dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

Recently, Parween et al. [40] performed a randomized clinical trial
comparing the outcome of the modified tunnel technique with CTG with and without recombinant human platelet-derived growth factor (rhPDGF-BB) in 24 Miller class I and III mandibular multiple recessions.

最近、Parweenら[40]は、24人のMiller class IとIIIの下顎多重後退症において、CTGを用いたmodified tunnel techniqueの結果を、遺伝子組み換えヒト血小板由来成長因子(rhPDGF-BB)あり、なしと比較する無作為臨床試験を実施した。



この英文の文法的解釈を教えてください。(日本語訳も微妙ならお願いします)






全文: https://mdpi-res.com/d_attachment/applsci/applsc …




まず分解すると



Recently, Parween et al. [40] performed a randomized clinical trial


comparing the outcome of the modified tunnel technique with CTG

with

and

without

recombinant human platelet-derived growth factor (rhPDGF-BB)

in 24 Miller class I and III mandibular multiple recessions.



ここで

comparing



compare a and b

(AをBと)比較する


の文法になっていると考えて良いですか?







上記の英文解釈自体が間違っている場合も教えてください。

よろしくお願い致します。

A 回答 (2件)

最近、Parweenetalは、[ 40 ]は、24 MillerクラスIおよびIIIの下顎の複数の後退において、組換えヒト血小板由来成長因子(rhPDGF-BB)を使用した場合と使用しない場合のCTGを使用した修正トンネル技術の結果を比較するランダム化臨床試験を実施しました。

6か月後、後退深度の平均減少は、対照群(1.83±0.93 mm)よりも試験群(2.08±0.90 mm)の方が大きく、平均RCは試験群で82.6%±23.69%、56.3%でした。対照群では±28.55%。対照群と試験群では、それぞれ0.58mmと0.75mmの平均KTWゲインが観察されました。本研究では、Parweenの結果と同様の結果[ 40]は、後退深度の減少に関して観察されました(2.5mm対テストでは2.1mm、コントロールでは1.8mm)。ルートカバレッジに関する私たちの調査結果も、テストグループのParweenと同僚(82.6%±23.69%)によって観察されたものと同等(80.5%±23%)でした。この証拠は、血漿は治癒を改善するが、ここで説明する技術で同等の結果を得ることができることを示唆している。
    • good
    • 0

[40]は、パーウィン、S .; ジョージ、J.-P .; Prabhuji、M. rhPDGF-BBの有無にかかわらずMCAT技術とSCTGを使用した複数の下顎歯肉退縮欠損の治療:無作為化比較臨床試験。

Int。J.歯周治療の修復。凹み。 2020、40、e43 –e51。

Wikipedia のような引用番号です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!