ある辞典を調べていたら
「簡単に言うと、建物や設備などの固定資産は、いつまでもそのまま使えるわけではなく、いつかは買い換えなくてはならないときが来る。そのときのために、会計期間ごとに一定額をプールしておこうということ。」
という減価償却の説明がありました。
「使用の期間によって、固定資産の価値の減少を決算期ごとに一定の方法により費用に算入する」
という意味は分かるのですが上記に意味はよくわかりません。経費として買った分を一部ずつ計上しているのだからプールしてるのではないと思うのですが・・・詳しい方、教えて下さい。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

通常、企業は1年ことに決算をして、その年の利益を計算します。


固定資産は長期にわたって使用されますから、購入した年度に、一括して経費として処理すると、その年度だけ経費が増えてしまい、正しい期間損益が計算できなくなります。
そこで、その固定資産の使用可能な年数(「耐用年数」といいます)に渡って、各会計年度の経費として処理して、その価値を年々減らしていくことを減価償却と云います。
なお、ほかの固定資産と違って、土地は、使用することによって価値が減少するということがないので、減価償却の対象になりません。 
減価償却の方法には、定額法と定率法と2つの方式が有ります。

ここで、プールしておくというのは、減価償却をしないでおいて、買い換え時に古い固定資産を一度に経費に計上すると、その期の利益が極端に減ってしまいます。
減価償却をして、毎年経費として計上しておけば、買い換え時に経費計上が少なくて済みます。つまり、これがプールしておくという意味に使っているのです。
プールしておくというよりも、経費の一時計上で、その期だけの利益が減少しないように、備えておくという意味です。

拙い説明で、ご理解いただけたでしょうか。

減価償却の詳細は、参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/2100.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーーーん、ちょっと視点が違うだけなのかな?
なんか、わかったようなわからないような感じですが、
根本的には私の理解でいいというのがわかりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/04 17:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無形固定資産と有形固定資産の減価償却の違い

無形固定資産の減価償却について、(1)償却方法(2)残存価額(3)貸借対照表上の表示、の3点について、有形固定資産とどのように違ってくるか教えてもらえませんでしょうか

Aベストアンサー

1.有形固定資産の償却方法には定額法、定率法等あり、種類によって選択できますが、無形固定資産の償却方法には定額法しかありません。

2.有形固定資産は原則残存価額は取得価額の10%ですが、無形固定資産の残存価額はゼロです。

3.有形固定資産の貸借対照表上の表示は直接法と間接法が選択できますが、無形固定資産の貸借対照表上の表示は直接法のみです。

Q個人事業主でも30万円以下の減価償却資産の取得額を一括経費算入できるのでは?

経理初心者の工務店主(個人事業主)です。表題の件については、租税特別措置法第28条の2に明らかだと思いましたが如何でしょうか。最近、表題の件に関して12万円のパソコン購入予定の個人事業主がこちらで質問し、法人でないから諦めるべき旨の回答を得て納得していたケースがあったので、正しい知識を確認したいのです。私は、経理はド素人ゆえ、正しいか正しくないか、どなたか自信のある方に御教示願いたいと思ったのです。

Aベストアンサー

>(中小企業者の少額減価償却資産の取得価額の必要経費算入の特例)
第28条の2 第10条第4項に規定する中小企業者に該当する個人で青色申告書を提出するものが、平成18年4月1日から平成20年3月31日までの間に取得し、又は製作し、若しくは建設し、かつ、当該個人の不動産所得、事業所得又は山林所得を生ずべき業務の用に供した減価償却資産で、その取得価額が30万円未満であるもの(その取得価額が10万円未満であるもの及び第19条各号に掲げる規定その他政令で定める規定の適用を受けるものを除く。以下この条において「少額減価償却資産」という。)

青色申告書を提出するものが平成20年3月31日までの間に取得したものが対象というのがポイントです。
単純に個人事業主は誰でもというわけではありません。また特例ですから今後も続くとは限りません。

Q開発許可申請費用は固定資産取得原価算入?

開発許可申請費用は固定資産取得原価算入?
経理を担当する者です。
この度、隣接地購入し工場を建設する事になりました。そこで設計会社に支払った土地購入に伴う開発申請・確定測量業務のうち、地方公共団体等へ支払った開発行為の為の申請費用は固定資産の取得原価を構成
するのですか?
ちなみに支払った内訳は
(1)設計業務(造成設計等)
(2)申請業務(都市計画法に基づく開発行為の許可申請等)
(3)地質調査業務(機械ボーリング、透水試験等)
(4)確定測量他業務(表示登記、所有権移転登記、合筆申請業務、地目変更申請業務等)
(5)証紙、印紙代

(2)について今回の質問ですが他((1)、(3)~(5))についても取得原価に算入するかどうかお答え頂くと幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

減価償却資産の取得に関連して支出した費用であっても、取得価額に算入しないことができる費用とは、

租税公課等、
計画を変更したことにより不要となったものに係る費用、
契約変更に伴う違約金等

との例示が法人税通達にあります。

しかしご質問の(2)申請業務費用はこれに該当しないので、取得原価になります。

(5)証紙、印紙代はその必要はありません。
その他の費用は取得価額になります。


判りやすいサイトがあります。参考までにご覧下さい。


http://www.manekineko.ne.jp/hy1950/sisan%20no%20syutokukagaku.html

Q固定資産を除却時の固定資産価額について

こんにちは、はじめて質問します。
固定資産システムを導入中のものです。
(背景)
これまで、固定資産を期中に除却した場合には、期首の簿価にて除却損を計上してきております。
システム化にあたり、除却までに発生した償却費についての取り扱いについて検討しています。
(質問)
期中に固定資産を除却した場合、当期発生分の償却費を戻さずに、その時点の簿価にて除却損を計上してもよろしいのでしょうか?
よろしくご教授お願いします。

Aベストアンサー

システム導入中ということはまださほど固定資産がなく、総合償却などをせずに個別で把握されているのでしょうか?であればいたってシンプルです。

税務上は期中除却までの月割り減価償却費を計上してその時点の簿価を除却損としても、
その固定資産の除却までの減価償却費を計上せずに期首簿価を全額除却損としても税額は変わりませんからどっちでやっても問題ありません。
たいていどのソフトにもこれらの選択できる機能がついてます。

経常利益の期間比較に会計の重点を置いているのであれば、期中使用分の減価償却費を計上する方法がベターでしょう。

Q固定資産税の固定資産価格等決定通知書と随時課税分

経理1年生です。
都税事務所から(1)固定資産価格等決定通知書(7/30付)と、(2)納税通知書(8/10付)が送られてきました(別の日です)。
(この2つが関連があるのかどうかもわからない)

決定通知書には、1月に申告した明細書のコピーがついています。
鉛筆でチェックしたような跡があり、いくつかの項目が抹消されています。
抹消された結果、取得価格欄の合計が、8,308,386から5,529,017に減っています。そこから右側の欄は空白です。

納税通知書(8/10付)は、課税基準額5,280,000の固定資産税73,900を8/31までに納付するように、とのことです。
「随時課税分なので口座振り替えできない」という文言のほか、「償過」「随過」というマークがついています。

以前、納税通知書(6/1付)で、課税基準額5,126,000の固定資産税71,700を納付するように、とのことで、6/30に一括で納付しました。平成15年度分はこれで払い終わったものと思っていました。

ここで質問なのですが・・。
(1)決定通知書でいくつかの資産が抹消されていますが、なぜでしょうか。
(2)抹消された資産は、当方の資産管理台帳からも抹消する必要があるのでしょうか。

(3)今回送られてきた8/10付の納税通知書は何者なのでしょうか。
(4)7/30付種類別明細書の金額(5,529,017)はなにを意味すると考えたらいいのでしょうか。
8/10付通知書の課税基準額(5,280,000)とは一致しませんが、これは関係ないのですよね。

どうぞよろしくお願いします。

経理1年生です。
都税事務所から(1)固定資産価格等決定通知書(7/30付)と、(2)納税通知書(8/10付)が送られてきました(別の日です)。
(この2つが関連があるのかどうかもわからない)

決定通知書には、1月に申告した明細書のコピーがついています。
鉛筆でチェックしたような跡があり、いくつかの項目が抹消されています。
抹消された結果、取得価格欄の合計が、8,308,386から5,529,017に減っています。そこから右側の欄は空白です。

納税通知書(8/10付)は、課税基準額5,280,000の固定資産税73,900を8/31ま...続きを読む

Aベストアンサー

課税基準額×1.4/100=年税額(百円未満切捨)

>計上してはいけないものを計上した不備が理由で抹消されたのではないかと思いましたが、そういうことはあるのでしょうか。

償却資産申告書控及び資産明細書控と照合しても腑に落ちなければ都税事務所へ問合せたほうが確実だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報