駐車場の無断駐車に関して過去ログを検索すると駐車場での「無断駐車したら罰金50000円」の立て看板には法的拘束力はないというのが沢山ありました。

では、「ここの駐車料金は事前に月極め契約をした方は1ヶ月当たり50000円ですが、月極め契約以外で駐車する方は1時間当たり50000円です。此処に駐車する方はそのことを了解した方のみに限られます。」という立て看板があった場合に月極め以外で本当に駐車する必要がある人は立て看板の内容を了解して駐車すると思います。

質問は立て看板の内容を理解して月極め契約以外の駐車した人が、後になってその契約(立て看板)には法的拘束力がないと言う主張をしてそれが認められるかどうかですが、いかがでしょうか?

もし、その立て看板が法的拘束力がないとなる場合には、駐車する人のどのような意思表示があれば、その契約(月極め以外の駐車契約)は有効とみなされますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

まず、契約責任による駐車場利用料金債務の請求であるのか、不法行為責任(709条)に基づく損害賠償の請求であるのかという区別をしなければいけません。



No.1 さんは、無断駐車では、駐車契約は成立しておらず、駐車場の所有者はあくまでも不法行為責任(709条)を追求することになる。つまり、5万円を支払うという約束がそもそも成立しておらず、709条による現実的な損害の賠償しか認められないということを言われていると思います。

もう少し解説すると、契約は、双方の申込みと承諾という意思表示によって成立するものです。駐車場主は、看板によって契約の申込みの意思表示をしていると考えることができても、車を止めるだけで、駐車契約締結について承諾の意思表示があったとみなすことはできません。そもそも駐車した人が立て看板を必ず読んでいるという証拠もありません。つまり、駐車契約は成立しません。

ところで、No.3 さんは、公序良俗を持ち出していますが、これは、契約が成立した後で、その契約の内容があまりに不当な場合は無効になるというものであり、No.1 さんの説明とは、適用される状況が異なります。

さて、寿司屋との違いですが、寿司屋の場合、対面であることから、駐車場とは異なり、飲食サービスの提供契約が成立していると考えられます。したがって、一旦、その値段で支払うと契約した以上、その値段を支払いなさいといわれる可能性が高いでしょう。

この場合、あまりに価格が高い場合は、公序良俗違反で無効となる可能性があります。しかし、不法行為責任(709条)による賠償では、いかなる場合でも現実的な損害しか認められませんが、公序良俗に反し無効となるのは、著しく不当な値段(10倍とか)でなければならず、2~3倍程度であれば、通常の契約の範囲内で有効とされると思います。つまり、契約した以上、ある程度のぼったくりは許されるということです。

この回答への補足

なるほど、駐車契約が成立しているか、いないかが一つのポイントになる訳ですね。契約が成立しているときには周囲の時間極め駐車場の料金の平均の2~3倍まで請求できるというのが妥当な範囲であり、成立していないときは、周囲の時間極め駐車場の料金の平均額を請求できるということですね。(それとも、「709条による現実的な損害額」も「周囲の時間極め駐車場の料金の平均の2~3倍の額」を意味するのですか?  つまり、「現実的な」の意味する所が「周囲の時間極め駐車場の料金の平均的な」ではなく、「慣習としてそのようなとき(契約不成立のとき)に貰い受ける額」ということですか?)

また、寿司屋と駐車サービスの違いが「対人か否か」ということは、駐車場に係員がいて、50000円/時の利用料金の案内をして、ドライバーがそれを承諾したときは、「周囲の時間極め駐車場の料金の平均の2~3倍までの額」は支払わなくてはいけないという結論になる訳ですね。

補足日時:2005/04/11 01:31
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解り易い説明有難うございます。

お礼日時:2005/04/11 01:38

>駐車する人のどのような意思表示があれば



周りを囲んで入り口にロボパークなどゲートを作り時間貸しであることを伝える看板を入り口に設置する。
この部分を書き忘れ。

で、契約が成立したとしても1時間5万は公序良俗違反で無効ですので、正当な料金しかとれない。最初から5万じゃなくて、近所の時間貸し駐車場の2~3倍までにしておけば暴利とまでは言えず有効な契約といえる。
つまり誰でも駐車できる場所に駐車しただけでは承諾とは言えない。これは対人か否かという問題ではなく、どのような行為が承諾と解釈されるかということでコインパーキングや自動販売機でジュースを買う場合も承諾があったと解釈される行為が存在し契約が成立している。

契約が成立してないなら、不法行為による損害賠償請求。賠償額は、416条から正当な料金の2~3倍までなら請求してもいいだろうというお話。正当な料金は近所の時間貸し駐車場を参考にする。あくまで一般論としての請求額です。実際に2~3倍もらえるということではありません。
    • good
    • 0

1ヶ月5万で月極契約している駐車場を1時間5万の時間貸し契約をすることは公序良俗違反で無効ではないのか、ようするにぼったくりだろうという問題。


いくらなんでも無茶だと思う。
結局、近所の時間貸し駐車場の2~3倍までになる。

また、月極と時間貸しを兼用にすると月極の契約者が駐車できない場合があるが、どうするのか。

寿司屋の場合も例えば大トロ1カンを他の寿司屋が500円でなのに対し1万請求されたとしても近海マグロを直送しているなど合理的な理由があれば有効、なければぼったくり。

民法90条 公の秩序または善良の風俗に反する事項を目的とする法律行為は、無効とする。

この回答への補足

ANO.4に書いた見解ではどうですか?

補足日時:2005/04/11 01:41
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。

お礼日時:2005/04/11 01:44

一番良いのは、時間決め駐車場に移動してしまうことです。



ただし、無断駐車車両が、どこの時間貸し駐車場に移動されるか、移動にいたるまでの自主退去ができる時間と警告を充分に与えてその証拠を保全すること。
専門のレッカー屋さんを使うこと(車に傷がついたなどは、レッカー屋さんとその持ち主で、保険で解決してもらう)などですね。泥棒行為にならないように、充分、どこへ移動したか、警告はしたかなど、証拠を時刻の記録とともにとっておきましょう。現地に、移動した旨の掲示も必要。

罰金という概念は、民間地では、ありえませんが、損害賠償および、必要経費は請求できます。

ただし、相手が素直に払うかは別ですが。。。

この回答への補足

駐車場は月極め・時間決め兼用駐車場です。

ANO.1に書いた見解の妥当性はどうでしょうか?

補足日時:2005/04/10 18:50
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。

お礼日時:2005/04/11 01:44

 こんにちは。



 下記のサイトが参考になるかもしれませんね。

 要約しますと、

 「無断駐車は罰金○○円いただきます」といった看板の「罰金」は法律用語としての罰金とは言えません。罰金というのは、国が定める刑罰のひとつで、個人が勝手に作ることはできないからです。

 しかし、無断駐車をした人は、土地の所有者の所有権を侵害しているといえるので、土地の所有者としては、無断駐車をした人に対して、その車を撤去するように求めることができるとともに、損害賠償を請求することができると考えられます。

 問題となるのは、損害賠償の金額ですが、正規の駐車料金の2~3倍までというのが妥当な範囲ではないかと思われます。

 との事です。

 ということで、無断駐車した者の意思表示は必要ではなく、駐車場の所有者が損害賠償を求めれば良く、あとは、その金額が、通常の駐車料金と比べて均衡が取れているかの問題ということですね。

http://www.hou-nattoku.com/consult/106.php

参考URL:http://www.hou-nattoku.com/consult/106.php

この回答への補足

参考サイト拝見させていただきました。
「正規の駐車料金の2~3倍までというのが妥当な範囲」
というのが一つのポイントになりそうですね。
私の設問だと50000円/時が正規の駐車料金と表示していますので、例えば2時間の駐車で20-30万円の駐車料金となりそうですね。
ただ、「あとは、その金額が、通常の駐車料金と比べて均衡が取れているかの問題ということですね。」
がもうひとつのポイントになりそうですね。例えば、寿司屋で、他の寿司屋の料金と比べて均等が取れていない寿司の値段を知りながら注文して、寿司を食べた後に、その寿司は、他の寿司屋の料金と比べて均等が取れていないから無効だ、他の寿司屋の料金と比べて均等の取れた額しか支払わない と言う主張が認められるかどうかですね?
寿司屋ではそのような主張はNGで駐車サービスではOKとするとその実質的違いはなんでしょう?
あるいは寿司屋でも上記主張はOKですか?

補足日時:2005/04/10 18:43
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速有難うございました。

お礼日時:2005/04/10 18:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法律の条文の読み方

法律はまったくかじったことがない理系出身者です。
仕事で条文を読む機会があるのですが、そもそも条文で使用されている用語「及びと並びに」とか
「若しくはと又は」とか「推定するとと準用する」とか、基本的な言葉遣いがいまいちです。
何か、初学者に参考になる書籍やWebをご紹介ください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 私も理系出身ですが、会社で特許を担当していたので法律の条文には馴染みがあります。

1.「及びと並びに」
 日常用語としては、どちらも併合的接続詞として全く同義ですが、法令用語としては大きな差異があります。
 例えば、「A及びB並びにC及びD」という場合、「(A及びB)並びに(C及びD)」となります。
 即ち、(A及びB)と(C及びD)が並立します。
 また、「並びに」は「及び」がある場合にしか用いません。
 日常用語で「淑女並びに紳士諸君」という場合、法令用語では「淑女及び紳士諸君」となります。

2.「若しくはと又は」
 どちらも選択的接続詞で、「及び」、「並びに」によく似ており、「若しくは」が「及び」にあたり、「又は」が「並びに」に相当します。ただ、「AかB」あるいは「AかBかC」というような場合は、「A又はB」、「A、B又はC」というように「又は」が用いられますが、「AとB」あるいは「AとBとC」のような接続には「及び」が用いられ、「並びに」は用いません。
 上記の例でいうと、「A若しくはB又はC」は、「(A若しくはB)又はC」となります。
 即ち、「A若しくはB」又は「C」となります。
 
3.「推定するとと準用する」
  「推定する」は、文字どおり推定することで、「準用する」は類似の法令を適用することです。

 上記の言葉は、特許法では頻繁に出てきますので法解釈する上で必須の知識です。
 これらの言葉の他にも次のようなものがあります。
    
    ○ 「みなす」、「認める」、「推定する」
    ○ 「とき」、「時」、「際」、「場合」
    ○ 「しなければならない」、「することができる」
    ○ 「詐欺」、「詐偽」

  なお、これらについては、「特許法雑感」(改訂版) 三宅正雄著 冨山房出版に記載されております。
 私の所蔵しているのは、平成2年6月発行のものです。

 私も理系出身ですが、会社で特許を担当していたので法律の条文には馴染みがあります。

1.「及びと並びに」
 日常用語としては、どちらも併合的接続詞として全く同義ですが、法令用語としては大きな差異があります。
 例えば、「A及びB並びにC及びD」という場合、「(A及びB)並びに(C及びD)」となります。
 即ち、(A及びB)と(C及びD)が並立します。
 また、「並びに」は「及び」がある場合にしか用いません。
 日常用語で「淑女並びに紳士諸君」という場合、法令用語では「淑女及び紳士諸君」とな...続きを読む

Q月極め駐車場の代金支払い契約

月極め駐車場(15台収容規模)の利用代金支払い上で腑に落ちないことがありました。

もう、かれこれ20年近く利用している駐車場なのですが、このたび次のような事を地主側が申し入れてきました。(正確には地主は老人性アルツハイマーなので別居の娘夫婦からです)


本文 来月より、毎月の支払いは 銀行振り込みに切り替えてください。口座番号○○○・・・・


文面としてはあいさつ文や銀行振り込みになった経緯を書かれているだけです。



私が思うところ 契約書として成り立っていないと思うのですがどうでしょう?

振込手数料についても、ほかの利用者に聞けば先方負担の人あり、振込人負担ありマチマチ。
月々の期限も書かれていらず、支払い後3か月たっても1度も領収書なども発行されてきておりません。

このままいくとやがて、払った、受け取っていないなどという問題も発生しそうですし、第一、地主側は駐車場代として受け取った金額を所得隠ししているようにしか見えませんよね。
加えて言えばこの20年間、領収台帳にハンコをつくだけで領収書などは1度も発行されていません。
他の利用者さんも 受け取ったことはないとのことです。
(振込先名義は独居老人名義です)年金の減額など対象になるはずとも考えます。

他の駐車場が近隣に無いので移りたくても移れません。
このままでも問題はないでしょうか?

月極め駐車場(15台収容規模)の利用代金支払い上で腑に落ちないことがありました。

もう、かれこれ20年近く利用している駐車場なのですが、このたび次のような事を地主側が申し入れてきました。(正確には地主は老人性アルツハイマーなので別居の娘夫婦からです)


本文 来月より、毎月の支払いは 銀行振り込みに切り替えてください。口座番号○○○・・・・


文面としてはあいさつ文や銀行振り込みになった経緯を書かれているだけです。



私が思うところ 契約書として成り立っていないと思うのですがど...続きを読む

Aベストアンサー

>私が思うところ 契約書として成り立っていないと思うのですがどうでしょう?

元の賃貸借契約が存在していて、その内容を根本的に否定していないのですから、
契約としての問題はないです。
支払方法の変更だけの話です。

もともとの契約があって、
キチンと支払いがなされていて、
その証明が出来て(台帳に領収印でOKです)、ということなら、
今後の支払いを(さらにやり取りが明確な)銀行振込に変更することに問題があるとは思えません。

領収書・領収証は「依頼されたら」発行義務があります。
依頼されていない場合には任意です。
銀行振込なら領収書も不要になります(通帳に記載されれば税務処理は出来るので)。

振込手数料についてもどちらの負担でも構いません。
「平等に負担する」ことを規定した法律があるわけではないので、
契約時の約束とか力関係で決めて良いものです。

所得隠しだとか年金の減額だとかは、駐車場契約問題には関係がない話なので回答省略します。
貸主がきちんと申告しているかどうかも判明していない段階でのコメントは差し控えます。
(疑義は証拠を持参して税務署や日本年金機構の年金事務所へどうぞ)

>私が思うところ 契約書として成り立っていないと思うのですがどうでしょう?

元の賃貸借契約が存在していて、その内容を根本的に否定していないのですから、
契約としての問題はないです。
支払方法の変更だけの話です。

もともとの契約があって、
キチンと支払いがなされていて、
その証明が出来て(台帳に領収印でOKです)、ということなら、
今後の支払いを(さらにやり取りが明確な)銀行振込に変更することに問題があるとは思えません。

領収書・領収証は「依頼されたら」発行義務があります。
依頼さ...続きを読む

Q法律の読み方についてご教示願います。

法律の読み方についてご教示願います。

いつもお世話になります。

期間を定めて規定されている条文がある場合、民法などでしたら【一箇月】と書かれているので読み方は分かるのですが、例えば、三月以内に…とか、六月以内に…と書かれている場合、さんがつ・ろくがつと読めばよいのでしょうか?

また、法律の正しい読みを解説されているサイトがございましたら併せて教えて頂けましたら幸いです。
(実際読んでいて、どのように読めばよいか判断しかねる言葉が多く、当方も色々なキーワードで検索をかけてみたのですが、やり方がまずかったのか見つかりませんでした。)

以上、お手数をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

三月 さんげつ
六月 ろくげつ
と読みます。
ただし、実際には読みにくいので、私の周りの人は
「みつき」とか「さんかげつ」と変えて読むことが多いです。
市販の条文朗読のテープでも「みつき」と吹き込まれていました。

あと、気になるのは
物 ぶつ
競売 きょうばい ※業界用語では「けいばい」と言う
譲渡 じょうと
譲渡人 ゆずりわたしにん
くらいかな

私の場合、資格を取る学校で習い、特に本やサイトは参考にしませんでした。

Q他人の家の敷地に不法駐車した車に対する法的拘束力について教えてください

他人の家の敷地に不法駐車した車に対する法的拘束力について教えてください。
他人の敷地にちょと車を置いて出かけて帰って来たらバリカのチェーン鎖で
車が出せなくなるのは法的には問題はないのでしょうか?

つまり車を勝手に他人の敷地に置く事が悪い。でよろしいでしょうか?

それでもしも家主が一週間くらい外出して帰ってこなくても
置いた方が悪いのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

チェーンで敷地の出入りができないようにする、ということですよね。
中に車が入っていようがいまいが、自分の敷地を封鎖するというのは、当然の権利のある行為だと思います。
近所に区営の野球グラウンドがあり、それに併設された駐車場がありますが、グラウンドの使用時間外はチェーンで封鎖されてますよ。24時間開放ではありません。
商業施設の駐車場でも24時間営業でないところでは時間外は封鎖していると思います。

チェーンで封鎖されている敷地から、無理やり車を出そうとすると、第一に、不法に他人の土地に侵入したことになり、第二に、チェーンにたいする器物損壊ということになるでしょう。

まずは、張り紙などの穏便な手段からいったほうがいいと思います。

Q継子、継母の法律実務上の読み方は?

継子、継母は、
法律実務上も、ままこ、ままははという読み方でよいのでしょうか。
しょうもない質問ですみませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

shoyosiさんの回答の通り、法律上は「けいし」「けいぼ」と読みます。

Q契約駐車場への無断駐車に関しての質問です。

私の家では社員数名の小さな会社を経営しています。
会社は家の敷地内にあるのですが、社員さん達の駐車場はお隣のアパートから数台分借りています。

3年程前から、月に1回程度なのですが、社員さん達が帰った後、夜8時くらいになると見知らぬ白い車が無断で駐車するようになりました。
車の中には30~40代の女性がいて、夏の蒸し暑い日も、冬の凍えるような日も、エンジンを止めてずーーーっと車内にいます。
どうやらアパートの部屋を観察しているようなのです。旦那さんの浮気調査でしょうか…。
私たちの家族が不審そうに見ているのに気がつくと、アパート内の別の駐車場に移動することもあります。
昨晩も家の駐車場に停まっていて、そして朝になって社員さん達が出勤する時までいたようです。

今まで一度も声をかけたり注意をしたことはありません。
ストーカー(?)をするような危ない人ですから、怖くて注意できません。

無断駐車をされていることにも多少怒りを覚えないこともないですが、
それよりも今後事件などに発展しないか心配です。

この場合、警察に通報するのが一番無難でしょうか…?
皆さんの意見を聞かせてください。

私の家では社員数名の小さな会社を経営しています。
会社は家の敷地内にあるのですが、社員さん達の駐車場はお隣のアパートから数台分借りています。

3年程前から、月に1回程度なのですが、社員さん達が帰った後、夜8時くらいになると見知らぬ白い車が無断で駐車するようになりました。
車の中には30~40代の女性がいて、夏の蒸し暑い日も、冬の凍えるような日も、エンジンを止めてずーーーっと車内にいます。
どうやらアパートの部屋を観察しているようなのです。旦那さんの浮気調査でしょうか…。
私たち...続きを読む

Aベストアンサー

> この場合、警察に通報するのが一番無難でしょうか…?

その前の段階で警察に通報ではなく相談為されてみては如何でしょうか?
ただ、警察も地域によっても違うようで、相談に真摯にのってくれる所もありますし「民事介入せず」を間接的にでも
出して来てまともに取り合ってくれないところもある様です。
後者の場合過去に大きな事件に発展してしまったと言う事例もありますし。
とりあえずはまず相談為されてみて下さい。
契約して借りている駐車場と思いますので、契約者以外の無断使用として相談すれば、「民事不介入」などとは言っていられないでしょう。
直接行かないのは相手がどの様な反応をしてくるのか判らないので身の危険も考えて怖い等と言えば良いでしょうし。
その際に情報は濃い方が良いですので、車種やカラー、登録ナンバー(ナンバープレート)、どの様な人物が乗っているか
等々判る範囲で記録して置いて資料とした方が良いです。

Q法律文の読み方、解釈の仕方について

法律文の読み方、解釈の仕方についてご教授ください。以下の法律文(都市計画法施行令第25条六)です。
「開発区域の面積が〇・三ヘクタール以上五ヘクタール未満の開発行為にあつては、開発区域に、面積の合計が開発区域の面積の三パーセント以上の公園、緑地又は広場が設けられていること。ただし、開発区域の周辺に相当規模の公園、緑地又は広場が存する場合、予定建築物等の用途が住宅以外のものであり、かつ、その敷地が一である場合等開発区域の周辺の状況並びに予定建築物等の用途及び敷地の配置を勘案して特に必要がないと認められる場合は、この限りでない。 」

ここで「ただし、」以降での文で『開発区域の周辺に相当規模の公園、緑地又は広場が存する場合』と『予定建築物等の用途が住宅以外のものであり、かつ、その敷地が一である場合等開発区域の周辺の状況並びに予定建築物等の用途及び敷地の配置を勘案して特に必要がないと認められる場合』の文は、「または」で前後の文をつなげて解釈するのか、それとも「かつ」でつなげて解釈するのか、どちらでしょうか?法律を読む場合の心得としてご教授いただければありがたいです。なお、当方法律の勉強などしたことのない者です。宜しくお願いします。

法律文の読み方、解釈の仕方についてご教授ください。以下の法律文(都市計画法施行令第25条六)です。
「開発区域の面積が〇・三ヘクタール以上五ヘクタール未満の開発行為にあつては、開発区域に、面積の合計が開発区域の面積の三パーセント以上の公園、緑地又は広場が設けられていること。ただし、開発区域の周辺に相当規模の公園、緑地又は広場が存する場合、予定建築物等の用途が住宅以外のものであり、かつ、その敷地が一である場合等開発区域の周辺の状況並びに予定建築物等の用途及び敷地の配置を勘案し...続きを読む

Aベストアンサー

AまたはBまたはCというときにはA、B又はCとします。並列に並べるときには最後の項目にだけは「、」ではなく「又は」とします。AとBの2つしかなければA又はBです。同様にA及びB及びCのときにはA、B及びCとなります。「かつ」は決まりがありません。

それを踏まえたうえで、条文を見ると「、」だけで接続詞がありません。
法の趣旨としては、開発区域を利用する人のための公園を設けなさい、公共のための公園ではありませんよということですから、「又は」と考えるのが妥当です。
---
ただし、【開発区域の周辺に相当規模の公園、緑地又は広場が存する場合】「又は」【予定建築物等の用途が住宅以外のものであり、かつ、その敷地が一である場合等開発区域の周辺の状況並びに予定建築物等の用途及び敷地の配置を勘案して特に必要がないと認められる場合】は、この限りでない。
---

ついでですが、「並びに」があります。
---
【その敷地が一である場合等開発区域の周辺の状況】並びに【予定建築物等の用途及び敷地の配置】を勘案して
---

「及び」はいちばん小さなグループに使用します。「並びに」はその上のグループです。「又は」の下に「若しくは」があるのと同様です。A、B若しくはC又はD、わかります?

AまたはBまたはCというときにはA、B又はCとします。並列に並べるときには最後の項目にだけは「、」ではなく「又は」とします。AとBの2つしかなければA又はBです。同様にA及びB及びCのときにはA、B及びCとなります。「かつ」は決まりがありません。

それを踏まえたうえで、条文を見ると「、」だけで接続詞がありません。
法の趣旨としては、開発区域を利用する人のための公園を設けなさい、公共のための公園ではありませんよということですから、「又は」と考えるのが妥当です。
---
ただし、【開発区域の周辺に相...続きを読む

Q自分が契約している賃貸駐車場に他人が無断駐車した場合

表題の件について
1.現場が公道でない以上、警察は何も出来ないというのは本当でしょうか。
2.出先から戻ってみると見知らぬ車が!自分の車が停められない!の場合、金銭面も含めて自分に一切責任がかからない様に相手の車を直ちに排除するにはどんな方法がありますか?

経験者の方、実務に携わっておられる方にお願いします。
対応はオウンリスクで行いますので、是非!お願いします!

Aベストアンサー

1についてですが、その通りかと思います。
私有地では警察の力は及びませんので、当然レッカー移動などもしてもらえません。
ただ、ナンバーから所有者を割り出して連絡はしてもらえます。
(レッカーや駐禁はダメって言われました)

2についてですが、残念ながら私は有効な方法はなかったので、次からは止められない様にするぐらいですね。
私の住む集合住宅では、警告の放送後にタイヤロックを施しますが、個人ではちょっと難しいかと思いますが、どうでしょうか。

Q法律用語の読み方など

(1)読み方について
民事訴訟法の本を読んでおりますと、
「前訴・後訴」と言う言葉が出てきますが、
「後訴」は何と読むのでしょうか?
ごそ?こうそ?
あまりに基本的すぎて誰にも聞けないのです。

友人は「追奪担保責任(ついだつたんぽせきにん)」を
最近まで「おいだつたんぽせきにん」と読んでいました。
「荷物証券(かぶつ・しょうけん)」を「にもつ・しょうけん」と
誤読している友人もいたりして、
彼らに聞いても。。。ちょっとって感じです。

(2)裁判制度について
裁判所はどのようなときに「破棄差戻」「破棄自判」をするのでしょうか?
「差戻」と「自判」の基準はあるのでしょうか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)については、No.1の方が回答なさっている通りです。

(2)についてですが、条文で基準が定められています。
たとえば、民事訴訟の上告審については、民事訴訟法に定めがあります。
上告審では原則として破棄差戻(325条)ですが、

1 確定した事実について憲法その他の法令の適用を誤ったことを理由として判決を破棄する場合に置いて、事件がその事実に基づき裁判をするのに熟するとき。
→要は、これ以上事実の主張が必要ないとき、ですね。上告審は法律審と言って、事実の主張・証拠の取り調べができないから、もし事実主張が必要であれば、差し戻すしかないのです。

2 事件が裁判所の権限に属しないことを理由として判決を破棄するとき。

は、破棄自判します(326条1号、2号)。

これは、刑事訴訟法においてもほぼ同様です(刑訴法397条~401条、410条~413条をご覧ください)。

Q【助けてください!】専属実演家契約書の法的拘束力について

助けてください!
友人Aがとある芸能事務所Bと専属実演家契約書(名前は偽名・住所は本物)というものを締結しました。
そこでは業務の詳細の説明はなく(映像作品の出演とイベント出演の話はあり、概要には同意したようなのですが)、本人はもっと軽い認識で印をおしてしまいました。

その後いくつかのイベントをノーギャラで(本人はこれもきいていないといっています。もちろん証拠はないですが…)行い、ある時期を過ぎたときに、とてもきわどい内容の(着衣ですが)映像作品に出演しないかと言われました。
そこで本人はことの重大さに気づいたらしく、撮影業務の破棄をBに依頼しました。
すると当該会社Bは今までに発生したプロモーション費と、一週間後に控えているスタッフのキャンセル費を要求してきました(費用はまだきいていません)。

この場合、こうした賠償金や違約金は支払わなくてはならないのでしょうか?
多分、概算で100万くらいになる可能性があります。
どうにか助けてあげたいのですが、その業界や法律に疎いのでいい助言もできません。どうかお知恵をお借りしたいと思います。
よろしくお願いします。

契約違反条文の主な内容は下記のとおりです
1甲または乙が、本契約およびこれに伴う覚書・契約書等に違反した場合、相互に相手方に対して15日間の期間を定め、契約の履行を催告し、当該期間内に履行されないときは契約解除の有無にかかわらず、違反者は相手がたが被った損害を賠償しなくはならない。またこの場合の損害金額とは業務にかかわる経費全額をさすものである。
2違反者の相手方は違反者に対し、本契約を解除するとともに、本契約に関する一切の業務が免除される
3甲が乙の社会的信用を失墜せしめる行為をしたこと、またはその危険があると乙が判断したとき、全各項の規定を適用しることができるものとする。

合意解除の項目は下記のとおりです
1甲または乙が全条の場合によらなくとも、相互に相手方に対し、30日前に通知することによって本契約を解除することができる
2前項の場合であっても甲による通知が乙に送達された時点で、乙が甲の芸能活動に関する契約をを第三者と締結していた場合には、甲はその時点で締結されていた芸能活動をした後でなければ本契約を解除することができない。

以上です。
急いでいるので、すべての項目を書くことはできないのですが、何かほかに必要な条項がありましたら、全部移します・・・

何卒よろしく申し上げます。

助けてください!
友人Aがとある芸能事務所Bと専属実演家契約書(名前は偽名・住所は本物)というものを締結しました。
そこでは業務の詳細の説明はなく(映像作品の出演とイベント出演の話はあり、概要には同意したようなのですが)、本人はもっと軽い認識で印をおしてしまいました。

その後いくつかのイベントをノーギャラで(本人はこれもきいていないといっています。もちろん証拠はないですが…)行い、ある時期を過ぎたときに、とてもきわどい内容の(着衣ですが)映像作品に出演しないかと言われまし...続きを読む

Aベストアンサー

支払わなくてよい可能性・および支払うにしても金額の減額される可能性があります。

すなわち、「合意解除」条項の「2」によれば、甲(ご友人Aさんのことなのでしょう)のあずかり知らぬところで乙(芸能事務所Bのことなのでしょう)が第三者と契約を締結した場合であっても、通知前に締結されていた契約に係る芸能活動については、「常に」甲はおこなければならないことになり、妥当性を欠くと思われるからです。したがって、この条項は制限的に解釈すべきと思われます。

また、当事者の双方に何らかの落ち度がある場合に、一方の損害額を他方が全額負担するのは、妥当性を欠きます。したがって、「契約違反」条項の全文が常に適用されるとも限りません。

相手の請求が不当だとお考えであれば、とりあえずは支払いに応じない態度を明らかにするのが肝要といえます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報