最新閲覧日:

 友人が今日、努めていた銀行に辞表を出し、不動産鑑定士を目指すことになりました。この資格の将来性と不景気時(現状)においての問題をご教授下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

他の皆さんの回答に同意見です。



不動産鑑定士は、試験が難しい割には、それに見合うだけの見返りがないというのが現実です。

この業界は、弁護士などの業界と違い、非常に限られたパイの奪い合いです。
将来性は乏しいです。

景気の良かったときでさえ、私の知人は、不動産鑑定士と税理士の資格を持っていながら、パートでしか雇ってもらえない、とこぼしていました。
また、不動産鑑定士の資格を持って大手の鑑定事務所に勤めていても、資格なしでできるような補助者的な仕事に甘んじている人も多いです。
ましてや、特別なコネもないような人が、新しく独立してやっていくのは、非常に
厳しい。

こんな否定的なことばかり言うのは気が進みませんが、これが現実です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。こういう回答を待っていました。本人によく言って聞かせます。
 でもやりたい仕事があるのはうらやましいです。

お礼日時:2001/09/25 11:03

 結論から言えば食えません。



 今、不動産鑑定士の仕事といえば、裁判所からのお仕事が主だと聞きますが、これも、当然、昔からのつながりが重視されるため、新参者がいきなり仕事をもらいに行っても当然もらえません。仕事自体も減っています。

 次に補足ですが、不動産関係の仕事をしている者が身近にいますが、不動産鑑定士から、買った土地について値段を知りたいから、教えて欲しいという手紙がよくきます。苦労して集めた情報を、たかが手紙1枚で教えてくれなんていう虫のいい話は当然無視します。鉛筆なめなめ、不動産鑑定士という時代はもう過ぎ去りました。

 お友達はすでに辞表を提出されてしまっていて、撤回は不能のようですから、他の資格を目指すなり、他の資格とのダブル合格を目指すなりされたほうが、良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何とか辞表は保留されていたので、再度勤務しています。
もっと研究するように話してみます。

お礼日時:2001/09/25 11:07

不動産の商売をしていても、不動産鑑定士に仕事を依頼することはめったにありません。

バブルの時代は高い土地の値段をもっともらしくするために、鑑定書をむりやりその値段で書いてもらう、てなこともありましたが。
大企業や役所が客観的な判断材料のために、鑑定書を使うくらいだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/09/25 11:08

好景気のときですら.不動産鑑定士だけでは.食って行けず.不動産関連の資格を3つくらいとって(司法書士は持っている).やっと.食べられるようになったのは.子供の同級生の父親です。



自営業なんて.資格がないと開業できませんが.相続するのでもない限り.営業は無理でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本人も関連資格はすべて取るつもりのようです。現実は厳しいものですよね。

お礼日時:2001/09/25 11:01

どんな資格をもっていても営業力がなければ食べていけません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ごもっともです。

お礼日時:2001/09/25 10:59

 不動産鑑定士や税理士などは、最終的に、「依頼者を継続的に取れるか」にかかっています。


 住宅・建設会社、設計会社、金融機関などと密接に関係があるか。
上記のような会社内で資格を生かすのがいいでしょう。
 独立しても食べて行けません。残念。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それは解っているようでした。何とか辞表は支店長が保留していたので退職は免れました。もっと研究するように説得します。

お礼日時:2001/09/25 10:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


おすすめ情報