PayPal利用時の仕訳について。

どなたか、ご教示願えませんでしょうか。PayPalビジネスを利用しており、

PayPalに「売上」が入金されて、そこから「手数料」が引かれ、
また「費用」などを支払い、その残高が銀行口座に振り込まれる場合、
どのような仕訳をしたら良いのでしょうか。


①売上がPayPalに入る:100,000円
②売上から手数料(2,000円)が引かれる:100,000-2,000円=98,000円
③PayPalから経費(5,000円)が支払われる:98,000円-5,000円=93,000円
④残高の93,000円がPayPalから銀行口座に入金される


と売上は100,000円ですが、そこから手数料や経費が引かれ
最終的に銀行に振り込まれるのは93,000円になる場合、
どのような仕訳をしたら良いのでしょうか。


入金や出金にPayPalをはさんでいる場合の仕分けについて困惑してしまい、
どうしたら宜しいのでしょうか。

恐れ入りますが、
どなたかご教示願えたら幸いです。


※ご参考までに、現在の立場は、個人事業主で青色申告します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

仕訳例です(経費5,000円は請求したときにすでに発生していて、手数料2,000円は決済手数料という前提です)。



・仕事が完了したとき(便宜的には請求したとき)
売掛金 95,000  売上 100,000
~費   5,000

・Pay Palに入金されたとき
預け金(Pay Pal) 95,000 売掛金 95,000

・銀行口座に入金されたとき
普通預金 93,000 預け金 95,000
支払手数料 2,000
・・・・・・・・・・・・・・・・
のようにPay Pal入金時の仕訳を反映させると上記のようなものが考えられますが、実務的にはPay Palの関与は省いてしまって構わないでしょう

・仕事が完了したとき
売掛金 95,000  売上 100,000
~費  5,000

・Pay Palに入金されたとき
 (仕訳なし)

・銀行口座に入金されたとき
普通預金 93,000 売掛金 95,000
支払手数料 2,000
    • good
    • 0
この回答へのお礼

keirimas様
ご丁寧にご回答ありがとうございます!とても参考になりました!!!

お礼日時:2017/03/12 21:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前受金、支払手数料と売上値引絡みの仕訳処理について

以下の状況での会計処理についてご教示いただきたいと思います。
基本的な内容も含まれていると思いますが、ご対応いただけると幸甚です。


【前提条件】
・7~10月はサービス利用無料お試し期間。
・11月以降は有料(\10,000)。
・お客様からは、7~10月の無料お試し期間の申込書を頂いている。(先方押印/サイン済)
・無料申込書の中に「無料期間終了後は、継続利用を希望して翌月分を振り込んで頂いた方のみサービス提供。その際の料金は\10,000。」という記載もあり、無料申込書に押印/サインして頂く段階で確実に説明・合意している。
・通常は\10,000を頂くのですが、無料お試し期間にサービスを利用して頂き、その間の効果を考慮して、現実的にいくらなら払えるかを顧客にヒアリングしている段階。
・会計年度の期末は12月31日とする。

【質問事項】
■以下の仕訳処理は正しいでしょうか?
(1)ある顧客が\7,000なら払えると言って、11月10日に入金してきた場合。(振込手数料は当方持ち。振込手数料は\525とする。)
 → 普通預金 6,475 / 前受金 6,475
(2)11月30日にサービス提供が完了する場合。
 → 前受金 6,475 / 売上 10,000
   売掛金 3,525 (振込手数料\525 + 売上値引\3,000)
(3)会計年度の期末(12/31)の処理。
 →<期末に纏めて処理する場合>
   売上値引 7,050 / 売掛金 7,050 (振込手数料\525+値引\3,000の合計 × 2か月分)
 →<月末に都度処理する場合>
   売上値引 3.525 / 売掛金 3,525 (1ヶ月分)
■売上値引と支払手数料について
・振込手数料を当方負担とする事と、当初契約したサービス利用料金よりも少ない値段で請求する場合、売上値引と支払手数料のどちらで仕訳を作成するのでしょうか。?
・また、それぞれを使用した際は、最終的な結果は異なるのでしょうか?

ご教示、よろしくお願いいたします。

以下の状況での会計処理についてご教示いただきたいと思います。
基本的な内容も含まれていると思いますが、ご対応いただけると幸甚です。


【前提条件】
・7~10月はサービス利用無料お試し期間。
・11月以降は有料(\10,000)。
・お客様からは、7~10月の無料お試し期間の申込書を頂いている。(先方押印/サイン済)
・無料申込書の中に「無料期間終了後は、継続利用を希望して翌月分を振り込んで頂いた方のみサービス提供。その際の料金は\10,000。」という記載もあり、無料申込書に押印/サインして頂く段階で確...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)ある顧客が\7,000なら払えると言って、11月10日に入金してきた場合。(振込手数料は当方持ち。振込手数料は\525とする。)
 → 普通預金 6,475 / 前受金 6,475

前のご質問に対して「売上はその役務の全部を完了した日に計上する」と記しました。それが原則(教科書的)なのですが、実務のテクニックとしては、当月中の入金であれば(特に返金を求められるような見込みがない場合など)、
  11月10日 普通預金 6,475 売上 6,475
で処理してかまいません。教科書的な処理が希望であれば、入金時はやはり「前受金」として、月末に「売上」に振り替えます。
 ただ、11月分の入金が10月中にあった場合は、月次損益の観点から、入金時は「前受金」、翌月になってから「売上」への振替をすべきです。


>(2)11月30日にサービス提供が完了する場合。
 → 前受金 6,475 / 売上 10,000
   売掛金 3,525 (振込手数料\525 + 売上値引\3,000)

上でもいいですが、1の方の回答にもあるように、値引きの3,000円分を売掛金で残さなくても問題ありせん。ただ、「通常は10,000円なのだが、特別に3,000円値引きした」という事実を重視したい場合はやはり「売上値引」で処理したほうがいいでしょう。損益計算書または収支内訳書に記録として残るメリットがあります。
 (どちらでも、所得(利益)金額は同じ、所得税も変わりません)

>振込手数料を当方負担とする事と、当初契約したサービス利用料金よりも少ない値段で請求する場合、売上値引と支払手数料のどちらで仕訳を作成するのでしょうか。

 値引きは「売上値引」、振込み手数料は「支払手数料」として区別したほうが記録としては適切です。
 
〔1回ごとの仕訳例(売掛金で残したりしないで、年末にまとめずその都度処理)〕  
普通預金 6,475 売上 10,000 
売上値引 3,000
支払手数料 525


>また、それぞれを使用した際は、最終的な結果は異なるのでしょうか?

消費税の免税事業者とお見受けしますが、消費税の課税業者であったとしても消費税の納税額は同じ、また「所得金額」も同じ、したがって所得税も同じです。

>(1)ある顧客が\7,000なら払えると言って、11月10日に入金してきた場合。(振込手数料は当方持ち。振込手数料は\525とする。)
 → 普通預金 6,475 / 前受金 6,475

前のご質問に対して「売上はその役務の全部を完了した日に計上する」と記しました。それが原則(教科書的)なのですが、実務のテクニックとしては、当月中の入金であれば(特に返金を求められるような見込みがない場合など)、
  11月10日 普通預金 6,475 売上 6,475
で処理してかまいません。教科書的な処理が希望であれば、入金時はや...続きを読む

Q間で手数料を引かれている時の仕訳(初心者です。)

恐れ入ります。

製品をA社に卸しています。
B商社が間に入ってます。

B商社は個人とは口座を開けないということで
(株)C社に間に入ってもらっています。

書類上(株)C社がA社に卸している形をとり、
私には、B商社(3%)・(株)C社(5%)の手数料を差し引いた分が口座に振り込まれています。

例えば10万円分を納品して、8%分差し引いた9万2千円が口座に振り込まれますが
この場合の仕訳はどうなるのでしょうか?

またそれを証明する為の書類などは何か必要ですか?

Aベストアンサー

C社がA社に請求していますので、C社にとってA社は顧客、仕入先は貴方と言う見方も出来ますが、そうなるかはC社がどのように会計処理をしているかによります。
C社が売上100000、仕入92000と計上していれば
そうなります。
貴方の仕訳は 預金 92000/売上 920000

C社が手数料分だけを売上もしくは手数料収入で5000としていた場合は
貴方の仕訳は
預金  92000 /売上 100000
支払手数料 8000 
となります。
この場合、貴方はC社に事務処理の代行を依頼していることになりますので、その契約書が必要です。

C社の経理に確認して下さい。ちゃんとしておかないとC社と貴方の債権債務の金額が一致しなくなります。

Q一般的に「1,000円未満切り上げ」と言うと、1,800円も1,005円も2,000円になるでしょうか?

いつもお世話になってます。

仕事上で普段よく使うのは「切り捨て」ばかりです。

例えば「1,000円未満切り上げ」と言うと、
1,800円も1,005円も2,000円にすることでよろしいでしょうか?

一般的に(普通解釈)として。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はい。そうです。

私の知っているケースでは
会社の給料の残業代は、多くの場合、例えば100未満は切り上げです。
(切捨てにするという、一部、例外の会社もあるようです。過去の、ここの質問で見たことあります。)

今の総額表示になる前の消費税表示ですと、多くのスーパーでは、1円未満切捨てでした。

つまり、
一般社員、一般市民に損がないようにしているのが常識のようです。

Q売掛金回収時、差し引かれて入金された振込手数料を入金扱いとする理由

売掛金を請求し、実際口座に入り、入金処理の仕方で、
 例: (1)請求金額  ¥100,000 に対し、
    (2)口座入金額  ¥95,500
    (3)振込手数料   ¥500
  
 経理で処理する際、(2)は実際口座に入金になっているのでわかるのですが、
(3)は手数料として引かれているのに、入金扱いとする理由が分かりません。
 教えてください、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「入金」でなく。「決済」と考えると分かり易いのでは?


商品と代金の受け渡しを終了して売買取引を完成させることを「代金決済または決済」といいます。

代金決済または決済の方法は、一般には三種類あります。
(1)買い方が売り方に等価の通貨または有価証券(手形など)を渡すこと。
(2)買い方が売り方に等価の(別の)商品またはサービスを提供すること。
(3)買い方が売り方に債権がある場合は、債務(代金支払義務)と債権を相殺すること。

質問者の場合、「(取引先によって)差し引かれた振込手数料を入金扱いとする」と考えると分かり難いでしょうが、「質問者が支払うべき振込手数料を取引先が立替えて支払い、立替金が相殺された」と考えるとどうなのでしょうか。


代金請求金額  ¥100,000 に対して、

イ)口座入金額  ¥95,500
買い方が売り方に等価の通貨を渡して決済しました。

ロ)振込手数料   ¥500
売り方の買い方に対する売掛金(債権)と、買い方の売り方に対する立替金(債権。買い方から見れば債務)を相殺して決済しました。

合計で、¥100,000を決済しました。

「入金」でなく。「決済」と考えると分かり易いのでは?


商品と代金の受け渡しを終了して売買取引を完成させることを「代金決済または決済」といいます。

代金決済または決済の方法は、一般には三種類あります。
(1)買い方が売り方に等価の通貨または有価証券(手形など)を渡すこと。
(2)買い方が売り方に等価の(別の)商品またはサービスを提供すること。
(3)買い方が売り方に債権がある場合は、債務(代金支払義務)と債権を相殺すること。

質問者の場合、「(取引先によって)差し引かれた振込...続きを読む

Q売上から引かれる『管理費』の科目は?

検索したのですが、ピッタリと来る回答が見つけられませんでしたので、ご教示頂きたいと思っております。

今年の7月に夫が個人事業をはじめました。
エアコン工事・アンテナ工事が中心の下請け業者です。
毎月末締め、翌月末に売上から部材代を引いた金額が振り込まれますので、8/31が最初の振込み日でした。
振込みに伴い、7月中の売上、部材代の明細をエクセルファイルでもらいました。

(1)売上合計の1割を『管理費』という名目で引かれているのですが、なんという科目で処理すればいいのでしょうか?
(2)振込み手数料を引かれているのは『支払手数料』でいいのでしょうか?
(3)仕入は売上と相殺されるのですが、計上するのは月末か、それとも発生した日でしょうか?
(4)工具を2回払いで購入し、売上と相殺されています。残り半分は『未払金』でよいのでしょうか?もらったファイルでは『貸付』と書かれています。

質問数が多くて申し訳ありませんが、どうかどうかご教示ください。

Aベストアンサー

1)個人事業であれば、そのまま「管理費」を勘定科目で設けてしまって問題ないと思います。

2)厳密に言えば売上値引きに該当すると思いますが便宜上、振込料をすべて支払手数料としても問題ありません。(私もよくそうしてます)

3)ANo.1さんと同じく「売上と同日で」OKです。

4)20万円未満のものであれば「消耗品費」として処理して問題ありません。その相手科目は「未払金」で問題ありません。

お話しでは、代金の集金が一ヶ月ごとのように思えましたが、もしそう
なら売上、仕入とも取引先別で月一回の計上で問題ありません。
免税事業者なら、申告上の消費税は特に意識せずとも支払額や回収額を
仕入・費用・売上などの各項目に当てはめていけば問題ないはずですよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報