ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

カビのプロに聞いた梅雨前にやっておきたいカビ対策

梅雨前にやっておきたいカビ対策梅雨は湿気に悩まされる時期だ。なかには日差しが当たりにくい部屋に住んでおり、カーペットやクローゼットの隅にカビが生えてしまっている人もいるのでは? 「教えて!goo」でも部屋のカビに悩んでいる読者から、「カビ対策として実践していることを教えてほしい」という相談が寄せられていた。

■換気、除菌、湿度に注意


部屋でカビが発生する原因はいろいろあるが、まずは「室内におけるカビの原因は結露です。梅雨時期や冬場の暖房による部屋の温度差が原因です。防止方法は建物自体の断熱と交換です……(以下略)」(talayukaさん)と、換気を怠らないという意見である。

また、ベストアンサーに選ばれた回答で「部屋全体を除菌して下さい。消毒用エタノールがお勧めです(中略)……湿度が高くならないように工夫して下さい。観葉植物や観賞魚を置かない。台所や浴室から湿気が入り込まないよう工夫……(以下略)」(okowaさん)と、除菌、湿度にも気を配るという意見も集まった。

■梅雨前のカビ対策


プロのご意見はどうだろうか。NPO法人カビ相談センター専門研究員の高鳥美奈子さんに、梅雨前のカビ対策についてお聞きした。

高鳥さんのお話によると、長時間(約1、2か月間)の高湿度(80%以上)が続くことで、素材が高湿化してカビ発生につながるのだそう。そこで実践したい主要なカビ対策を10個ほど挙げていただいた。

(1)普段気にしていない埃をできるだけ掃除する
(2)エアコンフィルターの汚れを取る
(3)大掃除をする。普段しない場所を徹底的にキレイにする
(4)晴れたら布団干しや衣類の日陰干しをする
(5)靴箱、衣類の化粧箱から靴や服を出して保管する
(6)部屋をなるべく開放する
(7)畳やカーテンを干す
(8)台所、浴室、洗面所用品を乾かす
(9)除湿度計で日頃の温湿度を確認する
(10)カビで汚れた場所はキレイに取り除く

教えて!gooの回答にもあるが、やはり換気、除湿、掃除……といずれも細やかな気配りが大事になってくるようだ。

「埃はカビだらけです。埃1グラム中にカビは数十万も生きています。埃を除くことがカビの除去につながります。フィルターも埃でいっぱいなので、使う前に掃除をしましょう。タンスの裏側、机の隅や大きな物が置かれている周辺は、梅雨になるとさらに高湿となります。この時期こそ大掃除をしましょう」(高鳥美奈子さん)

■梅雨の湿度を把握すること


引き続き、高鳥さんが主要ポイントについて注意点を寄せてくれた。

「布団干しや日陰干しは乾燥のためです。布団や洗濯物の日光消毒もできます。梅雨の高湿度は化粧箱にも影響します。晴れた日などは陰干しでも良いですから干してください。特に皮革ものはよく乾燥させましょう。また室内で空気をとどめることは、それだけ空気が湿ってきます。そのため部屋はあちこち開けること。特に和室や北側の部屋は開けるようにしましょう」(高鳥美奈子さん)

ちなみに、梅雨前に雨の日の湿度がどれくらい高くなるのか。室内で最もカビが生えやすい場所はどこか知っておくことも大切だと高鳥さんは話す。

「畳やカーテンは吸湿性ですから梅雨にカビを発生しやすいです。台所、浴室といった湿気の強い場所はカビに要注意です。そのために日干しをすること。布巾やタオルなど消毒した後、よく乾燥させてください。またカビの生えた場所が残っていると、そこからあちこちと伝播します。カビの生えた場所は限りなく取り除く勇気が必要です」(高鳥美奈子さん)

日頃から注意深く気を配っていれば、カビの発生リスクは下げることができる。カビに悩まされている人は、ぜひ梅雨前にこれらのポイントを参考にカビ対策を行おう。

■専門家プロフィール:NPO法人カビ相談センター 専門研究員 高鳥美奈子

国立病院の臨床アレルギー研究センター20年勤務後、NPO法人カビ相談センターに入所。専門研究員。専門分野は有害カビの生態、有害学、カビ制御、予防。


吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

32

BAD

NICE

みんなの反応

115

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック