話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

プロが伝授!カレーのシミを落とす方法

プロが伝授!カレーのシミを落とす方法夏になると無性にカレーを食べたくなる人はいないか? しかし、白いシャツなどにこぼしてしまうと、シミを抜くのに一苦労だ。「教えて!goo」の、「染み抜きについて」という質問に対し、「直射日光にあてると、紫外線でカレーのシミが落ちる」などという意見が寄せられていた。日にあてるだけでやっかいなシミが落ちるのであれば是非やってみたいところだが、果たしてそれは本当だろうか。ライオンお洗濯マイスターの大貫和泉さんに、紫外線で落ちる説の真相、カレーのシミを落とす方法について聞いた。

■果たして紫外線でカレーのシミは落ちるのか


まず、直射日光でカレーのシミは落ちるのか聞いてみた。

「カレーには、『クルクミン』という油溶性の色素が含まれており、洗濯機で洗うだけでは落としにくいです。クルクミンの色素成分は、紫外線によって除々に分解する性質がありますが、洗濯した後に1日外干しをしたからといって、シミが真っ白に落ちるわけではありません。衣類についたカレーのシミを落とすためには、洗濯機に入れる前に液体酸素系漂白剤を使って前処理をするなどし、お洗濯でしっかり落とすことが重要です。シミは時間が経つとともに落ちにくくなりますので、シミをつけたら早めに落としましょう」(大貫さん)

紫外線で分解する成分は、カレーに含まれているようだが、それには時間を要するようだ。

■洗濯表示によって異なるシミ抜き方法


では、カレーのついた衣類のシミ落としについて詳しく聞いてみよう。

「まずは、洋服についている洗濯表示を確認しましょう。こちらのマークがついている場合とついていない場合で、シミの落とし方が異なります」(大貫さん)

家庭での洗濯ができないマーク
(家庭での洗濯ができないマーク)
漂白剤が使用できないマーク
(漂白剤が使用できないマーク)

普段見過ごしがちな洗濯表示だが、染み抜きの際は改めて見てみよう。

「このマークのどちらか、または両方がついていない場合から紹介しましょう。まず、カレーの具などの固形物をハンカチやティッシュでつまみ取ります。ゴシゴシこすってしまうとシミが広がって落ちにくくなるので、必ずつまんで取るようにしてください。次に、シミの部分にシミ用の部分洗い剤や液体酸素系漂白剤を直接塗ります。その後、洗濯機に入れて普段通りに洗濯します。シミが広範囲の場合やシミをつけてから時間が経過している場合は、洗濯槽や洗濯オケに40℃くらいのぬるま湯を衣類がつかる程度まで入れ、その中に洗濯機1回分の洗剤と、適量の液体酸素系漂白剤を溶かした洗剤液を入れます。その中で30分~2時間くらい『つけおき洗い』してから通常通り他の衣類と一緒に洗います」(大貫さん)

では、上記の洗濯表示がついている場合はどうなのだろう。

「マークがついている場合は、シミ取り剤を使いましょう。ついていない場合と同様に、カレーの具などの固形物をまずはつまみ取ります。続いてシミ取り剤をつけ、吸収シートにたたき出す要領でシミ抜きをします。この方法は家庭で洗濯できる衣類にも応用できます」(大貫さん)

どうやら万が一の場合に備え、シミ取り剤を常備しておくのがよさそうだ。スーパーなどで、小さなボトル型のものやスティック型のものが購入できる。

シミや汚れは一刻も早く取りたいものだが、誤った方法ではシミが広がったり、衣服が台無しになることもある。正しい方法を知ったうえで、落ち着いて適切に処置したいものである。

●専門家プロフィール:ライオン お洗濯マイスター 大貫 和泉
洗濯用洗剤などの製品開発・調査に約20年携わってきたライオンの研究員。消費生活アドバイザーでもあり、働く母親目線で、技術や研究に基づく洗濯情報をわかりやすく伝えている。

この記事についてどう思う?

みんなの反応

5

BAD

NICE

みんなの反応

22

このコラムのQ&A

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック