「単位の履修条件を満たし実務経験を満たせば第1種の免状がもらえる」と学生便覧でみました。調べてみると「実務内容:電圧5万V以上の電気工作物工事、維持または運用」。「経験年数:卒業前の経験年数の2分の1と卒業後の経験年数の和が5年以上」とありました。実際にはどのような会社でどういう仕事につけばこういう実務になるのでしょうか?また、実際にこのような実務を積んで資格として認定されることはよくあるのでしょうか?      

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

> 実際にこのような実務を積んで資格として認定されることはよくあるのでしょうか?



この認定制度を利用する人はすごく多いです。もともと、国家試験の合格率が低く、電気主任技術者が不足するので、苦肉の策として、復活した制度です。(大昔は卒業すると資格がもらえた)。難しい試験を受けるよりはるかに楽ですから。
このため、業界では、認定1種と実力1種という言葉さえ使われます。同じ1種でも国家試験で取った「実力1種」は尊敬のまなざしで見られます。

> どのような会社でどういう仕事につけばこういう実務になるのでしょうか?

電力会社、電気メーカー、電気工事会社、大工場などで、法規に該当する電気設備の設計、工事、運転、保守整備などの業務のどれか(又は複数)に従事するのです。
受験するときに所属企業の業務経歴証明書をもらって提出します。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電気主任技術者の免状取得後の実務経験について

現在、電気工事士として働いています。
電験3種を持っているので、工事ではなく、高圧の保守のほうの仕事に転職をしたいと思っています。
たしか(結構前に受験したのでかなりうる覚えですが)5年間以上の実務経験があると一つの高圧受電設備だけではなく、複数の高圧受電設備を保守、管理ができると思っていましたが、その実務経験とは工事士の仕事と平行してだと認めてもらえないのでしょうか?
例えば普段は工事士の仕事をしていて、月に1~2回程度行くくらいの町工場の主任技術者として5年やっても認めてはもらえないのでしょうか?
また、複数の保守、管理が出来る資格になったとして、将来性はあるのでしょうか?転職には有利でしょうか?
いまの年齢は35歳です。
有資格者、経験者など、知っている方がいましたら、ご意見をお願いいたします。

Aベストアンサー

工事に関する資格と管理に関する資格は、平行して行使することはできません。
工事に関する実務経験は、管理に関しては、何の意味もありません。
電気工事士として、事業開始登録がされている場合は、同じ人が主任技術者として電気に関する管理業務を業として行なうことはできません。
当然その逆もあります。(主任技術者が工事をすることは不可)

このことから、
普段は工事士の仕事をしていて、月に1~2回程度行くくらいの町工場の主任技術者として5年やっても認められることはありません。

さらに、電検3種ぐらいでは、対して飯の種にはなりません。
各エリアにある電気保安協会(たとえば関西電気保安協会)の職員ならば、電検3種程度を持っている人は、腐るほどいますし、持っていて当たり前、さらにここに何年か勤務して所定の実務経験を有すれば、2種や一種の資格を取得することも、比較的容易であることは、お解かりになられると思います。

また、現実問題として、個人で開業するとしても、やはり各地域の主任技術者協会への加盟は必要不可欠です。(不在時の代理などの問題もあります)

さらに、耐圧試験器やリレー試験器さらに、リアクタンスなどの高額の測定機器の購入の問題。
試験器関連は、検査を請け負ってくれるところへ外注することも可能ですが、利益などを考えると自分でやった方が良いでしょう。
さらに、その他に必要なものとしては、高圧検電器・万ボルトメガテスターや500Vメガテスターさらには、アーステスターも必要ですし。
発電機(電気が無い場合が多いので必要)や、計測機器他の運搬用の台車や現地までの機器運搬及び移動用の車といったものも必要で、設備投資に費用がかさむのが現状です。

場合によっては、知識のあるアシスタントスタッフも必要となる場合もあるでしょう。

35歳にして、工事屋から転職するにはリスクが大きすぎます。
やはり、主任技術者として、独立するなら現状でも、その種の職についていて、充分な実務経験があって、さらに、客先をある程度確保できる手立てがあって、見込みもある状態であれば、もんだいはないのですが…。

電気工事屋として独立するのなら、少し遅めかな?って程度の年齢ですけどね。

工事に関する資格と管理に関する資格は、平行して行使することはできません。
工事に関する実務経験は、管理に関しては、何の意味もありません。
電気工事士として、事業開始登録がされている場合は、同じ人が主任技術者として電気に関する管理業務を業として行なうことはできません。
当然その逆もあります。(主任技術者が工事をすることは不可)

このことから、
普段は工事士の仕事をしていて、月に1~2回程度行くくらいの町工場の主任技術者として5年やっても認められることはありません。

さら...続きを読む

Q第三種電気主任技術者の実務経験5年以上について

第三種電気主任技術者(電験三種)を取得したので、転職活動をしています。

ですが、実際探してみると「実務経験5年以上必須」という記述があるものが多いので、応募できずに困っています。
私は工場の設備保全・生産技術 主任として6年程の経験がありますが、キュービクルのメンテ等はほぼ未経験です。
ほぼ、というのは保安協会の月次点検に立ち会ったり、年次点検の際に休日出勤をしたり、といった程度の経験しかないということです。

ここでいう「実務経験5年以上」というのは、具体的にどういった事をさすのでしょうか?

Aベストアンサー

実務経歴5年というのは、電険を合格して、免許を、取得してからです。メリットは、一種電気工事士の資格を認定で、もらえます。
それが基準になっていると思います。バブルのころは、一年で、雇用されました。しかも、3ヶ月の経験で。通常の設備管理者でも、経験なしで、就職できました。今不況で、電険保持者だけでなく、国家試験保持者でさえ、就職は、難しいです。
技術者管理協会がありますが、請負で、仕事は、もらえます。定年の人が多いです。それも、最低、合格してから、高圧電気設備管理などの、
仕事に5年以上従事しているのが条件です。
仕事としては、人によりますが、それほど、の内容のある仕事だとは、
思えません。でも、電険をとっている、しかも試験合格ですので、
いずれか、今すぐか役に立つ資格です。
でも、いずれにしても、今までの仕事の経歴は、就職には、有利でしょう。

Q弁理士になれたら研究経験と実務経験のどちらが役立つ?

現在、私は20代半ばで電機メーカーの研究開発職をしております。
以前から弁理士の道を目指そうと考えていたのですが、最近特に強く思うようになってきました。

今、私は転職を考えており、研究職ではなく、特許事務所や知的財産部などで実務を学びながら弁理士を目指すか、研究職を続けながら目指すか、非常に迷っております。

友人は、険しい道だけど研究職を続けながら弁理士の資格を取得して、その後に特許関係の職について実務を学んで行く方が良いと言います。ただ、私の知り合いの方は実務を学びながら取得されました。

ほんとにどちらが良いのかわかりません。

良いアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

>どのくらいの研究職経験をお持ちか・・・

4年です。(あ~・・・ 年齢がバレるぅ・・・)

>特許事務所の仕事の中で研究経験が生かされたこと・・・

私の専門は化学、特に有機化学なのですが、合成実験のデータ集めのコツとか、分析のデータ解析などについては、書物で研究しただけではなかなかぴんと来ません。百聞は一見にしかず、とはよく言ったものです。

ただ、学問的な知識については、実際に研究していた狭い分野での深く掘り下げたものよりも、暇な時を見計らって基礎的な有機化学物質の物性などを頭に詰め込んでいたものの方が、役立っている気がします。全般的に広く浅く(もちろん深いに超したことはありませんが)の方が役立つと思いますよ。詳しいところまでは頭に詰め込んでいなくても書物を読めばわかる、というレベルで、ある程度は対処できます。

特許事務所の人間はその分野の専門家ではないから特定分野について深く知らなくても仕方ないと、けっこう大目に見てもらえるのではないかという気がします。わからないから教えてくれと言えば、クライアントは丁寧に教えてくれますよ。

ただし、当然のことながら、専攻課程に入っていない程度の学生レベルの知識は必要です。

>どのくらいの研究職経験をお持ちか・・・

4年です。(あ~・・・ 年齢がバレるぅ・・・)

>特許事務所の仕事の中で研究経験が生かされたこと・・・

私の専門は化学、特に有機化学なのですが、合成実験のデータ集めのコツとか、分析のデータ解析などについては、書物で研究しただけではなかなかぴんと来ません。百聞は一見にしかず、とはよく言ったものです。

ただ、学問的な知識については、実際に研究していた狭い分野での深く掘り下げたものよりも、暇な時を見計らって基礎的な有機化学物質の...続きを読む

Q2級土木施工管理士の実務経験について

2級土木施工管理士の試験を受験しますが、実務経験について、疑問があります。勤める会社は電気の一般建設業を取っていますが、
会社で行った電気工事に含む土木や500万円に満たない、土木工事は実務経験として、認められるのでしょうか?
どなたかご存じの方ご回答お願い致します。
立場は施工管理、安全監視の様な立場です。

Aベストアンサー

 受験申し込み書の同封用紙に業務内容等条件の一覧があるはずです。良く確認して下さい。

Q二級土木施工管理技士の実務経験について

在学中に二級建築施工管理技士と二級土木施工管理技士の学科試験を受けたいと思っています。

専門学校の特典で施工管理技士の実地試験は卒業後、実務経験二年で受験可能です。

就職先は決まっていません。建築の施工管理者になりたいと、かなり漠然としています。

質問ですが、もし2つの学科試験をパスして、建築の施工管理者に就職できたとして、2つの実地試験を受けることはできるのでしょうか?
やはり、建築セコカンは建築現場での実務経験。土木セコカンは土木現場での実務経験でしょうか?


あと、建築現場監督に就職するにあたって、有利になる資格について、よろしければ教えてください。

右も左もわかりません。
よろしくお願いします。



建築の現場監督を目指している専門学校の平成23年度の二回生です(現一回生)。
(建築系学科 19歳 実務経験無し)

Aベストアンサー

すみませんが、あなたの言う試験は学科(法規免除)の試験ではないですか?なぜ、そのようなことを聞くかというと後輩が工業高出でその試験を受け、合格していたのですが学科全部免除と勘違いして実務試験部分しか勉強せず、その年の試験を落としています。ですので確認です。法規関係は土木も建築もかぶる部分が多いので一度勉強しておけば割と楽だとは思います。ただ、法規部分は環境やリサイクルなど新しく増えた規則もありますし、試験傾向も年々落とす傾向に難しくなっているので受かったからと浮かれてその後の勉強をしないとその年の試験落とします(これは経験者からの警告)ちなみに本試験が重要であって免除試験はおまけです。それを生かせずその年の試験を落とし、後から入ってきた後輩に抜かれることもある(割と悲惨)

ちなみに現状二つとも就職後、実務経験を経て受けるわけですから、会社がどうではなくあなたの将来上楽になるだけだと思います。実務経験も作業員の経験ではなく管理側の経験です。ですから、少なくとも建築は建築、土木は土木出の経験を記載できる会社でないと実務経験にはなりません。なお、経験記述で書く場合、その時点で「現場監督」となるはずです(ほかにも書き方はありますが)受験も可能かと思いますが、試験日が1週間ほどしか離れてませんからほぼ同時進行での勉強になります。

有利といえば測量士やCAD系の資格も有利だとは思います.

すみませんが、あなたの言う試験は学科(法規免除)の試験ではないですか?なぜ、そのようなことを聞くかというと後輩が工業高出でその試験を受け、合格していたのですが学科全部免除と勘違いして実務試験部分しか勉強せず、その年の試験を落としています。ですので確認です。法規関係は土木も建築もかぶる部分が多いので一度勉強しておけば割と楽だとは思います。ただ、法規部分は環境やリサイクルなど新しく増えた規則もありますし、試験傾向も年々落とす傾向に難しくなっているので受かったからと浮かれてその...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報