人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

新築工事完成間際ですが、設計GLについて、教えてください。
外構に着手したところ、業者から連絡、
設計GLに合わせて整地すると、隣地境界ブロック塀が、全体に浅く、設計GLが、ブロック塀の一番下の段の底面と同じ高さになってしまう、つまりブロック塀が、ほとんど地中にもぐらない、ひと蹴りで倒れてしまう危険な状況。
地面掘ってブロック塀をつくりなおすか、せめてブロック塀を補強することを、議論していますが、費用は全て施主持ちであることを、業者は主張しています。
設計GLの設定が初めから低すぎた為に、このような問題が生じたのだと考えると、これは、業者の責任なのでないかと考えますが、正しいでしょうか?
因みに、工事着手前に設計GLが、路面+300であることの説明はうけていますが、その際に、ブロック塀のことは何も説明がありませんでした。

また、業者によれば、着手時点のGLに戻しただけだと主張してますが、その割には、残土すき取り料金としてトラック8台分20万円を請求されてます。
GLを下げてないのにその様な残土が、生じるものでしょうか?業者は、基礎を掘った分だと言いますが、普通は基礎を掘った残土を利用して、GLを上げると言う話も聞きます。
この辺りに詳しい方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

GLには、大別して、2種類あります。



「設計GL」と「現状GL」です。

「設計GL」=設計上の仮のGL(紙の上の便宜上のGL)
「現状GL」=実際の敷地でのGL
      (但し、現状の敷地もあちこちで、レベル(高さ)が、違いますので、この敷地では、
       この点の高さを、「現状GL」と設定する、と、設計者=工事監理者が決めます。
       決める要因は、工事中に高さの変動が無いところ。このため、前面道路のマンホールの
       蓋のレベルを基準として、これを「現状GL」と設定したりいます。)

1)「設計GL」を使う理由

 設計は、紙の上で行います。このため、高さ関係を決める基準の線を設定する必要があります。
 これを、「便宜的」に決めたものが、「設計GL」です。
 この基準の線から下の方は、「設計GL」から〇〇ミリの表示なので、「設計GLから、〇〇ミリ掘る必要がある。」と
 分かります。
 2階の床の高さが、「設計GL」から〇〇ミリと表示して、2階の床のレベルが、「設計GL」から〇〇ミリの高さにある、と
 分かります。

 詰まり、設計作業を行う上で、高さ関係のすべての数値の基準に「便宜的」に設定したものが、「設計GL」です。

 このため、この時点では、現地の「現状GL」と「設計GL」は、全く関連性がありません。

2)「現状GL」を使う理由

 先に述べたように、「便宜的」に、勝手に設定した「設計GL」を現地の現状に合わせる作業が
 必要となります。
 これが、「現状GL」の設定です。
 紙の上の(机上の)空論を、実際の現状に、対応させるための作業で、本来であれば、
 設計した建築士か、工事監理者(工事管理者ではありません。)が立ち合いのもと
 決定されます。
 
 実際にどのようにするか、と言うと、現状を把握し、「設計GLを現状GLから300ミリ上に設定する。」といった、
 決めごとをします。
 この時点で、前面道路のマンホール天端レベルから、空中に300ミリ浮いた高さを、
 設計上の「設計GL」に設定したことになります。

3)お話の内容

 説明がくどくて申し訳ありませんが、ご質問の内容から、HMが、上記の記載事項を
 全く理解しておらず、しかも、上記の流れに沿う「現場での確認作業」を全く
 していない、と思われます。

 仮に、「現場での確認作業」をしているのであれば、その記録が、追跡可能な形で
 残されていなければならず、まず、その記録を提出させるところからだと、思います。

 「設計GL」と「現状GL」の確認は、基本中の基本で、それを怠った場合、ご相談内容の
 ような事例が発生するのは、当然です。

 また、「設計GL」と「現状GL」の調整をし、「決定」をし、「責任を持つ」のは、
 建築士であり、工事監理者です。

 現状がどのような状態になっていても、そうなった責任は、施主側には無い(一般的には)と
 思います。

 上記、(一般的には)の意味は、現場を実際に見ておらず、また、打ち合わせ内容も
 把握しておらず、しかも、ここに提示された情報が全てか、確認できない、と言う
 意味です。

 長くなってしまいましたが、上記を良く理解され、業者に
 対応されたら、と思います。

 頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの御回答ありがとうございます。業者に、現場での確認作業について、追跡可能な記録の掲示を求めたところ、確認はしたが、書面では残っていないとのことでした。そんなものなのでしょうか?

お礼日時:2017/01/15 21:03

設計GLと言いますがそもそも「設計GL」なる定義は存在しません。


ですが一般的には用いられます。と、くどい話は置いときます。
設計図には前面道路のどの地点から建物の平均地盤面(これを設計GLなどと言ってます)
を設定しているかが記載されています。
従って質問者さんが大まかでも良いので測って見ることを最初にお勧めします。
又、残土を用いて盛土するのは現況地盤面が設計上の平均地盤面より低い場合にコストダウンを
主眼に用いる施工法で既存土が不適切な場合は全て捨てます、この点は一般的な事項としてご理解下さい。
さて、トラック8台分が10t車なのか軽トラなのか不明ですが現況地盤が高すぎる場合には生じるでしょうが、
質問者さんの内容ではその辺が不明ですので回答しかねます。
どうも境界上の塀の基礎レベルから推定すると着工前の地盤面が所謂設計GLより高かった可能性を感じます。
その為、既存塀の基礎が露出することとなったのでしょうね、でもこれらは着工前、設計段階の調査で
十分検討できる事項です、設計調査能力の不足と施工管理能力の不足が今になって現れたと思います。
設計者を交えて十分協議なさって下さい、あまり負担の生じない工法提案もなされると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。残土処理費用は、1.5m3 x 8台、つまり、12m3となります。
業者には誠実な、対応をする様にお願いしておきました。
建築業者には、誠実に対応する

お礼日時:2017/01/15 21:14

基礎部分を掘削すれば、掘削しただけの土が発生します。


この時点では、これは発生土です。
発生土によって埋め戻しをしたり、それで盛り土することはありますが、残土とは、こうした処理の後に残った土です。

設計通りに仕上げて貰えばいいだけであると思います。
たとえ後日風などで塀が倒壊しても、施工業者側の問題ではなく、その場合は「風の所為」です。
それが隣地の塀であるとすれば、それはそもそも隣地内で処理すべきものです。
もしもそれが、境界線上に設けられた塀である場合は、掘削しなければ現状が出来ないような構造物に関しては、当然ながら設計前に掘削工事を伴う調査費が発生するでしょう。
これを支払っていたのであれば、設計業務上に瑕疵があったと言えるように思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。塀に関して、設計前の掘削調査とは普通やるものなのでしょうか?
地盤調査はやっております。

お礼日時:2017/01/15 21:10

No.1の方が書かれているのが「誤解」の元ではありますが、同様に書かれているように施主側の責任はまず無いでしょう。



>工事着手前に設計GLが、路面+300であることの説明はうけています
>着手時点のGLに戻しただけだと主張してますが

ということなのですから、実際に路面から300上がっているかどうかを争点にすれば良いのではないかと。
上がっていないなら業者間での説明不足ですからね。

口約束部分であったのなら、そのあたりの言質取りは必須になるでしょう。
(相手に録音の旨を伝えなくても証拠として採用されますし、録音をされていることを知ったことによる虚偽発言を避けるためである場合は盗聴にもあたらない)

ただ、実際に路面から300上がっているならそれ以上のトラブルはまた別の話になってきますね。
事前に境界塀の施工状態も把握無しに「設計・現状GL」の基準を出したことによって起きた追加工事の業者責任の追求になります。

本来は側溝なりが必要になる現場もあるわけで、周辺境界との絡みを加味しない設計なんていうのは素人以下の体たらくですね。
一番問題なのは造成を行った時点で壁が露出する高さであることもわかったはずで施工業者もその辺無視していたわけで。
「このままでは追加工事が必要になる」というのは基礎工事の前段階で業者の誰かがわかっていたこと。

>残土すき取り料金としてトラック8台分

「それ取り過ぎでしょ」って話にもなりますしね。そうなるとその部分の請求も差し戻して話し合いが必要です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。早速、業者に実際に路面+300となっていることを示す様に頼みました。
あとは、そもそも、路面+300で良かったのか?本当は路面+400などにすべきだったのではないか?なぜ、300を適正と考えたのかも聞いています。

お礼日時:2017/01/15 21:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QGLについて…

新築図面等で基本となるGLですが…意味は分かるのですが一体どこから計るんでしょうか??色んな高さがあると何処がGLなのか分かりません(泣)宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>どこから計るんでしょうか??色んな高さがあると
の意味を理解しかねますが、次の説明で不明があれば補足してください。

新築完成後の敷地が水平であると仮定して説明します。

1.敷地の表面がGLです
2.予定地を測量して、道路より高い高さをGLに設計します。
 なお、道路より高く出来ない時は雨水を側溝に流すことができる高さをGLに設計します。
3.設計図の軒の高さ等はGLからの高さで表します。
4.設計図の天井などの高さは床からの高さで表します。
5.例えば2.で道路より150ミリメートル高くGLを設計した場合には
 GLを基準(±0)にして前面道路の中央に(-150)等と配置図に表示します。
6.ここまでの段階では、GLは設計上道路より150ミリ高いという抽象的なもので実体は存在しません。
7.工事が完成した時の敷地面が、見ることのできるGLです。
8.2.の測量時には、杭の頭に釘を打ち工事中に変化しないよう保護してベンチマーク(BMまたはKBM)を設置します。(境界杭等固定物で代用することもあり)
9.工事中はこのBMを基準にして施工します。

>どこから計るんでしょうか??色んな高さがあると
の意味を理解しかねますが、次の説明で不明があれば補足してください。

新築完成後の敷地が水平であると仮定して説明します。

1.敷地の表面がGLです
2.予定地を測量して、道路より高い高さをGLに設計します。
 なお、道路より高く出来ない時は雨水を側溝に流すことができる高さをGLに設計します。
3.設計図の軒の高さ等はGLからの高さで表します。
4.設計図の天井などの高さは床からの高さで表します。
5.例えば2.で道路より150ミリメートル高くGLを設計した場...続きを読む

QGL値って?

いつもお世話になってます。
過去Q&Aを参照したのですがよく分からないのでお教え下さい。

当方建築予定の物件ですがGLから下(地面?)に450mm(下から砕石120mm・捨てコン30mm)上に550mm(基礎高?)となっています。
建築に際しHMからGLの値ですが、外構との兼ね合いを含めて考えましょうと言われました。本来であれば詳しい話をHMに聞くべきだったのですが、時間が無く後日にする事にしてしまいました。

そこで、GLの高さ(基礎高??)の違い(高い?低い?)によるメリットとデメリットを教えてください。

Aベストアンサー

GLとはGroundLevelの略です。従って基礎を立ち上げる高さの元になる高さです。
こう言っても意味不明かもしれませんが、例えば、ある動かない位置(側溝の端など)をベンチマークに定め、それを基準値(MGL±0)として建物、構造物の高さを決めます。また設計図(配置図など)に何処がベンチマークポイントかは必ず明記されています。
その高さからどれだけ上がった所を基礎の高さ(GL)にするかと決めます。
従って、GLとは通常道路から家の土地がどれだけ上がっているかということになります。
そのため、外構工事等の兼合いがあるとHMが言ったと思います。
余り高くするとアプローチに階段が何段も付くことになったり、土を沢山入れることになったりするので、結構金額的に跳ね上がってくることになるのです。
私の考えは、水害等の心配がなければ、そんなに高くする必要はなく、精々250mm~300mm程度で良いのではないかと思います。

QGLの設定

専門家の方に質問です。
住宅の基本設計の際、GL設定の基準を教えて下さい。
出来れば失敗した経験や裏技などあれば嬉しいです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

GL設定ですが、下水道の深さ若しくは、浄化槽設置の深さを考えるのが1番ですが、最終的に近隣とのGL高さや外構完成をじっくり見てから決めた方が良いです。下水道・浄化槽の高さを気にしないでGLを決定できるとしたら、外構工事完成図を先に作成した方が良いと思います。後からの外構工事ですと外部桝調整などいろいろいらない工事が出てきますので。

Q戸建住宅駐車場の傾斜は何%にすれば良いの?

新築戸建の着工を11月17日に控えていますが、外構部分の打合せがやっと昨日始まったところで、いきなり難題が発生!
「駐車場スペースの傾斜は2.8%で良いですか?」というものです。
初めての経験で見当がつかず、決めかねています。そこで、皆様のご意見を是非お伺いしたく投稿してみました。
駐車スペースは縦列駐車型で全長11m。入口部分を±0とすると最終的に+30cmになります。
私達の希望は、なるべく平に近い状態で作りたい。という事です。
積雪地域(積もっても15cmぐらいですが)の為、スリップは避けたいと思っている為です。2.8%は急坂の方ですか? また何か良い案をお持ちの方は是非教えて下さい!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

駐車場の傾斜としては、1/100だとかなりゆるくて排水がきちんとなされにくいほどになります。見た目は全く平坦です。ただこれだと傾斜がゆるすぎるので、水があまり流れずにたまるところが生じる可能性があり、寒冷地では逆にそこが凍ることも考えられますので、もっと傾斜させた方がよいです。

故に傾斜は2~3/100程度は欲しいところです。提案では2.8%(2.8/100)とのことですから、見た目はほとんど平坦に近く、通常傾斜を感じることはないけど、水は流れるので駐車場にたまってしまうことは避けられるのではと思われます。

Qベタ基礎の高さは40cmは必須?

現在、家を建てようとしている者です。
基礎の高さについて質問します。

公庫の仕様だと、ベタ基礎の高さはGLから40cmと聞いています。

家の2Fの天井までの高さを255cmほしいと工務店にお願いしたら、基礎の高さを40cmから30cmにしては?と言われました。

30cmだと点検に人が下に入れないし、湿気などの問題もあるかと思いますが、具体的にどのような問題が考えられますか?35cmだとどうでしょうか?

Aベストアンサー

デザインやいろいろな条件でこの基礎の高さは
変わるものですが、

このGLから40cmというは、バランスのとれた寸法とは
言えると思います。

質問者さんが言われる通り、点検の人が通るには、これぐらい
はないと、シンドイですね。
世の中には、大きい方、小さい方、いらっしゃいますが
一般的な体格の方が床下に入るには、これぐらいないと
キツイのは現実です。

よって、「35cmだとどうでしょうか?」というのは微妙で
要は小柄な方なら大丈夫と言えますが、
なかなか、排水が詰まった時に、その会社に、そういう方がいる
という必然性はないです。
***********************************************
でも、世の中には、もっと低い家は沢山あります。

結局、メンテナンスの事を考えないという家も
ありますし、(上部の排水管から、直接メンテナンスするとか
方法もありますしね)基本、昨今、カンタンにつまらないという
現状もあります。

コンクリートの床の場合の事を考えれば、想像できますよね。
所々に掃除口を設ける場合もありますが、結構、コンクリートの
中に埋設されているケースもあります。

ただ、基礎の高さは40cmよりは、メンテナンス性は低いと
言えます。
『結局は、メンテナンス性の高いものを選ぶか
低いものを選ぶかです。』

どういう状況になろうと、それなりには、対応できるものでも
ありますが、容易に維持管理できるというのは、家の寿命を
延ばせるとも言えます。(カンタンにメンテできるは
いろいろ対応できますからね)

後、これは、住宅で特に注目されませんが、
ベタ基礎の高さは、強度に影響はしています。
基本、基礎の高さは、コンクリートの梁とも考えられるので、
鉄筋とのバランスはありますが、高い方が強い傾向にあるもの
であります。

なのでこの40cmというのは、コストや性能から考えて
バランスが良い数値と言えます。

他の規制がなければ(高さ制限とか)、
下げずに、40cmぐらいが無難という数値です。

でも、考え方により。床下なしにもできるのも
現実です。

デザインやいろいろな条件でこの基礎の高さは
変わるものですが、

このGLから40cmというは、バランスのとれた寸法とは
言えると思います。

質問者さんが言われる通り、点検の人が通るには、これぐらい
はないと、シンドイですね。
世の中には、大きい方、小さい方、いらっしゃいますが
一般的な体格の方が床下に入るには、これぐらいないと
キツイのは現実です。

よって、「35cmだとどうでしょうか?」というのは微妙で
要は小柄な方なら大丈夫と言えますが、
なかなか、排水が詰まった時に、そ...続きを読む

Q住宅の基礎の根入れ深さについて

住宅の基礎の根入れ深さについて

 現在、擁壁で造成した更地に木造2階建ての住居を新築工事中
です。

 基礎工事の開始を数日後にひかえ、ふと何気に図面を見ていて
気がついたのですがベタ基礎(地盤調査の結果は良好なので地盤
改良等は無しです)の根入れ深さが設定GLから250mmと書いて
ありるのですがよくよく考えると現状のGLからだと50mmしか入
っていない事がはじめて分かりました。
(ちなみにベタ基礎の下は石を敷くみたいです)

 ハウスメーカーに確認をしてみると現状のGLからは確かに50mm
しか入らないのですが後で基礎工事の際に掘削した土を現状GLから
200mm埋め戻しして、最終的な根入れ深さは50mm+200mm=250mmと
なり建築基準である120mmは十分クリアしていますので大丈夫ですと
の事でした。

 また、コンクリート擁壁より盛り上がった200mm分は擁壁沿いに
100mm厚のコンクリートブロックを土留めとしてアンカー施工するので
土も擁壁から流れ出す事もありませんので問題ないですとの事でしたが
正直それで本当に大丈夫なのかどうかが心配でなりません。

 確かに最終的には根入れ深さは120mm以上(凍結深度はまだ未確認です)
ありますが一度掘削した土を現状GLから埋め戻して天圧した所で地震の
横揺れや激しい台風などでも基礎が横にずれたりしないものなのでしょうか。

 また、その埋め戻した土の土留めで使用した100mm厚のコンクリートブロ
ックで基礎の横ずれや土の流れ防止用として使用して激しい地震や台風等の
際に不具合などは生じないものなのでしょうか。


 もう少しで基礎工事が始まってしまうのですが、これで本当に問題がない
のかどうかが素人の私にはよく分かりません。

 ただ、これで建築許可もおりているので私の取り越し苦労かもしれませんが、
せっかく建てる新居なのでこの先地震や台風がくるたびにビクビクせず安心し
て過ごすためにも、誰か詳しい人がいたらどうか教えていただけませんでしょ
うか。

 何卒よろしくお願いいたします。

住宅の基礎の根入れ深さについて

 現在、擁壁で造成した更地に木造2階建ての住居を新築工事中
です。

 基礎工事の開始を数日後にひかえ、ふと何気に図面を見ていて
気がついたのですがベタ基礎(地盤調査の結果は良好なので地盤
改良等は無しです)の根入れ深さが設定GLから250mmと書いて
ありるのですがよくよく考えると現状のGLからだと50mmしか入
っていない事がはじめて分かりました。
(ちなみにベタ基礎の下は石を敷くみたいです)

 ハウスメーカーに確認をしてみると現状のGLからは確かに50mm...続きを読む

Aベストアンサー

1.>ハウスメーカーに確認をしてみると現状のGLからは確かに50mmしか入らないのですが後で基礎工事の際に掘削した土を現状GLから200mm埋め戻しして、最終的な根入れ深さは50mm+200mm=250mmとなり建築基準である120mmは十分クリアしていますので大丈夫ですとの事でした。

回答
1.設計図はGLマイナス250mmですね。先でも、あとでも、この埋め戻しされた土砂の強度が地盤強度と同じように確保(転圧、地盤改良)されることが必須の条件ですね。同等に施工されたことが証明(載荷試験実施)されれば問題はないですね。
なぜならば、設計で地盤改良なしでの良好な地盤との条件ですからね。故に埋めた土も同じ強度を確保する必要がありますね。是非このことを、この工事の設計士、設計事務所設計士、品質管理者に文書で質問、文書で回答を得てください。

2>また、コンクリート擁壁より盛り上がった200mm分は擁壁沿いに100mm厚のコンクリートブロックを土留めとしてアンカー施工するので土も擁壁から流れ出す事もありませんので問題ないですとの事でしたが正直それで本当に大丈夫なのかどうかが心配でなりません。その埋め戻した土の土留めで使用した100mm厚のコンクリートブロックで基礎の横ずれや土の流れ防止用として使用して激しい地震や台風等の際に不具合などは生じないものなのでしょうか。

回答2
ここに問題があり、設計士に文書確認の必要があります。
1)既存の壁(コンクリート擁壁)は、貴方の敷地内、貴方の所有ですか。確認ください。通常は壁の下側が境界ですが?
2)既存の壁の高さをブロックで200mm嵩上げするわけですが、この壁の変更は今回の確認申請の対象になっているでしょうか。通常条例にもよりますが2m以上であれば、変更には申請許可が必須です。
3)問題は、この壁が200mmプラスの土砂に対して強度計算をされているかどうか確認ください。家の基礎高さを関連づけした横断面図でその計算が適正か?ごまかしになっていないか。別途、第三者監理の方にチェックしてもらってください。強度計算でOkであれば新築の家の基礎部分の地盤の崩壊、移動、壁の転等等は問題なしですね。
4)問題の追加で、200mm上がった壁自体の強度チェック(壊れないか)です。ブロック(アンカー固定の強度チェック計算含む)強度の確認も必要ですね。ブロックはコンクリートとの耐久性に問題があり、本来ならばコンクリートで嵩上げ(樹脂アンカー施工)を施工すべきです。(無論10年は問題はないですが)

3.>基礎の横ずれや土の流れ防止用として使用して激しい地震や台風等の際に不具合などは生じないものなのでしょうか。
回答3
埋めた土砂、壁の嵩上げ、に対して大雨などについてですが、上記の埋め戻しの適正な品質管理、確保、文書での報告確認、段差(上と下)に対する強度計算の確認、壁の強度計算確認を行い、文書で回答を得て残すことです。無論、自身に対する計算において確保されていなければなりませんね。
次に。雨に対しては、設備衛生工事の設計、雨水樋、排水管、排水溝、排水管、排水桝の適正な設計と世故運も確保です。水が溜まるようでは不可です。又既存の壁+200のブロック(コンクリート壁)の裏込め排水管の適正な配置と施工です。
要は、表面水、地盤に浸透した水の適正な処理が行なわれる設計、施工で、安全、安心が確保されます。
十分に、設計士、設計者、品質管理者、第三者監理の方に質問、納得が行くまで、なぜ、なぜ問答で確認ください。逃げるのは技術者でないですね。とことん確認してください。技術者は、素人に対して、インフォームドコンセント(説明責任、納得を得る責任義務)義務があります。メーカもCSR、行動規範、社会規範を掲げて専門企業として社会に受け入れられていますね。よく理解して旨くやってください。

1.>ハウスメーカーに確認をしてみると現状のGLからは確かに50mmしか入らないのですが後で基礎工事の際に掘削した土を現状GLから200mm埋め戻しして、最終的な根入れ深さは50mm+200mm=250mmとなり建築基準である120mmは十分クリアしていますので大丈夫ですとの事でした。

回答
1.設計図はGLマイナス250mmですね。先でも、あとでも、この埋め戻しされた土砂の強度が地盤強度と同じように確保(転圧、地盤改良)されることが必須の条件ですね。同等に施工されたことが証明(載荷試験実施)されれば問題はない...続きを読む

QBM(ベンチマーク)と敷地の高さについて。

誰か詳しい方教えて頂けませんか?

今週、新築の引き渡しを予定しています。
古家を解体して家を建てましたが、ベンチマークよりも敷地が低くなってしまいました。前面の道路よりも多少低くなっている状態です。

そこでHMに聞いたところベンチマークに合わせるように土を盛るそうです。土の支払いが発生するとのこと。HMに解体を頼んだのですが、私としては土の持って行き過ぎと違うかな?って思うのですが。。。

やっぱり施主が払わなければいけませんか?
サービスではしてくれないそうです。
分かりづらい文でしたらスイマセン。

Aベストアンサー

外構工事を専門にやっております。

文面から理解して、
家を解体して、新築したが、道路よりも敷地が低くなったということでよろしいでしょうか?

まず、解体工事をお願いする際に土を取り除くという話をしたのでしょうか?

通常は、解体工事屋さんは、勝手に土を持っていくことは、ないと思います。

例えば、質問者さんの古家が、道路より低い位置にたっているとします。
そうすると、必ず、外構屋なり、HMなりがアドバイスするはずです。

低い場合は、必ずアドバイスします。
土をもりましょうか?と。

(1)そして、当然のことながら、その料金は施主負担です。

(2)もし、仮に、解体屋さんなり、HMなりが、質問者さんになんの
断りもなく、工事を進めて、現在のような状況になっているとするならば、
間違いなく、解体屋さんや、HM負担で現状復帰というのが、常識です。

なぜ、そうなったのかという、経緯が書かれていないので、
わかりませんが、通常のパターンで答えさせていただきました。

Q設計GL

「設計GL」って簡単に言えばどういうことですか??

Aベストアンサー

GLとは、建築物の高さを決める為に基準となる点です。
どこを基準にするかは設計者によります。
 敷地境界杭の天面、道路最隆起部などなど
その基準点に対し床面が+800等という風に表現されます。

設計GLとは、設計時点でのGL(基準点)自体を指していると思います。
 (若しくはGLに対する高低差か)

Q基礎が地面の中でいいのですか?

現在、あるハウスメーカーで40坪の2F建て木造住宅を建築予定です。
そのメーカーはベタ基礎が標準で基礎の高さは43cmです。
建築建築予定地は100坪の畑で、GLから-10cmで、個人的には最終的にGL+20cmにしたいと思っています。
その為、GL+20cmとなるよう盛り土をし、転圧をかける話をメーカーにしたところ、「盛り土をしても家の重さでGL±0くらいまで沈む。どうせならベタ基礎等での建設残土の費用が発生しないように、まずはGL±0となるように、盛り土と転圧をし、その上に家を建て、余った残土+足りない土は購入し、これを建物の周りにまいてGL+20cmにしたほうが良い」と言われました。
という事は、地面から出てる基礎の高さは23cmのみで、残りの20cmは地面にもぐっている事になります。
これで問題無いのでしょうか?また建築が済んでから土をまいて、転圧をかける事に問題は無いのでしょうか?アドバイスお願いします(ToT)

Aベストアンサー

ご質問者が考えている通りであれば、#4番さんの言われる通りそのハウスメーカーの発言はふざけた話しなんですが、私も#3さんと同じく勘違いをしているのはご質問者ではないかという気がします。
ただ「盛り土をしても家の重さでGL±0くらいまで沈む」ということはあってはならないので本当に「家の重さで」というフレーズをその担当者が本当に言ったのか、それともご質問者が付け加えただけなのかがわからないのですが。

基礎の一部は必ず地面下になければなりません。これを根入り深さといい、ベタ基礎の場合は、GLより下に12cm以上必要です。そしてその上でGLから43cmでるのです。だから基礎自体は基礎底から55cm以上の高さがあります。
また、基礎の下は土ではなく砕石を10cm以上は入れます。つまり現在GL-10cmという状況であれば、一例として最終GLを+20にするとして工程を考えると、

1.割栗・砕石で15cm積み転圧(これでGL+5cm)
2.捨てコン5cm(これでGL+10cm)
3.ベタ基礎スラブ15cm打設(これでGL+25cm)
4.立ち上げ40cm打設(立ち上がり天端でGL+5cm)

なお、ベタ基礎の値入部分は更に深く入れてスラブが厚くなりますからその分の廃土が発生しますので、それは周囲の地盤を高くするために使用しましょう。

こうするとベタ基礎の内部のスラブ面はGL+25cmと周囲の予定地盤の高さGL+20cmより5cm高くなり、無事完成です。

なので初めに盛土する必要などどこにもありません。GL-10cmをスタートにすればよいのです。場合によっては更に少し掘るかもしれませんよ。
通常は基礎工事では逆に一度地面を15cm~20cm掘ってから砕石・転圧していきます。ラッキーなことに初めから下がっているので掘ることによる廃土の心配が要らない分、安上がりに出来るでしょう。

では。

ご質問者が考えている通りであれば、#4番さんの言われる通りそのハウスメーカーの発言はふざけた話しなんですが、私も#3さんと同じく勘違いをしているのはご質問者ではないかという気がします。
ただ「盛り土をしても家の重さでGL±0くらいまで沈む」ということはあってはならないので本当に「家の重さで」というフレーズをその担当者が本当に言ったのか、それともご質問者が付け加えただけなのかがわからないのですが。

基礎の一部は必ず地面下になければなりません。これを根入り深さといい、ベタ基礎...続きを読む

Q部屋の壁が、このようになることは、あるでしょうか?

木造住宅の、クロス張りの、部屋の壁です。
写真のように、ひび割れ状態になるでしょうか?
ひと部屋だけ、このようになりました。

Aベストアンサー

なりますよ。とくに新築から築1~2年の家に多いです。
新築間もない建物は動いているのです。
柱や梁、大きな窓まわりの開口部に近い部分などはよく動きます。
加重のかかり方にもよりますし、木材は乾燥する冬場には縮むし湿度の高い梅雨時は膨らみます。
敷居が膨らんで引き戸が開かなくなったりしますよね。
まあ家のきしみというようなもので、別に欠陥ではなくてある程度は仕方ありません。
築年数が経つにつれ落ち着いてきます。
家を建てた工務店や住宅メーカーに問い合わせましょう。
通常は1~2年以内は点検や補修を無料で行ってくれます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング