暗記方法について、質問します。
まず、メモしますが、相手のペースに追いつけずにいて、字が乱雑になり、後で見て
何のことだったか 忘れてしまいます。

先輩も、一度しか教えていただけず、焦ります。

仕事初めて、1か月たちました。

なかなか、覚えられないので、ノートノ取り方などを、教えていただきたいです。

本気で、回答よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

速記を覚える

    • good
    • 0
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJALに1兆円出す余裕があるなら、なぜ民主党はまず公約を守らないのか?

タイトルの通りですが、JALにポンと1兆円出す余裕があるなら、民主党はなぜガソリン減税など、マニフェストで約束した政策をまず実行しないのでしょうか。

ガソリン減税の取りやめ(=公約違反)を国民がやむなしと受け止めたのは、「お金が無いんだからしょうがない」という説明を受けたからです。ところがJALにポンと1兆円出せるなら、なんだお金あるじゃん、それならガソリン税下げろよ、その他高速値下げなども(やると言った以上)実行しろよ、という声があがるべきではないでしょうか。

国民はもっと怒ってよいと思うのですが。
あまり物分りがよいと無理が通ってしまいます。

経済への悪影響という点に関しては、JAL1社よりガソリン税維持などの方が、国民や産業に対する影響力は大きいように思われるのですがどうでしょうか(運輸業や製造業など産業全体のトータルは莫大)。
そのガソリンよりもJAL1社に対して、優先的に公金が使われている理由がわかりません。しかもガソリン減税はマニフェストの約束事項だったはずです。

外国への信用度(国のメンツ)の話に関しては、「そんなことより借金減らすことの方が大事」という趣旨で、先日の事業仕分けが行われたと理解しています。(スパコンへの2位でいいではないか発言もその流れ)

地方路線を守れという話に関しては、援助はJALでなく、JALが無くなって困る地方にすればと思います。そうすれば、無くなって困る路線は自治体が出資するような形で路線維持ができます。いわゆるコミニュティバスの運行と同じで、たぶんJAL丸ごと救済より安上がりです。何より事業仕分けの論理とも合致します。

JALは国策被害者だから国が助けるべきという主張に関しては、やんばダムも同じかと思います。なのに何故やんばダムは長年の国策被害者でありながら最初から廃止ありきで、いっぽうJALは最初から存続ありきなのかがわかりません。JAL廃止案も議論された上での存続決定ならまだわかるのですがそうではありません。

JALのような大企業を公的資金で守ることの意義は認めますが、それはあくまで通常状態での話です。いっぽう今の財政は異常状態で、マニフェストで約束したことも守られず、派遣労働者は保護されず、国の借金は限界で、本来必要な文化的事業などが「お金がないんだからしょうがない」という説明のもとにバンバン事業仕分けされています。その中でJALだけが事業仕分けされない理由がわかりません。

「JALを救済した方がいいことはわかってるけど、お金がないんだから出来ない。だからやらない」 
とならない理由がわかりません。

聞きかじった話ですが、JAL労組は民主党~社民党の最大支持基盤だというのは本当でしょうか? もし本当なら、民主党政権がJALを潰さないのは結局自分たちのため(=選挙のため)とも取れます。もし支持団体への利益誘導のために税金を使っているなら(しかも1兆円!)、結局、自民党と何ら変わらないように思うのですが。

自民党の公共事業体質だの、国の借金増やした責任だのを批判する権利が、民主党にあるのでしょうか。

皆さんはどう思いますか。

タイトルの通りですが、JALにポンと1兆円出す余裕があるなら、民主党はなぜガソリン減税など、マニフェストで約束した政策をまず実行しないのでしょうか。

ガソリン減税の取りやめ(=公約違反)を国民がやむなしと受け止めたのは、「お金が無いんだからしょうがない」という説明を受けたからです。ところがJALにポンと1兆円出せるなら、なんだお金あるじゃん、それならガソリン税下げろよ、その他高速値下げなども(やると言った以上)実行しろよ、という声があがるべきではないでしょうか。

国民...続きを読む

Aベストアンサー

たしかになぜJALにだけという疑問が残ります。
公共機関だから倒産すると一般市民に大きな影響がでるのは分かりますが、国鉄の民営化で旧国鉄の借金を国民が負担したのとはちょっとわけが違います。
当時国鉄が倒産したら市民への影響は避けられませんでした、何故なら私鉄は利益があがる路線だけを運営して、国鉄の全路線は到底網羅できない状態にありました。
しかしJALの場合は、他の航空会社でもじゅうぶん代替えできますし現に競い合っている路線もあります。地方路線を守れというのも、他の航空会社が機数と人員を増やして肩代わりをすれば良いことであって、たとえその分を国で援助しても、ご質問者様のおっしゃられる通りJAL丸ごと救済よりは格段安上がりのはずです。
なぜ、JALだけを特別扱いするのかという説明がなされないまま、そしてJAL廃止案も議論されないまま、我々の血税を注ぎ込む民主党の考えが理解できません。
ご質問者様が言われるようにもしJAL労組が民主党~社民党の最大支持基盤だとしても、民主党はもっとも大事なことを忘れています、それは最大支持基盤は世論にあるということです。
自民党は世論を失ったからこそ、政権まで失ったことを踏まえれば、なぜJALだけ特別扱いにするのか、一方では事業仕分けまでして一円でも税金の無駄ずかいを減らそうとしているようにみられる民主党政権が他の一方ではJALの救済に惜しげもなく1兆円出すのは、民主党のちぐはぐな政策が暴露され始めたということではないでしょうか。

たしかになぜJALにだけという疑問が残ります。
公共機関だから倒産すると一般市民に大きな影響がでるのは分かりますが、国鉄の民営化で旧国鉄の借金を国民が負担したのとはちょっとわけが違います。
当時国鉄が倒産したら市民への影響は避けられませんでした、何故なら私鉄は利益があがる路線だけを運営して、国鉄の全路線は到底網羅できない状態にありました。
しかしJALの場合は、他の航空会社でもじゅうぶん代替えできますし現に競い合っている路線もあります。地方路線を守れというのも、他の航空会社が機...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報