『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

癌は 誰でも なりますか?

A 回答 (10件)

僕は医者じゃありませんが,聞いた話では



・細胞の癌化はすべての人の体内で常に起こっているらしい。
・ただし,それを無効化する働き・抵抗力をすべての人は持っているらしい。だから癌細胞はできては消え,できては消えを繰り返しているらしい。
・無効化できなくても悪性ではない癌細胞はあるらしい。例えばある種の高分化(だったかな)腺癌とか。

のようです。間違ってるかもしれません。で,この抵抗ができなくなって悪性なものが増殖するとまずいということのようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2019/03/06 15:42

可能性は、誰にでもあります。



毎日毎日約5000個の癌細胞が誰にでも体の中でできていますので。それを増殖させないことを行わない人が癌に罹るのです。

あなたは、がん予防を日々していますか? していないといつの日にか「あなたは癌ですよ」と、医者に言われることになると思いますよ。

癌は、方法を間違わなければ予防できる病気です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2019/03/09 19:12

今の日本人は2人に1人は何らかの癌になると言われている時代です。

人間は毎日約5.000個の癌細胞を身体の中で作っていますが同時にNK細胞(ナチュラルキラー細胞)も作っています、普段はこのNK細胞が勝利しますが有る時負けてしまう時が有ります、これが癌細胞となり〇〇癌となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2019/03/06 21:04

健常人では1日平均約3000個の細胞が癌化しているらしいです。


これを免疫が見逃せばいわゆる癌になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2019/03/06 18:56

現在、日本では2人に1人が「悪性腫瘍」または「がん」にかかるという統計が出ています。


だからと言ってそれがイコール死亡原因とはなりません。
治療が格段に進歩しており、病気の一つの種類と思ってもよいような時代になってきています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2019/03/06 15:42

老衰にもならず途中で他の病気にかかることも無ければ、


人は必ずがんで死ぬと言われています。

当たり前のことではあるのですが、
こうなると、
病気と言うよりは人体のタイマー「老衰現象」と言えるのかもしれません。
    • good
    • 0

もちろん誰でもなる可能性はあります

    • good
    • 0

癌(悪性腫瘍)にならない人が大多数です。

    • good
    • 0

癌と言っても種類によって罹患率(ガンになる確率)は違ってきます。


https://hoken.kakaku.com/insurance/gca/select/on …
それぞれの癌による違いは上記の通りですが、全体をまとめると男性も女性も2人に1人の確率です。
ですから、基本的に誰であっても癌になる確率はあると考えるのが自然です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2019/03/06 13:00

誰でもなるとは限りませんが、


誰でもなり得る可能性はあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2019/03/06 13:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報