女子の「頭皮」のお悩み解決の選択肢とは?

とある会社のアメリカ本社の担当者にこちらが顧客として英文メールで質問しました。

その際の返事の最初の宛名としての私の名前に敬称が付いていませんでした。Mr. Mrs. Ms と言う英語の「敬称」は日本人が思っているほど重たいものでない、ということは読んだことはあります。仕事で外国人と接することもあるので、他人の名前に敬称をつけないシーンもみたことがあります。また自分で自分の名前にMr.等をつけるのも知っていますが、やはりひっかかりを感じずにいられません。

私のメールの内容は、相手の仕事に関して「これをやっていますか?」という、とりかたによっては非難と取られてもおかしくない内容だったせいもあるかもしれません。

状況によっていろいろでしょうが、皆さんのご意見、経験をお聞かせください。あえて、「留学」「ビジネス」でないここに書き込みました。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

アメリカに37年住んでいる者です。

 私なりに書かせてくださいね。

ビジネスと言っても昔ほどビジネス的表現と「されていた」表現方法が必要とされるものではなくなっています。 つまり、お互いが「気安くビジネスが出来る」状況の方が重要性を持ってきたとも言えるわけです。

しかし、ビジネスにはビジネス表現と言うものもあります。 堅苦しい表現はしないと言っても子供っぽい・学生ぽい表現などはとことんと嫌われますし、ビジネスとしての信頼性・信用性が欠ける表現とされてしまうからです。

英語表現も日本語と同じように、いつも「様」を使っているわけではないですね。 私の日本の会社の「お客さん」の中には私のアメリカでのファーストネームをもじった「あだ名」的名前を勝手に作って呼んでいる人もいます。

人間関係の中で社交辞令的表現だけでは「商売」は出来ないのです。 信頼の中の親しみも必要とされるわけですね。

それを踏まえて、Mr.等は日本語では敬称と呼ばれているわけですが、多くの英語教育の専門用語が誤解されていることが気になるようになったように、(mightはmayの過去形とするより、mightと言う現在形の単語、と理解した方が「過去」の事と理解されやすい「過去形」とするより分かりやすい、と言うような事です)別に敬意を示すための表現ではないと私は感じるのです。

初対面での社交辞令的表現、友達をからかうための前触れ表現、子供にお店に対する姿勢の教育への努力、更に、「敬った姿勢」で付き合ってほしい人への社交術等のための表現と私は見ています。

また、まだ日本のビジネス界には、売り手の上にお客がいる、と感じている人がたくさんいると思います。 だからこそ、敬語を使う必要がある、と感じるわけです。 だから、学校で「Mr.は敬称と言われる」と教わったものだから、それが無いと敬称を使わなかった、見下しているのだろうか、非難しているのだろうか、呼び捨てされるなんて気に食わない、と言うようなフィーリングが生まれてきてしまうのだと思います。

ですから、敬称がない、と言う事は「敬称」の持つ意味合いがないのではなく、ビジネスパートナーとして「もっと素直な人間関係」で仕事をしていこうよ、というフィーリングの表れと理解すべきものなのです。

よって、その人をファーストネームで敬称と呼ばれてしまっているものを使わないでメールを送り返す事はすなわちあなたのほうからも、「これからもよろしく!」と言っていると理解されるのです。 これを何時までも継承が必要だからMr.を使うとなると、逆に向こうは「まだ、堅苦しい間柄にしておくのかよ」と理解されても仕方ない、と言う事なんです。

また、相手が敬称なしの名前を呼んでくると言う事はこちらもそのようにしても良いんだな、と感じて良いわけです。 結局、親しい間柄になりつつある、と言う状況でもあるわけです。 ただ、今のところは、相手がそう呼ばないうちは今までどおりした方が良いということでもあるし、また、Call me Jackと一言こちらからオファーする事も良いことだと私は信じます。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まとめてお礼を失礼いたします。

みなさんの回答、ご経験談のすべてが参考になりました。ありがとうございました。気が楽になりました。
(^^)

お礼日時:2005/08/27 00:16

英語のMr.Mrs.は男性か女性かわからないときにつけると考えて差し支えありません。

ただ尊敬の意味ががないかというとそうではなくて、ときと場合には尊敬の意味もあります。一般的には、見知らぬひとに最初のころに交信するときはつけてください。一度会った人には、つけないのが普通です。
    • good
    • 0

2の方もおっしゃっていますが、


初めてメールでやりとりをする相手の場合、相手の性別が分からないような時には敬称略なしにすることが多いです。私は相手の名前が英語で、性別の区別が容易につくような名前だとしても、必要ない限りは敬称略なしで統一しています。
waverさんがその方と何度もやり取りをされていて、ある時点から敬称略なしになったのであれば、それはある程度親しみをこめてのことと理解すればよいのではないでしょうか。
Mr.と付けてもらいたい場合は、署名時にMr.とつけておけば相手も理解してくれるのではないでしょうか。
    • good
    • 0

全然気にされることはありません。


かくいう私も20年ぐらい前には、質問者さんと同じ悩みに苛まれた経験があります。
相手(イギリス人でしたが)は自分のことを嫌いなのではないか?見下しているのではないか?とかね。
それ以降も、色んな外国の人と仕事をして来ましたが、そんな中で、私にMr.○○と呼ばれた相手から何度も、Paulと呼んでくれ、Johnと呼んでくれ、って言われて、10年くらい前から漸くMr.をつけないことは呼び捨てではなく、親しみを表現しているのだ(ですからむしろ相手は私に気を使ってMr.を付けない)ということが体で理解できました。

一方、私もしばしば、特に会ったことがない相手にメールを出す際には、自分の名前の前にMr.を付けるようにしています。これは自分の性別を明らかにするという意味もあります。顔も声も分からない相手です。日本人の名前に馴染みのない外国人に自分の性別を伝える一番簡単な方法がMr.をつけることです。

以前親しくしていたイギリス人の初老の夫婦のうちの奥さんの方から来た手紙の宛名でも、私の名前の前にMr.はついていませんでした。代わりに裏面の自分の名前の前にはMrs.というのがついていました。もし仮に彼女がMrs.を付けなかった(例えばMary Briggsみたいに)として、もしこれをご主人が見たらどう思うでしょう。やけに親しげな書き方だなと訝る可能性は十分あります。決していい気持ちはしないでしょう。だから彼女がMrs.をつけたことは傲慢ではなくむしろ思慮深い行為です。

ということですから、アメリカ本社の方は、質問者さんに親しみを込めて「呼び捨て」にしているのだと思います。
    • good
    • 0

そもそも「相手を敬う」という感覚自体が仏教とか儒教とかそういうところから来ていると思いますので、


英語の「丁寧表現」とはちょっと違うんでしょう。
敬称を省略することで親しみを表現しているのかもしれませんし。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q欧米では 「○○さん」 と敬称はつけませんか?

仕事の関係でいくつかの外国人と交流があります。

たとえば私が山田という名前だとして、国際電話で話をする時なのですが、ある人は 「Hallo, Mr. Yamada!」 という人もいれば、「Hallow, Yamada!」 という人もいます。 つまり敬称をつける人とつけない人がいるというわけです。

私の方とすれば一応相手に敬意を表して 「Hi, Mr. James!」 とか、仮に相手が私を呼び捨てにしようとも、Mr. という敬称をつけるようにしています。

ちなみに、どちらも付き合って何年にもなります。

実際はどちらが正しい、あるいは一般的なんでしょうか?

相手が私に敬称をつけた場合だけ、こちらも敬称をつける? それとも、そもそも敬称なんて必要ない?

あるいは相手によらず、必ず敬称をつけるのが良い?

また女性が相手の場合、どうすれば良いでしょうか? 常に Ms.? それとも呼び捨て?

Aベストアンサー

皆さんがお書きになっているとおりです。それで、「Hello Yamada!」と言う外国人は、「Yamada」をファーストネーム(もしくはニックネーム)だと勘違いしている場合が多いです。

欧米では、仕事で初めて電子メールやファックスを送ったり、対面で紹介される場合でも、ファーストネームを用いるのが、わりと一般的です。もしも、山田さんが、日本語でメールを書くのと同様に、文末に「Best regards, Yamada」などと自分の名前を書いたり、対面した時に「My name is Yamada.」と自己紹介してしまうと、相手は「この人のことは、Yamadaと呼べばいいのだな。ちょうど、JohnやJamesやTaroを呼ぶように」と解釈しがちです。

これを防ぐには、自分の名前でも敬称を付けて、フルネームで、しかも姓を大文字にして「Best regards, Mr. Taro YAMADA」と書いたり、「My name is Taro Yamada.」と言ったり、最初から欧米語ではファーストネームで通してしまうといいです。また、「Yamada」と呼び捨てにしてほしくない場合は、「Call me Taro.」と言ってしまえばいいです。

ちなみに、日本の事情に精通している外国人は「Yamada-san」とか「Taro-san」と呼んだり書いたりすることが多いです。もちろん、英語圏でもお行儀いいのは、無難に「Mr.」「Ms.」「Dr.」付けで付き合いを始めることですが、相手がよほどの大物でない限り、「ファーストネームで呼び捨て」にしてしまいがちですね。それで、海外と頻繁に仕事をする日本人は、言いやすいように、また、紛らわしくないように、「Joe」とか「Cathy」みたいな欧米風のニックネームを持っていたりするのです。で、日本人は、「Is Cathy there?」と言われて、即座に「山田さん」のことだとわからず戸惑ったりするわけです(笑)。

皆さんがお書きになっているとおりです。それで、「Hello Yamada!」と言う外国人は、「Yamada」をファーストネーム(もしくはニックネーム)だと勘違いしている場合が多いです。

欧米では、仕事で初めて電子メールやファックスを送ったり、対面で紹介される場合でも、ファーストネームを用いるのが、わりと一般的です。もしも、山田さんが、日本語でメールを書くのと同様に、文末に「Best regards, Yamada」などと自分の名前を書いたり、対面した時に「My name is Yamada.」と自己紹介してしまうと、相手は「こ...続きを読む

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Qビジネスレターの宛名Dear Mr. ~の書き方

ビジネス文書のメールの宛名を書く時、saltation部分(Dear~)の表記の仕方について質問です。
例えばBob Johnson 宛てとすると、Dear Mr. Bob Johnson のように Dear Mr. の後にフルネームを書くのは間違いと習いました。正しくは、Dear Mr. Johnson または Dear Bob のようにするのが正式だと。
では敬称Mr.を省いてDear Bob Johnson としても間違いにはならないでしょうか?
フルネームで表記したい場合はどうしたらいいでしょうか。
というのもアジア系の人の名前などはどっちが姓なのかよくわからなくなるときがあります。名前が3つある時、例えば Mr. Abd Manab Kassim(マレーシア)などはどう表記すればよいのか。日本人は英語式に姓名をひっくり返しますが、中国系は姓・名の順番ですよね。Dear Mr. ~ の関係について、自信のある方ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>Dear Mr. Bob Johnson のように Dear Mr. の後にフルネームを書くのは間違いと習いました。
>正しくは、Dear Mr. Johnson または Dear Bob のようにするのが正式だと。
正しいです。

>では敬称Mr.を省いてDear Bob Johnson としても間違いにはならないでしょうか?
間違いではありませんが、通常はあまり使われません。
やはり Dear Mr. Last Name もしくは、タイトルPhdを使用が主です。

ただどうしてもフルネームで表記したい場合は上記のように敬称なしで書くか
間違いだとわかっていてもDear Mr.+フルネームで書くことがあります。

アジア系の名前は英語でやりとりをする場合は、英語にならえで
First Middle Lastとします。先方からレターを頂いたことがあるのならば
先方が書いてきた書き方と同じで問題ありません。

ポイントとしては、どなた宛かということではないでしょうか。
相手が重要な方であれば、きちんと調べて、正しい方法で書く。
先方にきちんとタイトル(社長など)がある方であれば、このように悩むことはない
 = 出す相手がそれほど重要でなければ、正式のものでなくても構いません。
ネイティブでも正式に書かない人がたくさんいますから。
ただ先方から返事をもらって違っていたら次回から直しましょう。
アジア人同士は許容範囲が広いですから。

アジア系で困った場合、担当者に聞く、先方の秘書/会社に聞く、その言語/地域に詳しい方に聞く、ネットで調べる、方法はいくつかあるかと思います。

私の会社では中国系も英語系と同じなので、会社の慣習に従ってはどうでしょうか。

ちなみにsalutationですよね、saltationじゃなくて・・・(^^)

>Dear Mr. Bob Johnson のように Dear Mr. の後にフルネームを書くのは間違いと習いました。
>正しくは、Dear Mr. Johnson または Dear Bob のようにするのが正式だと。
正しいです。

>では敬称Mr.を省いてDear Bob Johnson としても間違いにはならないでしょうか?
間違いではありませんが、通常はあまり使われません。
やはり Dear Mr. Last Name もしくは、タイトルPhdを使用が主です。

ただどうしてもフルネームで表記したい場合は上記のように敬称なしで書くか
間違いだとわかっていてもDea...続きを読む

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Q身内にMrをつけて良い?

例えば自分の会社の上司徳川さん宛に英語で電話がかかってきたとき、Mr徳川は今はミーティング中ですといっていいですか?有料の英語学習サイトではMrをつけていたのですが、本当につけていいのかなと思ったもので。
また、最近は「さん」だけ日本語でかけてくる人がいますが、この場合上記の英語表現に合わせて徳川さんと言いますか。それとも呼び捨て?

Aベストアンサー

私は経験豊富とまではいかないんですが、
ビジネスやプライベートの局面で、ある程度、外国人さん達と英語のコミュニケーションをしたことがあります。

その経験の中では、
口で喋る会話の中で、Mr(若しくはMr.)をつけずに、姓だけを単独で呼ぶのは、非常に「まれ」でして、私が経験したのは、たった1例だけです。
それは、結構親しい間柄なのに、私のファーストネームを知らない外国人さんが私の姓を呼び捨てした、ということです。

尊敬語や謙譲語の考え方・習慣が、日本と英米で全然違うのと同様、Mrは、日本語の敬称ほどの意味は無くて、気軽に付ける感じはあるようで、自分と同じ会社の人に対しても付けたりします。

(書き言葉であれば、事務的な文書の中に、自社の人間の名前が登場するときは、Mrをつけない書き方も何度か見たことはあります。)

また、
Mrをつけておくと性別が分かりやすいという、実用面での利点はあります。


MrやMs以外の敬称の例もありますよ。
外国人さんから英語の名刺を貰ったことが何度かあるのですが、博士号を持っている人だと、自分の名前の前にDrをつけていました。
Dr. Michael Jackson
みたいな感じで。
(自分の名刺でもDrをつけるのは、むしろ、普通の習慣のようです・・・まあ、そもそも、名刺という習慣は日本から英米に伝わったものですが(笑))

つまり、
「敬称」とは言っても、ビジネスの局面では、自分以外の人であれば、自社社員であろうがお客さんであろうが付ける習慣があるようです。
(「Sir」は、さすがに、その範疇ではないですが)

MrやMsをつけなければ、姓ではなく、ファーストネームかニックネームが普通です。


最後に。
自分の名前にMrを付けるのは、さすがに無いだろうと思ったのですが、念のために調べてみたら、実はあるみたいで、下記によると、イギリスで、そういう人が増えてきてるようです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Mr.

私は経験豊富とまではいかないんですが、
ビジネスやプライベートの局面で、ある程度、外国人さん達と英語のコミュニケーションをしたことがあります。

その経験の中では、
口で喋る会話の中で、Mr(若しくはMr.)をつけずに、姓だけを単独で呼ぶのは、非常に「まれ」でして、私が経験したのは、たった1例だけです。
それは、結構親しい間柄なのに、私のファーストネームを知らない外国人さんが私の姓を呼び捨てした、ということです。

尊敬語や謙譲語の考え方・習慣が、日本と英米で全然違うのと...続きを読む

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q「OKです」の丁寧語を教えてください

ビジネスメールで、「○○はその内容でOKです」又は「○○はその内容で大丈夫です」
という様なことを言いたいとき、どちらもくだけた言い方だと思いますので丁寧な方法で表現できる良い言葉がございましたら教えてください。

Aベストアンサー

OK=問題ございません で結構代用が利くのではないでしょうか。

販売企画の内容は、その内容で問題ございません。
出張の請求については、その内容で問題ございません。
弊社へのご請求は、その内容で問題ございません。

結構通じるように思うのですが、いかがでしょうか?

Q100万円以上の現金の持ち出し

海外に現金を持っていく際日本円で100万円以上は申告義務がありますよね。
でも、それ以上の現金を手荷物の中や洋服のポケットに入れた場合、
持ち物の検査のX線で判明するのでしょうか?
万一分かると没収ですか?

お札についてる金属マークで探知機に反応するのでしょうか?
海外に口座を開く際現金で入金にたいので、ご存知の方いらしたら教えて下さい。
また、申告する場合、どのような申告になるのですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 米ドル札だと、お札に極細の金属線が混入されており、札束になると
金属探知機に反応します。日本の紙幣については公表されていませんが、
発見されてしまう可能性は高いと思います。

 海外への持ち出しですが、実は日本を出るときより、海外で入国する
ときのほうが危険です。ここで未申告がバレると、有無も言わずに没収
されて、取り戻せない可能性が高いのです。多額の現金を持ち歩くのは
麻薬取引など違法なマネーだというのが海外では常識だからです。

 もし米国の銀行に入金するのであれば、トラベラーズチェックを手数
料なしで受け付けてくれますよ。1000 ドル TC にすれば、100 万円でも
10 枚にしかな鳴らないので安心です。なお、TC であっても 100 万円を
超える場合は申告が必要なのでお気をつけください。

Q「参考まで」という言い回しについて

「参考まで」「参考までに」といった言い回しを職場のメール等でよく目にするのですが、自分にはどうも違和感があり、使わないようにしています。そもそもこれは正しい日本語なのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。

<そもそもこれは正しい日本語なのでしょうか?>

正しくないとは言えないと思います。

「までに」は「まで」+「に」の複合助詞で、
「まで」:程度がそれ以上及ばないことを示す副助詞
「に」:時を示す格助詞
という働きをしています。

このような、格助詞や接続助詞で文が終わる表現は、古語の時代から存在します。
例:
「にて」「とも」「ども」「ば」など

ご質問文は述部が省略された口語表現です。本来は
「ご参考までに(目を通して下さい)」
といった、動詞句が省略されています。

口語(話言葉)では、リズムやテンポ、語呂を整えるために、わかりきった動詞、長い述部を省略して明確に要件が伝わるようにすることがあります。

例:
「また明日(会いましょう)」
「それではまた(お会いしましょう)」
「お陰様で(元気です)」

また文語(書き言葉)でも、こうした省略が起こることはあります。
例:
「友情のしるしに」
「感謝の気持ちを込めて」
「に」「て」はそれぞれ格助詞・接続助詞ですが、この場合は、テンポというよりは、「粋」な締めくくりを意図しての省略用法になると思います。

以上のように、こうした省略用法は、素早く要件を伝えるため、粋な表現のために工夫された、言葉の便宜上の用途ですから、正しくないとは言えません。「便利な語法」として、TPOや必要に応じて使い分ければいいと思います。

特に敬意を払う相手に対しては、口語での省略表現は失礼にあたることがあるので、語尾まで敬語で修辞した方がいいでしょう。
例:
「ご参考までにお目通し下さい」
「ご参考までにご拝読下さい」

ちなみに、私もこのサイトでの回答の末尾に「ご参考までに」「ご参考になれば」といった助詞止め表現をよく使います。この省略には、一種の謙譲(献上?)の気持ちを込めて使っております。この省略の背後には、「お役に立てるかわかりませんが、ご参考程度にしていただければ幸いです」という謙譲の意味が込められています。ただこのような長い文章をだらだら書いて、余計な装飾文にするのを避けた、一種の配慮と思っております。

以上ご参考までに。(笑)

はじめまして。

<そもそもこれは正しい日本語なのでしょうか?>

正しくないとは言えないと思います。

「までに」は「まで」+「に」の複合助詞で、
「まで」:程度がそれ以上及ばないことを示す副助詞
「に」:時を示す格助詞
という働きをしています。

このような、格助詞や接続助詞で文が終わる表現は、古語の時代から存在します。
例:
「にて」「とも」「ども」「ば」など

ご質問文は述部が省略された口語表現です。本来は
「ご参考までに(目を通して下さい)」
といった、動詞句が...続きを読む

Q英文メール【上司の名前にMr.っている?】

英文メールについて教えてください。

日本などでは社内の上司を社外の人などに紹介するとき
呼び捨てにしますよね。

英語ではどうでしょう。いま英文メールを作成していて
ふと疑問に思ったので質問させていただきました。

Aベストアンサー

結論から言うと、上司の名前にMr.は要ります。ただし、日本の「呼び捨て」「敬称」といったイメージとは少し違い、「氏名とセットになっているもの」くらいに捉えておくといいでしょう。「鈴木が申しております」と書く代わりに「課長の鈴木が申しております」と書くような程度のものです(実際にはちょっと違いますが)。畏まった感じが出ますし、Mr.を付けておけば、相手に性別が伝わり、したがって相手が返事を書く時にも、あなたの上司のお名前に迷わず(Ms.やDr.ではなく)Mr.と付けられるというメリットもあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報