む)や寺社だけ、教育も学校なんてありませんから、貴族は中国帰りの高僧とか国内で優秀な算術家などを招いて教えていたわけです。
下級貴族は最低限の読み書きはできても、弓や馬にのる練習のほうが多かったでしょうし、平民というか農民は読み書きなどできずに、農業に従事していたわけです。

ですからそもそも「身代わりになれる」ほどの教養や知識を持っている人が少なく、知識を試してみれば「誰に教えを受けたか」など分かってしまう状態だったわけです。

また、服も貴族や高級武士は絹を着ていたでしょうが、この時代はまだ綿(木綿)がありませんので、上流階級以外は麻が基本で、貧困していると褌以外なにも着ない(寒さをしのぐのは蓑を着る。蓑なら藁だからたくさんある)、ような状態だったわけです。

ですから、持ち物一つとってみても、服だけでなく小物入れや筆立、箱などの素材や品質が高級品であれば、その人の持ち物であるか、後は盗んだかしかないわけです。
また、今でも天皇家は自分の持ち物に由来する花の印章をつけていますが、当時の小物などはすべてオーダーメードですから、すべての持ち物になにかの印があるのが普通で、常盤御前が使っていた印がついた古い小物などがあれば、本人確認の一つの証明になったわけで、父・義朝の形見&常盤御前の小物&遮那王時代の印がついたもの&平泉でもらた奥州藤原の印の物などがそろって言えば、限りなく本人である可能性が高くなる、ということです。

これらのことを知り、判定するためには、当然ですが間者を早い段階から忍ばせて情報収集する必要があります。
自分が調べた情報と、義経だと称する本人が言っていることがことごとく一致すれば、本人と認めてもらえるわけです。

ひとつでも間違えば切り殺されますし、そもそも義経側は相手がどれぐらいの情報をもっているか分からないわけです。

その情報には、たいしたことない、でも現場に居れば忘れられない情報も含まれていたはずです。たとえば義経が居た時期の鞍馬寺で起きた騒動(台風で裏山が崩れた、とか)や一緒に寺にやられた兄の癖や好きなご飯などです。

新聞やテレビの無い時代では、こういう情報を広めるのはひじょうに困難ですし、たとえ同時期に京都に住んでいた偽物であっても、裏山が崩れた、というような情報までは入ってこないでしょう。

逆をいえば義経が鞍馬山にいた10歳ぐらいの頃から、平家などが「いずれこの子を偽物に仕立てて頼朝のところに送る」ぐらいの準備をしていれば、ばれないだろう、とは思います。

でも、義経が10歳の頃の頼朝はようやく北条家と懇意になったぐらいですから、その時点でスパイを仕立てることができるほど、先見の明があるなら、平家だって倒されることはなかったでしょう。

当時でも騙しの手口はたくさんありました。写真などが無い以上、今よりも騙しやすかったのも事実です。しかし、教養などは、直ぐに身につくものではなく、特に貴族階級と仏僧と両方を経験している人は多くはありませんから「もし、義経の身代わりになるならこの人物」という特定もできたわけです。
 ですから、義経の本人確認と同時に、身代わりの可能性のある人物がどこでどうしているか、も当然に調べていたはずで、そういうもろもろの多量な情報を突き合わせることで、本人確認を行っていたのです。

#4です。お礼ありがとうございます。

>わからなくなってきました。現代からみれば、話し方や教養、またいかにもそれらしい作り話で騙る詐欺の手口というのは十分考えられる、というか、普通に警戒することだと思うのですが、

現代のわれわれが均等な教育を受けることができるのは、大学がいっぱいあって教師がたくさんいること・黒板や机、いすなどを含めて小学校を安く大量に作ることができること、ノートや教科書にする紙がたくさんあり印刷ができて大量に運べること、などの恩恵を受けているのです。
現代...続きを読む

Q源 義経に子孫は居たか?

子供の頃のとある日祖母が「あなたは源氏の末裔で義経の子孫なの」と言い家計図のような物を見せてきたが、そもそも義経に子息は居たのか?(色々と説はあるが・・・) 個人的には源姓が欲しくて先祖の誰かが大金でも積んで加わらせて貰ったのだろうと考えているが・・・
日本人は源氏か平氏しか居ないなんて言う人も居るがどうなのでしょう?

Aベストアンサー

…別に難癖をつけるつもりはありませんが、可能性を100%否定することもないと思います。ご存知かもしれませんが、その昔は性に対する倫理も現代ほど厳しいものではなく、祭りの日でもあれば(言い方は非常に悪いものですが)フリーセックスの行為もあったといいます。あるいは閉鎖性の強い地域であるならば宿を借りた旅人に村の娘を差し出すことも珍しくありませんでした(そうやって“血”が濃くなりすぎることを未然に防いだ)。家康の先祖だってそのような事柄がきっかけで三河に定着するようになったという説があります。

また“逆賊”視された平将門の子孫だって、義経の叔父である源行家の子孫だって、一見“皆殺し・根絶やし”にされて存在しないようにも思えますが、実は生き残って後世に名を残しました(豪族が便宜上“私は○○○○の子孫、末裔である”勝手に名乗っている例も多々含まれますが…苦笑)。

名もない旅商人に対してですら“娘を差し出される”ようなことがあったのですから正統な清和源氏の後継者の一人である義経に地方豪族などがその娘を喜んで差し出したり、あるいは遊女などの妻妾の一人がこっそりと子供を残したとしても、それは(正式な)「歴史書」に残されていないだけで、可能性としては全くないとはいえないのではないでしょうか。

…別に難癖をつけるつもりはありませんが、可能性を100%否定することもないと思います。ご存知かもしれませんが、その昔は性に対する倫理も現代ほど厳しいものではなく、祭りの日でもあれば(言い方は非常に悪いものですが)フリーセックスの行為もあったといいます。あるいは閉鎖性の強い地域であるならば宿を借りた旅人に村の娘を差し出すことも珍しくありませんでした(そうやって“血”が濃くなりすぎることを未然に防いだ)。家康の先祖だってそのような事柄がきっかけで三河に定着するようになったという説...続きを読む

Q頼朝が義経を嫌ったのはどうしてですか?

義経は平家追討の功労者だったのに、平家滅亡後まもなく仲たがいをしてしまいました。
実の兄弟なので多少の行き違いがあっても話せばなんとかなるとおもうのですが、両者の関係が決定的に悪くなった原因はなんでしょうか?
人間性によるところが大きいのでしょうか、それとも政治的なものでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

判官贔屓のせいか、江戸時代以降現代に至るまで義経に人気があり、頼朝はあまり好かれていないようです。このため、ほとんど歴史ドラマのごとき論がでてくるわけですが。

根本的にめざしているものが違う以上、「実の兄弟なので多少の行き違いがあっても話せばなんとかなる」という事にならないと思います。平安時代史を調べると(たとえば岩波新書「平安王朝」)兄弟で政治的に敵であった例はもう山ほどあるわけで。とりわけ新興武士階級の場合、それまでの朝廷の官位の権威ではなくずばり武力をもって支配を行う以上、対立はすぐさま暴力的になります。

また、#2さんなども書いておられますが、その背景とする勢力が頼朝と義経では違います。頼朝のうしろだては関東の武士団で、その中には実は清盛流以外の桓武平氏も多々ありました(とりわけ北条氏)。またこの時点で頼朝が源氏の棟梁であった、というのは正しくありません。清和源氏の嫡流ではあっても清和源氏そのものが諸源氏のなかでは地位が低く、むしろ清盛一党と対立して敗れた義朝の嫡男としての位置がここでは重要でしょう。そういうものとして関東の平氏や源氏をふくむ武士団の共立する将に選ばれたのだと思います。

一方義経はその最大の庇護者は奥州藤原氏で、これは関東とはまたちがった政治勢力でした。

さらに打倒された勢力の「平家」とされているのは6流ある桓武平氏のうち平高望の流れのなかのいわゆる伊勢平氏のうちの清盛に近い一党なのであって、たとえば北条氏と清盛では6代前が同じ、というこの当時としてはほとんど別の一族です。
http://www.myj7000.jp-biz.net/clan/01/011/01100.htm
こういうことを考えてみても、小さい頃から一緒に育ったわけでもない、違う勢力の代表である兄弟はもともと潜在敵であったわけです。
つまり、奥州勢力と関東勢力の連合がが西国中心の平氏清盛流と争った、というのが事の真相であり、その際、関東の求めたものはいってみれば関東の独立(というと言い過ぎでしょうが)でしょう。この場合、あくまで敵を倒すための連合ですから、その後は一方が完全に屈服しない限り対立は続きます。北の勢力は関東にとっては放置するには大きすぎる勢力ですから。

というわけで、もともと対立する可能性の方がずっと大きかったので、その通りになっただけでしょう。

判官贔屓のせいか、江戸時代以降現代に至るまで義経に人気があり、頼朝はあまり好かれていないようです。このため、ほとんど歴史ドラマのごとき論がでてくるわけですが。

根本的にめざしているものが違う以上、「実の兄弟なので多少の行き違いがあっても話せばなんとかなる」という事にならないと思います。平安時代史を調べると(たとえば岩波新書「平安王朝」)兄弟で政治的に敵であった例はもう山ほどあるわけで。とりわけ新興武士階級の場合、それまでの朝廷の官位の権威ではなくずばり武力をもって支配を...続きを読む

Q『成長』と『生長』の使い分け

ある原稿を作成するにあたって困っています。

「観賞魚がせいちょうした」と書きたい場合、『成長』、『生長』どちらが適切でしょうか。

ご存知の方、簡単な解説もつけていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

『広辞苑』からの抜粋引用です。

【生長】(1)うまれと育ち。うまれ育つこと。
(2)俗には発育と同じ意味で用い、生物学では生体の量の増加を指し、形態形成あるいは形態変化に対していう。成長。

【成長】(1)育って大きくなること。育って成熟すること。
(2)生長(2)に同じ。

一方、国語審議会が示している「同音異義語の使い分け」には、次のように解説されています。

【生長】植物などが伸び育つこと。(例)稲が生長する。
【成長】人間・動物などが育ち成熟すること。(例)子どもが成長する。

つまり、言語学的には、明確に線を引きにくい部分もあり、混用されるおそれもあるので、国語審議会が使い分けの指針を示し、現代日本語の標準的な書き表し方としたのです。
したがって、ご質問のケースでは、「観賞魚が成長した」と書くことになります。

Qブロッコリー上のツブツブの所が黄色いのですが食べられますか?

野菜をもらったんですけど、
上のつぶつぶ?の所が黄色くなっています
食べられますでしょうか?

Aベストアンサー

>ブロッコリー上のツブツブの所が黄色いのですが食べられますか?


          ↓

我が家の家庭菜園でも良く取り遅れますと色づきます。
また、ご近所の農家でも種を採るためだと思いますが数本の菜の花状態のブロッコリーを見かけます。

でも、ご心配はいりません→アブラナ科(菜の花)の仲間ですから、成長に伴う自然な形態です。

ただし、人間の都合から言いますと、見た目の悪さ以外にも食感と栄養価が落ちますので、食べれますが、新鮮な歯ごたえ(黄色く花が咲きかけると粒粒の部分はしんなりとしてしまい、軸は固く筋が入る)・栄養素(ビタミンC他)の面では今後は早めに使用(食材として利用)されますことをお勧めいたします。

ご参考URL
http://present.nissen.co.jp/lifestyle/recipe03/index.php


人気Q&Aランキング

おすすめ情報