教えて!goo限定 1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

違いは何でしょうか?ニュアンス的なもの?何かあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

"one of my friends"と言われたときに、聞き手がどういう感じで


それを理解するかということを考えてみましょう。
まず"one"が聞こえてきますが、これだけじゃ何のことか
わからないのでとりあえず心の片隅にとどめておいて、
その先の説明を待ちます。
次に"of"が来るので、その前の"one"は何かのグループの
中の一つの要素なのだな、ということを予想して、さらに
説明を待ちます。
で、"my friends"という、具体的なモノを指す言葉がやっと
出てきたので、そのイメージが心に中に浮かび、そこから
翻って"one of"の意味を考えて、その"my friends"の
イメージにあるたくさんの人の中の一人のことなのだな、
という形で納得するわけです。

"a friend of mine"だと、まず"a friend"という具体的な
名詞が来るので、最初に一人の人間のイメージが浮かびます。
その後、それに対する説明として"of mine"が来て、ああ、
目の前にいる「この人の」友達のことだな、という形で納得するわけです。

これら2つの解釈の上での大きな違いは、"one of my friends"
では、心に浮かぶ具体的なイメージとしてまず「複数の
人間からなるグループ」があって、その後、その中の一人を
選び取っているのに対して、"a friend of mine"だと、
はじめから、心に浮かぶイメージは一人の人間だけに
なっているというところです。
つまり、"one of my friends"は、聞き手の心に「友達大勢」の
イメージを喚起するのに対して、"a friend of mine"は
そのようなことがないということです。

これを踏まえて#2の補足にある、引越しの話を考えてみると、
ここで言いたいのは、単に誰か友達のうちの一人を手伝っていた
ということだけで、関係ない他の友達についてはなにも
言うべきことはないわけです。
ここで"one of my friends"という表現を使ってしまうと、
話に関係のない、その他大勢の友達のイメージまで聞き手の心に
喚起させてしまうので、「ん?それ(その他大勢の友達)に
何か意味があるのかな??」と聞き手に多少戸惑いを感じさせる
ことになってしまいます。
"a friend of mine"だと、イメージされるのはそのとき
話題になっている友達一人だけなので、そのようなまわりくどさは
感じられず、スムーズに頭の中に入ってきます。

どちらの表現も、実質的に表しているものはほとんど同じ
なわけですが、そこに到る道筋が違っている、すなわち、
"one of my friends"だと「友達大勢」を介してからそのうちの
一人に到達するのに対して、"a friend of mine"だと直接
一人の人間を指していることになり、それがニュアンスの違いに
なってくるわけです。
    • good
    • 11

人によってはニュアンスの違いを感じるから使い分ける人もいるけど、同じと思う人もいるんですね。



`i just saw you putting lots of stuff into a car outside. you've never told me about moving out!'
'oh, i was only helping a friend of mine'

このような場合、これだけの情報から、

(貴方が)外で車に荷物を積んでいるのをさっき見たけど、引っ越すって聞いてなかったよ!
ああ、それって友達を手伝ってただけだよ。

I was only helping a friend

I was only helping one of my friends
ってここではその違いのニュアンスが大事なわけではなく、自分が引っ越すつもりではないとの説明がポイントでしょうね。

色んな考えと思い込みと個人差の中で本来の意味合いとは前後の文章から理解する方がはるかに分かりやすいし、またネイティブだって誰でも同じニュアンスで会話していないんだから、あまり分析しても意味ないかもね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

皆様、丁寧な解説をどうもありがとうございました。そこらの参考書のそれよりも、よほど詳細で解りやすかったです。重箱のすみをつつくような質問かとも思ったのですが、2表現の間でもこんなに違いがあるのかと知って驚きました(違いは全くないのかと思っていたので)。本当にどうもありがとうございます。

お礼日時:2005/02/27 18:45

普段当然視していることでも、「その違いは?」と聞かれて答えに窮してしまい、改めて考えさせられました。



まず、Googleで検索しました。
"There is a friend of mine in" 72件
"There is one of my friends in" 0件
少し違いがある感じです。

それで、さらに調べてみました。
大雑把に言えば、"a friend of mine"≒"one of my friends"とはいえるようですが、"a friend of mine"の方が少し曖昧さが大きいのではないでしょうか。

"friend"よりも"sister"を使う方が分かりやすいかもしれません。
JohnにSusan、Mary、Janeという3人の姉妹がいたとした場合、次のどちらも成り立つと思います。
"Susan is a sister of mine."
"Susan is one of my sisters."
しかし、JohnにSusanという姉(または、妹)が1人だった場合には、両方は無理なのだと思います。
"Susan is a sister of mine."

つまり、mineは一人だけでも可能が、"my sisters"とか"my friends"が一人を含まないのは明らかです。
    • good
    • 1

中一くらいの時にこんな間違いをしたことはありませんか。

 
He is a my friend . ( 彼は私の友達だ )(誤)
He is my friend .(正)
代名詞の所有格があるときは冠詞(a/an/the)、指示形容詞(this/that)が付けられないという話でした。それでも「ひとりの」という意味が不可欠なら a の方は変えられないから my を mine にして He is a friend of mine .となるということでした。ですから
He is a friend of mine . = He is my friend . 1/1
They are five friends of mine . = 書けない!?5/5
全体集合というか母集団そのもののような感じです。
He is one of my friends . 1/多数
部分集合のような感じです。

古い昔の教育ですから混乱させたらごめんなさい。
    • good
    • 1

アメリカに36年住んでいる者です。

 私なりに書かせてくださいね。

a friend of mine と one of my friendsには違ったフィーリングを出すときに使い分けする時があります。

確かに両方とも複数いるうちの一人、と言う自然な事実はあるわけですが(友達が一人だけって殆どないですね)、one of xxxと言う言い方をして、その中の「一人」と言うフィーリングを出したいときに使いますね。

つまり、one ofと言う表現が出せてa friendでは出せないフィーリングは存在すると言う事にもなります。

a freindの方はaと言う漢詩を使うことで「一人」と言う事をさりげなく言っているわけです。

これらにjustと言う単語をつける違いがはっきり出てきます。

He is just a friend of mine. 別に深い関係じゃなく単なる友達だよ。

He is just one of my friends. (多くいる)友達の一人さ。

ボーイフレンドの事を気遣う父親がある男友達の事を聞いたとき、単なる友達よ、心配しないで、と言う言い方と、他にも同じような(心配する必要のない)友達がいるけどその一人よ、と言っているのとの違いです。 結局は「心配しないでいいよ」と同じ事を娘さんは言っているわけです。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

この回答への補足

(No.1,No.2の方、まとめて失礼します)。御回答ありがとうございます。つまり、a friend of mine は「友達」を、one of my friends では「(たくさんいるうちの)一人」を、それぞれ強調しているというように理解すればよいのでしょうか?以前、実際の会話で、こういうのがあったんです。

`i just saw you putting lots of stuff into a car outside. you've never told me about moving out!'
'oh, i was only helping a friend of mine'

この場合は、「(自分が引っ越すのではなく)、友達を手伝っていただけ」ということになるのでしょうか。自分は引っ越さないよ、というのを強調するためにあえて'a friend of mine'を使ったと解釈していいんですかね?仮に、 'i was only helping one of my friends'と返ってきたら「(引越しする友達は他にもいるけど)、友達の一人を手伝っていた」というふうになり、「一人」が強調されることで、微妙に前者のセリフと食い違う、ということになるのでしょうか。すみません、細かいことをいつまでもしつこく質問してしまって。

補足日時:2005/02/24 08:22
    • good
    • 1

a friend of mine -- 私の友達



one of my friends -- 私の友達の一人

------------------------

こんなニュアンスでしょうか。ほとんど同じ意味ですがね。参考になればと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

QI'm going to の後にgoは必要ありませんか?

I'm going to+動詞の原型で「~するつもり」ですよね?
NHK教材で勉強しているのですが、「今日~の所へ行くつもり」という英文がいくつかあるのですが、どちらもI'm going toの後に「go(to):~へ行く」という動詞がありません。「go(to)」はなくても良いのでしょうか?

例1)I'm going to Yuki's house for dinner~
例2)She and Hiroshi are going to an inn near Mt.Fuji~

このbe going to の後に「go to」は要りませんか?
他の本(参考書や辞書など)にはbe going to の後に「go to」がある場合もありますし、私自身も動詞の原型が来ると覚えていたので分からなくなってしまいました。
英語が苦手なので何故要らないのか分かりやすく教えていただけると幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

次の事例で説明してみます。

----------------------

アメリカに行きます。

(1)まず頭で考えます。★何の準備もありません。

I will go to America.

(2)パスポートと航空券を★手配しました。旅立ちの日を★待っています。

I am going to go to America.

I am going to fly to America.

I am going to leave Japan.

(3)部屋の片付けをして飛行場までタクシーに乗るためタクシー会社に電話を★今しています。

I am going to America.

-------------------

※tetepさんは、I am going to America. と I am going to go to America. を混同されているようですね。

I am going to do は、I am going to ~ と外見は似ていますが、文法上も、考え方も全く違います。★をよく考えると違いがわかると思います。

次の事例で説明してみます。

----------------------

アメリカに行きます。

(1)まず頭で考えます。★何の準備もありません。

I will go to America.

(2)パスポートと航空券を★手配しました。旅立ちの日を★待っています。

I am going to go to America.

I am going to fly to America.

I am going to leave Japan.

(3)部屋の片付けをして飛行場までタクシーに乗るためタクシー会社に電話を★今しています。

I am going to America.

-------------------

※tetepさんは、I am goin...続きを読む

Q違いを教えて!keep on ~ing と keep ~ing

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういうニュアンスに変化するのかが、どうもしっくり理解できません。

また、「on」を使っても特に意味自体に変化はなさそうな例文も↑のサイトからいくつも見られました。(例えば、「keep on listening/聞き続ける」や「keep on going/行き続ける」などたくさん。)

どういう時に「on」を使うのか、教えていただけないでしょうか。

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういう...続きを読む

Aベストアンサー

沢山ご回答がありますね。

keep (on) ~ing は on があってもなくても同じ意味で 単純に「し続ける」という意味です。
on は 副詞で「(ある動作を)続けて」という意味をもち これを入れるとより継続的に繰り返している感じになります。
まあそれゆえ日本語で捕らえると「しつこい」という意味を含むことになるかもしれませんね。

御参考になれば幸いです。

Q「たまに」「ときどき」「たいてい」

頻度を表す英語表現を整理したいと思います。

ざっと考えてみると
He rarely eats salad.
He often eats salad.
He sometimes eats salad.
He every time eats salad.

oftenとsometimesはどちらが頻度が高い、などあるのでしょうか?

上記の間を補完するものがあれば、教えてください。

Aベストアンサー

sometimesの頻度は、使う人や状況によってバラバラな印象です。
20%~50%というのが私の印象ですが、人によってはもっと範囲が広いかも知れません。
「ときどき」という訳よりも、
「~することもある」という訳の方が、実際の感覚に近いと思います。
頻度について聞かれて、ちょっと答えをあいまいにしたい時なんかも実は便利ですね
別70%、80%でもsometimesと答えても嘘ではないのだと思います。
「そういうときもある」ので。

oftenの場合はたとえば50~70%とか、多少頻度高めのあたりで固定と感じます。


%って、
100をalways 0をnever
とした感覚での表現ですが、
私の感覚なのでご参考程度までに ^^;



だいたいこんな感覚でいます

never 0
rarely, hardly 0-5%
once in a while / from time to time 0-15%前後
occasionally 0-20%
sometimes 20%-50%
often, frequently 50-70%
usually 80-99%
almost always 90%前後
always 100%


この中でよく使うのは、sometimes, often, usually, always, neverかなと思います


怒った時などは、気持ちの部分が入っちゃって、客観的な頻度は別として
強調的にneverやalwaysを使っちゃうことは、日本語でも同じだと思います。

「あなたはちっとも○○してくれない」とか
「いつも○○じゃない」とか

sometimesの頻度は、使う人や状況によってバラバラな印象です。
20%~50%というのが私の印象ですが、人によってはもっと範囲が広いかも知れません。
「ときどき」という訳よりも、
「~することもある」という訳の方が、実際の感覚に近いと思います。
頻度について聞かれて、ちょっと答えをあいまいにしたい時なんかも実は便利ですね
別70%、80%でもsometimesと答えても嘘ではないのだと思います。
「そういうときもある」ので。

oftenの場合はたとえば50~70%とか、多少頻度高めのあたりで固定と感じます。
...続きを読む

QThen と at that time の違いについて

 中学校英語にでてくる Then=そのとき、at that time=そのとき 
この2つの意味は同じようなのですが、違いは何かあるのでしょうか。
是非、教えてください。

Aベストアンサー

文法的にはthenは副詞、at that timeは副詞句です。その時という意味では同じ使われ方をします。しかし、thenが指し示す時間(期間)はat that timeより長く感じます(あの時とあの頃のような感じ)。at that timeはその時という意味以外に使われませんが、thenは副詞としてもっと幅ひろい意味で使われます。その時、その後、それから、さらに、従ってなど。意味と用法は辞書に出ていますよ。

Qquite a fewは何故「相当数の」?

quite a fewを辞書で引くと、「かなりの数の」「相当数の」という訳が出てきます。
しかしquiteとa fewという組み合わせでこのような解釈になる理由というか、イメージがよくわかりません。
何も知らずに訳したら「かなり少ない」となってしまいますよね?

曖昧な質問かも知れませんが、「quite a few」のイメージを何となくでも良いのでお教えください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このquiteと言う単語は「次に来る形容詞的フィーリングの最大限ともいえる数値をもたらす」と言うフィーリングがあります(を出せる単語です)。

a fewとはどういうことでしょうか。 数個と言う訳が付いていますね。 数個と言う数ははっきり言っていくつかは分かりませんね。 その分からないと言う部分を最大限に持っていっているわけです。 その最大限と言うのは「相当な数」と言うフィーリングになるわけです。

ですから、a few/bitと言ういかにも少ないと感じる量が最大限の数値になるわけです。

これは、すでに多いと言うフィーリングをもつ、many/a lotにしても同じことなのです。 これもいくら多いと言ってもはっきりした数値は分かりませんね。 これを最大限にもっていく、と言うことは、very manyと言うことにもなるわけです。

ではこれは数だけのことを言うかと言うとそうでもありません。 He is a guy.と言えば単に「男性だ」と言っているわけですね。 これを、He is quite a guy.と言う表現に変えて、男性は男性だけど男性としての最大限の価値を持つ男性、と言うことになり、なかなかの奴だよ、と言うフィーリングになるわけです。

また、not quite finishedと言うような表現としても使い、終わっていないといえる最大限の状況、つまり、日本語に直すと、まだ終了したとは言えない、もう少しで終わるところ、と言う言い方とマッチするわけです。

もう少し例を出しましょうね。 quite a while agoと言うと言う表現がありますね。 ただのa while agoと言うあいまいとも言えるフィーリングの最大限に伸ばした、「かなり」昔のことだけど、と言うフィーリングを出すことができるわけです。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このquiteと言う単語は「次に来る形容詞的フィーリングの最大限ともいえる数値をもたらす」と言うフィーリングがあります(を出せる単語です)。

a fewとはどういうことでしょうか。 数個と言う訳が付いていますね。 数個と言う数ははっきり言っていくつかは分かりませんね。 その分からないと言う部分を最大限に持っていっているわけです。 その最大限と言うのは「相当な数」と言うフィーリングになるわけです。

ですから、a few/b...続きを読む

Q「~で働いている」とは「on」「for」「in」どれを使えばいいでしょうか?

「私は旅行代理店で働いていました」という英文を作りたいと思っています。
そこで「~で働く」の「~で」は何を使えばいいのか「work」を調べたところ3つの例文がありました。

work on a ranch. 牧場で働く
He works for a newspaper. 彼は新聞社に勤めている
She works in the city. 彼女はその市で働いている

と書いてありました。
私が書きたいことを英語にするなら、

I was working on a travel agency.
I was working in the travel agency.
I was working for a travel agency.

どれになるのでしょうか?(英文自体が違っていたらご指摘お願いします)

またそれぞれどのように違うのでしょうか?

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的に

on グループとか何かの組織に属する時に使います。

in その人の仕事・職業を示す時に使います。

for 雇われている時に使います。

牧場の時は何故かonを使うようですが これは決まった言い方のようで 何故そうなのかわかりません。

「私は旅行代理店で働いていました」

I worked in a travel agency.

私ならこういいます。「ある旅行代理店」ということで限定していないので for より in を使います。
これがきちんとした会社名を書くのだったら

I worked for @@@@@(会社名).

とします。
ご提示の例文は過去進行形になっていますが 進行形は一瞬の動作を表すのが基本ですから 私だったら過去形にします。
ただ 文脈によって 一時的に働いていたということを強調したい場合には使えます。

ところで ここのところ大変でしたね。回答しようかと思ったのですが 見たときにはすでに多くの方のご回答が寄せられていましたので しゃしゃり出ることもないかなと思い回答しませんでした。不愉快な思いもなさったことと思います。気になさらないことです。
まああの件に関しましては ほっておかれたらよろしいかと思いますが・・勘違いオジサンは困ったものです。余談ですが。

基本的に

on グループとか何かの組織に属する時に使います。

in その人の仕事・職業を示す時に使います。

for 雇われている時に使います。

牧場の時は何故かonを使うようですが これは決まった言い方のようで 何故そうなのかわかりません。

「私は旅行代理店で働いていました」

I worked in a travel agency.

私ならこういいます。「ある旅行代理店」ということで限定していないので for より in を使います。
これがきちんとした会社名を書くのだったら

I worked for @@@@@(会社名...続きを読む

Qネイティブがよく言う ”I mean”, ”Yon know”の意味を教えて下さい。

ネイティブの方が話しをする時に頻繁に、
"I mean・・・"
"You know・・・"
という上記の言葉をよく話しているのを聞きますが、
日本語でいうと、どのような意味合いになるのでしょうか?
いくつか例文を交えて説明していただけると有難いです。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

I mean・・・
今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。

I like this book. この本好きなの
It's interesting for me. おもしろいんだよね
I mean, the story was good, and characters, too.
ってかさ、話はいいし、キャラクター達もいいんだよね

You know・・・
意味はないです。単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。

You know , I was so busy today, you know, I worked so hard, too much talked to my client.
あのね 今日すっごい忙しかったよ、あのね、一生懸命仕事してさ、お客さんといっぱい話したしさぁ。

一度覚えると使いやすい言葉ではありますが、多用すると聞き苦しい感じがします。
また両方ともカジュアルな会話で使いますので、使うときは周りの人が使っているかどうかよく確認してからのほうがいいかもしれません。

I mean・・・
今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。

I like this book. この本好きなの
It's interesting for me. おもしろいんだよね
I mean, the story was good, and characters, too.
ってかさ、話はいいし、キャラクター達もいいんだよね

You know・・・
意味はないです。単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。

You know , I was so busy today, you know, I worked so hard, t...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング