痔になりやすい生活習慣とは?

はじめまして。同じマンションに住む住人とトラブルになって困っています。どうぞお知恵をお貸しください。
私がマンションの立体駐車場上段に止めてある車の後部座席のチャイルドシートに2歳の息子を座らせていたところ、突然隣りのレーンが上がり始め、後部ドアがレーンとぶつかってひしゃげてしまいました。相手がレーンの操作ボタンを押しに行くためには 私達の車の前を通らなければならないのですが、50代夫婦で話しながら歩いていたため気が付かなかったようです。(私も車の中に頭をいれていたため気づきませんでした)
私がいくら「確認なさったのですか?」と聞いてもそれには答えず、「そんなところでドアが開いているなんて思わない」、 「上がってきているのに気づかずにドアを開けた方が悪い」、しまいには「私達は車をまっすぐに上げただけだ」と言い張り、話になりませんでした。マンション管理人と警官を呼びましたが 交通事故扱いにはならないと言われました。修理費用は16万でしたが、保険対象にはならず自費で支払いました。悩んだのですがどうしても納得できず、少額裁判を考えています。相手の言っていることはあきらかにおかしく、筋が通らないと思うのですが、こちらにも決定的な証拠も裁判の知識もありません。駐車場の地図や写真、レーンを上げる速度などは証拠にならないのでしょうか。今回の場合、少額裁判は難しいでしょうか。どうかアドバイス宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

詳細な補足をありがとうございました。


いただいた情報を元に考えてみました。ご参考までに。

裁判なり、調停なりを行うには、
何より事故がどのように起こったのか、
裁判官や調停委員が正確にイメージできるようにすることが先決です。

証拠は自分で作るものです。(もちろん正当な方法でですよ)

まず、現場で次のような写真を撮ることをおすすめします。

<事故を再現する写真を撮る>
ご主人とお二人で協力しながら、
事故状況が第三者によく分かるように写真撮影します。安全に注意!!

1 事故のあった自車と隣の車の間を、前方から撮る
(相手方が通りかかった相手方の視線で見えたであろう状況)
ドアを開け、頭を後部座席に入れてお子さんをチャイルドシートに座らせている状況
(安全のためお子さんは実際に乗せない方が良いです)

2 車と車の間に入り後方から、損傷したドアと、
せり上がってきた隣のレーンの間隔が分かるように、
事故当時と同じぐらいにドアを開けて見下ろすように撮る
(状況再現と、もう一枚無人での2パターン)

3 車の前方から、あなたの車と、パーキング操作盤の位置関係が分かる写真
(ご主人に操作している人の役をしてもらい写します。)

4 パーキング操作盤位置から、操作している人の目線で事故当時の状況を撮る
(事故当時と同じように頭を車中に入れてお子さんを乗せている状況)

5 パーキング操作盤位置から、操作している人の目線で、
普通に立った状態で車のドアを開けている状況(あなたの頭が見えているように)

6 実際損傷したドアの状況

7 操作盤に掲示してある、安全確保の注意書きを読めるように撮ります。

8 パレットがあがっている状態
(再現できなければあがっている他のレーンでも良いでしょう)

次に、事故が起こった状況と、現場で事故発生後、相手方と話したやりとり、
管理人警察官が来た経緯やりとりをシナリオのように忠実に記録に再現します。
(およその時間を書いて、時系列に沿って箇条書きで読みやすく。)

関係書類を整理します。
修理の見積もりや領収書、駐車場の契約書など事件に関係する書類の一式。


<損害賠償請求できるか>
わたしの理解したところでは、相手に十分過失が認められるので、できると思います。

人が車に乗り降りをする駐車場には人が居ることが通常予想できるのですから、
機械を操作するという相当の危険を伴う作業をする人間が
第1に周囲の安全を確認することは当然の義務で、
そのことは契約書、駐車場内の掲示にもはっきり明示されているからです。

問題は過失相殺であなた側にどれだけ落ち度があるかと言うことですが、
どんなに厳しく見積もっても(最悪ですよ)3割ぐらいではないでしょうか。
(あくまで今までの情報だけでのわたしの個人的予想ですから、
もっと悪くならないという保証はありません。念のため)

とすれば、16万円の7割、11万2千円ぐらいは最低でも払ってもらいたいですね。

しかし、これは裁判によって判決を書いてもらった場合の最悪の予想ですから、
あなたが相手方に請求をする場合、又は裁判や調停をする場合には、
はじめから自分から過失を認めたうえで手続なり、交渉なりする必要はありません。
あくまで自分には非はなく相手に過失があることを主張していきます。
上の金額は調停や交渉をする中で、手を打つ目安として頭の中に入れておくだけで良いのです。


<実際の手続>
まず、上記のような資料が揃ったら、一度弁護士による法律相談を受けてみましょう。
調停、少額訴訟、通常訴訟のどれがよいか意見を聞きましょう。
また手続の概略についても聞きましょう。

そして、まずは、
「弁護士に相談した結果、今回の事故はあなた(相手方)の過失により起こった
ということの確認ができましたので損害賠償を請求します。
ついてはいついつ(大体2週間から20日ぐらい)までに下記の金額を指定口座に
お振り込みください。
なお、お振り込みなき場合には、速やかに法的手続きに着手致します。」
という内容の内容証明郵便を自分で見本を見ながら書いて、
相手にぶつけてみましょう。

それで払ってくれば、終わりです。

しかし、それで払ってこないようなら調停か訴訟を起こします。
16万円の請求ですから、弁護士を頼むとペイできません。
ですから、今回は勉強だと思って自分で裁判所の手続をやってみましょう。

訴状の請求の原因、調停申し立て書には、おおむね
1 原告は、何年何月何日何時頃、自宅であるどこどこ(○○市□町△番地)
○○マンションの立体駐車場において、自家用乗用車で出かけようと
2歳の(長男?)を後部(左?)側座席に座らせ
チャイルドシートのベルトを装着するため、
ドアを開けて上半身を車内に入れた状態で作業をしていた。

2 被告は、原告が駐車場内に居て
子供を乗車させるために作業中であることを確認せずに、
原告車の(左?)側の駐車スペースの地下部分に収納されている
被告所有の乗用車を取り出すため、駐車装置をいきなり上昇させ、
駐車台上段床面を原告所有乗用車の開放中の後部左?側ドア下端に衝突させ、
よって原告車両のドアを破損したものである。

3 破損部分の修理代は16万円である。

4 駐車場の契約書、場内の注意書きにも掲示がされているとおり、
駐車装置の操作前には周囲に人が居ないことを確認する義務があるところ、
被告はその注意義務を怠り、安全確認を行うことなく漫然と駐車装置を上昇させ、
原告所有の乗用車ドアを破損したのであり、これは被告の過失によるものである。

5 原告には過失はない。

と言うことを書きます。
上で撮影した「5番以外」の写真と、
見積もり等の一切の書類(コピー)を証拠書類として添付します。

詳しい書き方はHOWTO本で勉強してください。


<裁判等での攻防>
あなたは、駐車場で普通にお子さんを車に乗せようとしていただけなのですから、
それ自体何か異常な、通常予想できないような行動ではありません。
しかも、あなたのいうとおり、
「駐車場で2歳児を車外で一人待たせて車を出し、それから乗車させるというのは、
自車で轢いたり他車に轢かれたりと非常に大きな危険が伴いますから、
そのようにせざるを得なかった」と主張します。

そこで相手が
「契約書には、運転者1名しかパレットに乗ってはいけないと書いてある。」
と主張したら
あなたは、「そうだとしても、被告が人が居るかどうかを確認しさえすれば
今回の事故は完全に防げたのであるし、
駐車場に2歳児を放置すると自分で轢いたり他車に轢かれたりする事故の危険が
非常に高いので、子供を乗せていたことはやむを得ない行為であり
過失行為とは認められない。」と反論します。

そして、相手が「機械が動き出してから、ドアを開けたから事故が起きた」
という反論をするなら、
あなたは「機械が動き出したら音で気づくはずであるから、
それからドアを開けるようなことは、絶対にあり得ない。」
「(上の4番の現場写真を示し)操作場所から、
わたしが機械が動き出してからドアを開けたということは見えないはずである。」
「被告は「ドアが開いているとは思わない」と一番最初に現場で発言した、
ということは、周囲に人がいて、ドアが開いていたのに機械を操作したことを
当初認めていたのだ」ということを主張します。

また5番の写真は、この時に提出して使用します。
「仮にそうだとするとドアを開ける状態では、
写真のとおり車の天井から上に原告の頭が見えるから、
このような状態で機械を操作したことは被告の重過失である」と主張するのです。
(このように5番の写真は奥の手に取っておきます。
しかし身長がひくくて頭が出ていないようならこの写真はつかえません。)


現場が残っているのですから、事故状況を再現する写真を撮ること、
そして事故の状況を矛盾なく説明できるようにしておくことはとても重要です。
相手が何か反論しても、筋の通った再反論ができれば、
聞いている裁判官なりの第三者は、事態の真相は自ずから分かるものです。

簡易裁判所での訴訟実務は、判決によらずにできるだけ和解(話し合い)によって
終了させようとします。
ですから開廷するとすぐに、司法委員(おじさん2人)に調停室に連れて行かれて、
原告被告交代で調停質に呼ばれて事情を聞かれ、和解の案を提示してきます。
ですから最初の訴状がきちんとできればあとは、そんなに難しいことはありません。

詳しくはわたしの前に書いた回答
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1016876 の#3
>しかし、通常訴訟と言っても簡易裁判所の手続にはかわりありません。
以下をごらんください。
ただし、今回の件は交通事故ではないので
日弁連の交通事故相談センターの無料相談の対象にはなるか微妙だと思います。

がんばってください。ちょっとごちゃごちゃしててすいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答、ありがとうございました。
都合でお礼が遅くなり申し訳ございません。
教えていただいた方向で検討したいと思います。

お礼日時:2004/10/28 21:48

損害賠償請求の基本的な考え方は#6



「警告文」から、昇降動作の前に安全確認をする義務は、操作者に課せられています。また、一般的にも、これは相当注意を要する装置を扱うことであると思われます。したがって、操作者(相手)には注意義務があり、それを怠ったことは明白です。

しかし一方で、「『「パレットに乗るのは運転者1名」との記述』という契約の内容から、質問者にも一定の過失があったことが伺えます。つまり、「パレット」には運転者しか乗せることはできないにも関わらず、子どもを乗車させているとこから、一定の過失があると見るわけです。質問者の主張として、「大人が運転者1名しかいない場合に2歳の幼児を車外で待たせる危険を考えると、子供をパレット上の車に先に乗せる方に合理性があると思う」という部分があります。子どもを駐車場内に置いた状態で自動車を運転させることは、危険だと考えられます。しかしながら、このことを理由として、ただちに契約外の使用法を取っていいとは考えられません。
仮に、質問者が子どもを乗車させていなければ、本件の事故は起こらなかった可能性が高いと考えられます。そのため、質問者にも一定の過失があったと考えられるわけです。

また、位置関係の証明は、防犯カメラなどの映像や、通行人等の目撃情報がなければ、確実な証明は困難です。
位置関係とそのときの動作などについての証言等を重ねることになるでしょう。(最終的に、裁判官がどう取るかなので、正直分かりません)

概略としては以上のような感じになると思いますが、図や写真も整理した上で、弁護士等の専門家に相談することをお勧めします。
最近は、無料法律相談も充実してきましたので、夜間にしているところなども増えてきました。(どこでしているかなどは、弁護士会や市区町村HPなどでお調べください。)
ちなみに、時間が限られているので、資料の精査は充分にしてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご親切な回答、心よりお礼申し上げます。
都合でお礼が遅くなり申し訳ございませんでした。
来週法律相談へ行ってきます。

お礼日時:2004/10/28 21:50

cinnamonchocolaさん、立体駐車場の形状がはっきり分からないので、補足をしてください。



あなたが利用されていた立体駐車場の形状は

(1)何段式ですか?

(2)地面より下に穴が掘ってあり、台を下に下げた時、下の台に止めた車が地面より下の穴の部分に隠れる↓のようなもの(便宜上Aタイプとします)ですか?
http://www.oske.co.jp/park/pit23dan_2n3n.htm


 それとも、地面に穴が掘ってなくて下の車を出してから台を上下する、移動する台が1枚になっているタイプ↓のようなもの(Bタイプ)
http://www.oske.co.jp/park/2dan_pw_lect.htm

A,Bどちらですか?
たぶんAのような気もするんですが、段数とともにお答えください。

(3)あなたの車が止めてあった台は、事故当時地面と同じ高さの状態でしたか?そうでなければどの位置でしたか?

(4)相手方台のぶつかる前の状態は、下に下がった状態でしたか?

(5)また相手側の上下の台には車は止まっていましたか?

(6)上下どちらに相手方の車が止まっていましたか?

(7)その駐車場の取扱説明書は入居者に一部ずつ配布されていますか?それともどこかに掲示されているだけですか?

(8)それに操作をする前に安全を確認することが明記されていませんか?
どのように安全を確認するように書いてありますか?

以上8点について、一問一答式で補足をお願いします。

この回答への補足

guizhi04様

お返事ありがとうございます。
補足させていただきます。
(1)3段式
(2)Aタイプ(通常は下2段が地下にもぐっている状態)
(3)事故当時地面と同じ高さ(下がりきった状態)でした
(4)相手方のレーンは下がりきった状態にあり、そこからボタンを押して台を上げたのです
(5)上段には止まっていました。中段が相手方の車。下段に止まっていたか不明です。
(6)相手の車は中段です。
(7)我が家は上段なので取扱説明書はもらっていません。取扱の説明は掲示されていないので、中段・下段の利用者には配布されていると思います。
(8)入居者に一部ずつ駐車場使用契約書が配布されていて、次の通り記載があります。
『使用者は次の事項を遵守しなければならない。
1)甲(管理組合)の指示ならびに場内標識に従うこと』
場内標識として、駐車場内の各所に黄色い警告の看板があり、そこには
『駐車装置での事故防止のため守ってください
装置作動中は絶対に装置に近づかないでください
☆ご利用者のみなさんへのお願い
 ○操作時は 装置内・車内・周囲の無人確認をしてください。
 ○取扱方法を十分理解した人が操作してください。
 ○お子さんを装置に近づけないでください。
☆近くにいる皆さんへのお願い
 ○装置に近づかないでください
  機械にはさまれたり、ピットに転落する恐れがあります
 ○お子さんを装置の近くで遊ばせないでください』
とあります。
私が先に駐車場内にいたのは確かなのですが、はっきりした「証拠」はありません。もし、私の方が後から来たのであれば、数メートル前方にいたはずの相手に気がつかないはずはない、という感じなのですが、いかがでしょうか。

補足日時:2004/10/11 21:21
    • good
    • 0

私の思い描いている立体駐車場と同じかどうかも分からないので、事実関係を誤っているかもしれません。

その点はご了承ください。

まず、立体駐車場というのは、一枚の床が上下するようにできているもので、「地上2段式立体駐車場」と呼ばれるものだと思います。(間違っていたら指摘してください)

本件では、上段に停めている車に、この駐車場を下げた状態で質問者が子どもを乗せていた。その際、隣の車の持ち主が、周りを確認せずに自分の駐車場の操作をした。そのため、質問者の隣側にある駐車場の床が上がり、開けていたドアを破損させたということですね。

損害賠償(民709)の考え方は、因果関係(原因と結果の関係)、権利の侵害(何らかの損害などをあたえたか)と故意・過失(わざとか、注意不充分で)が必要だとされています。
本件では、因果関係ははっきりしていますし、権利の侵害があったと考えられます。しかし、故意又は過失があったかどうかについては、疑問が残るんです。

わざとやったわけではないでしょうから、故意はないとします。過失は、「本来注意するべき注意を怠ったこと」ですから、どこまでが本来注意すべき部分だったかが重要なポイント。
相手は、そんなところでドアが開いているなんて思わない」、「私達は車をまっすぐに上げただけだ」と主張しています。通常、ドアを開けていることが考えにくい状態であったかどうかがポイント(後に詳述)です。また、車を上げる際に、隣の車にあたると分かるような状態にあったのかどうかもポイントです。

また、損害賠償請求の際によく聞く言葉で「過失相殺」というのがあります。これは、お互いにいくらかの過失がある場合、一方の過失を、他方の過失で相殺することです。
交通事故などでよく聞くと思います。
本件の過失は、相手だけでなく、質問者にもあるかもしれません。駐車場の昇降で事故が起こるかもしれないことは想像がつきます。本件駐車場ではどうか分かりませんが、立体駐車場の利用規約や取扱説明書などで、立体駐車場上での乗降について、触れられている場合もあります。隣に関して注意するようにも書いてあるかも知れません。
こういった事情を総合的に勘案して、損害賠償額を算定することになります。
ですから、質問者と相手方の主張を単に聞くだけでなく、その背景となる駐車場利用の規約や注意書きなどもご覧ください。

> 駐車場の地図や写真、レーンを上げる速度などは証拠
> にならないのでしょうか。
なりますね。駐車場の昇降時に、他の危険について気づくかどうかなどが、ある程度明らかになると思います。それ以外に、先ほどから出ている利用規約などのマニュアル類も証拠になる可能性があります。(見ていないのでどうかは知りませんが)

少額訴訟については、簡易裁判書にお尋ねください。
(証拠の揃え方も、教えてくれるかもしれないです。)

参考URL:http://courtdomino2.courts.go.jp/K_kani.nsf/ea14 …

この回答への補足

補足: Lt_Cmdr_Data 様

お返事ありがとうございます。
補足させていただきます。

この立体駐車場は、地面より下に穴が掘ってあり、台が下がりきった時、最上段が地面の高さになり、下の台に止めた車が地面より下の穴の部分に隠れる↓のようなタイプです。
http://www.oske.co.jp/park/pit23dan_2n3n.htm
通常は下がりきった状態になっています。
3段式で、こちらは最上段、相手は隣りのレーンの中段です。
本件は、こちらと隣り(相手)のレーンが下がりきった状態で、こちらが、相手とこちらのレーンの間に立ち、ドアを開けた状態で子供をチャイルドシートに乗せていたところ、相手が隣りのレーンを上げたため、隣りのレーンの最上段の床がこちらのドアにあたり、破損したわけです。
通常、台は下がりきった状態にありますが、この状態で最上段の車の出入りは行われるわけですから、事故時の状態が、通常ドアを開けていることが考えにくい状態であるとは言えないと思うのですが。
駐車場のこの部分は車としては袋小路になっていて(さらに奥にバイク置き場がありますが)、片側に立体駐車装置が4レーンが並んでおり、1番手前がこちらのレーン、2番目が相手のレーンです。昇降操作盤は一番奥のレーンの奥側にあります。
事故当時、隣りのレーンの最上段に車が止まっていたので、昇降ボタンのある場所からは、ドアが隣りの台に当たるかどうかは分かりにくい状態だったとは思います。ただ、操作盤に行くには必ずこちらの車の前を通るので、その際に人がいるかどうか、ドアが開いているかどうかの確認ができたはずです。
また、駐車場使用契約書が配布されていて、次の通り記載があります。
『使用者は次の事項を遵守しなければならない。
1)甲(管理組合)の指示ならびに場内標識に従うこと』
場内標識として、駐車場内の各所に黄色い警告の看板があり、そこには以下の記述があります。
『駐車装置での事故防止のため守ってください
装置作動中は絶対に装置に近づかないでください
☆ご利用者のみなさんへのお願い
 ○操作時は 装置内・車内・周囲の無人確認をしてください。
 ○取扱方法を十分理解した人が操作してください。
 ○お子さんを装置に近づけないでください。
☆近くにいる皆さんへのお願い
 ○装置に近づかないでください
  機械にはさまれたり、ピットに転落する恐れがあります
 ○お子さんを装置の近くで遊ばせないでください』

装置内・車内・周囲の範囲がどこまでを指すのかが明確ではないのですが、操作時の無人確認としては、操作盤位置からの確認のみでは不十分(過失がある)と思うのですがいかがでしょうか。それとも、4レーンの一番端に操作盤があるという構造的欠陥が原因で、相手には過失がないことになるのでしょうか。
また、本件ではこちらが先にレーン間に立っていたので、駐車場の昇降で事故が起こるかもしれないことを想像するのは相手側の義務のように思うのですが。ただし、この考えでよかったとして、こちらが先にレーン間に立っていたことの証明をどうやったらよいでしょうか。アドバイスいただければと思います。
なお、契約書に「パレットに乗るのは運転者1名」との記述がありましたが、大人が運転者1名しかいない場合に2歳の幼児を車外で待たせる危険を考えると、子供をパレット上の車に先に乗せる方に合理性があると思うのですが。それ以外に、契約書や標識に、乗降や隣りのレーンへの注意について具体的に述べた部分はありませんでした。

補足が長くなりましたが どうぞ宜しくお願いします。

補足日時:2004/10/12 01:27
    • good
    • 1

今回ですが誰かが何かをしなければ起こりえない事故ですから、それを整理してみましょう。


まずあなたですが、レーンが上がった時にドアーを開けた訳ではなく、予めドアーを開けていた訳ですから、マナーは悪い行為ですが、重大な責任があるとは思えません。
駐車スペースに止めてから人の乗降があるのは当たり前ですから、相手の言い分からすると、よくタクシーなどがやりますが、交通量の多い道でドアーを開いてお客を降ろしていたらドアーごと人間を跳ね飛ばしてもかまわないとなります。
交通量の多い道で周囲の迷惑も考えず、お客さんの乗降をするのはマナーが悪い行為ですが、だからといって不注意に跳ね飛ばしてよい訳がありません。
相手の方もスイッチを押す前に、周囲で子供などが遊んでいないか、十分確認してから押すべきですから、相応の責任はあると考えます。
弁護士などは大げさとお考えでしたら、街の気軽な法律家とも言われる「司法書士・行政書士」などに相談され、事務所の名前で内容証明で請求され、それでもダメなら他の方のアドバイスのように示談や小額訴訟に踏み切られたらいかがでしょうか。
道義的責任(マナー)と法的責任(因果関係)をごっちゃにしてはいけないと考えます。
    • good
    • 0

まず駐車場の契約は何らかの取り決めが書かれてはいませんでしょうか。


私が以前の住宅で契約していた立体駐車場の契約には、「借り主の不注意な操作で他人の車両・身体・その他に損害を与えた場合は、賠償する義務がある」といった項目が記されておりました。

契約でこの様な記載がなかったとしても、民事上は駐車場使用者としてあたりまえの注意義務ですから、相手の不法行為による損害賠償請求は可能です。

あなたも全くの無過失とはならないでしょうから、状況によっては2~4割程度の過失相殺はやむを得ないとは思います。

まずは簡易裁判所に調停を申し立ててはいかがでしょうか。手続きは簡単で弁護士に依頼するまでもなく、窓口で詳しく教えてくれますので、その場で申し立て書類を書いてくることも可能です。(事故の日時、相手の住所氏名、明確な被害額などを記したメモを持って)

調停は第三者を交えた単なる話し合いのため、全く心配は不要です。
ただし調停の席で合意した内容は、確定判決と同等の拘束力がありますので、相手が合意した内容について不履行をした場合は強制執行が可能です。
調停の場に「写真、見取り図、駐車設備の仕様書、車両の修理前の写真、修理明細書」などを持参すれば良いでしょう。
調停で話がつかなかった場合に、少額訴訟や通常訴訟を検討されればよいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご親切な回答、ありがとうございました。
都合でお礼が遅くなり申し訳ございません。
駐車場の利用契約についてのご指摘、非常に勉強になりました。

お礼日時:2004/10/28 21:52

小額訴訟は一度きりの審議でおしまいになります


良いような悪いような・・・。
きちんと書類を揃え、不備があってはいけません
簡略化された制度とはいえ
素人が思い描くようなものではありません

さて、どちらが悪いとは裁判官の判断によるところ
でしょうけども ワタシ論では100%相手方の
過失とも言いがたいように思えます
立体駐車場においてはそれらの出来事が日常のように
起こりえるものであり、使用者はそれを推測できるであろうからです あなたもどこかで折り合いをつけなくてはいけないでしょう。

いきなり裁判所というのではなく もう一度
管理人(管理会社)を交えて話あいにより解決する事が
望ましいと思います 
裁判所を利用するにしても 調停制度もありますので
まずそれを利用するほうが とっつき易くて
良いと思います
    • good
    • 0

こんにちはracaです。


感情論はさておき、事実関係だけを明確にされてから
こちらの掲示板で相談されることをお勧めします。
法律相談掲示板
http://www.murayama-office.com/

参考URL:http://www.murayama-office.com/
    • good
    • 0

素人ですので、アドバイスにはならないのですが・・・。



>「そんなところでドアが開いているなんて思わない」

思うかどうかは関係ないと思います  (゜▽゜;)
事故を起こして、「そんなところに自転車が走っているなんて思わない」と言うのと同じかも。
危険を予測しろ・・・って教習所でもならったし、なんども危険予測の授業をしたでしょうに。(もう忘れたのかもしれませんね)

>「上がってきているのに気づかずにドアを開けた方が悪い」

そうだったのですか?
質問からは、先に開けていたように思いましたが。

>しまいには「私達は車をまっすぐに上げただけだ」と

「まっすぐに走っただけ」なら・・・?

>私がいくら「確認なさったのですか?」と聞いてもそれには答えず

実際の裁判は見たこともありませんが、裁判になれば答えざるを得ないと思います。
訴えた方がまず主張をしますが、相手が反論しなければそれで終わりです。(と裁判をやっている親が言っていました)

できれば、弁護士と相談して裁判するのがいいと思いますが、ちょっと思ったのが、向こうの主張する「後からドアを開けた」です。
駐車場の音はどうなのでしょう?
移動時はうるさいですか?
気づかないほど静かですか?

静かだったらともかく、音がしていたら開ける人はいないと思います。
地図や写真、レーンを上げる速度などで駐車場の様子を分かってもらうのはもちろんですが、どっちが先だったかでは、音では言えないのかな?と思いました。(それしか思いつかなかった!?)

(素人の考えですが、
 ・状況を主張(事実と要求だけを言う)
 ・相手が反論(後からドアを開けた)
 ・そうではないと主張(だいたい、動いてたら音で気づくよ!)
という流れ・・・? 
そううまくいくのだろうか、とも思いますが・・・)

それにしても、怪我がなくてなによりでしたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tomato5656様

さっそくのご回答ありがとうございました。
それもこんな深夜に・・・(~_~)

状況が分かりにくくてすみませんでした。
間違いなく私が先に駐車場内にいて、レーンが上がる前にドアも開けていました。
もし相手の方が私より先だったとしたら、前を歩く(OR ボタンの位置に立っている)相手に気がつかないはずはないのですから・・・。
でも子供をチャイルドシートに乗せていたので頭が車内に入っていて、背後のレーンが上がる音には気づきませんでした。車から頭を出した直後に「ガシャーン!」だったのです。。。

あと補足ですが、私の車の隣りのレーン上段(つまりお隣り)には車が止まっていたので 操作ボタンの位置からは、腰をかがめている私の姿はすっかり隠れて見えなかったと思います。
私の車の前を通り過ぎるときに横を向いて車と車の間を見てくれれば良かったのですが。(でも当然の確認ですよね
?)

もちろん怪我がなかったのは何よりなのですが、私の足から10cmくらいのところでレーンとドアが接触したのでもし足がはさまれていたらと思うと・・・怖いです。とっても。

本当にアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2004/10/11 03:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q立体駐車場で車を潰されました。(警備員に手動操作で

初めに、駐車場の構造なのですが、地上2階・地下2階の立体駐車場です。地上1階で機械を操作して、自分の車の置かれている番号を入力し、車を出すというものです。
 ○○○ ←2階
●○○○ ←1階  ●がエラー場所
 ○○★ ←地下1 ★は自分の車です
○○○○ ←地下2
エラーの起きた部分が地下1階に下がり、1階の他の部分が左にずれ、自分の車が上がってくる。というのが正しい動作です。

ここからが、事故の流れになります。どうか、知識をお貸しください。
先日、立体駐車場でエラーが起き、自分ではどうしようもないためにマンションの管理人を呼びました。
そのエラーというのは、上の図の●の部分が下がらなくなり、機械操作が何も出来ない状態になるというものでした。

管理人は警備員を連れてきて、警備員は機械を手動操作に切り替え、立体駐車場の台を操作し始めました。
しかし操作を誤ったのか何でか、自分の車の台(★)を動かし始め、結果上の台を自分の車が押し上げる形になってしまいました。
上の台に車が乗ってなかったのが不幸中の幸いですが、自分の車の天井はベコベコになってしまいました。
その車の状況からJAFを呼んで立体駐車場を治すまで、写真を数十枚撮ってあります。

後日、張本人である警備員と警備員の所属する大手警備会社の主任さんが謝罪しに来て、修理に掛かる一切の費用及び、修理が完了するまでの間の費用全て負担することを約束して頂きました。

車を修理会社に持っていった所、ピラーや骨には問題はないが、屋根を完全に直すには屋根を取り替える必要があると言われました。しかし、屋根を取り替えると”修理歴あり”となり、車を売るときに大幅なマイナスになると聞きました。
その部分をどうしてくれるのかを警備員に連絡すると、あっちに電話してくれこっちに電話してくれと盥回しにされた挙句、辿り着いたのが主任さんで、話をすると「保険屋に聞いてみないとわからない、取り合えず見積もりを送ってくれ」と言われ、修理会社からもらった見積書をFAXで送り、結局その場では修理に出すに出せずに終わりました。

その後留守電に「あの見積もりで大丈夫ですので修理してもいいです。あと、修理歴に関してなのですが、こちらでは負担する必要はないとのことですのでご理解ください。」と入っていました。
私はこの留守電に呆れ、再び連絡をし、それはおかしいということと、保険屋と直接話をさせてくれと伝えました。そしてその返事は「本部に聞いてみないとわかりません」とのことでした。

そしてその後の連絡で「○○(自分の名前)さんの使っているような自動車保険でなく、こちらは損害保険ですので○○さんが話す必要はないと思うんですよ。それと修理暦に関してなのですが、こちらは負担する義務はありません」と言われました。
私は車を買ってまだ半年と経っておらず、こういった事故も初めてだったので恥ずかしながら何もわからず、その連絡を受けたときはそうなんですか、と言うしかありませんでした。


まとめです。
・警備員が間違った手動操作で車を破損(JAFの人も「これはしてはいけない操作」と言っていました。(発言をメモしました))
・車の状況、周りの正常な状態の写真など、数十枚の写真有り
・警備会社は車の修理費用、それまでの経費を負担すると約束
・保険屋と話をさせてくれと願うも拒否された。
・修理会社には「叩いて直す方法もあるが、完全には直らず、売るときに結局屋根を取り替える費用分引かれるかもしれない」と言われました
・車はスズキのセルボ 軽自動車です。もちろん立体駐車場の条件からは外れていません。買ってからまだ5ヶ月くらいです。


今現在の流れはこのようになっています。私は一方的に壊され、何の責任もないのに、修理暦ありになる車を受け取るしかないのでしょうか?
今回は是非皆様の知識をお借りしたく、ここに質問をさせて頂きました。長々と書いて申し訳ありませんが、やはり詳しく書かなければならないと思い、書かせて頂きました。何か足りない情報があると思ったら、遠慮なく言ってください。
どうぞ、よろしくお願いします。

初めに、駐車場の構造なのですが、地上2階・地下2階の立体駐車場です。地上1階で機械を操作して、自分の車の置かれている番号を入力し、車を出すというものです。
 ○○○ ←2階
●○○○ ←1階  ●がエラー場所
 ○○★ ←地下1 ★は自分の車です
○○○○ ←地下2
エラーの起きた部分が地下1階に下がり、1階の他の部分が左にずれ、自分の車が上がってくる。というのが正しい動作です。

ここからが、事故の流れになります。どうか、知識をお貸しください。
先日、立体駐車場でエラーが起き、自分ではどう...続きを読む

Aベストアンサー

自動車保険も損害保険のひとつです。
法律上の損害賠償を契約の範囲で補償します。
保険会社と話をするのは筋違いとか話す必要がないというのは
大きな間違いです。

購入後わずか5月位しか経過していない、自己の過失は無し。

東京高裁の判例が有名ですが、交通事故の場合は修理金額の
概ね30%が評価損として認められます。

通常の交通事故と違い本件の場合はマンションの立体パーキング
での事故ですので自動車の保管義務違反によるものですから
より強く要求できます。

はっきり言って納得のいく示談は無理です。
お勧めは少額訴訟です。日本自動車査定協会の評価損証明を証拠と
して争います。

その場合必ず相手方の損害保険会社の代理人が出てきますね。
(名目は相手方でも金銭はすべて保険会社持ちです)

Q立体駐車場のトラブル

分譲マンションに住んでおり、敷地内の立体駐車場を利用しているのですが、
立体駐車場に屋根がない為か、雨や雪が降ったりすると動かなくなります。
(正確には、最初から動かない場合よりも、途中で動かなくなってしまう場合が多いようです。)
今年は雨や雪が多かったので、今年に入って既に5回くらいは動かなかったと思います。
そして、夫は朝早く帰りも遅い仕事をしている為、夫が使用している時によく被害を受けます。
立体駐車場を使用する時に鍵を使って呼び出し、
動きだすとその鍵は入出庫が完了するまでが抜けなくなるので、そのままにも出来ず困っています。
朝に立体駐車場が動かない時は、自転車で行ったり(片道1時間くらい)、
間に合えば、同じ会社の方に迎えに来てもらったりしますが、
立体駐車場のトラブルのせいで何度も遅刻しています。


敷地内の平置駐車場がなかなか開かず、先日やっと空いたので
抽選に応募して、当たったら交換したいなと思ったのですが、
応募資格が、今まで使用していなかった人や、2台目希望の方のみというので、
管理人の方に事情を説明して、応募したいと申し伝えたのですが、
そういう要望があると言う事は分かりました。しかし今回は無理ですと、頑として聞き入れてもらえませんでした。
(管理人さんは何度も被害にあっているのは知っているのに・・)

似たような事で被害を受けていらっしゃる方はいますか?
その時どのような対応をとりましたか?
何かアドバイスがあれば教えてください。
よろしくお願いいたします。

分譲マンションに住んでおり、敷地内の立体駐車場を利用しているのですが、
立体駐車場に屋根がない為か、雨や雪が降ったりすると動かなくなります。
(正確には、最初から動かない場合よりも、途中で動かなくなってしまう場合が多いようです。)
今年は雨や雪が多かったので、今年に入って既に5回くらいは動かなかったと思います。
そして、夫は朝早く帰りも遅い仕事をしている為、夫が使用している時によく被害を受けます。
立体駐車場を使用する時に鍵を使って呼び出し、
動きだすとその鍵は入出庫が完...続きを読む

Aベストアンサー

被害という言葉が適切でしょうかね?頻繁なれど、不具合程度では?

そのように頻繁に故障をするような設備であれば、その原因と解決策を、メーカーと管理組合で早急に話し合うべきでは?
まあ、故障で遅刻した等の問題はあったでしょうが、だからといって、よほど管理を放棄している証拠でも見つけなければ、損害賠償どころの話ではありません。
むしろ、自己防衛とするなら、そんなとこ解約して、棟外に駐車場借りれば済むことでしょうし。代替え案があるのならば、なおさら主張は難しいかと。

で、管理組合が定めたその基準は、法的に問題があるわけでもないので、文句言う筋合いはないでしょう。ただ、パーソナルルールですから、あなたが区分所有者であれば、あなたも権利者として、改定をお願いすることは可能です。賃借人なら無理でしょうが。

Q立体駐車場に車を入れるのが難しいです。

新車を購入しました。

マンションの立体駐車場を借りました。
今日、初めて車庫入れをしましたが、何度もハンドルを切りなおして、やっと入れました。

なんせ対面で車庫があるんで、スペースが足りず、何度もハンドルを切りなおす必要があります。
けっこう面倒で時間がかかりました。

青空の駐車場もあるのですが、雨の日なんか困るし、そこから少し歩かないといけないので立体にしました。
でも、こんなに面倒だとは思わなかったです。

マンションの立体駐車場って、どこでもこんな感じですか。

何度も試みている内に慣れるものでしょうか。
車の後部が仕切りに当たらないように気をつけてバックしないといけないし。
皆さん、それを承知で立体の駐車場を借りているのですか。

よければご回答、お願いします。

Aベストアンサー

satisati55さん、

こんにちわ。
立体駐車場は、駐車スペースの入り口も通路も狭いので苦労しますね。
何度も駐車していれば慣れてしまうのですが、多くの方が慣れの中で発見することがあります。いわゆる、コツというものですね。
駐車のコツについてアドバイスさせてください。
まず、バック駐車で重要なポイントは下記のポイントになります。
1.小さい半径で車の向きを変える
  ⇒ハンドルを目一杯切るようにする
2.バックで曲がっているとき、後輪が一番内側を通る
  ⇒逆に言うと後輪の位置より内側に来るものはありません

駐車スペースに対してまっすぐ入れるのが一番簡単な駐車方法ですが、ほとんどの場合、90度曲がって入らないといけません。
この時、大きな半径で曲がってしまうと車のお尻が柱にぶつかってしまいます。ですので、なるべく駐車スペースに対してまっすぐ入れる位置に車の向きを変えたいところです。

右側の駐車スペースにバックで入れることを考えます。
1.バックを開始する位置は、右側の後輪が駐車スペースを少し超えたあたりから
2.ハンドルを目一杯右に切ります
3.右の後輪をミラーで見ながら、駐車スペースの柱ギリギリを通るようにします
4.目視で左のお尻が駐車スペースに入っているか確認します
5.あとは車がまっすぐになるまでハンドルを切り続けます

重要なことは、後輪が一番内側を通るということです。

satisati55さん、

こんにちわ。
立体駐車場は、駐車スペースの入り口も通路も狭いので苦労しますね。
何度も駐車していれば慣れてしまうのですが、多くの方が慣れの中で発見することがあります。いわゆる、コツというものですね。
駐車のコツについてアドバイスさせてください。
まず、バック駐車で重要なポイントは下記のポイントになります。
1.小さい半径で車の向きを変える
  ⇒ハンドルを目一杯切るようにする
2.バックで曲がっているとき、後輪が一番内側を通る
  ⇒逆に言うと後輪の位置より内側に...続きを読む

Qマンション敷地内で立体駐車場のゲートをへこませて・・

先日、自分の住んでいるマンションの立体駐車場に駐車しようとしてゲートに車を軽く当ててしまいました。駐車しようとしている時だったのでほとんどスピードが出ていなかったのが幸いして、ゲートは少しのへこみと塗料がはげたくらいですみました。もちろん作動もします。 念のため管理人さんに報告しようと思いましたが、夜で不在でしたので翌日に報告し、いっしょに現場を確認しました。 管理人さんも「この程度ならへこんでいるところを少したたけば平気でしょう」と言っていたのですが、メンテの人に「たたいても完全に原状回復というわけにはいかないので新しいものに交換したら・・」と言われたようです。交換すると30万くらいかかるそうでビックリしています。この場合は対物を使うことになりますが、まさかこんなことになるとは思っていなかったので、ぶつけた時に警察をよんだりしていなかったのですが、事故証明とかって後からでも警察に行けば出してもらえるのでしょうか? 初めてのことで、とても不安な思いでいます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#4です。再度です。

>警察は、駐車場や私有地内の事故を扱いません。

道路交通法が適用されないだけです。実際問題として被害が発生していれば、刑法上の
器物損壊にあたりますから、対応していただけます。
保険会社としては、○月○日に契約者が○○を破損させたとの根拠があればよいわけで
すから、警察に届ける意味はあります。
事実、私自信、過去に2度ほど駐車場内の事故にて、警察に対応していただいておりま
す。
※道交法上の行政責任や民事責任の問題とは切り離してお考え下さい。


>保険会社への連絡の件ですが、ぶつけたその日に私に代わり家族が「こういうことが
>あったんですが・・」と連絡してくれたんですが、その時点では修理するにしても金
>額がわからなかったので「見積もりが出てからまた電話します」と切ったようです。
>その後、質問に書いたとおりに話が展開したのです。
>今日でぶつけた日から5日経ちますが、まだ修理か取替えかマンション側の結論も出
>ていないし、見積もりも上がっていないので、不安になってしまうのです。

既に、当日報告しているのであれば話は簡単です。
『当日報告してある件で、修理か交換かは確定していないのですが、被害者(管理組合)
と示談交渉して下さい。』と連絡すれば、保険会社から直接管理組合へ連絡し、交渉し
ていただけます。事前に、管理組合側にも保険会社から連絡していただく旨を伝えてお
くほうがよろしいでしょう。
最後に、保険会社に賠償金額が確定したら、その金額によっては自腹で支払う可能性も
あると伝えておけばよろしいかと思いますよ。

どの程度の金額で保険を使用するかについては、下記過去ログが参考になるかと思いま
す。
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1249142

以上、ご参考まで。

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1249142

#4です。再度です。

>警察は、駐車場や私有地内の事故を扱いません。

道路交通法が適用されないだけです。実際問題として被害が発生していれば、刑法上の
器物損壊にあたりますから、対応していただけます。
保険会社としては、○月○日に契約者が○○を破損させたとの根拠があればよいわけで
すから、警察に届ける意味はあります。
事実、私自信、過去に2度ほど駐車場内の事故にて、警察に対応していただいておりま
す。
※道交法上の行政責任や民事責任の問題とは切り離してお考え下さい。


>保険...続きを読む

Q立体駐車場に入る車の幅の限界は?

立体駐車場で長さ5000mm以下、幅1950mm以下をいう月極があるのですが1925mm幅の車でも駐車可能でしょうか?ぎりぎりなのでやはり無理がありますでしょうか?

Aベストアンサー

結論から言います「余裕で可能です」
私は「1800ミリ以下」という立体駐車場に「1820ミリ」の3ナンバーセダンを駐車しています(20ミリオーバー)。
購入時に不安だったので、ディーラーにお願いして試乗車を準備してもらいました。
「駐車場に入れることが出来たら購入します。」と言って・・・。
また、他の方も言われていますが、カタログのスペックは「バックミラーを除いた車幅」です。車をパレットに収める時は必ずたたまなければいけません。

ところで、ご質問では「すでに駐車場を借りている」のか「これから借りる」のか、あるいは「車を新たに購入する」のか「車は購入済み」なのかが不明ですね。
しかし、いずれにしても「ディーラーや駐車場管理者」に協力してもらうのが一番確実です。

もちろん、車の全長、全高、重量の確認も必要です。

Q機械式駐車場(4段式)は何段目がベスト?

引っ越し先のマンションが4段式の機械式駐車場です。
何段目を選べばいいのか迷っています。
いいアドバイスがありましたらお願いします。

Aベストアンサー

今現在、4段式縦3列の駐車場の1番上を使用していていますが、特に寒い日や
雨の日などの車の出し入れが面倒です。僕の場合はハイルーフなので仕方なく
ですが・・・選べるなら1番下か2番目にします。
日光が直接当たりませんし、雨のかかりも多少ましです。(うちの駐車場は1番上は屋根無しです)
2番目なら盗難の心配が多少ましかな?
1番上のメリットは駐車場代が下より安かった事ぐらいです。

Qマンションの機械式駐車場故障による賠償

マンション内 (所有) の機械式駐車場で通常出庫操作時、地下から地上に上がる途中でパレットが傾いて止まり車が出せなくなりました。
17時間の暫定修理後、車を出せたのですが車体に細かい傷がついてました。この傷を修理するための費用はどこに請求可能ですか。
近々管理会社と話をする段取りですので、参考にいたしたく、
質問させていただきました。よろしくお願いいたします。
>>駐車場の契約者は私ですが、賃貸契約時の車を売却し、
現在は近々引越ししてくる婚約者の車専用。管理組合への届出未
>>マンション管理会社の対応:
- 事故についての説明予定時間に1時間以上遅れて到着
- 管理人さんから電話した所、自宅にいるからと不機嫌な対応
- 車の傷について立ち会って検証していただきたいとお伝えした所、
予定がつまっていて1週間先でないと立ち会えないとのこと
- 修理費用については駐車場の契約者と車の所有者が違うため、
 お支払いは難しいというニュアンス
- 駐車場の契約者と車の所有者相違は契約解除になる可能性があり
>>私の意見:
- 駐車車両所有者にかかわらず契約者である私が承知なのだから、
 機械式駐車場の故障による損傷については管理会社側賠償責任有

マンション内 (所有) の機械式駐車場で通常出庫操作時、地下から地上に上がる途中でパレットが傾いて止まり車が出せなくなりました。
17時間の暫定修理後、車を出せたのですが車体に細かい傷がついてました。この傷を修理するための費用はどこに請求可能ですか。
近々管理会社と話をする段取りですので、参考にいたしたく、
質問させていただきました。よろしくお願いいたします。
>>駐車場の契約者は私ですが、賃貸契約時の車を売却し、
現在は近々引越ししてくる婚約者の車専用。管理組合への届出未
>>マ...続きを読む

Aベストアンサー

私はマンション管理組合の理事長やっているので、その経験と知識で回答します。

>>>私の意見:駐車車両所有者にかかわらず契約者である私が承知なのだから、機械式駐車場の故障による損傷については管理会社側賠償責任有

立体駐車場のような設備は、法律上は「工作物」といいます。工作物については次の民法の条文が重要です。

(土地の工作物等の占有者及び所有者の責任)第717条 土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してその損害を賠償する責任を負う。ただし、占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をしたときは、所有者がその損害を賠償しなければならない。
2 前項の規定は、竹木の栽植又は支持に瑕疵がある場合について準用する。
3 前2項の場合において、損害の原因について他にその責任を負う者があるときは、占有者又は所有者は、その者に対して求償権を行使することができる。

つまり、立体駐車場の占有者が責任を負い、占有者に責任がないときには、所有者が責任を負う、というのが法律の規定です。

この車は婚約者の所有のようです。そうすると、損害賠償請求の権利者は婚約者で、質問者でありません。しかしこの問題は簡単にクリアできて、質問者は婚約者から本件に関する一切の委任状を書いてもらえばよいです。

占有者である質問者には、本件について注意義務はありませんから、所有者に損害賠償責任が及びます。立体駐車場の所有者は管理組合であって管理会社ではありません。従って管理組合が本件の損害賠償責任者であって、管理会社に損害賠償請求することは不可能で、かつ誤りということになります。

管理組合は、駐車場以外にエレベータなどの沢山の工作物の所有者です。この工作物責任を負っている現実を逃れるため、管理組合は施設賠償保険というものに、必ず入っているはずです。管理組合が工作物責任を負うはめになったら、管理組合に代わり保険会社が損害賠償金をはらってくれるというスキームです。この代償として管理組合は毎年何十万円とか何百万円の保険金を払っています。

どういうことかというと、本件の損害賠償責任を負うものは形式的には管理組合ですが、実質的には損害保険会社ということになります。

質問者も、管理会社も、管理人も、管理組合も、こういった法律的フレームワークを何も理解していないことが、本件の大混乱の原因です。

>この傷を修理するための費用はどこに請求可能ですか。
形式的には管理組合、実質的には損害保険会社です。通常の自動車事故と同様、婚約者・質問者は修理に出す前、もしくは自動車修理工場に対し、損害の状況を示す写真を撮らせ、見積書を取ることが必要でしょう。この損害の原因が立体駐車場のパレットの傾きにあることは、立体駐車場の保守会社が証人でしょうから、この保守会社から事故報告書、この事故を回復すりためにした修理報告書の写しをもらってください。

これらの証拠書類を元に、管理会社→管理組合→損害保険会社というルートをたどって、保険金支払い請求すればよいことになります。損害保険会社のOKもらって修理するのが一番確実ですが、事情があれば先に修理しても構いませんが、保険会社が万一払わないとおかしなこと言い出したときにには、裁判を起こすしか方法が無いというリスクを婚約者。質問者は負うことになります。

>修理費用については駐車場の契約者と車の所有者が違うため、
 お支払いは難しいというニュアンス

質問者も、管理会社も、管理人も、管理組合も、こういった法律的フレームワークを何も理解していないことが、本件の大混乱の原因ですと書いたとおりです。

「工作物責任」というのは、知らない人が殆どです。質問者さんが知らなかったのですから、管理人さんや管理会社を責めても仕方がないでしょう。

>- 駐車場の契約者と車の所有者相違は契約解除になる可能性があり

このマンションを買ったときに管理規約を分譲会社からもらっているはずです。それを探し出して「駐車場使用細則」というところを読んでみてください。そこに「組合員以外の所有する車両を駐車させることができない」とか「第三者への使用権の譲渡はすることができない」みたいな条文があるかどうか、チェックしてください。前者のような条文を持っている組合は殆どなく、後者のような条文を持っている組合はたまにあるという程度です。

本件に限らず管理人さんから「契約解除になる可能性があり」と言われたら、契約書をチェックすれば良いです。本件は、婚約者の所有する車ですから、契約解除は権利の乱用でしょう。管理会社または管理組合がどうしても契約解除すると言ってきたら「ならば権利の乱用で裁判所に駆け込みますが、勝てる見込みあるか冷静に判断されては」と切り返せばよいでしょう。

>駐車車両所有者にかかわらず契約者である私が承知なのだから、
 機械式駐車場の故障による損傷については管理会社側賠償責任有

質問者さんの「独自のお考え」であり、裁判所も弁護士さん、管理会社、管理組合などが従うべき法的根拠ゼロの主張です。

民法が規定する工作物責任の方がはるかに厳しくかつ質問者に有利で、こういう主張はするだけ損です。

>>>マンション管理会社の対応:
- 事故についての説明予定時間に1時間以上遅れて到着
- 管理人さんから電話した所、自宅にいるからと不機嫌な対応
- 車の傷について立ち会って検証していただきたいとお伝えした所、
予定がつまっていて1週間先でないと立ち会えないとのこと

損害の事実の立証、損害と立体駐車場故障の間の因果関係の立証責任は質問者さんにあります。こういう意味で、管理会社や管理人に立会いを求めた質問者さんの対応は極めて適切です。立証できれば良いと割り切り、管理会社や管理人の対応が多少悪くても、首に縄かけて協力させればよいでしょう。

私はマンション管理組合の理事長やっているので、その経験と知識で回答します。

>>>私の意見:駐車車両所有者にかかわらず契約者である私が承知なのだから、機械式駐車場の故障による損傷については管理会社側賠償責任有

立体駐車場のような設備は、法律上は「工作物」といいます。工作物については次の民法の条文が重要です。

(土地の工作物等の占有者及び所有者の責任)第717条 土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してそ...続きを読む

Q立体駐車場の鍵を取り忘れてしまう。。。

こんばんわ。カテゴリが違っていたらすみません。
住んでいるマンションの立体駐車場を借りているのですが、
出かける際に、立体駐車場を動かし鍵を抜かないまま出かけてしまいます。
(もちろん立体駐車場のシャッター?も開いたまま・・・)

みなさんは鍵を抜かないまま出かけた事はありませんか?
どうすれば忘れないようにできるでしょうか?

Aベストアンサー

こういう物があります。
「離れるとアラーム」
http://store.yahoo.co.jp/altaclasse/sg0161.html
如何でしょうか‥‥‥。<(_ _)>

Q機械式駐車場のオススメ位置

既出の内容かと思いますが、実際にお使いの方やメーカー
の方のご意見を賜りたく質問させて頂きます。

このたび、新築マンションを購入したのですが、
駐車場が機械式です。

★場所(何段目)によるメリット/デメリットはいかがでしょうか?
オススメの場所などありますでしょうか?
(特に地上1段目の駐車場の抽選にハズレた場合の第二希望を
 どうするか思案中です・・)

<前提条件>
・地上2段/地下2段の横行昇降式と地上2段地下1段の横行昇降式
 があり
・駐車場一番奥にターンテーブルあり
・地上1段目の一部は優先的割り当てる部屋があって、抽選対象の
 数は少ない
・週末しかドライブしない(駐車は得意な方ではない)
・将来、子供は欲しい

以上が前提条件です。
今まで平地の駐車場しか利用経験がなく、ご教授頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

機械式駐車場を使用しております。

俺も機械式を使用するまえに知人と話をしたとき言われたのは、「最上段がいい」ということでした。
理由は、「機械式は上段に車があると、上の車の油や鉄骨の成分が雨に混じって下段に流れてくるため、車体に変なオイル系の汚れがつき易い」というものでした。
幸い、うちは抽選で最上段になったため、どういう汚れが着くのは未経験です。

あとは使っていての印象ですが、地下は怖いですね。
車上荒らしなんかがいても気づきませんから。
動き出したら、地下駐車場内に隠れていればいいだけですからね。

ちなみに、最上段を使っていてのデメリットは、車に乗れるまで時間がかかることです。1分以上はかかります。
機械式駐車場って2段目にいてもただ降りてくるだけじゃないですからね。
1段目をどかすために、1段目の車たちが横に横に動いていくのは結構時間がかかります。
雨の日、寒い日の待ち時間がきついですね。

自分の経験上では、お勧めは最上段です。
車が見えるのは安心だし、地下の場合は大雨のときは心配だったりします。
排水溝が詰まってしまえば、浸水もありえますからね・・・・

あと、ターンテーブルが使えるところの方が案外楽だったりしますので
ご参考までに。
ターンテーブル正面の区画をゲットできれば、ターンテーブルで車を垂直にして入れられますからね。バック+アルファの操作で容易に入れられます。

機械式駐車場を使用しております。

俺も機械式を使用するまえに知人と話をしたとき言われたのは、「最上段がいい」ということでした。
理由は、「機械式は上段に車があると、上の車の油や鉄骨の成分が雨に混じって下段に流れてくるため、車体に変なオイル系の汚れがつき易い」というものでした。
幸い、うちは抽選で最上段になったため、どういう汚れが着くのは未経験です。

あとは使っていての印象ですが、地下は怖いですね。
車上荒らしなんかがいても気づきませんから。
動き出したら、地下駐車場内...続きを読む

Q分譲マンションの駐車場トラブル

初めて投稿させていただきます。私は、現在分譲マンションで駐車場契約を管理組合と結んでいます。先日突然、管理組合・理事長から規約駐車場使用細則11条2項「隣接する車両等に支障を及ぼさないこと」に違反していると口頭で注意を受け、改善するためには「駐車場枠内中央に止めること」と通達がありました。現在枠内隣接側に寄って駐車してあります(右ハンドル車ですが、事情があります)。また、隣接車両は右ハンドル車で枠内左より(当方の車両寄り)に駐車してあります。昨年隣接者の賃貸契約者変更有、変更されました。今回隣接当事者から何も相談なく、一方的に管理組合から通達ありました。どうやら、隣接使用者が管理組合に訴え、管理組合・理事総意で通達があったようです。細則には契約解除の条項もあり、上記管理組合判断を受け入れると契約解除に応ずる必要有る可能性もあります(契約は1年毎更新している)。今後当方駐車方法を変更する用意はありますが、あくまで理事長判断「駐車枠内中央」を認めてしまいますと、今後も隣接する方の言い分で解釈は無限大になると思います。駐車場枠内中央に目安はありません。理事長から話のあった日に内容証明できる文書を請求し承諾をいただきましたが、実際には文書をいただいておりません。理事長には細則違反ではなく、当事者同士での相談で解決を図るべき問題とも伝えてありますが、「もう話す内容はない」としか返事はいただけません。規約に「隣接する車両等に支障を及ぼさない」とかかれている以上、このまま納得して問題を起こすことなく、駐車方法を変更するしか手段はないと思っています。しかしながら、管理組合は規約にない以上、その具体的内容を伝える義務がないことは理解していますが、常識範囲内の行動なのでしょうか?、隣接車両が左寄りにとめている場合は、改めて理事会に提訴するしかないのでしょうか?来期10月からの理事会には隣接する車両の方が理事として出席する予定です(内定済)。今後何か逆に私から問題提起しても「枠内中央に駐車している」と判断され、理由も告げられず、何かの改善は期待できません。自分がその次の理事長になり、隣接車両にあることないことで「当方に支障があるので、駐車方法の変更を求めるしかないのでしょうか?」泥試合です。9月にある定期総会(あと2週間後)に意見陳述はしてもよいと口頭で理事長から承諾を得ていますが、管理組合から使用契約締結者に細則違反がある場合には、納得するか否かは別として、その具体的内容はお伝えいただいてもよろしいかと思います。管理会社は管轄外なので、理事長とよく話をしたほうがいいと、アドバイスをもらいましたが、理事長は「もう2人で話すことはない」としか、返答いただけません。理事長通達は、使用細則違反の内容であり、その内容を文面で提起されず、理由すら聞かせてもらえないことは、世の中の常識範囲内の管理組合の行動なのでしょうか?皆様のご意見をお聞かせください。長い文章で申し訳ありません。

初めて投稿させていただきます。私は、現在分譲マンションで駐車場契約を管理組合と結んでいます。先日突然、管理組合・理事長から規約駐車場使用細則11条2項「隣接する車両等に支障を及ぼさないこと」に違反していると口頭で注意を受け、改善するためには「駐車場枠内中央に止めること」と通達がありました。現在枠内隣接側に寄って駐車してあります(右ハンドル車ですが、事情があります)。また、隣接車両は右ハンドル車で枠内左より(当方の車両寄り)に駐車してあります。昨年隣接者の賃貸契約者変更有、変更さ...続きを読む

Aベストアンサー

その事情がなんなのか、どれほど重要なのかわからないけれど、2~30センチ中央に寄せればいいだけのことでは?
ベストは、相手の左側に空いているスペースと同じだけ空けておけば文句は言えないでしょう。
もしくは、駐車場で一番右の場所に変えてもらうかですね。

そこまで、絶対に譲れない事ではないでしょう。
理不尽と思えるクレームをつけてくる人間相手には、「自分は間違っていない」と意地を張っていても面倒臭いだけですよ。
そこを譲らないなら、衝突も泥仕合いもしょうがないかもしれませんね。
だって、相手にも、譲歩やまともに交渉する気がないんだもの。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング