こんにちは。お世話になります。
早速ですが、住宅財形融資と転貸融資についてお聞きします。

ある本に、住宅財形融資と転貸融資のことがまとめて書かれていて「利用できる人の条件」に「会社からの融資があること」と書いてあったのですが、それは転貸融資の場合のみですか?ほかの情報を見ていると住宅財形融資の条件にそのようなことは書いていないのですが。他の条件は満たしています。

また『財形住宅金融株式会社』のHPには‘当社へ出資している会社の従業員’とかいてありましたが、それも関係してくるのでしょうか?

いくつも質問で申し訳ありませんが、主人はA銀行で住宅財形を、私はB銀行で一般財形を、1年以上50万円以上やっています。ローンを借りるのに主人の方だけでは足りない場合、
・私の一般財形を使って、A銀行・B銀行から財形融資を受ける  というのと
・A銀行からのみ主人の名義で財形融資+一般のホームローンで借りる  というのと
どちらがいいのでしょうか。銀行が違うと手数料等も二倍かかるという話も聞きました。そもそも、住宅財形融資が受けられるのは、自分が今まで財形貯蓄をやっていた銀行でないと受けられないのですか?

いろいろ調べれば調べるほどわけがわからなくなってきます…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

すごく混乱していますね。


まず、「住宅財形貯蓄」と「財形貯蓄融資制度」を分けて考えましょう。

「住宅財形貯蓄(正式名称:勤労者財産形成住宅貯蓄)」
会社の福利厚生として使われる勤労者のみが可能な財産形成制度で550万円まで非課税となります。
直接銀行では扱っていなくて会社経由でしか申し込めません。
一般財形貯蓄もこれの親戚ですが、税制上の特例の部分だけが違っています。
これを行っているからといって融資制度が利用できるわけではありません。
会社によってこの制度は導入しているが下に述べる融資制度は実施していないことも多いです。
(融資制度は会社に負担を求めてくるため)

「財形貯蓄融資制度」
これも会社の福利厚生として使われる勤労者のみが利用できる融資制度です。
これを利用するルートは3つあります。

1.勤めている会社が自社で転貸融資する場合。
会社が従業員に又貸しする形を取ることから「転貸融資」と呼ばれています。
直接お勤めの会社から借りることになります。会社は財形の元の団体から資金を調達します。

2.勤めている会社が第3の会社を通じて融資する場合
これは、1のように自社で行うにはきついという企業などがこの会社と契約してこの会社を経由して従業員に融資制度のサービスを行うものです。
(言ってみればアウトソーシングみたいなものだと思って下さい)

この1,2はどちらか一方が導入されているはずです。

3.住宅金融公庫経由
上記の融資方法だと、転職などでその会社を辞めるときには会社に対して一度に全額返さなくてはならなくなります。
そういう人のために住宅金融公庫経由でも財形が利用できるようになっています。
(この場合は会社を辞めてもやめるときに全額返済の必要がない)

azusagawaさんがどのケースになるのか、1,2の場合はお勤めの会社に訊いて下さい。
ただ基本的には、この融資制度は1,2,3のどの場合でも、

勤務先から住宅手当・利子補給・社内融資などの援助が受けられる方(住宅のリフォームの場合を除く)

という条件が付きます。つまり会社に1,2の制度が無い場合は融資制度は利用できないと思った方が良いですね。
なのでお勤めの会社に訊けばわかります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。確かにかなり混乱していますね。一度会社の方に確認してみます。

お礼日時:2001/09/27 13:10

1.住宅財形融資には、ご存じのように公庫を経由する住宅財形融資と転貸融資が有ります。


このうち、転貸融資は企業が公庫から融資を受けて、それを従業員に転貸する制度で、企業が利子の一部を援助する場合もあり、融資限度額、収入基準なども勤務先が決めることになっていますので事前に確認された方が良いでしょう。

「会社からの融資があること」と書かれているのは、この転貸融資だけで、公庫から直接融資を受ける場合は関係ありません。
また、『財形住宅金融株式会社』のHPに書かれていた件は、そこを利用して転貸融資を受ける場合のことでしょう。

2.財形の申込銀行は、積み立てている銀行と違う銀行でも可能ですから、ご夫婦で同じ銀行に申し込みできます。
もちろん、A.B以外の銀行でも良いのです。
この場合、積み立てている銀行からは、積み立て残高の証明をしてもらうことになります。

>・私の一般財形を使って、A銀行・B銀行から財形融資を受ける、というのと・A銀行からのみ主人の名義で財形融資+一般のホームローンで借りる、というのとどちらがいいのでしょうか。

一般のローンよりも、財形融資の方の金利が安ければ、お二人の財形融資の方が有利でしょう。
この場合は、建物の登記は共有名義にする必要があります。
また、ご主人が財形融資と公庫の住宅ローンとの併用も検討されたらいかがでしょうか。

いずれにしても、公庫からの融資になりますから、一度、住宅金融公庫で相談されたら宜しいと思います。

公庫の窓口は、参考URLをご覧ください。  

参考URL:http://www.jyukou.go.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。会社には転貸融資制度はないので、会社を通さずに公庫から融資を受ける方法で考えてみたいと思います。

お礼日時:2001/09/27 13:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q財形住宅融資と銀行ローンで迷ってます。

新築の為、35年で3500万のローンを組みます。
中央三井信託銀行で全期間1.1%の優遇がとれるそうなのでとりあえず3年固定(2.15%-優遇1.1%=1.05%)で申し込もうと思っていました。

ただ、今になって財形住宅融資が使えることが分かり変動金利(5年間は同じ金利=1.58%)というのもいいかなと思っています。さらに7月に申し込むと金利1.4%ぐらいになるそうです。

固定期間3年間の金利は中央三井信託の方が低いですが、将来的には財形融資の方が安心な気がします。

この先、銀行よりも財形の金利のほうが優遇分の1.1%以上安い場合は財形の方が低金利になります。
中央三井はこの先、固定、変動どちらでも選べて、財形は変動のみになります。

財形貯蓄をしていたのでローンは全額限度額以内でまかなるはずです。せっかく財形を使えるなら使うべきでしょうか?

今年住宅ローン減税を受けたいので今からだと財形はギリギリのようです。建物の検査などの手続きにやや時間がかかると言われました。(12/10までに検査を終わらせる?とのことでした)

銀行ならもっと余裕ができるのでしょうか?
その他、双方のメリットデメリットを教えてください。

新築の為、35年で3500万のローンを組みます。
中央三井信託銀行で全期間1.1%の優遇がとれるそうなのでとりあえず3年固定(2.15%-優遇1.1%=1.05%)で申し込もうと思っていました。

ただ、今になって財形住宅融資が使えることが分かり変動金利(5年間は同じ金利=1.58%)というのもいいかなと思っています。さらに7月に申し込むと金利1.4%ぐらいになるそうです。

固定期間3年間の金利は中央三井信託の方が低いですが、将来的には財形融資の方が安心な気がします。

この先、銀行よりも財形の金利の...続きを読む

Aベストアンサー

住宅財形を利用した場合、転職をすると全額一括返済を迫られることがあります。

私の夫の会社がまさにそれです。
財形で融資を受けて住宅を購入した人は住宅を人質にとられたようなものなので、職場状況が悪くなっても逃げ道がないと、夫の会社の同僚が言っていたのが印象に残ります。

実際、住宅を購入すると転勤させられるというケースが結構多いそうです。

Q財形持家融資と年金住宅融資の意味

公的融資には、財形持家融資と年金住宅融資というものがあるそうですが、意味をわかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

財形持家融資

勤労者が自分の勤務する会社を通じて銀行に「財形住宅貯蓄」を行っている場合に受けられます。
(会社にこの制度があることが要件です)
概要は以下のURLをご参照下さい。
http://www.ehdo.go.jp/gyomu/e-2.html
融資を受けには、会社から受ける転貸融資(退職時には一括返還必要)と、住宅金融公庫経由の2つがあります。
住宅金融公庫経由にすると5年毎の利率見直しが行われる変動金利として選択できます。
公庫の従来の住宅融資と併用できます。

年金住宅融資

国民年金又は厚生年金加入者(3年以上加入していること)が受けられます。
受けられる金額は厚生年金加入者の方が大きいです。
概要はこちらを見て下さい。
http://www.moneyjoho.co.jp/house/tsubo/tsubo03.htm

国民年金加入者は公庫経由で借りることが出来ます。

厚生年金加入者は協会転貸融資か公庫経由のどちらかが選択できます。
しかし、会社に転貸融資制度がある場合は会社経由しか選べません。

今の会社に返済完了まで勤務すると心に決めていれば会社経由の転貸融資でもよいのですが(この場合大抵会社独自の援助を行っています)、会社に縛られることにデメリットを感じる場合は使いにくい制度とも言えます。

ですから、

・公庫+年金住宅融資 (自営業など国民年金加入者)
・公庫+財形持家融資 (会社で財形住宅貯蓄がある人)

が良く行われる方法です。
財形持家融資で、転職する可能性を考えている、あるいは会社に縛られたくないというひとは住宅金融公庫経由で申し込むし、会社からの金利補助などが魅力であれば転貸融資を利用するということもあります。

財形持家融資

勤労者が自分の勤務する会社を通じて銀行に「財形住宅貯蓄」を行っている場合に受けられます。
(会社にこの制度があることが要件です)
概要は以下のURLをご参照下さい。
http://www.ehdo.go.jp/gyomu/e-2.html
融資を受けには、会社から受ける転貸融資(退職時には一括返還必要)と、住宅金融公庫経由の2つがあります。
住宅金融公庫経由にすると5年毎の利率見直しが行われる変動金利として選択できます。
公庫の従来の住宅融資と併用できます。

年金住宅融資

国民年金又は厚...続きを読む

Q財形住宅融資について

新築マンション購入で
住宅金融公庫だけでは足りない+αの部分で
どこから借りるのが最も良いか悩んでいます。

普通、民間の銀行ローンが第一に考えられるのですが、
自分なりにいろいろ金利だけで低いものを
探してみました。

公庫のHPを見て、
財形住宅融資が5年固定で1.6%と
民間ローンに比べ0.4~0.8程度
低く、高額な買い物なので、0.1%といえども
かなり魅力的な気がします。

ちょうど、いつかはマイホームをと、
財形住宅は、3年ほど前からこつこつ積み立てていて、
基準の50万円は軽くクリアしています。

しかし、周りで使っている人が少なく、
情報がありません。
何かデメリットがあるのでしょうか?

メリットデメリットについて
教えていただけますでしょうか?

Aベストアンサー

財形住宅融資のメリットは
1.公庫融資と年金融資と併用することができる。
2.物件に関する条件が公庫融資より穏やか。
3.物件価格の制限がない。
4.財形融資は、財形住宅貯蓄だけでなく、年金財形、一般財形の利用者も融資を受けることができる。
等です。

注意点として、5年固定金利であることと、勤務先から融資を受けるものと住宅金融公庫から融資を受けるものがあり、勤務先からの場合は退職するときに一括返済しなければならないことです。
他には、特別にデメリットは無いと思います。
財形融資の詳細は、参考URLに有ります。

なお、年金融資は検討されましたか。
http://www.d-house.co.jp/select/yuusi04.html

参考URL:http://www.jyukou.go.jp/kojin/kojin20.htm

Q住宅財形融資について

家を新築するに当たって、住宅財形融資を利用された方、
住宅財形融資に詳しい方などいらしたら、利用して良かった事
悪かったこと、などどんなことでも良いので教えてください。

現在、貯めた分で融資を受けようか、解約して頭金に利用し、
銀行の住宅ローンを組もうか迷っています。よろしくお願い致し
ます。

Aベストアンサー

参考に

http://profile.allabout.co.jp/ask/qa_detail.php/11725

Q銀行住宅ローン、新築マンションで引渡日に融資実行するにはどうしたらいい?

新築マンション購入で当初公庫利用でしたが、途中で公庫より金利の低い都市銀行の長期固定に切り替えました。
本審査OKの連絡はもらってますが、建物引き渡しが3ヶ月ほど先でまだ日にちが確定していないため金消契約は行ってません。
公庫や提携ローンを利用しない場合は引渡日=残金支払日=融資実行日となり、つなぎ融資を行わなくて済むのですが、そのためには引渡日に融資実行できるように金消契約を行わなければなりません。
銀行の担当者に「引渡日が決まったらいつでも金消契約できます。契約時に抵当権設定用の新住所での住民票と印鑑証明をもってきてください。」と言われました。

転入届は引き渡しを受けて実際に引っ越してから出すものですよね?
なので引き渡し前に行う金消契約時に新住所の住民票は出せないと思うのですが。。

その旨銀行担当者に聞いてみたところ「抵当権設定は現住所の住民票でもできるけど、引っ越して新住所に変わったら住所変更の手続きをしなくちゃならないんですよ。住所変更手続きには手数料がかかるからもったいないですよ。」と言われました。
また、「抵当権設定は保存登記が終わらないとできないのですが、それは大丈夫ですか?」と聞かれたので、マンション担当者に聞いてみたところ「保存登記がされるのは引き渡しの直前で、もうちょっと引渡日近くにならないと分からない」とのこと。
銀行からは融資実行まで最短でも契約日から3営業日が必要と言われてます。

何だかいろいろ聞いたのはいいけれど、おかげでいったいいつ何をどういう順番で手続きを踏めばいいのか分からなくなってしまいました。
どなたか、詳しい方いましたら教えてください!
よろしくお願いします!

新築マンション購入で当初公庫利用でしたが、途中で公庫より金利の低い都市銀行の長期固定に切り替えました。
本審査OKの連絡はもらってますが、建物引き渡しが3ヶ月ほど先でまだ日にちが確定していないため金消契約は行ってません。
公庫や提携ローンを利用しない場合は引渡日=残金支払日=融資実行日となり、つなぎ融資を行わなくて済むのですが、そのためには引渡日に融資実行できるように金消契約を行わなければなりません。
銀行の担当者に「引渡日が決まったらいつでも金消契約できます。契約時に抵当権...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。今更ですがまだ締め切っていらっしゃらないので追加情報を書きます。

私は、あれから銀行で手続きを済ませ、売り主からも住民票の取り方の説明を受けました。

住民票を取りに行く日の前日に引っ越したことにして、住所移転手続きをし、住民票を請求します。
役所の窓口で口頭で尋ねられても、あくまで『昨日引っ越した』と言い張ります。
まちがっても、『昨日引っ越したことにして手続きしろと指示を受けた』等のようなことを言ってはいけません。それを言ってしまうとその時点ですべておしゃかになります。

うそをつくことになるわけですから気が引けると思いますが、制度の矛盾のせいでこうするしかないわけですから、開き直りましょう。

それにしても、売り主の担当者がそんなこともわかっていないというのは、ちょっとこまってしまいますね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報