冬の風邪予防は「鼻○○○」が新常識!?>>

遺産相続についての質問です。

親族が相続遺産の全てを明らかにしてくれません。

書類は家庭裁判所に提出したとのことですが裁判所よりお借りして確認することはできますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

このような話、よくありますね。



遺産を把握している相続人に対し、把握していない相続人が遺産の詳細を示せと言います。なぜそのようなことをしなければならないのでしょうか?
相続人は、法定相続分の違いはあれども、遺産の調査の権限や把握の義務などは同じはずです。

ご自身で遺産調査をされてもよいのではありませんかね。

遺産分割調停の申し立てをしたと聞いているのであれば、申立書類の中の遺産内訳などの内容は、呼び出しなどの際に開示されるはずです。気になるのであれば、申し立てをされたであろう家裁に対し、開示されるのか、それはいつなのか、開示されないのであれば開示を受けるための手続きは、と聞いてみればよいのです。あくまでも、申立書の原本の一部を貸し出すことなどはできませんので、写しの交付という形になると思います。

遺産分割調停の申し立ては、亡くなられた方の最後の住所地を管轄する家庭裁判所のはずですので、特定もできることでしょう。

私の祖父が亡くなった際、叔父が私の親に遺産を明らかにしなかったことがあります。協議になっても変わらなかったことから、私が相続人である私の親から委任状を受け、可能性のある金融機関や市町村役所で遺産調査を行ったものです。
その結果、叔父は隠し通せないこと、調停などとなれば立場が悪くなることについて理解させ、双方の用意した遺産内容の整合性を図ったことがあります。

遺産の調査というものは、苦労するものです。
多くの場合、相続人の代表や協議の中から遺産の可能性を見出し、色々なところに調査したりするものです。預金も必ず通帳が見つかるとは限りませんからね。
そして、一度協議が終わったのに、新たな遺産が見つかることもあります。その発見された遺産の金額によっては、円満だった協議が争いになることもあります。

あなた自身も調査のうえで、双方の把握した遺産の整合性をとることで、もれもなくなるものです。すでに他の相続人の把握された情報が得られるわけですから、それ以外に遺産がないかをあなたもよく考え、必要に応じた調査をしたほうがよいかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2016/09/30 18:12

裁判所に出したということは,遺産分割調停が申し立てられているということですよね?



遺産分割調停の当事者(相続人及び相続分の譲渡を受けた人)なら,家庭裁判所に提出された遺産目録は確認できます。それを確認したうえで,何を誰が相続するのかを決めるのが遺産分割調停ですから。
ただ,遺産目録は,遺産分割調停の申立書の一部です。申立て書類を裁判所から持ち出すことはできませんので,それを借り受けるようなことはできません。調停の相手方には,申立書の写しが送付されるはずで,それを確認することになります。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q初めまして。 相続に関して教えてください。 被相続人である父がなくなりました。 相続人は私と兄の2人

初めまして。
相続に関して教えてください。
被相続人である父がなくなりました。
相続人は私と兄の2人になります。
兄は18から東京に住んでおり、その後結婚して居住地も両親に教えませんでした。子供はいません。
私は結婚して実家の近くに住んでいます。子供は3人います。

生前父は相続はちゃんとやってあるから文句を言うなよ!と言ってました。
母が亡くなった時に兄は四十九日の時に親戚の前で相続は放棄します。跡も継ぎません。全て妹夫婦に任せます。と言いました。
その後、父と兄は弁護士に相続のことについて相談に行っていたようです。父から聞いてます。
そして、私には通帳、定期証書、土地の登記簿、印鑑を預け、これは全てお前のものだから。と言われてました。
実家は兄が跡を継がないので、私の子供を1人養子にして跡を継がせると言ってましたが、養子縁組の手続きをする前に亡くなってしまいました。
母が亡くなってから1年後のことです。
私は兄が母の四十九日に言った言葉を信じ、葬儀等のを全て行いましたが、葬儀の後兄は相続放棄するとは言ってないから半分よこせ!と言い出しました。
が、一切の父の死後の手続き等は全くせず財産目録も全て私がお願いしたぜいりしに作ってもらい、兄はこの税理士に委任状を出して相続税を払いましたが、税理士に支払う費用も全て半分と言ってきました。

ネットで調べたら、口約束でも通帳や印鑑を所持し、これはお前にやる!と言われればそれは私の相続分になると書いてあるのを見ました。
これは本当のことでしょうか?
本当であれば財産分与も楽になるのですが・・・
ご回答よろしくお願いします。

初めまして。
相続に関して教えてください。
被相続人である父がなくなりました。
相続人は私と兄の2人になります。
兄は18から東京に住んでおり、その後結婚して居住地も両親に教えませんでした。子供はいません。
私は結婚して実家の近くに住んでいます。子供は3人います。

生前父は相続はちゃんとやってあるから文句を言うなよ!と言ってました。
母が亡くなった時に兄は四十九日の時に親戚の前で相続は放棄します。跡も継ぎません。全て妹夫婦に任せます。と言いました。
その後、父と兄は弁護士に相続のこ...続きを読む

Aベストアンサー

通帳、定期証書は、あなたのものです。
土地については「贈与した」というならそれを登記しないと第三者には贈与で受けたと対抗できません。

土地の登記簿は登記済証のことでしょうか。
登記済証を権利証とみなさんいいますが、この権利証を相手に渡したって「あげた」ことにはならないです。
ヒドイ言い方ですと「なにか印刷されてる紙切れ」という価値しかありません。
ばくち場で「ええい、これでどうだ!」権利証をたたき出す場面があって、これを担保にもう一度ばくちさせろという演出なのですが、実際には所有権の移転なんて無理ですから。

「この土地はお前に相続する」という証左に登記簿を渡したという話になります。

ここで、その様子を知ってる兄が「なにを言ってるんだ」と言い出してるので、わけわからなくなってますね。

Q祖父の口座から孫の口座への移動

はじめまして。
先日祖父が他界しました。孫である長男のためにと祖父は自分の口座にいくらかお金を残しておいてくれたそうで、それを長男の口座に移動させたいのですが相続税がかかるのでしょうか?

祖母は2年前に他界
持ち家(ローンは無いと聞いてます)
少し広めの庭有り
祖父には子が2人(父と叔父)
父方に子が3人
長女わたし(結婚して家を出ている)
次女(仕事をしていて一人暮らし)
長男(実家暮らし、社会人)
6年前に母とは離婚
叔父方に子が2人(2人とも社会人)

父の言い分は長男の口座だと税金がかかるから自分(父)の口座に移動しよう、とのことですが
父は娘であるわたしより年下の女に貢いでいたことがあり(現在も交際?しています)大金を手にされると不安になります。
というか、祖父が病気で体調が良く無いなか、1人で病院に行かせたり(父は女と一緒にいた)入退院を繰り返していたときにその女に会いに行き家を空けたり、とクズ極まりないので祖父残してくれたもの(金なり、家なり、車なり)を父に使わせたくないのです。
出来れば孫である長男の口座に移動させて父が祖父の金を使えないようにしたいのですが…

ちなみに祖父が実家の固定資産税などの支払いで長男が困らないようにと残してくれたお金なので、わたしも次女も口座移動に反対はしていません。

初めての投稿でまとまりなく、分かりづらいかと思いますが回答よろしくお願いいたします。

はじめまして。
先日祖父が他界しました。孫である長男のためにと祖父は自分の口座にいくらかお金を残しておいてくれたそうで、それを長男の口座に移動させたいのですが相続税がかかるのでしょうか?

祖母は2年前に他界
持ち家(ローンは無いと聞いてます)
少し広めの庭有り
祖父には子が2人(父と叔父)
父方に子が3人
長女わたし(結婚して家を出ている)
次女(仕事をしていて一人暮らし)
長男(実家暮らし、社会人)
6年前に母とは離婚
叔父方に子が2人(2人とも社会人)

父の言い分は長男の口座...続きを読む

Aベストアンサー

それほど難しい問題ではないです。
1 祖父が死亡したときの法定相続人は子二人。
 この二人で遺産分割をします。
2 その後、遺産を貰った子(質問者からすればお父さんですか)が子に「おじいちゃんがお前のために残しておいてくれたお金だから」とお金を渡します。
 これは法的には父と子の間での贈与契約となります。つまり贈与税がかかります。

懸念なさってるのは、一度子の一人である「父」に遺産相続がされてしまうと、祖父から見た孫にお金が移動しない可能性があることでしょう。
つまり「父が子にお金を贈与することを拒む」ケースです。

「祖父が孫に残したお金を、父が取り上げるとは言語道断だ」という話なのですが、ここに祖父の落ち度があります。
公正証書遺言で「私の預金のうち、いくらいくらを孫誰々に遺贈する」としておけば問題は起きないのです。

父がどのような人間であれ、法定相続人である以上、これはひっくり返すわけにはいきません。

Q相続

弟夫婦が家を建てる際、父親が土地代として2100万円だしその上に弟名義の家が建っています。
土地の一部は弟の嫁の名義、建物の一部が親も名義になっています。2世帯住宅で同居です。
父親は土地代を出したはずだが、生前なぜ!一部弟の嫁の名義になっているのか?登記の時、弟が勝手の変えたようです。
先日親がなくなり相続の話で、弟の言い分は路線価で900万だら相続は900万だと言い張ります。
預金が約3000万あり、900万+3000万=3900万を3人兄弟で均等にする、1人あたり1300万だと言います。土地と現金400万をとると言ってます。
私の言い分は2100万+3000万=5100万で1人1700万円で弟に貰い過ぎている400万を補てんするように言いますが納得しないようです。どちらの言い分が正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

預金3、000万円
弟が生前に貰っていた現金2,100万円
合計5,100万円
相続人3人で平等に分けると一人1,700万円

弟は既に2,100万円を貰ってるので、400万円を出す。
他の二名は現金3,000万円に、この400万円を足した3,400万円を二人で1,700万円づつ相続する。

上記が正と思います。つまりご質問者の考え方です。

「路線価で900万だら相続は900万」という弟さんの言い分は正しいように見えますが、間違い。
理由
遺産分割の話をしてるのに、故人の所有物ではない不動産の評価額を出しても無意味。

「土地の一部は弟の嫁の名義、建物の一部が親も名義になっています。2世帯住宅で同居です。
父親は土地代を出したはずだが、生前なぜ!一部弟の嫁の名義になっているのか?登記の時、弟が勝手の変えたようです。」
と述べられていて、経緯はわかりますが、要は「生前に弟が父から2,100万円先取りしてる」ということです。

ここまで話が整理できて、そのうえで「2,100万円で購入した土地と建物」の一部が相続財産になっているので、話が複雑化します。
2,100万円のうち「父の名義になってる部分」は差し引いて、弟さんなり、その奥さんなりが生前に贈与を受けていたとして計算することになります。
所有権割合によって、2,100万円を按分する方法が良いのかなと思います。
この辺りは、専門家に相談し、かつ相続人が納得できる方法を選ぶしかないようです。

預金3、000万円
弟が生前に貰っていた現金2,100万円
合計5,100万円
相続人3人で平等に分けると一人1,700万円

弟は既に2,100万円を貰ってるので、400万円を出す。
他の二名は現金3,000万円に、この400万円を足した3,400万円を二人で1,700万円づつ相続する。

上記が正と思います。つまりご質問者の考え方です。

「路線価で900万だら相続は900万」という弟さんの言い分は正しいように見えますが、間違い。
理由
遺産分割の話をしてるのに、故人の所有物ではない不...続きを読む

Q公平な相続でしょうか? 条件 父の遺産 不動産 1億2000万円 相続人 母、子A、子B 一次相続

公平な相続でしょうか?

条件
父の遺産 不動産 1億2000万円
相続人 母、子A、子B

一次相続
分割は法定相続割合で合意
但し、子Bは母の居宅や事業不動産であることを理由に二次相続に先送りし実際の受け取りはなし
母 9000万円
子A 3000万円

その後、母が相続対策で借入金でマンションを建て、課税評価を0円にする。

二次相続
子Bが母から遺産を相続。評価は0円

結果
子A 3000万円
子B 0円

子Bは不公平だとして、子Aに差額を請求するようなことはありますか?

Aベストアンサー

>一次相続
>分割は法定相続割合で合意
母:6000万
子A:3000万
子B:3000万
です。
先送りも何もありません。

仮に
母:9000万
子A:3000万
子B:0
で合意したとしましょう。

二次相続時の状態は
プラス資産9000万
マイナス資産9000万
ってことですかね?

公平な相続として想定されるのは。

子A:1500万-3000万(借金)=-1500万
子B:7500万-6000万(借金)=+1500万
が、一次の結果から合意できる
分割案となります。

いろいろな状況は想定されますけどね。
例えば…

お母さんが賃貸マンションで事業を
営むとすれば、借金は逐次返済されて
いくわけです。
そうすると、上述の(借金)は徐々に
減っていくわけです。
3000万の返済が終わったところで、
お母さんがお亡くなりになりました。
ということだと、
子A:1500万-1500万(借金)=0
子B:7500万-4500万(借金)=3000万
となり、
一次相続時の子Aの3000万と同等
で分かりやすいですかね。A^^;)

あなたの質問のウラには、
不動産事業としての『おいしさ』が
隠れているということだと思います。

母が不動産事業を遺して、借金があっても
安定した老後(収益をある)が約束されると
子Bと合意(ネゴ)できるなら、問題は起こ
らないのかもしれません。
却って、子Aが不満に思うことになる
かもしれませんが。

母が遺言を書くのは必須ですね。

いかがでしょうか?

>一次相続
>分割は法定相続割合で合意
母:6000万
子A:3000万
子B:3000万
です。
先送りも何もありません。

仮に
母:9000万
子A:3000万
子B:0
で合意したとしましょう。

二次相続時の状態は
プラス資産9000万
マイナス資産9000万
ってことですかね?

公平な相続として想定されるのは。

子A:1500万-3000万(借金)=-1500万
子B:7500万-6000万(借金)=+1500万
が、一次の結果から合意できる
分割案となります。

いろいろな状況は想定されますけどね。
例えば…

お母さんが賃貸マンションで事業を
営むとすれば、...続きを読む

Q相続について教えて下さい。 元義理母が亡くなりました。 元夫は他界しており子供が代襲相続します。 元

相続について教えて下さい。
元義理母が亡くなりました。
元夫は他界しており子供が代襲相続します。
元夫には子供が他に2人います。
また姉もいます。

この場合の相続の割合は8分の1、12分の1のどちらでしょうか。
教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

no.1です。
補足見落としました。
元義理母の配偶者(元義理父)がいるのですね。
なら、
配偶者1/2
姉1/4
元夫の子1人あたり1/12(1/4×1/3)
ではないでしょうか。

Q父の遺産をもらえない 先日 父が亡くなり 未婚の妹が 葬式を出しました 妹は 父とあまり親睦が無いの

父の遺産をもらえない
先日 父が亡くなり 未婚の妹が 葬式を出しました
妹は 父とあまり親睦が無いのですが 仕切りたがりやなので 喪主をやらせたら その後 何も相談無く 父の家を片付け 勝手に住んでいます 相続税の事で 司法書士 会計士に相談し 折半という事で 税金も何とかかからない様になったのですが 父の預貯金など 妹が分けてくれず 司法書士 会計士にかかった費用は 折半で払えと言ってきました 父の物を全部取られたうえ 費用を払わなければいけないのでしょうか? 私には 遺産をもらえないのでしょうか?

Aベストアンサー

ダメですね。

あなた自身、自ら行動するか、専門家へ依頼するかをしましょう。
自分はまともに動かず、妹さんの問題を言っていても意味がありません。

あなたは一人の権利で、預貯金の調査などを行うことができます。亡くなった日前後の取引履歴などを取得すれば、本来分けるべき金額と使い込みの金額なども想像がつくことでしょう。

全部取られたと言われますが、預貯金の引き出しはできても、解約などの本人確認等が必要な手続きや相続手続きを踏まなければならないものについては、あなたの印鑑証明と実印がなければできません。家も同じことです。
使い込まれたものは、それを戻したと計算して協議し、必要なら実際に戻させたり、あなたへ支払わせたりすることもできるのです。
不動産などの名義変更も、同様にあなたの実印等がなければ正式に名義変更できず、勝手に住んでいるだけとなります。細かい家財道具などについても文句は言えますが、ないものを立証することは難しいことでしょう。

司法書士の費用と言っても、相談費用などであれば、妹さんが相談した費用ですので基本的にあなた負担するものではありません。遺産分割協議や名義変更まで依頼した流れであれば、その手続きを確認の上であなたへ請求することはありますが、名義変更の費用などであれば、本来不動産を手に入れた人の負担でしょうね。

会計士とありますが、税理士でしょうね。会計士は税理士を兼ねることがありますが、あくまでも税理士としての仕事の分でしょう。税金がかからないということは、相談のみで終わったということではないですかね。あなたにとってもメリットがあったということであれば負担してもよいですが、妹さんの独断での相談によるものであれば、妹さんが負担すべきものです。そもそも、相続手続きが完了して初めて税金の問題が生じます。事前相談はありえますが、事前相談では確定した税務の話はできないことでしょうね。

妹さんが勝手に動いているのであれば、あなた自身別途専門家へ相談しましょう。遺産分割協議がまとまっていないのであれば、家庭裁判所での調停や審判を覚悟するしかないでしょう。裁判所が代わりに調査することはありませんので、あなた自身またはあなたの依頼した専門家により調査した結果に基づいて争うのです。
妹さんがあなたの権利を超えて自らのものにしていれば、裁判所はあなたの権利を認め、妹さんへあなたへ金銭で解決するように言うことでしょうね。裁判で決まったことをさらに守らないのであれば、妹さんの財産を差し押さえたりもできるでしょう。

ダメですね。

あなた自身、自ら行動するか、専門家へ依頼するかをしましょう。
自分はまともに動かず、妹さんの問題を言っていても意味がありません。

あなたは一人の権利で、預貯金の調査などを行うことができます。亡くなった日前後の取引履歴などを取得すれば、本来分けるべき金額と使い込みの金額なども想像がつくことでしょう。

全部取られたと言われますが、預貯金の引き出しはできても、解約などの本人確認等が必要な手続きや相続手続きを踏まなければならないものについては、あなたの印鑑証明と実印が...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報