PayPal利用時の仕訳について。

どなたか、ご教示願えませんでしょうか。PayPalビジネスを利用しており、

PayPalに「売上」が入金されて、そこから「手数料」が引かれ、
また「費用」などを支払い、その残高が銀行口座に振り込まれる場合、
どのような仕訳をしたら良いのでしょうか。


①売上がPayPalに入る:100,000円
②売上から手数料(2,000円)が引かれる:100,000-2,000円=98,000円
③PayPalから経費(5,000円)が支払われる:98,000円-5,000円=93,000円
④残高の93,000円がPayPalから銀行口座に入金される


と売上は100,000円ですが、そこから手数料や経費が引かれ
最終的に銀行に振り込まれるのは93,000円になる場合、
どのような仕訳をしたら良いのでしょうか。


入金や出金にPayPalをはさんでいる場合の仕分けについて困惑してしまい、
どうしたら宜しいのでしょうか。

恐れ入りますが、
どなたかご教示願えたら幸いです。


※ご参考までに、現在の立場は、個人事業主で青色申告します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

仕訳例です(経費5,000円は請求したときにすでに発生していて、手数料2,000円は決済手数料という前提です)。



・仕事が完了したとき(便宜的には請求したとき)
売掛金 95,000  売上 100,000
~費   5,000

・Pay Palに入金されたとき
預け金(Pay Pal) 95,000 売掛金 95,000

・銀行口座に入金されたとき
普通預金 93,000 預け金 95,000
支払手数料 2,000
・・・・・・・・・・・・・・・・
のようにPay Pal入金時の仕訳を反映させると上記のようなものが考えられますが、実務的にはPay Palの関与は省いてしまって構わないでしょう

・仕事が完了したとき
売掛金 95,000  売上 100,000
~費  5,000

・Pay Palに入金されたとき
 (仕訳なし)

・銀行口座に入金されたとき
普通預金 93,000 売掛金 95,000
支払手数料 2,000
    • good
    • 0
この回答へのお礼

keirimas様
ご丁寧にご回答ありがとうございます!とても参考になりました!!!

お礼日時:2017/03/12 21:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q青色申告書・白色申告書の違いって・・・

タイトルのとおり、青色申告書・白色申告書の違いを教えてください。できれば、難しい専門用語抜き(日商簿記2級程度までは分かります。)で分かりやすくお願いします。

Aベストアンサー

青色申告には各種の特典があります。青色申告特別控除、青色専従者給与、貸倒引当金、純損失の繰越しと繰戻しです。白色申告にはこれらの特典がありません。しかし、青色申告にはこれらの特典があるかわり、記帳とか帳簿書類等の保存の義務もあります下記URL参照。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2070.htm

Q源泉所得税の過納付時の仕訳をご教示下さい。

皆様、おはようございます。

 納期の特例を適用しておりますが、源泉所得税を中間時に多く納めすぎてしまいました。年末調整の後に、これに気付きまして、過納付額を、翌年以降の源泉所得税に充当しようと考えています。

 この場合、源泉所得税の仕訳はどのようにしたら、よろしいのでしょうか。源泉所得税を多く納めすぎているので、預り金勘定はマイナスになっています。

 預り金勘定を訂正するので、貸方(預り金)とは思うのですが、借方の勘定が判りません。ご存知の方、ご教示の程、よろしくお願い致します。


 

Aベストアンサー

>預り金勘定を訂正するので、貸方(預り金)とは思うのですが、借方の勘定が判りません。

預り金勘定はマイナスのままが良いです。源泉所得税預り金を「過納付した」という事実を忠実に仕訳と元帳に表示するのが正しい会計だからです。

しかし、もし銀行の手前、預り金勘定のマイナスはマズイというような特殊な事情があるのであれば、期末決算で
〔借方〕仮払税金ооо/〔貸方〕預り金ооо
としてマイナスを消しておき、翌期首に
〔借方〕預り金ооо/〔貸方〕仮払税金ооо
としてマイナスに戻すという方法が考えられます。

Q青色申告と白色申告の違いは?フリーと自営業の違いは?

私はグラフィックデザイナーですが
この春会社を退職してフリーになる計画を立てています。
この場合は、自営業という方をとるのが良いのでしょうか?
準備金など補助される制度などありますか?
アルバイトと自営業とでは税金などの違いはありますか?
青色申告と白色申告の違いもよくわかりません。
まったくの素人な質問ですが
どなたか教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

フリーになって、給与以外に事業などで収入を得た場合は、自営業となり事業所得として申告をすることになります。
開業時に、特に届け出は必要無く、納税額が発生したときに確定申告をすれば問題はありません。

アルバイトは給与所得ですから、サラリーマンと同じで所得税が課税され、自営業も、所得税が課税されますから、下記のように税金の計算過程は違いますが、所得に対する税率は同じです。

給与所得は、収入-給与所得控除=給与所得
給与所得-各種所得控除=課税所得。

事業所得は、収入-経費=事業所得
事業所得-各種所得控除=課税所得。

青色申告は、青色申告特別控除など、税制上の特典があり、税金が安くなりますが、決められた方法で帳簿を記帳する必要があります。
又、青色申告にする場合は、開業の日から2ケ月以内かその年の3月15日までに税務署に申請書を提出する必要があります。
詳細は、参考urlをご覧ください。

独立する場合の支援制度については、国や自治体ごとにいろいろと有ります。
お近くの商工会議所か商工会に相談しましょう。
一例として、下記のページをご覧ください。
http://www.kansai.meti.go.jp/3-3shinki/siensaku/

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/2070.HTM

フリーになって、給与以外に事業などで収入を得た場合は、自営業となり事業所得として申告をすることになります。
開業時に、特に届け出は必要無く、納税額が発生したときに確定申告をすれば問題はありません。

アルバイトは給与所得ですから、サラリーマンと同じで所得税が課税され、自営業も、所得税が課税されますから、下記のように税金の計算過程は違いますが、所得に対する税率は同じです。

給与所得は、収入-給与所得控除=給与所得
給与所得-各種所得控除=課税所得。

事業所得は、収入-経...続きを読む

Qクーポン券利用時の経理処理 ご教示ください。

こんにちは、

先程、同じ質問を致しましたが、私なりの回答例を記載した際に仕訳の金
額が間違っていたので、訂正をさせていただきます。
ご回答準備されている方がいらっしゃったら申し訳ございません。

下記のケースによる経理処理についてご教示お願いします。

当社の関連部署のキャンペーンで子会社販売店で使える額面500円の
クーポン券の発行を致しました。
このクーポン券使用の際には額面以下の買い物であってもお釣りは出さ
ないことになっております。
利用のあったクーポン代金は後日、本社から子会社に支払いがされます。

ここで問題なのですが、額面以上の買い物であれば問題はないのですが、
例えば1000円のクーポン券で945円の買い物をし、そのクライアントが
追加の買い物をせず、55円を放棄した場合、どのような経理処理をすれ
ばよいのか正しい経理処理を教えてほしいです。

私は以下のような仕訳のいずれかではないかと思うのですが、明確で正し
い方法があればご教示よろしくお願い致します。


回答例1・・・・クライアントが放棄した差額を雑益で計上?
    55円分は商品を販売しているわけではないので、
    売上には計上せず、代金回収時に雑益とする考え方。

※販売時
(借方)売掛金   945    (貸方)課税売上   900
                       消費税       45
※代金回収時
(借方)現預金  1000    (貸方)売掛金    945
                       不課税雑益   55



回答例2・・・・クライアントが放棄した差額も売上で計上?
    実際55円分は商品を販売しているわけではないが、
    あくまでもクーポン代金全額を売上に計上する考え方。
    ただし、課税分と不課税分に分ける経理処理

※販売時
(借方)売掛金  1000    (貸方)課税売上   900
                       不課税売上   55
                       消費税       45
※代金回収時
(借方)現預金  1000    (貸方)売掛金   1000


以上、よろしくお願い致します。
                       

こんにちは、

先程、同じ質問を致しましたが、私なりの回答例を記載した際に仕訳の金
額が間違っていたので、訂正をさせていただきます。
ご回答準備されている方がいらっしゃったら申し訳ございません。

下記のケースによる経理処理についてご教示お願いします。

当社の関連部署のキャンペーンで子会社販売店で使える額面500円の
クーポン券の発行を致しました。
このクーポン券使用の際には額面以下の買い物であってもお釣りは出さ
ないことになっております。
利用のあったクーポン代金は後日、本社から...続きを読む

Aベストアンサー

子会社名義のクーポン券が発行され、利用・回収されたクーポン券の券面額に相当する現金が親会社から子会社に支払われる、ということだな。

そうすると、一連の取引の元となる契約、特に券面額相当額の現金が支払われるべき根拠となる契約がどうなっているのかによる。


子会社が独自に発行するクーポン券につき親会社が資金援助する、という契約なら、次のような仕訳となる。(科目は一例)
販売時
 売上値引 900 / 売上 900
 消費税   45 / 消費税 45
代金回収時
 現預金 1,000 / 不課税雑収入 1,000(なお100%子会社なら益金不算入)

親会社が自ら子会社名義でクーポン券を発行し券面額を負担する、または親会社の意思に基づき子会社が独自にクーポン券を発行するものの金銭的負担を親会社が負う、という契約なら、前回回答のような仕訳となる。


なお、1番目は通常考えられる親子間取引とは言い難い。2番目だろうと推定している。

Q青色申告と白色申告の違い

今度の申告が初めてなのでどちらがいいのかわかりません。
まずは違いからと思っています。
8月から自宅で、パソコンを使って仕事をしています。電話、ネットなども使用してるのですが、どの様に経費など証明すればいいのかもわかりません。
白と青の大きなちがいとかあるのでしょうか。
身内は白色で申告をと言っているのですが、はたしてどちらが自分にとって良いものなのか。まだ軌道にのるかどうかもわからないのでできれば、あまり税金をとられない方がいいなと思っているのですが…。
なにも判らないまま仕事をはじめてしまったので、最近不安なのです。申告もありますし・・・よければ回答の程よろしくお願いします。
あと、どんなことをすると違法なのかも簡単に教えていただければと思います。

Aベストアンサー

青色申告」とは字のごとく、申告書が青色で「白色申告」とは申告書の色が白いものですが、青色申告は申請が必要です。
事業を始めて、何も届けなければ「白色申告」となり、新規開業の時は開業から3ケ月以内か、中途からはの申請は、その年の3月15日までに「青色申告の承認申請」を税務署に提出して、それが受け付けられれば「青色申告」になり、青色申告には各種の税務上の特典があります。

青色申告の要件は、次の通りです。
1.複式簿記による「総勘定帳」「仕訳帳」等の帳簿を備えていること

2.単式簿記の場合でも簡易帳簿を備えていること
3.上記以外で規模が小さく、現金の収支を中心にする現金主義による経理をしている
このどれかに該当すれば良いのです。

特典としては、
1.赤字の3年間の繰越が出来る。
2.家事従業員の給料を専従者給与として経費に出来る。
白色の場合は給料としては経費にならず、一定額の控除が認められるだけです。
3.青色申告特別控除が出来る。
その他いろいろ有りますが、下記のページをご覧ください。
http://www.taxanser.nta.go.jp/2070.HTM

青色申告の場合は、申告内容に疑問があった場合、税務署は実地に調査をした上でなければ、所得の更生決定(所得の増額)が出来ませんが、白色申告の場合は、調査をしなくても更正決定が出来ます。

青色の場合、帳簿を記帳して、それに基づいて申告をしますが、白色申告の場合は、帳簿を記帳せず、極端な場合自分の意思で適当な所得を申告してもかまいません。
ただ、事業者としては、自分のためにも数字をしっかりと把握する必要がありますから、この方法はお勧めできません。

青色申告の場合、各地に「青色申告会」があり安い会費で貴重指導や経営相談が出来ます。

その他、青色と白色の違いは、下記のページをご覧ください。
http://homepage2.nifty.com/MNTAX-APP/jigyou3-2.htm

http://www.tabisland.ne.jp/explain/kakutei3/kaku5-03.htm

http://www.joho-yamaguchi.or.jp/icci/html/zeimu/zeimu.html

経費については、実際にかかった費用を記帳しておき、領収書などは保管しておくだけで、申告の時に添付する必要は有りません。

パソコン等の機械のの購入費も10万円以下なら一時の経費となり、それ以上なら減価償却をして、何年かに分けて経費になります。

その他、光熱費・損害保険料、家賃(賃貸の場合)・建物の減価償却費(持ち家の場合)などの家事と共通している経費も、使用面積など合理的な基準で案分して、事業の経費と出来ます。

やってはいけないことは、合理的な節税は大いに奨励されますが、経費の水増しや、売り上げの隠蔽など違法な脱税です。

既に、始まっていますから、昨年の分は白色になりますが今年から青色にするのでしたら、3月15日までに申請をします。
長く 続けられるのでしたら、税務上の特典のある青色申告をお勧めします。

青色申告」とは字のごとく、申告書が青色で「白色申告」とは申告書の色が白いものですが、青色申告は申請が必要です。
事業を始めて、何も届けなければ「白色申告」となり、新規開業の時は開業から3ケ月以内か、中途からはの申請は、その年の3月15日までに「青色申告の承認申請」を税務署に提出して、それが受け付けられれば「青色申告」になり、青色申告には各種の税務上の特典があります。

青色申告の要件は、次の通りです。
1.複式簿記による「総勘定帳」「仕訳帳」等の帳簿を備えていること

2.単式...続きを読む

Q投資信託時の勘定科目についてご教示願います。

法人ですが、金銭信託に資金を預けました。現在はまだ募集期間中で、正式な契約日は8月だそうです。既に払い出して金融機関に預けていますが、契約日まで期間があるので、科目を「投資有価証券」としてしまっていいのか、仮払金とする必要があるのかをご教示下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>金銭信託に資金を預けました。現在はまだ募集期間中で、正式な契約日は8月だそうです。既に払い出して金融機関に預けていますが、契約日まで期間があるので、科目を「投資有価証券」としてしまっていいのか、仮払金とする必要があるのかをご教示下さい。

「前渡金(又は前払金)」に計上しておいて、契約日に「投資有価証券」に振り替えます。

※「投資有価証券」に振り替えることが決まっているので、「前渡金(又は前払金)」」に計上してください。「仮払金」は使わないでください。振り替える勘定科目が未定の場合は「仮払金」を使いますが。

Q青色申告申請してしまったけど白色申告できますか?

本当にわからないことだらけでお恥ずかしいのですが、届けを出す際に、普通は青色申告なのかと思って安易な考えて青色申告の申請を出してしまい、複式簿記を選択したのですが、周りのフリーランスの友人に聞くと白色で十分と言われました。
屋号など取引先に書類を書かなければいけなかったので、とりあえず開業届を出したのですが、正直、家のことなどをしながらで年間で160万程度の売上(経費を引く前で)しかないので青色申告にする必要は全くなかったみたいなのですが、今から白色申告に変更できるのでしょうか?変更届けがあるようですが、もう手元に書類など届いているのでどうなのかと思いました。
今更ながら帳簿の付け方などが全くわからず手つかずの状態です・・・。

青色申告で65万の控除を受けるには複式簿記でつける必要があると聞いたのですが、青色申告で簡易簿記だと白色申告と同じ10万円の控除なのですよね?
青色申告の申請を出す時に簡易簿記か複式簿記か選ぶことがありその時に複式簿記と選択しました。
青色申告の簡易簿記と白色申告というのは同じものなのでしょうか?

白色申告の場合は収入と経費のみの計算(集計)ができれば大丈夫なのでしょうか?

所得が20万以下の場合は青色申告はできない(?)のでしょうか?
もし青色申告の申請をしていて20万以下だった場合はどうしたら良いのでしょうか?

最後に、確定申告の本は読んだのですが、今イチよくわかりませんでした・・・。
それ以前の帳簿付けやもっと基本的なことを理解したいのですが、どのように勉強すればいいのかわかりません。
フリーランスの方で税理士さんなどに頼んでいない方は簿記の勉強などをされているのでしょうか?どのように勉強されたのか教えていただけるとうれしいです。

*質問が文中に点在してしまったので下記にまとめさせていただきます。
1)青色申告の申請をしてありますが、今更白色申告に変更できますか?
2)青色申告の簡易簿記というのと白色申告は同じものですか?
3)白色申告の場合は収入と経費のみの計算(集計)ができればできますか?
4)所得が20万以下の場合は青色申告はできないのでしょうか?
5)青色申告の申請をしていて20万以下だった場合はどうしたら良いのでしょうか?
6)どのように経理に関して勉強されたのか教えていただけますでしょうか?

本当に初歩的なことばかりで申し訳ありません。
お答えいただける部分だけでも結構ですので、色々と教えていただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

本当にわからないことだらけでお恥ずかしいのですが、届けを出す際に、普通は青色申告なのかと思って安易な考えて青色申告の申請を出してしまい、複式簿記を選択したのですが、周りのフリーランスの友人に聞くと白色で十分と言われました。
屋号など取引先に書類を書かなければいけなかったので、とりあえず開業届を出したのですが、正直、家のことなどをしながらで年間で160万程度の売上(経費を引く前で)しかないので青色申告にする必要は全くなかったみたいなのですが、今から白色申告に変更できるのでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

1)青色申告の申請をしてありますが、今更白色申告に変更できますか?]
できますが、個人的にはする必要そのものを感じません。

2)青色申告の簡易簿記というのと白色申告は同じものですか?
帳簿に対しての認識が全くちがいますので、同じとはいえないですね。

3)白色申告の場合は収入と経費のみの計算(集計)ができればできますか?
出来ます。青色申告でも同じですよ。

4)所得が20万以下の場合は青色申告はできないのでしょうか?
そのような規定はありません。所得がマイナスでも青色申告者は青色申告のままです。

5)青色申告の申請をしていて20万以下だった場合はどうしたら良いのでしょうか?
何もしなくてもいいです。所得額と青色申告の承認を受けることは別物だからです。

6)どのように経理に関して勉強されたのか教えていただけますでしょうか?
簿記と税法はまず別のものだと認識されるとよいでしょう。
日々の取引きの記録が簿記です。
出来上がった帳簿に基づいて、所得を計算するのが税金の世界です。
これらを一緒くたにして説明してる解説本がありますが、雑学が増えるというレベルになるだけです。
簿記は簿記だけの入門書をまず読むことをお勧めします。

すると「複式簿記とはなんぞや」がわかります。
この複式簿記で記録された帳簿に基づいての申告について「青色申告の承認」がされ、白色申告にない特例がうけられますので、節税になります。

ご質問を読む限り「帳簿をつけること=青色申告」という式が出来てる感じがしますが、そうではないわけです。

所得税の勉強をされるときには、確定申告の仕方の本を。
年末調整の仕方という本を読んでも、見当違いですので気をつけてください。

所得税法そのものは、国税庁のHPに「税務大学校稿本」ダウンロードページがあります。
無料で読めます。

参考URL:http://www.nta.go.jp/ntc/kouhon/syotoku/mokuji.htm

1)青色申告の申請をしてありますが、今更白色申告に変更できますか?]
できますが、個人的にはする必要そのものを感じません。

2)青色申告の簡易簿記というのと白色申告は同じものですか?
帳簿に対しての認識が全くちがいますので、同じとはいえないですね。

3)白色申告の場合は収入と経費のみの計算(集計)ができればできますか?
出来ます。青色申告でも同じですよ。

4)所得が20万以下の場合は青色申告はできないのでしょうか?
そのような規定はありません。所得がマイナスでも青色申告者は青色申...続きを読む

Qポイント利用で購入時の仕訳

恐れ入ります。

消耗品を大手家電量販店でカード(一括)で購入しました。
ポイント利用をしたのですが、領収書を見るとポイント割引前の金額が書かれていました。

・領収書:10500円
・実際支払った金額:8500円(カードで)
・ポイント:2000円

とすると、どのような仕訳になりますでしょうか?

お手数ですが、ご教授お願い致します。

Aベストアンサー

諸口の処理は会計ソフトによって方法が違いますので、会計ソフトの説明書等を確認した方がよろしいかと思います。

場合によっては下記の様な仕訳も考えられますが、二重に計上される場合はこの仕訳を使用しないで下さい。
消耗品 10500 / 諸口 10500
消耗品 8500 / 未払金 8500
消耗品 2000 / 雑収入 2000

お力になれずに申し訳ないです。

Q青色申告と白色申告どちらで提出でしょうか?

はじめまして。
お世話になります。

私の場合、青色申告と白色申告どちらで提出するのでしょうか?

平成20年3月まで個人事業主、
平成20年4月より正社員になりました。
現在の会社からは、源泉徴収票は受領済です。
平成19年分の確定申告は、青色申告でした。
平成20年1月~3月までの確定申告の提出が必要になりますが、青色申告・白色申告どちらになるのでしょうか?

お手数おかけしますが、ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>平成20年1月~3月までの確定申告の提出が必要になりますが、青色申告・白色申告どちらになるのでしょうか?

質問者は税務署に「所得税の青色申告承認申請書」を提出したと思います。しかし未だ、「所得税の青色申告の取りやめ届出書」は提出してないと思います。ならば、確定申告する場合は青色申告でなくてはなりません。

ところで質問者の場合、平成20年分の所得の確定申告が必要かどうか(税務署へ確定申告する法的義務があるかどうか)を先ず、検討して下さい。

平成20年の所得合計について:
・平成20年3月まで個人事業主……
事業収入-必要経費-青色申告特別控除=事業所得
・平成20年4月より正社員……
給与収入-給与所得控除=給与所得
・その他の収入がないものとします。
⇒ 事業所得+給与所得=所得合計

以下、平成20年に質問者が給与をもらった会社が一社のみであるとの前提で説明します。質問者が、次のケースのどれか一つ以上に該当するならば、税務署へ確定申告する法的義務はありません。どれにも該当しないならば、確定申告の義務があります。

(1)所得合計-各種所得控除(基礎控除38万円を含む)=課税所得≦0
根拠:【所得税法第百二十条第一項】

(2)給与収入が2000万円以下で、しかも事業所得が20万円以下。
根拠:【所得税法第百二十一条第一項第一号】

>平成20年1月~3月までの確定申告の提出が必要になりますが、青色申告・白色申告どちらになるのでしょうか?

質問者は税務署に「所得税の青色申告承認申請書」を提出したと思います。しかし未だ、「所得税の青色申告の取りやめ届出書」は提出してないと思います。ならば、確定申告する場合は青色申告でなくてはなりません。

ところで質問者の場合、平成20年分の所得の確定申告が必要かどうか(税務署へ確定申告する法的義務があるかどうか)を先ず、検討して下さい。

平成20年の所得合計について:
・...続きを読む

Qクーポン利用時の仕訳について

飲食店を経営しております。

某クーポンサイトのクーポンを持参すると、飲食代金からクーポン分を引いた金額を
お客様から頂き(現金又はクレジット)、
後日、そのクーポン利用額から手数料を引いた額が、クーポンサイト会社から口座に振り込まれます。

仮に、
クーポン1000円
飲食代金15000円
クーポンサイト会社の手数料5% とすると、

どのような仕訳をしたらよいでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

売上時  現金 14,000/売上 15,000
     未収金 1,000         

入金時  預金   950/未収金 1,000
     手数料   50

でいかがでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報