気密性をうたっている大手住宅メーカーです。
情報分電盤に配線の出ている大きな穴からとても冷たい風が出てきます。外の空気のようで外で何か燃やした様なにおいがするとそこからも同じにおいがしています。

これは普通の事ですか?
すきま風が入らないから24時間換気をついて、メンテナンスがとても面倒なのですが…。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

気密性はある程度高い住宅だということは、感じられます。

24時間換気は、原則停止できません。それゆえ24時間換気と言われるわけですから。そもそも高気密住宅を謳っていても、どの位の気密性なのかを数値で示しているかです。気密性を示す数値に相当隙間面積というものがあります。家全体の漏気面積を床面積で除したもので2c㎡/㎡などのように表します。このメーカーが謳っている数値があれば、聞いてみるのも良いでしょう。相談者の方の相談事は、情報盤への線の1次側に大きな穴がありここから冷たい空気が侵入するという状態ですが、家全体の気密性がある程度高いために、排気分の空気を、気密的に弱い部分から、外気を引っ張り込んでいる故と考えられます。この穴に関しては、内側の壁に開けられた穴とそこに空気を送り込んでいる穴があるはずですから、両方に気密処理をする必要があります。空気を送り込んでいる方の穴を見つけるのが少し難しいかもしれません。しかし、これは、気密住宅が本来持っている性能を備えていないわけですから、是正を申し入れてみるべきでしょう。ただ、1点注意すべきは、換気のシステムがどうなっているかです。気密住宅と言えども自然吸気、機械排気の第3種換気では、もともと高気密の住宅にはなりえません。厨房の給気に150φの給気口、一般の給気口に100φ(これが4か所)とすると全部で給気口の面積だけで490c㎡、仮に床面積を100㎡とすると先ほど出た、相当隙間面積は4.9c㎡/㎡。これにわずかながらあるサッシまわりなどの漏気を加えると5c㎡/㎡を超えます。これは、もはや高気密住宅とは言えません。高気密住宅とするためには、熱交換換気扇を備えて、熱のロスを最小限として、機械による給気、排気をする必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。お礼が遅くなってしまって申し訳ありませんでした。専門的なことを丁寧に教えて頂きありがとうございます。とても参考になりました。

お礼日時:2016/12/27 11:15

そのメーカーの担当を読んで疑問点をぶっつけて回答して貰う 現状見ない者には的確な回答は無理です

    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね!ご返答ありがとうございます。悩んでいても仕方ないですね。本当にありがとうございます。

お礼日時:2016/12/22 13:43

メーカーがどの程度説明したか分かりませんが、NO3さんの論理が正しいですね。

理論武装なしのクレームつけるのはよした方がいいと思います。

高気密住宅より高断熱隙間風少々住宅のほうが建物が長持ちするのかもしれません。高気密高断熱住宅は実験中レベルでしょう。何年か経ったら、あれは失敗だったということもあり得ますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。理論武装かぁ…とても自信はないですが、納得できない現状なので、説明をきちんとしてもらうようにします。詳しく知らないって怖いですね。頑張ってみます…

お礼日時:2016/12/22 13:42

普通の換気システムなら排気すればそれと同量の外気が入ってきます。


外気が入ってくる隙間や穴が必要です。従来住宅ならサッシの隙間などから入ってきます。高気密住宅なら窓や壁に隙間はありませんから質問者さんのような隙間(わざと開けた?)から外気が入ってくるしかありません。
完璧な高気密の部屋の換気扇を回しても吸排気されず、ただ換気扇が回って室内空気はどんどん湿気たり汚染されます。
高気密住宅は24時間換気しないと従来住宅より湿気てカビだらけになりやすい。当然隙間風は入ります。当然の理です。

>外の空気のようで外で何か燃やした様なにおいがするとそこからも同じにおいがしています。
満足度の高い換気システムを欲するなら外気のろ過洗浄機と除湿機を備える必要があります。ビルの空調システムです。

メーカーのうまい話に飛びついていいとこどりの印象を信じたのが失敗ですね。説明が悪いとメーカーを訴え慰謝料を取ることは日本では難しいが訴えることはできます。アメリカなら勝って賠償金をとれる?
    • good
    • 7
この回答へのお礼

詳しく教えて頂きありがとうございます。ハウスメーカーの説明不足、初めての家作りでしたので、言われるがままでした。
でもセントラル換気は吸気も排気もすると聞いていたので…そもそも気密性が高いのでセントラル換気が重要でメンテナンスをしっかりしてほしいとメーカーの話だったので、正直こんなところに穴があってすきま風がバンバン入ってくるなら話が違うと思ってしまいます。施主の理解不足もあると思うのできちんと確認、対応してもらいたいと思います。それを求めるのは間違った行動ではないとわかり、良かったです。ありがとうございます。

お礼日時:2016/12/22 13:40

建築に詳しくないのにすみません。



>これは普通の事ですか?
「普通」ってのはそれなりに多いことってしょうけど、それの回答はもってません。

>情報分電盤に配線の出ている大きな穴からとても冷たい風が出てきます。
>外の空気のようで外で何か燃やした様なにおいがするとそこからも同じにおいがしています。

なるほど。
電線や通信線は、柱や梁に穴あけして通します。
通常は壁の向こうなので見えません。
そういう穴と電線のスキマを埋めてなく、空気が通れるんでしょうね。
お粗末ですね。

「密閉性を謳っていながら密閉できてないじゃん」と文句言ってやればよろしいのでは。
担当者を呼び、外気がここから入ってくる状況を再現し「ほら」と。

密閉性を改めてやり直させるのは費用も時間もかかるし
一時的とはいえ家具やら生活の場までも移転するとなれば大事なので、
直接的な対処法か、金銭的な解決が現実的なところでしょうね。

>すきま風が入らないから24時間換気をついて、メンテナンスがとても面倒なのですが…。
すみません。何を言いたいのかわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早急な返答ありがとうございます。まさに穴が空いたままです!きちんと対応してもらえるように言ってみようと思います。
慌てていてきちんと文章になっていなくてすみませんでした。ありがとうございます。

お礼日時:2016/12/22 12:26

普通じゃないですね。

24時間換気、高気密住宅ってトラブル多いんです。というか発覚しやすいというか。
雨漏り起こすと、気密性高い分湿気が抜けないで内部がどんどんグズグズになるし。
風通し良いと雨漏りしてても部屋に垂れてくるまで気づかないんですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早急な返答ありがとうございます。そうなんですね。ショックですが現実がわかりました。

お礼日時:2016/12/22 12:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高気密住宅へのエアコン取り付けについて

高気密住宅へのエアコン取り付けについてお尋ねします。
新築住宅にエアコンを取り付ける場合、ハウスメーカーにお願いすると大変高額になりますが、高気密施工といった名目(5000円程度)で高気密に対応した工事をして貰えるようですが。具体的に、どのような工事をするのでしょうか?
また,価格を抑える為、量販店で聞いてみた所、高気密に対応した工事はして貰えないようです。
質問をまとめると
1、高気密工事とはどのような工事なのか?
2、家電量販店で録り付ける場合、どのような工事を要求したら機密性が保たれるのか?
解答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

施工方法により状況が違います。

■外張り工法の場合
断熱材が気密層を兼ねている場合がほとんどです。
その場合、エアコンのダクトと断熱材の隙間を現場発泡ウレタンで埋めれば大丈夫です。
通常、電気屋さんは現場発泡ウレタンを持ち歩いてはいないので、
予め、ホームセンターにスプレー缶の現場発泡ウレタンが売っているので、
それを購入し、電気屋さんに渡して指示をすれば、どの電気屋さんでも問題なく工事できます。

■充填断熱(グラスウールやロックウールなどによる内断熱)
断熱材の内側に気密シートがあり、気密はそこで確保されています。
この場合、後から穴を開けて再び気密を確保するのは不可能です。
ですから通常は、エアコンスリーブの先行設置が必要になります。
エアコンスリーブの先行設置さえしてあれば、
外張り工法の場合と同じように、現場発泡ウレタンを用意しておけば、問題ありません。

結局、どの電気屋さんにお願いしても一緒です。
まずは、質問者さんのお宅が、どちらなの断熱方法なのか確認してください。
もし、セ○○○○○ムでお建てになったとしたら、残念ながら後者です。
その場合は、部屋内側の石膏ボードとエアコンのダクトの隙間を
コーキング材でしっかり埋めてもらってください。
そうすれば、まだマシです。

いずれにしても、ハウスメーカーに電気屋さんを手配してもらう必要はありません。

施工方法により状況が違います。

■外張り工法の場合
断熱材が気密層を兼ねている場合がほとんどです。
その場合、エアコンのダクトと断熱材の隙間を現場発泡ウレタンで埋めれば大丈夫です。
通常、電気屋さんは現場発泡ウレタンを持ち歩いてはいないので、
予め、ホームセンターにスプレー缶の現場発泡ウレタンが売っているので、
それを購入し、電気屋さんに渡して指示をすれば、どの電気屋さんでも問題なく工事できます。

■充填断熱(グラスウールやロックウールなどによる内断熱)
断熱材の内側に...続きを読む

Q電気スイッチからのすきま風

建てて約半年の新築一戸建てですが、暮らし初めて1ヶ月くらいに電気スイッチからすきま風が入ってくるのに気づきました。
風が入ってくるのが普通なのかどうかが分からず、
先月半年点検の際に聞いてみたら、確認してお返事しますと言われ、その後返答がありません。
昨日このページを思い出し、過去の質問で同じことで困られてる方の回答を読みました。
1F台所の換気扇を運転したまま2Fの換気口のない寝室の窓すべて閉めてスイッチにティッシュを当てたらティッシュがゆらゆら揺れる風が入ってきます。
この現象はやはりおかしいと思っていいんでしょうか?
もし、不動産屋がすきま風の不備を認めたとして、
その場合不動産屋はどのような対処をすることになるのでしょうか?
困ってますので分かられる方、御回答お願い致します。

Aベストアンサー

恐らく原因は24時間換気を含む給排気換気のバランスにあると思います。
一般住宅の換気バランスは負圧の場合が多く、これは
排気ばかりして給気が足り無い事を指します。
一般住宅の設計は設備の素人が設計していますので致し方ないと思います。
我々設備家は(管工事施工管理技士を含む)そのバランスに細心の注意を払い、苦労をしています。

ですから排気が多くて給気が少ない、更に高気密住宅及びサッシュの為空気を吸うところが給気口以外ですとコンセントやスイッチ類、要は壁を経由して床下や天井経由で外の空気を吸い込んでいるのです。

スイッチから吸っているならまだ良いほうです。
中には排水管から吸い込んでしまい部屋が排水臭いなんていう現象が発生した家もあります。

まずは今ある給気口が閉まっていないか確認してください。
開いているのなら給気口面積の不足です。
給気口を増やすか、24換気を切るか各所の換気扇を切るか・・・詳しい状況がわかりませんので推測にて記載いたしました。

”設備家の独り言”

Q新築の家のすきま風

昨年、新築の家を建てました。

最近の家は気密性が高いので、冬はエアコンがよく効いてあったかく、夏はクーラーがよく効いて涼しいというイメージがあったのですが、どんなにエアコンを掛けても部屋があったまりません。

原因は、コンセントや電気スイッチからのすきま風です。
ティッシュをかざすと、勢いよくなびくくらいの冷気がコンセントやスイッチから入ってきています。

HMさんにどうにかしてほしいと訴えたのですが
「家が通気工法で建っているから仕方ない」と言われました。

本当に、通気工法で家を建てると、すきま風が入ってきて当たり前なのでしょうか?

自分で出来る対処法でも、工務店などへお願いする方法でもいいので、なにかいい知恵を拝借出来れば嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 (外壁)通気工法とは、家の壁とサイディングの間に空気を通す方法で、最近の日本の在来工法はほとんどがこの方式で建てられていると思います。通気工法と隙間風や断熱性能・機密性能とはまったく関係がありません。

>>コンセントや電気スイッチからのすきま風

 本来、きちんとした高気密住宅にするのであればコンセントには気密ボックスをつけるべきでした。
 現状、コンセントの向こうはロックウールだと思われるので、24換気によってコンセント部分が吸気口となってしまっているのでしょう。
 
>>隙間風の対処法

 根本的には気密コンセントボックスを取り付けるの良いのですが、現時点でそれが可能かはHMに確認してください。気密ボックスはコンセント用に穴の開けられたロックウール部分に埋め込み、周囲の気密シートとボックスを気密テープで固定して周囲からの空気の漏れを防ぐのが理想です。現時点ではすでに壁ができてしまっているので、そこまでの工事をするのは困難かと思われます。

 コーキングはやめたほうがいいです。コンセントの差込口を塞ぐことはできないので効果がありません。見た目が汚くなるだけです。

>>隙間風のせいで寒いのか?

 外部から入ってくる冷たい空気の量は、24換気の換気量によります。コンセント部分からの空気の流入がなくても外気の取入口から入ってくるので、家全体に入ってくる冷たい空気の量は変わりません。

 1.24換気の換気量は適切か?必要以上に換気されていれば部屋の温度は上がりにくくなります。

 2.室内温度が低いのか、体感温度が低いのか。冷たい風の流れがあると実際以上に寒く感じます。窓からの冷気(コールドドラフト)は代表的です。コンセントからの風が冷たく感じるのであれば、コンセントを箱で囲うようにすればましになるでしょう。
 
>>床下換気口

 夏はあけて冬に閉める....という人が結構いますね。その方が人はすごしやすいのですが、家にとっては良くありません。床下の湿度を下げるために床下換気口があるのですが、外は夏は高湿、冬は乾燥しています。夏に開けていると高湿の空気が床下に流れ込みます。逆に秋から冬に閉めていると湿度が下がりにくくなります。

 (外壁)通気工法とは、家の壁とサイディングの間に空気を通す方法で、最近の日本の在来工法はほとんどがこの方式で建てられていると思います。通気工法と隙間風や断熱性能・機密性能とはまったく関係がありません。

>>コンセントや電気スイッチからのすきま風

 本来、きちんとした高気密住宅にするのであればコンセントには気密ボックスをつけるべきでした。
 現状、コンセントの向こうはロックウールだと思われるので、24換気によってコンセント部分が吸気口となってしまっているのでしょう。
 
>>隙...続きを読む

Q電源分電盤と情報分電盤の設置場所について

一戸建の新築計画が固まりました。外部から取り込むLAN・TEL・TV等の各配線を1個所に集めて各室に情報分配(情報分電盤)することを検討しています。

電源分電盤はLDK周りに配置することを決めておりますが情報分電盤も隣接してもよいものでしょうか。ないしは離れた位置に接地した方がよいのでしょうか。

なお情報分電盤は光回線の終端装置が収容できる次を考えています。
>http://abaniact.com/product2.html#deep

Aベストアンサー

昨年新築した我が家の事例を紹介します。マルチメディアコンセントも検討しましたが不要でしたので取りやめました。

質問への回答は他の方と同様に、一般家庭であればBOX収容は必要ないと思います。また情報系の回線は出来れば隣接しないほうが無難だと思います。ノイズを拾い通話に雑音が入ったり、ネット回線に支障が発生するかも知れません。以前ADSLを利用されて方のネットトラブルが、近くにあった電子レンジが原因でした。

我が家の情報系の紹介をしておきます。
ワークスペースがパソコンを利用する場所になっており、ここの壁(床から20cm程度)に情報系の配管(16mmのCD管)が集めてあります。(別途ブログを参照)
外から光ケーブル(かなり細い)をここに引き込み、NTTの専用ルータ(ホームゲートウエイ)を設置してあります。以前はONU(光から電気信号に変換)・VOIP(電話信号に変換)そしてルータの3台がセットしてあり、これの電源アダプタも3コ必要でしたが、NTTは現在ホームゲートウエイ1台にしたため回線周りがスッキリしています。

この専用ルーターから各部屋にLANが配線(配管で)してありますが、LANのコンセントのプレートは電話とTVが一体となったプレートです。また柔軟性を持たせるため無線のアクセスポイントも設置しました。

下記ブログに詳細がアップしてありますので、参考になれば幸いです。

参考URL:http://blog.goo.ne.jp/yadasanyadasan/c/51bddbd56e6fdf0e6729baca407b6c24

昨年新築した我が家の事例を紹介します。マルチメディアコンセントも検討しましたが不要でしたので取りやめました。

質問への回答は他の方と同様に、一般家庭であればBOX収容は必要ないと思います。また情報系の回線は出来れば隣接しないほうが無難だと思います。ノイズを拾い通話に雑音が入ったり、ネット回線に支障が発生するかも知れません。以前ADSLを利用されて方のネットトラブルが、近くにあった電子レンジが原因でした。

我が家の情報系の紹介をしておきます。
ワークスペースがパソコンを利用す...続きを読む

Q電気工事士の資格がないとやってはいけないこと?

第二種電気工事士の資格がなくてはやってはならないことってなんでしょう? もう少し具体的に申しますと、たとえばコンセントからテーブルタップ(延長コード)でのばして蛍光スタンドをつけるという行為に資格は必要ないですよね。でも壁にあるコンセントから渡りで別の場所の壁にコンセントを増設するのには資格が必要なのでしょうか?たとえば屋内のブレーカーから、壁のコンセントまでを変更する場合には資格が必要で、壁のコンセント以降の変更はいらないとか、なにかそういった線引きはあるのでしょうか?先日壁の埋め込みスイッチが故障したのでホームセンターで買ってきて交換しましたが、この行為には資格が必要なのでしょうか? どうもすっきりしないので、ご存じの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 「電気工事士の資格を持つものでなければしてはいけない作業」には、次のような作業が挙げられます。
1、電線相互を接続する作業
2、電線を造営材に固定する作業
3、配線器具(スイッチ、コンセントなど)を取り付けたり、それに電線を接続したりする作業
 反対に「電気工事士の資格がなくともできる作業」には、次のような作業が挙げられます。
1、差込式接続器(電源プラグ、コネクタなど)にコードを接続する作業
2、インターホン、ベル、ブザー、チャイムなどの、電圧36V以下の配線作業

 従って、壁の埋め込みコンセントから直接電線を接続して別のコンセントを増設する作業は、資格がなければできません。
 壁の埋め込み式スイッチ、コンセントの交換も、本来なら資格が必要です。
 ただし、露出型の器具の場合は、既設の器具を交換するだけなら、資格は不要です。
 詳しくは、参考URLのページに解説されています

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Technopolis/6224/denki/houki.html

Q高気密住宅のレンジフードについて

現在高気密(気密測定の結果C値は0.31)の家を建築中のものです。

高気密なのでレンジフードは同時給排にしたのですが、気になる点があるので詳しい方教えて下さい。

某談話室にて『C値の高い住宅では、同時給排だけでは、給気不足になることがあります。』
と書き込みしている人がいたのですが本当ですか?

そして給気不足の場合
『給気が不足すると排気効率の低下はもちろんですが、特に静圧の高い(いわゆる力が強い事)シロッコファンなどの場合はサッシの隙間、室外への建具の隙間から風切り音がでたり 扉の開け閉めが重くなる
場合もあります。換気扇の騒音が大きくなる事もあります。』
上記のようになる可能性があると他の人が書き込みしていました。

ということは気密が高い家でレンジフードファンを回すとドアが重くなるということはレンジフードの給気が不足して他のところから引っ張ろうして起こる現象で、レンジフードの排気とバランス良く給気されていればドアは重くならないということで良いのでしょうか?

それならば換気風量が少なくても充分に換気(油煙を捕集)をするIH専用のレンジフードだったら解決すると思うのですが、どうでしょう?
換気風量が少なくて済むならバランス良く給気されるのでは・・・。(←勝手な想像)

例えばレンジフードの給気が不足したとして、他のところ(サッシの隙間、24時間換気の給気口など)から給気(換気量と同じだけ)されていても換気効率は落ちるのでしょうか?

長くなりましたが、よろしくお願いします。

現在高気密(気密測定の結果C値は0.31)の家を建築中のものです。

高気密なのでレンジフードは同時給排にしたのですが、気になる点があるので詳しい方教えて下さい。

某談話室にて『C値の高い住宅では、同時給排だけでは、給気不足になることがあります。』
と書き込みしている人がいたのですが本当ですか?

そして給気不足の場合
『給気が不足すると排気効率の低下はもちろんですが、特に静圧の高い(いわゆる力が強い事)シロッコファンなどの場合はサッシの隙間、室外への建具の隙間から風切...続きを読む

Aベストアンサー

>現在高気密(気密測定の結果C値は0.31)の家を建築中のものです。
おめでとうございます。

>同時給排だけでは、給気不足になることがあります。』
>サッシの隙間、室外への建具の隙間から風切り音がでたり 扉の開け閉めが重くなる場合もあります。
給排気ともファンが付いているレンジフードを採用すればそのような現象が起きる可能性は低くなります。
ダクトの中を空気が流れるときにダクトと空気の接した面で摩擦抵抗が発生します。
給排気ダクト抵抗のバランスが悪いと排気が多すぎたり、給気が多すぎたりという現象が起きます。
自然給気の同時給排式のレンジフードだと給気側がダクトの抵抗で空気が入りきらず、給気不足になる可能性があります。

>換気扇の騒音が大きくなる事もあります。』
ダクトの抵抗が大きすぎてファンが空回りした状態になると起こります。

>レンジフードの排気とバランス良く給気されていればドアは重くならないということで良いのでしょうか?
そうです。

>IH専用のレンジフードだったら解決すると思うのですが、
調理器具がIHならいいですが、ガスなら燃焼に使う酸素を取り入れるために排気する目的での風量なので設置不可です。

出した分入れてプラマイ0にすれば問題ありません。
そのような計画を行っているかチェックしてください。
チェックするのは以下のようなところです。
・給排気ダクトの長さに偏りがないか
・ダクト曲がり箇所数に偏りがないか(1ケ2ケなら問題ありません。)

>現在高気密(気密測定の結果C値は0.31)の家を建築中のものです。
おめでとうございます。

>同時給排だけでは、給気不足になることがあります。』
>サッシの隙間、室外への建具の隙間から風切り音がでたり 扉の開け閉めが重くなる場合もあります。
給排気ともファンが付いているレンジフードを採用すればそのような現象が起きる可能性は低くなります。
ダクトの中を空気が流れるときにダクトと空気の接した面で摩擦抵抗が発生します。
給排気ダクト抵抗のバランスが悪いと排気が多すぎたり、給...続きを読む

Q戸建住宅駐車場の傾斜は何%にすれば良いの?

新築戸建の着工を11月17日に控えていますが、外構部分の打合せがやっと昨日始まったところで、いきなり難題が発生!
「駐車場スペースの傾斜は2.8%で良いですか?」というものです。
初めての経験で見当がつかず、決めかねています。そこで、皆様のご意見を是非お伺いしたく投稿してみました。
駐車スペースは縦列駐車型で全長11m。入口部分を±0とすると最終的に+30cmになります。
私達の希望は、なるべく平に近い状態で作りたい。という事です。
積雪地域(積もっても15cmぐらいですが)の為、スリップは避けたいと思っている為です。2.8%は急坂の方ですか? また何か良い案をお持ちの方は是非教えて下さい!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

駐車場の傾斜としては、1/100だとかなりゆるくて排水がきちんとなされにくいほどになります。見た目は全く平坦です。ただこれだと傾斜がゆるすぎるので、水があまり流れずにたまるところが生じる可能性があり、寒冷地では逆にそこが凍ることも考えられますので、もっと傾斜させた方がよいです。

故に傾斜は2~3/100程度は欲しいところです。提案では2.8%(2.8/100)とのことですから、見た目はほとんど平坦に近く、通常傾斜を感じることはないけど、水は流れるので駐車場にたまってしまうことは避けられるのではと思われます。

Qユニットバス周りの壁断熱材について

先日ユニットバスが搬入され、施工を終えた後気づいたのですが、ユニットバス周りの内壁に断熱材(グラスウール100×50)が全く入っていません・・・HMさんの現場監督さんは、『ユニットバス周りに断熱材を入れると、湿気で水を含み、柱や壁を腐らせるので、うちではいつも施工はしていません』ときっぱり言われてしまいました。
ほんとにそうなのか判断つきません。
ユニットバスの湿気で断熱材が腐食してしまうのは浴槽の換気が不十分だからじゃないのでしょうか?
また、機密性の良いといわれているユニットバスでも
断熱材が腐食してしまうほどの湿気が充満してしまうのでしょうか?本当のところを教えてください!!!

Aベストアンサー

#1の方の回答の通り、断熱材が腐食するほどの湿気はユニットバスの外には漏れません。
もし、漏れる様なら不良品です。
恐らく工程上の都合で断熱材を入れていない可能性が高いです。
防水紙(外部に貼る紙)とユニットバスを施工した後では、防水紙を剥がさないと断熱材は入れられません。
ユニットバス廻りに断熱材を入れる工程と他の部分に断熱材を入れる工程はずれるので、面倒臭がる大工や現場監督は多いものです。
ちなみにユニットバス廻りだけに使うグラスウール断熱材の価格は数千円程度なので、経費削減というよりも上記の理由か断熱材発注を忘れているかどちらかでしょう。

実際のところは、ユニットバス自体の断熱でも問題ない様にも思いますが、まだ工事途中であればHM側に強く要求するべきだと思いますよ。
ただ、天井面には電気配線が集中するので入れなくても良いと思います。

Qウッドデッキに使用する木材について

家の庭へウッドデッキ作成を検討しています。

既に自力で設計図は作成したのですが、
最後に使用木材で悩んでいます。

なるべく安く上げたいのですが、
ホームセンター等で売っている『ホワイトウッド』は
耐久性が非常に低く、防腐材を使用しても
3年~5年で駄目になるとネットや本に書いています。

かといって、ウリン等のハードウッドを購入するほどの
予算もありません。

そんな中私が今考えている案は次のようになります。

    柱:ホームセンターで杉を購入(何の杉かはよくわかりません)
(別途防腐材を塗る)
フェンス:ホームセンターでホワイトウッドを購入
      (別途防腐材を塗る)
上記以外の床板、根太等:ネットでウェスタンレッドシダーを購入

私としては、10年程もってくれればいいかなと考えています。

上の選択で10年もちますでしょうか?

(10年後には違う形を作り直してもいいかなと・・・
 また、フェンスも5年後には子供も少し大きくなるので
 なくしてしまってもいいと考えています。)

また、ウェスタンレッドシダーにも防腐材は塗った方がいいですか?

どなたかご教示下さい。

家の庭へウッドデッキ作成を検討しています。

既に自力で設計図は作成したのですが、
最後に使用木材で悩んでいます。

なるべく安く上げたいのですが、
ホームセンター等で売っている『ホワイトウッド』は
耐久性が非常に低く、防腐材を使用しても
3年~5年で駄目になるとネットや本に書いています。

かといって、ウリン等のハードウッドを購入するほどの
予算もありません。

そんな中私が今考えている案は次のようになります。

    柱:ホームセンターで杉を購入(何の杉かはよくわかりません)
...続きを読む

Aベストアンサー

腐食としては・・・
イペ、ウリン>ウエスタンレッドシダー>杉>松、ホワイトウッド、SPF(ツーバイ材)という順番ですね。
値段としては
イペ、ウリン>杉>ウエスタンレッドシダー>松、ホワイトウッド、SPF(ツーバイザイ)ですか・・・

以上の事を踏まえて
柱、大引等腐食しやすい(交換しにくい)場所にはウエスタンレッドシダーを使用して、床、フェンス等にはホワイトウッド、SPF材を使用すればいいのではないでしょうか。

ウエスタンレッドシダー
無塗装で5~10年程度腐食はしません。
施工性も良いし香りもよい。
ただ、柔らかいので強度的には少し劣りますが、デッキ材としてはなんの問題もない程度です。
なので、ウエスタンレッドシダーで柱、大引を使用することを強くお勧めします。(お金があればイペ、ウリンです^^;)

杉は、高価な上にあまり防腐効果は期待できません。
確かに杉には多少の防腐効果はありますが、杉の赤身の部分の事で、ウエスタンレッドシダーほど期待はできません。

一番安い松、ホワイトウッド、SPFは
デッキの取替えやすい床板、フェンス等には使用してもいいと思います。
自分で防腐処理して3~5年程度はもつと思います。
(見た目を重視する方はやめたほうがいいです。(きっぱり!))
1年過ぎた頃から少しずつ朽ちてきますww

ウエスタンレッドシダーに塗装はしたほうがいいと思います。
何せ無塗装だとすぐに色あせてきます。
防腐効果を期待というより景観という意味合いで塗装をすることをお勧めします。
どうせ床材、フェンス等の木材に防腐剤を塗るのですから、わざわざ他の着色塗料を購入する必要はありませんよ。
防腐剤のほうが少し割高かもしれませんが、わざわざウエスタンレッドシダーのために同色の塗料を購入するほうが高くつきます。

参考までに^^

腐食としては・・・
イペ、ウリン>ウエスタンレッドシダー>杉>松、ホワイトウッド、SPF(ツーバイ材)という順番ですね。
値段としては
イペ、ウリン>杉>ウエスタンレッドシダー>松、ホワイトウッド、SPF(ツーバイザイ)ですか・・・

以上の事を踏まえて
柱、大引等腐食しやすい(交換しにくい)場所にはウエスタンレッドシダーを使用して、床、フェンス等にはホワイトウッド、SPF材を使用すればいいのではないでしょうか。

ウエスタンレッドシダー
無塗装で5~10年程度腐食はしません。
施工性も良いし...続きを読む

Q高気密高断熱の家は暑いですね?夜!

冷房エアコンを使う生活をしていません。
高気密高断熱の戸建ては暑いですよね?この暑さは建物自体の温度ですよね?熱が残るのですよね。
とにかく夜は外が涼しいです。(特に二階は)朝まで暑いですよね。そういう方いますか?
家の内側からで可能な対策なり解消法があれば実践されている方に教えて欲しいです。夏の夜の暑さは諦めていますか?
たぶん日本政府も高気密高断熱のスタイルを普及させる方針ですよね?馬鹿ですよね?エコに矛盾するという。エアコン使えって事ですか、エコ政府なのに。なんなんですかね、この理念で暴走する日本の産業の愚かしさは。

話の通じる方にご教授のほど宜しくお願いします。

Aベストアンサー

約3年前に高気密高断熱住宅に建替えました。

確かに夏場は質問者さんの言う通りだと思います。
しかし住宅を設計する際には、窓やドアなどを夏場の風の通りを良く考えた配置にすると思います。

我が家は完全自由設計だったため、設計屋さんに色々とアドバイスを受けながら自分達で配置を考えて設計しました。
9LDKと家が大きく、特に一階は広いLDKと隣室の洋間は4面吊り戸を常に開けているので更に広く、人がいる時はほとんどの戸は開けっ放しだし、玄関ドアと全ての窓は網戸にしてるので風通しは最高です。
逆に朝から窓を閉め切って全員外出し、夕方に帰宅しても家の広さと24時間換気のおかげで蒸し風呂状態にはなりません。

ただし二階は6部屋もあり、年頃の子供達の部屋なので入口のドアは開けっ放しにはできないので、二階トイレの窓を網戸にして入口ドアを開けっぱなしで廊下の窓も網戸にしてても廊下は結構暑いです。
二階の廊下にはトイレ前が吹き抜けのホールになっており、更には天窓があるため熱気はなかなか抜けません。
各部屋には24時間換気があるので、窓さえ開けなければ室温が極端に上がる事はないです。

質問者さん宅は二階の屋根下の天井裏部分の空間が小さいのではないでしょうか?
それと天井裏の通風が悪いのかもしれません。
そこで遮熱ができずに二階の部屋を熱しているのかもしれません。
カーテンを開けっ放しで窓から入る直射で部屋の温度が上がるのは避けられません。
しかしレースのカーテン一枚閉めただけで大きく差は出ます。
いくら外気温が高くても窓さえ開けなければ室温はそれほど上がらないはずです。
夜間は窓を開ければ風が通り抜けるように窓の配置がされていれば問題はないと思います。

要は高気密高断熱の家が悪いのではなく、不用意に室温を上げてしまうような部屋の配置だったり家の造りだったり、窓を開けても風が通らないような造りの家そのものが原因かと思います。
全ての高気密高断熱住宅が質問者さん宅と同様ではありません。
夏場の問題と冬場の問題をしっかり対策して造られている家は一年中快適です。

約3年前に高気密高断熱住宅に建替えました。

確かに夏場は質問者さんの言う通りだと思います。
しかし住宅を設計する際には、窓やドアなどを夏場の風の通りを良く考えた配置にすると思います。

我が家は完全自由設計だったため、設計屋さんに色々とアドバイスを受けながら自分達で配置を考えて設計しました。
9LDKと家が大きく、特に一階は広いLDKと隣室の洋間は4面吊り戸を常に開けているので更に広く、人がいる時はほとんどの戸は開けっ放しだし、玄関ドアと全ての窓は網戸にしてるので風通しは最高です。
...続きを読む


人気Q&Aランキング