質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

弁護士さんは、自由業ですから定年はありませんが、やはり限界はあると思うにですが、だいたい、
何歳ぐらいで引退するのでしょうか。あまり若いと経験が浅いですが、あまり年をとっても体力、
気力がなると思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

引退せずに体力が続くまでやる人が多いです。



昔は弁護士といえば名士でしたから,いまのベテラン弁護士は,司法試験に合格した後はたいして勉強もせずに楽々と仕事をしてきた人が多いです(もちろん例外もいますが)。

そういう人たちは「ここまでそのやり方で来たのだから,これからもそのやり方でいける」と思っているので,弁護士業を続けることは簡単だと思っています。

実際には,数十年前と比べるとすごい勢いで法律が改正されていますし,公刊される判例の数も大幅に増えており,さらに社会の変化などもあって,昔の弁護士は急速に置いて行かれているのですが,老いるとそれに気づくこともできません。

私の見るところ弁護士のピークは45~50才くらいかなと思います。70才を過ぎた弁護士に事件を依頼するのはリスクがあると思います。

森・濱田松本法律事務所は60才で定年だそうです。
    • good
    • 1

私の知人の弁護士は86才ですが現役です。


でも、事件の件数は大幅に減らしています。
    • good
    • 1

体力を使う仕事ではないが、知識は使うので


高齢になる前に若手弁護士と組んで「○○法律事務所」って展開が多いかと。
    • good
    • 0

誰も引退はしないと思います。

折角苦労して取った弁護士資格を返還する人はいないでしょう。どこかの宗教団体で、死刑確定とわかっていても弁護士をつけなくてはならないときに、その資格が役に立つかもしれませんし、そういう人と思われる高齢の人が弁護していましたよ。誰も手を上げないときに、最後の仕事としてやるのが、引退時期なんではないでしょうか。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q弁護士の年金は?

つい先月、28歳になったばかりの一人娘が結婚しました。
相手は一歳年下の弁護士です。年収は1200万。
来年3月からは2300万位になるそうです。

そこで質問なのですが、弁護士さんって年金は国民年金ですよね?
我が家は親戚も含めて、ほとんどが会社員で厚生年金なものですから
自営業の方のことはよく解りません。
(弁護士さんが自営業というのも知りませんでした(^_^;))

娘から「将来が不安。何の年金に入ったらいいの?」と
相談をうけたものですから・・・。

娘も働いていて、あと2~3年は働く予定です。
娘の手取りは70万ちょっと。
(大手の外資の不動産投資信託のリーダーをやってるようです)

「貴女の給料はすべて貯金するように・・・」と言ってますが。
ハードな仕事で疲れぎみらしく、娘は仕事を辞めたがってます。
私が30歳まではしっかり働くように話してます。

娘は、将来が不安らしいのですが。
年金は何がいいのでしょうか?

宜しくお願いいたします。

娘の話では、弁護士仲間の方達は将来に対しての不安が大きい
らしく皆さん非常に堅実な生活をしておられるようです。

やはり個人年金だと思いますが、
個人年金ってどこがいいのでしょうか?
母親の私としては、まだずっと先の将来の年金のことより
まずは夫婦二人で、無駄遣いしないで、最低でも、年1000万は貯金するように話しているのですが・・。

この貯金額では少ないようにも思えますが。

宜しくお願いいたします。

つい先月、28歳になったばかりの一人娘が結婚しました。
相手は一歳年下の弁護士です。年収は1200万。
来年3月からは2300万位になるそうです。

そこで質問なのですが、弁護士さんって年金は国民年金ですよね?
我が家は親戚も含めて、ほとんどが会社員で厚生年金なものですから
自営業の方のことはよく解りません。
(弁護士さんが自営業というのも知りませんでした(^_^;))

娘から「将来が不安。何の年金に入ったらいいの?」と
相談をうけたものですから・・・。

娘も働いていて、あと2~3年...続きを読む

Aベストアンサー

まず弁護士=自営業(国民年金)とは限りません。(大半がそうであるのは事実ですが)

弁護士法人というものがあり、法人格の弁護士事務所であれば、サラリーマンと同じく社会保険(厚生年金、健康保険)への加入となります。

さて、弁護士の場合には、健康保険は、国民健康保険よりは通常は弁護士の国民健康保険組合に加入しているケースが多い物と思います。

年金については国民年金ですが、その上乗せとして国民年金基金があります。日本弁護士国民年金基金は任意加入ですが、加入されるとよいでしょう。これは準公的年金であり、サラリーマンの厚生年金部分とは少し異なりますが、似たような物です。

それ以外はあとは分散して老後資金を貯蓄するということになるでしょう。現実には老後より今後の生活でも費用が色々かかりますので、一つの貯蓄先にするのではなく、複数の貯蓄先を作るということが大事です。


人気Q&Aランキング