あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

土地を購入するにあたり、両家の両親から500万ずつ、計1000万貰えることになった場合、税金かかりますか?

調べたら下記のよう書かれていました。

●家屋の敷地の購入資金については、家屋の建築条件付で購入する場合、 家屋の請負契約と同時に購入する場合又はマンションや建売住宅のように家屋と同時に購入する場合に限って含めることができ、 土地だけを購入する資金は対象になりません。

私達が購入を考えている土地は建築条件付ではありません。家も、建築士さんに依頼して建てようと考えています。

家を建てるために土地を先に購入するのですが、それでも私達のような場合、住宅取得資金贈与の特例は使えないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

贈与については、暦年課税の選択と


相続時清算課税の選択とどちらかが選べます
暦年課税(110万円まで無税)の系列に、これを
住宅目的にした場合5年分を前倒しして550万円まで無税という、「住宅資金贈与の特例」の制度があります。
一方、相続時清算課税制度を選択すれば、下記のようになります。その中に「住宅取得のための資金」という特例がまた上乗せであるという構造です。

住宅の取得のための資金というのは、家屋を取得する目的で贈与された金で、土地も含みます。
>土地だけを購入する資金は対象になりません。
同一年度に土地と建物取得がなされれば完璧ですが、建物の発注が同一年度ならば、「住宅取得資金」の扱いで
いいという気がしますが、税務署に確認してみてください。
というのは、建築士の依頼の契約を土地取得以前にしておくなど一定条件で税務署も認めると思われるからです。

でも、念のため、相続時清算課税の2500万円枠を考えておけばいいでしょう。
(この場合御両親が65歳以上という制限がつきます)

http://www.hashimotohome.com/myhome/index04-2.html
相続時清算課税制度を適用すれば(贈与を受けた次の年の
2月1日から3月15日までの期間に「届出書」と「贈与税の申告書」
を提出します。
住宅資金などに関係なく一人2500万円まで無税です。
ただし
65歳以上の親から20歳以上の子供への財産移転が対象
です。
贈与に対しては、暦年課税(つまり、毎年一人110万円まで
基礎控除あり)を選択するか、相続時清算課税を選択するか
二通りの方法があるということです。
http://allabout.co.jp/finance/tax/closeup/CU2003 …
これが、住宅購入資金ならば3500万円まで拡大可能ということ
にすぎません。
さらに「住宅取得のための資金」の贈与ならば親が65歳未満で
あってもこの制度が使えます。
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/pan1504-1/04. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろんな案を詳しく教えてくださり、ありがとうございます。

教えてくださったアドレス先でもう一度よく勉強したいと思います。

丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2005/08/02 16:11

>住宅取得資金贈与の特例は使えないのでしょうか?


使えません。
特例を使えないことから、土地購入時にはそのままご両親の出資分についてはそのまま持分登記してください。
それでも特にローンが借りれないとかそういうことはありません。

なお、建築資金について贈与を受けた場合には受けた年の翌年3/15に申告すればOKです。

この時相続時清算課税制度を利用したときには、この制度の本則である2500万まで贈与税非課税となる枠については土地の贈与でも問題ありませんから、建築資金贈与を受けたときに、同時に土地贈与を受けるという方法もあります。登記費用はその分かかりますけど。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

他の制度の利用を教えてくださり、ありがとうございます。

まだまだ勉強不足だと痛感しています。

素早い回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/02 16:36

住宅に対する措置ですので、適用できませんね。


家屋の登記事項証明書などが必要になりますから。
まあ、贈与と相続については別の方法もあるでしょう。

土地購入の自己資金はないわけですよね。ローンもできないと。土地は自己資金で都合つけて、住宅に贈与を、というのではなくて、あわよくば、土地で1回、住宅でもう1回適用できないか、という話なのでしょうか。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/4502.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答ありがとうございます。

自己資金は土地を買えるほどはないので、諸費用などにまわそうと考えていました。

援助金で土地を購入し、建物はローンを組もうと考えていたのですが・・・。

なかなか厳しいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/02 16:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q贈与税 土地購入時の親からの援助

住宅購入時に親からの援助610万は贈与税がかからないと聞きました。
これは土地購入のみの場合も適用されますか?
マイホームを建てることになり気にいった土地があって、手付金を払いました。
(家は1年くらい先です)

ローンは住宅購入時に組もうと思い、土地代残金700万のうち600万は親(妻の親)からの援助です。

ちなみに残りの100万は妻のパートでのお金です。
土地の名義は妻になります。
この点もふまえてどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

追記

贈与の特例が使えないのなら先に書いたように金銭消費貸借になりますが、新築後あなたの返済に無理が生じます。

お父さんとの金銭消費貸借をなくしお父さんの資金をそのまま入れて、お父様と奥様が買い主の方がシンプルです。
契約書はお父様と奥様の共有買い主に変更です。
登記は7分の1奥様、7分6お父様という形態です。

なんども追記してすいません。
贈与の特例を無理して使おうとしたため混乱しました。
贈与の特例を使わずお父さん名義の方がすっきりします。
相続で心配ならお父さんに公正証書遺言を作成してもらってください。

Q土地・住宅における親からの援助を受ける場合について

土地1250万と家(上物3千万くらい)を購入することになりました。
土地は10日後に仮契約の予定です。すぐに一緒に暮らせないものの、主人の両親を呼んで暮らしたいので、2世帯住宅を建てる予定です。

主人の父親から1千万と母親から3百万←土地代金とそれにかかる諸経費を持ってくれる。両親は遠くに暮らしており、そちらの固定資産税もあるので主人の土地名義が良いのかな?

嫁である私の両親から1千万の援助を受ける予定。その中から
新居の家具・家電・食器など諸々をその中から捻出しますので、実際には5百くらいを手元に残して新居完成時に使おうと思っています。

私たち夫婦の蓄えはもしものために取っておく考えです。


年間130万までは贈与税がかからないと聞きましたが、せっかく援助してもらえるのに、贈与税でたくさん持っていかれてしまうと、残りの借入金額が大きくなってしまうと思い、できれば一銭も取られたくはありません。もし税金を取られるとするといくらくらいでしょうか?

生前贈与等の手続きによって税金がかからないなら、どんな手続きが必要か教えてください。

こちらの家族構成は
夫(一人っ子 34) 公務員
妻(弟あり 30) 第2子が生まれたら働く予定
息子(来月2歳)

後に一緒に住む予定の父・母64です。父はサラリーマンとして勤務中

土地、建物の名義などこうしておくと良いなどアドバイスを教えてください。


手付け金として120万を仮契約時に収める予定ですが、残りの支払を12月31日までにした方がよいのか、年が明けてからの方がよいのか教えていただけますか?売り主側はできれば年内中に希望するが、年明けでもよいと言っています。
無知なので分かりやすく教えていただけるとありがたいです。
情報が足らなかったら補足致しますのでよろしくお願いいたします。

土地1250万と家(上物3千万くらい)を購入することになりました。
土地は10日後に仮契約の予定です。すぐに一緒に暮らせないものの、主人の両親を呼んで暮らしたいので、2世帯住宅を建てる予定です。

主人の父親から1千万と母親から3百万←土地代金とそれにかかる諸経費を持ってくれる。両親は遠くに暮らしており、そちらの固定資産税もあるので主人の土地名義が良いのかな?

嫁である私の両親から1千万の援助を受ける予定。その中から
新居の家具・家電・食器など諸々をその中から捻出しますので、実...続きを読む

Aベストアンサー

>毎年110万円までの基礎控除とありますが、これは確定申告等で届け出る必要があるのでしょうか?
必要ありません。
>それとも110万1円以上の人が届け出ればいい物なのでしょうか?
そうです。


>建物で融資を受ける予定の銀行に話をして、土地決済時には銀行の融資も受けるようにすれば(金額を幾らにするのかはともかく)、書類上は銀行融資金は土地に回して、贈与は建物に回したと記入しても特に矛盾は生じない

これに関してですが、土地に関してかりる必要がなくても多少借りることにして、

>建物の時に頭金があるというような融資の受け方は銀行側は受け入れるのでしょうか?
それ自体は全く問題ありません。一つ言えば土地先行融資の形では建物竣工までの期間を短くするように言われるかもしれません。建物の見積もり程度は概算で良いから提出が必要です。

>それとも、税金逃れだからダメだという反応になるのでしょうか?
全く関係ありません。

>残高証明とやらがどんな内容まで書かれているのか知識がないのでピンと来なくてすみません。
一度サンプルを見せてもらってはどうですか。

>土地代1200万に対してどのくらい融資を受けているのかは税務署にはわからないということですよね?

>でも、あまりに少なくてもおかしいし、
いえ、相続時清算課税制度の住宅取得特例を受けるための建築資金贈与の金額に下限は特にありませんから、建物資金のうち幾らでも良いから贈与を受けた形にすればよいので、1万でも10万でもよいのです。

平たく言えば建物資金を全額ローンでまかなわなければよいということです。必ず贈与分を含めるようにするために、その分を土地融資してもらうということです。

>銀行での相談の際に、ストレートに相続時清算制度を利用したいとか、贈与税の対策のためと相談しても良いのでしょうか?
そうしてください。

もう少し具体例で説明しましょうか。仮に土地2000万、建物2000万でローンを2000万借りる予定としましょうか。

その場合たとえば、土地の支払いを1900万を贈与資金、ローンで100万とすれば、建物資金ではローン1900万、100万を贈与資金とすれば、建築資金贈与100万により特例適用となるので、のこり贈与資金1900万は本則の2500万非課税枠適用が出来るのです。

仮に、土地2000万、建物2500万、ローン2000万とすれば、この場合には建物2500万のうちローンは2000万のみだから、土地2000万の贈与をうけて全額贈与資金でまかない、更に建物500万の贈与を受けて、ローン2000万をあわせて決済しても、建物500万の贈与があるので特例適用できるから、土地2000万贈与は本則の2500万非課税枠を使えるのです。

意味がわかりましたか?

>毎年110万円までの基礎控除とありますが、これは確定申告等で届け出る必要があるのでしょうか?
必要ありません。
>それとも110万1円以上の人が届け出ればいい物なのでしょうか?
そうです。


>建物で融資を受ける予定の銀行に話をして、土地決済時には銀行の融資も受けるようにすれば(金額を幾らにするのかはともかく)、書類上は銀行融資金は土地に回して、贈与は建物に回したと記入しても特に矛盾は生じない

これに関してですが、土地に関してかりる必要がなくても多少借りることにして、
...続きを読む

Q夫名義なのに妻親から援助、贈与税がかからないようにするには

今回夫名義で住宅購入、土地建物共にローンを組むことになり、頭金は夫の親200万、妻の親550万援助を受けました。ここで調べさせてもらうと、夫名義の場合妻の親の援助には贈与税がかかってしまうとのこと。(知りませんでした・・・)贈与税がかからないようにするには妻親とは借用書をかわすとよい、みたいなことが書いてありましたが、もっと詳しく教えていただけないでしょうか?ちなみに私たちの貯蓄はなく、妻親に返済は不可能です。

Aベストアンサー

 返す振りをして契約書をかわすのはまずいでしょう。中には親御さん名義の銀行口座を作って毎月現金を通している方もいるそうですが、税務署が支店の記録を調べるなどすればばれます。奥さんのご兄弟など利害関係にあるかたの知るところになれば、税務署にたれ込まれることもあります。なによりびくびくしながら過ごすのはまともに税金払うよりつらいかもしれませんよ。ともかく返済できないなら、どんな契約書を交わしても贈与と見なされます。

 一定の条件を満たせば申告を行うことを条件に親や祖父母といった直系の親族からの550万円まで非課税となる特例が存在します。この場合奥さんの親御さんからの贈与ですと奥さんしか適用されませんので、持ち分登記を行う必要があります。またこの先5年分の基礎控除を前倒ししたことになりますので5年間は少額の贈与でも贈与税がかかることになります。

 相続時精算課税制度というものもありますが有利とはいえない局面も考えられます。ともあれ住宅取得控除なども考慮しなくてはいけませんし、条件の吟味などに専門的な判断が必要になることも考えられますので、専門家に実地に相談されることをお勧めします。

http://myhome.nifty.com/loan/iroha/vol2d.jsp
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1411596

 返す振りをして契約書をかわすのはまずいでしょう。中には親御さん名義の銀行口座を作って毎月現金を通している方もいるそうですが、税務署が支店の記録を調べるなどすればばれます。奥さんのご兄弟など利害関係にあるかたの知るところになれば、税務署にたれ込まれることもあります。なによりびくびくしながら過ごすのはまともに税金払うよりつらいかもしれませんよ。ともかく返済できないなら、どんな契約書を交わしても贈与と見なされます。

 一定の条件を満たせば申告を行うことを条件に親や祖父母とい...続きを読む

Q予算2500万でどれくらいの家が建つの?

最近75坪の土地をゲットしました。(^^)さぁ家を建てようと思ってます。しかし自分は全くの素人です。
とにかくせっかく大きい土地なんでできるだけ大きい家を建てたいなと思ってます。何しろ予算は2500万で建坪どれくらいの家が建ちますか?(外講工事、登記、オプション100万くらい)を含む
大手ハウスメーカー希望です。値引きについてもお聞かせいただけたら幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化にするなら
なおさらです。

私の場合これから着工なのですが、他に予算を取っているのが
環境保全組合費、CATV関連、自治会費、Bフレッツ工事費用、団体生命、
引越し費用、退去費、植栽、ソファー、冷蔵庫、IHなべ、勉強机、物置、
ルータ、テレビ、生ゴミ処理機、原付、地鎮祭、挨拶周り、上棟式ご祝儀等

上はあくまでウチの場合ですが、標準で付いているもので満足する人は建売で
満足できる人が多いのですが、注文住宅から始める方は別途追加工事もぼちぼと
出ると思いますよ(^^);

実は、大手ハウスメーカーと工務店の他に「地場でがんばっている」or
「ちょっと県外に進出している」中堅会社も結構あります。
(ウチはこれでお勧め♪)

ここいら辺だと価格交渉の余地があります。
(大手は渋いですがカーテンくらいはつけてくれるかな?)
もちろん、なんの根拠もなく「まけてまけて」といっても成果は上がらない
だけでなく、大切な「信頼関係」までも傷つけてしまうかもしれません。

例えば、「完成見学会やってもいいですよ」とかでも、値引きを引き出しやすい
かと思います。(しかも双方お得)

どこまで2500万円に含めるか、吹き抜けとかどこまでこだわるかにも
よりますが、大手でも40坪くらいはいけそうな気がします。
sekisuiさんで引渡し坪70万になったかたも普通にいらっしゃるようですが・・・

ちなみに、私は大小8社から見積もりを頂いて検討したので「へとへと」に
なりましたが、がんばっただけのことはありました。

参考になれば幸いです。

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化...続きを読む

Q注文住宅、総額いくらかかりましたか?教えてください。

注文住宅で家を建てられた方、総額いくらかかかりましたか?
漠然としていて、叱られそうなのですが・・・。
もちろん、上を見ればきりがないし、タ○ホームなどの基本通り
で建てた方などは安く建てられたと思います。
つまり平均が知りたいのです。
建て方も、坪数も、もちろん皆さん違うと思うので一概に「いくら」
が平均とはいえないのも解ります。
ハウスメーカー、工務店、大工、それでも変わってくるのも解ります。

実は、新築を考える中で、主人と私の家に対する金額が500万ほど
違うので意見が分れて困るのです。
総床面積40から45で、主人は2000万あれば建てられるといい
私は2500万はすると思っています。
参考意見として、是非家にいくら使ったのか教えていただけると
助かります。

Aベストアンサー

有名メーカーではありませんが、床面積60坪の8LD+DKで2400万円でした。タ○ホームのようなローコスト建売まがいの住宅ではありません100%注文住宅です。私自身が間取りや仕様、主な材料製品をリストにして「これで2400万円で作ってください」と直接談判しました。

地盤調査にベタ基礎、次世代省エネ高気密住宅で全て断熱ペアガラスシャッター雨戸、トイレ洗面2箇所、6箇所給湯、本格和室と掘り炬燵、和室南側の縁側、出窓4箇所、1.2坪のバスルーム、キッチンは8畳で長さ2700のシステムキッチンと2方向の床ー天井の全面収納棚、と1方向の対面収納、1畳の階段下収納、2箇所の床下収納、ウォークインクローゼットは4箇所、6畳小屋裏収納、小屋裏収納拡張のための屋根裏出入り口付、床下収納2箇所、南側全面幅12m×2mのビルトインバルコニー暴風雨補強対策付、戸外の水栓2箇所、戸外コンセント5箇所、耐震強度も自分で再計算し、余裕の補強をしてもらっています。庭に電気を引いた1.5坪ログハウス物置も付いて、標準装備や希望オプションは全て入れました。築3年を経過しましたが、不具合はもちろん何もなく快適です。

「これでどうしてそんなに安いの」とよく言われますが、特に節約を意識せず普通に建てました。40坪で2500万円という価格は標準的なもののようですが「何でそんなに高いの?」と正直思います。

要するに「お任せ」では高くなりますし、手抜きや無駄な施工をさせないようよく勉強して必要な部分に必要なお金をかけていけば十分安い家が建つということです。その勉強が半端ではありません。

有名メーカーではありませんが、床面積60坪の8LD+DKで2400万円でした。タ○ホームのようなローコスト建売まがいの住宅ではありません100%注文住宅です。私自身が間取りや仕様、主な材料製品をリストにして「これで2400万円で作ってください」と直接談判しました。

地盤調査にベタ基礎、次世代省エネ高気密住宅で全て断熱ペアガラスシャッター雨戸、トイレ洗面2箇所、6箇所給湯、本格和室と掘り炬燵、和室南側の縁側、出窓4箇所、1.2坪のバスルーム、キッチンは8畳で長さ2700のシステムキッチンと2方向の床ー...続きを読む

Q土地、建物の名義は旦那ひとりですか?

土地、建物の名義は旦那ひとりですか?
それとも嫁もその他一人としておいた方が良いのでしょうか。

書類手続きや、固定資産税等においては、旦那だけの方が楽のような気がしますが、万に一、離婚となった時嫁が不利になったりするのでしょうか?



皆さんはどうしているのか、お聞かせ願えたらと思います。

Aベストアンサー

不動産の所有名義を単独にするのか、共有名義にするかは諸条件や目的によって違ってきます。

たとえば夫婦二人の共有名議して、1/2づつ所有した場合固定資産税等は、○○他1名と言う具合に1通できますので、煩わしくはありませんし、税金の納付も口座振替で行えばどちらの名義の口座でもできます。
尚 宛名は年齢が上の方の名前で来ます。

私の住んでいる家の場合は、両親の共有名議してあります。
これは婚姻 20年以上の夫婦間で、居住用財産を贈与した場合、暦年課税と合算して2,110万円までは贈与税がかかりませんので、相続税を節税する為に、共有名議してもらってあります。
ただし、申告をする事と居住することが条件となっています。

私の子どもの住んでいる家は、妻名義の名義でそのほかに妻名義のマンションもあります。
私にもしものことがあった場合に、妻の生活の保障と身内で争いごとにならない様にするためでも有ります。

離婚の時には有利か不利かと言うのは時と場合により、離婚にいたる時は感情的にもお互いよくない状態に陥りますし、まともな話合いが出来ない場合も有ります。
場合に寄っては、ご主人が俺の家から出で行けと言い出す場合もあり、共有名義だとこう云う事を防ぐ事もできます。
また慰謝料が発生した時に、それの代替えにもなります。

また共有名義にしておく利点は、どちらか一方が亡くなり相続が発生した時に、無くなった方の名義分だけの相続で済みますので、相続税の節税になります。

又デメリットもあります。どちらか一方が行方不明や、音信不通になった場合譲渡や売買、相続などが面倒になります。(出来ないわけではありません)

また既にご主人の名義なっていて、1/2或いは1/3を奥さん名義にした場合、贈与税が発生する場合があります。

不動産の所有名義を単独にするのか、共有名義にするかは諸条件や目的によって違ってきます。

たとえば夫婦二人の共有名議して、1/2づつ所有した場合固定資産税等は、○○他1名と言う具合に1通できますので、煩わしくはありませんし、税金の納付も口座振替で行えばどちらの名義の口座でもできます。
尚 宛名は年齢が上の方の名前で来ます。

私の住んでいる家の場合は、両親の共有名議してあります。
これは婚姻 20年以上の夫婦間で、居住用財産を贈与した場合、暦年課税と合算して2,110万円までは贈与税がかかりま...続きを読む

Q先に土地を買うことのデメリット(長文)

お世話になります。
現在、新築一戸建て取得に向けて行動中です。
漸く希望に沿えるような土地を見つけましたが、現在まだ造成中で、完成は9月の予定です。ぼちぼち気に入った区画に手付金を入れようかと思っております。不動産屋の話だと、造成のほぼ終わる8月中には購入を決めて欲しいとのこと。
通常ですと土地+建物で、建設会社、不動産屋、銀行とお話しをしていくのだと思いますが、どこに建設してもらうかは一向に決めていません。最低でも区画に見合ったプランを何社かに出してもらってから決めようと思っていますが、8月中に決められるか自信がありません。また焦って決めたくもないです。

前置きが長くなりますが、上記のような状況と、以下の理由で土地だけを先に購入しようかと思っています。
・土地を買う分の現金はあります。
・土地を買っても、建物取得時に必要そうな現金はあります。(勿論他にも不測の事態に備えての現金は確保してあります)
・でも建物に対しては「頭金」と言える程の額は捻出しないつもりです。つまり全額ローン。
・ローンは1800万くらい。(建物が安いと笑われそう)
・土地を完全に自分のものにする→そこに家を建てる、の流れの方が理想的な気がする。
・じっくり建物担当を選択できる。

このように先に土地を自分のものにした場合の、デメリットや注意が必要な点を教えていただきたくお願いします。
抵当権の設定とか...?
頭金無しになってしまうこととか...?
税金のこととか...?

お世話になります。
現在、新築一戸建て取得に向けて行動中です。
漸く希望に沿えるような土地を見つけましたが、現在まだ造成中で、完成は9月の予定です。ぼちぼち気に入った区画に手付金を入れようかと思っております。不動産屋の話だと、造成のほぼ終わる8月中には購入を決めて欲しいとのこと。
通常ですと土地+建物で、建設会社、不動産屋、銀行とお話しをしていくのだと思いますが、どこに建設してもらうかは一向に決めていません。最低でも区画に見合ったプランを何社かに出してもらってから決めよう...続きを読む

Aベストアンサー

doyo-biさん、こんにちは。
土地を先行取得して、自宅を新築したものです。デメリットと言えるかどうか分からないのですが、体験したことから以下に述べます。

まず、固定資産税(市町村)がかかります。
これは毎年1月1日時点の現況で課税されます。初年度(まだ家が建っていない状態)では宅地とみなされないので少々高めになります。
土地購入時に本年分の固定資産税額を取得日以降分で月割りで売り主に支払うこととなると思いますので、ご確認されてはいかがでしょう。

それから、不動産取得税(都道府県)がかかります。これは取得時1回だけ課税されます。
県税事務所から納税通知書が送られてきますが、「徴収猶予」という制度があります。不動産取得税は建物にも課税されるので、建物ができた時点まで納税を猶予してもらえます。
徴収猶予の制度はあまりアナウンスされていないので、納税通知書が届いた時点で県税事務所に問い合わせてください。
なお、土地や建物の規模にもよりますが、最終的には課税額ゼロという場合もあります。

土地先行取得の場合、アパート家賃と土地ローンで二重家賃状態になりがちですが、doyo-biさんの場合は現金購入ということでこの点は大丈夫ですね。

土地の条件を充分吟味できるのであれば、土地先行取得は理想的です。「はじめに建築業者ありき」の家つくりは、施主から主導権を奪ってしまい、ストレスを生みやすいと思います。
地盤調査は、売り主にデータを確認するか、あるいは専門業者にスウェーデンサウンディング式調査を依頼(5万円程度で可能)すると良いです。こうした作業は特定の建築会社を通さず行うことが可能ですし、またそうすべきです。

ハウスメーカーや工務店に依頼するというのが一般的ですが、時間と労力を惜しまないのであれば、建築家に設計監理を依頼するという方法もあります(私はそうしました)。
建築家に依頼するメリットは、設計に充分時間をかけられること、監理(管理ではない)により施工の適正化が図れ欠陥住宅を回避できること、総予算ベースに計画されるので追加費用を最小限に抑えられること、なにより家つくりそのものを楽しめること、などです。
設計監理料が建築費と別個になってしまいますが、その分建築費用が精査され明確になります。「無料」「サービス」とは無縁ですが、支払うお金をはっきりさせることができます。

素敵な家ができると良いですね。

doyo-biさん、こんにちは。
土地を先行取得して、自宅を新築したものです。デメリットと言えるかどうか分からないのですが、体験したことから以下に述べます。

まず、固定資産税(市町村)がかかります。
これは毎年1月1日時点の現況で課税されます。初年度(まだ家が建っていない状態)では宅地とみなされないので少々高めになります。
土地購入時に本年分の固定資産税額を取得日以降分で月割りで売り主に支払うこととなると思いますので、ご確認されてはいかがでしょう。

それから、不動産取得税(都...続きを読む

Q土地のみ購入しました。確定申告は・・?

教えてください。

2003年6月に、銀行から約2千万のローンを組んで土地を購入しました。すぐに家をたてる予定だったのですが、設計段階で時間がかかってしまい、まだ更地の状態です。(やっと設計が固まってきたところです。)

2004年4月位から着工をはじめ、9月位に入居出来ればと思っています。

いわゆる「住宅ローン減税」というのに当てはまるのは、家を建てて入居した人だと思いますが、私のような状態の場合でも今回の確定申告の必要はありますか?(私は普通のサラリーマンで、源泉徴収は済んでいます。)

「不動産取得税」は既に支払いました。こちらは、家が建つめどがついた時点で書類を揃えて申告すれば返して貰えると聞いています。

初歩的な質問ですいません。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

今年は何もすることが有りません。

住宅の敷地用の土地を先行取得した場合、その土地を取得後2年以内に住宅を新築し、6か月以内に入居し、その建物に抵当権が設定されると云う条件を満たせば、たてものを建てた年に住宅ローン減税を受けることが出来ます。

Q親から土地をもらう際の贈与税について

母親59歳 私(妻35歳)夫34歳 子供10歳・9歳・3歳

母名義の土地に、夫名義の家を建てるにあたって、土地の名義を私もしくは夫に変えようと思うのですが、その際贈与税が発生する事が分かりました。

税務署で調べたところ、土地の課税価格は297万円です。
私のみの名義に変更すると、贈与税が187000円かかると言われました。

とある人からアドバイス頂き、夫と私と二人の名義に変更するとそれぞれ基礎控除額110万円差し引かれるので、38500円になるという事です。

では、土地の名義を子供と合わせて3人に贈与するとなると贈与税はかからなくなるのでしょうか?
またそのような事は可能なのでしょうか?

その際、何か問題が生じますか?
住宅ローンや、その他の取得税・固定資産税など他の部分での税金が多く発生したりするのでしょうか?

ご返答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

土地の名義を子供と合わせて3人に贈与するとなると贈与税はかからなくなるのでしょうか?]

297万円の土地。
これを夫、妻、子1、子2、子3が贈与を受けるとします。
単純に3で割れば各自5分の1の共有持分になります。
贈与額は@約100万円で、基礎控除額110万円以下ですから、贈与税はかかりません。

不動産取得税、固定資産税なども「5分の1」ずつ課税されますので、実は端数計算の関係で総額が安くなる可能性があります。100円単位ですけどね。

ところで、夫と妻で共有するというのは良いアイデアだと思います。基礎控除額110万円をそれぞれが使えるからです。
私は子に共有持分を持たせるのは「よしておけ」と思います。
理由は、その所有権をめぐっての争いの種を作るからです。
子3人はいずれ成人すれば家を巣立ちます。
3人が全部結婚して配偶者と子と共に「今回の土地の上の家」に住むわけではないでしょう。
家を誰のものにするはは結構簡単なんです。
「もう古いから、建て直そう」としたときに家を消滅させてしまい、お金を出した人の所有物として建てればよいからです。
ところが土地は「一度なくしてしまって、もう一度作る」わけにはいきません。
現状での所有権者間で「あげる、貰う」があれば贈与税、「売る」「買う」となれば譲渡所得の対象になります。
ここで税金が出ない程度の話だからいいだろうとタカをくくるのは危険です。
「兄弟間の財産争い」です。親父とお袋の土地を誰が貰うかの話も出てきます。

私は「子に贈与する」アイデアは、税負担のためのアイデアとしては「○」で、今後のことを総合的に考えるなら「×」といいたいです。
相続税贈与税が、一般社会の行動に多くの影響を与えてるといわれますが、本例はその一例です。
親が死ねば子がその財産を相続するので、ジタバタせずに夫婦の財産にしておけばいいのに、子まで共有者にする理由が「贈与税を安くする」目的です。
切り詰めた贈与税額で、子3人が争い始めたときの弁護士料が賄えるのか。

私は「支払できるなら、とにかく贈与税を払ってしまう選択がスッキリしてる」説派なのです。

「お兄ちゃんが家を継ぐんだから、お父さんとお母さんの面倒をみてくれないと困る」と弟、妹から言われるのは嫌じゃというのもあります。
いらない問題を子に残すことになるということです。贈与税節税のために子の名前を借りるのは「やめとけ」と私は思うんです。

土地の名義を子供と合わせて3人に贈与するとなると贈与税はかからなくなるのでしょうか?]

297万円の土地。
これを夫、妻、子1、子2、子3が贈与を受けるとします。
単純に3で割れば各自5分の1の共有持分になります。
贈与額は@約100万円で、基礎控除額110万円以下ですから、贈与税はかかりません。

不動産取得税、固定資産税なども「5分の1」ずつ課税されますので、実は端数計算の関係で総額が安くなる可能性があります。100円単位ですけどね。

ところで、夫と妻で共有するというのは良い...続きを読む

Q土地購入の名義について教えてください

妻の親の援助(現金)で土地を購入予定です。
土地購入後、自分達でローンを組んで家を建てようと考えています。

この場合、土地・家をそれぞれどのような名義(共有も含む)で
購入するのが一番お得なのでしょうか。

現在考えているのは、土地:妻名義、家:夫名義です。
(ローンも夫が借りる予定です。)
もしこの方法でのデメリットがあれば教えてください。

共働きですので、ローンをそれぞれが借りて共有名義にすることも
できます。
夫・妻共に、どちらの名義にするかはこだわっておらず、できるだけ
節約できる方法を選択したいと思っています。

ちなみに、購入予定の土地は約1500万、家は2000万(頭金400万)
程度です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

僕の場合、妻専業主婦、結婚前妻は仕事していて預金あった。農地を売って親から1千万支援してもらいました。後は僕の預金と僕名義の住宅ローンと銀行ローンと勤務先から借金でした。
資産価値としては、土地はあまり目減りしないか上がる可能性がある。言えば木造25年、コンクリート造35年で償却され資産価値が無くなっていきます。結婚後得た財産は夫婦の共有物とみなされます。夫婦は互いに1/2の遺留分があり、遺留分については相続税がかかりません。相続税は低額です。夫婦の結婚してからの共有財産1:1の持分となりますが、住宅建設時は、ほぼ出資割合で、共有名義にすれば問題ありませんが、あまり出資割合と持分比が違うと、贈与が発生します(贈与とみなされかなり高額な贈与税がかかります。)
通常得なのは、贈与税が最もかからないように、資産価値が下がらない土地に「妻の結婚前の預金+妻の年収」と「夫の結婚前の預金と年収」で持分比を決めます。家はこれも持分比で共有名義にします。
これは、万が一どちらかが不慮の事故で亡くなった場合や相続で家を売却するような状態になった場合の遺された家族がそこに住み続けられるようにするためです。
土地は妻が親から贈与されたことになりますので贈与税がかかる恐れがあります。贈与税は高率ですので、奥さんの親の名義にして、奥さんがそれを生前相続を受けて奥さん名義にすればいいでです。奥さんの親が無くなったときに相続を清算すれば、贈与税(U高額)でなく相続税(低額)が適用されます。家の方は、1:1の持分比の方が自然で適当です。 夫婦の年収と結婚前の貯金等の差が多きい場合はその比の持分比の共有名義にします。そうすれば贈与税が1円も発生しません。
ローンの名義が誰であろうと、これからの夫婦が結婚後にえる財産については共有(1;1)になります。新築時の互いの持ち金(預金と年収)の比で共有名義の持分比を決めれば良いです。土地については、妻の親の名義、あるいは妻の親からの生前相続をうけての妻の名義にするのが、贈与税が発生しないようにするのが良いですね。生前相続は、実際に親が亡くなった時の親の遺産の妻の相続分に含めることになります。妻の親の名義にしておいて、親の遺言で妻にその土地を渡すことを明記してもらっても良いですね。既成事実を作りたければ、親の名義の土地を生前相続して妻の名義に書き換えることもありです。
要は、お金の出所と土地や家の名義がほぼ一致しているかということです。これから返していくローン借金については持分比に含めなくても良いでしょう。お金の出所が実際の名義や持分と比較して、不自然なら贈与税(通常1/2程度)がかかります。新築前に、不自然でない程度の貯蓄があったことが言い通せるなら、それを共有の持分比に反映させても問題なしです。家の資産価値の評価額は25年後にはほとんどゼロに近くなります。土地だけの資産が残る状況でしょう。あまり細かな共有名義の持分比を設定しても将来は意味を持ちませんね。共稼ぎなら1:1で良いかと思います。どうせ、2人の収入を合わせたもので家計を維持していくことになるでしょう。ただ妻が将来、出産や育児で一時的に専業主婦になられたとしても、新築時に退職しておられなければ、現在の年収を参考に共有の持分比を決めれば良いですね。

参考にして下さい。

僕の場合、妻専業主婦、結婚前妻は仕事していて預金あった。農地を売って親から1千万支援してもらいました。後は僕の預金と僕名義の住宅ローンと銀行ローンと勤務先から借金でした。
資産価値としては、土地はあまり目減りしないか上がる可能性がある。言えば木造25年、コンクリート造35年で償却され資産価値が無くなっていきます。結婚後得た財産は夫婦の共有物とみなされます。夫婦は互いに1/2の遺留分があり、遺留分については相続税がかかりません。相続税は低額です。夫婦の結婚してからの共有財産1:1の...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング