建築構造を学んでいるものです。
地震動の時刻歴波形は加速度のものが一般だと思いますが、加速度波形から速度波形、変位波形の求め方がよく分かりません。
FFTして、IFFTのときに積分する方法などは分かるのですが、除去すべき長周期成分などはどの程度にすればよいのでしょうか?
また、実務レベルではどのように波形処理されているのか、もっと一般的な方法があるのでしょうか?
どなたか教えて下さい。おねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

地震動の加速度波形から速度波形、変位波形をリアルタイムに求める方法があります。


(*FFTを用いると、リアルタイムに速度波形、変位波形を得ることが出来ません。)
一般に加速度を単純に積分すると、発散します。このため、「低周波カット機能を内蔵した積分デジタルフィルタ」が使われます。
この積分フィルタは、ExpWave-IIR というソフトを使うと簡単に作成できます。
このソフトの取扱説明書に、実際の地震波形から発散しないで、速度波形、変位波形を求める例が記載されています。

なお、ExpWave-IIRの取扱説明書は、”ExpWave-IIR”で検索できます。
    • good
    • 0

0.5Hz~10Hzという周波数は、地震周波数と建造物の被害度との相関から得られたものです。

積分して速度,変位を求めることが目的なら無視できませんが、最終的に建造物の被害度を求めることが目的なら無視して構いません。
あと被害度との相関が計測震度より高いSI値というものがあります。これは0.4Hz~10Hzの範囲で計算していたと思います。(ちょっと自信なし)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメント有り難うございます。
質問の仕方が悪かったのかも知れません。
例えば、観測波形でも、模擬波形でも、いいのですが、その波形の特性を表す最大地動加速度○○galとか、最大地動速度○○Kineとかを求めるというのが第1目標です。そのときに、除去する成分の取り方というかが、しっくりこなかったので...
コメントありがとうございました。

お礼日時:2001/07/20 00:06

計測震度では0.5Hz~10Hzを抽出しています。

(気象庁のホームページより)

参考URL:http://www.kishou.go.jp/know/shindo/keisoku.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメント有り難うございます。
計測上はそうだとしても、FFTにより、0.5Hz以下、10Hz以上の成分がでてきたら、その長周期成分などは無視してOKということなんでしょうか?
その場合、IFFTした加速度波形も原波形とは異なるものになりますが、それでOKなのでしょうか?
その辺の判断がよく分からないのですが...どうなのでしょうか?
コメントありがとうございました。

お礼日時:2001/07/19 20:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q時間と力と変位と速度と加速度のごっちゃを解除したい

時間

変位
速度
加速度
これら五語を印刷版広辞苑第六版で読みました。
しかしよくわからない。
ヒントもらえるとたすかります。

Aベストアンサー

物理学の入門あたりで多くの生徒が悩みます。
確実な方法の一つは「単位」を整理することです。多分学校ではMKS単位系で教わっているのでしょう。メートル・キログラム・セコンドの三つでこれら物理量を整理するのです。
時間 S 
力 KM/S^2
変位 M
速度 M/S
加速度 M/S^2 などです。
速度が変位(移動距離)Mを時間Sで割ったものとは理解できるでしょう。加速度とは速度の時間変化だからM/S/Sと理解します。力とは質量を加速する能力と整理することが出来るのでKM/S^2、あるいは力がKM/S^2であることから加速度と質量の積である、などと意味づけができれば「ごっちゃを解除」できるでしょう。他の物理量も同様に整理するのです。落ち着いてお楽しみを!

Q加速度の微分および変位の積分は何ですか。

加速度の積分は速度。
速度の積分は変位。
では変位の積分は何ですか。

Aベストアンサー

>変位の積分

命名されていません。
そのような計算が必要になった場合は当然命名されるでしょうが、
これまで命名されたことがないということは
そのような計算の必要性が発生していないということです。

Qアナログ波形とデジタル波形の違い

アナログ波形とデジタル波形の違いを教えてください。詳しくお願いします。

Aベストアンサー

アナログ:時間的に連続、値が連続などの条件を満たす波形
デジタル:時間的、値が不連続(離散的)などの条件を満たす波形
みたいな感じです。よく見る例がPCM(パルス符号変調)です。
#1の方が書いているURLにありますよ。
ただ波形となるとステップ波形とsin波を思い浮かべるといいとおもいます。
デジタルでもっとも注意すべき点は量子化をしてしまうと元の波形に戻せないことです。標本化(サンプリング)の段階では標本化定理により、元の波形に
戻すことができます。(これは数学的に証明されています)
たぶん、ノイズの影響などについては知っていると思うので省略します。

Q【共働き】共働きが一般的になったのはいつからですか? 現在は既婚者の何割が共働き世帯なのか分かりま

【共働き】共働きが一般的になったのはいつからですか?

現在は既婚者の何割が共働き世帯なのか分かりますか?

教えてください。

Aベストアンサー

江戸時代とか共働きが庶民のフツーの生活のようですよ。
 江戸時代 共働き
でググってみてください。

Q速度の微分が加速度となる考え方

速度の微分が加速度となる考え方

Aベストアンサー

補足について、y=vxをxで微分したら、y'=vですよ。
つまり、移動距離を時間で微分したら、出るのは速度です。
v=axをxで微分したら、v'=aですから、aが加速度になります。(y'=vですから、移動距離を2階微分すると、y''=aとなります)
通常は、時間をtで表すので、y=vtをtで微分してy'=v、v=atをtで微分してv'=y''=aというような表記をします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報