仕事でMacのデザインをしています。
プリント屋さんに色の指定をするときDICもしくはPANTONEのカラーチップを使用しています。新しいPANTONEのカラーチップを購入しようと昨年くらいから探していますが、日本国内でPANTONEの代理店が取り引きを停止した、とのこと購入が難しいようです。PANTONEのカラーチップの購入法についてご存知の方教えてください。海外にて直接購入するよりも国内で入手できればうれしいのですが…。ちなみに『Color Specifier 1000/Coated』のページが残り少なくなっています。

A 回答 (1件)

↓ここは、どうですか? PANTONEで検索したら出てきました。



参考URL:http://www.gande.co.jp/datasheet01.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/09/20 22:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDICカラーチップとイラレスウォッチの表記の違い

色をDIC指定されたのですが、貰ったカラーチップの番号は「F24」で色の名前もついていましたが、イラストレーターのスウォッチからDICを出すと「2275p」などと表記されています。
貰ったカラーチップが古いからなのか、また別のシリーズだからなのか、また、イラストレーター上で「F24」という色指定はできますか?ちなみにイラストレーターは8.0です。ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Fが前についているやつは、DICのフランスの伝統色シリーズです。
他にも日本の伝統色、中国の伝統色などあります。

イラストレーターでそのチップが出るのかは分かりません。
すみません。
印刷であればチップ現物をつけて入稿すれば問題はないと思いますが。

QDIC プロセスカラーノートとカラーチャート

DIC プロセスカラーノートを購入しようと考えています。
用途は、チラシ制作など紙媒体印刷物の色確認用です。
近所には現物のある店がないのでオンラインで買い物するつもりです。
そこでお聞きしたいのが、

1.プロセスカラーノートとカラーチャートとの違いはなんですか?
2.CMYKの値は書かれているのでしょうか?

Aベストアンサー

カラーノートというのは初耳ですが、カーラーチャートと同意とすれば、"DIC"とタイトルに謳ってあるのであればDICというメーカーのプロセスカラーインクを使って作成されたカラーチャートだと言うことです。
"カラーチャート"だけなら、インクメーカーは他にもあるのでDIC以外の可能性がある、ということです。通常カラーチャートの冒頭や奥付にそのカラーチャートがどんな環境や条件(インクも含めて)で製作されたか明示してあります。
印刷屋が使っている印刷インクメーカーと同じインクを使ったカラーチャートでなければならない、という決まりはないので大まかでよければDICでも東洋インクでもどのカラーチャートを使っても問題はないでしょう。インク銘柄以上に用紙の白色度や印刷機オペレータのスキル、インクプロファイル(インクの盛り)の影響が大きいですから、カラーチャートで見た色と刷り上がりが同じ色になる保証はないです。

カラーチャートであれば、CMYKの網点濃度から色を検索しますから、濃度表記は必ずあります。
不安なら商品の販売サイトに質問した方が確実だと思いますけど。

カラーノートというのは初耳ですが、カーラーチャートと同意とすれば、"DIC"とタイトルに謳ってあるのであればDICというメーカーのプロセスカラーインクを使って作成されたカラーチャートだと言うことです。
"カラーチャート"だけなら、インクメーカーは他にもあるのでDIC以外の可能性がある、ということです。通常カラーチャートの冒頭や奥付にそのカラーチャートがどんな環境や条件(インクも含めて)で製作されたか明示してあります。
印刷屋が使っている印刷インクメーカーと同じインクを使ったカラーチャー...続きを読む

QDIC? PANTONE? 色見本帳はまずどれを買う?

現在、多数の会社が名刺などに使うロゴマークの制作をしています。
元々Web制作を行っていたもので、印刷に関しては、色々本は読んで勉強しているものの素人です。

特色、CMYK、モノクロでそれぞれ色指定を行いたいのですが、
・特色はDICとPANTONEで、Webで調べる限りDICの方がポピュラーと見受けられるのですが、
 PANTONEのみで指定するのは不親切ですか?
 (Adobe IllustratorではPANTONEのパレットしかないですよね?)
・色見本帳は色々な種類あるようですが、
 まずはどれを買うのが良いと思われますか?
 (全部を買う予算はありません・・・)
・特色と似た色味を出せるCMYK値はどうやって調べれば良いのでしょうか?

会社によっては紙の色も真っ白とは限らないのですが、こういう場合の指定はどうしたら良いでしょうか?

一社のみが使うロゴであれば、色校正を取る、カラーチップをつける、その会社が使う印刷会社に相談するなどすれば良いのでしょうが、印刷会社も不特定多数なので相談できる方がいません。
初歩的なことと思いますが、何卒よろしくお願いいたします。

現在、多数の会社が名刺などに使うロゴマークの制作をしています。
元々Web制作を行っていたもので、印刷に関しては、色々本は読んで勉強しているものの素人です。

特色、CMYK、モノクロでそれぞれ色指定を行いたいのですが、
・特色はDICとPANTONEで、Webで調べる限りDICの方がポピュラーと見受けられるのですが、
 PANTONEのみで指定するのは不親切ですか?
 (Adobe IllustratorではPANTONEのパレットしかないですよね?)
・色見本帳は色々な種類あるようですが、
 まずはどれを買うのが良いと思...続きを読む

Aベストアンサー

工業デザインで機器類のシルク印刷を主としているので偏りがあるとは思いますが。
>PANTONEのみで指定するのは不親切ですか?
やっぱりDICのほうがトラブルがないですね。
Adobe IllustratorはスウォッチでDIC Colorを指定できます。

>色見本帳は色々な種類あるようですが
DICの光沢紙色色見本帳の~1000番までのものですね。

>特色と似た色味を出せるCMYK値はどうやって調べれば良いのでしょうか?
正確な色は、DICに電話するとすぐ教えてくれます。
概算値はIllustratorでまずスウォッチを選択し描画色のところに選択した色が現れたら、ダブルクリックするとカラーピッカーが現れ、選択したスウォッチのCMYK,RBG,HSBが表示されます。

>会社によっては紙の色も真っ白とは限らないのですが、こういう場合の指定はどうしたら良いでしょうか?
これはどうしようもないですね。カラーチップで調色してもらう以外ないと思います。

QDICカラーガイドで紫紺色は何番に相当しますか?

DICカラーで紫紺色に相当する色は何番か教えて下さい。
18版1.2.3と日本の伝統色を持っているのですがこの中にありますか?
探していますがどうにも判りません。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「紫紺色」と言う絶対色はありませんから特定するのは難しいと思います。

紫紺色に限らず、色名と言うものはすべてが単なる俗称ですから
それを聞く人によって連想する色味が違ってきます。

それを解消するためにDICなどのカラーチャートで
番号による情報の統一化は出来たのですが、
それでも「番号」をやり取りするだけのもので
色名での管理や統一は不可能だろうと思います。

同時に、色名を特定の番号に置き換えるのも不可能だろうと思います。

書籍などで日本固有の色名をまとめたものも出ていますが
それであっても、その色味が絶対的なものとは言えません。

そんな事からなかなか回答がつかないのだろうと思います。

QDICとパントーンカラーについて

客先からのカラー指定で、パントーンカラーではなくDICでと言われたのですが、
当方パントーンとDICという言葉さえ、聞いたことがなく困ってしまいました。
早速、ネットで調べてみたのですが、いま一つ理解できません。
色見本ということですが、インクの名称ではないのでしょうか。

通常、カラー指定をする場合、パントーンやDICが一般的なのでしょうか。
RGB値などとは違うのでしょうか。

また、客先がチップを送付することは可能とあるのですが、このチップとは何でしょうか。

まったく初歩的な質問、または的外れな質問かもしれないですが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

大日本インキ化学工業株式会社(2008年4月1日、社名を「DIC株式会社」に変更するようです)が出しているカラーガイドのことを通常DIC(ディック)と呼ばれています。
パントーン・インク(Pantone, Inc.)が出しているカラーガイドをパントーンと呼んでいます。
通常のカラー印刷はCMYKのシアン・マゼンタ・イエロー・ブラックの4色を使いますが、この4色のインクを使うのではなく、あらかじめ調合したインクが存在します。これを特色と呼んでいて、DICもPANTONEも特色と呼ばれるものです。特色には、通常の4色インキでは出せないような色が多く、金・銀・蛍光色などもそうです。DICもPANTONEも番号がふられており、DICの何番と指定すればそのインクで印刷されるというわけです。特色印刷は、1色や2色印刷で非常によく使われます。というのも、1色印刷ならCMYKそれぞれのインクを使うよりも、すでに調合された特色インキで印刷すればインクは1種類で済むからです。
また、高級感アップや目立たせるために通常4色に金・銀・蛍光色を使った5色や6色印刷なども電車の中吊り広告とか本の表紙でもよく使われています。
チップをつけるというのは、DICもPANTONEも番号順にそのインクで印刷し冊子状になったカラーガイドが売られており、点線で切り離して色の見本として渡せるようになっています。それのことです。
イラストレーターやフォトショップなどDTPソフトには、DICもPANTONEもカラーガイドが入っており、CMYKやRGBでの表現も出来なくはないですが、実際の色にはなりません。プリンターも特色で印刷するわけではないので、実際の印刷とは異なるものになります。普通のインクでは蛍光色は絶対に出せません。
そのため、カラーチップをつけることで、仕上がりをイメージしやすくします。実際にそのインクで印刷した見本がない場合は、印刷現場ではそのチップに合わせて印刷するようになります。カラーチップをつけることは、インク番号の間違え防止もあります。改訂もよく行われており、DIC 第15版の何番とか細かく言う場合もあります。ただ、通常はDICの何番でも十分通用しますが。。。
仕上がりが重要なものは実際に印刷機で印刷して見本にします。

大日本インキ化学工業株式会社(2008年4月1日、社名を「DIC株式会社」に変更するようです)が出しているカラーガイドのことを通常DIC(ディック)と呼ばれています。
パントーン・インク(Pantone, Inc.)が出しているカラーガイドをパントーンと呼んでいます。
通常のカラー印刷はCMYKのシアン・マゼンタ・イエロー・ブラックの4色を使いますが、この4色のインクを使うのではなく、あらかじめ調合したインクが存在します。これを特色と呼んでいて、DICもPANTONEも特色と呼ばれるものです。特色には、通常の...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報