プロが教えるわが家の防犯対策術!

なぜ、エネルギーの変換効率が100%にならないのか誰か説明してください‼

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

エネルギー保存則、エントロピー増大の法則が働くから。



摩擦としての熱エネルギーや音エネルギー、光エネルギーなどとして損失してしまう。

また熱は、高いほうから低い方へと1方向へしか移動しない。

熱力学第1法則(エネルギー保存の法則)と熱力学第2法則(エントロピー増大の法則)によって、100%効率が否定される。

すべてのメカニズム・システムは、入力したエネルギーよりとり出せるエネルギーのほうが小さくなる。

熱力学第1法則、熱力学第2法則、で検索して研鑽して下さい。
    • good
    • 0

ころがり抵抗がゼロのコロが存在すれば発電機の機械的エネルギー損失はきっとゼロに出来る。


だがそんな好都合なコロは現実には存在しない。
発電機の銅線の抵抗をゼロに出来れば発電機の電気的エネルギー損失はきっとゼロに出来る。
だがそんな好都合な銅線はこの世に存在しない。

発電システムを精査、考察すれば上記のようなエネルギー損失のネタはたくさん見つかるだろうと思われる。
物理の知識を上手に運用できれば考察は可能なはず。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございましす‼

お礼日時:2016/11/23 11:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q位置エネルギーから電気エネルギーへの変換効率 考察お願いします‼

位置エネルギーから電気エネルギーへの変換効率
考察お願いします‼

Aベストアンサー

No.4です。

>なぜ、100%は実現不可能何ですか?

摩擦や空気の抵抗などがあるからです。
ダムの水が「水路」を通って流れるときにも、「水」と「水路」の抵抗でエネルギーのロス(損失)があります。「ドーっ」という流れる音がするということは、エネルギーが「音のエネルギー」に変わって無駄に使われているということです。音だってエネルギーですから。

発電機の軸が回るときには「摩擦」があるし、発電機の「導線」には小さいながら抵抗があるので発熱します。それらは「熱エネルギー」として無駄(損失・ロス)になります。

そういう「ロス」のため、位置エネルギーをすべて(100%)電気エネルギーに変えるのは「現実には不可能」なのです。

Q原核生物

青カビ、ゾウリムシ、大腸菌、酵母菌、ネンジュモ、アオコ、シイタケ

この中から原核生物を3つ選べという問題なのですが

教科書には具体的な生物の例がなく困っています。

予想では大腸菌、酵母菌となにかだと思うのですが...

この中のどれが原核生物だと思いますか?

回答お願いします。

Aベストアンサー

思うとか、思わないとか....クイズじゃないなぁ。
確(しっか)り覚えちゃいましょう、
説明
■原核細胞:細胞膜以外の二重構造を持たない細胞のことで、核、葉緑体、ミトコンドリア等の細胞内小器官が存在しない。尚、核の代わりに核様体、葉緑体ではなくチラコイドのみの器官を持っています。
■真核細胞:核、葉緑体、ミトコンドリア等の細胞膜以外の二重構造を持つ細胞のこと。

で、生物の例ですが.....
■原核生物:原核細胞のみから出来ている生物で、細菌類とラン藻類の2種類のみ。
 細菌類~大腸菌、肺炎双球菌、乳酸菌、根粒菌、亜硝酸菌、硝酸菌等
 ラン藻類~ユレモ、ネンジュモ、アナベナ、アオコ、スイゼンジノリ、アイミドリ、クロオコックス等
■真核生物:真核細胞を持つ生物のことで、菌類、細菌類以外の全ての生物ですが、真核生物の体内に原核細胞を持つ場合が在ります、例えば赤血球等です。

※気を付けなければいけないモノに、"酵母菌"が在ります。酵母は(細胞)核を持ち, 大きな分類では菌界 (キノコやカビの仲間) で、真核生物です。嘗(かつ)ては細菌の仲間と思われていたので酵母菌と呼ぶことが偶(たま)に在ります。

さぁ、以上から3っつ選べますね........、大腸菌、ネンジュモ、アオコ。

思うとか、思わないとか....クイズじゃないなぁ。
確(しっか)り覚えちゃいましょう、
説明
■原核細胞:細胞膜以外の二重構造を持たない細胞のことで、核、葉緑体、ミトコンドリア等の細胞内小器官が存在しない。尚、核の代わりに核様体、葉緑体ではなくチラコイドのみの器官を持っています。
■真核細胞:核、葉緑体、ミトコンドリア等の細胞膜以外の二重構造を持つ細胞のこと。

で、生物の例ですが.....
■原核生物:原核細胞のみから出来ている生物で、細菌類とラン藻類の2種類のみ。
 細菌類~大腸菌、肺炎双球...続きを読む

Q原核生物と真核生物の違い

原核生物と、真核生物の違いについて教えてください(><)
また、ウイルスはどちらかも教えていただけると嬉しいです!

Aベストアンサー

【原核生物】
核膜が無い(構造的に区別出来る核を持たない)細胞(これを原核細胞という)から成る生物で、細菌類や藍藻類がこれに属する。

【真核生物】
核膜で囲まれた明確な核を持つ細胞(これを真核細胞という)から成り、細胞分裂の時に染色体構造を生じる生物。細菌類・藍藻類以外の全ての生物。

【ウイルス】
濾過性病原体の総称。独自のDNA又はRNAを持っているが、普通ウイルスは細胞内だけで増殖可能であり、ウイルス単独では増殖出来ない。



要は、核膜が有れば真核生物、無ければ原核生物という事になります。

ウイルスはそもそも細胞でなく、従って生物でもありませんので、原核生物・真核生物の何れにも属しません(一部の学者は生物だと主張しているそうですが、細胞説の定義に反する存在なので、まだまだ議論の余地は有る様です)。



こんなんで良かったでしょうか?

Qダニエル電池の起電力

ダニエル電池の起電力
ダニエル電池の起電力の理論値は1.1Vですよね。0.7Vだったのですが何が原因だったのでしょう?

Aベストアンサー

質問者様は測定値が1.1Vから0.7Vに下がったとは書いておられません。
最初から0.7Vということではないでしょうか?
それならばダニエル電池の安定性は関係ありません。

標準電極電位から1.1Vの起電力があるはずですが、そうはならないのは
ダニエル電池の内部抵抗が大きいからではないでしょうか?
溶液内をSO42-やZn2+などの大型のイオンが動かないと電流が
流れないので、初期電圧はボルタ電池よりも低いことが想定されます。

また、私が食塩水と素焼き板の話を出したのは、素焼き板の内部抵抗を
調べて欲しかったのです。
素焼き板と言ってもいろんなものがあります。実験器材屋さんが売っている
セラミック製の薄いものから植木鉢のような厚いものまであります。
そこで、食塩水だけで抵抗値を測り、素焼き板を入れてどれだけ抵抗値が
変わるかを見て欲しかったのです。


人気Q&Aランキング